ニュース
» 2013年07月05日 16時01分 UPDATE

夏モデルの影響は?――2013年6月契約数

電気通信事業者協会(TCA)が2013年6月末時点での携帯電話・PHS、BWA各社の契約数情報を発表した。KDDIは純増数を増やし、ほか2社は5月からペースを下げた。

[長浜和也,ITmedia]
グループ名 2013年6月純増数 累計
NTTドコモ -5900 6162万3200
KDDI 23万2200 3837万8100
ソフトバンクモバイル 24万8100 3329万
イー・アクセス 非公開 非公開
携帯総数 47万4400 1億3329万1300

 電気通信事業者協会(TCA)は7月5日、2013年6月末時点の携帯電話・PHS契約数を発表した。

 純増数トップはソフトバンクモバイルで4月は24万8100件を獲得。次いでKDDI(au)も23万2200件の純増となった。NTTドコモは、マイナス5900件と2013年1月以来の純減となった。

 累計契約者数はドコモが6162万3200件、KDDIが3837万8100件、ソフトバンクが3329万件で、3社の合計は1億3329万1300件。PHSの累計契約数は519万9000件で、携帯電話3社とPHSの合計契約数は1億3849万300件となった。なおイー・アクセスは契約数を四半期決算でのみ公表しているため、同社の契約数は数字に含まれていない。

MNP利用状況 差し引き
NTTドコモ −14万6900
KDDI 8万5300
ソフトバンクモバイル 5万9900
イー・アクセス 1700(推定)

 MNPは、KDDIが8万5300件の転入で引き続きトップ。ソフトバンクも5万9900件の転入と、どちらも前月実績から超過実績の数を増やしている。一方、ドコモは14万6900件の転出超過と、5月実績を超える転出件数となった。(記事掲載当初、ドコモの転出数に誤りがありました。おわびして訂正いたします)

 NTTドコモでは、夏モデルのツートッププロモーションやフィーチャーフォンからの移行は順調だが、MNPの転出件数を抑えることができなかったことが純減の原因と述べている。また、データ通信端末の減少も要因の1つとみている。

 KDDIは、3キャリアの中で唯一純増数を前月実績から増やすなど、好調を維持している。KDDIによると、スマートパスといった従来から行っているプロモーションの認知が引き続いてユーザー獲得に貢献していると評価している。

 ソフトバンクでは、純増数を5月から減らしているが、これは、5月には“学割”などのキャンペーン終了に伴う駆け込み契約が多かったためで、6月の純増数が少なくなったように見えるが、前年同月と比べると数は増えているので好調を維持しているという見方を示した。

kn_tca1306_01.jpg 純増数の推移

kn_tca1306_02.jpg 純増シェアの推移

kn_tca1306_03.jpg MNP利用状況の推移

 ウィルコムはPHS回線が単独で519万9000件となり、3GのMVNO契約(29万1900件)と合わせて契約者数は540万900件となった。モバイルWiMAXを展開するUQコミュニケーションズは4万700件の純増で、累計契約者数は422万2300件に。AXGPを提供するWireless City Plannningは、11万3200件の純増で累計契約数が153万4300件だった。

Wireless City Planning 2013年6月純増 累計
AXGP 11万3200 152万4300

UQコミュニケーションズ 2013年6月純増 累計
UQ WiMAX 4万700 422万2300

ウィルコム 2013年6月純増 累計
PHS 7万4600 519万9000
WILLCOM CORE 3G 16900 29万1900
9万1500 549万900

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.