ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

「Intel H67 Express」最新記事一覧

古田雄介のアキバPickUp!:
Ryzen Threadripper、2週間目の大幅値下げに「効果なし、もくしは逆効果」の声
お盆直前に登場したAMDの上位CPU「Ryzen Threadripper」の国内価格がいきなり2万円近く下がり、一部で話題となっている。しかし、売れ行きアップにつながっているわけでなく……。(2017/8/28)

古田雄介のアキバPickUp!:
“VRAM青天井”の人たちに――4Gバイトメモリ搭載のGeForce GTX 680カードが登場
大型連休中も大容量メモリ版のGeForce GTX 680カードが登場するなど、大物新製品が途切れないアキバ。気になるIvy Bridgeの売れ筋も聞いて回った。(2012/5/7)

2012年PC夏モデル:
Ivy Bridge世代のハイエンドタワーが7万円台から――「HP Pavilion Desktop PC h8-1290jp/CT」
「HP Pavilion Desktop PC h8-1290jp/CT」は、第3世代Core i5/i7とIntel Z75 Expressを採用したミニタワー型PC。ハイエンドモデルながら、7万円台から購入できる。(2012/5/2)

第3世代がやってきたぞー!:
インテル、“Ivy Bridge”こと「第3世代Core」を正式発表
22ナノメートルプロセスルールと3Dトライゲートトランジスタ技術を導入した、インテルの新世代CPUが登場する。デスクトップPC向けモデルのTDPは最高で77ワットとなった。(2012/4/24)

最上位モデルはちょっと待ってください:
MSI、Intel 7シリーズチップセット搭載マザーボードを日本で紹介
エムエスアイコンピュータージャパンは、3月29日にIntel 7 シリーズチップセット搭載マザーボードを発表、説明会で、新モデルに導入した機能を紹介した。(2012/3/29)

CeBIT 2012:
Ivy BridgeはZ68、P67、H67などでも使えます
インテルは、CeBIT 2012で行った説明会で、Ivy BridgeとIntel 7シリーズチップセットの概要を説明。チップセットにUSB 3.0を統合することを公式に認めた。(2012/3/9)

2012年PC春モデル:
実売10万円台のスリムタワーPC──「VALUESTAR L」
セパレート型のスリムタワーPC「VALUESTAR L」の春モデルは、19型ワイド液晶が付属するバリュー構成1モデルのみの展開となる。(2012/2/14)

2012年PC春モデル:
CPUやストレージを強化したスリムデスクトップPC――「FMV ESPRIMO DH」
セパレート型デスクトップPC「FMV ESPRIMO DH」は、上位モデルはHDD容量が増加して最大4Tバイトとなり、下位モデルはHDD強化のほか、CPUなど基本性能が向上した。(2012/1/12)

2012年PC春モデル:
富士通、「FMV」春モデルと「ARROWS Tab」Wi-Fi版を同時発表
富士通は「FMV」ブランドの個人向けPC春モデル、および防水Androidタブレット端末「ARROWS Tab」のWi-Fi版を1月19日より順次発売する。(2012/1/12)

古田雄介のアキバPickUp!:
「3930Kのほうが入手困難です」――Sandy Bridge-Eデビュー直後の動向
ハイエンドCPU「Sandy Bridge-E」の登場にあわせて、対応マザーやメモリ、CPUクーラーも一斉に店頭に並び、新たなトレンドを作りつつある。一方、HDDショックは初期の大混乱をほぼ脱出していた。(2011/11/21)

古田雄介のアキバPickUp!:
「これが我々の生命線になるでしょう」――Sandy Bridge-E系パーツが多数登場
先週からインテルの新チップセット「X79」を搭載したマザーボードが複数のショップで展示されている。また、LGA 2011対応のCPUクーラーも多数みられるようになった。(2011/11/14)

古田雄介のアキバPickUp!:
「久々の瞬殺っすね」――8コアのAMD FXがようやくデビュー!
AMDの新ハイエンドCPU「FX-8150」が、発売日の昼には入手困難になるほどの反響をともなって登場。HDDショックは継続中ながら、バトルフィールド3の販売も始まり、自作市場はにわかに活気づいている。(2011/11/7)

5分で分かった気になるアキバ事情:
さまざまな“特需”をHDDショックが上書きした10月のアキバ
10月のアキバは、新CPU「AMD FX」シリーズの登場や「バトルフィールド3」特需など、盛り上がるトピックが多かった。しかし、それ以上にタイ洪水によるHDDの価格高騰と品薄の衝撃が大きかった。(2011/11/6)

