ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

企業再生 に関する記事 企業再生 に関する質問

「企業再生」最新記事一覧

いまさら聞けない 「アメーバ経営」入門(2):
「アメーバ経営」の3つの目的
「アメーバ経営」を製造業の運営にどう当てはめるかという手法と事例を解説する本連載。第2回となる今回は、アメーバ経営で目指すべき“3つの目的”を紹介する。(2014/10/6)

再生請負人が見る製造業(3):
自動車部品メーカーに求められる“延長線上ではない改革”
企業再生請負人が製造業の各産業について、業界構造的な問題点と今後の指針を解説する本連載。今回は自動車OEMの動きを背景に、自動車部品メーカーが抱える問題点について解説する。(2014/9/16)

いまさら聞けない 「アメーバ経営」入門(1):
「アメーバ経営」とは何か
グローバル競争の激化により多くの日系製造業が苦しむ中、にわかに注目を浴びているのが「アメーバ経営」だ。京セラをグローバル企業に押し上げ、会社更生法適用となったJALを復活させた原動力は何だったのか。本連載では、「アメーバ経営とは何か」を解説するとともに、その効果を示す事例としてJAL整備工場での変化について紹介する。第1回となる今回は「アメーバ経営」そのものを紹介する。(2014/9/12)

再生請負人が見る製造業(2):
アップルにあって日系電機メーカーにないものは何か?
企業再生請負人が製造業の各産業について、業界構造的な問題点と今後の指針を解説する本連載。今回は苦境が続く日系エレクトロニクス産業について解説する。(2014/7/30)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
新VAIOは“次世代プロセッサ搭載PCの完成形”を目指す――関取社長ロングインタビュー
7月1日に発足した「VAIO株式会社」。ソニーという巨大企業から小さなPCメーカーのブランドとなったVAIOは、どこへ向かおうとしているのか? 関取高行社長の本音に迫る。(2014/7/23)

FAニュース:
ニューホライズン キャピタル、中堅鍛造メーカーの丸茂工業へ投資
四輪車・二輪車・船舶などの中核部品を製造する丸茂工業へ、総額約15億円の投資を行う。業界再編が進展する3〜5年後に向け、生産効率を改善し、アジア市場における成長戦略を支援する。(2014/7/18)

日本のプラズマの祖「篠田プラズマ」は終わってなんかいない 「年内に再建メドつけたい」
昨年11月に事業停止を発表した「篠田プラズマ」は終わっていなかった。篠田傳会長は、「欧米の投資家の資金援助を受け研究を続けながら出資者を集めている」と述べ、年内に再建のめどをつける見通しを語った。(2014/7/9)

欧米反応:
日本のプラズマの祖「篠田プラズマ」は終わってなんかいない
資金繰りの悪化から2013年11月に事業停止を発表した「篠田プラズマ」は終わっていなかった。現在は「欧米の投資家の資金援助を受け、研究を続けながら出資者を集めている」状況で、年内に再建のめどをつける見通しだ。(2014/7/9)

他社との差別化:
「老眼市場」に復活かける……メガネスーパー背水の陣
7期連続の最終赤字にあえぐメガネスーパーが、復活をかけて事業モデルを転換する。ミドル・シニア層を主なターゲットにした「アイケア重視のサービス型店舗」の導入だ。(2014/7/7)

もう味わえない:
室町創業550年、老舗和菓子「駿河屋」の歴史は波乱万丈
寛正2年(1461年)の創業で、江戸時代には紀州徳川家御用達だった和菓子メーカー「駿河屋」が5月、民事再生法に基づく再建を断念した。企業として設立されたのは昭和19年(1944年)、その後の歴史は波乱万丈で……。(2014/6/26)

再生請負人が見る製造業(1):
迫る破綻のカウントダウン! その時、企業再生のプロはこうやって企業を再生する
グローバル競争が過熱する中、製造業でも競争に敗れ苦境に立たされる企業は数多い。毎年のように企業決算で叫ばれる「構造改革」や「経営再建」の舞台裏は果たしてどうなっているのか。ゼネラルモータースや日本航空、ライブドアなど多くの企業再生を手掛けてきた企業再生のプロであるアリックスパートナーズが、各業界の状況について解説する。初回となる今回は企業再生の手法について紹介する。(2014/6/18)

