ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「パーソナライズ」最新記事一覧

クラウドやコラボレーションの役割に変化か
ユーザーが注目、Microsoftに買収されたLinkedInの次のアクションは?
MicrosoftのLinkedIn買収で、どのようなクラウドアプローチが登場することになるのか。それはマイクロサービスに近いモデルで、従業員のニーズに合わせてもっとパーソナライズしたものになるだろう。(2016/11/16)

データサイエンスでブランド体験を最適化する:
「Teradata Customer Journey Analytic Solution」が提供開始
Teradataは、データサイエンスによりパーソナライズ化したブランド体験を包括的に提供する「Teradata Customer Journey Analytic Solution」を発表した。(2016/10/7)

Google、オフラインで使えるパーソナライズド旅行ガイドアプリ「Trips」をiOS/Androidで公開
「Google Trips」は、Gmailでの宿泊先やフライトの予約情報やGoogleマップの情報と連係し、旅行に必要な情報をまとめるiOS/Androidアプリ。まだ日本語化はされていないが、オフラインでも宿泊先や目的地の地図を表示できる。世界200都市については、1日観光プランなども提示する。(2016/9/20)

クリエイティブを自動最適化:
ダイナミックネイティブアド「カメレオン」がレコメンド広告サービス「ホットビュー」と連携
ヒトクセは、ダイナミックネイティブアドの「カメレオン」で、レコメンド広告サービス「ホットビュー」と連携した。パーソナライズされ、サイトにも最適化したクリエイティブが自動生成できる。(2016/9/6)

高精度なパーソナライズでCPAが3分の1に 富士通のビッグデータ対応プロモ支援サービスで
富士通は、ビッグデータを統合・分析し、企業のプロモーション施策を高度化する「DMPインテグレーションサービス」を発売した。顧客一人一人の購買・行動履歴に基づいた最適なプロモーションを提案し、企業のビジネス拡大を支援する。(2016/8/25)

Amazon、「プライムラジオ」スタート ジャンル別に聴き放題、好みに合わせてパーソナライズ
Amazonプライム会員向けの音楽サービス「Prime Music」にジャンル別に聞ける「プライムラジオ」が加わった。(2016/4/22)

米サンデースカイと協業:
電通、パーソナライズド動画の制作・配信サービスを提供開始
電通と電通テックは2016年3月8日、米サンデースカイと協業し、顧客エンゲージメントを高めるパーソナライズド動画の制作・配信サービスを提供すると発表した。(2016/3/8)

動画でワンツーワンマーケティングを実現:
ピツニーボウズ、対話式のパーソナライズドビデオ「EngageOne Video」を発表
ピツニーボウズは2015年10月27日、顧客の選択や反応に合わせた動画を提供することで顧客体験の向上を実現するソリューション「EngageOne Video」を発表した。(2015/10/28)

CEATEC 2015:
デンソーの小型EVはカーシェアリング向けを想定、「パーソナライズ」が鍵
デンソーは、「CEATEC JAPAN 2015」において、カーシェアリングでの利用を考慮した小型電気自動車(EV)向けプラットフォームを展示した。鍵になるのがユーザーごとの「パーソナライズ」だ。(2015/10/7)

IoTデータプラットフォーム「Salesforce IoT Cloud」発表 顧客に合わせてリアルタイムにパーソナライズ、「ビジネスのやり方が変わる」
米salesforce.comがIoTデータプラットフォーム「Salesforce IoT Cloud」を発表した。顧客情報とIoTデバイスやセンサーデータを連携し、営業やマーケティングに役立てる。(2015/9/18)

【連載】パーソナライズドビデオ入門 第3回:
初めてのパーソナライズドビデオ導入、自社に合ったツールをどう選ぶ?
今回は実際にパーソナライズドビデオを導入するにはどうすればいいのか。導入前に考えるべきことと実際にツールを選ぶ際のポイントについて整理します。(2015/9/18)

ワンツーワンマーケティングを動画で実現:
博報堂アイ・スタジオ、動画マーケティングの「再生商店」をパーソナライズド動画制作サービスと連係
博報堂アイ・スタジオは2015年9月8日、同社のネット動画マーケティングソリューション「再生商店」にlivepassが提供するパーソナライズド動画制作サービス「livepass Catch」を連係させた新サービスの提供を開始した。(2015/9/9)