古田雄介のアキバPickUp!:
深刻化する“HDDショック”――アキバで価格高騰、品薄傾向が続く
タイ洪水の影響による“HDDショック”は、1Tバイト以下のモデルの価格高騰と全体的な品薄傾向のダブルパンチで深刻化している。複数のショップで「完全回復は来年の2〜3月ごろ」といった声も。(2011/10/31)

古田雄介のアキバPickUp!:
「直撃ですよ」――HDDショックでアキバ中が混乱
タイ洪水の影響からHDDの値上がりが続いているアキバ。在庫確保のためのショップ単位で値上げしているため、店舗によって価格差が広がっており、先行き不透明な情勢がさらに複雑になっている。(2011/10/24)

日本エイサー、ゲーミングPCなどデスクトップ2モデル発表
日本エイサーは、10月19日にデスクトップPCの「Aspire Predator AG3610」「Aspire AM3970」を発表した。どちらも10月21日から全国量販店で発売する。(2011/10/19)

オンキヨー、2011冬の直販専用BTOデスクトップ2製品
オンキヨーは、同社直販専用モデルとなるミニタワー型デスクトップPC「DT6201」、スリムタワー型デスクトップPC「DS7A-A25」を発売する。(2011/10/19)

8コア発売はもう少し先:
AMD FXシリーズ発売直前イベント――「AMD 秋のFX祭り」
最大8コア製品を含むAMDのデスクトップ向けCPU「AMD FX」シリーズを紹介する「AMD 秋のFX祭り」が開かれ、オーバークロックの実演や一部製品の発売日情報が公開された。(2011/10/17)

古田雄介のアキバPickUp!:
「キてるのはBF3」――GeFroce GTX 560 Ti以上が売れる理由
TERAブームが落ち着き、Bulldozerがまだ買えない現状で、今最も自作ユーザーの購買欲をかき立てているのは、バトルフィールド3らしい。(2011/10/17)

古田雄介のアキバPickUp!:
「小さいは正義」――標準より6センチ短いGTX 560 Tiカードが話題に
同じ性能なら、かさばるものよりコンパクトなもの。そうしたニーズをうけて、エルザから長さ17センチのGeForce GTX 560 Tiカードが登場した。mini-ITXマザーと同じ長さだ。(2011/10/11)

Battlefield 3用ドライバの情報も:
GIGABYTEが自社製グラフィックスカードを強力アピール――「GIGABYTE Tech Tour 2011」
NVIDIA製GPUを搭載したGIGABYTEの最新グラフィックスカードを披露する「GIGABYTE Tech Tour 2011」が実施され、その冷却性能やオーバークロック向けツールなどが紹介された。(2011/10/7)

5分で分かった気になるアキバ事情:
“限界突破”を連発した9月のアキバ
9月のアキバは、DDR3の値下がりが加速する中で1枚8Gバイトのメモリが出回ったり、統合プロセッサ「Llano」でTDP 100ワットを大幅に切る低消費電力モデルが登場したりと、従来の限界を越える目玉パーツがみられた。(2011/10/6)

2011年PC秋冬モデル:
24型WUXGA液晶も選べるスリムデスクトップ――「FMV ESPRIMO DH」
セパレート型スリムタワーデスクトップPC「FMV ESPRIMO DH」の2011年秋冬モデルは、上位機がBDXL対応のBlu-ray Discドライブを採用してモデルチェンジ、下位機は夏モデルからの継続販売となった。(2011/10/4)

USB 3.0搭載、3万9980円から:
エプソンダイレクト、14型ボディの“ちょうどよい”ノートPC「Endeavor NY2200S」
エプソンダイレクトは、14型ワイドの液晶ディスプレイを採用するベーシックノートPC「Endeavor NY2200S」を発売する。Celeron/Core i5モデルを用意し、価格は3万9980円からとする購入しやすい価格帯が特徴だ。(2011/10/4)

2011年PC秋冬モデル:
富士通の2011年「FMV」秋冬モデル――モバイル性能をさらに高めた13.3型モデルや、デザインを一新した大画面液晶一体型PCなど全7シリーズを投入
富士通が「FMV」の2011年秋冬モデルを発表、全7シリーズを10月13日より順次発売する。ノートPCとデスクトップPCの主力機で新デザインを採用したほか、13.3型ワイドのモバイル機「LIFEBOOK SH」がさらなる機動性を獲得したのが見どころだ。(2011/10/4)

古田雄介のアキバPickUp!:
キャッシュ用の120Gバイト級SSDが好調
ストレージ構成は、大容量HDDに高速なSSDを組み合わせるのがこだわり派のトレンド。最近はより大容量なキャッシュが求められるようになっており、一部では100Gバイト超のSSDが重用されるようになっているらしい。(2011/10/3)

