レビュー
» 2010年09月27日 11時20分 公開

最新ケータイ徹底比較(スマートフォン2010年春夏モデル編):第3回 microSDスロットはどこ? 3.5ミリイヤフォンジャックは?――外観を比較 (1/2)

現行スマートフォン8機種を比較する本コーナー。第2回では、microSDスロット、赤外線ポート、イヤフォンジャック、外部接続端子、スピーカー、ストラップホールなど、主要パーツの有無や位置をチェックした。

[田中聡,ITmedia]
photo 左上からNTTドコモの「Xperia」「LYNX SH-10B」「dynapocket T-01B」「BlackBerry Bold 9700」、auの「IS01」「IS02」、ソフトバンクモバイルの「iPhone 4」「HTC Desire X06HT/X06HTII」

外部メモリスロット:どの機種もバッテリーカバー内部に

 今回選んだ8機種の中では、iPhone 4以外の7機種が外部メモリに対応している。「BlackBerry Bold 9700」と「HTC Desire X06HTX06HTII」が最大32Gバイト、「Xperia」「LYNX SH-10B」「dynapocket T-01B」「IS01」「IS02」が最大16GバイトのmicroSDHCを利用できる。外部メモリと内蔵メモリの詳細は第1回を参照。

 microSDスロットは7機種ともバッテリーカバーの内部にあり、BlackBerry Bold 9700を除き、バッテリーを外さないとカードを着脱できない。着脱のたびに電源を入れ直すのは面倒なので、microSDのデータはUSB経由でやり取りをする方がいいだろう。

 BlackBerry Bold 9700のスロットはバッテリーの隣にあり、カードを斜めに挿し込むタイプなので、バッテリーを外さなくても着脱できる。ただし外す際に、少々カードを押しながら引っ張る必要がある。

photophotophotophoto 左からXperia、SH-10B、T-01B、BlackBerry Bold 9700のmicroSDスロット。BlackBerry Bold 9700のmicroSDスロットは、斜めからカードを挿すという独特の形状になっている
photophotophoto 左からIS01、IS02、X06HTのmicroSDスロット

赤外線ポート:SH-10BとIS01のみ搭載

 赤外線通信をサポートしているのはSH-10BとIS01のみで、最大4Mbpsの高速通信が可能なIrSimpleにも対応している。この2機種はキャリアの違う兄弟機なので、外観や機能は共通している部分が多く、赤外線ポートは2機種とも前方側面にあるが、ポートのある黒い部分はSH-10Bの方がやや大きい。2010年の秋冬モデルでは、おサイフケータイを初めとする日本ならではの機能を取り込んだスマートフォンの登場が予想されるが、赤外線通信対応の機種も増えるのだろうか。

photophoto SH-10B(写真=左)は正方形に近い形の赤外線ポートが側面にあるが、IS01(写真=右)は長方形の細いポートが、側面の窪んだ部分にある

イヤフォンジャック:“3.5ミリ”対応のモデルは?

 普段使っているイヤフォンをケータイでもそのまま使うのなら、ポータブルオーディオプレーヤーでもお馴染みの、3.5ミリのイヤフォンジャックが欲しいところ。これにはXperia、BlackBerry Bold 9700、iPhone 4、X06HT/X06HTIIが対応しており、変換コネクタ不要でイヤフォンを接続できる。

photophotophotophoto 左からXperia、BlackBerry Bold 9700、iPhone 4、X06HTのイヤフォンジャック

 SH-10BとIS01は平型端子、T-01BとIS02はMicro USB端子に変換アダプタを接続してイヤフォンを利用しなければならない。SH-10Bは「イヤホンジャック変換アダプタ P001」、T-01Bは「イヤホン変換アダプタ(マイク/スイッチ付)T01」、IS01は「丸型イヤホンジャック変換アダプタ(0201QNA)」、IS02は「東芝microUSB-φ3.5変換ケーブル01」が必要になる。IS02の変換ケーブルは同梱されているが、ほかは別売となる。

photophoto SH-10B(写真=左)とIS01(写真=右)の平型端子
photophotophoto T-01B(写真=左)とIS02(写真=中)のMicro USB端子。IS02はイヤフォンジャック用の変換アダプタを同梱している(写真=右)

内蔵スピーカー:搭載場所はいろいろ

 内蔵スピーカーはXperiaが左側面、SH-10BとIS01がヒンジ部、T-01BとIS02、X06HT/X06HTIIが裏面、BlackBerry Bold 9700がディスプレイ上部、iPhone 4は底面にある。SH-10BとIS02のスピーカーは、本体を開いて置くと正面に位置するので聴きやすい。いずれの機種も必要最低限な音質という印象なので、音楽をしっかり聴きたければ、イヤフォンや外付けのスピーカーを使うことが望ましい。

photophotophoto 左からXperia、SH-10B、BlackBerry Bold 9700のスピーカー
photophotophoto T-01BとIS02は、バッテリーカバー内部にスピーカーがある(写真=左、中。写真はT-01B)。こちらはIS02のスピーカー(写真=右)
photophotophoto 左からIS01、iPhone 4、X06HTのスピーカー。iPhone 4の左側のスピーカーらしき部分はマイク
※初出時に、iPhone 4のスピーカーとマイクの説明が逆になっていました。お詫びして訂正いたします。(9/27 17:14)

外部接続端子:クレードル充電器を使える機種は?

 充電やPC接続などに使う外部接続端子は、iPhone 4以外のモデルはMicro USBを採用している。Xperia、SH-10B、T-01B、IS01、IS02は端子にカバーが付いており、ケーブルを接続する際に少々手間がかかる。BlackBerry Bold 9700、iPhone 4、X06HT/X06HTIIの端子にはカバーがないのでスムーズに接続できる。

 また、iPhone 4とX06HT/X06HTIIは本体底面に端子があるので、別売のクレードル充電器に立てかけて充電できて便利だ。そのほかの機種は、側面や上面に端子があるので、バッテリーとカバーを交換するXperia向けのクレードル充電器はあるが、端末を立てかけて充電することは基本的にはできない。

photophotophotophoto 左からXperia、SH-10B、T-01B、BlackBerry Bold 9700の外部接続端子
photophotophotophoto 左からIS01、IS02、iPhone 4、X06HTの外部接続端子
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう