ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「健康食品」最新記事一覧

水素水、バストアップ、関節に効く…健康食品に本当に効果はあるのか? 「商品テスト」から見る健康食品との付き合い方
「健康被害」にあわないために。(2017/11/19)

「みなさんを見返す気持ちで!」 はるな愛、人生MAXの激太りでダイエット宣言
目標は10キロ減!(2017/11/16)

週末珍ゲー紀行:
今日からあなたは死神のパシリです ピタゴラスイッチ感覚で人を事故死させるパズルゲーム「Death Coming」
因果律により定められしモブキャラたちの消費期限。(2017/11/11)

スマホ使う10代女子「記事内広告は完全無視」が7割弱──GMO調査
GMOメディアが、10代女子のスマホ広告に関する調査を実施。約7割が記事内の静止画広告を無視していることが分かった。(2017/10/30)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
「マロニーちゃん♪」でおなじみ、マロニーの決算は
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2017/10/19)

世界を読み解くニュース・サロン:
ボイコット危機の平昌五輪で韓国が恐れる本当の“敵”とは
2018年2月に韓国で開催される平昌五輪に不参加国が出る可能性が報じられた。深刻化する北朝鮮情勢が大きな懸念となっているが、五輪を巡る問題はそれだけではない。(2017/9/28)

週刊「調査のチカラ」:
100歳に学ぶ、プレミアムな人生の過ごし方
芸術は長く人生は短いということわざはあれど、実際には日本人の長寿化はますます進行している模様です。今回は、芸術の秋より人生の秋を思う調査レポートをまとめ読みします。(2017/9/16)

急増するSNS広告のトラブル 「お試しのつもりが定期購入」の罠とは?
男性のトラブルも増加傾向。(2017/9/23)

エコカー技術:
内燃機関が生き残るために、広島で研究進む「次世代燃料」
広島大学で開催された「ひろしま自動車産学官連携推進会議」、通称「ひろ自連」のシンポジウムを聴講した。ひろ自連は、広島地域の自動車産業を発展させていくための協働を目的に、広島の自動車産業と環境関連の政府関係法人、大学などの共同研究プロジェクトとして2017年2月に設立された。シンポジウムを開催するのはこれが初めてのことだ。(2017/9/11)

ビットコイン・セミナーが犯人と被害者を結びつけた……強殺事件の意外な接点
仮想通貨ビットコインが関係した強盗殺人事件が起きた。親子ほど離れた野田さんと西田容疑者を結びつけたのはビットコインの取引セミナーだった。(2017/9/6)

犬の味覚は人間の5分の1? 犬が好きな味と「手作り食」で注意したいこと
犬が喜ぶ食事とは。(2017/9/4)

某油性ペンにそっくりな粉末茶の携帯容器「茶ッキー」 製造元に開発経緯を聞いてみたら、めっちゃ便利そうだった
パロディー商品っぽい見た目なのに実用的。(2017/8/30)

工場ニュース:
味の素が自動化を進めた包装工場稼働、ロボット採用で生産性1.7倍に
味の素は、ロボットなどを採用し自動化を推進した新工場を建設し、このほど稼働を開始した。(2017/8/17)

COMPグミ8月15日から販売再開 予想以上の注文で一時販売休止に
8月15日より販売再開です。(2017/8/15)

専門家に聞く、猫に食べさせてはいけない物とは? ペットのNG食材をまとめてみた
お魚くわえたドラ猫、毎日生魚だけはダメですぞ。(2017/8/11)

専門家に聞く、犬に食べさせてはいけない物とは? ペットのNG食材をまとめてみた
犬にチョコレートあげちゃダメですよ。(2017/8/11)

「個人の感想です」ならどんな広告でも許されるのか? 消費者庁が見解を発表
消費者庁が考え方を発表。(2017/8/9)

東大医学部とがん治療で提携:
医療の課題解決に“コミット” RIZAPの新戦略
RIZAPグループが、本人の健康課題の解決に向けた新事業を展開すると発表。認知度・顧客数をさらに拡大し、2020年度までに累計1000万人へのサービス提供を目指すという。【訂正】(2017/8/7)

イラストを勝手に健康サプリの広告に使われた――イラストレーターがTwitterで訴え 悪質管理者に賠償請求へ
迷惑すぎる……。(2017/8/3)

「壊し屋」アマゾン ホールフーズ買収の衝撃
昨今の米国は「健康」ブームだが、米食品スーパー、ホールフーズ・マーケットはその先駆けである。(2017/7/10)

