ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「選考」最新記事一覧

センスあれば最終面接へ:
建築会社が「インスタ選考」 投稿のおしゃれさ評価
建築事業やインテリア事業を展開する大熊工業が、「Instagram」の投稿内容をもとに合否を判断する「インスタ書類面接」を実施すると発表。「センスを判断するため」という。(2017/8/4)

交付開始は10月を予定:
東京五輪ナンバープレート、最終候補5作品が決定
国土交通省が、2020年の東京五輪の開催を記念したナンバープレートのデザイン案の最終候補5作品を発表。今後、国民から意見を募集し、デザイン選考委員会が最終判断を行う。採用作品は7月下旬に決定し、10月に交付される予定。(2017/6/27)

在籍時の知識やスキル生かす:
電通国際情報サービス、育児介護離職社員対象の再入社制度
電通国際情報サービスが、育児や介護、配偶者の転勤などを理由に退職する社員を対象とした再入社制度を新設。在籍時に培った知識やスキルを生かした活躍を期待。面接などの選考プロセスを経ずに再入社できる。(2017/6/1)

キャリアニュース:
新卒採用のエントリーシート選考に人工知能を活用
ソフトバンクは、応募者をより客観的に評価する目的で、新卒採用のエントリーシート選考の中で人工知能「IBM Watson日本語版」を活用する。(2017/5/31)

ソフトバンク、新卒採用に「IBM Watson」活用 エントリーシート確認時間を75%削減
ソフトバンクが新卒採用の選考過程にAI「IBM Watson」を導入すると発表。エントリーシートの確認時間を削減し、対面でのコミュニケーション時間を増やす。(2017/5/29)

履歴書代わりにスクショ提出 メルカリが「スクショ採用」始めたワケ
「あなたのスマホのスクショを見せてください」――スマホのホーム画面のスクリーンショットで1次選考する「スクショ採用」をメルカリが始めた。(2017/5/16)

マンガ賞選考委員はつらいよ
第21回手塚治虫文化賞でマンガ大賞に輝いたくらもちふさこ「花に染む」はどんな作品?(2017/4/27)

Microsoft Innovation Award 2017最終選考会:
人工筋肉やVR/AR、仮想ロボット、FoodTech……、先端技術から生まれるプロダクトとは
2017年3月22日に人工筋肉やVR/ARなどの先端技術を活用するスタートアップ企業の取り組みを表彰するイベント「Microsoft Innovation Award 2017」の最終選考会が開催された。どのような最新技術でどのようなプロダクトが生まれているのか紹介する。(2017/4/20)

「第2回 セキュリティ・キャンプアワード」レポート:
セキュリティ・キャンプの刺激を成果に、修了後も優れた取り組みあり
合宿形式でセキュリティ技術を学ぶ「セキュリティ・キャンプ全国大会」。修了生がキャンプ後に取り組んだ成果を表彰するイベント「セキュリティ・キャンプアワード」が開かれた。最終選考に残った5人の発表内容を紹介する。(2017/4/11)

「あまりにかわいそうなので……」 「てるみくらぶ」内定者を選考なしで採用 JALFの思い
倒産した旅行会社「てるみくらぶ」の内定者を無選考で採用するという団体が現れた。(2017/3/29)

面接に落ちても復活:
大和ハウス、新卒採用に「再チャレンジ」導入 熱意を評価
大和ハウスが、2018年卒を対象とした採用活動に「再チャレンジ選考」を導入。入社意欲の高い学生の人となりを見極める狙いがある。(2017/3/17)

モノづくり技術者の転職ゲンバから(4):
企業がキャリア採用に求めるものとは? ちょっとリアルなお話【人物重視編】
転職を考えているエンジニアの皆さん、これからの転職活動に不安はないでしょうか。本連載では“転職活動のリアルなお話”を交えながら、皆さんの今後のキャリアを考える上でのヒントを提示していきます。第4回では、技術者転職における“人物重視”の選考について深堀したいと思います。(2017/3/13)