古田雄介のアキバPickUp!:
「昔ながらの小型好きなら、迷わずnano-ITXっす」――nano-ITXサイズのFusionマザーが登場!
流行の移り変わりが激しいmini-ITXだが、半年前から好調に売れていたFusionマザーすらすでに人気は落ち着いているらしい。これからの小型PCに求められるのは、省エネ? 価格? 性能? あるいはさらなる省スペース性?(2011/9/26)

KOUZIRO、PCの「3時間出荷」サービスを開始
BTO対応のPCを販売するKOUZIROが、受注から最短3時間でPCを出荷するサービスを開始した。カスタマイズにも対応する。(2011/9/22)

水冷ゲーミングPC:
高性能なのにとても静か――「NEXTGEAR-MICRO im510PA1-Liquid」に感動した
マウスコンピューターの「NEXTGEAR-MICRO」は、「G-Tune」の中でもコンパクトなケースを採用したシリーズだ。ゲーミングPCにふさわしい性能と静音性を両立した水冷システム採用モデルを試してみた。(2011/9/21)

古田雄介のアキバPickUp!:
「PCI Express 3.0はすでに普通」――レアさが急激に溶けていく自作市場
将来的にPCI Express 3.0をサポートするマザーのほか、1枚8Gバイトのメモリや低消費電力版Core i7のリテールボックスなど、これまでレアだったアイテムがハイペースで主流に向かっている。(2011/9/20)

2011年PC秋冬モデル:
買ってすぐに3D Visionが使える──「VALUESTAR L」
NECは、デスクトップPC「VALUESTAR L」の新モデルを発表した。最上位モデルはNVIDIAのステレオ立体視技術“3D Vision”がすぐに使えるキットが付属する。(2011/9/12)

古田雄介のアキバPickUp!:
「ブレイク直前! を連発している感じ」――TDP 65ワットの「Llano」が登場
GPUとCPUを統合したAMDのLlanoは、多くのショップからブレイク候補に推されるものの、「ラインアップが充実すれば」「知名度が高まれば」など最後の一押し待ちといった状況が続いている。そこに、TDPが従来品より大幅に下がった新モデルが投入された。はたして・・・…!?(2011/9/12)

2011年PC秋冬モデル:
新基軸の“2Wayスタイル”薄型軽量PC登場、新デザイン地デジPCも──NEC「LaVie/VALUESTAR」シリーズ新モデル
NECが2011年冬商戦向け新モデル全49モデルを発表。新シリーズの薄型軽量“2Wayスタイル”タブレットをはじめ、地デジ対応フレームPC、12.8時間動作のモバイルノートPCなど、ニーズに応じた幅広いラインアップを用意する。(2011/9/12)

5分で分かった気になるアキバ事情:
安く広くに突き進んだ8月のアキバ
夏休みシーズンの特価キャンペーンだけでなく、OSからメモリまでさまざまなパーツが値下がりをみせた8月。その一方でニッチな需要を満たす新製品も多かった。(2011/9/7)

古田雄介のアキバPickUp:
夏の終わりは年末の始まり? ――トレンド変化が激しい1週間
8月から9月に切り替わった1週間。アキバの各ショップでは夏休み的な雰囲気が急ピッチで終りを告げて、すでに秋。さらには2012年の香りも漂わせるモードに切り替わりつつある。そして、売れるアイテムにも変化が起きていた。(2011/9/5)

古田雄介のアキバPickUp:
「そろそろ底が張られるかも」――DDR3メモリ8Gキットが限定で2500円切り
春先から長期的な値下がりが続いているDDR3メモリは、限定特価で2480円の4G×2枚キットが出回るなど、底の見えない状況が続いている。いつごろ買えば一番お得?(2011/8/29)

古田雄介のアキバPickUp!:
「DisplayPortとか、正直いらないし」――4画面出力可能なGeForce 210カードが登場
お盆明けのPCパーツショップで注目されていたのは、ベテラン店員氏に「これほど“らしい”パーツは久しぶり」と言わしめた、玄人志向の「GF-QUAD-DISP/4DVI」。1万3000円弱と低価格ながら、DVI出力だけで4画面出力に対応しているのが“らしさ”だ。(2011/8/22)

古田雄介のアキバPickUp!:
「確かに人は多いですが……他人事ですかね」――2011年お盆のアキバ
お盆シーズンでも平常運転のPCパーツショップが多かった。新製品が数多く入荷し、ショップの混み具合は夏休み期間のピークをやや下回る程度。ある店員さんは「お盆もコミケも自作PCにとっては他人事ですよ」と話していた。(2011/8/15)

