ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「Siri」最新記事一覧

藍井エイルのスペシャルライブも:
「Windows 10は変革の象徴にして母なるOS」――日本マイクロソフトが都内でファンイベントを開催
7月29日の「Windows 10」提供開始を記念し、日本マイクロソフトがファンイベントを東京・恵比寿で開催した。(2015/7/30)

iPhoneの「Siri」が誤作動する どうすればいい?
(2015/7/27)

月額980円、定額制音楽ストリーミングの衝撃
徹底レビュー:「Apple Music」を3カ月後も使い続ける? 残念UIの改善が判断のポイントに
ダウンロード型から定額制聞き放題のストリーミング型へ。音楽配信の潮流を変えようとする注目のサービスを辛口にレビューする。(2015/7/26)

IoT観測所(11):
Apple流の「網」が張られた家庭内IoT規格「Homekit」
Appleの「Homekit」は家庭内の対応デバイスをiOS端末から操作可能にするホームオートメーションシステムであり、「家庭内IoT」を実現する手法といえる。Appleならではの「網」があり、便利だが汎用性に乏しい一面もある。(2015/7/24)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Siriのライバル「Cortana」がついに日本語対応――Windows 10はどう変わるのか?
Windows 10の音声対応パーソナルアシスタント「Cortana」が待望の日本語対応へ。Cortanaによって、Windows 10の操作がどのように変わるのかを掘り下げていこう。(2015/7/22)

車載情報機器:
車載情報機器のスマホ連携基盤にニュアンス参戦、マツダ提携の米ベンチャーと
音声認識エンジンを手掛けるNuance Communications(ニュアンス)と米国ベンチャーで車載情報機器のソフトウェアプラットフォームを展開するOpenCar(オープンカー)が提携。常時通信接続を行うコネクテッドカーで重要な役割を担う、車載情報機器のスマートフォン連携プラットフォームの事業展開を加速させる。(2015/7/22)

まずはWindows Insider Programで提供:
Windows 10の「Cortana」は数カ月中に日本語テスト開始――礼儀正しく“お辞儀”するパーソナルアシスタント
Windows 10の音声対応パーソナルアシスタント機能「Cortana」は、数カ月中に日本語対応版がWindows Insider Program参加者に提供される。(2015/7/21)

Microsoft、パーソナルアシスタント「Cortana」の日本でのテスト開始へ
Windows 10の正式版リリース段階では7カ国でのみ提供のパーソナルアシスタント「Cortana」に、向こう数カ月中に日本のWindows Insider版でも会える。日本のCortanaは礼儀正しく、お辞儀する。(2015/7/21)

OSの機能を単純比較
Mac OS X El Capitanの魅力はWindows 10以下か?
Appleが発表した新Mac OS「El Capitan」。同OSをWindows 10と比較すると、幾つかの点で見劣りする。Windows 10にあってEl Capitanにない機能とは?(2015/7/17)

Facebookが「Siri」的なバーチャルアシスタント機能を開発中?
Facebookがコードネーム「Moneypenny」というバーチャルアシスタント機能を開発中だと複数の海外メディアが報じている。(2015/7/16)

「で、どっちがいいの?」 Apple WatchとAndroid Wearを使い比べて分かったこと
スマートウォッチのApple WatchとAndroid Wearはどちらがいいのか? 2つを2カ月使って分かったこととは?(2015/7/13)

Apple、「iOS 9」と「OS X El Capitan」のパブリックβプログラムを開始
Appleが今秋リリースする予定の次期OSのパブリックβプログラムを開始した。インストールしたい端末からApple IDでサインインすれば、「iOS 9」あるいは「OS X El Capitan」のβ版を入手できる。(2015/7/10)

iOSのアクセシビリティを知ろう!――VoiceOver設定編
iPhoneのアクセシビリティ機能とはどんなものなのか? まずはジェスチャー操作と音声フィードバックを提供するUIの「VoiceOver」をテーマに、その意義を解説する。(2015/7/6)

