ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「Surface Book」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Surface Book」に関する情報が集まったページです。

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「次世代Surface」にまつわる3つの開発コード名 2018年後半に何が出る?
ここ数年は秋に「Surface」ブランドの新ハードウェアを投入してきたMicrosoft。2018年後半以降の新機種に関係すると思われる3つの開発コード名を追う。(2018/6/18)

新たに「Meltdown」「Spectre」関連の脆弱性、IntelはBIOSアップデートの準備
Intelなどのプロセッサに発覚した「Meltdown」「Spectre」と呼ばれる脆弱性に関連して、新たに2件の脆弱性が確認された。(2018/5/22)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
ウワサの「低価格Surface」は本当に発売されるのか
「Microsoftが2018年後半に400ドルの低価格Surfaceを投入する計画」というウワサは本当なのだろうか。Surfaceシリーズのこれまでの歴史と、Microsoftの現状から、その可能性を考える。(2018/5/22)

Microsoft Focus:
新たなデバイス×デザイン空間で働き方はどう変わる? クリエイティブな「PR Room」の効果は
日本マイクロソフトが、外部との会議や取材などに使う「PR Room」を“クリエイティブな空間”に刷新。新たなデバイスとデザイン空間で働き方はどう変わるのか。(2018/3/28)

VAIO S11・S13の「ALL BLACK EDITION」を2台まとめて徹底検証する
第8世代Coreに独自チューニングを施し、さらなる性能向上を図った新しい「VAIO S11」と「VAIO S13」。その特別な新色モデルの「ALL BLACK EDITION」を2台まとめて徹底レビューする。(2018/3/8)

15型「Surface Book 2」予約開始 発売日は4月6日
待望の15型モデルは4月6日発売。税別価格は28万3800円から(2018/2/22)

SOLIDWORKS WORLD 2018:
ホットロッド、超音速旅客機、ジェットボード、そしてハリウッド映画――「SOLIDWORKS」活用事例
米国カリフォルニア州ロサンゼルスで開催された「SOLIDWORKS」ユーザーの祭典「SOLIDWORKS WORLD 2018」(会期:現地時間2018年2月4〜7日)では、カスタムカーや超音速旅客機、水上ジェットボード、ハリウッド映画のセットなど、SOLIDWORKSを活用したさまざまな設計開発事例が披露された。(2018/2/21)

“美しすぎるモバイルPC”が第8世代Coreで進化 「HP Spectre 13」実力検証
日本HPから登場した「HP Spectre 13」は造形美と機能美を追求をしたモバイルノートPCだ。第8世代CoreやThunderbolt 3など先進技術を盛り込み“美しすぎるノート”が生まれ変わった。(2018/2/21)

モバイルの枠を超えるパワー! 「Surface Book 2」完全レビュー
上質感あふれる美しいデザイン、第8世代Core i7とGTX 1050による高性能、先進のインタフェース。「Surface Book 2」はまさに“プレミアム”だ。(2018/1/29)

達人レビュアーが選んだ2017年のイチオシPC
2017年も多くのPCや2in1が登場し、注目製品をじっくりレビューしてきた。この1年で印象深いモデルを選出していこう。(2017/12/31)

メカ設計 年間ランキング2017:
さよなら123Dでエモい、エヌビディア定規がフィーバーですっごーい!
2017年の締めくくりに、年内に公開したMONOist メカ設計フォーラムの記事ランキング・ベスト10を紹介します。さて、今年の第1位は……?(2017/12/28)

高度なグラフィックス処理と耐久性
新2-in-1「HP ZBook x2」の実力、Surface Proを挑発する自信の根拠とは?
近日発売予定のHP「HP ZBook x2」にはIntelのプロセッサ「Kaby Lake」が搭載される。この点は、同じキーボード着脱方式を採用するMicrosoftの競合2-in-1デバイスと同じだ。(2017/11/12)

