ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スマートフォンアプリ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

日本でも本格展開:
Quora共同創業者兼CEOに聞く、知識共有コミュニティーのビジネスモデルに必要なたった1つのこと
日本国内でも本格的にサービスを展開し始めた「Quora」。知識共有コミュティーの未来とそこで展開されるビジネス像について、Quora共同創業者兼CEOのアダム・ディアンジェロ氏に聞いた。(2018/6/19)

証券取引の価格破壊:
月額980円でスマホから株式売買し放題 One Tap BUYが定額プラン
簡単な操作で1000円単位から投資ができるスマートフォンアプリ「One Tap BUY」を運営するOne Tap BUY(東京都港区)は6月18日、手数料月額980円(税込、1058円)で米国株、日本株、両市場のETFを売買し放題の「定額プラン」を発表した。(2018/6/18)

通信各社、災害用伝言サービス提供開始 大阪震度6弱で
安否状況や避難場所などの確認に使うことができます。(2018/6/18)

大阪で震度6弱 NHKニュース、ネット同時配信
午前7時58分ごろ、大阪府北部を震源とした最大震度6弱の地震。NHKは、「NHKオンライン」とスマートフォンアプリ「NHKニュース・防災アプリ」で地震についてのニュース特番を同時配信している。(2018/6/18)

損保のビジネスモデル変革:
損保大手、異業種参入に危機感 スタートアップ企業との協業に本腰、デジタル技術取り込み
損害保険大手がデジタル技術の取り込みに向け、米シリコンバレーなどでの戦略拠点設置や、新興のスタートアップ企業への出資・協業を通じた新事業創出に本腰を入れ始めた。(2018/6/15)

ゼネコンが監修したVR研修とは?開発した積木製作に聞く
積木製作は2018年6月7日、VR(バーチャルリアリティー)技術を活用した訓練、研修コンテンツ「安全体感VRトレーニング」の建設現場シリーズを発売した。VR研修とはどういうものか、なぜVRなのか、積木製作セールスディビジョン シニアディレクターの関根健太氏に聞いた。(2018/6/14)

紙のメモをスマホに同期できる「Neo smartpen」、シリーズ最細・最軽量の「M1」登場
NeoLABは、6月8日に世界最細・最軽量の光学式スマートペン「Neo smartpen」の新シリーズ「Neo smartpen M1」を販売開始。一般のペンと同程度のサイズに既存の機能を集約・搭載し、好み応じて選べるカラーバリエーションを用意している。(2018/6/13)

【連載】成功する動画広告、メディア別の傾向と対策 第1回:
YouTube「TrueView動画広告」でスキップされない仕掛け
プロモーション施策において動画を使い始めたものの効果が感じられないと悩むマーケティング担当者に向け、成功のポイントを解説します。(2018/6/13)

2500台のタクシーで運用を開始:
タクシー配車アプリ「タクベル」を手掛けるDeNAがAWSを選択した理由
DeNAの執行役員でシステム本部長を務める小林篤氏が、タクシー配車アプリ「タクベル」のシステムで活用するAWSの構成概要を紹介した。小林氏は「AWSのソリューションを上手に組み合わせることが現時点で最適なソリューションだ」と分析する。(2018/6/11)

モバクソ畑でつかまえて:
わずか29時間で配信停止に 「画太郎ババァタワーバトル」は何がダメだったのか
他の“そっくりゲーム”とは何が違っていた?(2018/6/10)

AIベンチャーのHEROZ、純利益2.6倍に B2B好調
将棋AI開発などを手掛けるベンチャー企業のHEROZが2017年5月〜18年4月の決算を発表。将棋ウォーズや、B2B領域のAIサービスが好調で増収増益だった。(2018/6/8)

宿題をやると“やる木”が育つIoTペン「しゅくだいやる気ペン(仮)」 コクヨが開発プロジェクトを始動
コクヨは、子どものやる気を育てるIoTペン「しゅくだいやる気ペン(仮)」の開発に着手した。鉛筆に取り付けて筆記量を計測し、筆記量に応じてスマホアプリ内の“やる木”が育つ仕組みで、子どもが自発的に宿題に取り組めるように支援する。(2018/6/8)

