ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「Siri」最新記事一覧

パイオニア、インダッシュ型カーエレクトロニクス製品をApple「CarPlay」対応へ
パイオニアは、2014年初夏から同社の市販カーエレクトロニクス製品をファームウェアアップデートでApple「CarPlay」に対応させると発表した。日本は2014年中の予定だ。(2014/4/17)

iOS、Androidに次ぐ3位を脱せるか
「Windows Phone 8.1」を徹底分析、MS版「Siri」の“コミュニケーション能力”は?
「iOS」「Android」に次ぐ第3位のモバイルOS「Windows Phone」の最新版「Windows Phone 8.1」が発表された。注目の音声アシスタント「Cortana」をはじめ、主要機能を紹介する。(2014/4/16)

ウエアラブルとビッグデータ:
本命は何? リクルートが“未来レストラン“で示した「スマホの次」
ウエアラブルとビッグデータ。ここに次のビジネスチャンスが埋まっていると考える人は多いかもしれない。ただ、形はまだぼんやりしている。先日行われた“未来レストラン“の実証実験イベントより、リクルートが「スマホの次」をどう考えているか、キーマンに話を聞いた。(2014/4/15)

Microsoft、「Windows Phone 8.1」の開発者プレビューをリリース
Microsoftが、「Build 2014」で発表した次期Windows Phoneアップデートの開発者プレビューを公開した。「universal Windows Apps」の開発・テストが可能になった。(2014/4/15)

ビジネスニュース 企業動向:
特許訴訟で公開されたジョブズ氏のメール
現在行われているアップルとサムスン電子の特許裁判において、故スティーブ・ジョブズ氏のメールが公開された。本稿の2ページ目にその原文を掲載する。(2014/4/15)

iPhoneを活用しよう:
iPhoneで新生活を充実したものに――林信行オススメの最新アプリ&アクセサリー
新生活に向けてiPhoneで利用できる注目アプリとアクセサリーを一挙紹介。(2014/4/10)

1億2000万ユーザーが使う口コミサイト「Yelp」日本上陸 CEOが語る“勝算”とは
月間1億2000万ユニークビジターを誇る総合口コミサイト「Yelp」が日本上陸。「日本にソーシャルネットワークが与えた以上の変化を起こせるかもしれない」と話すジェレミー・ストップルマンCEOに日本進出の勝算を聞いた。(2014/4/9)

本田雅一のBuild 2014リポート:
iOSでもAndroidでもない、「Windows Phone 8.1」という可能性
Microsoftが米国で開催した開発者向けイベント「Build 2014」の基調講演では、新モバイルOS「Windows Phone 8.1」の説明に多くの時間が割かれた。モバイルOSではiOSとAndroidに後れをとっているWindows Phoneだが、ここへ来て期待感も高まりつつある。(2014/4/9)

Jawbone、Bluetoothヘッドセット「ERA」の新型を4月18日に発売
米Jawboneが、Bluetoothヘッドセット「ERA」の新型を4月18日に発売する。従来機種よりも42%小型化したほか、充電機能付きケースと組み合わせて最大10時間の通話が行える。(2014/4/8)

Windowsはこれからどうなる? Build 2014の発表内容をおさらい
Microsoftが、米国で開発者向けイベント「Build 2014」を開催し、Windowsの今後を占う大きな発表が多数あった。その発表内容をまとめた。(2014/4/6)

モバイル端末向けWindowsの無料化──“追う立場”のMicrosoftが打ち出した方針転換の意味
モバイル端末向けにWindowsを無償で提供するとMicrosoftが発表。ゲイツ氏の「ソフトウェアは有料であるべき」との哲学に反するものだが、Androidが大成功を収めている現状では、これが現実的な対応とアナリストは指摘する。(ロイター)(2014/4/3)

Microsoft、「Cortana」発表──Siri対抗のパーソナルアシスタント
Microsoftは、Windows Phoneの次期アップデートで追加するパーソナルアシスタント「Cortana」(Haloに登場する女性の人工知能と同じ名前)を発表した。(2014/4/3)

ふぉーんなハナシ:
iPhoneが考える「朝」「昼」「夜」って何時?
朝はちょっと遅め、昼はまさにあの時間帯、夜は……。(2014/4/2)

