ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ビズリーチ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

オンラインでどう解決?:
新入社員のオンボーディングに「課題あり」6割の企業 解決法は
6割の企業が、新卒採用者や中途採用者の受け入れから定着・活躍までを支援する「オンボーディング」に、課題を抱えている──ビズリーチが運営するHRMOS WorkTech研究所の調査で、このような結果が判明した。(2021/6/28)

東京都がデジタル人材を募集 高校生含む非常勤職員らで採用サイトを内製化
東京都デジタルサービス局は都庁内のDX推進に向け、6月15日からデジタル人材の公募を始めた。任用期間は2021年10月1日から2023年3月31日まで。最長5年まで任期を延長できる。公募に当たっては、採用サイトを高校生を含む非常勤職員で内製化したという。(2021/6/16)

オリコン調査:
満足度の高い「転職サイト」ランキング 3位「doda」、2位「ビズリーチ」、1位は?
顧客満足度の高い転職サイトはどこか。oricon MEが調査を実施したところ、1位になったのは……(2021/6/2)

コロナ禍で変化:
ヘッドハンターへの相談内容 2位「業界の将来が不安」、1位は?
先行き不透明なコロナ禍において、中途採用市場のヘッドハンター達にはどのような相談が寄せられているのか。転職サイトを運営するビズリーチが調査した。(2021/5/27)

平均年収740万円の人たちに聞く:
「転職意欲が向上した」84.6% 挑戦したい業界は?
転職サイト「ビズリーチ」はサイト会員を対象に、コロナ禍での転職活動に関するアンケートを実施した。その結果……。(2021/5/13)

新サービス開発などを担当:
キリンが副業人材を公募 IoT、富裕層マーケティングの知見を活用、新規事業育成へ
キリンホールディングスは、同社として初めて副業人材の公募を始めた。新規事業の立案や育成に関わる人材を受け入れる。IoT領域とマーケティング領域を担うエグゼクティブ・アドバイザーをそれぞれ1人程度募集する。(2021/2/18)

金融庁が抱える課題とは:
金融庁、DX人材を公募 「人間の力だけでは不正を見抜けない、金融庁も高度化する」
「金融DX」の推進を掲げている金融庁だが、金融庁がつかさどる行政手続きのうち、オンラインで対応可能な手続き種類は8.8%にとどまっている。金融機関との行政手続きの完全電子化を推進するため、DXに取り組む専門人材の公募を実施する。金融庁が抱える課題と、どのようにDXを進めていこうとしているのかについて、金融庁総合政策局の稲田拓司氏に伺った。(2021/1/14)

金融庁、ビズリーチでDX人材公募 セキュリティアナリストなど3ポジション
金融庁は1月7日、金融のDXを推進する課長補佐級の人材の公募を、ビズリーチで始めた。セキュリティアナリストなど3ポジションで、専門的な人材を募っている。(2021/1/7)

最も多く検索されたのは「SaaS」:
「DX」と一緒に検索されているキーワードとは ビズリーチが「レジュメ検索トレンドランキング2020」を発表
ビズリーチは「レジュメ検索トレンドランキング2020」を発表した。「SaaS」「クラウド」「DX」などの検索件数が2019年と比べて増加した。新型コロナウイルス感染症対策でDXが急速に進んだことが影響したとみられる。(2020/12/24)

民間のIT人材の8割が「官公庁の仕事に興味あり」、うち3割が「副業・兼業」を希望 ビズリーチ調査
転職サイトを運営するビズリーチが行政のデジタル化に関連した仕事への意識調査を行い、民間のIT人材の約8割が「官公庁の仕事に興味ある」と回答した。(2020/12/7)

約7割の企業が「通年採用を導入・検討」 拡大する「通年採用」、課題は「コスト」「煩雑化」
学生とのコミュニケーションが今以上に重要視されそう。(2020/10/14)

今日のリサーチ:
通年採用の課題は「学生の志願度(入社意欲)を上げるための最適なコミュニケーション設計」――ビズリーチ調査
企業の採用担当者を対象に、新卒採用に関して調査しています。(2020/10/13)

勤務は週1回程度:
ダイハツ、「副業・兼業人材」を公募 外部の知見を生かして新規事業拡大へ
ダイハツ工業は、「副業・兼業人材」の公募を始めた。まずはMaaS(Mobility as a Service)を中心とした新規事業分野で、知見や経験を生かして活躍できる人材を求めている。(2020/9/11)

三井住友FG傘下のプラリタウン、中堅・中小企業のデジタル化推進でセールスフォースと提携
三井住友FGの子会社プラリタウンは、国内中堅・中小企業のデジタル化推進に向け、セールスフォース・ドットコムと業務提携を締結した。グループの取引先となる中堅・中小企業との取引基盤に独自のプラットフォームサービスを活用し、デジタルソリューションの提供で企業の競争力強化を支援する。(2020/8/12)

PR:「足で稼ぐ」はもう古い! オンライン商談で変わる営業の今
(2020/6/24)

