連載
» 2012年11月07日 20時52分 UPDATE

今すぐ使えるスマホレシピ:第9回 プッシュ受信するには? オススメアプリは?――スマホでGmailを快適に使う(基本編) (1/2)

スマホを使い始めたはいいが、もっと便利に使えることを知らないまま何となく使っている人は多い。そんなユーザーに向けて、使い方の基礎から一歩進んだ活用法を取り上げる本コーナー。第9回ではスマホにおけるGmailの基本的な使い方を紹介しよう。

[今西絢美(ゴーズ),ITmedia]

 スマートフォンは、Googleが無料で提供するWebメールサービス「Gmail」との親和性が高い。Gmailはアカウントを作成するだけで、10Gバイトの保存容量を無料で利用できるのが最大の利点。また、PCだけでなく、ケータイやスマホでもメールの送受信や閲覧ができるので、外出先でも手軽に使える便利なサービスといえるだろう。Gmailはキャリアに関係なく利用できるので、ケータイメール感覚で使うのも1つの手。キャリアを乗り換えた場合も、新しいメールアドレスを知らせる必要がなくなるので、プライベートでも活用するといいだろう。


Android、iPhoneでGmailを利用するには

 Androidスマートフォンは、Googleが開発したOSを搭載していることもあり、すべての端末に「Gmail」アプリがあらかじめインストールされている。Gmailを利用するには、アプリを起動し、Googleアカウントを追加するだけでいい。Android端末を使うには基本的にGoogleアカウントが必要なので、GmailでもログインしたGoogleアカウントを使うことになる。

 なお、PCでGoogleアカウントを作成していなくても、スマホから新規アカウントを作成できるのもAndroidならではだ。

photophoto 「設定」から「アカウント同期」を開き、「アカウントを追加」をタップ。複数のGoogleアカウントを設定できる(写真=左)。既存のアカウントを登録できるだけでなく、新しいアカウントを作成することも可能(写真=右)

 一方、iPhoneでは「設定」アプリ内からGoogleアカウントを新規作成することはできない。新規作成する場合は「Safari」などのブラウザを使ってGmailのWebページを開き、アカウントを作成する必要がある。

photophoto 「設定」で「メール/連絡先/カレンダー」を選択し、「アカウントを追加…」でGmailを選び、アカウントを登録する(写真=左)。新規アカウントを作成するにはブラウザから行う(写真=右)

 あらかじめGmailアカウントを持っている場合は、そのアカウントを「メール」アプリに登録すると、Androidのスマートフォンと同様に、Gmailの送受信ができる。

写真の添付方法はAndroidの方が分かりやすい

 メールの作成方法はAndroid、iPhoneともに大きな違いはないものの、写真などファイルの添付方法は少々異なる。

photophoto AndroidのGmailアプリの受信トレイ。「受信トレイ」をタップすると、スター付きや下書き、送信済みメールなどのメニュー一覧が表示される。新規メールを作成するには、画面左下のメールアイコンをタップ(写真=左)。メールの画面で矢印のアイコンをタップすると、返信や転送ができる(写真=右)
photophoto メールボックスでGmailをタップすると受信トレイが開く。新規作成するには画面右下のペンのアイコンをタップ(写真=左)。受信したメールの各種操作は画面下部のアイコンをタップして行う(写真=右)

 Androidの場合はケータイメールと同様、メールの作成画面から添付するデータを選択できるが、iPhoneでは「写真」アプリなどを起動し、添付したいデータを選択してからメールアプリを起動する。

photophotophoto Androidの場合、メールの作成画面で本体のMENUキーを押し、「ファイルを添付」をタップする。写真だけでなくOfficeファイルの添付も可能だ(写真=左)。iPhoneで写真を添付する場合、添付する写真を選択したら画面左下の矢印アイコンをタップし、「メールで送信」を選択する(写真=中)。これで新規メッセージに写真が添付される。送信元のアカウントを変更するには「CC/Bcc,差出人」欄をタップして、使用するアカウントを選択する(写真=右)

 iPhoneで複数枚の写真を添付したいときは写真の一覧画面で「編集」をタップし、添付したい写真をすべて選択してから「送信」→「メールで送信」の順にタップする。また、iOS 6ではメール本文のエリアを長押しして現れるメニューから、写真や動画を添付できるようになった。

photophoto メールアプリ本文のエリアを長押しして現れるメニュー右端の三角形を押すと、「写真またはビデオを挿入」の項目が現れる。ここをタップすると「アルバム」に保存されている写真や動画を添付できる
※初出時に「添付したデータを個別に削除することはできるが、追加するにはあらためてメールを新規作成しないといけない」との記述がありましたが、iOS 6ではメールアプリから画像と動画を追加できます。お詫びして訂正いたします(11/8 12:29)。

リアルタイムでGmailを受信する

 Gmailにはケータイメールと同様、メールが届いたらすぐ通知してくれる機能がある。Androidの場合は常に同期されるので、バッテリーが消費しやすくなる。Gmailの同期をオフにすれば、新着メールは通知されず、Gmailアプリを開いたときに手動で確認する必要がある。

photophoto Androidの場合、「設定」→「アカウントと同期」で該当するアカウントを選択し、「Gmailを同期」にチェックがつくと、常に最新状態に更新される(写真=左)。Gmailアプリを起動してMENUキーを押し、「設定」からアカウントを選択すると、メールの着信通知の有無を設定できる(写真=右)

 iPhoneの場合、Gmailアカウントはリアルタイムでの自動受信に対応していない。リアルタイムで受信したい場合は、「Microsoft Exchange」を利用する必要がある。アカウントの追加画面で「Microsoft Exchange」を選択し、「メール」にGmailのアドレスを、「パスワード」にGmailのパスワードを入力する。次の画面に進んだら、「サーバ」欄に「m.google.com」を、「ユーザ名」にGmailのアドレスを入力し、メールの同期をオンにする。これでGmailにメールが届くたびに通知されるようになる。また、その際には通知センターへの表示もオンにしておこう。

photophoto 「設定」→「メール/連絡先/カレンダー」→「アカウントを追加…」で「Microsoft Exchange」を選択する(写真=左)。メールアドレスとパスワードはGmailのものを入力する(写真=右)
photophotophoto 「サーバ」欄に「m.google.com」と入力する。ユーザ名にはGmailのアドレスを入力し、「次へ」をタップ(写真=左)。「メール」の同期のみをオンにし、「保存」をタップして設定を完了する(写真=中)。「設定」→「通知」→「メール」→アカウントを選択すると、通知センターへの表示のオン/オフなどを切り替えられる(写真=右)
photo

 Exchangeを利用してプッシュ受信をする場合は、「設定」→「メール/連絡先/カレンダー」→「データの取得方法」で「プッシュ」をオンにする。また、「データの取得方法」→「詳細」→「Exchange」が「プッシュ」になっているかも確認しておこう。

 Gmailをリアルタイムで受信しなくてもいいという場合は、通常どおり(簡易設定の)Gmailにアカウントを登録しよう。「データの取得方法」→「フェッチ」から、メールをチェックする間隔を任意で設定できるので、バッテリー消費を気にするなら「手動」にしておいた方がいいだろう。なお、(簡易設定した)Gmailアカウントはプッシュ受信に対応していないので、「プッシュ」をオンにしても、プッシュでの受信はできない。


※「プッシュ」設定の記述などを追記しました(11/8 12:39)。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.