今井優杏のエコカー☆進化論(9):
ジュネーブショーなのにスーパーカーよりコンパクトカーが目立ってる!
例年、さまざまなスーパーカーが世界初公開される「ジュネーブモーターショー」。しかし今回(2014年)はコンパクトカーに注目が集まった。自動車ジャーナリスト・今井優杏さんが、独自の視点から今回のジュネーブショーをリポートする。(2014/3/25)

タップ or クリック!!:
iOS 7.1の変更点をクイズで確かめよう!!
3月10日(現地時間)にアップルがリリースしたiOSの新バージョン「7.1」。さまざまなところに手が加えられたアップデート内容を、穴埋め問題でチェック!! 全問正解すれば、自慢できるかも!?(2014/3/20)

Siriには男性の声が追加
Safariのクラッシュ問題も解消 かゆいところに手が届く「iOS 7.1」の新機能
「iOS 7」のリリース以来、最大のアップデートとなる最新版「iOS 7.1」では、Safariの安定化やアプリ課金の制限強化など、多くの点で改善が図られている。主な変更点について解説する。(2014/3/19)

ジュネーブモーターショー2014リポート:
ジュネーブを席巻した「CarPlay」は自動車業界に何をもたらすのか
アップルの「CarPlay」が初披露された「ジュネーブモーターショー2014」は、自動車業界のみならず、世界中のIT関係者の注目をも集めるイベントとなった。本記事では、同ショーで、メルセデス・ベンツ、フェラーリ、ボルボが展示したCarPlay対応車載器を紹介するとともに、CarPlayが今後の自動車業界に何をもたらすのか考えてみたい。(2014/3/14)

ビジネスニュース 業界動向:
謎だらけの「CarPlay」、クルマとスマホの統合をリードするのか?
Apple(アップル)が発表した「CarPlay」は、自動車とスマートフォンの統合に対する関心の高さを示したものの、技術的な詳細が足りず、統合における問題点も浮き彫りにした。専門家は、「最終的に自動車メーカーは、市場のあらゆるスマートフォンを自動車に統合できる単一のプラットフォームが必要になる」と述べる。(2014/3/12)

「iOS 7.1」で“見た目”はココが変わった
iOS 7.1では、いくつかの機能改善がなされているが、これに伴って画面の見た目も大きく変わっている。その主な内容を見ていこう。(2014/3/11)

こりゃホントにキットっぽい!?:
「CarPlay」対応の「iOS 7.1」、「Siri」の日本語音声で男性を選択可能に
Appleは、「iPhone」や「iPad」などに搭載する「iOS」の最新バージョン「iOS 7.1」をリリースした。日本国内でも既にアップデート可能な状態になっている。iOS 7.1で最も注目されるのは、車載情報機器とiOS端末を連携させられる「CarPlay」への正式対応だろう。(2014/3/11)

Appleが公開した「iOS 7.1」、脆弱性を多数修正
車載システム「CarPlay」のサポートなどの新機能が加わったほか、深刻な脆弱性が多数修正された。(2014/3/11)

Apple、iOS 7.1をリリース CarPlay対応他、UI改善多数
AppleがiOSのアップデート「iOS 7.1」をリリースした。Siriで話し終えるまで待たせる機能や着信画面でのプロフィール写真の縮小など、細かいが待たれていた新機能が追加された。(2014/3/11)

普段タッチペン、時々Bluetoothヘッドセット
エレコムは、スタイラスペン型のBluetoothヘッドセット「LBT-PHS02MPSV」を3月中旬に発売する。(2014/3/5)

フェラーリ、AppleのCarPlay搭載のFerrari FFを披露【動画あり】
年内発売予定の「Ferrari FF」に搭載されるCarPlayの操作方法を紹介する動画が公開された。(2014/3/5)

iOS 7.1アップデートはiTunes Festival前か?──米報道
3月11日から開催の「iTunes Festival SXSW」をiOS端末で視聴するためのアプリを利用するには「iOS 7.1」が必要だとDaring Fireballが報じた。(2014/3/5)

iOSのセキュリティ、Appleがホワイトペーパーを改訂
改訂版ではアプリセキュリティとインターネットサービスの項目が加わり、iCloudなどのサービスに実装されたデータ保護や不正アクセス防止の仕組みについても解説している。(2014/3/4)

