ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「春のヘッドフォン祭2016」に突如現れた「Head-Fi Japan」とは?――世界最大のヘッドフォンコミュニティとその展望
「春のヘッドフォン祭2016」の会場に一風変わったブース「Head-Fi Japan」があったことをご存じだろうか。世界最大規模のヘッドフォン関連コミュニティの日本上陸について、創立者のJude Mansilla氏と「Head-Fi Japan」編集長の田代彰彦氏に詳しい話を聞いた。(2016/5/20)

ハコスコ、KDDIから資金調達 VRプロモーション事業を強化
ハコスコがKDDIとアイ・マーキュリーキャピタルから資金調達。VRを活用したプロモーション事業を強化する。(2016/5/19)

IoTプラットフォーム×広告クリエイティブ発想:
博報堂アイ・スタジオが「広告新商品開発室」を新設
博報堂アイ・スタジオは、広告クリエイティブ発想でIoTや新テクノロジーを広告ビジネス化する組織「広告新商品開発室」を新設したと発表した。(2016/5/19)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
こんなに違う一流と二流
気づかいは、人間的、道徳的にすぐれていることではなく、利益を生み出し、きわめて効率のいいこと。一流のふるまい方とは。(2016/5/19)

DACとアイレップが経営統合へ
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)とアイレップが経営統合。(2016/5/11)

LGBTをマーケティング視点でサポートする:
博報堂DYグループ、セクシャルマイノリティーに関するシンクタンクを設立
博報堂DYホールディングス傘下のAD plus VENTUREは、LGBTに代表されるセクシャルマイノリティー(LGBT)に関するシンクタンク、LGBT総合研究所を設立したと発表した。(2016/5/9)

八双手裏剣が銀幕にうなる!? セガの名作アクション「SHINOBI」がハリウッドで映画化
約20年前のゲームがスクリーンで復活。(2016/5/3)

漫画家・吉野朔実さんが病死 代表作に「少年は荒野をめざす」「period」など
「吉野朔実劇場」を連載中だった「WEB本の雑誌サイト」が報じている。(2016/5/2)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
なぜ、あの人は「本番」に強いのか
テストの勉強をせずに、いざ本番で頑張っても問題は解けない。プレゼンでは、席に着いたところで本番の勝負がついているのは分かるだろう。(2016/4/21)

電通、デジタルマーケティングの新会社「電通デジタル」設立
電通は、デジタルマーケティング事業を手がける新会社「株式会社電通デジタル」を7月1日付けで設立する。(2016/4/19)

西田宗千佳のニュース深堀り:
いま各社が動画配信ビジネスに夢中になるワケ
いま、動画配信ビジネスが過熱している――。各企業が動画に乗り出すのはなぜか? キーワードは「スマートフォン」と「若者」だ。(2016/4/14)

ターゲットに親和性の高い記事をカスタマイズして提供:
博報堂、媒体社と連携して企業オウンドメディアのコンテンツ制作ソリューションを提供開始
博報堂DYグループ・次世代オウンドメディア・マーケティングセンターは2016年3月28日、企業オウンドメディアのコンテンツ制作ソリューション「PRECTORY」の提供を開始したと発表した。(2016/3/29)

「monom」第3弾プロダクト:
博報堂、ぬいぐるみをおしゃべりにするボタン型デバイスを開発
博報堂は、 自主開発プロダクトとして、ぬいぐるみをおしゃべりにするボタン型おしゃべりスピーカー「Pechat」を開発。育児を楽しくアシストする次世代玩具として提案する。(2016/3/15)

普通のぬいぐるみを「しゃべるぬいぐるみ」に 博報堂「Pechat」
取り付けるだけで“しゃべるぬいぐるみ”になるボタン型スピーカー「Pechat」を、博報堂が開発した。(2016/3/14)

