ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  U

  • 関連の記事

「Uber」最新記事一覧

新規価値の創出、収益やブランドの向上に直結するITサービスを作るために:
PR:企業のデジタルトランスフォーメーションを支えるSoEのインフラに欠かせない3つの要件とは
2016年の一大キーワードとなった「デジタルトランスフォーメーション」。変革を受け入れて成功を目指す企業は、新規価値の創出、収益やブランドの向上に直結するITサービスに着目し、次の成功例を目指して開発競争を激化させている。ITサービスを開発するために必要なインフラの要件とは何か。要件を満たすサーバには、どのようなものがあるのか。日本IBMのアンバサダーに聞いた。(2017/1/24)

元Googleの検索責任者、アミット・シングハル氏がUber入り
Googleの検索アルゴリズムを統括していた元Googleフェローのアミット・シングハル氏が、Uberのエンジニアリング担当上級副社長に就任した。ドライバーと乗客を結びつけるアルゴリズムや自動運転車システムに取り組む。(2017/1/23)

Androidアプリに大手サービスの「鍵」をハードコード、AWSアカウントにアクセスも
大手サードパーティーのサービスにアクセスできるAPIキーなどがハードコードされたAndroidアプリが多数見つかった。(2017/1/18)

エコシステムの充実がクラウドを盛り上げる
パートナー同士の協業で知見を共有、市場拡大とともに成長したAWSのビジネス戦略
AWSといえば代表的なパブリッククラウドサービスベンダーの1つだ。ビジネスにおけるクラウド利用が多くの企業に広がるほど、パートナーの協力が重要になる。同社はどのような支援制度を提供しているのか。(2017/1/17)

GoogleマップアプリからのUber配車が可能に
AndroidおよびiOS版Googleマップの経路検索で「タクシー」を選択した場合の結果表示が変わり、Uberの場合はGoogleマップ内で配車手配まで完了できるようになる。(2017/1/13)

アプリケーション開発に変化も
GPUがけん引する“ハード黄金時代”、ディープラーニングやAI処理で需要高まる
GPU技術はかつて主にゲーマーが関心を持つ分野だったが、今では新型GPUがシステムに搭載され、ディープラーニングやAIアプリケーションの実行に使用されるようになっている。(2017/1/13)

Uber、スマホのカレンダー連係で予定からの配車が可能に
配車サービスのUberが、カレンダーに入れた予定から配車する機能を発表した。Uberアプリをカレンダーアプリと連係させると利用できる。予定には住所を入力しておく必要がある。(2017/1/12)

レガシーなITインフラでは、もはやビジネスを支えられない:
PR:デジタルビジネス時代、「勝てるITインフラ」の必要3要件とは
テクノロジの力を使って価値を生み出す「デジタルトランスフォーメーション」が進展し、ITインフラには、スピーディなビジネス展開を支える一層の俊敏性、柔軟性が求められている。だが多くの企業では、コスト/運用効率の向上を求めて仮想化、クラウドを導入しながら、システムの複雑化に悩まされ、かえって運用管理負荷・コストが増大しているケースが多い。ではデジタルビジネスの競争が激化している中で、短期間で「差別化に寄与するインフラ」に刷新するためにはどうすればよいのだろうか?(2016/12/21)

ザッカーバーグ夫妻の財団、オバマ氏の元選挙参謀をUberから引き抜き
Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOが妻のプリシラ・チャン氏とともに運営する慈善団体Chan Zuckerberg Initiativeが、バラク・オバマ大統領の選挙参謀として名を馳せ、UberのCEO顧問を務めていたデビッド・プラフ氏をポリシー&アドボカシー担当プレジデントとして引き抜いた。(2017/1/11)

熱狂から1年9カ月:
日本再上陸時には大行列 「タコベル」の今
2015年4月に日本再上陸したメキシカンファストフード店「タコベル」。その1号店である渋谷道玄坂店は連日のように大行列が続いていた。あの熱狂から1年9カ月が過ぎた――。(2017/1/11)