Apple、車載システム「CarPlay」を正式発表 トヨタとBMWの名前も
Appleの車載システム「CarPlay」搭載の自動車が年内にフェラーリやホンダ、メルセデス・ベンツから発売される。トヨタやBMWなどもパートナーとして名を連ねた。(2014/3/3)

Appleが自動車向け新機能「CarPlay」発表 運転に集中しながらiPhone操作したい? →できます
iPhoneをCarPlayに対応した車に接続すると、Siriの手助けによって“アイズフリー”で電話をかけたり、メッセージに返信したりといったことが可能。(2014/3/3)

クルマの中でiPhoneをプレイ:
「iOS in the Car」の正式名は「CarPlay」、トヨタや日産、ホンダなど16社が採用
Appleは車両に搭載したインダッシュタイプのディスプレイモジュールとスマートフォン「iPhone」を連携させる新機能「CarPlay」を発表した。2013年6月に「iOS in the Car」として発表した機能の正式名称だ。トヨタ自動車や日産自動車、ホンダなど国内外16社の大手自動車メーカーが対応する方針である。(2014/3/3)

OSの声に恋する「her/世界でひとつの彼女」にアカデミー脚本賞
人工知能OSの声に恋する男を描くスパイク・ジョーンズ監督・脚本作品「her/世界でひとつの彼女」がアカデミー脚本賞に。(2014/3/3)

Appleの車載システム、フェラーリ他が発表へ──Financial Times報道
フェラーリ、メルセデス・ベンツ、ボルボが、ジュネーブモーターショーでAppleの「iOS in the Car」搭載モデルを発表するとFinancial Timesが報じた。(2014/3/3)

iPhoneの音声入力だけで原稿を作ってみた
あるとき、深刻な深刻なけんしょう炎でキーボードが打てない状態になった。タイピングができなくても仕事ができる方法はないか、試行錯誤した結果、1番イケてると思ったのが、iPhoneの音声入力を使った方法だ。(2014/2/12)

2015年にはZTEショップが日本に?:
ZTEが考える“人とスマートフォンの交流”とは――そして日本展開は?
「SamsungやAppleに負けないスマートフォンを出せている」――端末事業を担当するリュ・チャンハオ氏は話す。同氏が「キーアドバンテージ」と話す新しい技術とは? そして日本のスマホ展開はどうなるのか?(2014/1/31)

EE Times Japan Weekly Top10:
再注目の人工知能、IBMも事業を本格化
EE Times Japanで先週(2014年1月11日〜17日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2014/1/18)

2014 International CES:
Intel、ヘッドセット型端末やQuarkベースのSoC「Intel Edison」を発表
Intelは、昨年発表したウェアラブル端末向け省電力SoCファミリー「Quark」の1つ「Intel Edison」を発表した。同SoCを採用したセンサー付きベビー服が1月に発売される。(2014/1/7)

Google、ホンダやGMらとAndroidベースのアライアンス「OAA」を立ち上げ
Googleが、Android端末と自動車の連係や自動車自体をAndroid端末化することを目指す団体「Open Automotive Alliance(OAA)」を立ち上げた。参加メンバーにはAppleの「iOS in the Car」パートナー企業も。(2014/1/6)

Siriさんが 俳句を読めるの 知ってます?――「俳句詠んで」って頼んだ結果いろいろ
俳句詠め 頼んでみたら こうなった。(2013/12/27)

人工知能学会誌、表紙が“萌え”化 「正直、学会誌にふさわしいか悩んだ」 堅いイメージをチェンジ
人工知能学会の学会誌が大幅にリニューアル。表紙は黒髪ポニーテールのお姉さんが掃除をしているイラストになり、従来の堅いイメージの表紙に慣れた関係者に衝撃を与えている。(2013/12/25)

2014 CES:
連携進むスマホと車載システム、Androidアプリ対iOSアプリの戦いに
2014年の自動車業界は、車載向けのAndroidアプリとiOSアプリの競争の場になるだろう。「2014 International CES」でも、Appleの車載ディスプレイ「iOS in the Car」に対抗する製品をGoogleが発表する予定だといわれている。(2013/12/25)