5700万人超の購買データとテレビ、SNSなどの接触データによる新サービス提供へ:
CCCマーケティングが博報堂DY メディアパートナーズとR&D連携
CCCマーケティングは、博報堂DYメディアパートナーズとR&D分野で連携し、新たなマーケティングサービスを2016年4月より展開していくことを発表した。(2016/3/11)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
ゴテゴテからシンプルへ
イチゴに練乳をかけて「イチゴっておいしいよね」と言う人がいるが、その人が覚えているのはイチゴではなく練乳の味です。何もつけないことで、初めてそのモノの味が分かる。(2016/2/25)

@ITマイナンバーセキュリティセミナーレポート:
マイナンバー対応は「騒ぎ過ぎず、楽観し過ぎず」で
2016年1月からいよいよ正式に開始されたマイナンバー制度。関連する詐欺が発生したり、重複して番号が発行されたりと、何かと話題は尽きない。一方企業側での対応はどうだろうか。幾つかの調査結果によると、既にマイナンバー対応の取り組みを進める企業がある一方で、中小企業を中心に「まだこれから」「具体的にどうすればいいか分からない」という段階の企業も少なくない。こうした悩みに対する指針を示すセミナーの模様をお届けする。(2016/2/24)

30%の持分を取得:
世界的デザインコンサルティングファームのIDEOが博報堂DYグループ傘下に
博報堂DYホールディングスの戦略事業組織「kyu」は、グローバルに展開する米デザインコンサルティングファームのIDEOに対して出資を行い、30%の持分を取得したと発表した。(2016/2/10)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
チャンスを得る人、なくす人
「こういう面白い本がある」と聞いたらどうするか。その場ですぐ買う、読み終わったら貸してと言う。(2016/1/28)

国内外の5社と提携し提供:
訪日タイ人向けインバウンド施策を支援する「極めタイ」、博報堂DYISが提供
博報堂DYインターソリューションズ(博報堂DYIS)は2016年1月27日、訪日タイ人向けのインバウンドおよびアウトバウンド施策をサポートする「極めタイ」の提供を開始した。(2016/1/27)

電力供給サービス:
電気料金が安くなれば電力会社を変更する割合、利用者の6割を超える
広告代理店の博報堂が電力の小売自由化をテーマに実施したアンケート調査によると、電気料金が安くなれば電力会社を変更する意向がある人は6割を超えた。新しいサービスで利用意向が最も高いのは長期契約による割引メニューで、ガスとのセット割引やポイントサービスの関心度も高い。(2016/1/19)

電力事業をトータルでサポート:
博報堂とNTTデータ、電力小売全面自由化に向けたマーケティング支援で協業へ
博報堂とNTTデータは2016年1月18日、電力小売全面自由化に向け、電力事業会社のマーケティング支援で協業することで正式合意したと発表した。(2016/1/18)

Unity+ARで何ができるのか(2):
Vuforiaで立体をARマーカーにしてスケスケ&動画再生
本連載では、ARを無料で制作できるライブラリ「Vuforia」と「Unity」を使うことで、誰でも簡単にARのコンテンツを制作できる方法を紹介します。今回は、箱型や円錐など3Dのターゲットを読み込む方法や、ターゲットを透過したり、ARの画面上で動画を再生したりする方法について。(2016/1/8)

ノッている会社は、ここまでやっている!:
恋愛ゲームで100億円! ボルテージが成長できた理由
女性向けの恋愛シミュレーションゲーム市場で、ボルテージが成長している。栄枯盛衰が激しい業界で、なぜこの会社は売り上げを伸ばし続けたのか。その背景に迫ってみると……。(2015/12/25)

【連載】ポスト「モバイルゲドン」のスマホサイト 第6回:
ここが変だよ日本のモバイルUX、見落とされている一番重要なこととは?
UX改善はUI改善だけでは終わりません。とりわけ日本においてUX改善に不足している視点とはどのようなものか、考えてみましょう。(2015/12/25)

OpenStackのメリットをユーザー、ベンダーが議論:
あらためて考えるプライベートクラウドの価値と、“OpenStack、3つの誤解”とは?
「Dell Solutions Roadshow 2015」で行われたパネルディスカッション「いまさら聞けない、OpenStack 3つの誤解」をリポートする。(2015/12/3)

