ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「マーク・ハード」最新記事一覧

【短期集中連載】庭山一郎の米国B2Bマーケティング紀行:
「世界よ、これが日本のB2Bマーケティングだ!」――感動と興奮の米国遠征を振り返る
ノヤン先生と庭山特派員の二人旅も一段落。締めくくりはポートランドの静かな森のコテージから、日本のB2Bマーケティングの来し方行く末を考えます。(2017/5/2)

【短期集中連載】庭山一郎の米国B2Bマーケティング紀行:
「CEOになるのは嫌だって? うん、正しいね」 Oracle マーク・ハード氏のキーノートは貫録たっぷり
ミミズクのノヤン先生を連れ米国遠征中の庭山一郎氏。世界のB2Bマーケティングの最先端事情を(ほぼ)リアルタイムにお届けします。(2017/4/26)

SuiteWorld 2017 Report:
ぴったりフィットするクラウドERPスイート? Oracle傘下のNetSuiteが常識を覆す新モデル
クラウドERPの雄、NetSuiteがOracleによる買収後、初となる年次カンファレンス「SuiteWorld 2017」をラスベガスで開催した。クラウドの強みをさらに生かすべく、ERPの常識を覆す新たなモデルを発表した。(2017/4/26)

第4の選択肢になるのか?
AWS、Azure、Googleに挑戦状 Oracleの“第2世代IaaS”でクラウド戦争はどうなる?
Oracleは、企業のスケールアウトに適したクラウドプラットフォームを構築しようとしている。このプラットフォームは、果たしてAWS、Azure、Googleと張り合えるくらいの魅力を備えているのだろうか。(2016/10/18)

Oracle OpenWorld 2016 Report:
「AWSはIBMメインフレームより閉鎖的」 エリソン会長が徹底“口撃”
Oracle OpenWorld 2016では、IaaS領域にも切り込む同社のクラウド分野への転換が全面的に打ち出された。エリソン会長兼CTOは2回目の基調講演でもAWSへの対抗心をあらわにした。(2016/9/21)

DBのパフォーマンスをアピール
ライセンス売上減のOracle、クラウド市場でAWSに追い付けるか?
クラウド移行が加速し、Oracleのソフトウェアの新規ライセンス売り上げは前年比10%減少した。新戦場のクラウドでは、AWSを強く意識していることがうかがえる。(2016/8/4)

Oracle、クラウドERPのNetSuiteを93億ドルで買収
Oracleが、クラウドERPの老舗、NetSuiteを約93億ドルで買収すると発表した。NetSuiteはOracle出身者が創業し、ラリー・エリソン会長も出資している。買収完了後も独立した傘下企業として運営する。(2016/7/29)

Weekly Memo:
日本オラクルが独自戦略「POCO」を打ち出した理由
日本オラクルが「POCO」(ポコ)と呼ぶ日本独自のキャッチフレーズのもと、クラウド事業に注力している。同社が先週開催したイベントでPOCOに込めた狙いが見えてきた。(2015/12/14)

HP分社化までの道のり
そのときHPの歴史が動いた――歴代CEOたちの戦略の変遷を振り返る
米Hewlett-Packard(HP)の過去を振り返ってみると、HP Inc.とHewlett Packard Enterpriseへの分社化に至る重大な分岐点があったことが分かる。(2015/12/10)

Oracle OpenWorld 2015:
PR:オラクルが表明した「クラウド」のデザインゴールとハードウエアの関係
「Oracle OpenWorld 2015」は「クラウド」を軸に、そこで必要になるインフラをオラクルがどう提供していくのかが明確に見えたイベントでした。詳細をリポートします。(2015/11/10)

Oracle OpenWorld 2015 Report:
クラウド事業好調、「SAPは“どうでもよくなった"」 ラリー・エリソンCTO
IT企業のカンファレンスで世界有数の規模を誇る「Oracle OpenWorld」が今年もサンフランシスコで開幕した。マーク・ハードCEO、ラリー・エリソン会長兼CTOがオープニング基調講演にさっそく登場した。(2015/10/26)

