ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ソニー生命保険」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

残業少ない企業が人気:
保険業界の「働きやすい企業」 1位は週1回「午後5時半」に帰れる、あの企業
保険業界の中で働きやすい企業は?――グローバルウェイ調べ。(2018/8/17)

私が起業した理由:
YouTuber教育プログラムで子どもたちに教えている、動画の撮り方より大切なこと
子どもたちのやりたいことを叶えたいという思いから「YouTuber Academy」の運営を始めたFULMA代表の齊藤涼太郎さん。彼が考える、子どもたちに身に付けてほしい、変化の激しい時代を生き抜くのに必要な力とは何だろうか?(2018/8/1)

今日のリサーチ:
平成生まれと昭和生まれはどれだけ違う? 好みのSNSから未来観まで比較――ソニー生命保険調査
20代と50代、消費行動やよく使うSNSなど、さまざまな違いが浮かび上がりました(2018/5/14)

お小遣い額トップは東京都::
倹約家1位は大阪府、浪費家1位はあの県…… 都道府県別お金に関する意識調査
お金の使い方で県民性がみえてくる――ソニー生命保険が2018年版47都道府県別お金に関する意識調査の結果を発表した。(2018/3/30)

セガ、「YouTuber体験スタジオ」を期間限定でオープン
セガが「イオンモールむさし村山」に「YouTuber体験スタジオ」を期間限定でオープンする。(2018/3/1)

“日本が知らない”海外のIT:
SNSで稼ぐ新時代の“マイクロインフルエンサー” 成功の条件は
ソーシャルメディアで活躍する「マイクロインフルエンサー」たち。フォロワー数は1000〜10万人規模だが、ファンとの距離の近さや親しみやすさが魅力で、企業もその宣伝効果に注目している。(2018/1/26)

「分岐やGotoは難しかったけど楽しい」:
NTTドコモ、キッザニアに携帯電話ショップ接客ロボットのプログラミング体験施設をオープン
NTTドコモは2017年7月7日、東京・豊洲のキッザニア東京に「ロボット研究開発センター」パビリオンをオープンした。関西のキッザニア甲子園では2017年7月10日にオープンする。(2017/7/7)

失敗フォローでやる気向上:
新人のやる気を奪う言葉、1位は「仕事に向いていない」
社会人1〜2年目の若手社員にとって、やる気のアップ・ダウンにつながる要素は?――ソニー生命保険調べ。(2017/5/10)

中高生のなりたい職業、男子はITエンジニア・女子は芸能人が人気 「YouTuber」は年齢による違いも
YouTuberは男子中学生では3位、男子高校生では10位との結果が興味深い。(2017/5/2)

男子中高生がなりたい職業、1位に「ITエンジニア」
ソニー生命がネットで調査した。(2017/5/1)

週刊「調査のチカラ」:
「女の一生」リサーチまとめ
女性の思い描く「なりたい自分」、結婚の新常識、子育てに関して妻と夫の思惑は同じなのか違うのか。女心を調査データで探ってみると……。(2017/3/25)

医療関係の職業が上位に:
子どもに就いてほしい職業は?
子どもに就いてほしい職業は?――ソニー生命保険調べ。(2017/3/17)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
経営戦略の一環としての働き方変革――IT活用で生産性向上や組織のスピード化を実現
いつでも、どこでも仕事ができる環境の構築で、働き方を変革することができる。そのためには、ITの活用が不可欠である。それでは、どのようにITを活用して働き方を変革すればよいのだろうか。(2017/1/17)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(7):
新潟編:エンジニアで飯が食えるか?――統計で見る新潟の給与、残業時間、求人数
街はどんなところ? エンジニアの仕事はあるの?――「もし、新潟で働くとしたら」と考えると、いろいろな疑問や不安が生じるはずです。U&Iターンの理想と現実をお届けする本連載。新潟編の始まりです。(2016/7/22)

MVNO事業に参入の新会社:
アドベント、「VAIO S11」オリジナルモデルやWi-FiルーターをSIMとセットで販売
アドベントがMVNO事業に参入し、SIMカードと端末をセットにしたサービスを提供する。セット端末は、「VAIO S11 LTEオリジナルモデル」とモバイルWi-Fiルーター「AirCard AC785」。月額1000円で1GBから利用できるプランを用意する。(2016/4/28)

「定年まで働きたい」社会人1年生は3割、2年生は?
最初に就職した会社で、どのくらいの期間働きたいですか? 社会人1〜2年目の男女に聞いたところ……。ソニー生命保険調べ。(2016/4/14)

