ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  2

「24時間営業」最新記事一覧

国内企業の働き方を改革:
ソフトバンク、ワークスペース運営のWeWorkと合弁会社
ソフトバンクグループと米WeWorkが合弁会社を設立すると発表。ワークスペース事業の国内展開に注力していく。(2017/7/18)

ネット注文商品、24時間受け取りOK ヨドバシ梅田に専用店舗
ネットで注文した商品を受け取れる24時間営業の店舗が「ヨドバシ梅田」に登場。(2017/7/14)

キニナル!トレンド探検隊:
トレーナーがいなくてもマンツーマンレッスンが可能になる?
トレーナーが現場にいなくてもマンツーマンレッスンを受けたい――。そんなニーズに答えたのが、FunLifeが提供する運動施設向けサービス「ARCMirror」だ。どんなサービスなのか。(2017/7/6)

小売・流通アナリストの視点:
GMS大量スクラップ時代の風に乗るドン・キホーテ
総合スーパー(GMS)の店舗再生に定評があるドン・キホーテに対し、ユニー・ファミリーマートが業務提携の検討を始めた。なぜドン・キホーテは注目されているのか。その強さの源泉に迫った。(2017/6/28)

マクドナルド、トラブル復旧で特別企画実施へ 注文の有無に関わらず「わびドリンク」を1人1杯提供
ポイントと一部の電子マネーが使用できない不具合が続いていました。(2017/6/21)

26日に:
マクドナルド、“おわびドリンク”無料提供 不具合復旧
日本マクドナルドの店舗ネットワークシステムの不具合が5日ぶりに復旧。(2017/6/21)

「マックシェイク×カルピス」期間限定発売 マクドナルドとカルピスが初コラボ
21日より。「マックシェイク」のクリーミーでやさしい甘さ。(2017/6/19)

現場に出よう:
デジタル変革は会議室ではできない
人手不足や高齢化を背景として、さまざまな分野でデジタルトランスフォーメーション(DX)が議論されている。ビジネスのデジタル変革に必要な姿勢と人材とは……。キーワードは「現場」だ。(2017/6/6)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
都心で拡大! 激安「一軒め酒場」の儲けのカラクリ
一軒め酒場は、1000円あれば楽しめる庶民の財布にやさしい大衆居酒屋だ。2008年に東京・神田に1号店をオープンし、現在は首都圏を中心に64店まで拡大させている。(2017/5/30)

マックフルーリーの新味は「森永ミルクキャラメル」 ソフトクリームとキャラメルソースのひんやりコラボ
サクサククランチと隠し味の“塩”がポイント。(2017/5/25)

“いま”が分かるビジネス塾:
「無人コンビニ」の普及がもたらす経済的インパクト
米Amazon.comが3月にオープンする予定だった無人コンビニ「Amazon Go」のプロジェクトが遅延している。無人コンビニは技術的難易度が高く、トラブルが多発することは容易に想像できるが、本格的に普及した場合の影響は大きい。無人コンビニは社会や経済に対してどのような影響を与える可能性があるのか。(2017/5/18)

人手不足が直撃:
人件費上昇にもがくコンビニ、「無休」の成長モデルに壁
24時間・365日、いつでも・どこでも」という独特のビジネスモデルで成長してきた日本のコンビニエンスストア業界が曲がり角を迎えている。(2017/4/25)

タイムアウト東京のオススメ:
夜型は東京で生きる
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2017/3/22)

メロンにミルクをかけるのが通な食べ方なの? 「マックシェイク 北海道メロン」期間限定発売
22日から。北海道の店舗では17日より先行販売。(2017/3/17)

北海道コンビニ界の覇者セイコーマートに聞いた 北国を生き抜く秘訣
無理をせず、地域の特徴を最大限生かすこと。(2017/3/12)

古書店の街・神保町に「ドンキ」開店 24時間営業
「古書店の街」として知られる神保町に、「ドン・キホーテ神保町靖国通り店」が17日にオープンへ。(2017/2/2)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
それでも利益率が高い「磯丸水産」のカラクリ
居酒屋市場が伸び悩む中、首都圏を中心に店舗数を伸ばし続けている海鮮居酒屋「磯丸水産」。多くの飲食店が深夜営業を取りやめる中、磯丸水産は24時間営業で成功している。その理由とは。(2017/1/26)