“POCO”って何だ?:
生まれ変わる日本オラクル、クラウドソリューション販売体制を強化
30年の節目を第二創業期と位置付けた“新生”日本オラクルが新年度事業戦略を発表。クラウドトータルソリューション提供企業に生まれ変わろうとしているようだ。(2015/7/1)

Oracle OpenWorld San Francisco 2014 Report:
IT予算減、それでもイノベーション続けるP&GやWalgreens
Oracleがサンフランシスコで年次カンファレンスを開催中だ。2日目早朝のキーノートに登場したマーク・ハードCEOは、世界最大の消費財メーカーや全米大手の薬局チェーンなど8社のCIOの取り組みを紹介した。(2014/9/30)

Oracle創業者のラリー・エリソン氏がCEOを退任 会長兼CTOに
Oracleの創業CEO、ラリー・エリソン氏がCEOを退任し、会長兼CTOに就任する。今後は製品開発などにフォーカスするが、引き続き会長として新CEOのサフラ・カッツ氏とマーク・ハード氏と3人のマネジメントチームで同社を率いる。(2014/9/19)

Oracle OpenWorld San Francisco 2013 Report:
ビッグデータ分析に生き残りを賭けるOracleカスタマー
2日目を迎えたOracle OpenWorld San Francisco 2013では、午前の基調講演にOracleのプレジデント、マーク・ハード氏が登場、激しさが増す競争をビッグデータ分析で勝ち抜こうとしているAirbus、ソフトバンク、ニューヨーク証券取引所らの事例を紹介した。(2013/9/24)

HPのレイ・レーン会長が退任
2年前、マーク・ハード会長兼CEOの辞任の後に会長に就任したレイ・レーン氏が、株主総会での投票結果を受けて辞任を発表した。(2013/4/5)

企業のカスタマー・エクスペリエンス強化を支援:
日本オラクル、国内の新データセンターで「Oracle RightNow Cloud Service」へのアクセス提供を開始
日本オラクルは2013年3月25日、国内に新たなデータセンターを開設し、「Oracle RightNow Cloud Service」へのセキュアなアクセスを提供開始したと発表した。(2013/3/26)

Oracleのハード社長が会見、「アプリケーションの再構築が重要だ」
Oracleのマーク・ハード社長が来日し、報道陣からの質疑に答えた。(2013/3/25)

Oracle OpenWorld San Francisco 2012 Report:
ギターを壊した航空会社に学べ? 優れた顧客体験こそが唯一の差別化要素に
OpenWorldを開催中のOracleは、街のシンボルでもあるユニオンスクエアとそれに隣接するホテルで「Oracle Customer Experience Summit」を開催し、同社の顧客体験ソリューションを売り込んだ。(2012/10/4)

Oracle OpenWorld San Francisco 2012 Report:
「コスト削減」と「革新」、二律背反を克服できるのはOracleだけ
「Oracle OpenWorld San Francisco 2012」が本格的に幕を開けた。午前の基調講演にはOracleのマーク・ハード社長が登場し、Engineered Systemsを核とした同社の「Simplify IT」戦略を説いた。(2012/10/2)

Oracle決算、ソフト好調で11%増益だがハードの不調続く
Oracleの6〜8月期決算は、ハードウェア事業は引き続き不調だったものの、ソフトウェア事業が好調で11%の増益になった。9月30日から開催の「Oracle OpenWorld」では、クラウド事業に関する多数の発表を行うという。(2012/9/23)

先進企業のビッグデータ活用事例も:
PR:ビッグデータ時代の情報システムとは――Oracle Business Analytics Summit Tokyo 2012 開催
情報爆発時代とも呼べる現代に対応するには企業の情報システムも新しい形に再編していくことが求められる。9月12日開催の「Oracle Business Analytics Summit Tokyo 2012」では先進企業の導入事例をはじめ、さまざまなセッションで企業を支援する情報を提供する。(2012/8/24)

