ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「定年」最新記事一覧

60歳以上の7割が就労を希望:
定年後に別の企業で「顧問」として働きませんか? シニア紹介サービスが大受け
経験豊富なシニア層の退職を機に、ベンチャーや中小企業の「顧問」として紹介するサービスが登場している。少子高齢化で個人の働く年数が延びる中、シニア層の「顧問」は、新しい受け皿として注目されている。(2016/8/16)

「定年まで働きたい」社会人1年生は3割、2年生は?
最初に就職した会社で、どのくらいの期間働きたいですか? 社会人1〜2年目の男女に聞いたところ……。ソニー生命保険調べ。(2016/4/14)

モノづくりは国の底力:
ソニー定年退職の64歳、DMM.make AKIBAで伝えるモノづくりの極意
ソニーを定年退職後、DMM.make AKIBAで若手のサポートを行う“技術顧問”がいる。「モノづくりの復権」という志を胸に、長年の知識と経験で若手を導く阿部潔氏に話を聞いた。(2015/9/28)

今働いている人のうち26%が「40代リタイア」を望んでいる
あなたはいつまで働いていたいですか? 全国の働く男女に聞いたところ「定年まで」と答えた人が最も多く、次いで「40代まで」「生涯現役」だった。全研本社調べ。(2015/6/29)

年金減額は他人事じゃない! 定年までに必要な貯蓄額
(2015/6/4)

キャリアニュース:
高齢者雇用に企業は消極的か――「法定義務の範囲を超え自主的に対応」は1割下回る
現在の定年年齢について、75%の企業が「60歳」と答えた。現状では、定年が65歳以上か、定年を定めていない企業は、20%にとどまっている。(2014/9/10)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
オレ、定年まで働けるの? 中間管理職がハマる意外な落とし穴
「自分が定年まで働いている姿が想像できません」といった不安を感じていませんか? ロールモデルが多様化しているので、中間管理職の間でこうした落とし穴にハマる人が多いようですが、ではどうすればいいのでしょうか。答えは、簡単。それは……。(2014/8/4)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
皆が出世できないと分かっている、そんな時代のマネジメントとは
かつて多くの日本企業では、年功序列というシステムがとても強固だったと言われていました。それは本当でしょうか? そもそもなぜ「同期が同じスピードで出世し、定年で退職する」という仕組みができたのでしょう?(2014/6/9)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
それは40代前半――出世できなかった人が悔しがる「出世の分かれ目」を見逃すな!
定年間近になって振り返ったとき、「成果を出したのに出世できなかった。分かれ目はあれだったか」と気付くターニングポイントがあると言います。成功したが出世できない、失敗したのに出世する……その分かれ道とは?(2014/5/12)

過去最高、新入社員の50.7%が「定年まで働きたい」
就職した会社で「定年まで働きたい」と思っている新入社員はどのくらいいるのだろうか。この春就職した人に聞いたところ「定年まで働きたい」と答えたのは50.7%。調査を開始した1990年以降、半数を超えたのは初めて。日本能率協会調べ。(2014/4/18)

ICHIROYAのブログ:
5年働き1年休暇を3セット――これぞ「40歳定年制」理想の働き方
「40歳定年制」が提言されてからもうすぐ2年。これを成功させるためには、ドラスティックな改革が必要だ。「こうすれば、40歳定年制も恐くなくなる」――そんな方法を考えてみた。(2014/2/28)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
あなたの会社は、定年まで働ける会社ですか?
「先が見通せなくて不安だ」という、30代前半の男性。定年まで自分がこの会社にいるとは思えない、将来自分はこういう働き方をするのだろうなというモデルがいない……実はこういうケース、最近増えています。あなたも同じことで悩んでいませんか?(2014/1/13)

年収1000万円の貧乏人:
あなたが定年まで働き続けなければならない本当の理由
サラリーマンになってから、いつも疑問に思っていたことがありました。「毎月20万円も稼げば生活できるのに、なぜ必死に働いているのだろう?」答えの1つは「資本主義社会だから」。改めて考えてみると、資本主義とは何でしょう?(2013/8/7)

こんな「プログラマ35歳定年説」は嫌だ(2013年4月人気記事):
こんな「プログラマ35歳定年説」は嫌だ
自分研の月間人気記事ランキングをお届けします。(2013/5/7)

IT用語解説系マンガ:食べ超(21):
プログラマ35歳定年、おめでとうございます
(2013/4/10)

