ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

「Diamondcrysta」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Diamondcrysta」に関する情報が集まったページです。

PC USERアワード:
2014年下半期の「ディスプレイ」おすすめ“7選+α”
4Kの台頭をはじめ、ここ数年では大きな変化があったディスプレイ市場の2014年。今年下半期に登場した製品の中から、ITmedia PC USER編集部が特におすすめのモデルを選出する(PC USER 20周年特別企画)。(2014/12/12)

古田雄介のアキバPickUp!:
“ハイエンドらしさ”を破壊する軽量級GTX 970カードが登場
GeForce GTX 970を搭載しながら、1ファン&17センチの短基板のカード「GV-N970IXOC-4GD」が登場して話題を集めている。低消費電力はこんな恩恵ももたらす。(2014/11/17)

三菱ディスプレイの技術を継承:
アイ・オー、超解像技術「ギガクリア・エンジンII」搭載の23.8/27型フルHD液晶
アイ・オー・データ機器は、三菱ディスプレイの超解像技術「ギガクリア・エンジンII」が備わったフルHD液晶ディスプレイ「GigaCrysta」シリーズ2製品を発表した。(2014/10/15)

“ウルトラワイド”を身近に:
LG製ディスプレイが狙う「プラスαと相当多数な疲れ目層」のニーズ
LGエレクトロニクスが、今後アスペクト比21:9の“ウルトラワイド”を主力に据えた液晶ディスプレイ製品群の戦略を発表。ウルトラワイドは何がメリットか、4Kが話題のなかでなぜウルトラワイドなのか。(2014/3/12)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2013年12月9日〜12月15日):
スキャナの売れ筋は場所を取らない小型・省スペースモデル(2013年12月第2週版)
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナ製品の【2013年12月2週版】販売ランキングを掲載。(2013/12/27)

三菱電機、プロジェクター事業から撤退
三菱電機がプロジェクター事業から撤退することを決めた。ホームシアター用のDLPプロジェクターも在庫限りとなる。(2013/12/20)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2013年12月2日〜12月8日):
注目の三菱ディスプレイは2機種がランクイン(2013年12月第1週版)
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナ製品の【2013年12月1週版】販売ランキングを掲載。(2013/12/19)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2013年11月25日〜12月1日):
三菱撤退で注目のディスプレイランキングは? (2013年11月第4週版)
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナ製品の【2013年11月4週版】販売ランキングを掲載。(2013/12/12)

三菱電機、個人向け液晶ディスプレイ事業より撤退
「Diamondcrysta」シリーズなどを展開する三菱電機製ディスプレイが終息する。(2013/12/5)

古田雄介のアキバPickUp!:
ASUS初のSSD「RAIDR」にインテルの「SSD 530」――SSDの注目製品が続々デビュー!
ASUS初のSSDがゲーミングブランドR.O.G.シリーズから登場した。リードが最大830Mバイト/秒と高速だが、速度以上に高いカスタム性が評価されている。また、省エネ志向のインテル製新SSDにも注目したい。(2013/7/29)

応答速度も3.2msに高速化:
三菱、10ビットガンマ補正で画質を高めた27型ワイドIPS液晶「RDT273WX(BK)」
三菱電機は、27型フルHD液晶ディスプレイ「RDT273WX(BK)」を発売する。3.2ms(GTG)の高速応答や10ビットガンマ補正による滑らかな階調表現が特徴だ。(2013/7/18)

Adobe RGBカバー率98%、ハードウェアキャリブレーション対応:
三菱、印刷用紙の階調をシミュレーションできる24型WUXGA液晶「RDT242WH(GY)」
三菱電機の「RDT242WH(GY)」は、カラーマネジメントに対応した24型WUXGA液晶ディスプレイ。印刷用紙の階調特性シミュレーション表示や環境光診断に対応したハードウェアキャリブレーション機能を備えている。(2013/5/20)

古田雄介のアキバPickUp!:
A4-5300よりも高くなる? “1ドル100円超え”の影響示す新APU「A4-4000」
キャンペーンが成功して好調なAMDのAPU「A」シリーズに最下位モデル「A4-4000」が登場。円安の影響で初登場時の価格が“ちょい高”なのは仕方ない……か?(2013/5/20)

