ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

  • 関連の記事

「BPR」最新記事一覧

企業改革において、既存の組織やビジネスルールを抜本的に見直し、プロセスの視点で職務、業務フロー、管理機構、情報システムを再設計(リエンジニアリング)するというコンセプト。「ビジネス・リエンジニアリング」「リエンジニアリング」ともいう。
BPR − @IT情報マネジメント用語事典

成迫剛志の『ICT幸福論』:
“攻めのIT”ができる情シスになるために(1)
「うちの情シス、ダメで……」という経営層の嘆きを耳にした著者が、その処方箋として「“攻めのIT”ができる情報システム部門への改革」を考察。数回に分けて紹介していく。第1回は“攻めのIT”の概要と、改革のための検討要素として「情報システム部門の位置付け」を紹介する。(2016/5/31)

アクセンチュア/ダッソー・システムズ:
製造現場のダウンタイムを削減するアジャイルマニュファクチャリングの概念実証を発表
アクセンチュアとダッソー・システムズは、重機産業や航空機産業において、デジタルテクノロジーの活用による効率化やアジャイルマニュファクチャリングを実現するための概念実証について発表した。(2016/5/31)

激変する環境下で生き残るためのTransformation 〜コニカミノルタの事例に学ぶ〜:
第2回:「強みを生かした」戦略で事業の構造を変える
中計で掲げたTransformの実践、そこに不可欠なのは企業の「強み」を「てこ」にした戦略だ。今回は、コニカミノルタの主力事業である情報機器事業の戦略の考察を通じて、その重要性を検討してみたい。(2016/5/25)

セールスとマーケティングを統合:
Marketo・Salesforce・MotionBoardをパッケージ化――IBSが統合サービスを提供開始
インテリジェンス ビジネスソリューションズは、2016年2月5日より最適な営業活動を行うための3つのクラウドソリューションをパッケージ化して提供開始した。(2016/2/5)

マーケティング部門のデジタル化を統合的に支援:
アビームコンサルティング、「マーケティングBPRソリューション」提供開始
アビームコンサルティングは2016年1月27日、企業のマーケティング部門のあるべき姿を示し、マーケティング業務の変革・改善を継続的に支援する「マーケティングBPRソリューション」の提供を開始した。(2016/1/28)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「ERPシステムのメリット」
ERPシステムによって業務運営や経営にもたらされる3つのメリットと、そしてそれをパッケージとして導入するメリットについてまとめます。(2015/12/28)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「ERPとERPシステムとERPパッケージの違い
今回は、ERPの3つのワード「ERP」「ERPシステム」「ERPパッケージ」について、それぞれの歴史的な背景を踏まえながら違いを説明します。(2015/12/21)

即席!3分で分かるITトレンド:
毎週3分、情シスドリル コレ1枚で分かる「ERPシステム」
ERPシステムは、企業内のあらゆる経営資源を統合的に管理し、経営活動をより効率化する手法としてとして注目されてきました。具体的にどんなメリットがあるのか、従来型システムと比較しながら見ていこう。(2015/12/14)

「君らはいらない」と言われたあの日から:
リコーのIT戦略を“攻め”に変えたBIと情報活用の力
リコーがITによる経営・業務革新のための新組織「経営革新本部」を発足し、部門を横断したBIと情報活用の強化を急速に進めている。この背景に、このままでは必要とされなくなるというIT部門の強い危機感があった。(2015/7/27)

3次元ツールニュース:
3Dモデルデータの利活用の幅を広げる「3D PDFドキュメント制作サービス」
キヤノンITソリューションズは、3次元CADなどで作成した3Dモデルデータから3D PDFドキュメントを制作する受託型サービスの提供を開始した。(2015/4/8)