アプリ利用実態調査データとWeb上の行動データを格納:
博報堂、企業のスマホアプリ活用支援へ独自データベースを開発
博報堂は2015年11月25日、生活者のスマートフォンアプリ利用実態調査データとWeb上の行動データを格納した「App Planning Database」を開発した。(2015/11/26)

ユーザーからの問いかけに自動で応答も:
LINE公式アカウント上で会話エンジンを用いた自動応答アンケート調査、博報堂とDACが提供
博報堂は、マーケティングツールとして利用可能な会話エンジンを開発。DACと連携し、LINE公式アカウント上で利用できる自動応答アンケート調査サービスの提供を開始した。(2015/11/6)

スマートフォン動画は「縦型」:
DAC、縦型動画プロモーション支援サービス「タテグミ」を提供
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)は博報堂アイ・スタジオ、スパイスボックス、スティーブンスティーブン、白組、C3Film、riverriseと業務提携、新サービスの提供を発表した。(2015/11/4)

ソーシャルメディアを活用しイベントを話題化:
博報堂DYIS、“自撮り拡散”でイベントの話題化を図る「Eventter」を提供開始
博報堂DYインターソリューションズは2015年10月28日、ソーシャルメディア連動端末による写真投稿でリアルイベントの情報拡散と話題化を図る「Eventter」の提供を開始した。(2015/10/30)

平成生まれ版、“働きがい”がある企業ランキング
就職・転職のためのリサーチサイトを運営しているヴォーカーズは、「平成生まれ版:働きがい企業ランキング」を発表した。(2015/10/27)

オウンドメディアを軸に一貫したデジタルコミュニケーションを実現:
博報堂アイ・スタジオ、「統合デジタルマーケティングセンター」を新設
博報堂アイ・スタジオは2015年10月26日、「統合デジタルマーケティングセンター」の新設を発表した。(2015/10/27)

3つのサービスで企業アカウントの運用を支援:
博報堂DYインターソリューションズ、Instagramマーケティングの総合サポートサービスを提供開始
博報堂DYインターソリューションズは、Instagramマーケティングを総合的にサポートするサービス「スタまスタ」を2015年10月より提供開始する。(2015/10/22)

「&TOKYO」に「似ている」指摘ロゴの仏企業、「日仏友好のためロゴ変えるので支援を」と寄付金募集中
東京都が発表したロゴマーク「&TOKYO」が海外のロゴに似ていると指摘する声が上がっているが、舛添知事は「エンブレムとは違う」と問題ないとの認識を示した。一方、似ていると指摘されたフランス企業は「ロゴ変えるので支援を」と寄付金を募集している。(2015/10/13)

生活定点のデータは1992年から:
博報堂が公開する”生活定点”、データと日経平均との関連性から分かることとは?
日々の経済状況は、私たちの生活を如実に反映したものです。しかし、自分の意思や心理が経済状況とどのような関係性にあるかを、感覚として把握するのは難しいです。本稿では、その関連性を数字で明らかにします。(2015/9/30)

タクシークラウド広告サービス:
動画視聴で乗車料金割引、JapanTaxiと博報堂が実証実験を開始
JapanTaxi、博報堂、博報堂DYメディアパートナーズ、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムは、「全国タクシー」アプリの次世代化に向けて、タクシークラウド広告サービスの実証実験を開始する(2015/9/25)

ワンツーワンマーケティングを動画で実現:
博報堂アイ・スタジオ、動画マーケティングの「再生商店」をパーソナライズド動画制作サービスと連係
博報堂アイ・スタジオは2015年9月8日、同社のネット動画マーケティングソリューション「再生商店」にlivepassが提供するパーソナライズド動画制作サービス「livepass Catch」を連係させた新サービスの提供を開始した。(2015/9/9)

AOLがステマについてお詫び 現在はガイドラインを順守していると報告
一部順守されていない記事があるのではないかとの指摘も。(2015/8/29)