【連載】パーソナライズドビデオ入門 第2回:
「あなただけのビデオ」を瞬時に自動生成するテクノロジーとは?
ネットだからこそ可能な動画配信手法「パーソナライズドビデオ」。その特徴や効果については前回説明しました。今回は、パーソナライズドビデオの仕組みについて、技術的な視点から説明します。(2015/8/3)

Google、Gmailのスパムフィルターに人工ニューラルネットワークを採用
機械学習の実用化を進めるGoogleが、Gmailのスパムフィルターに人工ニューラルネットワークを採用した。ユーザーによってスパム判定をパーソナライズする機能も追加した。(2015/7/13)

視聴完了率は80%:
大和ハウス工業も採用するパーソナライズド動画サービス「livepass Catch」がスタート
livepassは6月18日、特許出願技術を活用したパーソナライズド動画サービス「livepass Catch」の提供を開始した。(2015/6/19)

動画マーケティングの新潮流:
顧客ごとに内容の異なる動画を対話式で配信
ピツニーボウズ・ソフトウェアは2015年6月4日、最新のビデオソリューション「パーソナライズド・ビデオ」をリリースした。(2015/6/4)

IBMとFacebook、ブランド向け広告ツール提供で業務提携
IBMがAppleやTwitterに続けてFacebookとも業務提携を結んだ。両社の顧客企業はFacebookのビッグデータとIBMの解析ツールを使って潜在顧客を特定し、パーソナライズ広告を表示できる。(2015/5/8)

インフォグラフィックスで分かる
“医療ビッグデータ”の主役に躍り出た「IBM Watson」に死角はないか
「IBM Watson Health」では医師が健康データや情報にアクセスして治療をパーソナライズできる。最高情報責任者(CIO)にとってはどのようなチャンスがあるのか。(2015/5/8)

パーソナライズド動画を自動で生成・配信:
クリエ・ジャパン、ユーザーに最適化した動画を自動生成するサービスを提供開始
クリエ・ジャパンは4月6日、動画を使ってユーザーごとにパーソナライズされたメッセージを発信するマーケティングソリューション「PRISM」の提供を開始した。(2015/4/6)

オフラインのコンバージョン情報をオンラインへ:
MarketoがGoogleサービスと連係――広告のパーソナライズを推進
米Marketoは2015年4月2日、同社の「エンゲージメントマーケティングプラットフォーム」とGoogle AdWords、Google アナリティクスを連係させるためのソリューションを発表した。(2015/4/3)

自然に関心を持つ話題は:
トッパン・フォームズ、DMに関する脳科学実験の結果を発表
トッパン・フォームズは1月21日、国際医療福祉大学教授の中川雅文医学博士監修の下で実施したダイレクトメール(DM)に関する脳科学実験の結果を発表した。「人はDMにおけるパーソナライズされた情報、すなわち自分に向けられた個別の情報には、強く読み込むことなく、ごく自然に関心を持つ」ということが、脳の生体反応レベルで判明したという。(2015/1/22)

エンゲージメント強化を実現:
スイスの大手銀行PostFinance、SAS Marketing Automationでマルチチャネルのパーソナライズ化を実現
SAS Institute Japanは11月19日、スイスの大手銀行PostFinanceがSAS Marketing Automationを導入したことを発表した。(2014/11/20)

複数デバイス活用のユーザー履歴を把握:
リターゲティング広告のCriteo、クロスデバイス対応パーソナライズ広告配信ソリューションを発表
リターゲティング広告配信サービスを手掛けるCriteoは11月5日、クロスデバイス対応の広告ソリューションを全世界で提供していくことを発表した。(2014/11/5)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン:
第45回 費用ゼロで1億円超えのメディア露出効果! ドールが東京マラソンで配ったパーソナライズ化された「バナナ」?!
食品メーカーのドールが新ブランドのバナナを宣伝するために「パーソナライズ化」されたバナナをゴール後に配布した。果たしてどのようなバナナか――。(2014/10/8)

MSNが「20年で最大」のリニューアル 全世界でデザイン統一、マルチデバイス対応 パーソナライズ機能も強化
マイクロソフトのポータルサイト「MSN」がコンテンツ、デザインとも大幅リニューアルする。マルチデバイスに対応し、大手メディアと連携しコンテンツも拡充する。(2014/9/8)