PR:金融や小売の現場で導入が進む「電子サイン」 が紙文書完全電子化へのカギを握る
企業業務のIT化の一環として進められてきた紙文書の電子化だが、現実に目を転じると紙文書は今でもいたるところで利用されて、あまり進んでないのが実情だ。その最たる理由が、契約書などに署名する際にはこれまでに人々が慣れ親しんできた紙が最も好まれたからだ。ただし、「電子サイン」の登場がこの状況を大きく変えることになる。(2015/10/14)

会社の先輩から言われて、やる気が奪われるセリフ
会社の先輩から言われて、やる気が奪われるセリフは何ですか? この春就職した新社会人と就職してから1年が経つ男女に聞いた。ソニー生命保険調べ。(2015/4/15)

人生でこれだけは避けたいなあ、と思っていること
人生にはさまざまなリスクがあるが、これだけは避けたいと思われていることは何だろうか。20〜50代の男女に聞いた。ソニー生命保険調べ。(2015/1/16)

ソニー、本社の土地をソニー生命に売却 528億円で
ソニーは7月28日、都内の本社の土地をソニー生命に売却する。(2014/7/28)

若手社員がやる気をなくす言葉、1位は?
1〜2年目の社会人が「先輩社員に言われてやる気をなくす言葉」のトップは「この仕事、向いてないんじゃない?」だったと。ソニー生命保険調査。(2014/4/16)

「大増税」時代に備えて:
経費を“増やす”方法――個人事業主向けの節税対策を考える
前回まではサラリーマンの人に向けて年末調整の書き方を紹介したが、今回は個人事業主として独立したばかりの人、あるいは近いうちに独立を考えている人に向けて節税方法を紹介したい。ポイントは経費を増やすことだ。(2012/12/5)

家電量販の満足度1位は「ヨドバシ」 業界団体調査
サービス産業の業界団体による顧客満足度調査によると、家電量販店では2年連続でヨドバシカメラが1位に。銀行では住信SBI銀、旅行では一休.comがトップになるなど、ネット専業の満足度も高い。(2012/2/7)

イマドキ中学生の69.4%は、10年後の将来に不安を感じる
イマドキの中学生は、自分の将来をどのように考えているのだろうか。10年後の将来について聞いたところ「不安を感じている(とてもを含む)」と答えたのは69.4%いた。ソニー生命保険調べ。(2012/1/13)

ビジネスイノベーターの群像:
業界の常識を疑うことが変革の出発点――ソニー生命の橋本常務
イノベーションが起きにくいと思われている生命保険の世界で、業界の常識に疑問を投げかけるところから始まったソニー生命は今や業界大手の一角を占める。それは顧客の人生に寄り添う提案を続けてきたたまものだという。(2011/11/25)

介護保険のこと、どのくらい知っていますか?
(2011/7/28)

BRAVIAやXeonなどが受賞――グリーンITアワード2008
省エネ効果が高いIT機器などを表彰する「グリーンITアワード」。経済産業大臣賞に輝いたのは、NECの省電力サーバとソニーシティの空調システムだった。(2008/9/26)

ネット生保の関心度は37.0%――しかし最も加入したい生保では“苦戦”
保険金の不払い問題などで不信感が根強く残る生命保険業界。しかし「現在加入している生保との契約を継続したい」と考えている人は増加傾向にあるようだ。マイボイスコム調べ。(2008/8/11)

「IT経営協議会」発足、憂国の経営者がITを生かした経営を討議
IT活用によるニッポン企業の競争力向上は、個々の企業のみならず、国家レベルで取り組むべき課題だ。経営者をはじめ産官学の有識者からなる「IT経営協議会」は、経営とITの融合や、それを支える高度IT人材、さらには企業の枠を超えた共通基盤の整備などについて議論し、実現を目指す。(2008/6/23)

キャスター・目黒陽子の「今、これが気になる」:
子どもが生まれたら、必要なのは預金? それとも保険?
子どもを大学まで行かせるとすると、総額でいくらになるか、ご存じですか? 答えは国公立で約1000万円、私立で約2000万円。高い教育費をどうやって貯めていくか、その方法を考えていきましょう。(2008/6/2)