倍返しするなら今だじぇ! 今年の流行を振り返れる無料秀逸アプリ9選まとめ〜2013流行語アプリ選手権&総選挙結果報告
賞金総額130万円のコンテストを勝ち上がった8つの優秀アプリと1つの大賞アプリを今年の流行を振り返りながら紹介する。(2013/12/24)

“AI”はどこへ行った?(5):
AIの“苦悩”――どこまで人間の脳に近づけるのか
人工知能(AI)の研究が始まった1950年代から、AI研究の目的は「人間の大脳における活動をいかにコンピュータ上で実現させるか」だ。大手IT企業や大学の努力によって、AIは少しずつ人間の脳に近づいているのは確かだろう。一方で、自然言語処理の分野では、“人間らしさ”を全面に押し出した「人工無能(人工無脳)」も登場している。(2013/12/19)

同軸ユニット搭載の個性派Bluetoothスピーカー「BeYo」誕生
多くの製品がしのぎを削るポータブルBluetoothスピーカー市場に新しい“個性派”が登場した。香港iuiの「BeYo」(ビーヨ)は、見た目からは想像できない形で音にこだわったモデルだ。(2013/12/12)

今日から始めるiPhone:
iOS 7で進化した音声案内アプリ「Siri」で何ができる?
日本ではiPhone 4Sから使用可能となった音声案内アプリの「Siri」。iOS 7でさらに進化したSiriの基本的な使い方を設定方法から順に紹介していきたい。(2013/12/11)

ホンダ米国法人、新CivicにiPhone連係ダッシュボードを搭載
American Hondaは12月4日発売の2014年モデルのCivicに、iPhoneの機能をダッシュボードのタッチ対応ディスプレイで利用できるシステムを搭載する。(2013/12/4)

UXClip(38):
「その発想はなかった」が12連発! アプリ・Webサービス・ものづくり・おばかの最先端がここにある〜MA9決勝戦レポート
450以上の応募作品の中から最終プレゼンに残った12作品を紹介する。最優秀賞は誰の手に? おばかアプリ賞を勝ち取ったAndroidアプリの開発秘話の独占インタビューも。(2013/12/3)

Apple、Twitter検索・分析のTopsyを買収 2億ドル超
AppleがTwitter検索・分析サービスのTopsyを買収。Appleはソーシャルメディア分析を何に活用するのか。(2013/12/3)

上司「チェンクロ探して来てよ」 言われるままに探してきた結果→【PR】
世界には○○クロが実に多い。(2013/11/28)

EE Times Japan Weekly Top10:
さまざまな話題に注目集まる、1位はトヨタの事故解析
EE Times Japanで先週(2013年11月9日〜11月15日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2013/11/18)

Google検索の英語版Androidアプリで“会話”での指示が可能に
Android版Google検索がアップデートされ、英語版では音声の命令で電話をかけたり、メールを作成して送信したりできるようになった。(2013/11/16)

“AI”はどこへ行った?(4):
AI活用の本命はビッグデータなのか?
人工知能(AI)は、登場初期の黄金期と、1980年代前半のブームを除き、長く「冬の時代」が続いてきた。だがここに来て、ようやくAIが本領を発揮できそうな分野が登場している。それが、クラウドやソーシャルメディア、スマートフォンなどのモバイル端末の普及により、にわかに注目を集めるようになったビッグデータだ。(2013/11/15)



オープンソースのSSL/TLS実装である「OpenSSL」に深刻な脆弱性が見つかった。エンドユーザーが解決できる問題ではないが、利用しているサービスの対応状況の確認や対応後のパスワードの変更など、慎重な姿勢が求められる。便乗するスパムメールにも注意が必要だ。

通信キャリアのMVNOとして月額1000円を切る格安SIMを提供するサービスが増加している。これまで日本ではほとんど存在感がなかったSIMフリーの端末にも、この動きに合わせて注目が高まっている。

ソフトバンク傘下で6月に合併予定のイー・アクセス、ウィルコムを、同じタイミングでヤフーが買収することとなった。これまでのサービスを引き継ぎつつ、Android端末を中心に展開し、自社のサービスとの連携を図っていくようで、「インターネットキャリア」を標榜している。