応答速度3.2msを実現:
三菱、IPSパネル×狭額縁デザインの23型ワイド液晶ディスプレイ2機種
三菱電機は、23型ワイドのIPS液晶ディスプレイ2機種を発売する。狭額縁かつベゼルとパネル間をフラットにした新デザインを採用しており、動画の視聴に集中できるという。(2013/5/15)

“目にやさしい”青色光低減モードも:
三菱、省エネ仕様の23型ワイド液晶ディスプレイ3モデル
三菱電機は、23型ワイド液晶ディスプレイ3機種を発売する。消費電力を低減する仕様や、青色光を低減する画質モードを備えたのが特徴だ。(2013/5/10)

三菱マルチメディアディスプレイでフルHDとIPS方式液晶は当然、だったら何で選ぶ?:
PR:編集部が厳選! “+α”で決める「三菱ディスプレイ」
液晶ディスプレイ業界で先陣を切って積極的な高画質化と高機能化に取り組んできた三菱電機のマルチメディアモデル。2012年もIPS方式のフルHD液晶パネルを搭載した強力な製品ラインアップが出そろった。こうなると、問題は何を決め手に製品を選ぶかという話になる。そこで今回は、ITmediaの3つの編集部がおすすめのモデルを選んでみた。(2012/12/3)

3Dモデルは応答速度も高速化:
三菱、23型IPSフルHD液晶の倍速補間モデルと偏光3Dモデルをスマホ対応に
三菱電機はIPS方式の23型フルHD液晶ディスプレイ2機種を発表。倍速補間機能搭載の「RDT234WX-Z(BK)」と偏光方式3D対応の「RDT234WX-3D(BK)」を11月28日に発売する。(2012/11/13)

週末アキバ特価リポート:
ストック買いなら今だ!――FILCOキーボードの特価品が各所に
製品入れ替え時に旧モデルが底値になるのは、低価格な製品も高級品も同じ。PCユーザーに定評があるFILCOキーボードに注目だ。(2012/7/21)

ゲーム、動画、写真、スマホまで:
PR:マルチメディア液晶ディスプレイで決定打が登場か?――RDT272WX(BK)/RDT234WX(BK)/RDT234WX-S(BK)の万能感に浸る
日本のマルチメディア液晶ディスプレイをリードする三菱電機が2012年夏の目玉として用意したのは、なんと“27型ワイド”の大画面モデル! IPS方式の27型フルHD液晶パネルに、同社が培ってきた高画質化技術や機能をこれでもかと詰め込み、かつてない大画面ディスプレイに仕上げている。定番の23型ワイドのモデルも世代交代でさらに進化しており、ますます見逃せなくなった三菱ディスプレイの進化を追う。(2012/6/11)

製品ディレクトリ/省エネ機器:
光透過率が高い液晶パネルを搭載し、消費電力量を29%削減した27型液晶ディスプレイ
三菱電機、2012年6月15日発売(2012/6/1)

27型IPS液晶は三菱初:
三菱、27型IPS液晶で国内最速応答のディスプレイ「RDT272WX(BK)」
三菱電機は、27型フルHD液晶ディスプレイ「RDT272WX(BK)」を6月15日に発売する。同社として初めて27型IPSパネルを採用、3.5ms(GTG)の高速応答やスマートフォンとの連携機能が特徴だ。(2012/5/31)

ハイエンドからエントリーまで広視野角・高画質:
PR:“IPS方式”搭載機が計6モデル!――三菱電機のマルチメディア液晶ディスプレイ、どれを選ぶ?
三菱電機の液晶ディスプレイが急激に“IPS方式”化しているのをご存じだろうか? 同社は以前から広視野角なIPS方式液晶パネルの採用に積極的だったが、2010年11月からは立て続けに、計6モデルものIPS方式液晶パネル搭載マルチメディア液晶ディスプレイを投入。2011年夏のボーナス商戦を前に、ラインアップのハイエンドモデルからエントリーモデルまでIPS方式液晶パネル搭載機でそろえてきたのだ。となると、問題はどのモデルを選べばいいのか、だが……。(2011/6/29)

