ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「Siri」最新記事一覧

Apple、iOS 8.1の配信を開始 「iCloudフォトライブラリ」の追加や「カメラロール」復活など
日本時間の10月21日に、iOSデバイス向けの最新OS「iOS 8.1」の配信が開始。「iCloudフォトライブラリ(β版)」が利用可能になるほか、「写真」アプリの「カメラロール」が復活する。(2014/10/21)

林信行から見た最新OS Xの魅力:
調和と美しさを追求した「OS X Yosemite」
OS X Yosemiteは、スマートデバイス時代におけるパソコンのあり方を再定義する歴史的OSになるはずだ。(2014/10/17)

Siri(iOS 7)の運転中の利用は危険度が高い──米自動車協会調べ
米国のJAFに当たる非営利団体AAAが現行の車載音声システム各種をテストしたところ、Appleの音声アシスタント「Siri」の運転中の使用による認知力の乱れのレベルは他のシステムと比較して高いという結果になったと発表した。(2014/10/8)

冬モデルから搭載:
“ゆるいつながり”で、スマホに愛着を持ってほしい――シャープが新機能「emopa」の狙いを説明
スマートフォンを置いたり振ったりすると、ユーザーの状況に合わせた言葉を話しかけてくれる――。そんな新機能「emopa(エモパー)」をシャープが冬モデルから提供する。人工知能「ココロエンジン」をベースにしたというemopaの狙いを、シャープが説明した。(2014/10/1)

PC USER 週間ベスト10:
終わらない「iPhone 6」祭り(2014年9月22日〜9月28日)
今回のアクセスランキングは、iPhone 6/6 Plus、ATOK for iOS、GeForce GTX 980/970、Windows 9(仮称)に搭載されそうな新機能、Windowsタブレット新モデルなどが上位でした。(2014/9/29)

スマートテレビの調査も:
カーナビの音声認識使ってる? 運転中の“ながら”SNSに20〜30代が興味
Nuance Communications(以下、ニュアンス)は、日本市場におけるカーナビゲーションシステム(カーナビ)のユーザーを対象にした音声認識機能の利用実態調査を実施。その結果、20〜30歳代のユーザーの使用頻度が高く、特に音声認識機能を使った運転中のSNSメッセージの送信などに興味を持っていることが分かった。(2014/9/29)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1 Update」:
Windows 9(仮称)に搭載されそうな「Siri」対抗の機能とは?
AppleがiOSにSiriを導入してから、音声によるパーソナルアシスタント機能は一般にも定着しつつある。MicrosoftはすでにWindows Phone 8.1でSiri対抗機能の「Cortana」を搭載しているが、次期OSのWindows 9(仮称)でもこれが利用可能になるかもしれない。(2014/9/26)

BlackBerry、4.5型正方形ディスプレイ+QWERTYキーボードの「Passport」を発表
BlackBerryの新端末「Passport」は、4.5型の正方形ディスプレイと物理キーボードを備えるビジネスプロフェッショナル向けスマートフォンだ。米国とカナダで599ドルで発売される。(2014/9/25)

Weekly Memo:
WatsonとSiriは“化学反応”を起こすか
IBMが人工知能技術「Watson」を活用した分析サービスを発表した。先頃提携したAppleの音声認識技術「Siri」と組み合わせれば、新たな“化学反応”が起きるかもしれない。(2014/9/22)

週末アップルPickUp!:
「iOS 8」のちょっとした不満を解決するTips集
SiriたんかわいいよSiriたん。(2014/9/19)

iOS 7からココが変わった:
「iOS 8」をさっそく使ってみた――進化/変化したポイントを速攻レビュー
いよいよ配信された「iOS 8」。メジャーバージョンアップと言うことで、さまざまな新機能が追加されたが、実際の使い勝手はどうか? iPhone 5sにインストールしてみたので、さっそくチェックしてみた。(2014/9/18)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1 Update」:
Windows 9(仮称)のプレビューは9月30日に公開か?――見えてきた次期OSの姿
米Microsoftは9月30日(現地時間)、次期Windowsについての発表イベントを開催する。賛否両論だったWindows 8世代の次は、どのような進化を遂げるのだろうか? 徐々にその姿が見えてきた次期Windowsの情報を整理する。(2014/9/18)