3つの「SUPER」でおトク感を演出――ソフトバンクの2017年春商戦
ソフトバンクが、2017年春商戦のキャンペーンを発表した。3つの「SUPER」を掲げて、1年の中で一番の商戦期を戦う。(2017/1/16)

すかいらーく、大部分の店舗で深夜営業を縮小 「従業員のワークライフバランス推進」
深夜営業している店舗の多くを原則2時閉店、7時開店に。(2016/12/15)

コンビニ探偵! 調査報告書:
コンビニは高齢化社会に対応できるのか
人口の高齢化は社会問題になっている。コンビニ業界でも高齢化への対策は課題であったが現状はあまり進んでいない。今回は、コンビニが高齢化社会にどう対応していくべきかを考えてみたい。(2016/12/5)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
カラオケ「まねきねこ」大躍進の裏側
近年、「カラオケ本舗 まねきねこ」が絶好調だ。店舗数で業界首位を走ってきた第一興商の「ビックエコー」にほぼ並びトップクラスに躍り出た。一体何が起こっているのか。(2016/12/2)

スピン経済の歩き方:
「ロイホ24時間営業廃止」の正しい読み方
ファミレスの「ロイヤルホスト」が2017年1月までに24時間営業を廃止するという。大手マスコミは「外食産業の営業時間短縮は最新トレンド」といった感じで報じているが、ロイホの場合はちょっと違う。というのも……。(2016/11/22)

「より良いサービスと従業員の環境改善のため」 ロイヤルホストの24時間営業が終了へ、定休日導入も検討
ロイヤルホストでは2011年から営業時間の見直しを行っていました。(2016/11/18)

コンビニ探偵! 調査報告書:
コンビニは“マニュアル接客”から脱却できるのか
24時間営業のコンビニに来るお客さんは、多様性に満ちている。客層を選べないからこその難しさがある。今回は、コンビニ接客の現状と可能性について考えてみよう。(2016/11/15)

森永ミルクキャラメルがマックシェイクになった! 「マックシェイク 森永ミルクキャラメル」期間限定販売
21日から23日限定で森永ミルクキャラメル1粒をプレゼント。食べ比べてみては?(2016/9/15)

東京・新宿のカプセルホテル「グリーンプラザ新宿」が12月に営業終了 「便利だったから残念」「これからはどこに泊まれば」
営業終了の理由を聞いてみました。(2016/9/14)

コンビニ探偵! 調査報告書:
「コンビニ=24時間営業」呪縛が終わろうとしている
最近はエキナカや病院、大学の敷地内などに出店する24時間営業でないコンビニも少なくない。今回は、コンビニが24時間営業をやめたらどんなメリットがあるのかを考えてみよう。(2016/9/13)

高井尚之が探るヒットの裏側:
「富士そば」人気の秘密を探ってみる
ジャーナリスト・経営コンサルタントの高井尚之氏が、人気企業・人気商品の裏側を解説する連載。今回は売上高と店舗数を伸ばす、立ち食いそばの「名代 富士そば」を読み解く。(2016/8/5)

コンビニ探偵! 調査報告書:
初心者にとって最も怖いのは誰か コンビニバイトの裏事情
その昔、高校生のアルバイトといえばコンビニやファストフード店が定番だった。ところが、最近は少々事情が変わってきたようだ。今回は、コンビニバイトの裏事情を報告しよう。(2016/7/26)

世界を読み解くニュース・サロン:
なぜ世界各地の都市で「夜の市長」が注目されているのか
世界各地の都市で、新しい役職の存在が注目されている。「ナイト・メイヤー(Night Mayor)」だ。直訳すると「夜の市長」になるわけだが、彼らはどのような仕事をしているのだろうか。(2016/6/23)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
オリジンでちょい飲み なぜ「オリジン弁当」をやめるのか
長年親しまれてきた「オリジン弁当」は、リブランディングによって、装いも新たに「キッチンオリジン」へ、看板もメニューも再構築されつつある。その理由とは?(2016/6/13)

コンビニ探偵! 調査報告書:
どのくらいもらえるの? コンビニの収入事情
コンビニオーナーの収入はどうやって決まるのだろうか。フランチャイズ契約における計算方法は複雑で、きちんと理解している人は少ない。今回は、収入の計算方法をフランチャイズ契約の現実も交えて説明する。(2016/5/30)

6月1日にオープンする新ディズニーホテルは想像以上に「ディズニー」だった!
“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。(2016/5/26)