Oracle OpenWorld Tokyo 2012 Report:
“データ爆発”時代に企業はどう変わるべきか?
Oracle OpenWorld Tokyo 2012が開幕。初日の基調講演に登場した米Oracleのマーク・ハード社長は企業ITを取り巻く問題を説明し、「IT環境のシンプル化」の重要性を訴えた。(2012/4/5)

HP、PC部門とプリンタ部門を再統合
Hewlett-Packard(HP)がコスト削減と経営合理化の一環として主力のPC部門とプリンタ部門を統合する。新部門はPC部門責任者のトッド・ブラッドリー氏が率いる。(2012/3/22)

Oracle決算、ソフトウェア好調でアナリスト予測を上回る
ハードウェア収入は不調だったが、同四半期末に発売したインメモリ型データベースのBI製品「Exalytics」は「Oracle史上最高の売れ行き」だとマーク・ハード社長が語った。(2012/3/21)

Oracle決算、ハードウェア新規販売が振るわず売上高が微増
Oracleの9〜11月期決算は、増収増益ではあったがハードウェア新規販売が14%減となり、アナリスト予測を下回った。(2011/12/21)

Oracle OpenWorld 2011 Report:
「ビッグデータ」時代への回答
年次カンファレンス「Oracle OpenWorld 2011」の2日目では、「ビッグデータ」に対応するいくつかの新製品が発表された。(2011/10/4)

Oracle、HPが買収したAutonomyのCEOをうそつき呼ばわり
AutonomyのCEOが、Oracleのラリー・エリソンCEOによる「AutonomyはOracleにも売り込みに来たが断った」という発言を否定したが、Oracleは“動かぬ証拠”を提示してAutonomyを非難した。(2011/9/30)

HP、メグ・ホイットマン氏を社長兼CEOに指名 レイ・レーン氏が代表権のある会長に
HPの取締役会が、約11カ月社長兼CEOを務めたレオ・アポテカー氏の退任と、eBayの元CEO、メグ・ホイットマン氏の社長兼CEO就任を正式に発表した。(2011/9/23)

Oracle決算は増収増益 不調のハードウェアのハイエンドシフトを強調
マーク・ハード社長は、ハードウェア収入の2期連続減少はローエンドサーバの不調が原因とし、ハイエンド製品へのシフト中であることを強調した。(2011/9/21)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
HPのwebOS撤退が示すこと――世界シェア1位のPCをなぜ切り離そうとするのか
webOS端末事業の閉鎖、PC事業切り離しの検討、英Autonomyの買収交渉と、今後の事業戦略にかかわる重大発表を一度に行ったHP。この決断が意味することは何か。(2011/8/22)

Oracle決算、純利益は36%増だがハードウェア振るわず
Oracleの3〜5月期決算は、ソフトウェアは好調だったが、Exadataなどハードウェアの新規販売が前年同期比で6%減少した。(2011/6/24)

Weekly Memo:
ソフトバンクグループとの協業で見えてきたオラクルのクラウド事業スタンス
ソフトバンクグループとオラクルが先週、企業向けクラウド事業での協業を発表した。そこから見えてきたオラクルの同事業に対するスタンスに注目してみた。(2011/5/23)

Oracleとソフトバンクグループが提携、ExadataとExalogicのクラウドサービスを提供
Oracleとソフトバンクグループが提携し、データベース製品のExadataやアプリケーション基盤のExalogicの機能をクラウドサービスとして提供する。(2011/5/18)

Oracleのサフラ・カッツ社長がCFOに就任
Oracleで長年社長を務めるサフラ・カッツ氏が、現CFOの退職に伴い同職を兼任することになった。(2011/4/26)

HP、2012年からすべてのPCにwebOSを搭載――Bloombergが報じる
スマートフォンおよびタブレット向けOSのwebOSをPCにも搭載することで、より多くの開発者を引き付けるのが狙いだとアポテカーCEOは語った。(2011/3/11)