楽天、位置情報技術のベンチャー「Curbside」を買収
楽天が、米国のベンチャー企業Curbsideを買収した。Curbsideは、飲食店などが、顧客の位置情報から予測した到着時間に合わせ、商品を準備できるサービスを開発している。(2018/6/8)

シャープ、視聴傾向をAIが分析する「AQUOS 4K」に新モデル
シャープが発表した「AQUOS 4K」の新モデル3機種は、AI技術を活用し、おすすめの番組を音声で知らせるクラウドサービス「COCORO VISION」に対応する。(2018/6/7)

第3回生活のたのしみ展:
コクヨ、勉強しただけ“やる木”が育つIoT文具 「しゅくだいやる気ペン」開発中
「宿題なんてやりたくない!」という子どもに「やる気」を出してもらおうと、コクヨが“IoT文具”「しゅくだいやる気ペン」を開発している。書いた分だけ「やる気パワー」をチャージ。スマホアプリで植木鉢に入った「やる木」にチャージしたパワーを与え、育てていく。(2018/6/7)

東京おもちゃショー2018:
さらにできるようになったな! AI搭載「ハロ」と戯れてきた
AI搭載ロボットになったガンダムのペットロボット「ハロ」が東京おもちゃショーに登場。ハロとガンダムトークで盛り上がれる。(2018/6/7)

世の中の“当たり前”を実現:
PR:三越伊勢丹が誇る「買い物体験」 デジタル化でどう変わる?
三越伊勢丹ホールディングスが今、「デジタル化」をキーワードに顧客とのつながりを強化しようとしている。老舗百貨店は何を変えようとしているのか。デジタル戦略の狙いと店舗の取り組みを探った。(2018/6/7)

集英社、アプリ「画太郎ババァタワーバトル」の配信を停止 「『どうぶつタワーバトル』への敬意と配慮欠いた」
一部で「どうぶつタワーバトル」との類似が指摘されていました。(2018/6/5)

びっくりサイエンス:
増加する音響“攻撃” 米大使館で被害、若者に撃退音も 人体への影響評価は不十分
音を使って相手にダメージを与える非殺傷型の“攻撃”報告が各国で増えている。音波は目に見えないだけに、不意打ちへの防御は難しく、リアルタイムでは気づかないケースも多い。(2018/6/5)

服を買い替える手軽さで、車を乗り換えて:
DMMが「中古車買い取り」参入 仕掛け人が語る“本気度”
DMMが中古車買い取りサービス「DMM AUTO」を開始。アプリで車の写真を撮ると、人工知能が約3分で査定金額を算出するスピード感が特徴だ。事業責任者が狙いを語った。(2018/6/5)

“自撮り動画”で応募 ジャパネットの中途採用選考
ジャパネットホールディングスが、中途採用(正社員)の選考方法を変更。希望者がスマートフォンアプリを使って自撮り動画を撮影し、応募する方式を採用した。(2018/6/4)

ガンダムのAIロボット「ハロ」 7月下旬に予約開始 15万円
AI搭載ロボットになったガンダムのペットロボット「ハロ」の予約受け付けが7月下旬に始まる。価格は約15万円。(2018/6/4)

増加する音響“攻撃” 米大使館で被害、若者に撃退音も 人体への影響評価は不十分
音を使って相手にダメージを与える非殺傷型の“攻撃”報告が各国で増えている。人体への悪影響に関する研究はまだ少なく、有効な対策のないまま被害がさらに増える恐れがある。(2018/6/4)

銀座三越、服のレンタルをスマホアプリで
スマートフォンアプリを活用し、気に入った服をレンタルできるサービスが、銀座三越(東京都中央区)で試験的に始まる。対面での接客という強みを生かしつつ、スマホアプリを活用し、顧客との接点を増やす。(2018/6/1)

