ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「Siri」最新記事一覧

ギネス記録をひっさげて日本上陸、防水Bluetoothスピーカー「JBL FLIP4」
(2017/5/23)

ITはみ出しコラム:
2017年のヒット商品候補 「Google Home」でできることを知っていますか?
待ちに待った「Google Home」の国内販売について公式発表がありましたが、どんなことができるのか、ご存じですか?(2017/5/21)

「Home」新機能も発表:
Googleの音声認識支援機能、iPhoneでも利用可能に
Googleは、音声認識アシスタント機能「Google Assistant」をAppleのiPhoneでも利用できるようにする。(2017/5/18)

Google I/O 2017:
「Google Assistant」のiPhoneアプリ登場
Googleが、Appleの「Siri」と競合するパーソナルアシスタント「Google Assistant」のiPhoneアプリを米国のApp Storeで公開した。「Google Assistant」搭載のソニーやオンキヨーの製品も開発されている。(2017/5/18)

Apple、WWDCでMacBookシリーズをアップデートか?
Appleが6月の「WWDC 2017」でMacBookシリーズをマイナーアップデートすると、Apple製品予想で定評のあるBloombergのマーク・ガーマン氏が語った。(2017/5/17)

Apple、AI企業Lattice Dataを2億ドルで買収か
Appleが、ダークデータを構造化データに変換する技術を開発する新興企業Lattice Dataを約2億ドルで買収したと米TechCrunchが報じた。(2017/5/15)

IT4コマ漫画:
Siriが教えてくれないこと
今どきの子どもは何でもSiriに聞くのが当たり前? でも答えてくれないコトも……。IT向上委員会の有江敬寛氏による漫画連載「IT4コマ漫画」の第96回目。(2017/5/12)

スマホってどれだけ進化したの? 2017年に「iPhone 3GS」で生活してみた
果たしてまともに動くのか……?(2017/5/11)

あれって、AIですよね?:
「バビル2世」のコンピュータを、2017年のテクノロジーで解説しよう
手塚治虫が、スピルバーグが、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2017年現在どこまで実現できているのだろうか?――「鉄腕アトム」や「2001年宇宙の旅」に登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」、第1回は、横山光輝先生の「バビル2世」だ!(2017/5/10)

Microsoftの「Cortana」ベースの「Amazon Echo」的端末、まずはHarman Kardonから
Microsoftが昨年末にティーザー動画を紹介したHarman Kardon製Cortana搭載スマートスピーカーが、今秋に米国で発売される。(2017/5/9)

Twitterで「AV Watch」がトレンド入り そのワードに別の期待を寄せた紳士たちがざわつく事態に
いたって真面目な“AV”の情報サイトです。(2017/5/8)

「Galaxy S8/S8+」の音声アシスタント「Bixby Voice」まずは韓国語で提供開始
SamsungのAIアシスタント「Bixby」の音声アシスタント機能が、まずは韓国で「Galaxy S8/S8+」に追加された。側面の専用ボタンで起動できる。上半期中に英語もサポートする見込みだ。(2017/5/2)

Apple版「Amazon Echo」、WWDCで発表か KGI予測
Apple製品予測で定評のあるアナリスト、ミンチー・クオ氏が、Siri搭載ハイエンドWi-Fiスピーカーが6月開催のWWDCで発表されると予測した。(2017/5/2)

スマホでもテスラヘッドフォンをガンガン鳴らせる! ベイヤーのポケットDAC「Impacto Essential」
(2017/4/30)

iPhone Tips:
iPhoneにある色んなボタンの使い方まとめ
(2017/4/29)

Alexaの可能性を拡大
「Amazon Lex」は“スマートスピーカー”Amazon Echoの「Alexa」と何が違うのか?
「Amazon Echo」で利用されている音声アシスタント「Alexa」。この可能性をより広い用途に広げるのが「Amazon Lex」だ。その仕組みを見ていこう。(2017/4/24)

Appleが直営店のリンゴを緑に光らせる意味
私たちがその製品を選ぶ動機になるもの。(2017/4/21)

半径300メートルのIT:
マイコン世代が“IT弱者”に? “声で操作”の破壊力
いつまでもPCとキーボードにこだわっていると……。(2017/4/11)

CloseBox:
未完成だが大きな可能性 Apple純正アプリ「Clips」を試してわかった自動字幕と可変BGM
自分が撮影したビデオにハリウッドの巨匠がサントラの尺をぴったり合わせてくれるって知ってました?(2017/4/10)

認識系API活用入門(3):
テキスト→音声変換の「Text To Speech API」の使い方と、2017年3月現在のWatsonとの違い
コグニティブサービスのAPIを用いて、「現在のコグニティブサービスでどのようなことができるのか」「どのようにして利用できるのか」「どの程度の精度なのか」を検証していく連載。今回は、Text To Speech APIの概要と使い方を解説し、他のサービスとの違いを4パターンで検証する。(2017/4/5)

コラボレーションの未来は分析にある
Slack vs. Microsoft Teamsだけではない、コラボツール戦争の次の注目はAI活用
「Slack」や「Microsoft Teams」など市場には多くの“コラボレーションツール”があり、競争が激化している。競争の次の焦点はAI活用だ。ユーザー企業にはどのような影響があるのだろうか。(2017/3/31)

