ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「貧困」最新記事一覧

内定ブルーになったとき――キャリアカウンセリングで話すこと
10月1日は新卒学生の多くが一斉に入社内定式などに臨む、社会人としてのキャリア確定の日です。この時期は、苦労して勝ち取った内定にもかかわらず、せっかく獲得した内定に悩んでキャリアカウンセリングに訪れる学生も少なくありません。(2016/9/29)

スピン経済の歩き方:
700万円を遊興費に使った市議が、メディアに「老後の不安」を漏らした理由
富山市の議員が白紙の領収書を使って政務活動費を着服していた問題で、これはスゴいなあと思う報道があった。不正を行った人が赤裸々に語っているので、多くの人は「いいインタビューだ」と思われたかもしれないが、筆者の窪田氏は違う視点で見ている。それは……。(2016/9/27)

塗るとパンが神秘的に? 青森発の”青色のりんごジャム” ヴィレヴァンオンラインに登場
初のネット販売で、ついに全国へ。(2016/9/12)

「4人に1人が本気で自殺したい」「5人に1人が身近な人を自殺でなくす」――日本財団が自殺に関する調査結果を発表
「自己有用感」「社会問題解決能力」「共感力」が自殺のリスクを抑える要因との分析も。(2016/9/8)

甲斐寿憲のキニナルモバイル:
インドネシアで日本の電子コミックは普及するのか
電子書籍の販売サイト「eBookJapan」を運営しているイーブックイニシアティブジャパンが、インドネシアでも展開している。人口増などで経済発展が見込まれるインドネシアで、日本の漫画は受け入れられるのか。同社の担当者に、勝算などを聞いた。(2016/9/5)

【連載】企業戦略としてのマーケティングオートメーション 最終回:
神田昌典×フィル・フェルナンデス(Marketo会長兼CEO)――「明日のマーケター」の役割について語り合う
マーケティングオートメーションの本質は単なる「効率化」にあらず。大好評連載の最終回は「日本一のマーケター」こと神田昌典氏とMarketo会長兼CEOフィル・フェルナンデス氏の対談を公開。(2016/9/1)

青いジャム&青いハーブティーが青森で誕生 神秘的とTwitterで話題となり品薄に 
販売会社「あおもり正直村」へ取材しました。(2016/8/20)

宇宙ビジネスの新潮流:
ビル・ゲイツや世界銀行も注目する衛星利用ベンチャーとは?
今、衛星利用ベンチャーが数千万ドル規模の投資を受けるケースが増えている。そこにはビル・ゲイツ氏や世界銀行などが注目する新技術があるからだ。(2016/7/23)

マネーの達人:
「ベーシック・インカム」は日本を元気にする秘策になるか
社会保障の1つに「ベーシック・インカム」という考え方がある。ベーシック・インカムとは、政府が全国民に最低生活保障として一定の現金を支給する政策のこと。今回は、日本を元気にする秘策として堀江貴文氏も提唱していたベーシック・インカムについて説明しよう。(2016/7/14)

省エネ機器:
「企業の環境対策」は事業に引き付けて考える時代に、NECが国連SDGsを導入へ
NECは新たに環境への取り組みとして、国際連合(以下、国連)で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」を導入し、より事業に引き付けた形で運営を進めていく方針を示した。(2016/7/6)

MicrosoftのナデラCEO、AI(人工知能)と人類の共栄について語る
Microsoftのサティア・ナデラCEOが、AI(人工知能)と人類は協力しあって社会問題を解決していけるが、そのためには守るべき指針があるとして、持論を展開した。(2016/6/29)

なぜ日本の学校にITが必要なのか【中編】
小学校の「プログラミング教育必修化」が必要なこれだけの理由
小学校での必修化の検討が進む「プログラミング教育」。なぜ必修化が必要なのか。世界の動向も含めてプログラミング教育を取り巻く状況を整理し、その理由を探る。(2016/6/23)

「朝食は体にいい」は食品会社が作り出した迷信?
「朝食向けの食品で健康になる」は食品会社の宣伝の結果であり、朝食抜きなら1日の摂取カロリーは減るのだが……。(2016/6/13)

生活保護世帯、過去最高に 高齢者が初の半数超
生活保護を受給した世帯が過去最高に。高齢者世帯が初めて全体の半数を超えた。(2016/6/1)

バラして見ずにはいられない:
帰ってきた防水、新しい放熱機構 「Galaxy S7 edge」の“中身”を分解して知る
防水ボディーが復活し、新しい放熱機構も搭載した「Galaxy S7 edge」。その中身を分解してレポートする。(2016/5/31)

返さなくていい「給付型奨学金」 どう考える?
返済の必要がない「給付型奨学金」の創設に向けた議論が活発化している。専門家に見解を聞いた。(2016/5/26)

山形豪・自然写真撮影紀:
アフリカゾウに迫る危機
アフリカを象徴するとも言える被写体であるアフリカゾウ。近年そのアフリカゾウの生息数が大きく減少している。その主たる原因は象牙をターゲットとした密猟だ。(2016/5/2)

