ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「フリーアドレス」最新記事一覧

ヤフー社内に「仮眠スペース」新設 社外の人が利用できる仕事場も 移転にあわせ
ヤフーは本社の移転にあわせ、従業員がいつでも利用できる仮眠スペースや、社外の人も利用できるコワーキングスペースを設置する。(2016/6/21)

元セキュリティ技術者の弁護士がチャットに求めた厳しい条件とカッコイイ使い方
機密情報を扱う法律事務所では堅牢なセキュリティ対策が必須だけど、ガチガチでは仕事がはかどらない――コスモポリタン法律事務所ではそんなジレンマの解決に取り組んだ。(2016/6/7)

日曜にモノづくり、「DMM.make AKIBA」に休日プラン
「DMM.make AKIBA」が、週末だけの利用に対応した料金プランを開始した。新設された料金プランは祝日を除く金曜日20時〜月曜日10時までの利用が可能だ。(2016/4/4)

「すごい」「気分転換になる」――新オフィスに驚きの声
米国式の「ひろびろデスク」はもう古い? デルがオフィス環境をゼロから見直した理由
デルは2016年1月にオフィスの大改装に踏み切った。ワンフロア全体を1つの業務空間と見立て、さまざまなビジネスシーンに合わせてオフィス空間を設計したという。大規模リニューアルに込めた狙いを聞いた。(2016/3/22)

AMD×Bang&Olufsen:
PR:ビジネスノートに高級ブランドのスピーカーは必要なの?
日本HPの「Elitebook 725G3」は、税別7万円台から購入できる高コスパを実現しつつ、老舗オーディオビジュアルメーカーのBang&Olufsenが手がけたプレミアムスピーカーを内蔵する12.5型ビジネスモバイルノートPCだ。でも実際のところ、ビジネスマシンにそのスピーカーは必要なの……?(2016/3/1)

PR:アメリカ式の「ひろびろデスク」はもう古い? デルがオフィス環境をゼロから見直した理由
(2016/2/29)

変わるWindows、変わる情シス:
第2回 「Windows 10」でワークスタイルは変わるの?
マイクロソフトの新OS「Windows 10」。もう使ったという方も、まだ試していないという人もいると思うが、あらためてそのポイントを“マイクロソフトの人”に解説してもらおう。第2回は生産性向上やワークスタイル改革を導く、さまざまな新機能について。(2015/12/17)

SOHO/中小企業に効く「セキュリティグッズ」の選び方:
存在を知らないこと自体がリスク? 企業のセキュリティ担当者が今知っておくべき対策グッズ
マイナンバー制度の導入などもあり、企業のセキュリティがあらためて注目を集める中、手軽かつ効果的なセキュリティ対策として脚光を浴びているのが、セキュリティグッズを使った防止策だ。今回はいまホットなセキュリティグッズを、3つのカテゴリーに分けて紹介する。(2015/12/15)

日立システムズ×日本マイクロソフト対談:
PR:「Surface Pro 4」で企業のワークスタイルはもっと変わる!
モバイル端末の進化などを追い風に、ワークスタイル変革があらゆる企業で着実に進みつつある。そうした中、タブレット型パソコンとして大きな注目を集めているのが、マイクロソフトの「Surface」だ。果たしてSurfaceは企業の業務をどう変えるのか。日本マイクロソフト Windows本部 Surface Marketing シニアプロダクトマネジャーの小黒信介氏と、Surfaceのユーザー企業であり、ソリューションパートナーでもある日立システムズ ネットワークサービス事業部 ネットSaaS推進本部 本部長の服部太郎氏が、その可能性について語り合った。(2015/12/11)

CSAJ「テレワークとクラウド」セミナーリポート
“在宅勤務あるある”の課題を解決、中堅・中小企業が本気でテレワークを導入するには?
スマートデバイスやリモートアクセス技術、クラウドサービスの普及で、オフィスにとらわれず自由な場所で働ける環境の実現は困難ではなくなった。しかし企業がテレワーク制度を導入するとなると話は別のようだ。(2015/12/2)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
ワークスタイル変革はビジョンや環境、文化の改革とIT活用で
これまで多くの企業にとって、働き方の変革は、一部の社員を対象にした在宅勤務制度のように極めて限定的な取り組みだった。しかし、もはや単なる福利厚生でなく、優れた人材の確保や生産性の向上など、企業の成長を支える「経営戦略」として取り組まれようとしている。(2015/11/25)