三菱電機のマルチメディア液晶、どれを選ぶ?:
PR:エントリーでも「IPS方式+HDMI」を装備、安心のマルチメディア性能――「Diamondcrysta WIDE RDT233WLX(BK)」
普段使いの液晶ディスプレイを低予算で“広視野角+省エネ仕様”に乗り換えたいというPCユーザーは、「Diamondcrysta WIDE RDT233WLX(BK)」に注目したい。IPS方式液晶パネルとHDMI入力を搭載する一方、マルチメディア機能はシンプルにまとめた「マルチメディアエントリー」モデルだ。何といっても安い。(2011/6/29)

三菱電機のマルチメディア液晶、どれを選ぶ?:
PR:光沢/非光沢パネルを選べる「高速応答+超解像」の基本モデル――「Diamondcrysta WIDE RDT233WX-S(BK)/RDT233WX(BK)」
「Diamondcrysta WIDE RDT233WX-S(BK)/RDT233WX(BK)」は、お手ごろで“多目的に使える高画質ディスプレイ”を求めるアクティブユーザーにおすすめの「マルチメディアスタンダード」モデルだ。ベストバランスの選択肢といえる。(2011/6/29)

三菱電機のマルチメディア液晶、どれを選ぶ?:
PR:高画質な2D映像をベースに手軽な「3D立体視」もプラス!――「Diamondcrysta WIDE RDT233WX-3D(BK)」
Blu-ray 3Dをはじめ、YouTubeやデジタル放送など幅広い3D映像を手軽に楽しみたいという先進的なユーザーに最適なのが、「マルチメディアアドバンス」モデルの「Diamondcrysta WIDE RDT233WX-3D(BK)」だ。三菱電機のマルチメディア液晶ディスプレイで唯一、3D立体視に対応したモデルとなる。(2011/6/29)

三菱電機のマルチメディア液晶、どれを選ぶ?:
PR:「倍速クリアピクチャー」で動画の滑らかさが段違い!――「Diamondcrysta WIDE RDT233WX-Z(BK)」
「Diamondcrysta WIDE RDT233WX-Z(BK)」は、動画コンテンツを滑らかに表示して、その映像世界を堪能したい動画愛好家向けの「マルチメディアアドバンス」モデル。120Hz駆動のIPS方式液晶パネルと倍速補間機能による「倍速クリアピクチャー」が目玉だ。(2011/6/29)

日々是遊戯:
499ドルの「プレステ」3Dディスプレイって、実際どれくらい安いのか?
24インチで499ドル、しかも3Dメガネやゲームソフトが標準で付属――という戦略価格でユーザーを驚かせた、ソニーの「プレステ」3Dディスプレイ。ところで今の3Dディスプレイって大体いくらくらいなんだろう?(2011/6/7)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2011年4月25日〜5月8日):
海外メーカー製モデルがいくつも急浮上──連休中の液晶ディスプレイランキング
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナー、プロジェクター製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年5月第1、第2週版】(2011/5/19)

古田雄介のアキバPickUp!:
大型連休のアキバは、街も新製品もユニーク!
大型連休に突入したアキバは、新店舗のオープンなど複合的な要素から例年以上の盛り上がりが期待される。直前に登場した新製品もユニークなモデルが注目を集めていた。(2011/5/2)

三菱電機、偏光方式の3Dに対応した23型ワイド液晶「RDT233WX-3D(BK)」
三菱電機は、フルHDに対応したIPS方式の23型ワイド液晶ディスプレイ「RDT233WX-3D(BK)」を発売する。偏光方式の3D立体視技術と付属の3Dグラスにより、ちらつきのない3D映像を気軽に楽しめるのが特徴だ。(2011/4/28)

