連載
» 2012年08月15日 19時00分 公開

今すぐ使えるスマホレシピ:第3回 ケータイからスマホへ、iPhoneとAndroid間でアドレス帳を移行する (1/3)

スマホを使い始めたはいいが、もっと便利に使えることを知らないまま何となく使っている人は多い。そんなユーザーに向けて、使い方の基礎から一歩進んだ活用法を取り上げる本コーナー。第3回ではケータイからスマホ、スマホ間でのアドレス帳の移行方法を紹介する。

[今西絢美(ゴーズ),ITmedia]

 先月、日経BPコンサルティングが発表した「携帯電話・スマートフォン"個人利用"実態調査2012」の調査結果によると、男女4400人のうちスマートフォンを1台所有している人が21.1%、ケータイとスマホの2台持ちをしている人が7.1%に上がったそうだ。この1年でスマホユーザーが急増しているが、ケータイからの乗り換えで、最初につまずくのが「アドレス帳のデータ引き継ぎ」ではないだろうか。そこで今回はアドレス帳の移行方法を取り上げる。

ケータイからスマホへの移行は「赤外線通信」機能を使う

 ケータイからスマホにアドレス帳データを引き継ぐ場合、双方の赤外線通信機能を利用するのが一番ラクな方法だ。これまで海外メーカーのスマホには赤外線通信機能が搭載されないものが多かったが、近年は国内外のメーカーを問わず、ほとんどの機種で赤外線通信を利用できる。

 まず、ケータイのアドレス帳を開き、「メニュー」→「赤外線送信」→「本体全体」の順に選択する。次に、本体に設定されている4ケタの認証番号を入力し、続けて任意のパスワードを設定しよう。

photophoto ケータイのアドレス帳を開き、「赤外線送信」を選択する(写真=左)。認証パスワードは任意の4ケタの数字を設定しよう(写真=右)

 次に、スマホの「赤外線通信」アプリを起動し、「複数件受信」をタップする。そして、先ほどケータイ側で設定した任意のパスワードを入力したら、ケータイ側の通信を開始しよう。このとき、ケータイとスマホの赤外線ポートを近くで向かい合わせれば、データの移行が開始する。

photophoto スマホの赤外線アプリを起動し、先ほどケータイで設定した認証パスコードを入力しよう(写真=左)。赤外線ポートの位置は機種によって異なるので注意(写真=右)

 スマホでの受信が完了したら、アカウントを選択して登録に進もう。ただし、赤外線通信機能を1人で使うのは思った以上に手間がかかるので、落ちついて進めたい。

photophoto スマホ側の受信が完了したらアドレス帳に追加する(写真=左)。ここではGoogleアカウントに登録したほうが汎用性が高い(写真=右)

SDカードを使ってデータを移すのもアリ

photo コピーの方法は赤外線で送信する際とほぼ同じだ

 赤外線通信に非対応の機種を使っている場合は、外部メモリ(microSD)を使ってアドレス帳データを移行する方法を試そう。

 まず、ケータイのアドレス帳を開き、「メニュー」→「コピー」→「microSDへ」を選択すると、アドレス帳のコピーが完了する。

 続いて、スマホのアドレス帳アプリを起動する。「GALAXY S ll LTE SC-03D」の場合、本体のメニューボタンを押し、「インポート・エクスポート」をタップする。次に「SDカードからインポート」を選択したら、アドレス帳を登録するアカウントを選択し、登録作業に進む。

photophoto 「連絡先」アプリで本体のメニューボタンを押すと「インポート・エクスポート」が表示される(写真=左)。「SDカードからインポート」を選択してアカウントを選んだら、「連絡先データファイルをインポート」→「OK」をタップする(写真=右)

 ドコモのスマホの場合、機種によっては「電話帳コピーツール」というアプリがプリインされている。このアプリを使ってもアドレス帳のインポートが可能で、アプリを起動して使用許諾契約書に同意し、インポートするデータを選択すれば、docomoアカウントにアドレス帳のデータを保存できる。ただし、このアプリからは本体やGoogleアカウントへの登録はできないので注意しよう。

photophoto 「インポート」タブを選択したら、インポートしたいVCFファイルを選択する(写真=左)。docomoアカウントにインポートされるので、Googleアカウントで連絡先を管理したい人にはオススメできない(写真=右)
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう