ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「カルロス・ゴーン」最新記事一覧

2部門で女性が1位に:
「今年、最もリーダーシップを発揮した人」に選ばれたのは?
今年、最もリーダーシップを発揮したと思う人は?――シェイク調べ。(2016/12/5)

三菱自「ゴーン流」改革始まる 提携効果は「両社で500億円」 日産と生み出すシナジーとは
三菱自動車が日産自動車とルノーによる世界的なアライアンスに加わった。日産からサポートを受けながら、燃費不正問題を引き起こした組織の大幅な改革に挑む。(2016/10/21)

来週話題になるハナシ:
日本の「顧客主義」は「ボンドカー」のアストンマーチンを救えるのか
ジェームズ・ボンドが愛用するクルマ「ボンドカー」として有名なアストンマーチンが、再び注目されている。何度も倒産危機に追い込まれた同社のCEOに就任したアンディ・パーマーは、日産自動車でゴーンCEOの右腕として活躍。新天地でパーマーCEOはどのような手を打ってきたのか。(2016/9/30)

日産、近未来的スポーツEV「ブレードグライダー」プロトタイプを公開
日産がスポーツEVのコンセプトカー「ブレードグライダー」のプロトタイプを初公開。(2016/8/5)

トップは64億7800万円:
64億円、20億円、10億円――社長よりも報酬が多い外国人役員 逆転現象が起こるワケ
平成28年3月期に1億円以上の報酬を受け取った上場企業の役員が371人いたことが分かった。トップはソフトバンクグループのニケシュ・アローラ元副社長の64億7800万円で、東京商工リサーチによると上位5位まですべて外国人が占めた。(2016/7/15)

64億円、20億円……社長より報酬多い外国人役員 逆転現象はなぜ起こるのか?
昨年度の上場企業の役員報酬は、上位5位まですべて外国人が占めた。うち3人は社長ではないにもかかわらず報酬が高かった。なぜこんな逆転現象が起こるのだろうか。(2016/7/14)

自動運転技術:
高速が楽になる自動運転「プロパイロット」、新型「セレナ」に搭載
日産自動車が自動運転技術「プロパイロット」を新型「セレナ」に搭載する。高速道路の単一車線で、アクセル、ブレーキ、ステアリングを自動的に制御。「渋滞時のハンドル、アクセル、ブレーキ全ての自動化は、日本メーカーでは初」(同社)。(2016/7/14)

特定企業の傘下ではなく独立企業として戦う:
呉ルネサス、目指すは「W杯優勝」
ルネサス エレクトロニクスは2016年6月28日、同日付で社長兼CEOに就任した呉文精氏の就任会見を開催し、新CEOとして、戦略的セグメントに特化するなどの経営方針、抱負を語った。(2016/6/28)

三菱自の益子会長は正しい決断をした
三菱自動車の燃費データの不正計測・公表問題をきっかけに、日産が三菱自へ第三者出資することで傘下に収めることになった。(2016/6/1)

スピン経済の歩き方:
三菱自動車の日産傘下入りが「シナリオ通り」に見えてしまう3つの理由
燃費不正問題で揺れる三菱自動車が日産自動車の傘下になることが決まった。燃費不正発覚から資本提携までの流れは、日産側が三菱自を手中に収めるための「シナリオ」ではなかったのか、という指摘もあるが……。(2016/5/17)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
日産自動車の“二律背反”
増収増益と好業績を上げている日産自動車だが、実はそれをけん引しているのは海外での取り組み。ここ数年、国内での新型車の投入はほとんどないのが実態だ。(2016/4/11)

銀座で学んだこと:
トップの人が考える、モチベーションを上げる方法
「モチベーションとは、命令や指示で生み出せないもの」――多くの経営者が同じようなことを話されています。これは、どういうことでしょうか。(2016/1/26)