2017年 新春インタビュー特集:
AIが生み出す安心を“東京2020 Ready”のレベルへ――NEC・新野社長
2016年、AI関連のソリューションを立て続けに発表したNEC。技術革新のスピードが高まっている今、実用化を念頭に置いた研究開発が重要になるという。2017年は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会で実用に耐え得るレベルへと人工知能の技術を磨くことが1つの目標になるようだ。(2017/1/6)

柴崎辰彦の「モノづくりコトづくりを考える」:
シリコンバレー見聞録 コワーキングスペースをレンタルするWeWork
IT起業の聖地といわれるシリコンバレーで見聞きした刺激的かつ興味深い体験から、注目のポイントを紹介。“その3”は、ニューヨークを拠点に起業家などにオフィススペースをレンタルしているスタートアップWeWorkです。(2017/1/8)

AIとは何か、SI崩壊、「作業者」ではないエンジニア……デジタル時代の“今”とは?:
全ての情報システム部門、エンジニアに贈る、デジタルビジネス関連記事 FBシェアランキング2016 ベスト10
収益・ブランド向上に対するIT活用の在り方、インパクトをさまざまな視点で取材・解説している@IT「System Designフォーラム」。Facebookシェア数ランキングで、デジタルトランスフォーメーションの動きが目立った2016年の社会と企業ITを振り返る。(2016/12/28)

Database Watch(2016年総集編):
データベースから「データ」へ データベースウォッチャーが振り返る2016年、2017年に注目すべき技術
データベースの最新事情を追う連載「Database Watch」から、2016年の動向を振り返りながら、技術者に向けた「2017年にチェックしておくべきトレンド」を先読みします。(2016/12/28)

小規模チームならではの戦い方がある
巨象も学ぶ――大企業がスタートアップから得られる「小さく始める」コツ
スタートアップ企業と同様の考え方を持つことで、巨象のような大企業も俊敏に動けるかもしれない。創業期の企業から得られる教訓を幾つか紹介する。(2016/12/28)

Uber、自動運転車配車テスト車両をカリフォルニア州からアリゾナ州へ
自動運転車の公道テストでカリフォルニア州と折り合わず、締め出されたUberが、アリゾナ州でテストを開始する。(2016/12/26)

Gartner Insights Pickup(3):
デジタルネイティブ企業に学ぶ10の経営テクニック
従来型の企業は、デジタルネイティブ企業の考え方に抵抗感を抱きがちだ。だが、そうした姿勢は通用しなくなりつつある。(2017/1/5)

柴崎辰彦の「モノづくりコトづくりを考える」:
シリコンバレー見聞録 無人レストラン「Eatsa」に行ってみた
IT起業の聖地といわれるシリコンバレーで見聞きした刺激的かつ興味深い体験から、注目のポイントを紹介。“その2”は、デジタルな無人レストランEatsaでの“デジタル・ランチ・エクスペリエンス”です。(2017/1/7)

Uber、サンフランシスコでの自動運転車公道テストを中止
Uberが先ごろサンフランシスコで開始した自動運転車による配車テストを中止した。カリフォルニア州交通当局との食い違いで車両登録を取り消されたため。(2016/12/22)

モノづくり総合版 メルマガ 編集後記:
「え!? あったの?」――クリスマスっぽい記事
メリークリスマス!!!(2016/12/22)

Uber、行き先として場所ではなく人を指定できる新機能
Uberの行き先として、連絡先に登録している相手の現在地を指定できるようになる。連絡先をUberアプリと連係させ、相手もUberアプリユーザーで、相手が現在地通知を承諾すれば可能だ。(2016/12/22)

Gartner Insights Pickup(2):
誰がデータを所有しているのか、その現状と展望
われわれはデジタル社会のルールを理解しなければならない。その1つの重要な側面が“データのオーナーシップ”――誰があなたのデータ、あるいはさまざまなモノのデータを所有するのかという問題だ。(2016/12/26)

