ニュース
» 2015年10月14日 11時51分 UPDATE

組み合わせ自由のモジュール式スマートウォッチ「BLOCKS」がKickstarterに登場

本体の「Core」モジュールに、心拍計やNFC、追加バッテリーモジュールなどを組み合わせて追加できる組み立て式のスマートウォッチ「BLOCKS」のキャンペーンがKickstarterでスタートした。キャンペーン価格はCore+ストラップが195ドルから。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 英BLOCKS Wearablesは10月13日(現地時間)、モジュール式のスマートウォッチ「BLOCKS」のプロジェクトを米クラウドファンディングKickstarterで立ち上げた。立ち上げ数時間後の本稿執筆現在、調達額は目標の25万ドルをはるかに超え、既に約42万ドルに上る。

 blocks 1 BLOCKSのKickstarterページ
 blocks 2 Coreモジュールの構造

 BLOCKSはオープンソースのスマートウォッチで、iOS/Android端末と連係できる。基本モジュールの本体(Core)は1.35型(360×360ピクセル)のタッチ対応カラーディスプレイを搭載し、プロセッサは米QualcommのSnapdragon 400、512MバイトのRAMと4GバイトのFlashメモリを搭載し、Wi-Fi、Bluetooth 4.1をサポートする。音声入力用マイクや振動モーターも搭載する。

 このCoreに、モバイル決済、カメラ、GPS、心拍計、SIMカード、指紋認証、NFC、GPS、追加バッテリー、追加Flashメモリ(一部は今後開発の予定)などのモジュールを組み合わせて追加できる。

 blocks 3 様々なモジュールを組み合わせられる

 オープンソースになっているので、サードパーティーがさらに新たなモジュールを開発できる。過去2年間でQualcommや英ARMなどのパートナーがモジュールを作成してきた。これらのモジュールは、iOS/Androidの専用アプリ経由でオンラインショップで購入できる。

 キャンペーンでの製品購入価格は195ドルから。195ドルでCoreと基本的なストラップの組み合わせを2016年5月に購入できる。この基本構成の定価は260ドルになる見込みだ。Coreと4種類のモジュールの組み合わせは250ドルから。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.