ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  2

  • 関連の記事

「2011年PC春モデル」最新記事一覧

関連キーワード

PC販売ランキング(2012年6月4日〜6月10日):
夏モデルのTOP10入りはまだ?(2012年6月第1週版)
今回は6月第1週の集計。夏商戦向けの新モデルはまだランキングに現れず、メーカー各社の春モデルが上位を占めている。(2012/6/18)

PC販売ランキング(2012年5月28日〜6月3日):
新モデルよりも、割安な旧モデルが狙い目です(2012年5月第5週版)
今回は5月第5週の集計。一部メーカーの2012年夏モデルが発売されたものの、ランキングにはまだ登場せず、値下げで割安感のある旧モデルがTOP10を占めている。(2012/6/11)

PC販売ランキング(2012年5月21日〜5月27日):
ノートPCランキング、富士通が首位に――10週間ぶり(2012年5月第4週版)
今回は5月第4週の集計。ノートPCランキングでは富士通の「LIFEBOOK AH77/G」が首位に立った。富士通のノートPCがトップになるのは3月第2週版以来、10週間ぶりとなる。(2012/6/4)

PC販売ランキング(2012年5月14日〜5月20日):
3万円台で手に入るケースも――レノボのフルHD液晶付きデスクトップが人気(2012年5月第3週版)
今回は5月第3週の集計。今週はレノボのバリューデスクトップ「H330」が順位を上げています。Web通販を使えば、フルHD液晶付きでも3万円台で購入できる!(2012/5/28)

PC販売ランキング(2012年5月7日〜5月13日):
春モデルは今が買い時? VAIOシリーズがじわじわ浮上(2012年5月第2週版)
今回は5月第2週の集計。ノートPCは「VAIO E」、デスクトップは「VAIO J」が順位を上げています。モデルチェンジ期の今なら安く買えそう。(2012/5/21)

PC販売ランキング(2012年4月30日〜5月6日):
GWに最も売れたPCは?(2012年5月第1週版)
今回は5月第1週の集計。ランキングは多少変動があるものの、ノートPCはA4オールインワン、デスクトップPCは地デジ搭載液晶一体型モデルが売れ筋なのは変わらない。(2012/5/14)

軽い、こいつ軽いぞ:
NEC、超軽量Ultrabook「LaVie Z」公開──13.3型、新素材採用で重量800グラム台?
NECがインテルのUltrabookイベントでUltrabook初号機を公開。13.3型で999グラム以下など、ボディデザインとスペックの一部が明らかになった。(2012/5/10)

PC販売ランキング(2012年4月23日〜4月29日):
フルHD液晶付きで4万円台、「Lenovo H330」がTOP10入り(2012年4月第4週版)
今回は4月第4週の集計。春モデルのPCがだいぶ安くなってきました。今週はフルHDディスプレイ付きで4万円台のデスクトップPC「Lenovo H330」に注目です。(2012/5/7)

PC販売ランキング(2012年4月9日〜4月15日):
売れ筋は実売6〜7万円台のマシン(2012年4月第2週版)
今回は4月第2週の集計。ノートPC、デスクトップPCともに実売6〜7万円台の機種が首位となっています。(2012/4/23)

PC販売ランキング(2012年4月2日〜2012年4月8日):
ノートPC、売れ筋は主力モデルの最上位(2012年4月第1週版)
今回は4月第1週の集計。ノートPCのランキングはLaVie Sが首位を奪還。各メーカーの主力機種の中でも、ハイエンド構成のモデルが上位にランクインする傾向があります。(2012/4/16)

PC販売ランキング(2012年3月26日〜2012年4月1日):
売れ行き好調、dynabook(2012年3月第5週版)
今回は3月第5週の集計。今週の販売ランキングはノートPC、デスクトップPCともにdynabookが首位となっています。(2012/4/9)

PC販売ランキング(2012年3月19日〜2012年3月25日):
デスクトップPC、いまだに秋冬モデルが首位(2012年3月第4週版)
今回は3月第4週の集計。ランキングに大きな変動はなく、春モデルの売れ筋PCが決まってきました。そうした状況の中、いまだにデスクトップPCは秋冬モデルの「VALUESTAR N」がトップを守っています。(2012/4/2)