一押しは「Windows Story Remix」
「Windows 10 Fall Creators Update」を徹底レビュー、「ペイント3D」よりわくわくする機能は?
「Windows 10」の大型アップデート「Windows 10 Fall Creators Update」の豊富な機能を実際に利用してみた。数ある機能の中で「一番の目玉」といえるものは何か。(2017/11/11)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Cortanaスピーカーが来て、Kinectは去る 2017年秋のWindowsエコシステム更新
Cortana搭載スマートスピーカー「Invoke」の販売が米国で始まる一方、3Dモーションセンサーの「Kinect」は生産終了となった。2017年秋のWindowsエコシステム新旧交代をまとめて紹介する。(2017/11/1)

大型化だけではなくグラフィックスも強化
「Surface Book 2」、Microsoftの今を詰め込んだ“全部盛りノート”の見逃せない点
前作Surface Bookから約2年、ついにSurface Book 2が発表された。15型ディスプレイとIntel第8世代プロセッサを搭載し、Windows Hello連動や高グラフィックスメモリなどMicrosoftの今が詰まった本製品を紹介する。(2017/10/29)

MRだけじゃない!! 日本語フォント「UDデジタル教科書体」にも注目――Windows 10 FCU
日本マイクロソフトが、大型アップデート「Windows 10 Fall Creators Update」に関する説明会を開催。同社の取り組みについて報告がなされた。(2017/10/19)

13.5型「Surface Book 2」、国内価格は税込み20万664円から
Microsoftが「Surface Book 2」を発表、11月9日に事前予約を開始する。第8世代Core i7を搭載する上位モデルも登場。(2017/10/18)

Microsoft、3台の端末とペアリングできる「Surface Precision Mouse」を99.99ドルで発売へ
Microsoftが「Surface Book 2」と同時に3台のPC/Macと同時接続できるBluetooth/USBマウス「Surface Precision Mouse」を発表した。価格は99.99ドルだ。(2017/10/18)

Microsoftの「Surface Book 2」、13インチは日本で11月16日発売
Microsoftが「MacBook Pro」対抗で2年前に発売した「Surface Book」の新モデル「Surface Book 2」を発表した。先代同様脱着式のハイブリッド端末で、新たに15インチモデルが加わった。13.5インチモデルのみ日本でも11月16日に発売する。価格は税込み20万664円から。(2017/10/18)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
新Surfaceは10月末にロンドンで発表か 3日はMixed Realityイベントも
Microsoftが10月に開催する2つのイベント。3日はWindows Mixed Reality、31日はSurfaceの新発表が期待できそうだ。(2017/9/29)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Surfaceはおすすめしない」 Consumer Reportsの格付けに思うこと
米国で影響力がある情報誌のConsumer Reportsが、「Surface」シリーズを「おすすめしない」と評価。Microsoftはこれに反論し、注目を集めている。(2017/8/18)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10秋の大型アップデートに合わせて登場する「次世代Surface」とは?
2016年10月は「Surface Studio」を発表した米Microsoft。2017年10月にも新製品を発表するか。(2017/8/15)

「Surface Laptop」と「Surface Book」、Consumer Reportsが“お勧め”取り消し
米非営利消費者団体の情報誌「Consumer Reports」が、Microsoftの「Surface Laptop」と「Surface Book」につけていた“お勧め”を取り消した。会員ユーザーの調査結果から出した「予測信頼度」に基づく決定としている。(2017/8/11)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Microsoftが米国で始めた「Surface Plus」の狙い
個人、法人を問わず、Surfaceを使い続けたいユーザーに向けたプログラムが米国で始まった。(2017/8/11)

DMS2017 マイクロソフト 展示レポート:
PR:「Surfaceファミリー」がもたらす設計者の新たな「働き方改革」とは
大型のディスプレイとワークステーションのあるデスクに張り付かざるを得なかった設計者の業務にモビリティーを生み出すという形で「働き方改革」をもたらしたマイクロソフトの「Surfaceファミリー」。2in1デバイスの枠を超えてラインアップに加わった「Surface Hub」と「Surface Studio」も、設計者に新たな形での「働き方改革」をもたらすことになりそうだ。(2017/7/12)