EAの開発スタッフが実機をチェック!:
PR:三菱渾身のゲーミングディスプレイ――「VISEO MDT231WG」を徹底攻略する
常に先進的な高画質化技術を投入し続け、液晶ディスプレイの進化をリードしてきた三菱電機が、約1年ぶりにマルチメディアブランド「VISEO」の新機種「MDT231WG」を投入した。120Hz駆動のIPS方式液晶パネル、LEDバックライト制御、倍速補間技術を組み合わせた新しい動画ブレ抑制技術を筆頭に、さまざまなジャンルのゲームに適した設定・画質で楽しめるよう細部までこだわり抜いている。今回はその“ゲーム対応力”がどれほどのものなのか、老舗ゲームメーカーのエレクトロニック・アーツに実機を持ち込み、厳しい目を持つスタッフの方々にじっくり見てもらった。 ※2010年12月9日掲載(2010/12/9)

古田雄介のアキバPickUp!:
1枚4GバイトのDDR3メモリが安い
HDDで“8000円以下”といえば、2Tバイトの低価格モデル。そして、メモリでいえば4GバイトDDR3の2枚セットだ。ここ最近は、4Gバイトメモリの値下がりがハンパじゃない。(2010/12/6)

HDMI×2、D5、カードリモコンも用意:
三菱、ハーフグレアVAパネル搭載の27型フルHD液晶「RDT271WV(BK)」
三菱電機の「RDT271WV(BK)」はハーフグレア処理のVAパネルを搭載した27型フルHD液晶ディスプレイ。LEDバックライトの採用で消費電力を抑えた。(2010/11/24)

夏のバイヤーズガイド:
“写真派”に贈る2010年夏の液晶ディスプレイ選び
フルHD液晶ディスプレイがとにかく安い昨今、購入を検討している人は少なくないだろう。だが、写真を扱うなら、あえてハイグレードな製品を推したい。その理由は……。(2010/7/9)

この滑らかさはクセになる:
“倍速補間×超解像”で動画に特化した23型フルHD液晶――三菱電機「RDT232WM-Z(BK)」を試す
三菱電機の「RDT232WM-Z(BK)」は、動画重視の23型フルHD液晶ディスプレイ。倍速補間と超解像の合わせ技がポイントだ。早速、その実力をチェックしていこう。(2010/6/29)

120Hz駆動×超解像×2系統HDMI+D5で5万円台半ば:
三菱、業界初の“倍速補間”対応23型フルHD液晶ディスプレイ「RDT232WM-Z(BK)」
三菱電機の「RDT232WM-Z(BK)」は、倍速補間技術と超解像技術を組み合わせ、動画ブレが少ないクッキリした映像表示を実現する23型フルHD液晶ディスプレイだ。(2010/5/18)

三菱、低消費電力パネル採用の23型フルHD液晶「RDT232WLM」
三菱電機は23型フルHD液晶ディスプレイ「RDT232WLM」「RDT232WLM(BK)」を4月23日に発売する。低消費電力液晶パネルの採用により、消費電力を抑えているのが特徴だ。(2010/4/6)

本田雅一が“超解像”の進化を体感:
PR:IPS×超解像×オーバードライブチェンジャー搭載で“動画に強い”23型フルHD液晶――三菱電機「RDT231WM-X(BK)」に迫る
三菱電機は2009年の春、ボンヤリした映像を鮮明に表示できる「超解像技術」を他社に先駆けて液晶ディスプレイで実現したが、年末商戦に向けて超解像技術搭載モデルのラインアップを拡充してきた。特に「Diamondcrysta WIDE」シリーズのマルチメディアモデルに追加された「RDT231WM-X(BK)」は、IPS液晶パネルや段階設定が可能なオーバードライブ回路など、意欲的なスペックを盛り込んだ1台だ。その強化ポイントを開発者に聞き、実機の表示能力を試した。(2009/11/26)

ここまでデキて5万円前後:
高速IPS液晶と超解像が光る23型フルHD液晶――三菱「RDT231WM-X(BK)」を攻略する
「Diamondcrysta WIDE RDT231WM-X(BK)」は、IPSパネルを搭載した23型フルHD液晶ディスプレイ。超解像やオーバードライブ調整など、独自の高画質化技術が目立つ1台だ。(2009/11/20)