見た目では分からない大きな変化:
林信行が読み解く「2つのiPhone」と「Apple Pay」
おなじみ林信行氏がAppleスペシャルイベントを振り返る。画面をさらに大型化した「iPhone 6 Plus」は、あり? なし? 「Apple Pay」は電子決済の“革命”になる?(2014/9/16)

車載情報機器:
パイオニアがスマホカーナビと連携可能なディスプレイオーディオを発売
パイオニアは、NTTドコモのスマートフォン向けカーナビゲーションアプリ「ドコモ ドライブネットナビ」と連携できるタッチパネル搭載2Dメインユニット3機種を発表した。(2014/9/11)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
市場の“作り手”ではなく“担い手”になる
後発でも存在感を示す。(2014/9/11)

後発でも話題性は十分:
Appleがウェアラブル機器市場に参入、「Apple Watch」の発表で
Appleがスマートウオッチ「Apple Watch」でウェアラブル機器市場に参入した。Tim Cook氏体制下では、初めてとなる新しい製品カテゴリでもある。(2014/9/10)

Apple、iPhoneと連携するウェアラブルデバイス「Apple Watch」を発表
Appleが9月9日(現地時間)、新製品発表会で腕時計型ウェアラブルデバイス「Apple Watch」を発表した。【実機写真追加】(2014/9/10)

新型iPhoneとApple Watch:
30秒で分かるAppleスペシャルイベントまとめ
米Appleのスペシャルイベントで次期iPhoneの詳細が明らかになったほか、“One more thing”としてウワサのスマートウォッチが「Apple Watch」の名称で登場した。(2014/9/10)

すべては今夜明らかに:
「iPhone 6」は9月19日に発売? 「iWatch」は本当に出る?――Appleイベントの見どころ
昨今は事前のリーク情報が多く、以前ほどサプライズがなくなった感もあるAppleの発表イベント。しかし、今回はさまざまな事前予想を見聞きしたうえで、実際の発表内容が気になる方も多いのではないだろうか?(2014/9/9)

初のAppleのCarPlay搭載車はフェラーリ新FF
Ferrariが、AppleのCarPlayを搭載した「Ferrari FF」をイタリアの顧客に納車したと発表し、公道を走りながらCarPlayを操作する動画を公開した。(2014/9/9)

Siri活用ビジネスアプリの誕生?
実は大ニュースかもしれないAppleとIBMの「iOS提携」
米Appleは「iOS」に関して米IBMと業務提携を結んだ。この業務提携については、懸念を持ちつつも楽観的に捉える意見と、懐疑的な見方をする意見がある。真相は?(2014/9/3)

現場革新 次の一手:
ウェアラブル端末とモノのインターネットは「現場」の救世主となるか?【後編】
製造現場や保守現場、建築現場など、多くの「現場」の救世主として注目を集めるウェアラブル端末とIoT(モノのインターネット)。前編では、ウェアラブル端末とIoTの現場活用における期待と、それを集めるようになった背景を解説した。今回の後編はこれらを活用した現場における先進事例と将来像について紹介する。(2014/9/1)

Xiaomi、かなり「iOS 7」的な新カスタムROM「MIUI 6」を発表
“中国のApple”と称されるXiaomi(小米科技)が発表した新カスタムROM「MIUI 6」は、フラットデザインを採用したシンプルなもので、音声検索画面などはSiriにそっくりだ。(2014/8/19)

Biz.ID Weekly Top10:
体力の底上げをしたい? それなら玄米で決まりだ!
暦の上では「秋」ですが、実際にはまだまだ暑い日が続きますね。体力が落ちてしまわないよう普段から食生活に気を付けたいものですが、玄米などいかがでしょうか?(2014/8/16)

ミクさんがSiriみたいになってくれる!? 初音ミクとおしゃべりできるアプリを開発した人が現れたぞ
開発者の愛が込められたミクさんアプリ。ニヤニヤしちゃう。(2014/8/12)

Microsoft、今度は「Surface Pro 3」と「MacBook Air」の比較広告
「Surface Pro 3」の新CMは、AppleのMacBook Airと並べてその性能を比較するというものだ(動画あり)。(2014/8/12)

