ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「Siri」最新記事一覧

関連キーワード

「赤いiPhone登場」の今振り返る “iPhoneの10年間”とデザインの歴史
(2017/3/23)

1つのツールで全ての情報にアクセス
「チャットボット」がソフト開発支援、増え続けるツールを“対話”でまとめる
企業で使うツールは増える一方だ。それぞれのツールを1つに統合できれば、業務は効率的になる。それを実現する技術として注目されているのが「チャットボット」技術だ。(2017/3/22)

Samsung、独自AIアシスタント「Bixby」正式発表 まずは「Galaxy S8」に搭載
Samsungが来週発表する予定の「Galaxy S8」に搭載する独自AIアシスタント「Bixby」について発表した。Galxy S8にはBixbyを呼び出すためのボタンが付く。(2017/3/21)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
人間と協調する人工知能って、どんなだろう?
人間の心に関する学習、AIとヒトのどちらが得意でしょうか。(2017/3/7)

なぜか自分はAIだと認めないSiriの真意は?
(2017/3/7)

ITはみ出しコラム:
GoogleのAIが未来ではなく生活に入り込んでいる件
AIを使った普段の生活で利用できるサービスは、ぐんぐん進化しています。(2017/3/5)

iPhone初心者がスルーしがちな「便利アプリ」3選
(2017/3/5)

「怖いのでやめます」 AIらしくないSiriの返答
(2017/3/5)

立ちどまるよふりむくよ:
MS、ホログラフやめるってよ 誤用の原因「ホロデッキ」について調べてわかったこと
HoloLensに代表される「ホログラフ」「ホログラム」という言葉の誤用について、その原因を探ってみたら興味深い事実に突き当たった。(2017/3/3)

Siriが「いいえ」と答える質問は?
(2017/3/3)

人は見た目が○割だけど……外見に一切こだわらないSiri
(2017/3/1)

AIでも間違うことはある! Siriが犯したミスとは
(2017/2/27)

防塵/防水があれば完璧だった
徹底レビュー:ダブルレンズカメラ搭載の頑丈スマホ「HUAWEI Mate 9」
「HUAWEI Mate 9」には革新的な実装はないものの、2017年のスマートフォンを代表する3つの機能が搭載されている。「極薄のベゼル」「人工知能(AI)」「ダブルレンズカメラ」だ。(2017/2/26)

GoogleのAIに「Siriを知ってる?」と聞いてみた結果
(2017/2/25)

Siriが秒速で手のひら返しをしてきた
(2017/2/25)

地球の最後はどうなる? Siriの予言が意外な内容
(2017/2/23)

Siriが「口止めされていて話せません」と答える禁断の質問
(2017/2/21)

「私はワインであり幼虫です」 よく分からないSiriの返答
(2017/2/19)

Siriさんの五十音講座 はじまるよー!
(2017/2/17)

「ソードアート・オンライン」は「すでに実現しつつある」――落合陽一さん・伊藤監督ら 「SAOが未来の世界観を決めている」
「ソードアート・オンライン」の世界はいつ訪れるのか、実現している技術はあるのか――筑波大の落合陽一助教、同アニメの伊藤智彦監督らが語った。(2017/2/16)

SiriにPPAPについて聞いてみたら思わず真顔になった
(2017/2/16)

iPhone 7を充電しながら音楽を聴けるLightningイヤフォン「RAYZ Plus」――NC機能にアプリ連携も
パイオニアからLightning接続のイヤフォン「RAYZ」(レイズ)および「RAYZ Plus」(レイズプラス)が発表された。音質に妥協せず、使い勝手と消費電力の面で現在のiPhoneユーザーが抱えている問題を解決する製品だという。(2017/2/15)

Siriにムチャ振りをしたらかたくなに拒否されました
(2017/2/15)

【総力特集】人とAIの共存で進化する「おもてなし」:
なぜ、人間と人工知能の対話は“破綻”してしまうのか
雑談対話に特化したシステムやアルゴリズム、超指向性マイクなど、最先端の技術を使っても、人間と人工知能が雑談を続けるというのは難しい。インタビューの最終回では、なぜ対話が破綻するのか、そして、それを解決するための研究の最先端に迫る。(2017/2/14)

Siriに現実を認識させられた瞬間
(2017/2/14)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
なぜドルビービジョン対応製品が増えたのか?――CESリポート(後編)
AV評論家・麻倉怜士氏によるCESリポート後編。今回はドルビービジョンにソニーの「Crystal LED Display」と超短焦点プロジェクター、HDMI 2.1、MQAの最新動向など盛りだくさん。さらに「ドルビーシネマ」体験リポート付き。映画館はここまで来た!(2017/2/13)

