ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ファミリーレストラン」最新記事一覧

質問!レストラン・ファミレス→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でレストラン・ファミレス関連の質問をチェック

関連キーワード

慣習は変わるか:
年末年始の営業は必要か 休業日設定の動き広がる
年末年始に休業日を設ける動きが、飲食や小売りなどの現場で広がってきた。元日から当たり前のように店が開いている、という暮らしを見直すきっかけになるかもしれない。(2017/12/14)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
なぜスシローは「スイーツ」に力を入れるのか
下校時間、部活帰りにスシローへ来店する学生たち(特に女子大生)が増加しており、ランチとディナーの間のアイドルタイムの集客力が上がっている。なぜなのか。今回はスシローが注力する商品改革について考察する。(2017/12/12)

「駅前のほうが何もないんだよ!」 幹線道路ばかり栄える田舎事情うったえるツイートに共感多数
大型スーパーもファミレスもシネコンも、全部駅から離れた幹線道路沿いに。(2017/12/7)

てんや愛が止まらない 「天丼てんや」が好きすぎて描いた漫画がすぐにでも行きたくなる宣伝効果
ステマではなくダイマ!(2017/12/4)

「静浜市」って知ってる? お父さんが昔作った架空の「都市計画」の資料に「すごすぎてびっくり」「感動した」の声
製作したお父さんに都市計画について伺いました!(資料提供有り)(2017/12/3)

ホテルと水族館オープン:
レゴランド、テーマパークからリゾートへ
キッズテーマパークの隣接地にホテルと水族館が2018年4月にオープン。一帯を「LEGOLAND Japan Resort」と称する。(2017/11/29)

小松菜奈、28歳差の大泉洋に恋 『恋は雨上がりのように』実写映画化で原作者・眉月じゅん「スカートがどれだけ短いのか」
“自他共にみとめる冴えない男”配役に大泉洋「ですよね!」(2017/11/15)

「すき家」等のゼンショーHD、メニューの値上げを検討 牛丼並は据え置きで
人件費や原材料価格の上昇を受けて。(2017/11/9)

スピン経済の歩き方:
なぜ「トクホ」はシニアよりも若者に人気なのか
働く人たちの間で「朝トクホ」なるものが定着してきている。体脂肪に頭を悩ますおじさん世代がこぞって買い求めているイメージを抱くかもしれないが、意外にもこの動きを後押ししているのは、「20〜30代」だという。(2017/10/31)

妻らから非難ごうごう:
「働き方改革」でも真っすぐ帰らない「フラリーマン」
「働き方改革」が叫ばれる中、仕事が終わっても真っすぐ家に帰らない人たちが増えているという。(2017/10/13)

まっすぐ帰らない「フラリーマン」 妻らから非難ごうごう
「働き方改革」が叫ばれるなか、仕事が終わっても真っすぐ家に帰らない人たちが増えているという。NHKが“フラリーマン”として特集するとネットでは非難の声があがった。(2017/10/13)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
漫画『カレチ』『エンジニール 鉄道に挑んだ男たち』が描く、国鉄マンの仕事と人生
国鉄末期の旅客専務車掌を主人公に、当時の鉄道風景と鉄道員の人情を描いた漫画『カレチ』。その作者の池田邦彦氏に、鉄道員という仕事について話を聞いた。(2017/10/13)

台風で巨大かに看板の足もげる! 悲しげなその姿が話題に
台風の意外な被害者。(2017/9/19)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
不人気だった「ガスト」が再び成長している理由
安いだけでパッとしない店――。そう言われていたガストだが、近年の業績は好調だ。どのようなニーズに対応したことで、新たな顧客層を取り込んでいるのだろうか。外食ジャーナリストの長浜淳之介氏が解説する。(2017/9/12)

どの都道府県にいてもCOCO'Sに行ける時代! ついに鹿児島県に1号店オープン
全国に約600店舗あるのに、なぜか鹿児島だけ進出していなかったファミリーレストラン。(2017/9/11)

ラブプラス新作「EVERY」始動 スマホアプリ
恋愛ゲーム「ラブプラス」の新作プロジェクト「ラブプラス EVERY」が始動。スマートフォンアプリ(iOS/Android)という。(2017/8/25)

ただいま! KONAMI、新プロジェクト「ラブプラス EVERY」を発表 スマホで3人にまた会える
ティーザーサイトには凛子・愛花・寧々と思われる3人のシルエットが。(2017/8/25)

採用の手は緩めず:
すかいらーくがドリンクなど値上げ 人件費増で10月から
ファミリーレストラン運営のすかいらーくが、10月から一部メニューを値上げすると発表。人件費が増加しているためという。(2017/8/10)