タブレットの“3-in-1”使用、超小型デスクトップ PCでフリーアドレスを実現
生産性向上こそワークスタイル変革の目的、そのためのベストなデバイスとは?
多くの企業が挑戦するワークスタイル変革。モバイルデバイスを導入して満足するケースもあるが、生産性向上という目的を見失っていないだろうか。生産性向上を実現するために最適なデバイスを紹介しよう。(2015/11/10)

小林伸睦の「成功に導く“ワークスタイル変革”現場論」:
第6回 ワークスタイル変革で活用される「ITシステムと仕組み」
今、企業や組織に「ワークスタイル変革」が求められています。では、それを実際にどのように進めていけばよいのでしょう。今回はワークスタイル変革を推進するために必要な「システムと仕組み」を考えていきます。(2015/10/26)

ITmedia エンタープライズ ソリューションセミナー リポート:
コニカミノルタとサッポロが示す「デバイス管理とBYOD」実践・徹底への道筋
スマートデバイスの利用が拡大する中で、IT部門には私用端末の業務利用で生じる新たなセキュリティリスクへの対応などが求められている。編集部主催「デバイス管理セミナー」で、サッポロホールディングスとコニカミノルタの取り組みと工夫、そして企業のクライアント管理を支える最新ソリューションが紹介された。【更新】(2015/8/25)

偽のIPAメールに警戒を、ウイルス添付で出回る
注意喚起情報を悪用したIPAを名乗る攻撃メールが確認された。(2015/7/17)

次世代オフィス探訪記:
マネーフォワードの新オフィスに潜入 “木の柱”に隠された秘密とは……?
「こんなところで働いてみたい」と思わせるユニークなオフィスを紹介していく「次世代オフィス探訪記」。第9回は、家計簿アプリや資産管理ツールなどを手掛けて急成長しているマネーフォワードの新オフィスを紹介します。(2015/7/17)

「全社員2300人に会社貸与PCやめます」は成功するのか?
BYODといえば、セキュリティの確保や端末の管理コストが負担となって期待した効果が得られないというケースも多い。ところが「管理面でもコスト面でも身軽になれる」と全社BYODに舵を切った会社がある。(2015/6/29)

新しい働き方、新しいオフィス:
「働きがいのある会社」に選ばれたコンカー、オフィス作りのポイントは?
経費精算のクラウドサービスとして急成長中のコンカー。東京・有楽町に構えた新オフィスを訪ねた。(2015/6/26)

“2カ月で百万円規模”の出張費削減も コニカミノルタの“一石二鳥”なIT投資
社内のコミュニケーションロスが仕事に影響している――。改善に乗り出したコニカミノルタビジネスソリューションズが導入したソリューションは、社内外の交流をスムーズにしただけでなく、百万単位のコスト削減にもつながった。(2015/6/25)

これぞ究極の「ノマド」 いつでもどこでもそこが仕事場になるデスク内蔵型スーツケースが誕生
ぼくのかんがえたさいきょうのオフィス。(2015/6/17)

「標的型攻撃ブーム」で騒ぐより先にやること
日本年金機構での情報漏えいを皮切りに、標的型攻撃に関する報道が相次ぐ。長年対策を呼び掛けてきたセキュリティ業界からは、「今度こそ適切な対応を」と願う声が上がる。(2015/6/17)

新しいオフィス、新しい働き方を提案:
PR:ワークスタイルを変えるオフィスデザインとは?
移転などを機に、オフィスデザインを真剣に考える企業が増えている。高いデザイン&技術力と、自社での実践に基づき、先進的な事例を多く提案・施工しているのがコニカミノルタビジネスソリューションズだ。同社の考える働きやすいオフィスデザインとは? 導入事例を見ていこう。(2015/6/1)

手帳のデザインをスマホに――「MARK'S」の文具雑貨が発信する“新しいスマートライフ”
デザインステーショナリーメーカー「MARK'S」のスマートフォン向けケースが、Smart Laboで販売されている。今回はそのMARK'Sの商品企画担当者に、製品作りのこだわりを聞いた。(2015/5/29)

ネットワン、全社員がBYODに移行へ
全社導入している仮想デスクトップ環境を生かして、私物PCで仕事ができる環境に移行する。(2015/5/29)

日立システムズのワークスタイル変革:
PR:社員一人ひとりが生き生きと働ける会社づくり ――「空間」×「時間」=「心」
いま企業は、グローバル化、女性の社会進出、介護と仕事の両立など、多様な働き方への対応が求められている。社員の働きやすさ向上を3カ年計画で実施し、成果を出しているのが日立システムズだ。海外に15の拠点を持ち、グループ会社社員も含め社員数約1万8000人、女性管理職が100人を超す同社で行っているワークスタイル変革のポイントとは……?(2015/5/27)

