ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「障害対応」最新記事一覧

「ヨドバシ・ドット・コム」また配送遅延 一部出荷を停止
「ヨドバシ・ドット・コム」で10月下旬から一部の配送が遅れている。復旧作業のため、10月31日午前8時以前の注文は一時出荷を停止。(2017/11/6)

太陽光:
売却時に使える点検履歴も作成、月額9800円の太陽光メンテナンスサービス
太陽光関連事業を展開するエコリンクスが提供。低圧太陽光発電向けで、発電監視、定期点検、緊急応動、故障対応、売電補償の5つのサービスをパッケージ化した。(2017/10/20)

製造IT導入事例:
トヨタ工場に無人搬送車自動位置検出ソリューション導入
日立ソリューションズは、同社の「GeoMation 屋内位置把握ソリューション」をトヨタ自動車の元町工場に導入した。異常停止した無人搬送車をモニターで確認でき、復旧作業の工数を50%削減した。(2017/10/16)

日立ソリューションズ GeoMation 屋内位置把握ソリューション:
トヨタ元町工場がIoT活用で無人搬送車の復旧作業工数を50%削減
「クラウン」などを生産するトヨタ自動車の元町工場が、日立ソリューションズの「GeoMation 屋内位置把握ソリューション」を導入。部品運搬に用いている無人搬送車(AGV)の異常停止トラブルの迅速な発見に役立て、復旧作業工数を50%削減することに成功した。(2017/10/3)

ポケモンGO、ログインできない障害から復旧 イベントを24時間延長
26日午後6時ごろから発生していた、ポケモンGOにログインできない障害が復旧した。イベントは24時間延長する。(2017/9/27)

IoTで無人搬送車の運行状況を可視化、復旧作業の工数を50%削減――トヨタ自動車
トヨタ自動車の元町工場は、IoTで無人搬送車の無人搬送車の運行状況を可視化する「GeoMation 屋内位置把握ソリューション」を導入。復旧作業にかかる工数を50%削減した。(2017/9/21)

足りない部分は、独自開発ツールで補完
ヤフーは「OpenStack on Kubernetes」で、クラウド運用の自動化をどう実現したのか
OpenStackでプライベートクラウドを構築しているヤフーは、クラスタ数増大とともに複雑化する運用に悩まされていた。そこで目を付けたのがKubernetesだ。これにより障害復旧やクラスタ構築などの自動化を実現した。(2017/9/21)

Windows 7のリプレースは「as a Service」で:
NEC、業務用Windows 10マシンを月額課金制で導入できる「スマートクライアント標準PCサービスG2」を開始 日本マイクロソフトと協業
NECは日本マイクロソフトと協力し、法人PCのライフサイクル全般をサービスとして提供する「スマートクライアント標準PCサービスG2」を開始。PCの調達からキッティング、運用管理、故障対応、廃棄までを月額課金制で契約できるようにする。(2017/8/3)

実運用が分かる、OSSでログ管理入門(2):
実運用の障害対応時間比較に見るFluentd+Elasticsearch+Kibanaのログ管理基盤の効果
ログ基盤を実現するFluentd+Elasticsearch+Kibanaについて、構築方法や利用方法、実際の案件で使ったときの事例などを紹介する連載。今回は、実案件を事例とし、ログ管理基盤の有用性を、障害対応時間比較も交えて紹介します。(2017/5/9)

4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」:
第545話 障害対策
先日の大規模障害の影響で、ユーザーの他社クラウドへの乗り換えに拍車が掛かっています。何か手を打たないと……(2017/4/18)

備えがあり過ぎても困る
ディザスタリカバリ環境の構築、複数サイト方式とクラウド利用方式を比較する
適切なディザスタリカバリ(DR)の選択には、コスト、目標復旧時間(RTO)、専門知識の有無が重要だ。慎重に分析した結果、クラウドが最適と考える企業もあるだろう。(2017/4/5)

ベリタス、AWS対応のシステム復旧支援ソフトを発売
異機種混在環境のデータセンターで稼働するシステムがダウンした際に、待機系システムを用いた迅速な復旧作業を支援するという。(2017/2/10)

