ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「明治大学」最新記事一覧

特選ブックレットガイド:
自動運転時代の「メーカー責任」はどこまで及ぶか
実現に向けた開発が続けられている完全自動運転車だが、運転を人ではなく機械が担うことで「有事の際の責任がどこに帰するか」という問題が浮上する。法学的な観点から現状を解説した、明治大学 中山教授の講演を紹介する。(2017/5/23)

「同性愛者」とばらす「アウティング」は違法行為か 一橋大生自殺訴訟
同級生に同性愛者であることをアウティング(公表・ばらし)されたことが原因で自殺した学生の家族が、同級生などを相手取って起こした訴訟が進んでいる。(2017/4/21)

明治大学 中山教授 JEITA講演:
自動運転車が起こした事故にメーカーは責任を持つか
完全自動運転の実現に向けた努力は続けられており、その実現は夢物語ではない。しかし、これまで人が全責任を負ってきた運転を機械が担うことで、「有事の際の責任がどこに帰するか」という問題が浮上する。法学的な観点から現状を解説する。(2017/3/8)

個性は「足」:
華のない京王電鉄の強みは、どこにあるのか
京王電鉄は、小田急電鉄のように「ロマンスカー」といった「象徴」のない路線だ。しかし、沿線には多くの人が暮らし、人気の高い路線となっている。一見、華のないように見える京王電鉄。そんな京王の強みは、どこにあるのか。そしてその強みから何を学べるのか、考えてみたい。(2017/2/27)

ベンチャーニュース:
大手システム開発会社、自律移動型ロボット開発ベンチャーに出資
TISは、新たなロボットサービスの市場創造を目指すため、同社のベンチャー投資制度「コーポレートベンチャーキャピタル」を通じて自律移動型ロボット開発ベンチャーのSEQSENSEに出資することを発表した。(2017/2/21)

3年連続で志願者数日本一:
「ライバルは早慶」近畿大学のぶっ飛び戦略
近畿大学が、1月3日付の全国紙やスポーツ紙など計10紙に掲載した大胆な全面広告が話題を集めている。(2017/2/16)

少女マンガ誌「りぼん」のふろく展が開催 初期から現在までふろく約1000点がずらり、吉住渉のトークショーも
「京都国際マンガミュージアム」にて開催中の展示が東京でも。(2017/1/29)

NHK、「ベストアニソン」投票受け付け 来年2月の番組で発表
「ベストアニソン」をWeb投票で選び、来年2月の番組で発表する企画をNHKが始めた。日本のアニメ100周年を記念した企画だ。(2016/12/13)

3分の1スケーリングで実証:
東工大、微細化でIGBTのオン抵抗を半減
東京工業大学は、微細加工技術によりシリコンパワートランジスタの性能を向上させることに成功したと発表した。従来に比べオン抵抗を約50%低減できることを実証した。(2016/12/7)

Oculus Riftはじめました:
初音ミクとスーパームーンを眺めたペーパームーンなMikulusナイト
Oculus Rift CV1を使う理由ができた。キラーアプリとなったMikulusの魅力とは。(2016/11/15)

高すぎる休学費用に日本女子大の卒業生が一石を投じた! 大学側は「重要な課題として検討したい」と前向きな返答
一人の卒業生が大学を動かすかもしれません。(2016/10/22)

街路樹をオリンピック開発から守って!――千代田区の街路樹伐採反対で署名運動 役所「オリンピックは無関係」
ただ伐採するだけでなく、新たな木を植え替えるそうです。(2016/10/5)

「リアルなんてもういらない」 アダルトVRエキスポ2016 イベントレポート
1500名の希望者があったという話題のアダルトVRエキスポ2016。様々な企業・団体が出展していました。(2016/9/2)

自然エネルギー:
藻類が作るバイオプラスチック原料、生産能力アップに成功
化石燃料を使わずに生物資源で製造できるバイオプラスチックに注目が集まっている。その原料となる有機酸を作り出すラン藻という藻類がある。明治大学などの研究グループは、ラン藻の有機酸の生産能力を高めることに成功した。(2016/7/22)

スキルを高め、プライベートも楽しめ:
PR:エンジニア移住、増加中!――島根県はコミュニティー事情がスゴい
「地方に移住するITエンジニアが増えているらしい」。情報としては聞いたことがあっても、「いざ自分が」と考えると、不安や疑問がたくさん湧いてくるだろう。スキルアップの機会が少ないのでは? 不便で暮らしにくいのでは?――IT企業が続々と進出している島根県松江市に移住し、実際に働いているITエンジニアやIT企業社員のリアルな声を聞いてみよう。(2016/7/5)

実は上位入賞常連だった 錯視オブザイヤー2位の「四角と丸」、製作者に仕組みや過去作品について聞いた
優勝2回、準優勝2回、ベストテン1回という猛者でした。(2016/7/4)