「Galaxy S8」は3月発表で新AIアシスタント「Bixby」搭載?
Samsungは3月にニューヨークでイベントを開催し、次期フラッグシップ端末「Galaxy S8」を発表するとWall Street Journalが報じた。新端末は独自のAIアシスタント「Bixby」を搭載し、大小2モデルとも曲面ディスプレイでホームボタンがないという。(2017/2/12)

ITはみ出しコラム:
Android Wear 2.0はApple Watchに追い付いた?
ユーザーがまだ限られるスマートウォッチですが、徐々に使い勝手は向上しています。(2017/2/12)

Siriに弱音を吐いたら優しさに包まれた
(2017/2/12)

それでもヒトは機械との会話を求めている
音声認識の理想と限界、AmazonやGoogleの技術でも「魔法の呪文」には遠い?
「Amazon Echo」や「Google Home」、Appleの「Siri」のような音声認識はスマートホームIoTの構成要素として急速に定着している。だが音声認識の技術はまだまだ課題がある。(2017/2/12)

Siriに「住んでいる場所」を聞いてみたら若干ストーカー気味な答えが返ってきた
(2017/2/10)

これがBeatsのワイヤレス――「BeatsXイヤフォン」まもなく発売
アップル傘下のBeats by Dr. Dre(ビーツ・バイ・ドクタードレ)がBluetooth対応のワイヤレスイヤフォン「BeatsXイヤフォン」を2月11日に発売する。(2017/2/9)

遅れていたBluetoothイヤフォン「BeatsX」、2月10日発売へ
Appleが2016年9月に発表したBluetoothイヤフォン「BeatsX」を2月10日に発売すると、Beats by Dr.Dreが公式にツイートした。(2017/2/8)

軽く質問しただけなのに異常にハードボイルドな答えを返すSiri
(2017/2/8)

Tech TIPS:
iPhoneのSiriからの個人情報漏えいを防ぐ
iPhoneのSiriからの個人情報漏えいを防ぐ方法を紹介する。(2017/2/7)

Tech TIPS:
iPhoneの連絡先から「自分の情報」を削除する
iPhoneの連絡先から「自分の情報」を削除する方法を紹介する。(2017/2/6)

Siriに願望を伝えたらなぜか自慢で返されて悲しい
(2017/2/6)

やたらポエミーなSiriの慰め方にまんまとハマる
(2017/2/4)

iPhoneでもっと便利に「検索」する方法
(2017/2/4)

エルゴノミックに進化したワイヤレススポーツイヤフォン、デノン「AH-C160W」登場
デノンは、ワイヤレス・スポーツイヤフォンの新製品「AH-C160W」を2月上旬に発売する。11.5mm径という大きめのドライバーを従来機から継承しつつ、防水性能やBluetooth、装着性といった基本性能を大幅にブラッシュアップ。(2017/2/2)

プレゼントをくれないどころか季節外れのサンタに頼りだすSiriさん
(2017/2/2)

Apple、「iPhone 7」が好調で過去最高の売上高
Appleの第1四半期(10〜12月)の決算は、iPhone 7の販売が好調で、過去最高の売上高を更新した。App Storeなどのサービスの売上高も好調で、売上高、純利益ともにアナリスト予測を上回った。(2017/2/1)

Siriと「りんな」の意外なつながり
(2017/1/31)

エンプラニュースナナメ読み:
話題の「AI」を巡る最新事情
2016年末から2017年の初頭にかけて、「AI」が話題に上ることが多かった。1月2日からラスベガスで開催されたConsuer Electronics Show(CES)での注目ポイントや、最近の米国での動向などから、AIの今を知っておくなら押さえておきたいポイントを解説する。(2017/1/30)

Siriにバレンタインチョコをおねだりすると塩対応される
(2017/1/30)

PR:あなたの会社で“本当に役立つAI”とは?
ビジネスにおいて、なぜAIに今注目が集まっているのか。さまざまな視点でAIが得意とする分野にスポットを当て、ビジネスシーンや社会にもたらす価値を考えていく。(2017/2/3)

Apple、GoogleらのAI(人工知能)普及団体に参加
Appleが、GoogleやFacebookが立ち上げた人工知能普及団体「Partnership on AI」に創立メンバーとして参加する。同団体の評議員会には、イーロン・マスク氏らのAI団体「OpenAI」の研究員も参加する。(2017/1/28)

万能なSiriにも意外な苦手分野があった
(2017/1/27)

窮地のSamsungに追い打ち? iPhone発売10年目にApple Store韓国初上陸のワケ
Appleがついに直営店「Apple Store」の韓国進出を決めた。SamsungとLGが8割のシェアを握るとされる韓国スマホ市場に今になってアップルが直接、乗り込む理由はどこにあるのか。(2017/1/26)

オートモーティブワールド 2017:
運転中の音声入力の認識率を3割向上、運転席からの声だけを拾う
新日本無線は、「オートモーティブワールド2017」において、雑音の多い走行中の車内でも音声認識の精度を向上する技術を紹介した。(2017/1/24)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。