中高生向け勉強動画、8000本を完全無料で……新サイト「MANAVIE」の勝算
中学・高校生向けに勉強を教える動画約8000本を無料で閲覧できるWebサイト「MANAVIE」が登場。3月に閉鎖したサイト「manavee」に似ているが……。(2017/7/10)

RIZAP、“結果にコミットする”ために顧客情報基盤を強化 Salesforceを導入
RIZAPグループが、SalesforceのCRMツールなど3製品を導入。個々の顧客に“コミットする”ための最適なサービスを提供し、顧客満足度と顧客接点の向上を目指す。(2017/7/5)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
またか。なぜアントニオ猪木にトラブルが多いのか
“燃える闘魂”でマット界や政界を突き進んできたアントニオ猪木氏の周辺で、お家騒動が勃発した。過去にも会社を経営破たんさせたり、巨額の借金を抱えたり、彼はなぜ何度もトラブルを起こすのか。関係者の話によると……。(2017/6/30)

1プッシュで商品届く「Amazon Dash Button」が日本で好調なワケ
ボタンを押すだけで商品が届く「Amazon Dash Button」の取り扱いブランドが116種に拡充された。日本は米国に次ぎ、2番目に売れ行きが好調だという。アマゾンジャパンに理由を聞いた。(2017/6/28)

「黒ラベル」なども買える:
Amazon、「ダッシュボタン」拡充 1000種以上に対応
アマゾンジャパンが、「Dash Button」のラインアップを拡充。約70種類のブランドが追加され、サントリーの「ザ・プレミアム・モルツ」など計1000種類以上の商品が選択可能になった。(2017/6/28)

「アイケア戦略」は奏功:
メガネスーパー、不振脱却への道は「IoT」と「M&A」
メガネスーパーが、2017年4月期の連結決算を発表。減益だったが、最終黒字に踏みとどまった。今後は「アイケア戦略」のほか、他の眼鏡店の買収・合併と、ウェアラブルデバイス「b.g.」の販売に注力していくという。(2017/6/21)

大気汚染で「肌荒れ」になりやすい県、ポーラが明らかに 「男性こそナーバスに捉えるべき問題」
大気汚染物質が原因で、肌荒れになりやすい県を、ポーラと日本気象協会が発表。大気汚染による肌荒れは「男性こそナーバスに捉えるべき問題」という。(2017/6/20)

PR:やしろあずきの調査―― クジで引いたネット通販の商品だけで3日間生活できるか検証してみる
やしろあずきが「ネット通販があれば死ぬまで生活できる」と言うので本当にやってもらいました。(2017/6/16)

なぜ人は支払ってしまうのか? アダルトサイトの請求トラブル、その巧妙な手口と対処法
「自分は大丈夫」という人ほど危ない。(2017/6/12)

グループ30社の“ハブ”に:
企業を超えたデータ連携、どう進めればいい? SBIホールディングスに学ぶ
Webサイトにおける行動分析……というと多くの事例が出ているが、30以上の会社が相互に連携していたとしたらどうだろう。金融サービス大手の「SBIホールディングス」では、グループ各社の連携と全体最適を一手に担う部署がある。(2017/6/1)

「荷物を受け取るだけのアルバイト」という詐欺が発生中! そのカラクリを知ると恐怖しかない
うかつに近づいてはいけない。(2017/5/29)

「同意ボタン」で契約成立、敷金は原則返還……120年ぶり民法改正で変わる“ルール”
契約のルールを明確化する改正民法が可決・成立した。約120年ぶりの抜本改正となる。(2017/5/29)

自己投資産業で世界一になる:
社長が語る「ライザップ経済圏」とは
なぜいまライザップグループはアパレルに参入するのか。また、住関連領域から介護まで多角的な経営を推し進める裏にある競争優位性とは何か。瀬戸健社長に今後の展望と戦略を聞いた。(2017/5/10)

あの会社のこの商品:
「塩熱飴」がケタ違いに売れた秘密
夏になったら怖いのが熱中症。汗で失われた電解質を補給するのに使いたいのが、塩分補給ができる飴である。このタイプの飴が広く普及するきっかけをつくったのは、ミドリ安全のヒット商品「塩熱飴」であった。(2017/5/5)

業歴浅い企業は苦戦:
大学発ベンチャー、業績順調 母体は「東大」が最多
大学の研究成果や特許を基にしたビジネスを展開する「大学発ベンチャー」の現状は?――帝国データバンク調べ。(2017/5/1)

「富士そば」のサプリが誕生 そばの実に多く含まれるポリフェノールを“そばアレルギー”の人でも飲めるように
ビジネスパーソンの「健康をそばで守りたい」というビジョンがサプリに。(2017/4/28)