AIを搭載:
「Galaxy S8」発表 Samsung、発火問題からの失地回復狙う
Samsungが「Galaxy S8」を発表。「Note 7」の発火問題で追い込まれた同社の失地回復なるか。(2017/3/30)

「iOS 10.3」配信開始 「iPhoneを探す」でAirPodsを探せるように
AppleがiOSデバイス向けの最新OS「iOS 10.3」の提供を開始。「iPhoneを探す」機能でAirPodsも探せるようになる。Siriの機能も拡張される。(2017/3/28)

「iOS 10.3」公開 「AirPodsを探す」やSiriの拡充など
AppleがiPhone、iPad、iPod touch向けに「iOS 10.3」をリリースした。「iPhoneを探す」で無線イヤフォン「AirPods」も探せるようになった他、幾つかの新機能が追加され、多数の脆弱性が修正された。(2017/3/28)

「OK、Google」「行け、ピカチュウ!」 Siriの珍回答を引き出す10の質問
(2017/3/27)

「赤いiPhone登場」の今振り返る “iPhoneの10年間”とデザインの歴史
(2017/3/23)

1つのツールで全ての情報にアクセス
「チャットボット」がソフト開発支援、増え続けるツールを“対話”でまとめる
企業で使うツールは増える一方だ。それぞれのツールを1つに統合できれば、業務は効率的になる。それを実現する技術として注目されているのが「チャットボット」技術だ。(2017/3/22)

Samsung、独自AIアシスタント「Bixby」正式発表 まずは「Galaxy S8」に搭載
Samsungが来週発表する予定の「Galaxy S8」に搭載する独自AIアシスタント「Bixby」について発表した。Galxy S8にはBixbyを呼び出すためのボタンが付く。(2017/3/21)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
人間と協調する人工知能って、どんなだろう?
人間の心に関する学習、AIとヒトのどちらが得意でしょうか。(2017/3/7)

なぜか自分はAIだと認めないSiriの真意は?
(2017/3/7)

ITはみ出しコラム:
GoogleのAIが未来ではなく生活に入り込んでいる件
AIを使った普段の生活で利用できるサービスは、ぐんぐん進化しています。(2017/3/5)

iPhone初心者がスルーしがちな「便利アプリ」3選
(2017/3/5)

「怖いのでやめます」 AIらしくないSiriの返答
(2017/3/5)

立ちどまるよふりむくよ:
MS、ホログラフやめるってよ 誤用の原因「ホロデッキ」について調べてわかったこと
HoloLensに代表される「ホログラフ」「ホログラム」という言葉の誤用について、その原因を探ってみたら興味深い事実に突き当たった。(2017/3/3)

Siriが「いいえ」と答える質問は?
(2017/3/3)

人は見た目が○割だけど……外見に一切こだわらないSiri
(2017/3/1)

AIでも間違うことはある! Siriが犯したミスとは
(2017/2/27)

防塵/防水があれば完璧だった
徹底レビュー:ダブルレンズカメラ搭載の頑丈スマホ「HUAWEI Mate 9」
「HUAWEI Mate 9」には革新的な実装はないものの、2017年のスマートフォンを代表する3つの機能が搭載されている。「極薄のベゼル」「人工知能(AI)」「ダブルレンズカメラ」だ。(2017/2/26)

GoogleのAIに「Siriを知ってる?」と聞いてみた結果
(2017/2/25)

Siriが秒速で手のひら返しをしてきた
(2017/2/25)

地球の最後はどうなる? Siriの予言が意外な内容
(2017/2/23)

Siriが「口止めされていて話せません」と答える禁断の質問
(2017/2/21)

「私はワインであり幼虫です」 よく分からないSiriの返答
(2017/2/19)

Siriさんの五十音講座 はじまるよー!
(2017/2/17)

「ソードアート・オンライン」は「すでに実現しつつある」――落合陽一さん・伊藤監督ら 「SAOが未来の世界観を決めている」
「ソードアート・オンライン」の世界はいつ訪れるのか、実現している技術はあるのか――筑波大の落合陽一助教、同アニメの伊藤智彦監督らが語った。(2017/2/16)

SiriにPPAPについて聞いてみたら思わず真顔になった
(2017/2/16)

iPhone 7を充電しながら音楽を聴けるLightningイヤフォン「RAYZ Plus」――NC機能にアプリ連携も
パイオニアからLightning接続のイヤフォン「RAYZ」(レイズ)および「RAYZ Plus」(レイズプラス)が発表された。音質に妥協せず、使い勝手と消費電力の面で現在のiPhoneユーザーが抱えている問題を解決する製品だという。(2017/2/15)

Siriにムチャ振りをしたらかたくなに拒否されました
(2017/2/15)

【総力特集】人とAIの共存で進化する「おもてなし」:
なぜ、人間と人工知能の対話は“破綻”してしまうのか
雑談対話に特化したシステムやアルゴリズム、超指向性マイクなど、最先端の技術を使っても、人間と人工知能が雑談を続けるというのは難しい。インタビューの最終回では、なぜ対話が破綻するのか、そして、それを解決するための研究の最先端に迫る。(2017/2/14)

Siriに現実を認識させられた瞬間
(2017/2/14)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。