「サラリーマンいじめ」ではないか 65歳定年制の正体
4月から施行される「改正高年齢者雇用安定法」の問題点を紹介します。(2013/3/12)

65歳定年制に賛成? 反対?――その理由は
あなたは何歳まで働きたいですか? 20〜30代のビジネスパーソンに聞いたところ「60歳」と答えた人が最も多く、次いで「65歳」だった。DODA調べ。(2012/11/21)

「定年までの見通しは明るい」という50代は、わずか18.2%
定年まで将来の見通しは明るい、と感じている人はどのくらいいるのだろうか。会社で働く50代の人に聞いたところ「定年まで明るい」と答えたのは2割を下回った。日本マンパワー調べ。(2012/11/7)

自分の意思で人生を決めている?――65歳定年時代に大切なこと
自分の人生を自分で決めるという経験をしなくて済むような仕組みや雰囲気がある日本。65歳定年時代を迎えようとする今、自分の意思を持ち、それを分かりやすく周囲に表明し、意思のある行動ができるようになってもらうことが大事だと筆者は主張します。(2012/10/17)

さっぱり分からなかった、3.11報道(5):
原発報道、なぜ詳しい人が書かなかったのか
原発報道の記事を読んで「書いている意味がよく分からないなあ」と感じた人も多いのでは。「定年退職したが、東電や原発などを担当していた元記者を呼び戻そう」といった声もあったが、実現しなかった。その背景には、組織の事情があったようだ。(2012/8/1)

定年退職制度は禁止するべき
年金支給開始年齢を引き上げざるを得なくなったことにより、「65歳までの雇用義務付け」が、実行されようとしている。しかし、改めて考えると定年退職制度は雇用対策法の趣旨と矛盾しているのではないだろうか。(2012/1/5)

欽ちゃんからナベツネまで――脱・老害の傾向と対策
定年を大きく超える年齢の人々が大きな力を持っている政界や経済界、芸能界。大阪市長選に象徴されるように今、若者世代とお年寄り世代との対立が深まっている。(2011/12/13)

60歳以上の人に聞く、どんな仕事がしたいですか?
60歳以上のビジネスパーソンは役職定年制について、どのように考えているのだろうか。この質問に対し「必要だと思う」と答えた人は72.8%、「必要ではないと思う」は27.2%だった。産業能率大学調べ。(2011/9/12)

脱ガンジガラメの働き方:
平日の昼間から釣りがしたいから独立した私
東京の最高気温は39.5度。2004年の夏は暑かった。ふと外を見たら、平日なのに釣りをしている人がいた。すでに定年を迎えて悠々自適だったのかもしれない。しかし、そのときの私には、ただただ、うらやましかった。(2011/8/29)

オルタナブログ通信:
ロックでクール! オルタナティブ・ブログ6周年
6周年を迎えたビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」では、約250人のブロガーによってITにまつわる時事情報などが日々発信されている。その中から今回は「オルタナブログ6周年」「クールビズ」「オープン懇談会」「ソーシャルメディア」「定年制」などを紹介しよう。(2011/6/25)

新入社員の64%、定年まで同じ会社で働きたい
(2011/4/28)

新入社員の間で、“安定志向”が強まっている
「定年まで同じ会社で働きたい」と考えている新入社員はどのくらいいるのだろうか。2010年に就職した新入社員に聞いたところ「定年まで勤めたい」と答えた人は50.0%であることが分かった。日本能率協会調べ。(2011/4/21)

売り上げ増に直結するIT部門の作り方:
ただ定年を待つばかりのIT部門長は不要だ
後ろ向きな気持ちで仕事をするようなIT部門とはもうおさらばだ。活気あふれるプロフィット部門にするためにも、IT部門長は何事もなく定年を迎えようなどという甘い考えは捨てよう。(2010/2/1)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
「従来型の企業宣伝から脱皮するチャンス」――花王 本間Web技術室室長
50年にわたる広告代理店の歴史を作ってきた名物宣伝部長たちの定年退職によって世代交代が始まる今こそ、企業のマーケティングが変化を遂げる絶好のチャンスです。(2010/1/15)

樋口健夫の「笑うアイデア、動かす発想」:
計画マン史上最大の作戦
筆者には3人の息子がいる。商社を定年退職した年までには、計画通り息子たち3人全員が社会人になっていた。つまり、結婚・育児は超長期のプロジェクトなのである。(2009/10/22)

老後に心配なことは?――若い世代ほど増える「生活費」
世界でも有数の長寿国、日本。定年後も長い第二の人生が待っている人が多いだろうが、老後についてどんな意識を持っているのだろうか。C-NEWS編集部調べ。(2009/9/3)

