ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  Q

Quadro に関する記事 Quadro に関する質問

「Quadro」最新記事一覧

TSUKUMO、国内初のQuadro K6000搭載グラフィックスWS
Project Whiteは、ミドルタワー型筐体を採用するハイエンド構成のデスクトップWS「QA9J-F61/S」を発表した。(2014/4/10)

Pascal、Erista、TITAN Z:
NVIDIAが最新GPU/モバイルSoCのロードマップを披露――GTC 2014基調講演まとめ
GPU技術会議「GPU Technology Conference 2014」のオープニングキーノートを振り返りつつ、ポイントをまとめた。(2014/3/27)

ストーム、Xeon E5×2基+Quadro搭載のデスクトップWS
ストームシステムテクノロジーは、Xeon E5×2基とQuadro K2000を標準搭載したデスクトップWS「Storm Atlantis XL XDP-2011 Quadro SP」を発売した。(2014/3/25)

1199ドルからの「Precison M2800」投入:
格安モデルで「全エンジニアにワークステーション」を狙うDell
Dellはこの春、1199ドルからと低価格なモバイルワークステーション「Precison M2800」を発売する。同社ワークステーション事業部のトップが語る戦略とは?(2014/3/17)

CAD関連ニュース:
タブレットで3次元CADを扱う時代に! パナソニックの20型4Kタブレット新製品
パナソニックは、20型 4K IPSα液晶パネルを搭載した企業向けタブレット端末「TOUGHPAD 4K」UT-MA6シリーズを発売する。従来モデルより画像表示機能や処理機能を強化し、3次元CADソフトをモバイル環境で扱えるようにするという。(2014/3/14)

最強クラスのモバイルCADワークステーションへ:
パナソニック、「4Kタブレット」に高性能GPU搭載の強化モデル──“7”搭載モデルも追加
パナソニックの4Kタブレット「TOUGUPAD 4K」に、CAD/CAM、3Dグラフィックス制作など高度な業務への導入に向けた高性能モデルが追加される。CADソフトウェアユーザーのニーズに応じ、Windows 7インストールモデルも用意する。(2014/3/13)

サイコム、Quadro搭載デスクトップWS「Lepton」の送料無料キャンペーンを開始
サイコムは、同社製デスクトップWS「Lepton」シリーズを対象とした送料無料キャンペーンを実施する。(2014/2/28)

サードウェーブデジノス、デジタル映像制作向けの高性能ワークステーション「Raytrek XE-Ae」
CPUに「Xeon E5-2687W v2」、GPUに「Quadro K4000」、ストレージにデータセンター向けの「Intel SSD 910」を採用。(2014/2/27)

3DCGの達人がサイコムを試す:
壇蜜の3Dモデルを生んだIKEDA氏が語る――「3倍速い」クリエイター向けミドルタワーの魅力
3DCGや映像などの制作現場に向けて、サイコムが発売しているミドルタワー「Lepton WS2300Z87-M」。その実機をクリエイターが使ったらどう感じるのか。タレントの壇蜜さんを3Dモデル化して話題になったIKEDA氏にチェックしてもらった。(2014/2/27)

TSUKUMO、Quadro搭載で4K出力にも対応したハイスペックPCを発売
Project Whiteは、同社製BTOデスクトップPCのラインアップにQuadro K4000搭載のハイスペック構成モデルを追加した。(2014/2/27)

まだあわてる時間じゃない:
XPサポート終了目前!! 短納期のドスパラでビジネスPCを選ぶ
Windows XPのサポート終了や消費税が増税される4月にあわせてPCのリプレースを進めている企業は多い。え、まだ? でも大丈夫、ドスパラなら余裕で間に合います。(2014/2/6)

サードウェーブデジノス、Xeon E5採用のクリエイター向けハイエンドPC
サードウェーブデジノスは、WS向け8コアCPUとなるXeon E5-2687W v2を採用したハイエンドデスクトップPC「Raytrek IV-X K4000」を発売する。(2014/1/23)

マウスコンピューター、SSD RAID構成やQuadro搭載にも対応したクリエイター向けミニタワーPC
マウスコンピューターは、法人向けPC「MousePro」ブランドのラインアップにクリエイター/エンジニア向けとなるミニタワー型デスクトップPC「MousePro T」シリーズを追加した。(2014/1/20)