伴大作の木漏れ日:
クラウド狂想曲――ITベンダーが生き残りを賭けて奏でる騒音
クラウドをキーワードに、ITベンダーが奏でる音楽――2011年はどのような旋律となるだろうか?(2011/1/28)

HPが取締役会を再編 eBayの元CEO、メグ・ホイットマン氏など5人を指名
前CEOのハード氏退任をめぐって批判を受けているHPが、大規模な取締役会再編を発表した。(2011/1/21)

2010年編集後記:
ふぞろいの編集者たち【前編】
私たちITmediaエンタープライズ編集部員には、年越しそばに箸をのばす前に、やらなければならないことがあるのです――そう今年も、年末編集後記「ふぞろいの編集者たち」をお届けします。(2010/12/29)

Oracle決算、売上高が47%と好調 ハードウェアも成長
Oracleの9〜11月期決算は、売上高が86億ドルで前年同期比47%増、純利益は28%増の19億ドルと増収増益だった。引き続き新規ライセンス収入が好調だった。(2010/12/17)

Oracleの元社長フィリップス氏、SMB向けERP企業InforのCEOに就任
元HPのマーク・ハード氏の社長就任でOracleの社長の座を退いたチャールズ・フィリップス氏が、ビジネスアプリケーションベンダーInforのCEOに就任した。(2010/10/26)

Weekly Memo:
続・オラクルは「サン」を生かせるか
Sun Microsystemsの買収によって、ハードウェアとソフトウェアを一体化した垂直統合ビジネスに突き進むOracle。果たして死角はないか――。(2010/10/25)

伴大作「フクロウのまなざし」:
マーク・ハードの場合
この夏に注目すべき事件が起きた。今後のICT業界の方向性を決める重要な要素を含んでいるのでちょっと書いておこう。(2010/10/6)

「開いた口がふさがらない」:
OracleのエリソンCEO、HPによるアポテカー氏指名を批判
SAPで長年Oracleと戦ってきたアポテカー氏と元Oracle幹部のレイ・レーン氏のCEO・会長コンビは「Oracleとの戦い方を知っている最強のブレーンだ」と見る向きもある。(2010/10/5)

元Oracle幹部も取締役に:
HP、新CEOに元SAPのCEO、レオ・アポテカー氏を指名
マーク・ハード氏の辞任を受け後継CEOを探していたHPが、2月にSAPのCEOを辞任したレオ・アポテカー氏を新CEO兼社長に任命した。同社はまた、Oracleでの幹部経験を持つベンチャーキャピタリスト、レイ・レーン氏を取締役会に迎えた。(2010/10/1)

せかにゅ:
ガスマスクになるブラ、男性版はパンツでなく……
「ガスマスクになるブラジャー」発明者が、男性向けの製品としてろ過パネルを縫いつけたワイシャツを開発しているという。(2010/9/29)

“Cisco抜き”になったHPのデータセンター
HPが自社の全データセンターからCicso製品を排除したと発表した狙いの1つは、3COM買収で獲得したネットワーク製品が大規模データセンターの運用で使えることを示すことにあったようだ。(2010/9/28)

Oracle OpenWorld 2010 Report:
Sunとの融合がOracleの本格的なクラウドビジネス参入を加速する
「Oracle OpenWorld 2010」4日目は、再びラリー・エリソン氏が登場して、Oracleのクラウドの優位性と、Sun Microsystemsと融合したことによる効果を力説した。(2010/9/24)

Oracle OpenWorld 2010 Report:
OracleとSunの融合から生まれた新たな製品群は真に顧客に受け入れられるのか
Sunとの統合でシステムに必要なすべてのスタックを手に入れたOracleが繰り出す新製品群は、両社の融合によるメリットが前面に出るものとなった。(2010/9/21)

HPとOracle、マーク・ハード氏移籍問題で和解
Oracleの共同社長に就任したマーク・ハード氏を契約違反で提訴していたHPが提訴を取り下げ、Oracleと和解した。Oracleの年次カンファレンス「Oracle OpenWorld 2010」では、HPがOracle向け新製品を発表した。(2010/9/21)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。