神奈川県の公式サイト「かながわ女性の活躍応援団」が斜め上のデザインだと話題に
女性が、どんどん主役になる……あれ? ※追記あり(2016/1/20)

日産・ルノー、20年までに自動運転技術を10車種に採用へ
ルノー・日産アライアンスが、2020年まで自動運転技術を主力の10車種以上に採用すると発表した。(2016/1/8)

タレントマネジメントを実践する企業の実情
タレントマネジメントを導入する企業が増えつつあるが、具体的にどのように活用しているのか。インテリジェンスHITO総合研究所の渕田任隆氏に話を聞いた。(2016/1/8)

日本の女性活躍に向けた5つの優先施策とは?
日本企業で女性の就労を男性と同じ水準へと増やすだけで、GDPが最低でも9%増加すると言われている。いかにして女性の活躍の場を創出するべきか。5つの優先施策を紹介したい。(2015/12/18)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタは世界一への足固めを始めた
フォルクスワーゲンがつまづいた今、トヨタが王座に立ち続けるのはほぼ間違いないだろう。しかし真の意味で世界一になるためにはやるべきことがある。(2015/11/16)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
クルマが“走る凶器”でなくなる時代
「自動運転」というテクノロジーでようやく“真の文明の利器”に変われるのかもしれません。(2015/11/12)

「iCar」が現実に?:
アップルやグーグルは本当にクルマを作るのか
電気自動車を開発中と報じられたアップル。自動運転車の開発を加速させるグーグル。独自の配車サービスで存在感を示すウーバー。自動車業界参入の動きを活発化させているこれらのIT企業だが、果たして自動車そのものを製造販売するようになるのだろうか。(2015/4/21)

経営者のイメージが強いと感じる日本企業はどこ?
経営者のイメージが強いと感じる日本企業は? 年間売上高2500億円以上、従業員数5000人以上の200社の中から、20〜50代のビジネスパーソンに選んでもらったところ……。リンクモンスター調べ。(2014/11/5)

NIDays 2013:
「本質に基づいてモノを作る」――日産GT-Rの開発者が語る、モノづくりにおけるシステム計測の役割
2007年に発売されて以来、世界中で圧倒的な人気を誇る日産自動車のスポーツカー「GT-R」。開発チームを指揮した水野和敏氏は、GT-Rについて「物事の本質に立ち戻り、それに基づいて開発しただけ」と言い切る。そして、物事の本質を“翻訳”してくれたのが、システム計測で取得したデータの数々だった。水野氏と、計測プラットフォームを提供する日本ナショナルインスツルメンツの池田亮太氏が、システム計測がモノづくりにもたらすメリットについて語った。(2013/12/2)

日産、自動運転カーを2020年までに発売へ
日産が、消費者にとって現実的な価格の自動運転カーを2020年までに発売すると発表した。イベントでは自動運転機能を搭載したリーフが披露された。(2013/8/28)

藤田正美の時事日想:
アベノミクス、第3の矢はどこに向かう?
安倍政権が成立して約100日。アベノミクスは、実際問題、まだ何も具体的なことはしていない。財政支出にしても、金融緩和にしても、それは実体経済を上向かせるトリガーにすぎないのだ。(2013/4/1)

購買部門に見るカルビーの成功、シャープの苦悩
業績回復を実現し、東証一部上場も果たしたカルビー。購買部門を作り、集中購買を進めたこともその一因となったようです。(2012/12/14)

企業広報の「隠れ家でちょっと一息」:
今夜も名酒場をはしご飲み グーグル・河野あや子さん
海外旅行ガイドの編集者、海運専門紙の記者、そして大手自動車メーカーの広報と、異色のキャリアを積んできた河野さん。愛すべきお酒を飲みながら、これまでに学んだ大切なことを語ってくれた。(2012/10/12)