セキュリティ・テクノロジー・マップ(9):
セキュリティ情報管理の基礎――事故対応の大原則
企業システムにおけるセキュリティ技術の基礎を総ざらいする本連載。第9回は「セキュリティ情報の管理」を扱います。万一の際の早期対応を可能にするための技術について学びましょう。(2016/12/21)

特集:情シスに求められる「SRE」という新たな役割(1):
運用自動化も障害対応も、全ては「現場のため」ではなく「顧客のため、ビジネスのため」
デジタルビジネスの激化を受けて、「いかにスピーディにITサービスを企画・開発するか」が重視されている。だが重要なのは「作ること」だけではない。リリースして以降、収益・ブランド向上はサービス運用を支える「運用管理の在り方」に掛かっている。本特集では米グーグルが提唱するSRE――Site Reliability Engineerの概念を通じて「運用管理のビジネス価値」を再考。今求められる情シスの役割を考える。(2016/12/1)

スマホアプリと連動:
ACCESS、ボタンで通信する車載器開発
ACCESSはセゾン自動車火災保険の新サービス向け車載器「つながるボタン」を同社と共同開発したと発表。IoTを活用し、運転診断や事故対応などのサービス強化につなげる。(2016/11/28)

セキュリティ教育現場便り(7):
セキュリティ事故対応に備えて知っておきたい「ディスクコピー」の手順
セキュリティ教育に携わる筆者が、今本当に必要なセキュリティ教育を解説する本連載。第7回では「証拠保全」の方法を、具体的なツールの操作手順とともに解説します。(2016/10/12)

情報化施工:
建設機械で「無人化施工」、改造不要で遠隔操作を可能に
大林組と大裕は既存の建設機械に装着することで、遠隔操作が行える装置を開発した。建設機械自体を改造することなく無人化施工を可能にし、災害復旧作業における二次災害の低減などに貢献する。(2016/10/11)

愛媛県の住友別子病院、SDN採用でネットワーク障害対策を大幅強化
NECは、愛媛県・住友別子病院の新病院に向け、SDNを活用したネットワーク基盤を構築。音声系含めた5種のネットワークの統合により、運用の効率化、可用性の向上などを実現した。(2016/10/5)

初動対応用データ保全ツール「CDIR Collector」解説(後編):
セキュリティ事故対応における“オープンソース”活用法指南(応用・解析編)
セキュリティインシデントへの初動対応に役立つツール「CDIR Collector」の活用方法について解説する本連載。後編では、ネットワーク経由での利用や抽出したデータの解析方法などを紹介します。(2016/9/30)

近鉄車掌が制服を脱ぎ捨て線路へ、その後高架下に飛び降り病院に搬送 人身事故対応でトラブルか?
詳細は現在も調査中とのこと。(2016/9/21)

4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」:
第522話 最新鋭AI搭載サーバ
当社のサーバは最新鋭のAIを搭載しております。監視も障害復旧もなにもかも、最新鋭のAIが面倒みますからご安心ください。(2016/9/20)

初動対応用データ保全ツール「CDIR Collector」解説(前編):
セキュリティ事故対応における“オープンソース”活用法指南
本稿では、セキュリティインシデントへの初動対応に役立つツール「CDIR Collector」の活用方法について、実際に企業の現場でインシデント対応に携わる筆者が、自身の経験談を交えつつ解説します。(2016/9/14)

セキュリティ教育現場便り(6):
セキュリティベンダーが解説する「事故対応を外注するなら絶対に守ってほしいポイント」
セキュリティ教育に携わる筆者が、今本当に必要なセキュリティ教育を解説する本連載。第6回では、「証拠保全」の具体的な注意点と無料ツールを紹介します。(2016/8/26)

電子ブックレット:
ルネサス、5年前の教訓生かした震災対策「成果出た」
EE Times Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、ルネサス エレクトロニクスが2016年5月に行った、熊本地震で被災した熊本地区製造拠点の復旧作業状況に関する説明会の内容を紹介します。(2016/7/30)

セキュリティ教育現場便り(5):
セキュリティ事故対応に不可欠な「証拠」を消してしまう3つの行動
セキュリティ教育に現場で携わる筆者の経験から、今本当に必要なセキュリティ教育について考える本連載。第5回では、インシデント対応に不可欠な「証拠保全」のポイントを解説します。(2016/7/12)