Amazonの「Prime Now」が取り扱い品目を拡大 ドラッグストアやデパートの商品が最短1時間で届く
「Amazonプライム」の会員特典「Prime Now」が、デパートやドラッグストアで販売している商品に対応。対象エリアでは1時間(一部は2時間)以内にサプリメント、化粧品、惣菜・弁当や生鮮食品などが届く。(2017/4/18)

アクティブシニア社員:
65歳以上も「元気とやる気続く限り」雇用 ファンケル
ファンケルが65歳以上の社員を再雇用する制度「アクティブシニア社員」を新設。「原則本人の元気とやる気が続く限り働くことができる」という。(2017/4/11)

「てるみくらぶ」連鎖 広告制作のデナリ・エージェンシー倒産
グループ外企業の連鎖倒産は初。(2017/4/3)

事業の拡大を急ぐあまり:
「ベンチャーは免罪符ではない」DeNAは何を誤ったのか
DeNAが行っていたキュレーション事業は何が問題だったのか。DeNAは3月13日、第三者委員会の調査報告書を公開。同日、第三者委員会が東京・渋谷で記者会見を行い、同事業の問題点、原因分析、再発防止策の提言について説明した。委員長は「永久ベンチャーは免罪符ではない」と語った――。(2017/3/13)

新聞広告が景表法違反:
「サプリで目がスッキリ」根拠なし だいにち堂に措置命令
サプリメントを摂取するだけで目の不調が改善するかのように宣伝していたとして、「だいにち堂」に消費者庁が措置命令。(2017/3/10)

残業中に重宝する「エナジーバー」を自宅で簡単に作る方法
仕事の合間や残業中などに手軽に栄養補給して、健康な状態を目指すために、エナジーバーの作り方をご紹介します。(2017/3/9)

水素のダイエット効果をうたった3社に消費者庁が措置命令 合理的な根拠がないため景品表示法に違反
対象となった商品は、「ビガーブライトEX」、「水素たっぷりのおいしい水」、「ナチュラ水素」。(2017/3/3)

「水素水を飲むだけでダイエット効果」 広告に根拠なし、消費者庁が3社に措置命令
「水素水を飲むだけで、ダイエット効果がある」――そんな広告内容が景品表示法違反に当たるとして、消費者庁が水素水を販売する3社に措置命令。(2017/3/3)

景表法違反で消費者庁が処分:
「水素水でダイエット」根拠なし 3社に措置命令
「水素水」や「水素サプリ」だけでやせる効果があるかのように宣伝していたとして業者3社に消費者庁が措置命令。(2017/3/3)

小さな組織が大企業と戦うために
現場力を最大化するCRM基盤 やずや社長が語る通販システムの「極意」
「にんにく卵黄シリーズ」のやずやがビジネスの根幹を担う通販システムを刷新。売上成長を目指し、顧客起点のダイレクトマーケティングをより強力に推進するためだ。(2017/2/27)

水曜インタビュー劇場(飲む公演):
「必要な一杯をどうぞ」世界初の機械にゴクリ
いま必要なサプリメントを自動的につくってくれる――。そんな未来感が漂うマシーンが、まもなく登場しそうだ。その名は「healthServer(ヘルスサーバ)」。このマシーンの何がスゴいかというと……。(2017/2/15)

化粧品や生活雑貨を中心に需要が拡大:
日本からの中国向け越境ECは1兆円市場に――富士経済が調査結果を発表
富士経済は、中国のEC市場、中でも伸びが著しい中国向け越境ECを中心に調査を実施。その結果を報告書「中国向け越境EC市場の実態と今後 2016」にまとめた。(2017/2/13)

VeloCloudはクラウド指向を強調:
VeloCloudとネットワンのSD-WAN、三谷産業が自社での導入について説明
米VeloCloud Networksとネットワンシステムズは、VeloCloudのSD-WAN製品/サービスと、これに基づくネットワンの「クラウドSD-WANサービス」について説明。このなかで顧客事例として、三谷産業が本社とベトナム拠点を結ぶSD-WANの利用について語った。(2017/2/9)

エネルギー列島2016年版(41)佐賀:
人工光合成で先頭を走る、廃棄物発電とバイオガスのCO2で藻類を培養
バイオマス産業都市を目指す佐賀市で人工光合成の実証プロジェクトが2カ所で始まった。清掃工場では廃棄物発電に伴うCO2、下水処理場では汚泥のバイオガスからCO2を分離・回収して、人工光合成で藻類を培養する試みだ。佐賀県の北部の日本海沿岸では陸上と洋上で風力発電の計画が進む。(2017/2/7)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。