PC販売ランキング(2012年3月12日〜2012年3月18日):
春商戦が本格化、売れ筋は新モデルへ移行(2012年3月第3週版)
今回は3月第3週の集計。ノートPCはLavie Sがトップに返り咲き。デスクトップPCは依然として秋冬モデルがトップを守っているが、春モデルは8機種がTOP10圏内を占めた。(2012/3/26)

同社初のUltrabookも:
「タブレットでもノートPC並の性能を」――オンキヨー、第2世代Core i7搭載タブレットを発表
オンキヨーは同社初となるUltrabookと、世界初をうたうCore i7搭載タブレットを発表した。タブレットについては、ビジネスシーンで満足に使えるスペックを目指したという。(2012/3/19)

PC販売ランキング(2012年3月5日〜3月11日):
PC春モデルが首位に──「FMV LIFEBOOK AH」シリーズが人気(2012年3月第2週版)
ノートPCもデスクトップPCも、販売状況は2012年PC春モデルが多くを占めるようになった。今回はノートPCが8モデル、デスクトップPCは6モデルがTOP10圏内を占めた。(2012/3/19)

これぞ日本の戦うモバイルPC:
“第4世代”の進化はホンモノか?――「Let'snote NX1」徹底検証
久しぶりの大幅進化となった“第4世代”のLet'snote。光学ドライブを搭載した「Let'snote SX1」に続き、光学ドライブなしの「Let'snote NX1」をレビューする。(2012/3/12)

PC販売ランキング(2012年2月27日〜3月4日):
PC春モデルにようやく活発な動き、ノートPCはTOP10圏内に6モデル(2012年3月第1週版)
3月に入り、PCの販売状況は2012年PC春モデルが主流になってきた。ノートPCは春商戦向けの新モデルで6割を占めた。(2012/3/12)

PC販売ランキング(2012年2月20日〜2月26日):
PC春モデル「LIFEBOOK AH」「VAIO E」シリーズがランクイン(2012年2月第4週版)
PCの販売状況は、2012年春商戦向けの新モデルが順位を上げてきた。春モデルはノートPCに3モデル、デスクトップPCに2モデルがランクインした。(2012/3/5)

この質感、シビレるだろう?:
ガラス張りの“プレミアムUltrabook”――「HP ENVY14 SPECTRE」に誘惑される
安さもキーワードの1つであるUltrabookだが、価格競争が加熱し過ぎると、仕様が画一化してきて、面白みがなくなったりもする。日本HPの「HP ENVY14 SPECTRE」は、思い切って高級志向に振ることで、既存のUltrabookに一石を投じる存在だ。(2012/3/2)

PC USER 週間ベスト10:
VAIOらしさが詰まった大画面モバイルノートとは?(2012年2月20日〜2月26日)
先週のアクセスランキングは、2012年PC春モデルの記事が多数ランクイン。1位は携帯性に配慮した15.5型ノート「VAIO S(SE)」のレビュー記事でした。(2012/2/27)

PC販売ランキング(2012年2月13日〜2月19日):
PC春モデルがじわじわ浮上、中でも人気モデルは?(2012年2月第3週版)
PCの売れ筋傾向は大きく変わっていないが、2012年春商戦向けのPC新モデルが2月終盤に入りじわじわ順位を上げてきた。(2012/2/27)

2012年PC春モデル:
日本HP、ガラスを多用した高級志向の14型Ultrabook「HP ENVY14 SPECTRE」
「HP ENVY14 SPECTRE」は“プレミアムUltrabook”を標ぼうする高級志向の14型Ultrabook。ディスプレイ、天面、パームレスト、タッチパッドにガラスを用いたデザインが特徴だ。(2012/2/22)

2012年PC春モデル:
ソニー、21.5型ボードPC「VAIO J」に下位モデルを追加
ソニーが「ボードPC」と呼ぶ液晶一体型PCに新モデルが登場。21.5型フルHD液晶搭載の「VAIO J」に下位モデルが加わった。(2012/2/21)

2012年PC春モデル:
ソニー、24型ボードPC「VAIO L」に3D立体視対応モデルを追加
ソニーは24型フルHD液晶一体型PC「VAIO L」に、3D立体視および3D映像編集が可能な上位モデルを追加した。(2012/2/21)

PC販売ランキング(2012年2月6日〜2月10日):
“PC春モデル”が初登場(2012年2月第2週版)
PCの販売ランキングは、値下げ傾向が顕著な2011年の旧モデルがまだ多くを占めているものの、今回はようやく2012年春商戦向けの新モデルが登場した。(2012/2/20)

2012年PC春モデル:
フルHD16倍録画、DLNA強化、テレビとTwitterの連携アプリ――NEC「VALUESTAR」新モデル
NECは2012年春モデルを2月16日に発売する。デスクトップPCの「VALUESTAR」シリーズは全機種モデルチェンジし、録画機能や無線LAN機能を強化した一方で、ノートPCの「LaVie」シリーズはすべて2011年秋冬モデルの継続販売となる。(2012/2/14)

2012年PC春モデル:
実売10万円台のスリムタワーPC──「VALUESTAR L」
セパレート型のスリムタワーPC「VALUESTAR L」の春モデルは、19型ワイド液晶が付属するバリュー構成1モデルのみの展開となる。(2012/2/14)

2012年PC春モデル:
薄型なのに多機能な液晶一体型PC――「VALUESTAR N」
液晶一体型PC「VALUESTAR N」は従来モデルに比べ、下位2機種は基本スペックを、上位2機種はテレビ機能を強化した。(2012/2/14)

2012年PC春モデル:
テレビ機能を強化したハイエンドAV液晶一体型PC――「VALUESTAR W」
AV機能を重視した液晶一体型PC「VALUESTAR W」はテレビチューナーカードに新チップを採用し、フルHD画質で16倍録画が可能となった。(2012/2/14)

PC販売ランキング(2012年1月30日〜2月5日):
21.5型液晶付きで4万円台……「Lenovo H330」がじわじわ浮上(2012年2月第1週版)
各社より2012年春モデルが発表されているが、販売ランキングの上位はまだ2011年の旧モデルが多く占めている。中でも“割安”なベーシックモデルの人気がじわじわ上がっている。(2012/2/13)

2012年PC春モデル:
相変わらず薄くて軽い──「dynabook R631」
東芝は、2月10日にdynabook R631の新モデルを発表した。Ultrabookコンセプトの薄いボディとシステム構成はそのままに、新しいユーティリティを導入している。(2012/2/10)

2012年PC春モデル:
23型フルHD液晶搭載、多機能なAV液晶一体型――「dynabook REGZA PC D731」
地デジ搭載液晶一体型PC「dynabook REGZA PC」の上位機種になる23型ディスプレイ搭載モデルは、CPUなど基本性能が強化された。(2012/2/10)

2012年PC春モデル:
新世代Atomを採用した低価格ミニノート――「dynabook N301」
「dynabook N301」は10.1型ワイド液晶を搭載するNetbookだ。春モデルではCPU性能やHDD容量が強化された。(2012/2/10)

2012年PC春モデル:
新感覚メタリックボディのグラスレス3D対応AVノート――「dynabook Qosmio T851」
グラスレス3Dに対応した最上位AVノートPC「dynabook Qosmio T851」の2012年春モデルは、T751と同様の新しいメタリックカラーを採用。HDD容量も増やしている。(2012/2/10)

2012年PC春モデル:
タイルキーボードに刷新、クアッドコアCPUモデルも用意する主力ノート──「dynabook T451」
15.6型サイズのスタンダードノートPC「dynabook T451」は、性能別に3モデル/3カラーを用意する東芝の主力モデルとして、新キーボードの採用+一部スペックが強化された。(2012/2/10)

2012年PC春モデル:
23型REGZA PC、Ultrabookなど──東芝「dynabook」シリーズ新モデル第2弾
東芝が2012年PC春モデルの第2弾を発表。大画面液晶一体型、スタンダードA4ノートの主力モデルに加え、グラスレス3D、Ultrabook、Netbookのリニューアルモデルを投入する。(2012/2/10)

PC販売ランキング(2012年1月23日〜1月29日):
PCも安価になりましたね 「6万円台」の割安モデルが浮上
モデルチェンジ期の現在、PC販売状況は新モデル登場前の現行/前モデルに値引き傾向が強く、特に割安なモデルがランクインする動きがある。(2012/2/6)

美麗デザイン、確かな実力:
PR:「HP Folio13-1000」は遅れてやって来た“Ultrabook™の本命”か
薄型軽量なモバイルノートPCが「欲しいけど高い」といった時代はもはや過ぎ去った。インテルが推進するUltrabook™は、ユーザーのPC環境をここ数年で一変させる可能性を秘めている。その第1世代製品として日本HPが投入した「HP Folio13-1000」は、優れたコストパフォーマンスが際立つ1台。もはやノートPC選びに妥協は不要なのか。(2012/1/31)