丸の内本社移転をきっかけに改革:
ダーツで席決め 好業績のカルビー、成長の源はオフィスにあった!
2009年に経営体制を大きく刷新したカルビー。それが功を奏し業績を伸ばし続けている。松本会長の号令の下、さまざまな経営改革に取り組んできた。その1つが本社移転をきっかけに推進したオフィス戦略だ。(2015/4/14)

イマドキのオフィス電話事情を考える:
PR:あなたの会社は、スマートフォン+固定電話を有効活用していますか?
社員の机と同じ数だけ固定電話を置いておけばよかったのは昔の話。固定電話、外勤社員用の携帯電話、社員の持ち込みスマホ……さまざまな端末が混在するオフィスで、社員の働き方に合わせて会社の電話を最適化するにはどうしたら?(2015/4/1)

27面モニタを駆使する静岡銀行の非常事態対策、普段はどう使う?
静岡銀行が東海地震などに備えた本部棟を建て替えた。先進の災害対策をITで講じているが、有事以外でもビジネスを支える基盤となっている。(2015/3/23)

デル株式会社提供ebook
テーマは「社員が帰ってきたくなる場所」――空間デザイナーが“最新IT”で考えた「理想のオフィス」とは?
無機質な空間にデスクを並べ、1人ひとり区分けされたスペースで仕事する――そんな従来型のオフィス環境が今、急速に見直されつつある。新しいオフィスデザインの在り方を識者に聞いた。(2015/3/19)

PR:テーマは「社員が帰ってきたくなる場所」――空間デザイナーが“最新IT”で考えた「理想のオフィス」とは?
(2015/3/9)

「クラウド型サービス×クラウド型Wi-Fi」がオフィス空間を変える:
PR:オフィスの新設・引っ越し、レイアウト変更のタイミングこそ、IT環境を見直すチャンス
あらゆる仕事と密接に絡み始めたIT技術は、一人ひとりの社員の働き方や、企業のオフィス環境作りにも多大な影響を与え始めている。はたして今、どんな変化が起きているのか? そして、そこでIT技術はどのように関わっているのか? オフィスの新設・引っ越し、レイアウト変更など、「働く環境」を見直すタイミングを迎えているのならば、IT環境の変革と絡めながら「働き方」の見直しにチャレンジすべき。それが大きな経営変革の起点にもなるのではないだろうか。(2015/3/2)

新しい働き方、新しいオフィス:
全社Wi-Fiとフリーアドレス、オフィスデザインの専門集団が取り組んだ“働き方が変わる”オフィスとは?
ヤフーの社員食堂やコロプラの新オフィスを手掛けた三井デザインテックは、自社のオフィス空間でも「働き方改革」を目指している。情シスも協力するオフィスづくりとは?(2015/2/27)

新しいコミュニケーション環境で、スタイリッシュな働き方を:
PR:あなたはまだ会社で仕事をするのですか?
会社に出勤して仕事をするのが当然。あたかも常識のようだった考え方が過去のものになりつつあるのだ。では、そのようなワークスタイルを実現するために必要なこととは何だろうか。(2015/2/27)

新しい働き方、新しいオフィス:
働きやすいオフィスは作って終わりではない、社員の88%超が「たのしくはたらく」ために
執務エリアの半分をオープンスペースにして、37種類もの机やイスを配置したインテリジェンス ビジネスソリューションズ。2つのITツールが場所や時間に依存しない働き方を支えている。(2015/2/26)

新しい働き方、新しいオフィス:
「会議室」をなくしたら業務効率が改善できた――インテリジェンスのグループ会社
どんなプロジェクトであってもチームで行う限り「会議」はなくならない。でも、それは「会議室」に集まらなきゃいけないものだろうか? 思い切って社内から会議室をなくした会社がある。(2015/2/5)

ラリーを通じて人間関係も円滑に! オフィスで本格的な卓球ができる「ピンポンワークテーブル」登場
仕事場がアツくなるな。(2015/1/27)

ビジネスの“相棒”を探そう:
PR:ノートPCか、タブレットか、あるいは2in1か……適材適所のモバイルデバイス選び
仕事にパソコンは欠かせない。しかし、昨今はタブレットや2in1デバイスなど、PC以外のモバイルデバイスもあり、どれが自分に最適なのかいまいち分からないという人も多いだろう。エプソンダイレクトの最新モデルから、あなたにぴったりの製品をピックアップ!!(2014/12/12)