失敗しない「外資系」パッケージソフトとの付き合い方:
変化を嫌う現場の“抵抗勢力”、3つの攻略法
外資系パッケージソフトの導入で失敗しないための方法を解説する本連載。選定も終わっていざ導入しようとしたものの、現場での抵抗に遭い、結局方向性がブレてしまった――なんて経験はありませんか?(2016/12/19)

柴崎辰彦の「モノづくりコトづくりを考える」:
シリコンバレー見聞録 シェアリングエコノミーの象徴企業Airbnb
IT起業の聖地といわれるシリコンバレーで見聞きした刺激的かつ興味深い体験から、注目のポイントを紹介。“その1”は、新サービス「トリップ」を発表したAirbnbの本社の様子と最新動向です。(2016/12/17)

Uber、サンフランシスコでも自動運転車での配車テストを開始
Uberが、9月のピッツバーグに続けて、サンフランシスコでも自動運転車による配車サービスのテストを開始した。(2016/12/15)

イーロン・マスク氏、トランプ次期大統領の経済助言チームメンバーに
ドナルド・トランプ次期大統領のITトップ懇談会に出席したTeslaやSpaceXの創業者、イーロン・マスク氏と、出席しなかったUberのトラビス・カラニックCEOが、トランプ氏の「戦略的政策フォーラム」に参加する。懇談会に参加したメンバーも明らかになった。(2016/12/15)

Microsoft、Cortana版「Amazon Echo」を作れるサードパーティー向けツールを発表
Microsoftが、Alexaのスキルを簡単に移植できる「Cortana Skills Kit」と、Cortanaをサードパーティー製端末に搭載できる「Cortana Devices SDK」を発表した。(2016/12/14)

新しい働き方を生む効果も:
Uber日本展開で「UberEATS」が果たす役割
9月に上陸して好調の「UberEATS」。Uberの基幹事業である配車サービス「UberX」の普及は進んでいないが、UberEATSで認知度を上げ国内での存在感を増しつつある。“新しい働き方”も生み出しているUberの日本展開とは?(2016/12/13)

カーシェアリング:
ホンダが東南アジアで二輪のシェアリングサービス、地元ベンチャーと協業で
ホンダは、東南アジアで四輪や二輪のシェアリングサービスを展開するシンガポールのGrab(グラブ)と協業を検討する。2016年11月22日に覚書を締結した。金額は非公表だが、ホンダはグラブに出資する。ホンダが外部のシェアリングサービス事業者に出資するのは初めて。(2016/12/13)

無人自動運転車の公道テスト、ミシガン州が全米初認可
自動車産業都市、デトロイトを擁する米ミシガン州が、全米で初めて無人自動運転車の公道走行を許可する州法を成立させた。GoogleやAppleもミシガン州でなら人間のドライバーが乗車しない自動運転車のテストができる。(2016/12/12)

トランプ次期大統領のITトップ懇談会、行くCEO行かないCEO
トランプ次期米大統領が12月14日にニューヨークのトランプタワーで開くITトップとの懇談会には、Appleのティム・クックCEO、Alphabetのラリー・ペイジCEOなどが出席すると、米Recodeが報じた。(2016/12/12)

CIOの役割も変わってきている
IT予算停滞は勘違い? 大きく変わったIT支出“5つの傾向”
ニュースでは、企業のIT予算の拡大が鈍化傾向と報じられている。しかし、ビジネスのデジタル化が進み、ITに関する予算は大きく動いている。どのように動いているか5つの傾向を紹介する。(2016/12/12)

AWS re:Invent 2016:
Amazon Alexaの世界を、Echo Dotで実体験する
AI音声アシスタント機能「Amazon Alexa」を搭載したスマートスピーカーの「Amazon Echoシリーズ」は、500万個以上が販売された推定されている。ここにどのような世界が広がっているのか。エントリ機種の「Echo Dot」で試してみた。(2016/12/8)