ソニーのスマート照明「マルチファンクションライト」が2年越しの市販化 Amazon Alexaに対応
ソニーネットワークコミュニケーションズはスマート照明「マルチファンクションライト」の一般販売を開始すると発表した。新たにAmazon Alexaに対応した。(2018/5/31)

要件定義のアドバイスも:
IoTシステムのセキュリティ対策を支援、EGセキュアソリューションズがコンサルティング提供開始
EGセキュアソリューションズは、IoTシステムのセキュリティ対策を支援するコンサルティングサービスを開始する。IoTシステムの構築に向けて脅威分析や要件定義のアドバイスを提供するのに加え、既存のシステムに対してセキュリティ上のリスクを可視化し、セキュリティ対策をアドバイスする。(2018/5/31)

ポケモンGOに「アローラのすがた」のナッシー登場 Switch新作にも連れていける
スマートフォンアプリ「Pokemon GO」の開発チームは5月30日、ゲーム内に「アローラのすがた」のナッシーを登場させると発表した。(2018/5/30)

モンスターボール型コントローラー「モンスターボール Plus」登場 ポケモン新作と「GO」の両方で使える
どんな風に使うのかな?(2018/5/30)

半径300メートルのIT:
Gmailで「届いたメールをうっかり忘れた悲劇」をなくす方法
新たにGmailに追加された「スヌーズ」機能。ただのリマインド以外にもおいしい使い方があるの、知ってますか?(2018/5/29)

楽天、出版取次の大阪屋栗田を買収
楽天は、出版取次3位の大阪屋栗田の第三者増資を引き受け、出資比率を51.0%に高めて子会社化すると発表した。KADOKAWA、講談社、集英社、小学館、大日本印刷も第三者増資を引き受けて追加出資する。(2018/5/25)

「AbemaTV」ブラウザ表示速度が3倍に
AbemaTVが、インターネットテレビ局「AbemaTV」のブラウザ視聴での表示速度を向上させる機能改善を行った。(2018/5/25)

「LINEマンガ」分社化 事業スピード加速
LINEは電子コミックサービス「LINEマンガ」事業を分社化する。(2018/5/25)

「近くにあるから買う」からの脱却 利用者の行動を変えたコカ・コーラ「スマホ自販機」
(2018/5/25)

NTTデータ、QRコードでATMの入出金を可能にする機能を提供 まずは北越銀行に導入
キャッシュカードレス。(2018/5/24)

忘れ物タグ「MAMORIO」にシール型登場 スマホやノートに貼れる
スマートフォンのアプリと組み合わせて使う忘れ物タグ「MAMORIO」にシール型の「FUDA」が登場。ノートやスマートフォンなど、従来のMAMORIOが利用しにくかったアイテムにも簡単に装着できる。(2018/5/24)

クルマがつながる、クルマでつながる:
自動車界を開拓する「DeNA」が、カーシェアリングサービス「Anyca」で目指す未来
自家用車のシェアリングサービス「Anyca」は、入社3年目の2人のエンジニアの発案から始まった。さまざまな業種とのコラボレーションで守備範囲を広げ続けている同サービスは、どのような体制でプロジェクトを回しているのだろうか。事業責任者とリードエンジニアにお話を伺った。(2018/5/24)

Uber、淡路島で地元タクシーの配車可能に 今夏から実証実験
米Uber Technologiesが、兵庫県淡路島で、地元のタクシーを同社の配車アプリで呼べる実証実験を行う。(2018/5/23)

niconico、“投げ銭”導入へ 新バージョン(く)は6月28日から
ドワンゴが「ニコニコ動画」「ニコニコ生放送」の改善計画を発表。回線の増強や投げ銭機能の実装などを行う。(2018/5/23)

「niconico(く)」6月28日提供開始 夏には“投げ銭機能”も導入へ
ついに……!(2018/5/22)

“SAO”のアスナが目の前に――ソードアート・オンラインVR「Lovely♡Honey♡Days」 18年配信予定
バンダイナムコエンターテインメントは5月22日、スマートフォン(iOS/Android)向けVRアプリ「ソードアート・オンラインVR Lovely♡Honey♡Days(ラブリーハニーデイズ)」を発表した。18年配信予定としており、事前登録を受け付けている。(2018/5/22)