PC USER 週間ベスト10:
ニッポンのモバイルノート「Let'snote SX1」が健闘(2012年1月23日〜1月29日)
先週のアクセスランキングでは、ノートPC新モデルの記事が数多くランクイン。その中でも1位を獲得したのはパナソニック「Let'snote SX1」のレビューでした。(2012/1/30)

PC販売ランキング(2012年1月16日〜1月22日):
新モデル登場直前のノートPC販売状況は?(2012年1月第4週版)
そろそろ春商戦向けのPC新モデルが登場する時期になった。新モデル登場を前に、1つ前の秋冬モデルを値下げして販売する店舗も多く見られ、若干順位が入れ替わった。(2012/1/30)

高級モバイルノート×LTEの実力は?:
「VAIO Z」のLTE内蔵モデルで“Xi”を試す
ハイエンドな13.1型モバイルノートPC「VAIO Z」は、NTTドコモのLTEデータ通信サービス「Xi」に対応した無線WANモジュールを内蔵できる。実際、どこまで高速体験ができるのか、テストした。(2012/1/26)

2012年PC春モデル:
15.5型/14型ワイドの定番モデルがラインアップを拡充――「VAIO E」
液晶サイズで2つのラインを用意する「VAIO E」は、14型ワイドでラインアップを拡充。バリューゾーンの市場拡大を狙う。(2012/1/25)

2012年PC春モデル:
基本性能をアップした15.5型スタンダードノート――「VAIO C」
15.5型のスタンダードモデル「VAIO C」は、春モデルでCPU性能を強化。店頭向けモデルにブラックカラーが加わった。(2012/1/25)

2012年PC春モデル:
ユーザーが待望した薄くてフラットな新シリーズも──「Let'snote」2012年春モデル
パナソニックは、1月25日にLet'snoteの新モデルを発表した。新シリーズとして、薄型フラットボディを導入した「SX」「NX」を投入する。(2012/1/25)

2012年PC春モデル:
SからSXの進化は“薄くフラット”──「Let'snote SX1」
パナソニックは、1月25日にLet'snoteの新シリーズ「Let’snote SX1」を発表した。従来のLet'snoteとは異なる薄くフラットなボディを採用する。(2012/1/25)

2012年PC春モデル:
ツウ好みの1スピンドルモデルも薄くフラットに──「Let'snote NX1」
パナソニックは、Let'snoteの新シリーズ「Let'snote NX1」を発表。光学ドライブを内蔵しないコストパフォーマンスモデルも薄くフラットになった。(2012/1/25)

2012年PC春モデル:
店頭モデルもクアッドコアCPUに──「Let'snote B10」
パナソニックは、1月25日に「Let'snote B10」の新モデルを発表した。マイレッツ倶楽部モデル限定だったクアッドコアCPUを店頭モデルにも搭載した。(2012/1/25)

2012年PC春モデル:
“ジャケット”なLet'snoteはCPUを強化──「Let'snote J10」
パナソニックは、1月25日にLet'snote J10の新モデルを発表した。店頭モデルでは搭載CPUを強化している。(2012/1/25)

2012年PC春モデル:
3D動画の編集に対応した24型液晶一体型PC――「VAIO L」
24型ワイド液晶を搭載する地デジPC「VAIO L」の春モデルは、バリューモデルの後継機種が登場。基本性能を強化したほか、3D動画の編集が行えるソフトウェアをプリインストールする。(2012/1/25)

2012年PC春モデル:
長時間録画がしやすくなった21.5型地デジPC――「VAIO J」
21.5型ワイドディスプレイを備えた地デジ対応PC「VAIO J」の春モデルは、基本性能を強化したミドルレンジモデルの後継機種が登場した。光学ドライブがBDXLに対応し、長時間録画がしやすくなっている。(2012/1/25)

2012年PC春モデル:
11.6型ディスプレイ搭載の1スピンドルモバイルノート――「VAIO Y」
光学ドライブを搭載しないモバイルノートPC「VAIO Y」の店頭販売モデルとなるYBシリーズは、HDD容量を強化した。直販限定のYAシリーズは従来機種の継続販売となる。(2012/1/25)

