ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「Siri」最新記事一覧

勢いをどう保つか
「IBM Watson」への高過ぎる期待、ビジネス成功への鍵は開発者?
IBMは米国の人気クイズ番組「Jeopardy!」で脚光を浴びたWatsonをベースとした製品を作って、再び世間の関心を集めようとしている。(2016/5/23)

Mobile Weekly Top10:
母の日に格安スマホ 「Xperia X Performance」海外版との違い【5/9〜5/15の人気記事】
今週は母の日に格安スマホ(2台目)をプレゼントした結果……という新入社員M記者のコラムがトップでした。(2016/5/17)

Apple、iOS 9やOS Xなどのセキュリティアップデートを一挙公開
iOSやOS X、watchOS、Safari、iTunes、tvOSの更新版が公開され、それぞれ深刻な脆弱性が修正された。(2016/5/17)

「iOS 9.3.2」配信開始──「9.7インチiPad Pro」でエラー56の報告あり
Appleが「iOS 9.3.2」の配信を開始した。「低電力モード」で「Night Shift」が使えるようになり、幾つかのバグ修正やセキュリティーアップデートが行われる。「9.7インチiPad」の場合、このアップデートで起動できなくなったという報告が複数ツイートされている。(2016/5/17)

R25スマホ情報局:
自宅で車で、スマホ音楽を楽しむ
レンタカーなど「借りたクルマ」で自分のスマホにある音楽を楽しめるJBLの「JBL TRIP」(2016/5/17)

石川温のスマホ業界新聞:
サムスン・Galaxy S7 edgeが初速2倍のペースで売り上げ好調――「ハートセブン」の愛称で女子向けアピールが成功
サムスンのGalaxy S7シリーズがグローバルで順次発売している。先代のGalaxy S6シリーズでの課題を解決したS7シリーズの売れ行きは好調で、特に韓国では女子向けのアピールに余念がない。スマホ市場の伸び悩みが指摘される中、製品の「見せ方」が重要になりつつある。(2016/5/13)

意外性しかないSiriの“珍回答”3選
実は人間よりも人間っぽいSiri。おちゃめにボケたり、ソーラン節を踊ったりと多才です。(2016/5/11)

アップルPickUp!:
あなたの「iMessage」が送られる先は?
膨大なメッセージをすべて、再生可能エネルギーで処理するということ。(2016/5/10)

Siriの生みの親、マルチプラットフォームのAIアシスタント「Viv」を初披露
iPhoneの「Siri」を開発したチームによる新興企業Viv Labsが、自然言語による命令にサードパーティーアプリと連係して対応するマルチプラットフォームの人工知能(AI)アシスタント「Viv」を発表した。(2016/5/10)

知られざるSiriの世界が分かる、びっくり回答3選
今何してる? 人生って何? Siriから驚きの答えが。(2016/5/10)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
第36回 欧州にみるスマートシティのサイバーセキュリティ
ビッグデータとIoTがリアルタイムに連携するスマートシティではセキュリティの脅威にどう対応していくかが大きな焦点となる。今回は取り組みが進む欧州の動きを取り上げる。(2016/5/10)

うちのSiriがかわいすぎる“萌え回答”3選
思わずSiriをめでたくなる萌え回答を紹介します。(2016/5/9)

iPhoneは既にピークに達したのか Appleの今後は“iPhone 7”次第
1年で時価総額の2000億円が吹き飛んだApple。多くのアナリストは、Appleの近い将来は新型iPhone次第だと考えている。(ロイター)(2016/5/2)

Siriやりんなと大違い? Pepperの俳句が予想以上にネガティブだった
思っていることがあるなら、言ってほしい。(2016/5/2)

PR:GWのドライブを強力サポート!――「カーナビタイム」で一歩先を行くドライブ体験を
うららかな春の陽気から初夏にかけての季節は、絶好のドライブシーズンでもある。そんなドライブをサポートしてくれるカーナビでお勧めしたいのが「カーナビタイム」。最先端を行くカーナビタイムの実力や便利さを徹底チェックした。(2016/4/27)

発売1周年:
私がApple Watchを1年間着け続けられた理由
発売からまる1年がたったApple Watchですが、今でもiPhoneと一緒に肌身離さず活用しています。なぜ飽きることなく使い続けているのか、その理由を考えてみました。(2016/4/24)

4月24日:「Apple Watch」登場から1年
(2016/4/24)

週末アップルPickUp!:
震災対策に知っておくと役立つiPhoneとiOSの機能
熊本地震から1週間が経ちましたが、気象庁は引き続き強い余震が起きる恐れがあるとして警戒を呼びかけています。避難所で役立つiPhoneとiOSの機能を改めて紹介します。(2016/4/22)

