ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

  • 関連の記事

「HoloLens」最新記事一覧

「Hot Chips 28」でMicrosoftが説明:
「HoloLens」向けプロセッサの詳細を発表
米国で開催された「Hot Chips 28」においてMicrosoftは、拡張現実(AR)向けヘッドセット「HoloLens」用に設計したプロセッサ「HoloLens processing unit(HPU)」について説明した。(2016/8/25)

現場に支持されるMRアプリの作り方 JALに聞く開発秘話
MR(Mixed Reality)技術は企業にどんな可能性をもたらすのだろうか。日本航空はMicrosoftの「HoloLens」を利用するアジア初の業務アプリのプロトタイプを開発した。同社のプロジェクトチームにその舞台裏を聞く。(2016/8/19)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Windows Holographic」の複合現実が2017年に一般PCへやって来る
2017年はWindows 10のアップデートにより、一般的なPCでも「Windows Holographic」が楽しめるようになるという。(2016/8/18)

IDF 2016:
独自HMDからドローンまで――Intelの「IDF 2016」基調講演まとめ
Intelの年次開発者会議「IDF 2016」で発表されたことを簡単にまとめる。RealSense搭載のMR HMDやドローン、Ubuntu搭載のキャンディバーサイズのガジェットなどが披露された。詳細はリンク先の関連記事(あるいはプレスリリース)へのリンクを参照されたい。(2016/8/17)

Microsoft、来春の「Windows 10」アップデートでHTC Viveなどでの「Windows Holographic」利用を可能に
Microsoftは来春予定している「Windows 10」のアップデート(コードネーム:Redstone 2)で、MR HMD「HoloLens」のシェル「Windows Holographic」をサードパーティー製ハードウェアでも使えるようにすると発表した。HoloLens向けのMRアプリをHTC Viveなどでも使えることになる。(2016/8/17)

IDF 2016:
Intel、スタンドアロンの“MR” HMD「Project Alloy」披露
Intelが3D深度センサー「RealSense」技術を採用するVR/AR HMD「Project Alloy」を発表した。PCとの接続も、コントローラーも、外部に設置するセンサーも不要のスタンドアロンなHMDだ。(2016/8/17)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Anniversary Update」で大きく変わるWindows 10のアプリ開発
多数の機能が追加されたWindows 10の「Anniversary Update」は、一般ユーザーだけでなく、アプリ開発者にとっても見逃せないアップデートとなった。(2016/8/8)

石井英男の「週刊Gear VR」(第9回):
大人も子供もはまる!サンドボックスゲームの金字塔「Minecraft Gear VR」
GALAXYスマートフォンと組み合わせて気軽に本格VRが楽しめる「Gear VR」。本連載では、Gear VRで楽しめるアプリを毎週紹介していく。第9回目はサンドボックスゲームの金字塔「Minecraft Gear VR」を紹介したい。(2016/8/5)

「HoloLens Development Edition」、北米の全開発者と企業が購入可能に
Microsoftの複合現実HMD「HoloLens」の開発者版が、北米で購入しやすくなった。企業向けの管理者ツール付き「Commercial Suite」も発売された。HoloLensをスマートフォンやタブレット同様にMDMで管理できる。(2016/8/3)

モンスターボールだけに
「Pokemon GOはビジネスも変える」が“的外れな意見”ではない理由
世界で史上最大級のヒットとなっている「Pokemon GO」。Pokemon GOによって拡張現実(AR)を活用するハードルが下がり、今後は幅広い分野に普及する活用される可能性がある。(2016/7/26)

「Pokemon GO」の次は? “玩具化”したARはどこへ行くのか
「Pokemon GO」をはじめ、身近な存在となりつつあるAR(拡張現実)。だが「ARはゲームに使われる技術」など“玩具”のように思う人も少なくない。こうした課題を踏まえ、ARはこの先どのように発展し、ビジネスの現場や日常生活を変えていくのか――。(2016/7/21)

医療分野に新たな活路:
Google Glassが“バーチャル専門医”に?
民生機器としては人気が低迷したかに見える「Google Glass」は、医療分野で新たな活路を見いだしたようだ。米国で、Google Glassを使って救急医療を行う実証実験が行われた。(2016/7/13)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
「現実がSFじみてきた」 NHKの考える未来の放送技術
今年の「技研公開」では、4K/8Kで賑わってきた過去数年と異なり、裸眼立体視ディスプレイが主役に踊り出た。麻倉怜士氏によると、“8Kの次”を強く意識した展示だったという。(2016/7/13)

コグニティブとデジタル変革で企業に競争力を MSの平野社長
7月1日に新たな会計年度を迎えた日本マイクロソフト。平野社長は2017年度の方針として、デジタルトランスフォーメーションとコグニティブで企業の競争力向上を支援することを挙げた。(2016/7/7)

Tech Basics/Keyword:
仮想現実(VR/AR/MR)
2016年は、さまざまな仮想現実を採用した製品がリリースされ、「VR元年」とも言われている。では、この仮想現実とはどういったものなのだろうか、類似して語られることが多い「拡張現実(AR)」や「複合現実(MR)」についても説明しよう。(2016/7/1)

誤解だらけの「ホログラム」 それっぽい映像表現との違いは?
最近の映像表現でやたらと目にする「ホログラム」という言葉。しかし、本来の意味で正しく使われていることがほとんどないのをご存じだろうか。(2016/6/19)

図研 DS-2:
米マイクロソフトの製品開発部門が採用したPLMソフトウェア
米マイクロソフトのDevice Divisionは、製品のサプライチェーンを統合したライブラリ、設計データ管理システムとして、図研のPLMソフトウェア「DS-2」を採用した。(2016/6/13)

ゲームの祭典「E3 2016」の各社発表スケジュール ソニーは日本時間の14日午前10時から
ゲーム業界の最大級の見本市「E3 2016」の開催に合わせ、Microsoftやソニー、任天堂などが現地で新作を発表する。主な企業の発表時間をまとめた(いずれもライブ中継を視聴できる)。Microsoftの発表は、AppleのWWDCの基調講演とぶつかる。(2016/6/12)

ITエンジニアの未来ラボ(11):
秀丸・xeyes・iOSシミュレータが動く! Windows 10、Xamarin、Cognitive Servicesの最新機能と活用例――de:code 2016基調講演
「de:code 2016」基調講演に、米マイクロソフト シニアバイスプレジデント兼チーフエバンジェリストのSteven Guggenheimer氏が登壇。最新の製品や技術、さらにはその活用例をデモショーケース形式で披露した。(2016/6/10)

ITエンジニアの未来ラボ(10):
未来のコンピューティングに向けてMSナデラCEOが抱く「3つの野心」――de:code 2016基調講演
「de:code 2016」基調講演に、米マイクロソフトのCEOであるSatya Nadella(サティア・ナデラ)氏が登壇。マイクロソフトに起こっている「変化」と、その変化が開発者にもたらす「機会」についてスピーチを行った。(2016/6/9)

COMPUTEX TAIPEI 2016:
“パソコンの斜陽化”でMicrosoftがパートナーに打ち出すメッセージとは
PC斜陽化が叫ばれるなか、Windows 10 Mobileの市場はそれほど拡大しておらず、Microsoftの市場支配力は以前よりも弱まっていると言われる。MicrosoftのCOMPUTEX基調講演から見えてきたのは……(2016/6/2)

Microsoft、「HoloLens」プラットフォームをハードウェアメーカーに開放
Microsoftが複合現実HMD「HoloLens」のプラットフォーム「Windows Holographic」をHTCやLenovoなどのハードウェアパートナーに提供すると発表した。これらのメーカーからHMDや周辺機器が登場することになりそうだ。(2016/6/2)

ITエンジニアの未来ラボ(8):
de:code前日アンカンファレンスの主催者に聞く、技術コミュニティーの“ある変化”とは
アンカンファレンスイベント「Japan ComCamp meets de:code」が2016年5月23日に開催。イベント主催者に、最近のコミュニティー動向を聞いたので、当日の模様を交えてお伝えする。(2016/6/1)

製造IT導入事例:
設計データ管理システムとして採用されたPLM
米マイクロソフトのDevice Divisionが、同社製品のサプライチェーンを統合したライブラリ、設計データ管理システムとして、図研のPLMソフト「DS-2」を採用した。(2016/5/27)

de:code 2016:
「アナログとデジタルの世界を完全に融合できる」――米MicrosoftのCEOサティア・ナデラ氏が期待を寄せる未来
日本マイクロソフトが2日間に渡る開発者向けイベント「de:code 2016」を都内で開催。米Microsoft CEOのサティア・ナデラ氏も来日し、デベロッパーに向けて同社のビジョンを語った。(2016/5/24)