DMS 2017特別企画 シーメンス・ブースレポート:
PR:ファセットとソリッドのちゃんぽん作業OKな「Solid Edge ST10」、トポロジー最適化にも対応
「第28回 設計・製造ソリューション展(DMS 2017)」に出展したシーメンスPLMソフトウェアは「Solid Edge」ブランド製品の目玉機能をデモも交えて披露した。ベースとなる3D設計機能の拡充に加え、3Dプリンタのデータとしてよく使うファセット(ポリゴン)データが、ソリッドCADで“普通に”編集できるようになった、コンバージェントモデリングに注目が集まった。音場を3Dでリアルタイムに可視化する「LMS Soundbrush」の実機デモ、マイクロソフトの2 in 1タブレットPCシリーズ「Microsoft Surface Pro」製品でのタッチスクリーン操作も多くの来場者の目を引き付けた。(2017/6/26)

DMS2017:
「Surfaceファミリー」が勢ぞろい、思わず裏側を見ちまうぜ……
日本マイクロソフトは、「第28回 設計・製造ソリューション展(DMS2017)」において、モバイルPC「Surface Pro」をはじめとする「Surfaceファミリー」を出展。設計や製造に携わる技術者の「働き方改革」にどのように役立つかを訴えた。(2017/6/23)

Microsoftの「Cortana」、画像認識でリマインダー提言(Build 16215)
Microsoftが、「Fall Creators Update」で追加する多数の新機能を搭載するプレビュー版「Build 16215」を公開した。AIアシスタントのCortanaが画像内の日付を検出してリマインダー作成を提言する機能や、日本語フォントとして「UDデジタル教科書体」が追加された。(2017/6/13)

Microsoft Focus:
Surfaceファミリーに息づく日本の“モノづくり精神”
第5世代となる「Surface Pro」やクラムシェル型の「Surface Laptop」を掲げ、フルラインアップのSurfaceファミリーで挑むMicrosoftのプレミアム戦略とは?(2017/6/3)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
新Surface ProはなぜUSB Type-Cを搭載しないのか 米Microsoftのキーマンに聞く
「Surface Pro」「Surface Studio」「Surface Laptop」の国内発表を一気に行った日本マイクロソフト。米Microsoft本社から来日したSurface担当者にさまざまな疑問をぶつけてみた。(2017/5/29)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Windows 10 S」「Surface Laptop」に対する期待と不安
日本での発表も期待される「Windows 10 S」と「Surface Laptop」。今回は戦略的な意義と今後の可能性から、これらを考えてみる。(2017/5/17)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Surface Laptopは序章だった? 5月23日に「新Surface Pro」発表か
年次開発者会議の「Build 2017」を直前に控えたMicrosoftだが、ハードウェア新製品の目玉は5月23日に上海で行うイベントまで取っておくつもりかもしれない。(2017/5/10)

Microsoftの「Build 2017」直前予測
Microsoftの年次開発者会議「Build 2017」の基調講演は日本時間の5月11日午前0時からライブ配信される。(2017/5/10)

Microsoft、新型「Surface Laptop」発表 クラムシェル型、カラバリ4色、新OS搭載
米Microsoftが「Surface Laptop」を発表した。(2017/5/2)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Azure好調で増収増益のMicrosoftが抱える課題
米Microsoftの2017年1〜3月期決算は、Office 365とAzureの好調を受けて増収増益。新モデルの投入が遅れているSurfaceの売上高は26%減だった。(2017/5/1)

日本マイクロソフト Surface Book:
3D CADオペレーターを対象とした「Surface Book」の新製品
日本マイクロソフトは新製品の「Surface Book」を発表。2017年4月20日より販売開始する。(2017/4/25)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
5月2日に「Windows 10 Cloud」と「新Surface」が発表される?
教育分野で台頭する「Chromebook」対抗の新しいWindowsデバイスが、5月2日にMicrosoftから発表されるのではないか――そんなウワサが出てきている。(2017/4/15)