四角の筒が鏡の中では円に……! 錯視オブザイヤーの受賞作品が理解を超えたすごさ
どうなっているんだ……?(2016/7/2)

「スプラトゥーン」を水鉄砲型コントローラーでプレイ VR空間で遊べる試作機、明大准教授が制作
ヘッドマウントディスプレイと水鉄砲型のコントローラーを使い、任天堂のゲーム「スプラトゥーン」をVR空間でプレイする――明治大学の橋本直准教授が制作過程や実際に遊んでみた動画を公開している。(2016/6/23)

なにこれ超楽しそう! 「スプラトゥーン」を謎の技術でVR化する猛者あらわる
どういう技術なんだ……!(2016/6/20)

PR:Surfaceでキャンパスライフはどう変わる? 「キラキラ女子大生」「理系男子」が2週間試してみた
勉強も遊びも充実させたい大学生にとって、ノートPCやタブレットはマストアイテム。だが、両方購入するのはハードルが高い。そんな大学生にお薦めしたいのが「Surface 3」と「Surface Pro 4」だ。(2016/5/25)

使用事例としてVRパックマンも提供開始:
タッチ操作付きで安価なスマホVRゴーグル「MilboxTouch」が発売、Unity向けSDKも提供
ベンチャー企業のWHITEは、スマホ装着型VRゴーグル「MilboxTouch」を発売した。アプリ開発者向けにMilboxTouch用のSDK(開発キット)を提供する他、タッチ操作技術のOEM供給にも応じる。(2016/4/27)

SIM通:
最短3時間!楽天モバイルがコンビニ受け取りサービス開始
楽天とローソンは、「楽天モバイル コンビニ受け取り」を開始した。「楽天モバイル」のSIMカードおよび端末が、ローソンの都内一部店舗で受け取り可能になる。(2016/3/25)

NEWS小山&加藤が若者のデモを解決に導く! デモ×バラエティ番組「NEWSな2人」がレギュラー放送决定
若者の“ニュースにならないデモ”に、ジャニーズのインテリコンビが切り込む!(2016/3/16)

3分で読める 荻原博子の今さら聞けないお金の話:
半数が借金して大学へ行く時代に知っておきたいこと
上がり続ける大学の授業料。増え続ける奨学生。今回は、知っておきたい教育に関するお金のことを経済ジャーナリストの荻原博子さんが分かりやすく解説します。(2016/3/7)

産学連携へ:
人工知能のアドテクノロジーへの活用へ、サイバーエージェントと明治大学が共同研究を開始
サイバーエージェント アドテクスタジオは、人工知能をアドテクノロジーに活用するためのAI研究組織「AI Lab(エーアイ ラボ)」において、明治大学教授 高木友博氏と共同研究を開始した。(2016/2/29)

都内のローソン18店舗で「楽天モバイル コンビニ受け取り」がスタート
SIMカードや端末をローソン・ナチュラルローソンの一部店舗で受け取れる「楽天モバイル コンビニ受け取り」サービスが3月3日からスタート。(2016/2/26)

「パックマン」の目線で楽しむVRゲーム「MilboxTouch ver. VR PAC-MAN」
段ボール製のゴーグルを装着し、「パックマン」の世界に没入できるVRゲームアプリ「MilboxTouch ver. VR PAC-MAN」がクラウドファンディングで開発費を募っている。(2016/2/17)

「原爆」「特攻」など、6つの視点から戦争マンガを読み解く「マンガと戦争展」 米沢嘉博記念図書館で開催
こうの史代さん、おざわゆきさん、今日マチ子さん、西島大介さんの原画展示も。(2016/2/8)

これは御利益あるな(確信) NHK・Eテレ「にほんごであそぼ」に黄金に輝く新キャラ「みわサン」登場
そう、あの美輪さんです。(2016/1/26)

TRIZ&TMでコマ大戦で勝てる!? コマを設計しよう(序章):
信州コマ倶楽部と一緒に「コマ大戦で勝てるコマ」を考えよう!
2016年1月から新連載が始まります。「信州コマ倶楽部」と一緒に、全日本製造業コマ大戦で「勝てる」コマを考えてみましょう。その前に、コマ大戦と信州コマ倶楽部について紹介します。(2015/12/28)

「MANGA ナショナル・センター」構想実現に向け「MANGA議連」が衆院議長らに訴え
「MANGA議連」が、漫画やアニメ作品を収集・展示する施設「MANGA ナショナル・センター」設立の決議をまとめ、衆議院議長と官房長官に提出した。(2015/12/18)

忘年会後にさくっと一杯! 一風堂がワンコインの「〆専用・小腹ラーメン」、夜限定で提供
飲んだ店のレシートを見せると一風堂の一杯が500円で食べられるぞ。(2015/12/7)