ラズパイ3&Toradex、Windows 10 IoT Coreで楽しみながら検証するIoT実践入門(3):
人体感知センサー×Webカメラで「サーバルーム簡易監視&防犯システム」を作る
ITエンジニアに向け、「ビジネスに貢献するIoT活用」の第一歩を踏み出す「ひらめき」を得てもらうための本連載。今回は、人体感知センサー×Webカメラで「サーバルーム簡易監視&防犯システム」を作ってみよう。(2016/5/13)

HoloLens Emulatorアプリ開発入門(終):
日本発売に備えてエミュレーターを使いこなし、HoloLens用Unityアプリを作っておこう
拡張現実(AR)用ヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」のエミュレーターを使ってHoloLens用アプリの作り方を解説する本連載。最終回は、Unity5で仮想のRoomを切り替えたり、「3D View」を使ったりする。エミュレーターを使いこなして実機での表示を想像してみよう。(2016/5/13)

製造ITニュース:
拡張現実プラットフォームがARヘッドセットに対応
PTCジャパンは、米PTCの拡張現実(AR)プラットフォーム「Vuforia」が、Microsoft HoloLensに対応したと発表した。HoloLensと組み合わせることで、3D可視化データを容易に拡張し、どのような環境でも実寸大で可視化できる。(2016/5/11)

ニコニコ超会議2016:
VRコンテンツに人だかり――「幼馴染の膝枕と耳かき」「失禁体験装置」など登場
耳かきや失禁などをVR(仮想現実)技術で体験できるブースが「ニコニコ超会議2016」に出展し、来場者の注目を集めた。(2016/5/2)

ニコニコ超会議2016:
マイクロソフトの最新機器「HoloLens」! JALブースで飛行機のコックピットを体感してきた
操作もできるよ!(2016/4/29)

「ニコニコ超会議2016」開幕 「ボカロ歌舞伎」「超刀剣」など ネットと伝統文化が融合
「ニコニコ超会議2016」が千葉・幕張メッセで開幕した。初音ミクと歌舞伎がコラボするなど、ネットカルチャーと伝統文化を融合した出展が目立つ。(2016/4/29)

HoloLens Emulatorアプリ開発入門(3):
HoloLens用Unity 5のプロジェクトをUWPとして書き出しエミュレータで動かす
拡張現実(AR)用ヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」のエミュレーターを使ってHoloLens用アプリの作り方を解説する本連載。今回は、HoloLens用Unity 5で簡単なUnityプロジェクトを作成し、それをUWPに書き出してHoloLens Emulatorに配置する方法について。(2016/4/25)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
日本からの声でWindows 10はどう改善された? Meetupイベントで明らかに
Windows 10はもっとこうすればいいのに……そんな要望があるユーザーはWindows Insider Programに参加し、Microsoftの開発陣にフィードバックしてみてはいかがだろうか。もちろん、日本語でのコメントも受け付けてくれる。(2016/4/21)

HoloLens Emulatorアプリ開発入門(2):
Universal Windows Platformで作成したプロジェクトをHoloLens Emulatorに配置する
拡張現実(AR)用ヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」のエミュレーターを使ってHoloLens用アプリの作り方を解説する本連載。今回は、FlipViewコントロールを使う簡単なUniversal Windows Platform(UWP)プロジェクトを作り、HoloLens Emulatorに配置して動かす方法について。(2016/4/20)

JAL、「Microsoft HoloLens」を活用した業務用プロトタイプアプリを開発
JALは、Microsoft製となるAR対応ヘッドマウントディスプレイ「Microsoft HoloLens」を用いた業務訓練用のプロトタイプアプリを開発したと発表した。(2016/4/19)

アジア初の導入事例:
3Dホログラムでパイロットの訓練を――JALの「HoloLens」用業務アプリ、その狙い
JALが米Microsoftのホログラフィックコンピュータ「Microsoft HoloLens」を使った業務アプリを開発。パイロットや整備士の訓練に3Dホログラムを活用し、場所や時間を問わない学習を実現するという。(2016/4/19)

IT Leaders xChange サミット 2016 Springレポート:
PR:企業のエグゼクティブは「デジタル化によるビジネス変革」をどうリードしていくべきか?
2016年3月3日、「IT Leaders xChange サミット 2016 Spring」(日本マイクロソフト主催)が開催された。企業のCIOや情報システム部門の責任者など、ITでビジネスをリードするエグゼクティブが多数の参加し、もはや止めようがないビジネスのデジタル化について、パネルやセッションを通して活発な討議を行った。(2016/4/19)