Foursquare、チェックイン機能分離完了に向けてロゴも刷新
チェックイン機能を「Swarm」という別アプリに分離した新生Foursquareが間もなくリリースされる。新Foursquareはパーソナライズされたお勧めスポット検索アプリになり、ロゴも刷新される。(2014/7/24)

購入者に合わせて内容アレンジ、1冊ずつ異なるパーソナライズ小説「親愛なる」 いとうせいこうさん著
97年にメール配信のみで発表した“幻”の小説を紙の本として、しかもパーソナライズして販売します。(2014/6/19)

ホワイトペーパー:
マーケティング担当者のための「顧客体験のパーソナライズ化」の実現方法
企業のマーケティング活動においてもはや必須事項となった「顧客対応や顧客との対話のパーソナライズ」の方法について、事例を交えて分かりやすく解説。現在のマーケティングにおける重要課題を解決するために必要なソリューションの要件とは?(2014/5/15)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン:
第31回 超パーソナライズ化された買い物体験! スマホの自撮り写真で自分にあったブラジャーを見つけられるアプリが登場
これまで数多くの買い物体験のパーソナライズ化の試みが行われてきたが、これぞ“究極のパーソナライズ化”とも言える新しい買い物体験が、スマホと画像解析の技術によって実現された。「ThirdLove」はスマホで撮影した自撮り写真から、自分の胸のサイズにあったブラジャーを見つけてきてくれる。(2014/3/7)

ソーシャル雑誌アプリのFlipboard、パーソナライズ雑誌アプリのZiteを買収
ニュースキュレーションアプリのFlipboardが、競合するZiteを買収する。Ziteの高度なパーソナライズ機能がFlipboardに統合され、Ziteの提供は終了する。(2014/3/6)

【連載】海外事例に学ぶマーケティングイノベーション:
第16回 手軽に楽しく、パーソナライズされたコミュニケーション――2014年のマーケティングトレンド
ソーシャルメディアで交わされるコミュニケーション作法を注意深く観察すると、デジタルマーケティングのヒントが見えてくる。ポイントは「ディスポーザル・コンテンツ」「ブランド・バンター」「細分化社会コミュニティ」の3つ。手軽に、楽しく、そしてパーソナライズされたコミュニケーションが2014年のマーケティングトレンドだ。(2014/1/28)

キーワードは「パーソナライズ」:
2014年にやるべきカスタマー・リレーションシップ3カ条
EnterpriseAppsTodayに掲載された記事に、良きカスタマー・リレーションシップを築くため押さえるべき3つの手段を挙げている。そのキーワードとなるのは「パーソナライズ」だ。(2013/12/19)

読者ごとに内容を変えたオーダーメイド本を出版できる「パーソナライズド出版システム」
BCCKSが、読者の注文に応じて内容が変わる本を、紙と電子で出版できる「パーソナライズド出版システム」を開発。初回導入例として、世界で一冊のオリジナル鑑定書が届く鏡リュウジ鑑定書『星がたり〜あなたのすべて〜』がスタートしている。(2013/12/13)

中村伊知哉のもういっぺんイってみな!(39):
親子丼とギョーザとカルボナーラの定食を設計する――マルチなメディアとデバイスとパーソナライズ
“私は”親子丼とギョーザとカルボナーラを一緒に食べたい。を、あなたに代わって設計することこそが、これからのマルチなメディアに求められること、らしい。(2013/11/1)

中村伊知哉のもういっぺんイってみな!(39):
親子丼とギョウザとカルボナーラの定食を設計する〜マルチなメディアとデバイスとパーソナライズ
“私は”親子丼とギョウザとカルボナーラを一緒に食べたい。を、あなたに代わって設計することこそが、これからのマルチなメディアに求められること、らしい。(2013/10/25)

一生に一度のチャンス!:
3ステップで実現できる? パーソナライズ・マーケティングとは
ClickZ.comに掲載された記事「さようなら、総一般化の時代:ソーシャルデータはいかにすべてを変えていくのか」が注目されている。「ソーシャルメディアに主導権が移ってきたこの時代、マーケターにとっては一生に一度の大チャンス」と捉えているようだ。(2013/10/18)

Twitter、公式モバイルアプリにお勧め情報のプッシュ通知を追加
iOSおよびAndroid版Twitterアプリに、パーソナライズしたお勧め情報をプッシュ通知する機能が追加された。(2013/9/25)