Biz.ID Weekly Top10:
そのiPhone、見られてるかも?
個人情報の詰まったスマートフォン。ビジネスでも使うならセキュリティのためパスワードロックを掛けていることでしょう。ところが“ある機能”を使えばそのセキュリティも簡単に破られてしまうのです。(2014/8/9)

Google、Siriのようなアシスタント機能付きメッセージングアプリのEmuを買収
Googleが、元AppleのSiri担当マネジャーが立ち上げたアシスタント機能付きメッセージングアプリ「Emu」のメーカー、Tinker Squareを買収する。(2014/8/7)

週末アップルPickUp!:
アップルは「BookLamp」や「Swell」の買収でいったい何を企んでいるの?
ちなみに、Siriさんに自分がいつ買収されたかたずねると……。(2014/8/2)

Microsoft、「Cortanaの方がSiriより賢い」とAppleをからかうCM
Microsoftが公開した新CMは、189ドルのLumia 635に搭載されるCortanaが次々とユーザーの命令を受け入れるのを見て、iPhone 5sのSiriが「あれこそが“スマート”フォンですね」とつぶやくというストーリー。(2014/7/29)

想像以上に便利だった:
LG G Watchレビュー(後編)――通知、Google Now、OK Google、Android Wearアプリを試す
Android Wearを搭載した腕時計型デバイス「LG G Watch」のレビュー後編では、ノーティフィケーション(通知)、Google Now、Android Wearアプリなどを使い込んでみた感想を述べていきたいと思います。果たして、腕時計型デバイスとして利用する価値はあるのでしょうか。(2014/7/28)

MITメディアラボの研究者が開発する家庭用アシスタントロボット「Jibo」、499ドルで予約受付中
「Jibo」は家族の顔を覚えてそれぞれの相手に必要なタイミングで適切な対応をするアシスタントロボット。MITメディアラボのブリジール氏が立ち上げたJibo.comはこのロボットを2015年12月に499ドルで発売する計画だ。(2014/7/17)

iPhoneは安全保障の脅威? 中国とApple論争 新たな火種に
持ち主の移動場所と時間を追跡・記録するiPhoneの機能について、中国国営テレビが「国家の安全保障を脅かしている」と非難。Apple側が強く否定するなど騒ぎになっている。(2014/7/17)

短期集中連載「人工知能と生きる」第1回:
ソフトバンクの人型ロボット「Pepper」――今、人工知能で人の感情はどこまで分かるのか?
ソフトバンクがパーソナルロボット「Pepper」を発表した。感情認識機能が目玉のようだが、実際にロボットは人間の感情を認識できるのだろうか。(2014/7/15)

「日常」の裏に潜むビッグデータ(1):
データが価値を持つ時代に、“タダ”のサービスなど存在しない
ビッグデータという言葉はビジネス用語として定着しているが、これからはあなたの日常生活の中にも入り込んでくる可能性が高い。あなたが何気なく使っている無料のサービスも、知らないうちに“対価”を支払っていた、というケースが増えてくるだろう。(2014/7/14)

ドリキンが斬る!(9):
無双! Fire Phone発表に見るAmazonの強さ
今回のFire Phoneの発表会見には、往年のスティーブ・ジョブズによる新製品発表並みに感動してしまいました。その感動とAmazonのすごさを少しでもお伝えできればと思います。(2014/7/4)

「技術ベースの“シーズ”を重視したアプリ企画・開発」――リクルートジョブズの若手社員に聞く
若手主導のスマホアプリ開発チームを編成するなど、新しい取り組みを積極的に推進するリクルートジョブズ。音声入力技術を用いたiOS向けアプリ「ジョブーブのこえ手帳」はどういった背景で生まれたのだろうか。(2014/7/2)

AppleのCarPlayにマツダなど新たに9社が参加
Googleは車載システム「Android Auto」のパートナー企業28社をGoogle I/Oで発表したが、Appleは「CarPlay」パートナー企業に新たに9社を加え、29社にした。(2014/7/2)

Apple、セキュリティアップデートを含む「iOS 7.1.2」を公開
Appleが、iOSデバイス向けの最新ソフトウェア「iOS 7.1.2」の提供を開始した。(2014/7/1)