伊藤昌良の「知覚動考」(3):
小規模事業者にとって厳しい状況を乗り越える
起業のハードルは低くなっても、事業の継続は非常に厳しい。しかしそんな状況でも元気な企業はたくさんある。小規模事業者が努力できることは?(2014/5/29)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「あなたに会社をおまかせしたい」と言われる人は、何が違うのか?
トップリーダーをはじめ、リーダーと呼ばれる人たちはどのような考え方や行動をとっているのか。(2014/5/29)

モノづくり最前線レポート:
弱点は「見通しの甘さ」――日本含むアジア企業のリストラ増加を再生請負人が警鐘
アリックスパートナーズは、アジア太平洋地域における事業再生の動向について調査。アジア太平洋地域で全般的にリストラ案件が急増する予測を示した他、企業の再生を妨げる要因が「“現実離れした期待”にあるケースが多いことがアジア企業の特徴」という調査結果を発表した。(2014/5/23)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
間もなく合併して新会社に ウィルコムとイー・モバイルの足跡を振り返る
6月に合併する予定のイー・アクセス(イー・モバイル)とウィルコム。定額音声通話や高速なモバイルデータ通信など、今日では当たり前になったサービスをいち早く提供してきた両社の歩みを振り返ってみたい。(2014/5/20)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
できるリーダーは3年戦略をきちんと創って進む!
リーダーシップとコミュニケーション能力だけでは事業は推進できない。経営者が管理職に望む「第3の経営能力」とは。(2014/5/8)

プロトラブズの新女性社長が来日:
金属粉末射出成型とシリコンゴム成形サービス、欧米で先行提供。今後は日本でも
米プロトラブズの新CEO ヴィクトリア・M・ホルト氏が米国と欧州で先行して提供開始した新サービスや同社ビジネスの概況について語った。日本に先行して欧米では金属粉末射出成型とシリコンゴム成形サービスを提供している。(2014/4/10)

モノづくり最前線レポート:
韓国企業の4分の1が破綻寸前、日本は“生ける屍”が懸念――破綻予測調査
アリックスパートナーズは、独自の企業破綻予測モデルに基づく日本や韓国市場における調査内容を発表した。韓国企業は上場企業の26%が破綻危機とされるなど、危機的な経済状況となっていることが明らかになった一方、日本企業に対しては“生ける屍”問題が懸念されるという。(2014/4/4)

「医療×ITベンチャーサミット」リポート(1)
医療産業都市・神戸市から、医療ITベンチャーの振興を提言
ベンチャー企業支援の強化方針が盛り込まれた「産業競争力強化法」。政府の成長戦略の検討方針で重点分野に位置付けられる医療業界では、新サービスの創出につながるITベンチャー企業の参入支援が成長の鍵を握る。(2014/2/25)

ミクシィ朝倉社長が就任1年で退任 黒字化で「再成長フェーズに移行した」
ミクシィの朝倉祐介代表取締役社長が就任1年で退任へ。「モンスト」ヒットで営業黒字化する見通しになり、「再成長フェーズに移行した」という。(2014/2/13)

本田雅一のTV Style:
ソニーのテレビ事業分社化と“プレミアム4Kテレビ”の関係
なぜソニーはVAIO部門を売却し、テレビ部門は100%小会社として残すのだろうか。今回の決断は、1月の「International CES」前までに決められた可能性が高い。(2014/2/10)

「VAIO」売却は「苦渋の決断だった」 ソニー、エレクトロニクス立て直しへ、テレビ分社化など抜本改革
「PC市場に一石を投じてきたブランド」だったが──「VAIO」の売却という「苦渋の決断」に至った背景には、「ジャンク」扱いにまで格下げされた同社がエレクトロニクス事業の立て直しを急いでいることが背景にある。(2014/2/6)

ソニー「苦渋の決断」 平井社長が話したPC事業とテレビ事業
ソニーが2014年3月期第3四半期決算会見で、PC事業の収束とテレビ事業の分社化について説明した。PC事業は日本産業パートナーズに譲渡し、VAIOのブランドは当面残るという。(2014/2/6)

ソニーがテレビ事業を分社化、高付加価値戦略は加速
ソニーは2月6日、エレクトロニクス事業の立て直しに向け、PC事業の譲渡とテレビ事業の子会社化を発表した。(2014/2/6)

ソニー、「VAIO」PC事業を投資ファンドへ売却 正式発表 スマホ/タブレットに集中
ソニーが「VAIO」ブランドで展開してきたPC事業を投資ファンドの日本産業パートナーズに売却すると正式発表。(2014/2/6)

ソニー、国内ファンドにPC事業売却の一部報道にコメント
Lenovoの次は、投資ファンドと新会社設立の報道に対して。(2014/2/5)