「Google Chrome 29」の安定版リリース 危険度「高」の5つの脆弱性に対処
GoogleのWebブラウザがバージョン29にアップデートされ、検索候補がよりパーソナライズされた他、Android版(数日中にアップデートされる予定)はWebRTCをサポートする。(2013/8/21)

米消費材業界の事例に見る最新マーケティング事情:
顧客を深く理解する――彼らはどういう経緯でその商品にお金を払ったのか
米消費材メーカーでは、「マスマーケティング」から「顧客ごとにパーソナライズしたマーケティング」にそのアプローチをシフトし始めている。テクノロジーの発展に伴い、膨大なデータを基にしたデータ分析が可能になったことで、顧客特性に合わせた有益なサービスを生み出し、それが結果的に効果的なマーケティング活動につながっているのだ。消費材業界のマーケティングに長年携わる米オラクルのキャレイ・ウォン氏が米国のマーケティング事情を語る。(2013/1/31)

【連載】海外デジタルマーケティングトレンドウォッチ:
弱小マーケティングチームがビッグデータを活用する方法
予算が少なくて、大企業が実施するようなパーソナライズサービスを活用したマーケティングなんてムリ、と思っていませんか? そんなことありません! なにごともアイデア次第なんです。フリーライター 沙倉芽生(さくらめい)氏が米国のデジタルマーケティング系ブログから最新トレンドをピックアップして紹介します。(2012/7/26)

Twitter、「トレンド」もパーソナライズ化 「おすすめ」に続き
リアルタイムの流行を表示する「トレンド」に、ユーザーが誰をフォローしているかが反映されるようになる。(2012/6/13)

Google、Gmailにパーソナライズしたインクリメンタル検索機能を追加
Gmailに、メールデータに基づいてパーソナライズされたインクリメンタル検索機能が追加される。日本語で利用できるようになるのは数カ月先になる見込みだ。(2012/5/22)

Twitter、「おすすめ」のパーソナライズ化を発表
TwitterがユーザーのWebサイト閲覧履歴に基づいた「おすすめユーザー」のパーソナライズ化を始める。「Do Not Track」機能を有効にしているか、デフォルトで有効になっている履歴収集設定を無効にすればパーソナライズ化はされない。(2012/5/18)

Twitter、「見つける」タブをよりパーソナライズ
Twitterの「見つける」タブの「最近の話題」に自分がフォローしている人がツイートした話題が優先的に表示され、その話題に関するツイートを表示できるようになった。(2012/5/2)

Adobe Digital Marketing Summit 2012:
消費者はパーソナライズを求めている?――Adobeが示すマーケティングの“3本柱”
Adobeは、デジタルマーケティング分野の年次カンファレンス「Adobe Digital Marketing Summit 2012」を開催。オープニングセッションでは「パーソナライズ」に主眼を置いた同社のマーケティング製品戦略と、3つの新製品が紹介された。(2012/3/23)

検索ユーザーの65%がパーソナライズ化は悪と回答――Pew Internet調べ
検索エンジンがユーザーデータを追跡し、検索結果やターゲティング広告に反映させることについて、ユーザーの6割以上が「良くない事」だと答えた。(2012/3/12)

Google、プライバシーポリシーと利用規約を更新へ データの横断収集でターゲティングを強化
GmailやGoogle検索、Googleマップなどでのユーザー情報を1つにまとめることで、ターゲティング広告の関連性を高め、パーソナライズしたコンテンツを提供できるとしている。(2012/1/25)

Google、検索結果にGoogle+のデータを利用したパーソナライズ機能を追加
Google+のアカウントを持っていてもいなくても、検索結果にGoogle+の情報が反映されるようになる。トグルボタンで従来の検索結果のみを表示することも可能だ。(2012/1/11)

IBM、恒例の“5つの未来予測”2011年版を発表
広告のパーソナライズ化でジャンクメールは貴重な情報になり、脳波センサーヘッドセットで読心術が可能に――。IBMが自社技術を絡めた未来予想を披露した。(2011/12/20)

インディー作家とソーシャルメディア
簡単かつパーソナライズされた電子自主出版形態が登場したことは、一方で自著を宣伝するために多くの労力を割くつもりでいなければならないことも意味している。作家はソーシャルメディアをどう利用すべきか。(2011/8/19)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。