実写映画「CUTIE HONEY -TEARS-」特報映像公開 三浦貴大ほか追加キャスト公開
スタイリッシュな新ハニーをチラ見。(2016/4/29)

コンテンツは質より量? 24時間テレビは「感動わんこそば」だ
地球を救う「愛」もだいぶおやすくなりました。連載「ネットは1日25時間」。(2016/4/24)

みのもんたがTwitterを開始 第一声は「早く飲みたいね!打ち上げまであと何時間?」
4月23日に始まるネット番組「みのもんたのよるバズ!」に関連して。(2016/4/20)

バラして見ずにはいられない:
iPhone 5s/6sと何が違う? 「iPhone SE」を分解してみた
iPhone 5sと同じデザイン・サイズで、iPhone 6s相当のスペックとなった「iPhone SE」。中身はどうなっているのか分解してみた。(2016/4/20)

ジャンプ+新連載「ファイアパンチ」の衝撃と迫力がネットを席巻中 「近年希に見るインパクト」「完璧な第1話」と大絶賛
意表を突く展開のオンパレード。(2016/4/19)

太陽光:
太陽光が支える情報教育インフラ、途上国の無電化地域に高速通信環境
情報通信研究機構(NICT)はカンボジアの電力インフラが整備されていない農山村地域で、高速データ通信環境の構築に成功した。NICTの開発した独自のネットワークシステムを、災害用太陽光発電システムと蓄電池を使ったオフグリッドシステムを活用して自立稼働させている。これにより無電化地域でも従来人の手で運ばざるを得なかった教育コンテンツなどを瞬時に共有できるようになった。(2016/4/1)

法制度・規制:
電力全面自由化が再生可能エネルギーに与える影響は何か
2016年4月1日からの電力小売全面自由化を控え、発電事業者や小売事業者はどういう変化を意識し、準備を進めていかなければならないのか。新たに電力小売に参入したLooopは「電力自由化時代における再生可能エネルギーの位置付けと展望」と題したプレスセミナーを開催。電力小売全面自由化を受け、事業者の状況や生活者の意識がどう変わるのかを有識者のパネルディスカッションによって紹介した。(2016/3/24)

3分で読める 荻原博子の今さら聞けないお金の話:
高齢者の5人に1人が貧困 どうすれば老後を守れるのか
高齢者の貧困率が問題になっています。なぜ高齢者が貧困に陥ってしまうのでしょうか。私たちの老後はどう守ればいいのでしょうか。経済ジャーナリストの荻原博子さんが分かりやすく解説します。(2016/3/22)

事例に学ぶ、地方創生最前線:
財政破たんから3年、デトロイト再生に取り組む起業家は何をしているのか
かつて世界最大の工業都市として繁栄を謳歌した米国ミシガン州デトロイト。自動車産業の凋落とともに急激な人口減少と治安の悪化に見舞われた同市では、再生のためのさまざまな取り組みが進められている。(2016/3/11)

そっちの18禁かい! 18歳未満限定の「サロン18禁」が開催 メンバーがルールを決める
ちょっとうらやましい。(2016/3/8)

新連載・事例に学ぶ、地方創生最前線:
ハリケーンの被害から10年、ニューオリンズはどのようにして「再生」したのか
ジャズ発祥の地として名高いニューオーリンズ。米国ルイジアナ州最大の都市に2005年、ハリケーン・カトリーナが襲った。10年が経った今、現地はどのようにして「再生」したのか。(2016/3/2)

PR:まさに現代のゴールドラッシュ!――「dのオーラ」をまとい明るく楽しい錬金生活
「dの世界」の入口に立つことができたカネナシ。しかし、この世界の深さはまだまだこんなものじゃない。dポイントの「使う」「ためる」をマスターしなければ、dの神髄は味わえない。カネナシの運命や、いかに!?(2016/3/1)

世界を読み解くニュース・サロン:
フェイスブックの「無料サービス」は、本当に“中立性”を侵すのか
フェイスブックの無料ネットサービス「フリー・ベーシックス」に対して、各方面から反対の声が出ている。途上国でネットにアクセスできない人たちに対して、無料でネット接続を提供するというもの。素晴らしい取り組みのように感じるが、実は問題をはらんでいて……。(2016/2/18)

世界を読み解くニュース・サロン:
フランスで「食品廃棄禁止法」が成立、日本でも導入すべき意外な理由
フランスで「賞味期限切れ食品」の廃棄を禁止する法律が成立した。世界で類を見ない画期的な法律であると世界各地のメディアで取り上げられ話題になっている。課題もたくさんあるが、フランスのこの取り組みは日本でも参考になるのではないだろうか。(2016/2/12)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
FinTechの本質を見抜く3つの共通項とは何か
ますます過熱を帯びる「FinTech」の状況を見てきたが、それでもこのブームの姿は見えづらい。その本質をズバリ見抜いてみよう。(2016/2/5)