HoloLens Emulatorアプリ開発入門(1):
HoloLensのAR世界を疑似体験できる、エミュレーターの基礎知識とインストール、基本的な使い方
拡張現実(AR)用ヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」のエミュレーターを使ってHoloLens用アプリの作り方を解説する本連載。初回は、その概要と環境構築方法、基本的な使い方について。(2016/4/14)

特集: Build 2016:
現在そして未来のマイクロソフトを示す2つのキーワード
Build 2016で示された2つのキーワードを通して、マイクロソフトはどんな会社になったのか、何を成し遂げようとしているのかを見てみよう。(2016/4/11)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「コンピュータとの会話が日常になる未来」を示したMicrosoft
世界的に人工知能が注目を集める中、Microsoftが開発者会議で示した未来のコンピューティング像は「ハードウェアに依存しない、会話でさまざまな問題がスマートに解決する世界」だった。(2016/4/3)

ITはみ出しコラム:
Microsoft主要社員が腕に巻いているデバイスは?
Microsoftの開発者会議「Build 2016」に登壇した方の手首を確認してみました。(2016/4/2)

Build 2016:
Windows 10公開から1年後の姿はどうなる?
2016年も始まった米Microsoftの開発者会議「Build」。幅広いPCユーザーに関係するWindows 10次期大型アップデートとUWPアプリの今後について新情報が次々と発表された。(2016/4/2)

Microsoft Build 2016の基調講演(Day 1)まとめ
Microsoftの年次開発者会議「Builed 2016」の初日の基調講演で発表されたことをまとめた。開発者向けのBashシェル公開やアプリコンバーターの情報だけでなく、一般ユーザーにも関係のある今夏実施予定の「Anniversary Update to Windows 10」やSkypeボットが紹介された。(2016/3/31)

HoloLens開発者版出荷開始 エミュレータやデモアプリのソースも公開
Microsoftが予告通り、MR HMD「HoloLens」の開発者版を3月30日に出荷開始した。基本操作を確認できるデモコンテンツ「Galaxy Explorer」をソースコードとともにGitHubでオープンソースで公開し、HoloLensがなくてもコンテンツを開発できるエミュレータもリリースした。(2016/3/31)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10の次はどうなる? Microsoft開発者会議「Build 2016」は日本時間3月31日0時30分から
Microsoft開発者会議「Build 2016」は間もなく開催。会場前の盛り上がりとイベントの見どころをお伝えする。(2016/3/30)

まるで転送装置!? マイクロソフトの「ホロポーテーション」にほとばしる未来感
新しい通信機器のカタチ。(2016/3/30)

3Dミライデザイン 講演レポート:
3D CADと3D CADベンダーの明日はどっちだ?
3D CADや3Dプリンタをテーマにしたイベント「3Dミライデザイン」が開催された。本稿では、第1部「デザイナーがつくるミライ」と第2部「ソフトウェアベンダーがつくるミライ」の講演内容について紹介する。(2016/3/28)

HoloLens応用の「ホロポーテーション」、Microsoftがデモ
複数の3Dカメラで撮影した人物の3Dモデルをリアルタイムで転送することで、遠隔地にいる人同士があたかも同室にいるようにして会話できるHoloLens応用技術「holoportation」をMicrosoft Researchが発表した。(2016/3/27)

Microsoft Innovation AwardとImagine Cup日本予選登壇者を3月末まで募集中:
PR:ビジネス拡大と人生を変えるほどのインパクトを体感せよ――前回優勝者に聞く、イノベーションコンテスト応募メリットとは
日本マイクロソフトが「Microsoft Innovation Award 2016」「Imagine Cup 2016 日本予選大会」の最終選考会を4月23日に同会場で開催する。これらに参加するメリットは何なのか、2015年度優勝者に聞いた。(2016/3/17)

HoloLensアプリ「Actiongram」──拡張現実でキャラを動かして撮影
Microsoftは、3月30日から開発者版を出荷するAR HMD「HoloLens」向けのアプリ「Actiongram」を発表した。ゾンビやユニコーンなどのキャラを拡張現実で動かし、それを撮影してYouTubeなどで共有できる。(2016/3/15)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。