海外進出企業に学ぶこれからの戦い方:
恐竜は環境変化に適応できるか?――鉄鋼業界の雄、新日鐵住金のグローバル対応
日本の、そして世界の鉄鋼業界のリーディングカンパニーである新日鐵住金が、本腰を入れて海外展開を図り始めた。日本流でここまでの成長を成し遂げてきた新日鉄住金は、グローバルカンパニーへと進化できるであろうか? (2015/1/27)

ホワイトペーパー:
事例に見る次世代BPMの姿──先進テクノロジーでプロセス変革を実現せよ
Fortune 500企業における非効率なプロセスによる損失額は4880億ドルともいわれている。今こそ先進テクノロジーの力で自社のビジネスプロセスを変革するときだ。(2014/12/1)

Computer Weekly製品導入ガイド
ビジネスプロセス自動化がもたらす新しい世界
ビジネスプロセス自動化は、可能な限りの場面で人の存在を排除することにより、市場における変化のペースに対応する。(2014/9/26)

PR:ITをビジネスの武器として駆使するあきんどスシローがクラウドERPを選択した理由
クラウドファーストをIT戦略として掲げ、早期から業務・分析系のシステムのクラウド移行を進めてきたあきんどスシロー。顧客の需要を予測する“ビッグデータ”分析など、店舗でのIT活用を原動力に急成長を遂げてきた。そうした中、欧米、アジアなど世界各国におけるすしの需要拡大を見込み、海外への店舗展開を見据えた国際会計基準(IFRS)への対応に着手した。これまでオンプレミスで運用していた既存の会計システムを捨て、グローバルの会計基準に対応し、かつ、膨大な数の企業業務を研究して製品に組み込んだ「業務のいいとこどり」であるベストプラクティスを持つ「SAP ERP」をクラウドで稼働させた。その狙いとは――。(2014/8/18)

海外進出企業に学ぶこれからの戦い方:
エッジの効いた弱者の戦略で戦う コニカミノルタ
キヤノン、リコー、ゼロックス、自社の倍以上の規模を持ち、体力も市場での認知度もある競合と戦って、いかにグローバルで競争優位を築くか。コニカミノルタは、エッジの効いた差異化戦略で強力なライバルと互角以上の戦いをしている。(2014/7/8)

IT部門も顧客サービス精神を
業務の効率性や正確性を追求するあまり、肝心な「顧客視点」が抜け落ちてしまっている企業は少なくありません。IT部門をはじめ全社で顧客サービスの重要性を今一度、見直す必要がありそうです。(2014/4/3)

海外進出企業に学ぶこれからの戦い方:
「道具」で光る、「道具」を光らせる
世界の製造業を支える日本のグローバル・ニッチ・メーカーのイノベーション力とは。(2014/3/19)

海外進出企業に学ぶこれからの戦い方:
持てる力を現地で立証することで先進国市場を攻略 日立鉄道事業
グローバル化、海外進出というと成長性の高い新興国に目が向きがちである。しかし、現存するマーケット規模から考えると、先進国をターゲットとしてビジネスを展開することも1つの重要なオプションとなる。(2014/1/10)

海外進出企業に学ぶこれからの戦い方:
グローカライズで世界に羽ばたく即席麺
海外展開に成功した即席麺は現地の日常の食生活に溶け込んでいる。いかに早く現地の食文化に広く深く溶け込むかが海外展開での競争優位性を決める。(2013/10/3)

田中克己の「ニッポンのIT企業」:
1社でモノを作る時代は終わった ERPの覇者に挑む
複数企業が知見を結集するコンソーシアムとして設立したGRANDITは、国産ベンダーとしてERP市場のトップシェアを狙う。(2013/9/10)

浅薄な情報システム部門不要論の不毛さ:
「情報システム部門は正当に評価されてこなかった」、ガートナー長谷島氏
世界のCIO意識調査に基づき、「情報システム部門は静かな危機を迎えている」と提言したガートナーのリポートに関わった、ガートナー ジャパンの長谷島眞時氏は、本質とかい離した情報システム部門不要論に異を唱えている。(2013/9/3)