96.2%のデータ復旧率を実現する“裏側”をお見せします:
PR:“消えたデータが蘇る”データ復旧の現場では何が行われているのか?――9年連続日本一のデータ復旧実績を持つデジタルデータリカバリーが、その技術力とスピードの核心を公開
重要な情報が格納されているHDDに障害が発生し、慌ててデータ復旧事業者をWebで検索すると、数多くのサービスがヒットする。しかし、Web上の情報だけでは、どのサービスが信頼できるのか判断するのは難しい。また、実際に、どのようにしてHDD/データの復旧作業が行われているのかを知る人も少ないのではないだろうか。本稿では、HDD/データ復旧の現場を紹介する。(2016/5/31)

高度なレプリケーションと自動暗号化/復号をサポート:
クラウド型障害復旧サービス「Azure Site Recovery」に、3つのAzureストレージ新機能
マイクロソフトのクラウド型障害復旧サービス「Azure Site Recovery」に、3つの新たなAzureストレージ機能が追加された。(2016/5/25)

ホワイトペーパー:
メッセージを40分の1に減らし、障害対応をナビゲーションする新発想のツールとは?
さまざまなメッセージや対応依頼であふれるシステム運用の現場だが、ノウハウは属人化しており対応に手間取るケースが多い。自動化と手動運用の「いいとこどり」の運用管理ツールなら、必要な情報を選び、正しい対応へと導いてくれる。(2016/5/23)

熊本地震で被災も早期復旧へ:
ルネサス、5年前の教訓生かした震災対策「成果出た」
ルネサス エレクトロニクス社長兼CEOを務める鶴丸哲哉氏は2016年5月11日、熊本地震で被災した熊本地区製造拠点の復旧作業状況について説明を行った。(2016/5/13)

「実質0円終了の影響はこれから」「熊本地震ではソフトバンクが最速で復旧した」――孫社長
ソフトバンクグループの孫正義社長が、決算会見で実質0円販売終了の影響について考えを述べた。熊本地震の対応では、ソフトバンクが最も早く通信障害から復旧したことを強調。海外事業ではSprintが好転していることを紹介した。(2016/5/10)

ソフトバンク、熊本地震が原因の通信障害から復旧
ソフトバンクとY!mobileの携帯電話サービスが、25日朝に復旧した。(2016/4/25)

熊本地震:
三菱電機パワー半導体工場、5月9日に一部生産再開へ
三菱電機は、熊本県合志市のパワー半導体工場の復旧作業に着手し、2016年5月9日に一部生産を再開させる方針を発表した。(2016/4/22)

電力供給サービス:
熊本県内の停電が解消、復旧困難な地域は高圧発電機車120台以上で送電中
震度7の地震が発生した4月16日(土)の未明から5日が経過して、熊本県内の停電は20日(水)の夜に解消した。一時は8万戸を超える停電が発生したが、九州電力による復旧作業と全国各地の電力会社による高圧発電機車の応援で、都市ガスよりも早い復旧にこぎつけた。(2016/4/21)

適切なインシデント対応と情報公開には、適切な評価を:
EmEditorや「オバQの毛」に気付いたeBookJapanに見る、「有事」のあるべき姿勢とは
セキュリティインシデントに遭遇した後、優れた対応を取った企業や組織を表彰することで、適切な事後対応に取り組むモチベーションとしてもらうことを目的とした「セキュリティ事故対応アワード」の表彰式が2016年2月24日に行われた。(2016/3/15)

特選プレミアムコンテンツガイド
仮想環境で軽視されがちなハードウェア、障害対策は万全?
仮想化ではハードウェアが軽視されがちだ。しかし、可用性を確保する機能を使っても、全てのハードウェア障害が回避できるとは限らない。仮想環境では、可用性だけでなく障害も考慮して設計する必要がある。(2016/2/12)

「Microsoft Azure」の仮想マシンが最大の改善幅
2015年の主要クラウド稼働率調査――トップはAWS、最下位は?
2014年に比べて2015年は、パブリッククラウド各社の稼働率が改善した。一方で、顧客もダウンタイムへのより良い対処法や自社に最適な障害対策を学んでいる。(2016/1/29)