2014 International CES:
4K液晶ノート、低価格なChromebook、謎の“5in1”PCなど──東芝の意気込みはPC分野にも
2014 International CESの東芝ブースは、国内メーカーでは初となるChrome OS搭載「Chromebook」を公開。また4Kディスプレイ搭載PC、さらに“5in1”な変形ノートPCをコンセプトモデルとして参考展示した。(2014/1/10)

マウスコンピューター、4K出力もサポートした高解像度作業向きのQuadro搭載ハイスペックノート
マウスコンピューターは、高解像度映像編集向けとなるQuadro搭載ノートPC「MousePro NB9」シリーズを発表。4K出力や3画面出力も標準で対応する。(2014/1/8)

サイコム、キューブから水冷タワーまでプロ向けワークステーションを発表
サイコムからIntel Xeon-E3とNVIDIA Quadroを組み合わせたプロフェッショナル向けワークステーションが登場。タワー型とミニタワー型、キューブ型の3モデルを用意する。(2013/12/13)

マウスコンピューター、Quadro K3000Mを標準搭載した高機能ノートPC――4K液晶とのセットモデルも
マウスコンピューターは、グラフィックスコアとしてQuadro K3000Mを採用した映像製作向けノートPC「MB-P9300」シリーズの販売を開始する。(2013/12/10)

タブレットよりも推される理由がある
マニアが熱狂するモバイルワークステーションの魅力とは?
CPU/GPUなどの性能が上がり、汎用PCとワークステーションとの境界が曖昧になった。しかし、高度な描画処理と携帯性の両立を求めるユーザーの間では、決して安いとはいえないモバイルワークステーションが人気だ。(2013/12/4)

富士通、ハイブリッドHDDの搭載にも対応したQuadro搭載モバイルWS「CELSIUS H730」
富士通は、同社製の企業向けWS「CELSIUS」シリーズのラインアップにハイスペック構成のノート型モデル「CELSIUS H730」を追加した。(2013/11/28)

“仕事”にこだわるあなたへ:
PR:これがWindows 7搭載可能な“Endeavor史上最高峰”シリーズ──「Endeavor Pro8000」の超高速構成に酔いしれる
エプソンダイレクトのEndeavor Pro8000は、開発コード名:Ivy Bridge-Eで知られる超ハイエンドCPUを採用した同社最高峰のタワー型PCだ。ヘビーユーザーがうらやむハイスペックの魅力に迫る。(2013/11/26)

サードウェーブデジノス、最新Xeonと高速SSDを搭載した4K映像編集用マシンを「Inter BEE 2013」に展示
サードウェーブデジノスは、超高解像度映像のリアルタイム編集用PCとして、「Raytrek XE-Custom」を国際放送機器展「Inter BEE 2013」で展示している。価格は94万9980円。(2013/11/14)

デル、Quadro K1100Mを装備したハイスペックモバイルWS「Precision M3800」
デルは、15.6型ワイド液晶を内蔵したモバイルWS「Dell Precision M3800」を発表。3200×1800ドット表示対応液晶モデルも用意している。(2013/11/11)

MousePro、Quadro K3000Mを搭載した映像編集向けハイスペックノートPC
マウスコンピューターは、法人向けPC「MousePro NB」シリーズのラインアップにQuadro K3000Mを標準搭載したプロフェッショナルモデルを追加した。(2013/11/11)

NEC、Quadro搭載にも対応したスリム筐体採用の小型WS「Express5800/52Xa」
NECは、コンパクト筐体を採用したデスクトップWS「Express5800/52Xa」を発表。省スペースモデルながらQuadro K600の搭載にも対応する。(2013/10/24)

サードウェーブデジノス、法人向けデスクトップ「Diginnos Biz」にQuadro搭載モデルなど4機種を追加
サードウェーブデジノスは、同社製の法人向けデスクトップ「Diginnos Biz」シリーズのラインアップにQuadro K600搭載モデルなど計4機種を追加した。(2013/10/17)

2013年PC秋冬モデル:
CPUをHaswell世代に刷新、2880×1620ドット液晶も選択可能に――「ThinkPad W540」
モバイルワークステーション「ThinkPad W」シリーズは約1年ぶりのモデルチェンジで、CPUを最新世代に刷新したほか、キーボードにテンキーを追加。フルHD越えの高解像度液晶、Thunderboltポートといった魅力的なオプションも選択できるようになった。(2013/10/16)