新入社員の4割は「良心に反しても、上司の指示通り仕事をする」
就職した会社で「定年まで働きたい」という新入社員はどのくらいいるのだろうか。日本生産性本部の調査によると、「今の会社で一生働きたい」と答えた人は5年連続で増え、過去最高となった。(2009/4/24)

どのくらいダウンまで耐えられますか? あなたの年収
現在勤めている会社で、定年まで働きたいと考えている人はどのくらいいるのだろうか? NTTデータ経営研究所の調査によると、3人に1人は「定年まで働きたい」と回答。40代までは年齢上昇とともにこの割合が高まっているが、50代では急激に落ち込んでいることが明らかに。(2009/3/25)

学生「読売」、現役「日経」、退職後「朝日」――世代別新聞購読
新聞に関するインターネット調査によると、購読銘柄で顕著なのが、若年世代が読売新聞、現役世代が日経新聞、定年退職世代が朝日新聞であることが分かった。9月17日〜10月2日、「DIMSDRIVE」調べ。(2008/12/3)

gooランキング:
仕事場内での評判を良くするには?
数年で環境が入れ代わる学校と、場合によっては定年までお世話になる会社とでは、一度ついた評判の重みが違います。どうするべきなのか、その方法を聞いてみると。(2008/8/4)

本山由樹子の新作劇場:
人生に定年という文字はない――「最高の人生の見つけ方」
余命わずかと知った2人の男が、人生やり残したことに挑戦しようと、破天荒な冒険の旅へ。ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマン共演の滋味あふれる作品。(2008/8/4)

「定年まで働きたい」――売り手市場と定年志向の関係
売り手市場の就職戦線をくぐり抜けてきた新社会人たち。希望通りの会社に就職できたため、「定年まで同じ会社で働きたい」と思っている若者が多いことが明らかになった。イーキャリアプラス調べ。(2008/4/23)

2008年の新社会人、「定年まで働きたい」が1位
イーキャリアプラスの調べによると、新社会人は「やりがい」「給与」を求めていることが分かった。(2008/4/23)

40歳代を境にIT以外の業務に転職増加:
「プログラマ35歳定年説」を思い起こさせるIPAの調査結果
(2008/2/18)

女性システム管理者の憂鬱:
定年間近の“サーバごころ”
ハードの故障原因がよく分からない。ネットワークにつながらない。システム管理の経験を積むと、機械にもひょっとしたら相性や気持ちのようなものがあるのかもしれないと思えてくる。(2007/11/15)

“純金の名刺”を退職者へのプレゼントに
3月は別れの季節。定年退職を控えた人に、桐箱に入った「純金の名刺」のプレゼントはどうだろうか。(2007/3/6)

構造改革としての2007年問題:
「60歳定年退職制度」で露呈する企業の諸問題を検証する
2007年問題はいわゆる団塊世代が60歳定年退職を迎えることによって、社会にどのようなインパクトがあるのか、という点に着目した議論。本質はどこにあるのかを考える。(2006/1/1)

「65歳まで働けます」、日本IBMが2007年問題にらみ新制度
日本IBMは、一般社員を対象に60歳の定年を最長で65歳まで延長できる新制度「シニア・エキスパート」(仮称)を2006年4月に導入する。(2005/10/28)

レガシー移行の選択肢は「オープン」だけ?
日本企業のレガシーシステムを構築してきた技術者が一斉に定年退職するといういわゆる「2007年問題」に注目が集まっている。解決策は必ずしもオープン化だけではないようだ。(2005/8/1)

MS古川CTOが退職
「定年までの残り10年で夢をかなえたい」と昨年語っていたマイクロソフトの古川CTOが、6月末で同社を退職する。(2005/6/10)

神尾寿の時事日想:
そろそろ真剣に「新シルバー層向けUI」を考えよう
昭和22年から26年頃生まれの団塊の世代が、そろそろ定年を迎える。約800万人と言われるこの市場に向けた商品には新しいUIの設計が必要となるが、それが作れるのは携帯メーカーとゲームメーカーではないだろうか。(2005/4/8)

e-Day:
ベビーブーマーの定年とJ2EEの関係
ベビーブーマーがあと数年で60歳を迎え、IT分野でも多くの技術者が第一線から退く。いわゆる「2007年問題」だ。メインフレームのリホストが加速するとみられているが、その受け皿は準備されているのだろうか。(2004/1/27)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。