コンビニ探偵! 調査報告書:
暴力団にどう対応すればいいのか コンビニの現場で注意すべきこと
最近、メディアで暴力団同士の抗争が取り上げられ、不安に思う人も少なくないだろう。今回は、筆者が経験した暴力団とのトラブルとともに、法律の弱点について考えてみたい。(2016/3/28)

コンビニ探偵! 調査報告書:
オジさんはなぜ朝からビールを飲むのか 「24時間労働」のしわ寄せ
コンビニに限らず、今や24時間営業はごく当たり前のこと。今回は24時間営業の働き方「3つのパターン」と、その課題を考えてみよう。(2016/3/21)

Weekly Access Top10:
ファンの心をわしづかみ
「ガルパン」はいいぞ。(2016/1/12)

コンビニ探偵! 調査報告書:
寒い冬に、なぜコンビニは駐車場に水をまくの?
年中無休のコンビニにとって、年末年始は特に目まぐるしく商売が変化する。普段なら到底ありえないような事件が起きるのも、年末年始という特別な時期なのだ。(2015/12/21)

ラーメンがレーンを走ってくる! 「ラーメン凪」が注文&配膳を自動化した「空飛ぶラーメン屋台」開店
とうとう回転寿司だけじゃなくてラーメンも直線レーンで運ばれる時代に。(2015/12/11)

コンビニ探偵! 調査報告書:
えっ、完売したらいけない? コンビニの物流がスゴくなった理由
読者のみなさんは、コンビニに商品が入る時間をご存じだろうか。多くは深夜だが、消費期限の短い弁当やおにぎりなどは1日3回に分けて納品される。実は、これにはいくつかの「思い」があったのだ。(2015/12/4)

コンビニ探偵! 調査報告書:
たいして儲かっていないのに、コンビニが「24時間営業」を止められない理由
今や、ほとんどのコンビニが24時間営業だ。いつでも開いていて便利な一方、さまざまな問題が生まれている。今回は、24時間営業のコンビニが抱えるジレンマについて調査した。(2015/11/19)

「ゲオモバイル那覇新都心店」、10月17日にオープン
「ゲオ×OCN SIM」と「UQ mobile」の契約ができるほか、中古携帯の販売、買い取りも行う。(2015/10/16)

中島みゆきでMP回復してます――日本一有名なニート・phaさん
話を聞いてみたいあの人に、生活習慣や健康のコツを聞く本連載。今回ご登場いただくのは、“日本一有名なニート”ことphaさんです。(2015/10/4)

フィットネスジム利用権が付いた「60DAYSグループダイエットプログラム」、FiNCとウェルネスフロンティアが提供
スマートフォンでダイエットプログラムを提供するFiNCと、フィットネスジムを全国に展開するウェルネスフロンティが提携を発表しました。共同で独自のグループダイエットプログラムを提供します。(2015/8/24)

これは「遊びのオープンソース」なんです――日本エクストリーム出社協会・天谷窓大さん
各界で活躍し「周りが放っておかない人」に生活習慣や健康のコツを聞く本連載。今回登場していただいたのは、型破りな遊び方で注目を集めた「日本エクストリーム出社協会」の天谷窓大さんです。(2015/7/7)

Database Watch(2015年5月版):
SAPのPaaS「SAP HANA Cloud Platform」は日本に浸透するか?
SAPもクラウドプラットフォーム展開を本格化。日本国内でのデータセンター開設はいつになる? イベント「SAP Tech JAM」で、動向をウオッチした。(2015/6/1)

グラタンの中にハンバーガーがまるごと! 「ハンバーガー入りグラタン」の新メニュー登場
いろんなものを挟んできたハンバーガーさんが、まさか内包されるとは……。(2015/5/23)

ドン・キホーテの高級店「プラチナ ドン・キホーテ」誕生 港区白金台に5月29日オープン
激安の殿堂に高級感をミックス。(2015/5/16)

睡眠に悩む人、必見:
快眠ノウハウを学べる体験型の睡眠ラウンジ「nemee」を開設したい!――出資者を募集中
リラックス睡眠ラウンジ「nemee」開設を目指したクラウドファンディングが立ち上がっています。(2015/4/22)

楽天市場の購入商品が郵便局のロッカーから好きなときに受け取れるサービス「はこぽす」開始
いつも家を空けているといった人には助かるサービス。(2015/4/7)

コンビニとスーパーが一体化! 「ファミリーマートプラス」1号店 埼玉県川口市に今秋オープン
ファミリーマートとカスミの共同事業です。(2014/10/21)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。