【連載】「バリュープロポジション」から考えるマーケティング戦略論:
第2回 「多機能/高品質なのに低収益」――間違いだらけの顧客中心主義から抜け出す
ターゲット顧客が必要としていなければ、あえてその要素は切り捨てること。そうしなければ、どの会社も同じような商品を作り、多機能/高品質、かつ低収益な商品を数多く生み出し続けることになる。(2012/8/20)

グローバル時代を生き抜くスマートリーダー術:
検討しますという日本人、すぐ決める外国人
「検討する」は否定なのか肯定なのか。曖昧な状況を待ってくれるほど、世の中は悠長ではない。まずは速やかな意思表示から。(2012/8/1)

人気調査データをランキングで紹介:
役員報酬1億円以上は172社、295人〜調査データランキングTOP10
「調査のチカラ」で人気がある調査データを紹介します。7月26日の時点では役員報酬に1億円払った上場企業からカレーに関する調査データまでバラエティに富んだ結果となりました。(2012/7/27)

九州では生産を止めますが:
日産が「ローグ」次期モデルを韓国で生産、2014年から年間8万台
日産自動車は2014年から、北米市場向けのSUV「ローグ」を、ルノーサムスン自動車の韓国・釜山工場で生産する。生産規模は、釜山工場の生産能力の約27%に相当する年間8万台だ。(2012/7/20)

世界一周サムライバックパッカープロジェクト:
夢は西欧トップ5の留学支援企業、ベルリンで起業した日本人
欧州でTimpanyという会社を立ち上げ、日本人向けではなく主に欧州人向けに留学支援ビジネスに取り組んでいる森本真由美さん。日本と欧州での、コミュニケーションのとり方の違いを感じているそうです。(2012/6/5)

現役秘書がサポートしたい上司、トップはアノ元首相
忙しい経営者や政治家をサポートする秘書。「政治家・経営者のうち秘書につきたい人」を尋ねたところ、トップはすでに政界を引退したあの元首相だった。ぐるなび調べ。(2012/4/19)

日産、次世代イエローキャブに決まった「NV200」を初披露
ニューヨーク市のタクシーとして2013年後半から導入が決まった「NV200」。ニューヨークオートショーに出展する。(2012/4/6)

井上久男の「ある視点」(13):
家電版「覇者の驕り」――名門家電メーカーは垂直統合モデルから脱却できるか
電機業界の赤字3兄弟「SKN 1.3」で最も重篤なのは? 名門再生のカギは過去の栄光を捨てられるかだ。(2012/3/23)

説明書を書く悩み解決相談室:
コーチングは「逃げ」? 徹底的に構造化してますか?
上司が部下を指導する際に重要となるスキルの1つが「コーチング」。ただしこのコーチング、必要な説明をしないまま安易に使うと、ただの逃げになってしまうのです。(2012/3/21)

東京モーターショー2011:
ジュークに日産リーフ、2台のニスモコンセプト
第42回東京モーターショー2011、日産ブースに2台のニスモコンセプトカーが出展されている。ジューク ニスモコンセプトと日産リーフ ニスモコンセプトだ。(2011/12/7)

甚さんの「技術者は材料選択から勝負に出ろ!」(5):
家電になった!? EVから学ぶ材料選定
EVの部品点数の割合が家電品とほぼ同じに! EVが盛りあがってくる今後、どの材料から先に極めたらいいのか。(2011/10/17)

誠 Weekly Access Top10(2011年8月13日〜8月19日):
10万円硬貨が13万9710円になっている
通貨が信用を失っていることから、人気を集めている金。そのせいで奇妙なことが起こっているようである。(2011/8/26)

年収750万円以上のビジネスパーソン、約8割が「将来、社長・役員になりたい」
企業のかじとりをする経営者。高年収者たちはその素養として、「決断力・判断力」や「リーダーシップ」が必要だと考えているようだ。ビズリーチ調べ。(2011/8/23)