「アポロ計画」でAzureをアピール:
マイクロソフトが提案するデジタルトランスフォーメーションで大事な4つのことと、その実践事例
日本マイクロソフトは2016年12月1〜2日にMicrosoft Azure提案プロジェクト「アポロ計画(APOLLO PROJECT)」を開催。本稿では、その取り組みの中から、講演「マイクロソフトの経営企画室が語るデジタルトランスフォーメーション戦略とその進め方」の模様をお届けする。(2016/12/6)

特別企画:IoT アーキテクチャカタログ(1):
IoT実践を阻む“国内企業3つの事情”と特効薬とは?
グローバルでデジタルトランスフォーメーションが進む中、国内でもIoTに取り組む企業が急速に増加している。だが成功事例が着実に増えつつある半面、大方の企業にとってIoTはまだ高いハードルであるようだ。特別企画「IoT アーキテクチャカタログ」ではそうした国内企業の実態を基に、ハードルを乗り越え実践に乗り出すための情報を包括的に提供していく。(2016/12/5)

特集:情シスに求められる「SRE」という新たな役割(1):
運用自動化も障害対応も、全ては「現場のため」ではなく「顧客のため、ビジネスのため」
デジタルビジネスの激化を受けて、「いかにスピーディにITサービスを企画・開発するか」が重視されている。だが重要なのは「作ること」だけではない。リリースして以降、収益・ブランド向上はサービス運用を支える「運用管理の在り方」に掛かっている。本特集では米グーグルが提唱するSRE――Site Reliability Engineerの概念を通じて「運用管理のビジネス価値」を再考。今求められる情シスの役割を考える。(2016/12/1)

IoT/X Tech全盛時代、データ基盤の“新たな要件”とは?:
PR:データ基盤の高速性・拡張性が、ビジネス差別化のカギを握る理由
国内でもデジタルトランスフォーメーションが進展し、IoTやX Techの取り組みが活発化している。これを受けて、「膨大なデータからいかに素早く潜在・顕在ニーズをつかむか」「データをいかに迅速にアクションに変えるか」というテーマが多くの企業にとって課題となっている。こうした中、データ基盤として国内でもフラッシュストレージの導入が進んでいるが、年々データ量が増大し、よりスピーディな分析・処理が求められるようになりつつある中で、差別化を支えるデータ基盤にはどのような要件が求められるのだろうか? 米Dell EMCに話を聞いた(聞き手:@IT編集長 内野宏信)。(2016/12/1)

2016年内は無料の格安ビルドパイプラインも:
PR:サービスファースト時代、開発ツールベンダが、DevとOpsとカスタマーサービスの壁を壊した事例、チームの診断から演習までを提案する理由
開発ツールベンダのアトラシアンが年次イベント「Atlassian Summit 2016」の報告会を開催。アトラシアンが重要視したのは、ツールのアップデートのみならず、サービスファースト時代のビルドパイプライン、DevとOpsとカスタマーサービスの壁を壊した事例、チームの診断から演習まで、と多岐にわたるものだった。その裏側にある“思い”とは――(2016/11/28)

オープンソースビジネス勉強会:
なぜ今、オープンソースビジネスが必要なのか?
IoTやクラウドなど、ITの進化でビジネスが急速に変容しつつある今、SIerはどうあるべきか? 取り組むべき戦略について考察します。(2016/11/24)

Uber、ドライバーに感謝ステッカーを贈れる機能「Compliments」
Uberが、ドライバーのモチベーションアップのために、乗客がドライバーに感謝の気持ちを伝えられるステッカー機能をアプリに追加した。「素晴らしいナビゲーション能力でした」「会話が楽しかった」などの評価を贈れる。(2016/11/22)

IT管理者の1つの理想形か
あなたは「Facebookの次期CIO」になれるか? 求人票から分かった“納得の条件”
Facebookが公開している最高情報責任者(CIO)の求人票について、管理職スカウトの専門家がレビューしたところ、重要なポイントが浮かび上がってきた。(2016/11/14)