「初デートでサイゼリヤはアリ?」Twitter上で激論 「そもそも相手がいない」「サイゼが無い」などの声も
サイゼリヤデートが選択肢に入るだけで幸せですよ……。(2017/7/27)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
勢い止まらぬ「HUB」 なぜ人気?
英国風パブチェーン「HUB」。2017年4月に店舗数100店を突破するなど、堅調に成長し続けている。今回はこのHUBについて解説していきたい。(2017/7/25)

「ラジオは“気配”発生装置」――スマホと連携“IoTラジオ”「Hint」一般発売
ニッポン放送とCerevo、グッドスマイルカンパニーが共同開発するラジオ受信機「Hint」が9月初旬に一般発売。「ラジオとは何か」――ニッポン放送の吉田尚記アナウンサーのそんな疑問からHintは生まれたという。(2017/7/21)

あれから10年、「ケータイ小説」が急速に廃れた理由とは? 現役女子高生に『恋空』を読んでもらった
何がケータイ小説を“終わらせた”のか。(2017/7/18)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
業績好調のサイゼリヤ 成長の理由は?
サイゼリヤの業績が好調だ。国内既存店の売上高は13カ月連続で前年同月比プラスとなった。成長要因について外食ジャーナリストの長浜淳之介氏が読み解く。(2017/7/11)

新郎新婦怒りの提訴:
修羅場と化した結婚式 祝宴前日の2次会会場ドタキャン
大阪のあるカップルの結婚式2次回が、想定もしなかった“修羅場”となった。式前日に2次会パーティーの運営会社から「会場が使えない」と、仰天のドタキャン連絡が入ったからだ。(2017/6/26)

“いま”が分かるビジネス塾:
コンビニが「焼き鳥」強化、何が起きようとしているのか
ファミリーマートが焼き鳥の本格的な販売に乗り出した。ローソンも2016年から焼き鳥を強化しているが、今後、コンビニ各社は総菜類の品ぞろえをさらに拡充していく可能性が高い。一方、国内でもじわじわと「UberEATS」や「楽びん」といったデリバリーサービスの普及が進んでいる。近い将来、デリバリーを軸に、コンビニなどの小売店と外食産業の垣根が消滅する可能性も出てきている。(2017/6/21)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
業績好調! “後発”のやよい軒が業界トップになれたワケ
業績好調の定食チェーン「やよい軒」。2004年、東京・四谷に1号店をオープンしたやよい軒は、大手3社のうちで最後発ながら、今や業界をリードする存在に成長した。なぜ、比較的短い期間で定食業界の最大手に成長できたのか。(2017/6/13)

スピン経済の歩き方:
日本の生産性が低いのは「たばこ後進国」だから?
数年ほど前から「日本企業の生産性が低い」といった話をよく耳にする。労働時間を短縮したり、効率化を図ったり、さまざまな取り組みをしているが、喫煙者の問題はあまり話題にならない。仕事中に「ちょっと一服」と言って、何度も離席する人は生産性がいいのだろうか。(2017/6/6)

現場に出よう:
デジタル変革は会議室ではできない
人手不足や高齢化を背景として、さまざまな分野でデジタルトランスフォーメーション(DX)が議論されている。ビジネスのデジタル変革に必要な姿勢と人材とは……。キーワードは「現場」だ。(2017/6/6)

すかいらーく、セルフレジ導入店を拡大 ランチタイム混雑緩和へ
6月中旬までに、セルフレジの導入店舗を首都圏21店舗に拡大する。(2017/5/24)

実証実験を行ったところ:
カラオケボックスが第2のオフィスに? ビッグエコーが新サービス
ビッグエコーを運営する第一興商が、ビジネスプランを導入した。カラオケボックスをワークスペースとして提供するサービスだが、事前に行った実証実験でどんな声があったのか。(2017/5/18)

フォロワー2万人のロイヤルホストの公式Twitterが閉鎖を発表 担当者の異動で4年間休止、復活叶わず
「昨今、多様化するお客さまとのコミュニケーションのツールを検討する中で、今回は閉鎖を決定」したとのこと。(2017/5/9)

「天国から力を与えてくれている」「友よ、ありがとう」 芸人・前田健の1周忌にはなわ、カンニング竹山らがメッセージ
もう1年か……。(2017/4/26)

人手不足が直撃:
人件費上昇にもがくコンビニ、「無休」の成長モデルに壁
24時間・365日、いつでも・どこでも」という独特のビジネスモデルで成長してきた日本のコンビニエンスストア業界が曲がり角を迎えている。(2017/4/25)