キャリアニュース:
中途採用での選考辞退――51%の企業が「辞退が増えた」
中途採用支援サイト「エン 人事のミカタ」が「中途採用における選考辞退」についてのアンケート調査結果を発表。以前と比較して「辞退が増えた」と感じている企業は51%だった。選考辞退のタイミングや理由、対策についても尋ねた。(2017/2/28)

キャリアニュース:
企業人材ニーズ調査――「人材の雇用意欲がある」と98.1%が回答
マイナビが「2016年マイナビ企業人材ニーズ調査」の結果を発表した。対象企業の98.1%が「人材の雇用意欲がある」と回答。また、選考の際は新卒、中途採用ともに「主体性」が重視され、中途採用では「実行力」も求められていることが分かった。(2017/2/13)

スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2016:
審査員が選ぶ「2016年を代表するスマホ」は?(後編)
2015年12月から2016年11月に発売されたスマートフォン10機種の中から最優秀機種を選出する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2016」。選考委員は、何を基準にノミネート候補を挙げたのでしょうか。この記事では、3名の選考委員と、ITmedia Mobile編集部の意見を見ていきます。(2016/12/29)

スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2016:
審査員が選ぶ「2016年を代表するスマホ」は?(前編)
2015年12月から2016年11月に発売されたスマートフォン10機種の中から最優秀機種を選出する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2016」。選考委員は、何を基準にノミネート候補を挙げたのでしょうか。まずは、6人の選考委員の意見を見ていきます。(2016/12/28)

ノミネート製品が決定!――「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2016」
その年を代表するスマートフォンを選定する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー」を2016年も開催します。まず、選考委員とノミネート製品発表します。(2016/12/16)

イノベーションのレシピ:
トヨタの国内販売はオープンイノベーションで“ReBORN”できるのか
トヨタ自動車がオープンイノベーションプログラム「TOYOTA NEXT」を開始する。5つの募集テーマに沿う新たなサービスの提案を、トヨタ自動車以外の企業や研究機関、個人などから募り、選考を経た上で、オープンイノベーションで求められる“共創”の視点に立って共同で開発を行う。(2016/12/8)

「エモい」は“ほぼほぼ”「あはれ」の意 三省堂「今年の新語 2016」選考委員の見解がエモい
そう考えると、古語も身近に。(2016/12/6)

妹(小2)がサンタ業の就活を始めた 女の子がサンタさんに書いた手紙がおもしろかわいい
書類選考の通過を願う。(2016/12/6)

日本カー・オブ・ザ・イヤー、最終候補の10台発表
2016-17 日本カー・オブ・ザ・イヤーの最終選考に進む「10ベストカー」が発表された。(2016/11/7)

沈黙破ったボブ・ディラン、ノーベル賞授賞式には「できたら」出席したい
ノーベル文学賞授与について本人からの返答がなく、選考委員の一人が「無作法で傲慢、だがそれも彼らしい」と評していたボブ・ディランがついに発言した。(2016/10/29)

「みなし残業」めぐるトラブル 匿名ブログの指摘を受け「転職ドラフト」運営会社が謝罪
転職サービス「転職ドラフト」を開催するリブセンスが、「選考前に提示された年収と内定後の年収に差がある」という匿名ブログの指摘を受け、謝罪と今後の方針を発表した。(2016/9/27)

車載情報機器:
ソフトバンクが探す、事業性があって自動車メーカーがやっていないこと
「孫正義に頼らずに、革新的なソリューションを見つけたい――」。ソフトバンクは、コネクテッドカーなど6分野の産業に関して、「ソフトバンクと何かやりたい」と考える企業を探している。公募制度「ソフトバンク イノベーションプログラム」を通じて2016年9月30日まで募集中だ。最終選考に残ったアイデアは、プロトタイプの開発やテストマーケティングを経て商用化する。(2016/9/5)