ITはみ出しコラム:
WWDC 2016公式サイトに現れた「Hello」文字列の意味は?
今回のWWDC公式サイトはなんだか雰囲気がいつもと違います。(2016/4/20)

このまま使い続けられるはずだが……
無料でアップデートできるWindows 10は“巨大な釣り餌”なのか
Microsoftが提供するWindows 10への無料アップグレードの期限が7月に迫り、この制度を利用する企業が増えている。だがIT管理者にとって、コストやプライバシーに関する不安以外にも疑念が残る。(2016/4/20)

キーノートは日本時間6月14日午前2時:
iOS 10が出る? Apple「WWDC 2016」は米国時間6月13日から
Siriがフライングで発表していたApple年次開発者会議「WWDC 2016」の日程が正式に発表された。基調講演のライブ中継は日本時間6月14日午前2時から。(2016/4/19)

Apple、WWDC 2016の参加申し込み受付開始 日本時間の4月23日午前2時まで
Siriが一足早く告知していたWWDC 2016の日程を、Appleが正式に発表した。公式サイトも更新され、11行のヒントが並んだ。(2016/4/19)

WWDC 2016は6月13〜17日──Siriが教えてくれた
Siriに「世界開発者会議はいつ」と尋ねると、「世界開発者会議(WWDC)は6月13日から6月17日までサンフランシスコで開催されます。今からワクワクしています!」と答えるようになった。Appleは今年のWWDCでMacのOSへのSiri搭載を発表するとうわさされている。(2016/4/19)

1分1秒でもバッテリーを持たせるために――すぐにスマホを充電できない状況下ですべきこと
大規模災害が発生する度に、問題となることが多い携帯電話やスマートフォンの「バッテリー持ち」。特に消費電力の大きいスマートフォンでは深刻な問題です。そこで、少しでもスマホのバッテリーを“長持ち”させる方法をご紹介します。(2016/4/18)

バズワードになってしまった「AI」
「AlphaGo」は“真の人工知能”からは程遠い、それでも考えたい機械学習のビジネス価値
人工知能(AI)は50年近くにわたりアプリケーション開発の究極目標となってきた。だが現在進められている各種のプロジェクトがAIという看板を掲げているからといって、それらが真のAIであるとは限らない。(2016/4/15)

シャープの“ロボット型電話”19万8000円で5月に発売(月額料金など追記)
シャープが二足歩行する“ロボット型電話”「RoBoHoN(ロボホン)」の発売日と価格を発表した。発売日は2016年5月26日、本体価格は19万8000円(税別)。月額料金やアプリケーションなど追記)(2016/4/14)

サイバーセキュリティにとって“もろ刃の剣”
“人工知能ハッカー”は囲碁同様に人間のセキュリティ対策を打ち破るのか
サイバーセキュリティの世界では、ソフトウェアの不具合を自動的に検出して修正できる人工知能(AI)が現実のものとなりつつある。だが、まさにそれと同じ技術が自律型ハッキングにも使われる可能性がある。(2016/4/12)

人類には早すぎた:
最強AIはどれだ! Siri×りんな×Pepperで俳句大会を開催してみた
出落ちでも気にしない。(2016/4/9)

クリック不要! 起動するだけで「ピザが自動オーダーされるアプリ」ドミノ・ピザから登場
1秒でも早くピザが食べたいときに!(2016/4/7)

Build 2016:
Microsoftが「会話Bot」に力を注ぐ理由
米Microsoftの開発者会議「Build 2016」で少々予想外だったのが、会話Botや認識コンピューティングに関する発表だ。ITを直接的な生産性向上ツールに限らず、アシスタントとして活用する方向性がより明確になってきた。(2016/4/7)

Siriを使ってパスコードをかわされる脆弱性、Appleが修正
Siriと3D Touch機能を使ってパスコードを入力しなくてもiPhone 6sの連絡先や写真にアクセスできてしまう脆弱性が報告された。(2016/4/7)

「コグニティブ」で究極の先取り
顧客の要望は「Siri」や「Watson」が知っているという未来がやってくる?
企業の最高情報責任者(CIO)たちは、自社をデジタルエンタープライズに変革する取り組みの真っ最中だが、ITの専門家たちは新たな分野に目を向け始めた。次の変革の波が既に始まったという。(2016/4/7)

車載情報機器:
CarPlayの「究極のドライビングパートナー」っぷりを試す
アップルが2014年3月のジュネーブモーターショーで「CarPlay」を発表してから2年。ようやく日本でも自動車メーカーがCarPlay対応モデルを市場投入し始めた。アップルはCarPlayを「車の中でiPhoneを使う、より優れた安全な方法」で「究極のドライビングパートナー」だとする。750kmのドライブでCarPlayを試し、“パートナーっぷり”を確かめた。(2016/4/6)

