ニュース
» 2011年07月08日 00時00分 UPDATE

動画で確認:パナソニックが楽天とタッグを組んで電子書籍リーダー「UT-PB1」を参考出品 (1/2)

第15回 国際 電子出版EXPOにおいて、パナソニックがAndroid搭載の電子書籍リーダーを参考出品した。7型液晶ディスプレイ搭載のタブレットを細かくチェックしよう。

[田中宏昌,ITmedia]

製品投入は8月上旬の見込みか!?

ht_1107ra01.jpg パナソニックのブース

 パナソニックのブースに参考出品されていた電子書籍端末は、「UT-PB1」という製品名が付けられていた。まだ開発中のモデルとのことだが、すでにマニュアルPDFも作成されており、発表が近いことをうかがわせる。

 ブースはパナソニックと楽天の共同出展となっており、楽天からは7月7日付けで「電子書籍ストアを新たに開設し、配信サービスを開始することとなり、まずは、現在開発中のパナソニック製の専用端末に対応することとなりました」とのニュースリリースが出されている。6月に発表されたように(関連記事:楽天、ブックリスタと電子書籍サービスの連携で合意)、ブックリスタが提供する電子書籍共同配信プラットフォームが使われ、楽天会員IDでの購入、楽天スーパーポイントによる決済やコンテンツ価格の1%分のポイントが付与されるのが特徴だ。コンテンツの販売開始は8月上旬予定となっていることから、この電子書籍端末も同時期に投入される可能性が高い。

ht_1107ra02.jpght_1107ra03.jpg ホームボタンを押すと、マイ デスクトップ画面が表示され、すぐにブックストアにアクセスできる(画面=左)。ブックストアボタンを押すと、お勧めのタイトルが表示される(画面=右)

電子書籍の購入イメージ。この動画は参考出品用に設定されたものであり、あくまで実際のものとは異なる
(表示されない場合はこちらから)


デュアルコアCPUと7型ワイド液晶、Android 2.2を搭載

ht_1107ra04.jpg 参考出品されていた「UT-PB1」

 それでは、早速タブレット端末の概要を見ていこう。なお、ここで示した数値は参考出品されていた端末内のマニュアルを参照しており、あくまで開発途中のものだ。実際の製品とは異なる可能性があるので、注意してほしい。

 主なハードウェアスペックは、1024×600ドット表示に対応(約26万色対応)した7型ワイドの液晶ディスプレイで、CPUはデュアルコア、OSはAndroid 2.2を搭載していた。実際、動作はキビキビとしており、詳細は下記の動画を参照してほしいが、操作面でストレスを感じることはなかった。

 外形寸法は133(幅)×206(奥行き)×13.9(厚さ)ミリ、重量は約400グラムと片手でも十分に持てるサイズと重さだ。本体に8Gバイトのメモリを内蔵するほか、microSD(8Mバイト〜2Gバイト)/microSDHC(4Gバイト〜32Gバイト)対応のメモリカードスロットと130万画素のCMOSカメラ、ステレオスピーカー(500ミリワット+500ミリワット)を備える。また、ヘッドフォン端子とUSB 2.0(High Speed)対応のUSB端子、専用の電源端子も搭載する。

ht_1107ra05.jpg 5.5型GALAPAGOSとのサイズ比較。7型ワイドのためサイズは大ぶりだ
ht_1107ra06.jpg iPhone 4とのサイズ比較
ht_1107ra07.jpg UT-PB1の裏面。リセットボタンが用意されている

ht_1107ra08.jpg 画面下部にホームボタンやメニューボタン、戻るボタンが並ぶ
ht_1107ra09.jpg 天面に電源ボタン、カバー内にUSB端子が用意される
ht_1107ra10.jpg 右側面にヘッドフォン端子とメモリカードスロット(microSD対応)がある

ht_1107ra11.jpg 左側面上部にDC入力(専用端子)がある
ht_1107ra12.jpg 左側の端が若干盛り上がっているのが分かる
ht_1107ra13.jpg 8Gバイトのメモリを内蔵する

無線LANは内蔵するも3G機能は備えず

 通信機能はIEEE802.11b/g/nの無線LANとBluetooth 2.0+EDR(対応プロファイルはA2DP/AVRCP/OPP)を内蔵するが、3Gは非対応だ。再生可能なファイル形式は、書籍がPDFと著作権保護機能付きXMDF、動画がH.264(メインプロファイルとベースラインプロファイル)/MPEG-4(シンプルプロファイル)/WMV、静止画がJPEG、音楽がAAC/MP3/WMAとなっている。

 気になるバッテリー容量は7.4ボルト/1530mAhで、駆動時間は無線LANをオフにして40秒間に1回ページ送りを操作した場合の電子書籍リード時で約6時間(液晶輝度最低)/約3.5時間(液晶輝度最高)、動画(1280×720ドットのH.264ファイル/無線LANオフ)再生で約5時間(液晶輝度最低)/約3時間(液晶輝度最高)、96kbpsのMP3ファイルで画面消灯かつ無線LANオフの音楽再生が約10時間だ(充電時間は約2時間15分)。バッテリーは本体内蔵で、交換することはできない。

実機の動作イメージ。デュアルコアCPUを搭載しており、動作は機敏だ
(表示されない場合はこちらから)


フォントは3種類、文字サイズは5段階に切り替えられる

 電子書籍を読む際の設定画面では、文字のサイズを5段階に切り替えられ、フォントも明朝/ゴシック/丸ゴシックから選べる。他にも、色の設定(白地に黒文字/黒地に白文字)、ルビ表示(あり/なし)、ページアニメーション(する/しない)、ブックマーク(しおり)の挿入、文字検索、検索履歴の表示などが用意されている。動画を見てもらえれば分かるが、こちらの切り替えも俊敏だ。

ht_1107ra14.jpg ソフトウェアキーボードの画面
ht_1107ra15.jpg こちらはアルファベッド入力時の画面
ht_1107ra16.jpg こちらは数字入力時のもの

電子書籍を読む際の設定画面。画面下部にあるメニューボタンを押すと設定画面が表示される
(表示されない場合はこちらから)


 次のページでは、電子書籍や動画(YouTube)鑑賞時の動作をチェックしよう。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.