就職活動を再点検せよ
6月1日は、就職・採用活動の解禁日でした。どんな環境下でも採用が順調に進む人は確かにいますが、ほとんどの学生はなかなか自分の思う通りに選考が進まないのが現状です。今回は、就活が思うように進まない人に向けた「就活再点検」です。(2016/6/8)

キャリアニュース:
人材不足を感じている企業は75.7%――調査開始以来最多
総合転職情報サイト「マイナビ転職」が「2015年中途採用状況調査」についての結果を発表した。75.7%の企業が、人材が「不足している」と回答。また、前年より選考基準を甘くした企業が増えていることが分かった。(2016/4/11)

UNiCASE、2016年夏向けiPhoneケースデザインコンペ第2弾の一般投票を受付開始
UNiCASEが実施した「2016夏モデルiPhoneケースのデザインコンペ」の最終選考がスタート。一次審査通過作品に対しSNSでの一般投票を行うほか、抽選で3000円クーポンコードをプレゼントする。(2016/4/4)

大賞は「パソ消して 消える美少女 映るデブ」 「オタク川柳大賞」結果発表
なお大賞受賞者は選考期間中に3次元の嫁を得たそう。(2016/3/18)

Microsoft Innovation AwardとImagine Cup日本予選登壇者を3月末まで募集中:
PR:ビジネス拡大と人生を変えるほどのインパクトを体感せよ――前回優勝者に聞く、イノベーションコンテスト応募メリットとは
日本マイクロソフトが「Microsoft Innovation Award 2016」「Imagine Cup 2016 日本予選大会」の最終選考会を4月23日に同会場で開催する。これらに参加するメリットは何なのか、2015年度優勝者に聞いた。(2016/3/17)

推しメンを雛見沢送り NGT48出演、ドラマ「ひぐらしのなく頃に」の公開オーディションがスタート
選考結果は、2月27日のNGT48新潟劇場公演で発表。(2016/2/8)

「マンガ大賞2016」ノミネート作品が発表 「とんかつDJアゲ太郎」「僕だけがいない街」「BLUE GIANT」など
大賞は二次選考の後、3月29日に発表されます。(2016/1/18)

スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2015:
SIMフリー・Windows 10 Mobile・iPhone 6s Plus――キーワードで振り返る2015年のスマホ
2014年12月〜2015年11月に発売されたスマホ10機種の中から最優秀機種を選出する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2015」。SIMロックフリースマホの躍進と、Windows 10 Mobileが話題となった2015年ですが、「iPhone 6s Plus」は審査対象にすら挙がりませんでした。選考委員の皆さんに、これら3点について自由に討論してもらいました。(2015/12/26)

スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2015:
ハイエンドは主役が不在? ミッドレンジが成長した1年――選考委員が挙げた5機種
2014年12月〜2015年11月に発売されたスマホ10機種の中から最優秀機種を選出する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2015」。選考委員は、何を基準にノミネート候補を挙げたのでしょうか。(2015/12/25)

ノミネート製品が決定!――「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2015」
その年を代表するスマートフォンを選定する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー」を2015年も開催します。まず、ノミネート製品と選考委員を発表します。(2015/12/18)

縦書きの美しさをWebの世界にも――「縦書きWebデザインアワード」開催
優れた縦書きのWebサイトを選考する「縦書きWebデザインアワード」が開催される。(2015/11/13)

「2年前のままで良かった」学生困惑 経団連、採用選考解禁を6月に前倒し
経団連は、現在大学3年生の採用選考の解禁時期を2カ月前倒しの6月にする方針を発表した。(2015/11/10)

auとpixiv、コミケ89の車載型基地局ラッピングイラストコンテストを開催――最優秀賞は一般投票で決定
「コミックマーケット89」に出動する車載型基地局へのラッピングイラストをpixivで募集。選考した10作品から一般投票で最優秀賞を決定する。(2015/11/10)