恋に落ちると欠点が見えなくなる
あなたもとらわれる「IKEA効果」 組織が変われない理由の1つ?
企業は新たなITを取り込むとき、従来の固定概念を捨てなければいけない。しかし、考え方を転換することは容易ではない。その理由とは?(2016/11/11)

electronicaで自動隊列走行:
NXP、トラックプラトーニングを推進
NXP Semiconductorsは、電子部品の展示会「electronica 2016」(2016年11月8〜11日)で、2台以上のトラックを電子的に連結し、隊列走行させる「プラトーニング」のデモを実施している。(2016/11/11)

Fintech Innovation Lab AsiaPacific Investor Day 2016 Report:
突出する中国のフィンテック投資、日本では巨大な貿易金融に革新の期待が
トランプショックが世界を駆け巡った9日、香港では新興のフィンテック企業を育成するプログラムの「卒業式」が行われた。アジア太平洋地域では、中国におけるフィンテック投資が突出しているものの、貿易立国の日本では輸出入に伴う貿易金融でさらなる革新の余地があるという。(2016/11/10)

HPEのストレージがもたらした、ビジネスインパクトとは:
PR:アサヒグループとヤフーはストレージ基盤の刷新で「何」を得たのか
アイデアをいち早く価値に変えた企業だけが生き残れるとされる、「アイデアエコノミー時代」が訪れている。2016年10月に行われた、日本ヒューレット・パッカード主催イベント「Hewlett Packard Enterprise ストレージフォーラム2016」で示された、「既に対策を進めている企業」の事例から、この時代を勝ち抜いていく「術」のヒントを探ろう。(2016/11/9)

IVI公開シンポジウム2016秋(3):
モノづくり“だけ”ではダメ、日本政府が推進する「ものづくり“+”」の意味
「つながる工場」実現に向け、製造業、製造機械メーカー、ITベンダーなどが参加する「Industrial Value Chain Initiative(IVI)」が取り組みの進捗状況を紹介するIVI公開シンポジウムを開催。本連載では、同シンポジウムの内容を紹介する。第3回は日本政府における製造業の第4次産業革命への取り組み支援について、経済産業省 製造産業局 ものづくり政策審議室長の徳増伸二氏の講演内容をお伝えする。(2016/11/7)

FOCUS 2016 Report:
Intel Security、サイバー脅威に対抗するセキュリティのオープン化戦略を表明
高度な脅威に対抗すべくベンダーやユーザー企業の団結を呼びかけ、「Open Data Exchange Layer」構想や多数の製品強化策を発表した。(2016/11/4)

車載情報機器:
トヨタのコネクテッド戦略は3本の矢、「IoT時代の製造業の在り方を切り開く」
トヨタ自動車は、東京都内で会見を開き、同社のコネクテッド戦略を説明。2016年4月に新たに発足したコネクティッドカンパニーのプレジデントを務める専務役員の友山茂樹氏は「IoT時代の新しい製造業の在り方を切り開くため、モビリティサービスのプラットフォーマーになる」と強調した。(2016/11/2)

オールフラッシュとソフトウェアデファインド、この2本柱が示す意図:
PR:アイデアエコノミーに向けてHPEはどう企業を支援するのか
2016年10月12日、日本ヒューレット・パッカード主催イベント「Hewlett Packard Enterprise ストレージフォーラム2016」が開催された。ビジネスのデジタル化により、戦略的な意思決定をスビーディーに実行に移すことが重要になってきた。そんな中、あらためて注目されているのが「ストレージ」である。HPEのストレージソリューションは、企業のビジネスにどのような価値をもたらすのか。主催者講演を中心にイベントを振り返る。(2016/10/26)

Uber傘下のOtto、自動運転トラックでバドワイザーの缶ビール5万本の運送を完了
UberがVolvoと共同開発したOttoの自動運転トラックが、約193キロの道のりをバドワイザーの缶ビール5万本を運んだ。高速走行中は、ドライバーは運転席に座らずにシステムを監視した。(2016/10/26)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。