2700万円で落札された「me&stars」第1弾企画が実現:
データで振り返る「山田孝之の1日受付」、測ったバストは合計222メートル56センチ
ミーアンドスターズとシーオーメディカルはSHIBUYA109にてイベントを開催。俳優でミーアンドスターズ取締役CIO(Chief Innovation Officer)の山田孝之氏が5時間30分にわたり、300人の女性のバストを測定し続けた。(2018/5/22)

新連載:アニメに潜むサイバー攻撃:
アスナさんは“キリト君の心”をハックしている? 「劇場版ソードアート・オンライン」の危ないシーン
「アスナさんは“キリト君の心”をハックしている?」――「劇場版ソードアート・オンライン」のワンシーンから、そう遠くない未来、起こるかもしれないサイバー攻撃を、内閣サイバーセキュリティセンターの文月涼さんが解説。(2018/5/22)

NTTBP、公衆Wi-Fiの「ロボット型自動接続プログラム」批判、「不適切な利用」制限へ 「エリアオーナーの意図をないがしろにしている」
NTTBPは、同社が提供する公衆無線LANサービスに接続する際、指定するWebページを経由しなかったり、機械的に発行されたメールアドレスを使って自動で利用登録する「自動接続プログラム」が出回っているとし、そういったプログラムによる接続を制限するなどの措置を講じると発表した。(2018/5/21)

ゆうちょ銀、スマホ決済に参入 「ゆうちょPay」19年2月スタートへ
ゆうちょ銀行は、スマートフォンアプリを使って銀行口座から即時支払いできるサービス「ゆうちょPay」を、2019年2月をめどに始める。(2018/5/21)

製造ITニュース:
人と機械が協業できるIoTの実現へ、キヤノンITSが「VANTIQ」を販売
キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は2018年5月21日、米国スタートアップのVantiqとの間で、同社の次世代アプリケーション開発プラットフォーム「VANTIQ(バンティック)」の販売パートナー契約を締結したと発表した。同年6月1日から販売を始める。(2018/5/21)

所持品に紛失防止タグを付けてアプリに登録するだけ:
IoT活用の「お忘れ物自動通知サービス」、横浜市交通局が正式導入
MAMORIOは、「お忘れ物自動通知サービス」を横浜市交通局に正式導入する。Bluetooth Low Energy通信機能を備えたタグと専用のIoTゲートウェイを活用したもので、紛失物が届けられると、自動的に所有者に位置情報が通知される。(2018/5/17)

ドコモ、dポイントで投資体験できるサービス
NTTドコモが、現金ではなく「dポイント」を利用して投資体験できるサービス「ポイント投資」の提供を始めた。投資初心者向けに、スマートフォンでの資産運用を体験してもらう狙い。(2018/5/16)

風呂に浮かべて湯加減チェック、IoTデバイス「フーロン」 博報堂が開発
ユーザーの好みと体調に合わせ、風呂を出るタイミングを知らせるIoTデバイス「fuuron」(フーロン)を博報堂が開発した。2019年度中の発売を目指す。(2018/5/16)

折りたたみキーボードに回帰した「ポメラ」 画面は電子ペーパー
キングジムが「ポメラ」の新機種「DM30」を6月8日に発売する。現行機種「DM200」はノートPCなどに近いクラムシェル型でバッテリーを内蔵しているが、DM30は新機構の折りたたみ式キーボードに回帰し、乾電池で駆動するスタイルに戻った。(2018/5/15)

サブスクの波がカラオケにも:
月額1500円で“歌い放題” 「カラオケの鉄人」の新提案
「カラオケの鉄人」の鉄人化計画が月額定額制サービス「カラ鉄ホーダイ」をスタート。アイドルタイムの活用やコアファンの利用を見込む。新たな利用者層を取り込む狙いも。(2018/5/14)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。