NEC、「BIGLOBE」売却を正式発表
NECが「BIGLOBE」を運営するNECビッグローブを日本産業パートナーズに売却すると正式発表。(2014/1/30)

飛躍:
ASEAN市場攻略の要諦
ASEAN市場は日本企業にとって重要な市場であるが、世界が注目しており、ASEAN各国も一筋縄ではいかない。攻略の要諦は?(2014/1/27)

ビジネスに不可欠「ロジカル思考」の鍛え方
ビジネスパーソンに不可欠な「ロジカル思考」は一体どうすれば鍛えることが出来るのでしょうか。書籍『ビジネスプロフェッショナルの教科書』から紹介します。(2014/1/16)

視点:
中期経営計画のあるべき姿――大変革期における経営計画策定・実行のポイント
自社の10年後、20年後の絵姿は明確だろうか。過去の成功体験に囚われ経営改革ができていない。今の日本企業に多い姿なのではないだろうか。10年後のありたい姿からのバックキャスティングによる計画づくりを試してみてほしい。(2013/12/9)

ビジネスニュース 企業動向:
「分割で電子計測へのR&D投資は増える」――なぜ、アジレントは会社分割するのか
2014年11月に、電子計測事業とライフサイエンス/化学分析事業とで会社分割することを決定したアジレント・テクノロジー。両事業共に2桁を超える営業利益率を確保しながら、なぜ、このタイミングで会社分割を行うのか。アジレント日本法人社長の梅島正明氏に会社分割の経営判断に至った理由、狙いなどを聞いた。(2013/11/28)

国内ジーンズ大手のエドウイン、事業再生ADR手続き申請へ サイトはアクセス超過で503エラーに
11月26日付けで事業再生ADR手続きの利用を申請したとのことです。(2013/11/27)

モノづくり最前線レポート(42):
「アップル、サムスン以外はみんな危機」再生請負人が見た民生電機
アリックスパートナーズは、民生用電子機器市場に関する調査結果を発表し、同業界の56%の企業が財務上危機的な状況にあり、業界全体が危機を迎えているという見通しを示した。(2013/11/14)

これからの働き方、新時代のリーダー:
失敗することにびびってないか?――メガネECベンチャー創業者がスタンフォードで学んだこと
メガネ専門のECサイト「Oh My Glasses」を立ち上げた若き起業家、清川忠康さん。大手証券会社などで企業再生ビジネスを手掛けていた同氏が留学先で受けた衝撃とは?(2013/11/5)

モノづくり最前線レポート(40):
中国は航空機サプライチェーンの「勝ち組」になるのか
アリックスパートナーズは、航空機関連市場に関する調査結果を発表した。同調査結果では、MRJや炭素繊維素材の利用拡大などで日本企業の存在感拡大はあるものの、航空機のサプライチェーンにとって、今後は中国が存在感を高めるという見通しを示している。(2013/10/16)

視点:
人口高齢化の企業経営への示唆
人口の高齢化を「脅威」ではなく「機会」と捉え、いかに競合他社に対して先んずるか。これが今後企業に求められていく。(2013/9/30)

視点:
日本企業を再成長に導く経営計画のあり方――10年後、20年後を見据えた自社のありたい姿を描くポイント
日本企業を取り巻く市場や競争環境の質的・構造的変化は依然として厳しいものであり、多くの日本企業にとって過去から現在の延長線上に成長の絵姿が見えないことに変わりはない。10年先、20年先を見据えた成長の絵姿の明確化と、そこに向けた戦略と経営計画の策定がやはり不可欠なのである。(2013/7/12)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/7/9)

コンサルタントがどんな仕事をしているか知ってる?
「コンサルタント」という職業。彼らが具体的にどのような仕事をしているか知っていますか? 実際の事例を挙げながら紹介します。(2013/7/2)

ウィルコムの再建計画が完了 業績好調で債務を一括返済
ウィルコムは、ソフトバンクから資金を調達して債務の一括返済を行い、当初6年かかるとしていた再建計画を前倒しで完了させた。同時にソフトバンクの連結子会社となった。(2013/7/1)

大企業が倒産寸前……建て直しの一部始終とは?
大企業の経営を立て直したコンサルティング会社、フロンティア・マネジメント。その「意思決定の現場」を垣間見ることができる書籍を紹介します。(2013/6/12)

