レビュー
» 2014年01月27日 11時15分 UPDATE

写真で解説する「Xperia Z Ultra SOL24」(ソフトウェア編)

1月25日に発売された「Xperia Z Ultra SOL24」のソフトウェアは、基本的にXperia Z1と共通しているが、ホーム画面やカメラなど、主な見どころをチェックしていこう。

[田中聡,ITmedia]

 KDDIから1月25日に発売された、6.4インチディスプレイ搭載のソニーモバイルコミュニケーションズ製ファブレット「Xperia Z Ultra SOL24」(レビューまとめはこちら)。外観編に続き、ソフトウェアの見どころをリポートしたい。

photophoto ソニーモバイルコミュニケーションズ製の「Xperia Z Ultra SOL24」。ボディカラーはブラック、ホワイト、パープル

 ソフトウェアはXperia Z1と共通しているところが多いが、6.4インチにディスプレイが大きくなったことで、1画面により多くのアプリとウィジェットを設置できるようになった。アプリはXperia Z1は横5つまでしか置けないが、Xperia Z Ultraでは横7つのアプリを置ける。ホーム画面のUI(ユーザーインタフェース)はXperia Z1と同じで、タイル形式で文字を大きく表記する「シンプルホーム」も用意されている。

 Xperiaのオリジナルアプリ「アルバム」「WALKMAN」「ムービー」も利用できる。ワンセグ/フルセグの視聴も可能だが、視聴するには付属のテレビアンテナケーブルを装着する必要がある。

 スリープ時に指定したアプリの通信を制御する「スタミナモード」は、Wi-Fi版の「SGP412JP」は搭載しているが、Xperia Z Ultra SOL24は搭載していない。ソニーモバイルによると、今後の搭載については未定とのこと。

photophotophoto Xperia Zからおなじみのホーム画面。6.4インチという大きなディスプレイのため、1画面に表示できるアプリやウィジェットの数が増している
photophotophotophoto 発表会場の展示機にインストールされていたアプリ
photophotophoto アプリ一覧から右方向にスライドさせると、アプリの並び替えやアンインストールなどができるサブメニューが表れる(写真=左)。各種ショートカットが並ぶ通知バー(写真=中)。Androidのバージョンは4.2.2(写真=右)
photophotophoto 設定メニュー(写真=左、中)。公式スペックのROMは32Gバイトで、実際に使えるストレージは、25Gバイトほどが空いていた(写真=右)
photophotophoto タスク一覧から呼び出せる「スモールアプリ」は、1画面に複数を貼り付けられる
photophotophoto 「アルバム」アプリは、「PlayMemories Online」と連携。あらかじめPlayMemories Onlineにログインしていれば、PlayMemories OnlineやほかのXperiaに保存した画像や動画が、自動で同期される(写真=左、中)。「ムービー」アプリには「ビデオパス」のショートカットもある(写真=右)
photophotophoto 「WALKMAN」アプリには「LISMO Store」と「うたパス」のショートカットも用意されている(写真=左)。音楽の再生画面(写真=中)。ワンタッチでソニーオススメの高音質にしてくれる「ClearAudio+」も継承している(写真=右)

 約810万画素CMOSカメラは、ソニーの高性能な「Gレンズ」は搭載していないが、撮影時のUIはXperia Z1を踏襲している。最大4枚の連写画像を合成してノイズを低減する機能や、白飛びや黒つぶれを抑えるHDRにも対応している。シーンを自動で認識してくれる「プレミアムおかませオート」設定時は、Xperia Z1は8メガピクセルだが、Xperia Z Ultraは5メガピクセルに固定される。

 Xperia Z1でもおなじみの「タイムシフト連写」「Social live」「ARエフェクト」は、ダウンロードすることで利用可能になる。ダウンロード可能なカメラアプリは、ほかにも順次追加される。Xperia Z Ultraはシャッターキーを搭載していないが、カメラアプリの設定からボリュームキーをシャッターキーとして利用できる。

photophotophoto Xperia Z1と同じカメラUIを採用(写真=左)。プレミアムおかませオート、マニュアル、ピクチャーエフェクト、スイングパノラマを選べる(写真=中)。撮影アプリを追加してカメラメニューから呼び出せる(写真=右)
photophoto クイック起動やタッチ撮影、長押し連写などの設定ができる
photophoto マニュアル撮影では、シーン、HDR、ISO感度、撮影サイズなどの設定ができる

 手書きメモを手軽に作成できる「スケッチ」アプリは、大画面でタッチパネルが手書き入力に最適化されているXperia Z Ultraでは、より便利に使用できる。指でも書けるが、精密に書くのなら、スタイラスペンを使った方がいいだろう。Xperia Z Ultra専用のスタイラスペン「ES22」(税込み1980円)がソニーから発売されており、Xperia Store、ソニーストア、一部量販店などで購入できる。市販のボールペンでも手書きができるが、うまく入力できないこともあった。日本語入力システムの「POBox Touch 6.2」も手書き入力に対応しており、漢字の手書き入力も可能だ。

photophotophotophoto 手書きメモを作成できる「スケッチ」アプリを用意。ペンの種類、太さ、色、背景色などを変更できる。撮影した写真や保存した画像を貼り付けてメモをすることも可能だ
photo ソニーモバイル純正のスタイラスペン「ES22」。伸縮可能で最長10センチまで伸びる
photophotophotophoto 日本語入力システムは「POBox Touch 6.2」を搭載。キーボードのサイズを自由に変更できる。QWERTYキーボードには数字とアルファベットが表示される

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.