ニュース
» 2013年04月18日 17時01分 UPDATE

ソフトバンクの「紛失ケータイ捜索サービス」、自動音声応答も利用可能に

ソフトバンクのスマートフォンやiPhone、3Gケータイで利用できる「紛失ケータイ捜索サービス」で、オペレーターからの回答に加え、自動音声応答も利用できるようになった。

[田中聡,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルが4月18日、「紛失ケータイ捜索サービス」に音声合成機能を導入した。対象機種はソフトバンクのAndroidスマートフォンと3Gケータイ、iPhone、iPad。

 紛失ケータイ捜索サービスは、携帯電話を紛失した際などに、基地局やGPS測位によって、ソフトバンクカスタマーサポートが端末のおおよその位置を調べてくれるサービス。24時間利用できる。18日以降は、オペレーターによる回答だけではなく、音声合成機能を用いた自動音声応答でも住所を読み上げて回答する。これにより、繁忙期などでオペレーターに電話がつながりにくい際も、素早く端末の場所を確認できる。

 この音声合成には、東芝の特許技術を用いて、肉声感の高い自然な音声を安定して生成できる音声合成エンジン「ToSpeak」を採用。それをもとにソフトバンクモバイルが独自に改良しているという。

 紛失ケータイ捜索サービスは「ケータイ基本パック」「スマートフォン基本パック」「iPhone基本パック」「法人基本パック/法人基本パックプラス」「スマートフォン法人基本パック」「iPhone法人基本パック」「iPad法人基本パック」のいずれかに加入している人が利用できる。利用料金は、各種基本パックの月額料金に含まれる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.