バリュープロポジション戦略 50の作法:
お客さまは神様ではない
顧客は全知全能の神様ではなく、ときには間違えることもある。彼らが気づかない課題を考え、解決策を創造することが、パートナーとしてのわれわれの役目である。(2011/5/9)

日本企業がグローバル超競争で勝ち抜くために必要なこと――A.T.カーニー梅澤高明日本代表
日本は海外から「新興衰退国」と揶揄されるまでに落ちてしまった――。経済学者やジャーナリストが語る、「人口減社会にあっても、豊かさは失わず、所得再分配によって格差も解消する」という青写真は、成長なくしては崩壊する。このままでは日本は、「惨めな縮小」と語る、A.T.カーニー日本代表の梅澤高明氏。トップコンサルタントが説く世界の今、日本の未来とは何か。(2010/12/14)

藤田正美の時事日想:
「ニホンが世界の中心」という考え方の功罪
日本はなぜ外国企業にとって魅力のない国なってしまったのか。その1つの要因に、日本企業が人材の多様化を「置き去り」にした結果、日本国内でしか通用しない人材ばかりになってしまったことかもしれない。(2010/7/26)

日本航空の再建に、最もふさわしい経営者は誰?
経営難に陥っている日本航空の再建に、最もふさわしい経営者は誰だろうか。年収750万円以上のビジネスパーソンに聞いたところ、日本を代表する経営者が上位に並んだ。ビズリーチ調べ。(2010/3/24)

東京モーターショー2009:
LEAFにランドグライダー……“ゼロ”を約束するクルマが続々、日産自動車
「ゼロ・エミッション競争の幕が切って落とされた」という日産自動車のカルロス・ゴーン社長兼CEO。その日産は、東京モーターショーでどのようなクルマを展示していたのだろうか。(2009/10/22)

システム構築の新標準:
日産の行徳CIO、社内システムのプライベートクラウド化を検討
システム構築の新標準として注目を集めているプライベートクラウドだが、CIOはこのキーワードをどうとらえているのか。(2009/7/24)

超ガラパゴス研究会リポート:
キャリアやメーカーの海外進出、超ガラパゴス研究会の提言は
第4回目となるIT国際競争力研究会(俗称:超ガラパゴス研究会)の会合では、中間報告の草案作りに向けて委員が意見を交換した。議題に上がったのは、海外進出に向けたキャリアやメーカーの戦略と経営、人材に関する課題だ。(2009/7/14)

転職。決断のとき:
自力でつかんだネットワークスペシャリストへの道
自動車業界からIT業界へ。未経験から独学でソフトウェア開発技術者試験に合格し、修業時代を経て名実ともにネットワークスペシャリストとなった。(2009/3/12)

「2009 逆風に立ち向かう企業」日産自動車:
日産自動車の新たな“挑戦”――「日産GT 2012」
2008年5月に発表した決算で、2009年3月期の連結純利益が2期ぶりの減益に転じると発表した日産自動車。そんな同社を新たな成長軌道に乗せるために策定された5カ年計画が「日産GT 2012」だ。(2009/1/9)

職場活性化術講座:
バラバラの組織を変える3つの「ミーティング改革」
組織改革を目指すリーダーがなすべきことは、簡単なことから始まる。まず朝の会議やスタッフミーティングを見直そう。予定の共有、進捗確認に終始する無味乾燥なものから、日常の気になったことを話す、対話重視のものに変えるのだ。(2008/11/26)

職場活性化術講座:
よし! 明日はとなりの部門と飲み会だっ――全社的な知の創造
自分の身のまわりのルーティン業務をこなしていればそれですむという時代はとうの昔に終わっている。他の部門のこと、会社とライバル企業の関係などを知ることが重要だ。(2008/7/10)

「International Women's Day 2008」レポート:
後編 女性部下を「女性」ってひとくくりにしてませんか?
女性部下を適切にマネジメントできる上司になろう! ロールプレイを含む「ダイバーシティマネジメントトレーニング」を紹介します。(2008/7/5)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。