“ウェアラブル”の今:
第36回 Apple Watch発売から2カ月 その使い方はどう変わったか
Apple Watchを使い始めてから2カ月が経過し、いろいろな使い方を試した結果、だいぶ自分の中でその位置付けがはっきりしてきた。その機能は着実に生活の中で役立つものになっている。(2015/7/6)

「iOS 8.4」も配信開始:
「Apple Music」が国内サービス開始――月額980円で数百万曲を聴き放題(3カ月無料)
アップルの定額制音楽ストリーミング配信サービス「Apple Music」が日本でもスタートした。月額利用料は980円、最大6人で使えるファミリープランが1480円だ。(2015/7/1)

Spotlightでアプリ内の情報を検索可能に
「iOS 9」でiPhone/iPadの検索が変わる 驚きのディープリンクとは
米AppleはWWDCにおいて、ディープリンク技術をベースにしたiOS 9における新しい検索APIを発表した。この機能がどのように使用できて、どのような利点があるのか紹介する。(2015/7/1)

「El Capitan」の魅力を徹底解説:
次世代OS Xは人気アプリキラー!? 林信行のOS X「El Capitan」世界先行レビュー(後編)
林信行氏によるOS X「El Capitan」詳細レビューの後編では大胆に進化した付属アプリ群を見ていこう。(2015/6/26)

Mobile Weekly Top10:
Xperia Z4発売 気になるお値段と熱さ/ZやZ1がAndroid 5.0にアップデートできない理由
この夏注目のXperia Z4が3キャリアから発売となった。ランキングでは開封リポート&ファーストインプレッション、そして価格比較がワンツーを飾った。(2015/6/17)

“ウェアラブル”の今:
第33回 watchOS 2がもたらすAppleとApple Watchの変化
WWDC 15でお披露目されたApple Watchの新しいOS、「watchOS 2」には、さまざまな改善が盛り込まれていた。今後、Apple Watchの一目で分かることを重視するデザインが、Appleの他のソフトウェアにも拡がっていきそうだ。(2015/6/15)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
「しり」と「なう」を恥ずかしがらない日
「Hey! Siri」とか「OK! Google」って恥ずかしい……ですよね?(2015/6/11)

Cortanaがクロスプラットフォームに対応
Windows 10にも搭載、音声アシスタント「Cortana」のiOS対応で「Siri」と悪口合戦?
米Microsoftは「Cortana」のAndroid版とiOS版を提供すると発表した。ビジネスアシスタントは現在、個人利用で人気を博している。ビジネスの世界でも成功することはできるだろうか。(2015/6/11)

この秋、Apple Watchはこう変わる
WWDC 15でAppleが発表したApple Watch向けOSの次期バージョン、「watchOS 2」で提供される機能で、Apple Watchはどう変わるのか、考えてみました。(2015/6/10)

WWDC 2015で訴えた人間尊重と文化創造:
Appleの新しい方向性――4つの発表と3つのトレンドを林信行が読み解く
WWDC 2015の基調講演を現地で見た林信行氏がその発表内容からこれからのアップルを読み解く。(2015/6/10)

「日本のiPhoneユーザー」には当面メリットが少ない?――iOS 9の残念なところ
iOS 7やiOS 8に比べて「普段使いで影響のある変化が乏しいかな?」というのが正直な感想。また、日本が(現時点で)対象外となっている新機能が多いのも残念だ。(2015/6/9)

神尾寿のMobile+Views:
世界の変化はいつもここから――WWDC 2015で見えた「ユーザー体験の高み」と「新たなエコシステムの芽生え」
2015年の「WWDC」のテーマとして掲げられたのは「The epicenter of change(変化の震源地)」という言葉だ。世界中のイノベーションとテクノロジーの「震源地」となったこの場所で、何が指し示されたのだろうか。(2015/6/9)

月額9.99ドルの音楽ストリーミングサービス「Apple Music」 日本向けは「まもなく登場」
Appleが定額制の音楽ストリーミングサービス「Apple Music」を発表した。日本向けサービスは「まもなく登場」するという。(2015/6/9)