導入事例:
名古屋銀行、Windows Server 2012などで基盤統合とCRM刷新を実施
Microsoftの「Windows Server 2012 Hyper-V」および「SQL Server 2012」を東海3県の企業では初めて採用している。(2013/8/5)

視点:
新興国市場での成功の鍵――「FRUGAL」製品の可能性と落とし穴
先進国を凌駕しうる非常に大きなポテンシャルを持つ新興国において、いかにして成功するか。新興国進出において、日本企業が陥りやすい3つの落とし穴について考えてみる。(2013/7/29)

海外進出企業に学ぶこれからの戦い方:
日本発「垂直統合型自前主義」は通用するか? ニトリ
「お、ねだん以上。」で知られるニトリは、高品質な商品を低価格で提供するために原材料調達、および製造拠点を海外に求めてきた。一方、販売面では国内全国網を築き上げることに注力し、本格的な海外進出はこれからである。今期は、これまで学びの場として活用してきた米国に進出し、その先は中国への進出を計画している。ニトリは、日本で築いた力と地位をてこに、マーケットとしての海外展開に成功することができるであろうか?(2013/7/24)

クラウド ビフォア・アフター:
新たな国家IT戦略の肝となるオープンデータ
日本は国際的地位の後退、少子高齢化や社会保障給付費増大、社会インフラの老朽化、東日本大震災における震災復興など、多くの課題を抱える“課題先進国”といっても過言ではない。こうした現状の閉塞を打破するため、政府は持続的な成長と発展に向けた戦略の柱として、特にビッグデータやオープンデータ、クラウドを新たなIT戦略のエンジンとしている。(2013/6/26)

中途半端なトップダウンはやめなさい
業務改革を進める上でいくつかの欠かせない要素があります。その一つは「業務改革リーダーの存在」です。最近それに加えて感じるのはやはりトップのリーダーシップです。(2013/5/29)

海外進出企業に学ぶこれからの戦い方:
日本で培った力を生かす 外食産業のアジア市場進出における成功要因
「クールジャパン」が象徴するように、日本の文化が海外に広まりつつある。日本食も一つのブームとして、海外にビジネスを展開する日本の外食企業は増加しつつある。中でも近年ホットなのが、アジア市場である。(2013/5/20)

海外進出企業に学ぶこれからの戦い方:
日本文化に根差した製品 ウォシュレットで真のグローバル企業へ転身できるか? TOTO
 日本食、アニメ、ゲームといった日本文化に深く根差した商品、サービスが徐々にグローバルに広がっている。日本文化に根差した製品の1つにウォシュレットがあるが、TOTOはこの製品を軸に真のグローバル企業へと転身できるであろうか?(2013/3/13)

「等身大のCIO」ガートナー重富俊二の企業訪問記:
「One Sony」実現へ、強いIT部門づくりに挑むCIO
世界を見ながら改革を進める醍醐味はグローバルカンパニーならでは。組織や国の壁を越えてソニーグループ一丸となって進む「One Sony」実現に向け、提案する情報システム部門を目指す。(2013/2/22)

購買部門に見るカルビーの成功、シャープの苦悩
業績回復を実現し、東証一部上場も果たしたカルビー。購買部門を作り、集中購買を進めたこともその一因となったようです。(2012/12/14)

海外進出企業に学ぶこれからの戦い方:
マーケティングの工夫が成功の鍵 食品メーカー
「日本の食べ物は美味しい」日本人ばかりでなく、海外から日本に訪れた外国人の多くが共通に持つ日本での感想である。しかし、日本の食品メーカーの海外売上高比率は決して高くない。(2012/12/3)

PR:業務のPDCAサイクルを確立し、ビッグデータ活用につなげる手法とは?
市場の成熟に伴い、企業における業務の絶えまない見直しが生き残る上で欠かせなくなっている。その実践にあたり重要性を指摘されているのが、SOAを基盤とするBPMの実施である。ただし、その実践手法は十分に周知されているとはいい難い。最適なアプローチとはいかなるものか。(2012/11/19)