Appleが「iOS 7.1.2」公開、深刻な脆弱性を多数修正
任意のコード実行の脆弱性や、TLS接続時の情報流出につながる脆弱性など、深刻な問題が多数修正された。(2014/7/1)

車載情報機器:
トヨタの新テレマティクス「T-Connect」はマイクロソフト+IBM+Linux?
トヨタ自動車の新テレマティクスサービス「T-Connect」は、マイクロソフトの「Auzre」をはじめIT系企業のサービスやソフトウェアを活用するとともに、対応カーナビである「T-Connectナビ」をLinuxベースに変更するなど、現行サービスの「G-BOOK」から大幅な刷新が図られている。(2014/6/19)

林信行が「OS X v10.10」を徹底分析:
未来のMacを先取り!「OS X Yosemite」特大プレビュー
Macに新しい進化の道を示すOS X v10.10「Yosemite」。林信行氏がその思想的背景から新機能の魅力までを徹底解説する。(2014/6/17)

音声認識のNuance、Samsungに身売り交渉中との報道
AppleのSiriやトヨタやBMWの車載システム向けに音声認識技術を提供するNuance CommunicationsがSamsung Electronicsと企業売却で交渉中とWall Street Journalが伝えた。(2014/6/17)

週間記事ランキング
分からなくなってきたiPhoneとAndroidの違い
主要なスマートフォンOSである「iOS」と「Android」には違いがあるのか、ないのか。直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2014/6/13)

「Watson」の衝撃【後編】
生活に入り込む「人工知能」、Apple「Siri」の進化は?
未来の技術といわれていた“認識コンピューティング”は米Appleの「Siri」や米IBMの「Watson」などの先行技術の登場で急速に実用化しつつある。どのような世界が実現されるのだろうか。(2014/6/9)

週末アップルPickUp!:
「iOS 8」に隠された新機能トップ10
かゆいところに手が届きます。(2014/6/6)

Appleの「MFi」認定も既に取得:
MarvellのIoT向けSoC、iOS 8の新機能「HomeKit」に狙い
Marvell Technology Groupは、モノのインターネット(IoT)向けに、無線通信チップとマイコンを集積したSoC(System on Chip)を発表した。Appleが発表したばかりの「iOS 8」に搭載される新機能「HomeKit」もターゲットに入れている。(2014/6/5)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
iOS 8は「箱庭の解放」でさらに支持を高めるか
ウワサされた新ハードウェアが一切登場しなかった「WWDC 2014」の基調講演。しかし、WWDC本来の目的においては、今後に期待を持たせる内容だった。発表された次期モバイルOSの「iOS 8」から、アップルの狙いを探る。(2014/6/4)

林信行のWWDC 2014ポイント解説:
iPhoneの体験を加速する「iOS 8」――ユーザー主体の時代へ
アップルが6月2日(現地時間)に米国で開催した開発者イベント「WWDC 2014」の基調講演を受けて林信行氏が現地からリポート。今回の発表にあるエッセンスをまとめた。(2014/6/4)

神尾寿のMobile+Views:
再び世界を変えるために――WWDC 2014でAppleが見せた“3つの強み”
いよいよ開催された「WWDC 2014」。今年もMac向けの「OS X」、iPhone/iPad向けの「iOS」、Appleのクラウドサービス「iCloud」の新しい発表が中心だったが、Appleはどのような未来を示したのか。キーノートの内容をひもといていきたい。(2014/6/3)



Windows 9と噂されていた次世代Windowsの名称は、1つ飛ばしてWindows 10に決まった。発売は2015年後半を予定。タッチU/Iの取り込みに苦労しているWindowsだが、高速起動など基本的な面での改善もバージョンを経るごとに進んでおり、文字通り世界レベルでの影響を持つリリースになる。

音楽CDを超える音質を持つデジタルオーディオデータ、略して「ハイレゾ」。その再生に対応した機器が増加しており、対応したスマホの増加などを機に、今後更なる注目の高まりも期待される。

ソフトバンクモバイル初のXperiaシリーズとして発売が決まり、3キャリアが揃って取り扱う人気機種となった。モバイル事業で減損が発生するなど不調が伝えられるソニーであるが、グローバルスマホ市場での生き残りに向けて、これからが正念場だろう。