2013年PC秋冬モデル:
ビジネスPC「ThinkPad」新モデル一挙8シリーズ──“3K出力”対応のT、“着脱Wバッテリー仕様”のXなど
レノボ・ジャパンがビジネスPC「Think」シリーズの新モデルを投入。企業導入事例の多い12.5型ビジネスモバイル「X240」、上位構成で高解像度のプレミアムノート「T440p」、企業ニーズを意識したメインストリーム「L440」、そして新基軸の携帯できるサブディスプレイ「ThinkVision LT1423p」などを用意する。(2013/10/16)

Endeavor最高峰シリーズがリニューアル、Ivy Bridge-E+最大64Gバイトメモリを搭載可能──「Endeavor Pro8000」
エプソンダイレクトが、Endeavorシリーズの最高峰モデルをリニューアル。Ivy Bridge-E構成、64Gバイトメモリ、512GバイトSSD RAIDなどハイエンドクラスの構成でオーダー可能だ。(2013/10/8)

14型Ultrabook、30型ワイドの液晶ディスプレイも登場:
「日本も世界もシェア1位、それでもハングリー精神は忘れない」――日本HPの新ワークステーション発表会
日本HPがワークステーション製品のモデルチェンジを行った。製品群のブランドを「Z」に統一し、高いクオリティの製品を目指し続けることをアピールした。(2013/10/3)

マウスコンピューター、IvyBridge-E搭載の映像編集向けハイスペックPC
マウスコンピューターは、同社製デスクトップPC「MDV ADVANCE」シリーズのラインアップにIvyBridge-E+Quadro搭載モデル搭載モデルを追加した。(2013/9/30)

サードウェーブデジノス、IvyBridge-E+Quadro搭載のクリエイター向けPC
サードウェーブデジノスは、クリエイター向けPC「Raytrek」シリーズのラインアップに、Quadro搭載の高機能モデル「Raytrek Quadro K」シリーズを追加した。(2013/9/27)

ユニットコム、“IvyBridge-E”搭載のクリエイター向けハイエンドPCを発売
ユニットコムは、「Tuned by TWOTOP」ブランドのクリエイター向けのハイエンドデスクトップPC「Art Expert」シリーズ2製品を発売する。(2013/9/18)

新Ultrabook「Latitude 7000」シリーズが登場:
前年比20%超成長でシェア急拡大のデル、新ビジネスPC投入で“逆襲の第2章”へ
デルがビジネス向けPCのラインアップを一新。CPUを“Haswell”世代に刷新したほか、堅牢かつ軽量なUltrabookなどの新製品を投入し、国内法人PCシェアを一気に高める狙いだ。(2013/9/13)

Lenovo、2880×1620ドット表示対応の新ThinkPad──「ThinkPad W540」「ThinkPad T550p」など
Lenovoが、“3K”解像度対応のThinkPad ビジネスノートPC/ワークステーションを発表。15.6型のThinkPad W540とThinkPad T540pは2880×1620ドット表示のディスプレイを搭載する。(2013/9/11)

レノボ、新デザイン筐体を採用したXeon E3対応のエントリーWS「ThinkStation E32」
レノボ・ジャパンは、最新のXeonプロセッサ搭載に対応したエントリーWS「ThinkStation E32」シリーズを発表した。(2013/9/3)

日本HP、Xeon E3搭載のエントリーWS「Z230」シリーズを発表
日本ヒューレット・パッカードは、Xeon E3を標準搭載したスリム/ミニタワー型WS「HP Z230 SFF Workstation」「HP Z230 Workstation」を発売する。(2013/8/28)

安くてちっちゃい、でもHaswell版Xeon+Quadro搭載:
「Precision T1700 SFF」はクリエイター候補生の“鉄板”マシンか?
「Precision T1700 SFF」は、デルが個人にも販売しているクリエイター向けのエントリーワークステーション。家庭用デスクトップPCとは一味違う性能と小型ボディ、メンテナンス性の高さに注目だ。(2013/7/31)

NVIDIA、ビジュアルコンピューティングGPUの最上位モデル「NVIDIA Quadro K6000」
VIDIAはQuadroのフラッグシップモデルとして「Quadro K6000」とモバイル向けの「Quadro K4100M」などを発表した。(2013/7/24)

東芝、Quadro搭載の企業向け15.6型モバイルWS「dynabook Satellite WS754」
東芝は、15.6型フルHD液晶を内蔵するモバイルワークステーション「dynabook Satellite WS754」を発表。グラフィックスコアとしてQuadro K2100Mを搭載している。(2013/7/24)