海外進出企業に学ぶこれからの戦い方:
ビジネスモデルを広げて「逆タイムマシン経営」を実践する東洋製罐
日本の容器業界の盟主である東洋製罐が、本格的に海外展開に取り組み始めたのは2006年と決して早くはない。同社は、長期的には海外売上高比率を30%にまで高める計画を立てており、昨年度は9%にまで達した。今後の展開に向けては、5年から10年で海外のM&Aに1000億円を投じる方針も発表している。汎用品である容器ビジネスは、今後内需の成長は見込めないと言われている。そのような状況下で、今後の成長を懸けた東洋製罐の積極的な海外展開の取り組みは成功するであろうか?(2012/10/1)

情報マネージャとSEのための「今週の1冊」(104):
社員が疲弊している会社は、経営層とITに問題あり
ITを有効活用する上では、まず“骨のある経営”ができているかどうか、自社のスタンスから見直してみるのも1つの方法かもしれない。(2012/9/4)

失敗しない戦略実現術、プログラムマネジメント(4):
“普通なら取れない”予算を確保する秘訣
本連載では、ソフトウェア開発会社における新規事業立ち上げのストーリーを基に、プログラムマネジメント実践のポイントを解説する。前回は、プログラムを「何をやるべきか」というレベルにまで具体化する「プログラム・アーキテクチャー」の定義について説明した。今回は、プログラムに必要な資金をタイムリーに確保するための方法を紹介する。(2012/8/1)

海外進出企業に学ぶこれからの戦い方:
自らの「存在意義」にこだわり続ける 楽天
楽天は、2012年を「真の世界企業の幕開けの年」とし、今後海外展開を更に加速していく方針である。5月にはマレーシアに進出すると発表した。2008年に台湾に進出してからわずか4年で12カ国目の展開となる。これまでは、買収もしくは現地企業との合弁会社の設立でビジネスを展開していたが、今回は初の単独進出になる。「27カ国体制」を目標に海外進出を加速する楽天だが、今後順調に海外展開を継続できるであろうか?(2012/7/30)

「もう抜かれとるやないか」、電子立国日本の再挑戦はあるか
1991年に『電子立国 日本の自叙伝』というNHKスペシャルが放映されました。当時日本はDRAMを中心とした半導体や電子計算機の事業に絶対的な競争力を持ち、米国などを圧倒していましたが、今、その時の米国の立場に立たされているのかもしれません。(2012/7/4)

失敗しない戦略実現術、プログラムマネジメント(3):
改革を「スローガン」で終わらせない方法
本連載では、ソフトウェア開発会社における新規事業立ち上げのストーリーを基に、プログラムマネジメント実践のポイントを解説する。前回は、戦略とプログラムをつなぐ「ベネフィット・マネジメント」について説明した。今回は、プログラムを「何をやるべきか」というレベルにまで具体化する方法を紹介する。(2012/5/31)

海外進出企業に学ぶこれからの戦い方:
「世界標準」で戦う――コマツ
連結売上高1兆9817億円(2012年3月期)の80%以上を海外売上が占めるコマツ。日本企業の中でもグローバル化の優等生と言われるこの企業は、どのようにして現在の企業体を作り、また進化させようとしているのだろうか?(2012/5/28)

失敗しない戦略実現術、プログラムマネジメント(2):
経営の期待に応える方法〜ベネフィット・マネジメント〜
本連載では、ソフトウェア開発会社での新規事業立ち上げストーリーの中で、プログラムマネジメントの実践上のポイントを解説する。前回は、プログラムとプロジェクトの違いとそこからくるマネジメントの特性について説明した。2回目の今回は、戦略とプログラムをつなぐ「ベネフィット」のマネジメント方法を紹介する。(2012/4/6)