ビジネスもホビーも、もうこれでヨシ!:
PR:6万円台の基本構成例で即戦力──低価格で高性能「Endeavor TY5000S」で、ミニタワーPCのよさを再確認
“Core i5-2400”搭載で6万9930円から! おどろくべき高いコストパフォーマンスを実現するデスクトップPC「Endeavor TY5000S」が、基本構成例でそのまま「即戦力」となるかを徹底検証しよう。(2011/8/15)

5分で分かった気になるアキバ事情:
自作PCの万能ぶりを地道に示した7月のアキバ
自作PCなら、地デジ番組を見たり、3Dゲームをキビキビ動かしたり、リビングにぴったりハマるマシンが作れたりする。7月はその万能ぶりが端的に示された1カ月だった。(2011/8/10)

古田雄介のアキバPickUp!:
知られれば一気にブレイクしそうなアキバの注目アイテム
コストパフォーマンスや性能などをみるとお得なのに、売れ行きは地味。そんなアイテムをたずねたところ「よくぞ聞いた!」と目をむく店員さんが多かった。そんな店員さん期待の夏休みデビュー候補を紹介したい。(2011/8/8)

古田雄介のアキバPickUp!:
「やっぱりお得感がないとね」――多彩な付加価値であふれるアキバ
先週登場した新製品には、ユニークな付加価値が注目を集めるモデルが多かった。信頼性アップにオマケパーツ付き、ゲーム特典、斬新なパッケージなど、それぞれの付加価値の評判を探る。(2011/8/1)

古田雄介のアキバPickUp!:
「“地デジ化”難民の人が予想以上」――地デジチューナー人気が加速
アナログ放送終了直前の週末は、地デジチューナーを求めてアキバのPCパーツショップを訪ねる人が急激に増えたという。ただし、「家庭用のチューナーユニットを求められても取り扱ってないんですよね……」。(2011/7/25)

TSUKUMO、BTOデスクトップ「Aero Stream」「G-GEAR」計8製品をマイナーチェンジ
Project Whiteは、同社製デスクトップPC「Aero Stream」「G-GEAR」の新モデル計8製品を投入。マザーボードをIntel H67チップセット搭載製品に変更したのが特徴だ。(2011/7/20)

古田雄介のアキバPickUp!:
「アキバ再開発の答えが見えてくるかなと」――さらりと実施されたアキバ回遊行動アンケート
ショップも代理店も夏休みモードに突入した連休中のアキバで、複数大学共同チームによる回遊行動アンケートが行われていた。さまざまな人の足跡を辿ることで、どんな結果が得られるのか。見えてくるのは、涼しくなったころ?(2011/7/19)

高機能マシンをリーズナブルな価格で:
Core i5-2400搭載で6万9930円から──ミニタワーデスクトップ「Endeavor TY5000S」
エプソンダイレクトは、6万円台より購入できるCore i5-2400搭載デスクトップPC「Endeavor TY5000S」を投入。初期導入コストを抑えられるEndeavor Sシリーズとして展開する。(2011/7/12)

“ピタゴラスイング”って一体……:
寝かせて、触って、気持ちいい――「HP TouchSmart 610PC」を体感する
「HP TouchSmart 610PC」は、独特のスタンド機構を備えたタッチパネル付き液晶一体型PC。画面をグイッと横に寝かせて、楽な姿勢でタッチ操作できるのが魅力だ。(2011/7/11)

古田雄介のアキバPickUp!:
「前向きな変態って、いいじゃない」――Mini-ITXとPCI Express 3.0対応のZ68マザー
Sandy Bridge用の万能チップセットとして浸透した感のあるZ68だが、その可能性の極限に挑戦するようなマザーがZOTACとASRockからデビューした。こういうマザーは「嫌いじゃない」と多くの店員さんがコメント。(2011/7/11)

古田雄介のアキバPickUp!:
「これでAMDが巻き返すかも」――評判上々の「Llano」がデビュー!
「面白いけど微妙」「微妙だけど個人的に好き」など、アキバでは“ちょっと抜けているけどいい奴”キャラで語られることが多い(ような気がする)AMDだが、先週登場したGPU内蔵CPU「Llano」の評価は今までと違うようだ。(2011/7/4)

イマドキのイタモノ:
自作PCユーザーが使える“デスクトップ版Llano”はどこまで遊べる?
Zacate、Ontario、SabineとノートPC向けが先行したAMDのFusion APU。ようやく自作PCユーザーが使えるLlanoがやってきた。待たされただけのことはあったのかなかったのか!(2011/6/30)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。