自己PR不要、InstagramかGitHubアカウントで選考 ピクシブ「特別エントリー」開始
GitHub、Instagramのアカウントで採用選考する「特別エントリー」をピクシブがスタートした。(2015/10/23)

募集広告の給与と実際の提示額が違うワケ
年収650〜800万という求人情報に応募したものの、書類選考を経て面接後採用通知かと思いきや、「年収を600万でよければ採用したい」といった条件交渉をされることがあります。給与条件におけると求職者と採用者間ギャップを考えてみましょう。(2015/10/20)

キャリアニュース:
中途採用実施の企業が9割超え。3社に1社が採用基準を緩和
エン・ジャパンは、中途採用の実施状況や採用基準についてのアンケート調査結果を発表。「応募数」「面接設定」「選考辞退」などの面で、採用企業の悩みが増している現状が明らかになった。(2015/10/19)

応募資格は経験や受賞歴の有無問わず 新しい五輪エンブレム応募要項案のポイント公開
選考の際に考慮する事項、応募資格などを公開している。(2015/10/7)

五輪エンブレム「準備会」、夏野剛氏らメンバーに
東京五輪の新エンブレムの選考に向けた「準備会」メンバーに元プロテニス選手の杉山愛氏や夏野剛 慶應義塾大学大学院特別招聘教授らが決まった。(2015/9/16)

セキュリティ・キャンプ全国大会 2015リポート:
より広がったカリキュラムを通過点に若者は上を目指す
2015年8月11日から15日にかけて、4泊5日の合宿形式で「セキュリティ・キャンプ全国大会 2015」が開催され、選考をくぐり抜けた22歳以下の若者、50人が参加した。(2015/8/25)

大学院生、ポスドクも対象に:
「ソースコードを書かない」開発者の育成・就職支援を推進――ブルーミーム、パソナテック、アカリク3社連携
ブルーミームは2015年7月21日、パソナテック、アカリクと協力し、自社が販売するコードレス開発基盤「OutSystems Platform」の専門技術者の育成と就職支援を進めていくことを発表した。育成プログラムと選考プログラムを実施し、合格者は実際の開発プロジェクトにアサインしていくという。(2015/7/21)

「みおふぉん」は当初の予測より50倍近く売れた――「モバイルプロジェクト・アワード2015」表彰式
モバイルビジネスの発展に貢献した個人とプロジェクトチームを表彰する「モバイルプロジェクト・アワード2015」の表彰式が行われた。15年はZenFone 5、LUMIX CM1、au WALLET、みおふぉんなどが選ばれた。選考の理由や受賞者のコメントを紹介したい。(2015/7/6)

日本代表になれるチャンス!? 足で蹴る新スポーツ「フットゴルフ」が気になる
7月に代表選考が。競技人口の少ない今なら日本代表になれるかもしれない!(2015/6/28)

第153回芥川賞・直木賞の候補作品が決定、又吉『火花』もノミネート
選考は7月16日午後5時、築地・新喜楽で開催される。(2015/6/19)

履歴書不要、検索結果だけで選考――カヤックが「エゴサーチ採用」
履歴書は不要。検索結果だけで選考します――応募者の氏名やニックネームなどの検索結果のみで採用選考する「エゴサーチ採用」をカヤックがスタートした。(2015/6/9)

「少年ジャンプ+連載グランプリ」開催、GPは即連載&単行本化
募集開始は6月中旬を予定、選考は週刊少年ジャンプ編集部と読者投票によって行われる。(2015/5/20)

2015大学読書人大賞、河野裕『いなくなれ、群青』に
最終選考作品には、『虚ろな十字架』(東野圭吾)、『SF的な宇宙で安全に暮らすっていうこと』(チャールズ・ユウ)、『ソロモンの偽証(1〜6)』(宮部みゆき)、『都立桜の台高校帰宅部』(大野敏哉)などが選出されていた。(2015/5/11)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。