企業ソーシャルが変える“環境”とは何なのか:
PR:「魅力的な人材を集める」ならば、魅力的なコラボレーション環境を用意せよ
これまで“あ・うん”の呼吸で成り立っていたことが、できなくなる。企業のモバイル化、クラウド化が進み、従業員のワークスタイルが「急激に変化」している。この「新しいワークスタイル」が、なぜ企業にとって重要な意味を持つのか。そして、それを支える企業コラボレーション手段には「どんな要素が必要」なのだろうか。識者二人の対談から「今とこれから」を洗い出し、一緒に考えていこう。(2014/12/8)

場所や時間に縛られない ANAが目指す“働き方”の次のステージ
空港、整備場、オフィス、取引先と、動き回ることが多い航空業界。現場では、そのたびに中断してしまう仕事を、いつでもどこでもすぐ再開できる作業環境が求められていた。そんな現場を変えたのは、どんな取り組みだったのか。(2014/12/2)

R25スマホ情報局:
メアドの使い分け、どうしてる?
スマホで使うメールアドレスを、みんなは何個くらい持っているのか? どのように使い分けているのか? 男女225人に聞いてみた。(2014/11/28)

総額5億円の開発用機材を自由に使える“ハードウェア・スタートアップの聖地”「DMM.make AKIBA」誕生
ハードウェア開発に必要な機材を150点、総額5億円をそろえた「DMM.make AKIBA」がオープンする。聖地・秋葉原で、世界に通用するスタートアップが生まれることを目指す。(2014/10/31)

面倒な社内Wi-Fi環境の構築、「ケーブル挿すだけ」で簡単に――情シスいらずの「ギガらくWi-Fi」
Wi-Fi環境を構築したいと思っても、情シスがおらずアクセスポイント装置の設置やSSIDの設定、管理・運用するのはハードルが高い。そう感じている中小企業向けに、NTT東日本が装置の設定と導入から運用までのサポートをセットにし、なおかつ割安な料金で利用できる「ギガらくWi-Fi」サービスの提供を開始する。(2014/10/31)

CerevoやABBAlabも協力:
機材総額は5億円! DMMが試作から量産まで可能なベンチャー支援施設を開設
DMM.comは富士ソフト秋葉原ビル内に、モノづくりに取り組むベンチャー企業の支援を目的とした施設「DMM.make AKIBA」を開設すると発表。製品の試作や開発、各種耐久試験に必要な総額約5億円の機材を備えており、シェアオフィスの運営やコンサルティングも行っていくという。(2014/10/31)

うちの会社に幼馴染がIT担当者として入ってきたんだが。〜再起動〜:
PR:第3話:そして西へ
(2014/10/14)

うちの会社に幼馴染がIT担当者として入ってきたんだが。〜再起動〜:
PR:第2話:行き場のないココロとカラダ
(2014/10/6)

いまどきオフィスの勘所:
なぜコロプラは新入社員に家具を作らせたのか?
コロプラがオフィスを拡張した。ともすれば、オフィス作りは“他人ごと”になりがちだ。オフィスに愛着を持ってもらうためには?(2014/10/1)

うちの会社に幼馴染がIT担当者として入ってきたんだが。〜再起動〜:
PR:第1話:あなたの席、ありませんから♪
(2014/9/29)

利用者視点を欠いたスマートデバイス導入は失敗する:
PR:先進事例に学ぶ、社員が職場で躍動するための統合型モバイルソリューションとは?
スマートフォンやタブレット端末の登場は企業ビジネスの世界にも大きな影響を与えている。社員の働き方を変革し、業務の効率化を実現――こうしたビジョンとなる「モバイルワークスペース」を提唱するのがシトリックス・システムズだ。(2014/9/10)

新しい働き方、新しいオフィス:
550人のフリーアドレス制とカフェと壁画のある会社――CBRE
編集部に届いた1通のメール。とある企業の新オフィスの案内と社内の壁にグラフィティアートを描いている動画だった。これは行ってみなければ……。(2014/9/2)

最大150万の助成金が出る今がチャンス:
PR:「テレワーク」の実現に「テレビ会議システム」が最適な3つの理由
自宅で育児や介護をしながら働ける職場環境を社員に提供する手段として注目を集めている「テレワーク」。この導入の成功に一役買ってくれるのがテレビ会議システムだ。国から最大150万円の助成金が出る今が導入のチャンス。テレビ会議システムがもたらすさまざまなビジネス面のメリットを紹介しよう。(2014/8/21)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。