プライベート情報はできるだけ秘密にしたい人が7割:
博報堂生活総研、「マイビッグデータに関する意識調査レポート」を発表
博報堂生活総合研究所は2015年8月26日、「マイビッグデータに関する意識調査レポート」(第2回)を発表した。(2015/8/26)

Unity+ARで何ができるのか(1):
Unityでも使える無料ARライブラリVuforiaの基礎知識とライセンス登録、インストール、簡単な使い方
本連載では、ARを無料で制作できるライブラリVuforiaとUnityを使うことで、誰でも簡単にARのコンテンツを制作できる方法を紹介します。初回は、Vuforiaの概要とライセンス登録の仕方、Unityにセットアップする方法、簡単なARコンテンツの作り方について。(2015/8/24)

編集者や映像クリエイターとコラボレーション:
博報堂DYメディアパートナーズ、コンテンツマーケティングの企画から実施までサービス提供
博報堂DYメディアパートナーズは、動画を活用したコンテンツマーケティングの企画から実施までを行う「dougat project」のサービス提供を開始した。(2015/8/11)

多様な分野のエグゼクティブや専門家の知見を活用:
博報堂、オープンイノベーションスタイルの戦略構築プログラムを提供
博報堂とサーキュレーションは2015年8月6日、各分野のエキスパートやエグゼクティブ人材とともに新製品やサービスの普及戦略を構築するプログラム「X-book JAM」の提供を開始した。(2015/8/7)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
出入り禁止は1回の失敗からではなく負の習慣から起こる
「出入り禁止」になる経験を通して、リーダーになれる人となれない人に分かれ。その分かれ目とは?(2015/8/6)

アドビ、「Adobe Digital Publishing Solution」リリース 時代に合ったパブリッシングを問いかける
アドビは「モバイルこそが日常生活の中心」ととらえ、そんな時代に沿ったモバイルアプリ制作とパブリッシングを融合させたソリューション「Adobe Digital Publishing Solution」をリリースした。(2015/7/30)

WeChatを活用:
博報堂、訪日中国系観光客向けに商品認知と購買意欲を促進するサービスを開始
博報堂と中国企業Cybermart Groupは2015年7月28日、訪日前および日本滞在中の中国系観光客を対象に、商品認知や購買意欲を促進する新たな2サービスの提供を開始したと発表した。(2015/7/29)

2つのメディアへの複合接触による意識変容を:
テレビとオンライン動画を掛け合わせた広告効果の予測ツール、博報堂DYメディアパートナーズが提供
博報堂DYメディアパートナーズと博報堂DYホールディングスは2015年7月23日、広告効果予測プラニングツール「TVPlus Simulator」の提供を開始したことを発表した。(2015/7/24)

既に乃木坂46と共演:
ロボットをエンタメ市場に「ロボドルプロジェクト」、乃木坂46と共演
アスラテックら4社は共同でエンタメ市場でのロボット活用を促進し、「ロボットアイドル」の普及を目指す「ロボドルプロジェクト」を発足した。既に乃木坂46と“共演”の実績もある。(2015/7/17)

“ロボットアイドル”の普及目指す「ロボドルプロジェクト」発足 「乃木坂46」のMVに出演
ロボットアイドルの普及を目的とした「ロボドルプロジェクト」が発足した。「乃木坂46」のミュージックビデオにプロジェクト所属ロボが出演し、曲に合わせて踊っている。(2015/7/17)

自分自身の情報、約7割が「知りたい」
ウェアラブル端末や遺伝子検査など、デバイスや解析技術の発展によって、これまで知ることができなかった自分自身の情報について、どのように感じている人が多いのだろうか。博報堂生活総合研究所調べ。(2015/7/16)

ブランドの課題をゲームのノウハウで解決:
博報堂と面白法人カヤックが共同で「面白ブランドデザインラボ」を立ち上げ
博報堂ブランドデザインとカヤックは、ブランドの課題をゲームのノウハウで解決する「面白ブランドデザインラボ」の立ち上げを発表した。(2015/7/16)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。