秋に無償アップデート:
Apple Watchの機能が大きく向上する 「watchOS 2」で実現すること
Appleが発表した、Apple Watch向けOSの次期バージョン、「watchOS 2」では、現在多くのユーザーが感じている不満を解消する数々の機能強化が行われます。開発者は、Apple Watch単体で動作するアプリの開発も可能になります。(2015/6/9)

WWDC 2015基調講演まとめ
WWDC 2015では、新しいハードウェアこそ登場しなかったが、「OS X El Capitan」「iOS 9」「watchOS 2」、Beatsを統合する音楽サービス「Apple Music」や「Swift 2」のオープンソース化など、それなりに盛りだくさんだった。(2015/6/9)

2015年秋にリリース:
Apple、「iOS 9」を発表――Siriやプリインアプリの拡張など、新機能まとめ
AppleがWWDC 2015で「iOS 9」を発表した。iPhoneはiPhone 4s以降、iPadはiPad 2以降で利用できる。2015年秋にリリースされる。(2015/6/9)

WWDC 2015:
Apple、音楽ストリーミングサービス「Apple Music」と3つの新OS「iOS 9」「watchOS 2」「OS X El Capitan」を正式発表
Appleが開発者向けイベント「WWDC 2015」を開催し、基調講演でiPhoneやiPad向け「iOS 9」とApple Watch用「watch OS 2」、Mac向けの「OS X Yosemite」という3つのOS最新バージョンと、音楽ストリーミングサービス「Apple Music」を披露した。(2015/6/9)

Apple、音楽ストリーミングの新サービス「Apple Music」発表
Appleが音楽ストリーミングの新サービス「Apple Music」を発表した。日本向けサイトにも「まもなく登場」と表示。(2015/6/9)

Apple、「iOS 9」発表
Appleがモバイル端末向けOSの新バージョン「iOS 9」を発表した。今秋に登場する予定。(2015/6/9)

今夜2時からどこで見る? WWDC 2015の情報をリアルタイムでチェックできるのはここ
いよいよあと数時間後に迫ったAppleのWWDC 2015基調講演。日本時間では6月9日の午前2時スタートです。リアルタイムで情報をチェックしたいなら、ぜひこの記事で紹介しているサイトを確認しておきましょう。(2015/6/8)

「Apple Music」が日本でも始まる!?:
いよいよ開幕! 「WWDC 2015」最新のウワサを総おさらい
新しいOS X/iOS/WatchKit、定額制音楽ストリーミングサービス、新Apple TV……いったい何が発表される?(2015/6/8)

2色展開に:
ボーズ、バッテリー駆動時間が延びた「SoundLink mini Bluetooth speaker II」
ボーズは、Bluetooth対応の小型ワイヤレススピーカー「SoundLink mini Bluetooth speaker II」を発表した。「Pearl」(パール)と「Carbon」(カーボン)の2色をラインアップ。(2015/6/5)

玩具屋か音楽屋か:
スピーカーになるおしゃべりロボットとしゃべるBTスピーカー、買うならどっち?
スマホを使って会話ができるロボット「オハナス」が登場したが、実はソニーモバイルが発表した愛らしい球形ボディのBluetoothスピーカー「BSP60」も簡易なエージェント機能を搭載している。欲しいのはどっち?(2015/6/4)

App Town 教育:
ソフトバンク、音声ナレーションで操作を学べるiPhone向けアプリ「視覚障がい者向け使い方教室 for iPhone」
ソフトバンクモバイルは、音声ナレーションでiPhoneの基本的な操作方法を学習・練習できるアプリ「視覚障がい者向け使い方教室 for iPhone」をリリースした。(2015/6/4)

Siri対応の「Apple TV」、WWDCでは登場せず?──New York Times報道
Appleは、6月8日のWWDCで「Apple TV」の新モデル発表を予定していたが、“まだ完成していない”として発表を延期したとNew York Timesが報じた。(2015/6/4)

AppleのHomeKit、外出先からの操作にはApple TVが必須
Appleのスマートホーム機能「HomeKit」対応家電を外出先から制御するには、「Apple TV」との連係が必要であることが新設のサポートページで明らかになった。(2015/6/4)