製造マネジメントニュース:
ソニー、復活へ道半ば――鍵を握る“感性価値”商品
ソニーは2015年3月期に売上高8兆5000億円、営業利益率5%以上、ROE10%の中期目標を発表した。しかし、中核と位置付けるエレクトロニクス主力3事業では積極投資を進めるものの、前回発表した目標数値を下方修正し、復活への道が容易ではないことをうかがわせた。(2013/5/23)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「マネジャーは“戦略力”で勝負!」こうすれば立案・実践できる
組織の階層で上になるほど競争も激化してくる。優秀な人材だからこそマネジャーとして選抜れているわけで、そんな同僚たちに何をもって差を付け、自らの競争優位を確立するのか。考えてみる価値がある。(2013/4/18)

カラー300dpiで毎分60枚/120面読み取り:
コダック、250枚の両面ADFとフラットベッドを搭載したA4ドキュメントスキャナ「Kodak i2900」
コダックは両面ADFとフラットベッドを搭載したA4ドキュメントスキャナ「Kodak i2900」、両面ADFを備えたA3ドキュメントスキャナ「Kodak i3200」を5月1日に発売する。250枚の大容量給紙に対応し、300dpiで毎分50〜60枚(100〜120面)のスキャンが可能な高性能モデルだ。(2013/4/17)

イノベーションの努力は、なぜ報われないのか?:
事業構想イノベーションとは、何か
昨今イノベーションは、最も重要な経営課題のひとつとされる。しかし、イノベーションに対する努力や関心は、その多くが新しい商品の開発や技術開発に向けられているようだ。ライバルとは違う次元の競争へのシフトを可能にする、事業構想のイノベーションとは何か。いかにそれを実現するか。(2013/4/10)

杉山淳一の時事日想:
“誰得”なの? 西武鉄道の「赤字線切り」が始まっている
旧国鉄の路線を引き継いだJR旅客各社は赤字ローカル線も継承している。一方、大手私鉄は創業当初より沿線開発との相乗効果を得ており、もうかっている印象がある。しかし実態は厳しく、「赤字線切り」はすでに始まっている。(2013/3/22)

窪田順生の時事日想:
ルネサス国有化に見る、“敗者”を救うと誰にツケがまわるのか?
経営再建中の半導体大手ルネサス エレクトロニクスの「国有化」が決まった。これで再出発となるわけだが、手放しに喜んでいいのだろうか。もし死に銭になると、この皺寄せは誰に……。(2013/2/26)

クラウド ビフォア・アフター:
クラウドで経営基盤の再構築を進める東北の中小企業
東日本大震災後、東北沿岸部の被災地の中小企業では、自社のサーバやパソコンが流され、経営にかかわる多くの情報を喪失するといった被害を受けた。被災地では中小企業の経営基盤の再構築が急がれており、政府は、被災地での中小企業の再生支援において、「クラウドサービスの普及による中小・ベンチャー企業支援」の取り組みを進めている。(2013/2/6)

PureSystemsが生まれたワケ:
第1回 「恐竜」の再発明? データセンターを丸ごと1つのコンピュータに集約するzEnterprise
IBM PureSystemsは、テクノロジーの進化に伴って登場したアーキテクチャー、「Fabric-based Architecture」を採り入れてデザインされた全く新しいコンピュータ。先ずは2010年に同じアーキテクチャーによって生まれ変わったzEnterpriseメインフレームを見ていこう。(2012/12/17)

社長が選ぶ2012年最優秀経営者、JALを再建させた稲盛和夫氏がトップ
従業員数が10人以上の企業経営者に2012年の最優秀経営者を尋ねたところ、トップは日本航空を再上場させた稲盛和夫氏だった。産業能率大学調べ。(2012/12/11)



Windows 9と噂されていた次世代Windowsの名称は、1つ飛ばしてWindows 10に決まった。発売は2015年後半を予定。タッチU/Iの取り込みに苦労しているWindowsだが、高速起動など基本的な面での改善もバージョンを経るごとに進んでおり、文字通り世界レベルでの影響を持つリリースになる。

音楽CDを超える音質を持つデジタルオーディオデータ、略して「ハイレゾ」。その再生に対応した機器が増加しており、対応したスマホの増加などを機に、今後更なる注目の高まりも期待される。

ソフトバンクモバイル初のXperiaシリーズとして発売が決まり、3キャリアが揃って取り扱う人気機種となった。モバイル事業で減損が発生するなど不調が伝えられるソニーであるが、グローバルスマホ市場での生き残りに向けて、これからが正念場だろう。