予想実売価格は5万2800円前後:
三菱、PC用IPS液晶ディスプレイで最速応答をうたう23型フルHD“超解像”モデル「RDT231WM-X(BK)」
三菱電機の「RDT231WM-X(BK)」は、超解像技術に対応する23型フルHD液晶ディスプレイ。IPSパネルを採用し、3段階のオーバードライブ調整機能やカードリモコンも備える。(2009/10/28)

“ちょい上”の液晶が欲しいなら:
IPSでも割安な24.1型WUXGA液晶ディスプレイ――三菱電機「RDT241WEX」に迫る
三菱電機の「RDT241WEX」は、sRGBでの色管理を想定した24.1型ワイド液晶ディスプレイ。IPS系パネルで色再現性にこだわりつつ、コストパフォーマンスも重視した。(2009/7/22)

本田雅一が開発者に聞く:
PR:業界初の“超解像”を装備、しかもバリュープライスな23型フルHD液晶――三菱電機「RDT231WM」とは何者か?
「RDT231WM」シリーズは、PCディスプレイ業界初(2009年4月現在)となる超解像技術を採用した23型ワイド液晶ディスプレイ。ボンヤリした映像を鮮明に表示できるのが特徴だ。超解像を含む専用の映像処理LSIやフルHD解像度の液晶パネル、2系統のHDMI入力を備えていながら、求めやすい価格を実現しているのも見逃せない。その数々のこだわりを開発者に聞いた。(2009/6/15)

ニコ動からHD映像まで効く!?:
3万円台の“超解像”23型フルHD液晶――三菱「RDT231WM(BK)」に迫る
三菱電機の「RDT231WM」シリーズは、PC向け液晶ディスプレイでは業界初となる超解像技術を搭載した製品。2系統のHDMI入力も備え、さまざまな機器と接続して活用できる。(2009/5/29)

sRGBでの色管理向け:
三菱、IPS方式で実売7万円を切る24.1型ワイド液晶ディスプレイ「RDT241WEX」
三菱電機の「RDT241WEX」は、sRGB色域での色管理を想定した24.1型ワイド液晶ディスプレイ。IPSパネルを搭載し、12ビットLUT、黒レベル切り替えなどの機能を備える。(2009/5/20)

超解像技術搭載の液晶ディスプレイ 三菱が業界初
三菱電機は、業界で初めて、超解像技術を搭載した液晶ディスプレイ2機種を5月22日に発売する。(2009/4/23)

三菱、消費電力を最大30%低減した17型/19型液晶ディスプレイ2モデルを発表
三菱電機は、17型/19型液晶ディスプレイ「Diamondcrysta」の新製品2モデル4製品を発表した。いずれも低消費電力液晶パネルを採用。(2008/12/24)

三菱、WSXGA+表示対応の20.1型/22型ワイド液晶ディスプレイ8機種を発表
三菱電機は、WSXGA+表示をサポートする20.1型/22型ワイド液晶ディスプレイ計8モデルを発表した。うち6モデルはHDMIを含む3系統入力を備える。(2008/10/16)

三菱、新デザイン採用のワイド液晶「Diamondcrysta WIDE」計8製品を発表
三菱電機は、新デザイン筐体を採用するワイド液晶ディスプレイ「Diamondcrysta WIDE」シリーズを発表した。22インチ/20.1インチモデルなど計8製品を用意する。(2007/11/8)

大画面ワイド液晶集中レビュー:
僕らはコレを待っていた!?――三菱入魂の25.5インチワイド液晶「RDT261WH」
ワイド大画面にフルHD表示を超えるWUXGAの高解像度、H-IPSパネルによる広視野角、広色域CCFLによる高い色再現性、そしてHDCP対応DVIを2系統も搭載。三菱電機の「RDT261WH」は、今後の液晶ディスプレイに求められる要素を満たすハイエンドな1台だ。(2007/2/16)

三菱、1680×1050ドットの22インチワイド液晶「RDT221WM」
三菱電機は、ステレオスピーカ内蔵の22インチワイド液晶ディスプレイ「RDT221WM」「RDT221WM(BK)」を発売する。(2006/12/27)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。