まずは問題の切り分け
月曜朝からアプリがフリーズしても焦らない、Windows障害対応の基本とは
アプリケーションは、さまざまな理由でフリーズしたり、動作が停止したりすることがある。例えば、不良メモリ、OSやアップデートの問題などだ。「Windows」でよくある問題の切り分け方を紹介する。(2016/1/25)

富士通がセキュリティサービス拡充、日常相談から事故対応までをカバー
世界規模でセキュリティの脅威を監視する拠点を新設。日常的な相談への対応から標的型攻撃による事故対応の支援までを提供する。(2015/11/18)

アノニマスの攻撃? 「ASCII.jp」がアクセス不能に 「復旧作業中だが再開時期は未定」
ASCII.jpに通信障害が発生。(2015/10/22)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
水害復旧に鉄道の出番なし? 利益優先が国土を衰弱させる
今月の台風18号による大雨は鉄道の被害も大きく、関東鉄道常総線の冠水など復旧の目処が立たない路線がいくつかある。そして各方面の復旧作業が進む中、大量のがれき処理問題が浮上した。東日本大震災のように、鉄道貨物によるがれき輸送は実施されないのか?(2015/9/18)

デロイト トーマツがセキュリティサービス、脅威監視や事故対応支援を提供
従来のセキュリティコンサルティングサービスに加え、脅威監視やインシデント対応支援など対策の運用レベルに踏み込んだサービスを新たに展開する。(2015/9/2)

年金機構の情報漏えい、事故対応のミスで被害拡大と報告
調査報告ではセキュリティ担当者が標的型メール攻撃の可能性を感じながらも、組織的なインシデント対応が不十分だったことが被害拡大につながったと指摘している。(2015/8/20)

簡単バックアップから本格リカバリまでを網羅
中堅・中小企業向け障害復旧対策を松竹梅コースで解説
バックアップ/リカバリの重要性は広く認知されつつも、システム環境の整備はいまだ十分ではない。この状況を打開するために参考にしたいのが、自社の要件に応じた3種のモデルケースだ。具体的な内容を紹介する。(2015/7/6)

セキュリティ事故対応力はどのくらい? 診断ツールが公開
25の質問に答えてサイバー攻撃などの事故対応に必要な力を診断できるツールが公開された。(2015/7/1)

ニトリ公式通販サイトがダウン、復旧の目処たたず →「楽天で買って」と異例の呼びかけ
6月17日にリニューアル予定もエラーが発生し、復旧作業に取り組んでいます。(2015/6/22)

設備保全は「予知」の時代へ:
PR:故障は既に予測可能に、工場の稼働率を抜本的に高める「予知」の力
製造業にとって生産性向上を行うのに、「設備稼働率」は重要な指標となる。工場設備には故障対応や部品交換、点検・保守の時間はつきもので、そのために設備を一定時間「止めても仕方がない」と考えられてきた。しかし実は今、この「仕方のない時間」は限りなく短く、頻度も少なくできるようになってきている。そのキーワードとなるのが「予知」である。(2015/6/18)

米Googleが明かす障害復旧の舞台裏
Gmail消失事故で分かった「だからテープバックアップが必要なんだ」
米Googleで発生した2011年のメール障害。そこから得られた教訓は、実に興味深いものだった。Googleスタッフが明かした障害復旧の舞台裏を示す。(2015/5/15)

「Azure Site Recovery」登場で変わる市場
「DRaaS」をめぐる頂上決戦、Microsoft vs. VMwareの行方は
Azureのクラウド障害復旧サービス「Azure Site Recovery」は、VMwareの「vCloud Air Disaster Recovery」とどう戦うのか。(2015/4/26)

10分でチェックできる:
PR:VMware製品の運用担当者、必見の動画3選
サーバ仮想化による統合と運用業務の集約で、現場はむしろ過酷に? 障害対応、リソース調達計画、割り当て見直し、月次レポート作成……。全てをこなす“ツワモノ”に送る、仮想化基盤運用効率化するための動画3選、わずか10.5分だ。(2015/4/8)

Xbox LiveとPlayStation Networkに障害発生、ハッカー集団が攻撃か
Xbox LiveとPlayStation Networkが断続的な障害に見舞われ、復旧作業を行っていることを明らかにした。(2014/12/26)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。