2012年PC春モデル:
全機種BDXL対応、1TバイトHDDも搭載できるAVノート――「VAIO F」
「VAIO F」シリーズの春モデルは全機種BDXLに対応し、CPUの性能向上などの基本スペックの強化が施された。また、直販モデルでは1TバイトHDDをCTOで選択できるようになった。(2012/1/25)

2012年PC春モデル:
“ほかより1センチ薄く1キロも軽い”、薄型軽量オールインワンモバイル──「VAIO S」
スリムなデザインとパフォーマンスを両立するオールインワンモバイル「VAIO S」の春商戦向け新モデルが登場。従来と同じく15.5型と13.3型のボディを用意し、基本スペックの一部が強化された。(2012/1/25)

2012年PC春モデル:
店頭モデルも「爆速SSD RAID」に強化、13.1型のハイエンドモバイル──「VAIO Z」
最上位モバイル「VAIO Z」が小リニューアル。店頭モデルはより高速な「第3世代SSD RAID」を標準搭載、カスタマイズモデルも新色「シルバー」が追加され、より高速なCPU+フルHDディスプレイなど幅広い構成でオーダーできる。(2012/1/25)

2012年PC春モデル:
15.5型モバイル拡充、“Z”に新色、編集ソフト刷新――ソニーの「VAIO」春モデル
ソニーは「VAIO」の2012年春モデルを2月4日より順次発売する。オールインワンモバイルノート「VAIO S」のラインアップを拡充し、最上位モバイルノート「VAIO Z」には新色を追加した。動画/音楽編集ソフトも刷新している。【春モデル情報追加】(2012/1/25)

2012年PC春モデル:
東芝、256GバイトSSDを搭載した「dynabook R731」など直販限定モデル2機種
東芝のWebオリジナルモデルとして「dynabook R731」と「dynabook REGZA PC D711」が登場。薄型軽量ノートのdynabook R731は、256GバイトSSDやBlu-ray Discドライブなど、量販店向けモデルよりもハイスペックな構成を選択できる。(2012/1/24)

2012年PC春モデル:
2万円台のミニミニPC新モデル「Endeavor NP30S」──AMDのFusion APUを採用
エプソンダイレクトの「極小PC」がリニューアル。2万9820円からとする価格帯はそのままに、基本システムがAtomからAMDのFusionプラットフォームに変わった。法人向けBTOモデルも用意する。(2012/1/24)

2012年PC春モデル:
もっと軽くなってしまった!──「dynabook R731」
東芝は、薄型軽量ノートPCラインアップ「dynabook R731」の新モデルを発表した。新しい液晶パネルの採用で本体の軽量化に成功した。(2012/1/23)

2012年PC春モデル:
BDXLに対応、基本性能を強化したAVノートPC――「dynabook Qosmio T751/T551」
AV利用を重視したノートPC「dynabook Qosmio T751/T551」の2012年春モデルは、CPUなどの基本性能を強化し、BDドライブがBDXLに対応した。(2012/1/23)

2012年PC春モデル:
1台3役、液晶一体型デスクトップのバリューモデル――「dynabook REGZA PC D711」
東芝の液晶一体型PC「dynabook REGZA PC」の2012年春モデルが登場。バリューモデルの後継機種である「D711/T3E」はLEDバックライト液晶を採用し、消費電力を約34ワットに抑えた。(2012/1/23)

PC USER 週間ベスト10:
やっぱりMacBook Airは強かった(2012年1月16日〜1月22日)
先週のアクセスランキングでは、Mac新連載がいきなりの1位を獲得しました。Androidタブレットや薄型軽量ノートPCの注目機種も上位にランクインしています。(2012/1/23)

PC販売ランキング(2012年1月9日〜1月15日):
新モデルを待つか、値下げ傾向の現行モデルか──モデルチェンジ間近のPC販売状況(2012年1月第3週版)
PCはそろそろ春商戦向けの新モデルが登場する時期になってきた。同時に現行モデルの値下げも目立ってくるようになっている。(2012/1/23)

2012年PC春モデル:
REGZA連携、スリムSSDノートなど、主力4シリーズを一新──東芝「dynabook」の春商戦向け新モデル
東芝が2012年春商戦向けのdynabookシリーズ新モデルを発表。REGZA連携のテレビチューナー搭載モデルや13.3型モバイルノートPCの基本性能を高めた。【春モデル情報追加】(2012/1/23)