家庭の照明をIoTに:
Siriで自在に色を変えられる フィリップスのLED照明「Philips Hue」
自在に色を変えることができるフィリップスのスマートLED照明「Philips Hue」が、AppleのHomeKitに対応。アプリ上だけでなくSiriからも操作ができるようになった。(2016/4/5)

ヘイSiri、プロ野球のこと教えてくれるんだって?
やっと大リーグじゃなくて日本の話をしてくれるようになった。(2016/4/5)

予想を超えたSiriさんのすごい反応5選
検索だけではない、Siriとの日常。 “迷回答”ベスト5選を紹介します。(2016/4/5)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「コンピュータとの会話が日常になる未来」を示したMicrosoft
世界的に人工知能が注目を集める中、Microsoftが開発者会議で示した未来のコンピューティング像は「ハードウェアに依存しない、会話でさまざまな問題がスマートに解決する世界」だった。(2016/4/3)

(水)バッファローにバッファローのヘッドセットについて話を聞きに行った【PR】
沖縄まで行って本物のバッファローに会ってきました。(2016/3/30)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
なぜ「Siri」は人気なのか? 競争が激化しているスマホ向けパーソナルアシスタント最新事情
iPhoneに搭載されているパーソナルアシスタント機能の「Siri」。実用面だけでなく、ユニークな会話も楽しめるなど他にはない人気を得ている。その理由を探った。(2016/3/29)

Appleの40年を40秒で語るアニメーション公開、その歴史を解説しよう
登場する105のキーワード、無理やり解説してみた。(2016/3/25)

「iPhone SE」に女子モテ最強スマホの予感?
ガジェットをこよなく愛するコアなユーザーにとって、iPhone SEは目新しさに欠ける製品かもしれません。ただ、こうしたモデルを待ち望んでいるユーザー層も厚いのです。(2016/3/23)

林信行が見るApple発表イベント(2):
ハード的変化のないApple Watchが今、日本で注目なワケ
米Appleスペシャルイベントの目玉は、4型「iPhone SE」と9.7型「iPad Pro」の2製品だが、ここではあえてそれに触れず、新しいApple WatchとApple TVに注目してみたい。日本にとっては非常に誇らしいニュースがある。(2016/3/23)

「iPhone SE」は買いか? 「iPhone 6s」「Xperia Z5 Compact」との違いを速攻チェック
4型「iPhone SE」は買いなのか? 「iPhone 6s」「Xperia Z5 Compact」のスペックと比べてみた。(2016/3/22)

Apple TV、tvOS更新(9.2)でBluetoothキーボード対応 iCloudフォトも表示可能に
Appleは、「新しいApple TV」の「tvOS」をバージョン9.2にアップデートした。これにより、Siri Remoteでの音声アプリ検索、Bluetoothキーボードのサポート、アプリのフォルダ機能、iCloudフォト閲覧機能などが追加された。(2016/3/22)

Apple、4インチディスプレイのiPhone SE発表
4インチサイズの端末を求める声に応えたもの。(2016/3/22)

Apple、4型の「iPhone SE」を発表【詳細追記】
AppleがiPhoneの新モデル「iPhone SE」を発表した。iPhone 5sとほぼ同じボディーに、6s相当の機能を詰め込んだ。3月24日に予約を開始し、3月31日に発売する。(2016/3/22)

「iPhone SE」ってどんなスマホ? 「5s/6s/6s Plus」との違いを速攻チェック!
同じ4型ディスプレイを搭載していた「iPhone 5s」、そして2015年9月に発表された「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」と同じ点と違う点を、現時点で分かっている範囲で比較してみた。(2016/3/22)

車載情報機器:
“使えない”クルマの音声認識が“使える”ようになる日は近い
音声認識システム開発の大手・Nuance Communications(ニュアンス)がシリコンバレーで最新技術説明会を開催。車載器とクラウドの双方で音声認識処理を連携して行う「ハイブリッド」方式のデモを行った。さらに、人工知能技術の活用により、Appleの「Siri」をはるかに上回るレベルの音声認識技術も開発中だという。(2016/3/18)

ITと教育:
iPadの可能性――筑波大×附属桐が丘特別支援学校のアプリ開発
特別支援学校に導入されたiPadの活用事例からITの可能性を考える。(2016/3/17)

Apple、「iPhone 6s」のCMにクッキーモンスターを起用
「iPhone 6s」の新CMは、セサミストリートの人気キャラ、クッキーモンスターがSiriのハンズフリー機能を使いこなしてチョコチップクッキーの焼き上がりを待つ、というものだ。(2016/3/17)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。