ヤクルト真中監督がドラフトで「外れくじ」を当たりと勘違い 力強くガッツポーズを決めるも訂正される珍事
光速のガッツポーズから急転直下のしょんぼり。(2015/10/22)

明治大学が100円“軽”食を実施 夕方から授業やゼミがある学生のエネルギー補給が目的
日替わりパンとフルーツ、コーヒーまたは紅茶のセット。(2015/10/21)

スピン経済の歩き方:
なぜ三井不動産は、マンションの「ズレ」を放置したのか
三井不動産レジデンシャルが販売した横浜市都筑区のマンション。連日報道されている通り、「傾いている」ことが判明し、大きく注目されている。住民から「ずれている!」と指摘されていたのにもかかわらず、なぜ同社は10カ月以上も放置していたのか。それは……。(2015/10/20)

携帯料金引き下げ、有識者検討会始まる 菅官房長官「似たような料金体系からしか選べない」
携帯料金の引き下げを議論する総務省の有識者検討会がスタート。政府は「3社同じような料金体系からしか選べないのは国民からみても問題がある」(菅官房長官)と改めて引き下げを求めている。(2015/10/19)

博多 一風堂の“無料”振る舞いラーメン祭、30店舗限定で開催されるぞわっしょい!
昼夜300杯を提供。(2015/10/13)

ゴルゴ、ナニ金、ヘタリアで「社会」のお勉強! 11科目を“学習する”ためのマンガ100冊が公開
一般的なマンガ作品から選書しました。(2015/10/6)

PR:スクープ満載! 週刊文春9月24日号の主なラインアップ
政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載の売り上げNo.1(日本雑誌協会発表)の総合週刊誌、今週の注目記事はこれ!(2015/9/16)

明治大学、司法試験問題漏えいの教授を懲戒免職に
「著しく信用を傷つけ、名誉を汚す行為」としている。(2015/9/12)

明治大学、司法試験の問題漏えいで謝罪 「司法試験制度の根幹を揺るがしかねない事態」
漏えいした教員には厳正な対応を行うとしている。(2015/9/8)

3Dビジネスコンテスト開催:
3Dデータとモノをつなぐビジネスアイデアを募集、中野区が起業を支援
中野区産業振興推進機構(ICTCO)は、「3D Printer of Things」をテーマに掲げた第1回ビジネスアイデアコンテスト「3D-Business Digging Festival」の募集を開始した。(2015/8/12)

9月27日に「今日は一日“特撮ソング”三昧」放送 特撮の名曲を聴きまくる10時間
石巻市「石ノ森萬画館」から生放送。会場では「やっぺぇ&ヒーロー祭り」も!(2015/8/9)

次世代ロボット研究開発:
昆虫の嗅覚を災害救助ロボに、NEDOが次世代ロボット開発を加速
NEDOが「革新的ロボット要素技術」と「次世代人工知能」を中核とする、次世代ロボットの研究開発に着手した。昆虫の嗅覚を災害救助に活用するセンサーや化学繊維を用いた人工筋肉など18のテーマで“次世代ロボット”の開発を加速させる。(2015/7/23)

第1回 先端コンテンツ技術展:
96chスピーカーが“気配”まで再現――世界初の没入型聴覚ディスプレイ装置「音響樽」に驚いた
世界初という没入型聴覚ディスプレイ装置「音響樽(たる)」を体験してきた。(2015/7/6)

生誕80周年記念:
バカボンのパパ、アッコちゃんなど 赤塚キャラ誕生のルーツに迫った企画展
明治大学の米沢嘉博記念図書館で6月19日から。(2015/6/8)

ソーシャルメディア利用の啓発漫画を明治大学が公開する理由
「明大SNSスタイル」第2弾「学生生活編」を明治大学が公開。(2015/5/10)

特集:フレッシュマン企画:
無料でプログラミングが学べる三大動画学習サイト+α
プログラミングを学べる動画サイトを紹介。それぞれに特色があるので、自分に合ったサイトを見つけて、スキルや知識を向上させよう。(2015/4/21)

「オタク新世紀宣言」発表! 市長も教授もオタクを語る 「コミケットスペシャル6」リポート
「OTAKU EXPO」が併催され、“オタクイベントの国連”が結成された「コミケットスペシャル6」をリポート。コスプレもありますよ!(2015/3/31)

スマートアグリ:
農業とITの“言語”を合わせるプラットフォーム創出へ
慶應義塾大学SFC研究所 アグリプラットフォームコンソーシアムは、農業へのICT活用促進を目的とし、農業ITのグランドデザインとガイドラインを立案し、その普及に取り組む方針を示した。農業における新たなICT活用のプラットフォーム創出を目指す。(2015/3/30)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。