海外進出企業に学ぶこれからの戦い方:
長期的な視点で自社文化をグローバルに展開する――ヤマダ電機
売上高2兆円を超え、日本の家電量販店業界では一人勝ちといわれるヤマダ電機。この企業の海外進出は、その企業規模からみると実にのんびりしているように見える。何故このようなスピードで海外展開を図っているのであろうか?(2012/3/14)

失敗しない戦略実現術、プログラムマネジメント(1):
PMのノウハウでは成功しない案件とは?
ソフトウェア開発など、ゴールが明快な案件にはPMBOKなどのプロジェクトマネジメントの方法論が効果を発揮する。では事業の立ち上げなど、ゴールの規模が大きく、売上成長や事業再構築など多様なゴールを目指す複雑な案件の場合、どのような方法論が有効なのだろう? 現場で起こりがちなストーリーを通じて、プログラムマネジメントの秘けつを共に学んでいこう。(2012/2/23)

改革推進者を育てるための4つの力
コンサルタントとして目指していかなければならないのは企業内の改革推進者をいかに「生み出し」「育てていく」かだという筆者。そのためには「叱る」「命令する」「提言する」だけでは難しいという。(2012/2/17)

【新連載】海外進出企業に学ぶこれからの戦い方:
「自社流」を貫きグローバルシェア10%を目指す――ユニ・チャーム
ユニ・チャームは「失われた20年」の期間に企業価値を最も高めた企業として有名だが、その企業価値向上の原動力として海外展開を最も成功させた企業の1つでもある。高原氏が2001年に社長に就任してからの10年間で、海外売上高を278億円から1598億円に、全売上高に占める比率を13.1%から42.4%にまで伸ばした。成功の要因はどのようなものであろうか?(2012/1/18)

エグゼクティブのための人財育成塾:
【最終回】ファシリテーター型リーダーの「巻き込み力」〜その7
ビジネスの目的を達成するためには、社内だけでなく社外の関係者も含めていかに「巻き込む」ことができるかが事の成否を左右する。ファシリテーター型リーダーは2の矢3の矢の打ち手を用意して、プロジェクトに臨む必要がある。(2011/12/7)

グローバル製造業のためのERP選定【第1回】
製造業が直面する残念なERPと幸せなERP
海外進出を目指す製造業はどのようなERPパッケージを選ぶべきなのか。本稿ではビジネスのグローバル化を3つのタイプに分類。残念な結果になるERP選びと、幸せな結果を呼び込むERP選びを解説する。(2011/11/17)

エグゼクティブのための人財育成塾:
ファシリテーター型リーダーの「巻き込み力」〜その6
「超」成熟といわれる日本市場で新たな成長戦略を描くためにオープンイノベーションを掲げる企業が増えている。オープンイノベーション戦略は、自前主義に陥りがちな日本企業が単独では創出できない付加価値を作り出す手法として、ビジネスモデル全体で検討する価値がある。(2011/11/2)

@IT自分戦略研究所 資格辞典:
基本情報技術者試験(Fundamental Information Technology Engineer Examination)
ITエンジニアに必要な各種資格情報を解説する「@IT自分戦略研究所 資格辞典」。今回は、IPAが実施する情報処理技術者試験「基本情報技術者試験」を紹介する。(2016/1/26)

病院情報システム紹介:アルスコミュニケーションズ
オーダ操作を簡便化した医療情報システム「TRACLINICA」
検査・処方などのオーダを電子化して共有することで、病院業務の効率化や患者待ち時間の短縮を実現するオーダリングシステム。本稿ではオーダリングシステムを中核とした小規模病院向けシステム「TRACLINICA」を紹介する。(2011/10/28)

エグゼクティブのための人財育成塾:
ファシリテーター型リーダーの「巻き込み力」〜その5
関係するプレイヤーを巻き込むためには、時にはプロジェクトの目的とスコープの変更も必要となる。このような状況でプロジェクトリーダーはどのような行動をとり、何を考えるべきであろうか?(2011/10/5)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。