Tech TIPS:
「iPhoneを探す」を使って自分のiPhoneを見つける
iPhone/iPad/iPod touchを使っているなら、紛失や盗難に遭う前に、「iPhoneを探す」機能をオンにしておこう。いざというときに、PCや別のiPhoneを使って行方不明のiOS端末の現在位置を探し当てたり、データを消去したりできる。(2015/6/12)

AppleのHomeKitサポート製品「Caseta Wireless」、Apple Storeで発売
Appleが昨年のWWDCで発表したSiriで家電を制御する「HomeKit」をサポートするスマートホーム製品「Caseta Wireless」が米国のApple Storeで発売された。(2015/6/3)

基調講演のストリーミング中継は日本時間9日午前2時から! Apple「WWDC2015」では何が発表される?
今年のWWDCは何が発表される?(2015/6/2)

スマートホーム:
戦場はリビングルーム、音声アシスタントを巡る競争で日本勢に遅れ
いわゆる「スマートホーム」を目指す各社の取り組みで、AppleやGoogle、Microsoftなどが注目しているのが、音声コントロールだ。「Amazon Echo」や「Nest」「Homekit」などで欧米各社が実用化に向けて走り出す中、日本企業は出遅れているとの声がある。(2015/6/2)

iPhoneのクラッシュ問題、Appleが対策説明
「特定のユニコード文字の連続によって引き起こされるiMessageの問題」をAppleが認め、当面の対策を紹介した。(2015/6/1)

Apple、“iOS 9”に「Google Now」のような新機能を追加か──9TO5Mac報道
6月8日のWWDCで発表されるとみられる次期iOSには、Googleのパーソナルアシスタント「Google Now」のように、カレンダーや連絡先、ユーザーのアクティビティを反映した情報を表示する新機能「Proactive」(コードネーム)が搭載されると9TO5Macが報じた。(2015/5/28)

Windows 10と連係:
Microsoft、パーソナルアシスタント「Cortana」のiOS/Androidアプリを発表
MicrosoftがWindows 10に標準搭載するパーソナルアシスタント「Cortana」のiOSおよびAndroidアプリ版を発表した。Microsoftアカウントでログインすれば、例えばPCで設定したリマインダーをiPhoneで表示するといったことが可能になる。(2015/5/27)

“ウェアラブル”の今:
第30回 Apple Watchを使うとあまりにも簡単なApple Payの決済
米国ではVISA、MasterCard、American Express、Discoverと、主要なクレジットカードが対応を表明している決済サービスApple Pay。Apple Watchがあると、この決済が驚くほど簡単に利用できる。(2015/5/24)

Apple Watchが万能ガイドになる『AroundMe』で初めての街も地元同然に散策!
見知らぬ街で急にモノが入り用になったことはありませんか? 素早く周辺施設情報を調べるアプリをご紹介します。(2015/5/23)

絵文字の追加や性能向上:
Apple Watch初のソフトウェア・アップデート「Watch OS 1.0.1」が公開
Appleが、Apple Watch初のソフトウェア・アップーデートとなる「Watch OS 1.0.1」をリリースした。(2015/5/20)

Apple Watchの初アップデート、充電ケーブルが必要
Apple Watchの初のアップデート「Watch OS 1.0.1」がリリースされた。Siriやスタンドアクティビティの改善、セキュリティ関連、多数の絵文字サポートなどが実施される。(2015/5/20)



国民ひとりひとりに番号を割り当てて行政手続きに利用する電子化施策。一般企業も行政とのやりとりのために、従業員やその家族のマイナンバーを把握・管理しなければならず、2016年1月のスタートに向けて対応が本格化している。

テレビ等のHDMI端子に差すだけで使えるスティック型のPC。マウスコンピューターのm-Stickの登場以降、各社から同様の製品が発表されており、Lenovoも提供を決めるなど注目が高まっている。

ヤフオクが強いC2C分野だが、スマホでは新興のフリマアプリも存在感を持っている。ネットオークションの独特の作法からは距離を置いた、シンプル/直観的な使い心地が女性に好まれているようだ。