スピン経済の歩き方:
提訴がダメなら「くら寿司」はどうすればよかったか
ネット掲示板に「何が無添なのか書かれていない」などと書き込みをした人物の個人情報開示をめぐる訴訟に敗れた「くらコーポレション」に対して、厳しい言葉が投げかけられている。では、どうすればよかったのか。(2017/4/25)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
業績好調! 日高屋の「ちょい飲み」が成功した理由
ラーメンチェーン「熱烈中華食堂 日高屋」の業績が好調だ。特に近年は「ちょい飲み」ユーザーに支持されており、高収益の体質につながっている。(2017/4/25)

「Yahoo!地図」が「Yahoo! MAP」へ全面刷新 最短1タップで店舗・施設を検索可能に
ヤフーの「Yahoo!地図」アプリが、「Yahoo! MAP」にリニューアルした。主な機能は引き継ぎつつ、同社が提供する各種サービスとの連携を強化し、最短1タップでの店舗・施設検索や最新タウン情報を確認できるようになった。(2017/4/24)

スイスの「レーティッシュ鉄道」の制服をモチーフにした萌えキャラマスコット 夢を叶えた“スイス大使”に経緯を聞いた
地元ファンからも好意的な反応があるそうです。※追記修正あり(2017/4/24)

ARをアニメで表現する難しさ――「劇場版ソードアート・オンライン」制作裏話、伊藤監督に聞く
近未来のAR・VR技術を題材にしたアニメ映画「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」。その制作裏話を、伊藤智彦監督に聞いた(※ストーリーの核心に迫るネタバレはなし)。(2017/4/18)

私が「Apple Watch Series 2」を手放せない理由
筆者はApple Watchが世に登場した頃からのユーザーです。今腕に巻いているのは2代目の「Apple Watch Series 2」。バンドにだいぶ使用感が出てくるほど、手放せない存在になっています。そんなApple Watch Series 2の利用シーンを紹介します。(2017/4/4)

来週話題になるハナシ:
米国のファミレスが苦戦している、3つの理由
米国のファミリーレストランが苦戦している。日本と同じように“若者のファミレス離れ”が加速しているが、それだけではない。米国では3つの要因が重なって……。(2017/3/31)

段ボールで「ドリンクバーの機械」を作る動画が最高にクールな技術の無駄遣い
すごいけどぬるくなりそう。(2017/3/14)

「258B6QUEB/11」で作業がはかどる:
PR:Mac使い必見! フィリップスのUSB Type-C搭載ディスプレイが最高に便利
USB Type-Cならケーブル1本で周辺機器も、充電も、ディスプレイも使える! MacBookユーザーはPhilipsの「258B6QUEB/11」に注目だ。(2017/2/28)

ファミレスで骨を持って暴れるポケモン【みんなのポケGO写真】
寂しさの反動でしょうか。(2017/2/16)

水曜インタビュー劇場(冷たい公演):
ソフトクリームの日世が、唯一無二であるワケ
ソフトクリームの総合メーカー「日世」をご存じだろうか。1951年にソフトクリームを導入した企業で、業界シェアはトップ。ナンバーワンだけでなく、オンリーワンでもあるのだ。どういう意味か。同社のマーケティング担当者に話を聞いたところ……。(2017/2/8)

プチスイーツのようなフシギダネ?【みんなのポケGO写真】
不思議な種で、フシギダネ?(2017/2/2)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
それでも利益率が高い「磯丸水産」のカラクリ
居酒屋市場が伸び悩む中、首都圏を中心に店舗数を伸ばし続けている海鮮居酒屋「磯丸水産」。多くの飲食店が深夜営業を取りやめる中、磯丸水産は24時間営業で成功している。その理由とは。(2017/1/26)

「WWW.WORKING!!」がファミレスじゃなくてローソンとコラボ 1月31日から
禁断のコラボチョコもあるよ。(2017/1/20)

元お笑いコンビ「バッチグー」のモックン 入院患者や飲食中の客など一般人を巻き込む迷惑ドッキリ動画で炎上
「会計前に店内で商品を食べる」「店内で隣になった人の注文した料理を勝手に食べる」「知らない人の病室に侵入して勝手にお見舞いする」などの迷惑動画で炎上しています。(2017/1/17)

西住殿ー! ココスとガルパンのコラボが始まりますよ!
キャラクターによるおすすめメニュー企画では、大食いの五十鈴華が「大ライス」を推薦。さすが。(2017/1/12)

すかいらーく、深夜営業を大幅に縮小
すかいらーくは、深夜時間帯に営業している店舗のうち約8割を対象に、営業時間を短縮する。(2016/12/15)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。