世界を読み解くニュース・サロン:
「最恐の殺人地域」を救うことができるのか 武器は日本の意外な“文化”
「中南米は危険」といった話を聞いたことがあると思うが、私たちが想像している以上に“危険”であるようだ。「世界で最も暴力的な都市2015年」を見ると、上位に中南米の都市がランクイン。こうした状況に対して、日本のある文化が期待されている。それは……。(2016/2/4)

デトロイトモーターショー2016 ダイムラーナイトレポート:
新型「Eクラス」は「Sクラス」に比肩、ダイムラーが2016年も攻勢へ
ダイムラーは「デトロイトモーターショー2016」の前夜祭イベント「ダイムラーナイト」で、2016年内に投入する新型「Eクラス」を披露した。自動車ジャーナリストの川端由美氏による、同前夜祭のレポートと新型Eクラスの詳細をお送りする。(2016/2/3)

スピン経済の歩き方:
「下流老人」「老後破産」報道の正しい受け取り方
「下流老人」「老後破産」といった言葉をよく目にするが、こうしたネガティブなワードを私たちはどのように受け止めればいいのか。筆者の窪田氏は……。(2016/2/2)

MVNOの深イイ話:
海外のMVNOから学ぶべきこと
MVNOは日本だけではなく世界各国で動いているビジネスモデルです。日本では、MVNOの契約回線数が1000万を超え、中でも格安スマホがブームとなっていますが、世界ではどんなMVNOがビジネスを展開しているのでしょうか。(2016/1/29)

3分で読める 荻原博子の今さら聞けないお金の話:
ギャンブル化した年金運用 それでも破綻しない年金の仕組みとは?
今回のテーマは「年金」。日本の年金は破綻しない仕組みにはなっているようですが……。(2016/1/18)

2016年 新春インタビュー特集:
ITの力で“人と企業の可能性”を最大限に引き出す――マイクロソフト・平野社長
2015年7月、「徹底した“変革”の推進」というメッセージを掲げてマイクロソフトの社長に就任した平野氏。2016年は、ITの力で「“地球上の全ての人と組織”に力を与える」取り組みを加速させるという。(2016/1/3)

歌い出し1秒で腹筋崩壊 「ヤギが歌うクリスマスソング」の破壊力がやばかった
メ゙ェ゙ェ゙ェ゙リークリスマス!(2015/12/22)

医療技術ニュース:
統合失調症の病名変更が新聞報道に与えた影響
東京大学は、過去約30年間の新聞記事2200万件をテキストマイニングで解析し、精神分裂病から統合失調症への名称変更が新聞報道に与えた影響を明らかにした。(2015/12/17)

厚労省の「所得が低い人は栄養バランスのよい食事をとる余裕がない」「健康への関心を高めて」発言が「貧困層あおってるのか」と話題に
バランスの取れた食事をしたいのはやまやまですが……。(2015/12/14)

子どもの貧困、改善しなければ2兆9000億円の経済損失に 日本財団が推計
子どもの貧困を放置した場合、現在15歳の1学年だけでも経済損失が約2兆9000億円に上るとの推計を日本財団が発表した。(2015/12/3)

どうする、危険地帯のファイル管理 世界銀行の解決策は
途上国に無利子で融資を行っている世界銀行は、危険地帯での交渉も多い。紛争や自然災害などといった事態に直面しても、安全、確実に業務をこなすための同行のファイル管理術とは。(2015/11/16)

金曜インタビュー劇場(藤原和博さん):
今からでも遅くない? 年収200万円と800万円の分かれ道
サラリーマンの給料が減っていく――。このような話を聞くと、不安を感じる人も多いのでは。人口減少などの影響を受け、大幅な経済成長が見込めない中で、私たちはどのように仕事をしていけばいいのか。リクルートでフェローとして活躍された藤原和博さんに聞いた。(2015/11/13)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン 第69回:
住まい探しに訪れたところ、まさかの“スラム物件”を案内されて――TECHOが仕掛けた動画+ソーシャルグッド事例
米ニューヨークのアパートの一画にモデルルームがオープンした。この地に住まいを探しにやってきた人々がそこで目にした驚くべきものとは?(2015/10/26)

FacebookのザッカーバーグCEO、国連総会でスピーチ
Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOがニューヨークで開催の国際連合総会に出席し、貧困をなくすために世界中をインターネットで結びつけようと呼び掛けた。(2015/9/27)

PR:スクープ満載! 週刊文春10月1日号の主なラインアップ
政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載の売り上げNo.1(日本雑誌協会発表)の総合週刊誌、今週の注目記事はこれ!(2015/9/24)

「1分間の沈黙」がオーストリアのiTunesで発売前にもかかわらず1位に 難民待遇への抗議として
現代の“4分33秒”。(2015/8/22)

ひとり親世帯の貧困率は54.2%
ふたり親世帯の11.8%、ひとり親世帯の27.3%は暮らしが「大変苦しい」と回答していることが、労働政策研究・研修機構の調査で分かった。(2015/7/28)

貧困は子どもの脳にも“格差”を作る 米研究
子どもの脳の発達は家族の収入など社会経済的要因と関係しているという研究結果。(2015/4/1)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。