サードウェーブデジノス、Xeon E3+Quadro搭載のクリエイター向けハイスペックPCを発売
サードウェーブデジノスは、クリエイター向けPC「Raytrek」シリーズのラインアップにQuadro K2000搭載モデル「Raytrek LTx」を追加した。(2013/7/19)

富士通、企業向けPCワークステーションの最新モデルを発売
企業向けPCワークステーション「CELSIUS」シリーズの最新モデルを発表した。(2013/7/10)

富士通、企業向けWS「CELSIUS」にXeon E3採用のミニタワー/スリム筐体モデルを追加
富士通は、企業向けWS「CELSIUS」シリーズの新モデル2製品を発表。最新のXeon E3シリーズを搭載可能となっている。(2013/7/10)

フェイス、Quadro K2000搭載のハイスペックデスクトップ「INSPIRE i7AZ8QK2000」など6製品
ユニットコムは、Quadro搭載のハイスペックデスクトップPC「INSPIRE i7AZ8QK2000」など6モデルを発表した。(2013/7/4)

TSUKUMO、クリエイター向けのQuadro搭載PCに第4世代Coreプロセッサ採用モデルを追加
Project Whiteは、グラフィックスカードとしてQuadro K600/K2000を採用したクリエイター向けデスクトップPC計2モデルを発売する。(2013/6/18)

Haswell構成で8万円台から、ダウンサイズニーズに応えるミニタワーDT──「Endeavor MR7200」
エプソンダイレクトが、インテルの第4世代Core搭載デスクトップシリーズの新モデル「Endeavor MR7200」を追加。PCのダウンサイズニーズに応えるオフィスシーン向けとしてHaswell搭載構成で8万円台から用意する。(2013/6/18)

富士通、1Uラック型ワークステーションを発売 リモートアクセスに対応
富士通は、1Uサイズのラックマウント型ワークステーションを6月中旬から出荷する。(2013/6/12)

1000W電源を選択可能:
“最強構成”でオーダーできる、第4世代Core搭載ハイパワーPC──「Endeavor Pro5500」
エプソンダイレクトがHaswell搭載のハイスペックデスクトップ「Endeavor Pro5500」を発表。Intel Z87マザーと拡張性豊かなミドルタワーケースを採用し「よりハイパワー」を望む層に訴求する。BTOで1000ワット電源も選択可能。(2013/6/11)

サードウェーブデジノス、Quadro搭載クリエイター向けPC「Raytrek」に第4世代Coreプロセッサ採用モデルを追加
サードウェーブデジノスは、Quadro搭載グラフィックスカードを標準装備したクリエイター向けデスクトップPC「Raytrek LC」シリーズ2製品を発売する。(2013/6/10)

「Dell Graphic Pro」発表会:
デル史上最高の27型オールインワンPC――Adobe RGBカバー率99%の新型「XPS 27」が登場
デルは、Adobe製品をプリインストールしたクリエイティブ用途向けブランド「Dell Graphic Pro」に、第4世代Coreプロセッサーを搭載した「XPS 27」と「XPS 8700」を追加した。(2013/6/4)

第4世代Core+3画面出力対応の高性能スリムデスクトップ──「Endeavor MR4400E」
エプソンダイレクトがHaswell搭載の高性能デスクトップPC新シリーズ「Endeavor MR4400E」を投入。省スペース志向のスリムタワーボディを採用し、標準で3画面出力をサポートする。価格は9万5340円から。(2013/6/4)



オープンソースのSSL/TLS実装である「OpenSSL」に深刻な脆弱性が見つかった。エンドユーザーが解決できる問題ではないが、利用しているサービスの対応状況の確認や対応後のパスワードの変更など、慎重な姿勢が求められる。便乗するスパムメールにも注意が必要だ。

通信キャリアのMVNOとして月額1000円を切る格安SIMを提供するサービスが増加している。これまで日本ではほとんど存在感がなかったSIMフリーの端末にも、この動きに合わせて注目が高まっている。

ソフトバンク傘下で6月に合併予定のイー・アクセス、ウィルコムを、同じタイミングでヤフーが買収することとなった。これまでのサービスを引き継ぎつつ、Android端末を中心に展開し、自社のサービスとの連携を図っていくようで、「インターネットキャリア」を標榜している。