2012年PC春モデル:
“リアル8コア”搭載の水冷ゲーミングモデルなど4機種――「HP Pavilion Desktop PC」
セパレート型デスクトップPCの「HP Pavilion Desktop PC」シリーズは、「h9」と「p6」がフルモデルチェンジ。最上位のh9は赤く光る水冷システムを採用した。(2012/1/19)

2012年PC春モデル:
SSD+HDDで高速・大容量を実現した14型ワイドノート――「HP Pavilion dm4-3000」
ホームモバイル向けの14型ワイドモデルに新シリーズの「HP Pavilion dm4-3000」が登場。コンパクトなボディにデュアル構成のストレージや外付けグラフィックスなどを搭載する。(2012/1/19)

2012年PC春モデル:
8万円を切る13.3型ワイドのUltrabook――「HP Folio 13」
日本HPが投入する“Ultrabook”は、13.3型ワイドのボディにCore i5と128GバイトSSDを搭載し、約9時間のバッテリー性能を実現。直販価格は7万9800円だ。(2012/1/19)

2012年PC春モデル:
フルメタルボディが美しい15型ワイドノートPC――「HP ENVY15-3000」
高級感あふれる「ENVY」シリーズに15型モデルが登場した。近接センサーと連動して光るキーボードバックライトなど、使い心地を追求した機能が目を引く。(2012/1/19)

PC販売ランキング(2012年1月2日〜1月8日):
PCはそろそろモデルチェンジ、値下げ“お得価格”のモデルも(2012年1月第2週版)
正月休み期間のPC販売ランキングは、新春セールなどがあったためか上位/高性能志向のモデルがやや順位を上げた。(2012/1/16)

2012年PC春モデル:
約11.4時間動作が可能な10.1型モバイル機――「FMV LIFEBOOK MH」
約1.29キロの小型ボディに大容量・長時間動作のバッテリーを搭載した「FMV LIFEBOOK MH」シリーズは、HDD容量が320Gバイトに強化された。(2012/1/12)

2012年PC春モデル:
13.3型ワイドの多機能モバイルPCがSSDで高速化――「FMV LIFEBOOK SH」
モバイル・マルチベイ構造を採用した13.3型ワイドノート「FMV LIFEBOOK SH」の2012年春モデルは、下位モデルにもSSDを搭載してより快適な操作性を実現した。(2012/1/12)

2012年PC春モデル:
CPUやストレージを強化したスリムデスクトップPC――「FMV ESPRIMO DH」
セパレート型デスクトップPC「FMV ESPRIMO DH」は、上位モデルはHDD容量が増加して最大4Tバイトとなり、下位モデルはHDD強化のほか、CPUなど基本性能が向上した。(2012/1/12)

2012年PC春モデル:
リーズナブルな地デジPCはデザインを一新――「FMV ESPRIMO EH」
地デジチューナーを搭載する液晶一体型PCの廉価モデル「FMV ESPRIMO EH」の2012年春モデルは、従来モデルのスペックはそのままに、新しいボディデザインを採用した。(2012/1/12)

2012年PC春モデル:
ディスプレイと基本性能を強化したAV液晶一体型――「FMV ESPRIMO FH」
主力のAV液晶一体型PC「FMV ESPRIMO FH」は、下位モデルはCPUを強化し、上位モデルはIPS液晶を採用するモデルが増えた。(2012/1/12)

2012年PC春モデル:
春の新色「アクアブルー」追加、主力のスタンダードA4ノートPC──「FMV LIFEBOOK AH」
15.6型サイズの主力スタンダードA4ノートPC「LIFEBOOK AH」シリーズは、デザインや基本システムはそのままに春の新色を追加、ワイヤレステレビモデルなど、利用シーンに応じたモデルを用意する。(2012/1/12)

2012年PC春モデル:
“お風呂テレビ”対応の防水10.1型タブレット、セキュリティ強化のWi-Fi版──「ARROWS Tab Wi-Fi」
ARROWS Tabより、LTEの代わりに指紋センサーを内蔵した防水タブレットが登場。10.1型サイズでデュアルコアOMAP 4430、防水性能、軽快動作「サクサクタッチパネル」などを継承して採用する。(2012/1/12)

2012年PC春モデル:
富士通、「FMV」春モデルと「ARROWS Tab」Wi-Fi版を同時発表
富士通は「FMV」ブランドの個人向けPC春モデル、および防水Androidタブレット端末「ARROWS Tab」のWi-Fi版を1月19日より順次発売する。(2012/1/12)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。