Chromebook対抗Surface発表か:
Microsoft、5月2日に教育関係イベント開催
Microsoftが5月2日にニューヨークで教育関連の発表イベントを開催し、ライブ配信する。教育市場に強いGoogleのChrome OS+Chromebookに対抗するクラウド版Windows 10+Surface Bookが発表されるのかもしれない。(2017/4/13)

“Surface Book 2”は普通のノートPCスタイルになる?
ノートPCにもタブレットにもなるSuarface Bookの後継機だが、「一般的なノートPCスタイルになる」との観測がある。しかも、この春には登場しないといううわさも――。(2017/4/11)

CADニュース:
2倍速い、3D CADユーザーを対象にした「Surface Book」の新製品
日本マイクロソフトは新製品の「Surface Book(パフォーマンス ベース搭載モデル)」を発表。大容量バッテリーを搭載し、外部CPUとして「NVIDIA GeForce GTX 965M」を採用した。(2017/4/11)

「Surface Book」のハイエンドモデルを日本で発売へ 30万8664円から
Microsoftのハイブリッドノート「Surface Book」のハイエンドモデル「Surface Book with Performance Base」の予約がようやく日本でも始まった。発売は4月20日だ。バッテリー持続時間が30%長い16時間で、グラフィックス性能は2倍とうたっている。(2017/3/30)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Surface Book 2は変形しないノートPCになって大幅値下げか
シンプルなクラムシェルノートPCになるとのウワサが出ている。(2017/3/24)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Surface Pro 5や次世代HoloLensはいつ出る? Microsoftハードウェア最新動向
Windows 10 Creators Updateも気になるが、Microsoftのハードウェアも気になるところだ。(2017/3/3)

Surface向けアーチ型キーボード「Ergonomic Keyboard」発売 スペースキーは2分割
「Surface Pro 4」「Surface Book」向けにキーボード「Surface Ergonomic Keyboard」が発売。キーがアーチ型に配置され、中央のスペースキーは2分割されている。(2017/3/3)

校務と教務の両方で活躍
南房総市教育委員会が「Surface Book」の採用で目指したICT教育の理想形とは
南房総市教育委員会は、校務と教務の両方に活用できるデバイスとして「Surface Book」を導入した。タブレットの利用は授業にどのような変化をもたらしたのだろうか。(2017/2/27)

サイバーセキュリティに関する広範な製品とサービス施策を発表:
マイクロソフトの「サイバーセキュリティ強化策」は、この1年でどれだけ進んだのか
マイクロソフトが、同社の注力するセキュリティ分野の技術、サービス開発、提携状況の過去1年の成果と状況を告知。モバイルファースト、クラウドファーストの実践に不可欠となるクラウドセキュリティにおける同社の取り組みをアピールした。(2017/2/14)

Microsoft Focus:
MS社長室のスタンディングデスクがもたらした“働き方改革”
社長室突撃企画第1弾。ワークスタイル改革を推進していることで知られる日本マイクロソフトに、“社長室で始まった改革”があるのをご存じだろうか。(2017/2/8)

Microsoft Focus:
登場から5年、Surfaceはどこに向かうのか
2012年に第1号機が発売されたSurfaceは今年(2017年)、発売から5年目を迎える。この5年間でSurfaceはどんな成果を生み、市場にどんなインパクトを与えたのだろうか。Surfaceファミリーが目指す方向や戦略を探る。(2017/2/1)

Microsoft、Azure好調で増収増益 クラウドへのシフトが鮮明に
Microsoftの10〜12月期の決算は、アナリスト予測を上回る増収増益だった。インストール版のOfficeやハードウェアが不調な中、AzureやXbox Liveなどのクラウドサービスが好調だった。買収を完了したLinkedInも売り上げに貢献した。(2017/1/27)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Surface Book 2」と「Surface Pro 5」の登場を控えてキーマンは去る
「Surface Studio」の日本上陸が待たれるところだが、「Surface Book 2」と「Surface Pro 5」が登場する兆しも見え始めてきた。(2017/1/27)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。