ソニー銀行社長インタビュー:
預金残高2兆円を達成させ、ソニー銀行のブランド確立へ
開業から7年弱で預金残高が1兆円を突破したソニー銀行。なぜネット銀行が顧客満足度で1位となり、口座が増え続けているのだろうか? 「道具としての銀行」として、ユーザーの使いやすさを追求してきた、ソニー銀行の石井茂社長が語る。(2008/4/8)

ソニー3Q、売上高過去最高 「PS3」「BRAVIA」貢献
PS3とBRAVIAが好調で、ソニーは四半期ベースで過去最高売上高を達成した。だが価格下落が激しく営業利益は縮小。円高や市況悪化の影響で、通期の営業利益見通しは下方修正した。(2008/1/31)

ソニー上方修正 BRAVIAは「ラインアップ間違って」不振
ソニーが通期業績予想を上方修正した。ただ液晶テレビ「BRAVIA」やPS3など戦略商品が苦戦。BRAVIAはHDモデルの投入が遅れた。(2007/10/25)

ソニーの金融子会社、東証1部に上場へ
(2007/9/4)

サイバーショット好調 ソニー1Q、過去最高益
ソニーの1Qは売上高・利益とも過去最高を更新した。「サイバーショット」や「ハンディカム」などが好調だったが液晶テレビ「BRAVIA」は苦戦。ゲーム部門は営業赤字が拡大した。(2007/7/26)

ソニー3Qは増収減益 「BRAVIA」「サイバーショット」好調
ソニーの3Qは、売上高で過去最高を更新した。液晶テレビやデジタルカメラなどエレクトロニクス分野が増収に貢献。損益面では、PS3立ち上げコストが響いて減益となった。(2007/1/30)

ソニー生命が情報システム運用を日本IBMにアウトソーシング、2割弱のコスト削減へ
日本IBMは2014年まで7年半、ソニー生命の情報システム運用を請け負うことになった。ソニー生命では、契約期間中、2割弱程度のコスト削減を見込んでいるという。(2006/11/21)

動き出したSOAのいま:
ソニー生命と出光の事例で垣間見えるSOAの本質
国内におけるSOAの成功事例はまだそれほど数は多くはない。そんな中、出光興産とソニー生命はそれぞれまったく異なるアプローチでSOAによる基幹システムの再構築を行った。だが、2つの事例には幾つかの共通点もあった。(2006/9/7)

今、見直されるアイデンティティ管理:
ソニー生命のWebポータルを支えるID管理基盤、J-SOX対応も視野に
ソニー生命保険では、日常業務を支えるプラットフォームとして新しいWebポータルを構築した。このシステムを裏で支えるのがID管理システム。厳密なアクセス制御とタイムリーなアカウント同期を実現している。(2006/6/23)

ソニーのエレキ、「回復に道筋」
ソニーのエレクトロニクス事業が回復に近づいている。「BRAVIA」や半導体をけん引役に、今期は一気に黒字化する計画だ。(2006/4/27)

ソニー、通期予測を上方修正 700億円の最終黒字に
「BRAVIA」や「PSP」の好調でソニーが増収増益決算を発表。通期業績予想は100億円の最終赤字から一転、700億円の黒字に上方修正した。(2006/1/26)

ソニー、153億円の営業赤字に 通期予想を下方修正
ソニーの第1四半期は赤字。携帯プレーヤーなどは好調だったが、テレビが不振だった。通期業績予想も下方修正する。(2005/7/28)

スパイダーマンの足を引っ張るAV――苦戦続くソニー
ソニーの2004年度第3四半期の業績を発表した。映画や金融などは堅調ながらも、AV分野の苦戦はかわらず、売上高・営業利益ともに前年同期を下回る厳しい結果となった。(2005/1/27)

ソニー、7四半期ぶり増益も“AV製品の暗雲”晴れず
ソニーの2004年度第2四半期の業績で、営業利益が前年同期比30.6%増を記録。四半期ベースで7四半期ぶりに好転したほか、中間期でも増益となった。だが“AV製品分野が窮地”という状況は改善されていないようだ。(2004/10/28)

ソニー芝浦新ビルの概要を公表
(2004/7/22)

ソニー、エレクトロニクス分野は赤字転落 PSXは「目標台数届かず」
前年度は414億円の黒字だったエレクトロニクス分野は353億円の赤字に転落。リストラ費用が響いた。DVDレコーダー全体の売り上げは好調だったというが、PSXの売り上げは目標台数に届かなかった。(2004/4/27)

ソニー金融持株会社を金融庁が認可
(2004/3/30)

ソニー、金融分野強化で中間持株会社を設立へ
(2004/2/27)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。