キャリアニュース:
新型コロナウイルス感染症拡大により、約6割がキャリア観に「変化あり」
ビズリーチが「新型コロナウイルス感染症拡大に伴う、働き方やキャリア観、転職活動への影響」に関する調査結果を発表した。「キャリア観が変化した」と56%が回答し、そのうち92%が「企業に依存せず自律的なキャリア形成が必要」と考えていた。(2020/5/14)

立教大とビズリーチ、AI研究で提携 ビッグデータをもとに「個人のキャリア観」を解析
立教大学と転職サービスを運営するビズリーチが、AIの社会実装を目的とした共同研究を始める。(2020/4/27)

オンライン採用、導入企業の66%は好印象 一方で「職場、応募者の印象が伝わらない」など課題も
ビズリーチは、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、オンライン採用に関する調査結果を発表した。オンライン採用を導入している企業の66%はメリットの方が大きいと感じている一方、「職場、応募者の印象が伝わらない」など課題もあると分かった。(2020/4/17)

PR:Web会議のトレンドは? 活用したいビジネスシーンや使用ツールを調査
(2019/11/1)

転職サイトのビズリーチ、OSSの脆弱性管理ツールを開発 きっかけは「社内の悩み」
ビズリーチが、オープンソースソフトウェア(OSS)の脆弱性管理ツール「yamory」を公開。サイバーセキュリティ事業に参入した。このyamoryは、現場の悩みから生まれたツールだという。(2019/8/29)

対応優先度と対応策を自動通知:
脆弱性管理ツール「yamory」でエンジニア支援 ビズリーチ
ビズリーチは、オープンソースソフトウェアの脆弱(ぜいじゃく)性管理ツール「yamory」の提供を開始した。システムが利用しているOSSの状況を自動的に把握し、脆弱性を管理する。(2019/8/28)

今日のリサーチ:
令和を代表する企業、1位はGoogle――ビズリーチが20代に調査
20代が期待する「令和を代表する」企業ランキングです。(2019/6/21)

経産省、「空飛ぶクルマ」プロジェクトに参加する「週1官僚」募集 日給1万5000円、副業・兼業限定
経済産業省は3月7日、ドローンを大型化させた「空飛ぶクルマ」を実現させるためのプロジェクトに、副業や兼業で週1回参加する有識者「週一官僚」の募集を、求人サイト「ビズリーチ」で始めた。PR戦略を立案・実行するマネージャーと、公共サービスとの接続などを考案するディレクターを1人ずつ募集。月4回程度の勤務で、日給は1万5030円。(2019/3/7)

エンジニア不足は社内で解決できる 驚きのジョブチェン、営業メンバーをSalesforceの開発者にしたビズリーチの挑戦
Salesforceを導入した企業の多くが悩んでいるのが、アプリの開発者不足。この課題を解決すべくビズリーチが取り組んだのは、営業メンバーをエンジニアにスカウトすることだった……。(2019/2/28)

Sansan×HiCustomer×ビズリーチ×ベルフェイス×弁護士ドットコム:
カスタマーサクセスチーム立ち上げ時の残念エピソード、成長SaaS企業5社が振り返る
カスタマーサクセス元年ともいわれる2018年末に、日本国内でこの領域をけん引するSaaS事業者5社の論客が「俺たちの失敗」を赤裸々に語った。(2019/1/28)

2018年を振り返る:
「読解力がない子どもにプログラミングを教えても、意味がない」――2018年、Facebookで反響があった開発者、プログラマー向け記事ベスト10
2018年も、開発者、プログラマー向けの話題がたくさんありました。本稿では、2018年に@ITが公開した記事の中で注目を集めた上位10記事を紹介します。(2019/1/8)

企業は“福利厚生の充実度”アピール:
18年版「急増求人ワード」から見えてきた「飲食店の人手不足」問題 ビズリーチ調べ
ビズリーチは12月17日、正社員とパート・アルバイト求人のタイトルに含まれる単語のうち前年から急増した単語の調査結果を発表。正社員求人では「飲食」(4.18倍、2万923件)が1位となった。(2018/12/17)

マーケ×IT×HR:
マルケトが自ら実践、マーケティングオートメーションは採用活動に使えるか
人材採用のプロセスはマーケティングに似ている。ならば、それにふさわしいツールが使えるはず。しかも自社で提供しているツールが……というマルケト人事部門の取り組みを紹介する。(2018/11/29)

月間1961件の求人:
RPA関連技術者へのニーズが急増、最高提示年収は3000万円――ビズリーチが調査
ビズリーチの調査によると、RPA関連求人が急増している。2018年10月のRPA関連求人数は、前年同月と比べて6.4倍の1961件に増えた。最高提示年収は同1.5倍の3000万円に達した。(2018/11/21)

エンジニア、コンサル、BPOが人気:
人手不足で「RPA人材」の需要拡大 求人数は前年比6倍、年収3000万円の案件も
RPA人材の需要が急拡大していることが、ビズリーチの調査で判明。同社の求人検索エンジンを調べたところ、「RPA」の単語を含む求人は前年同月比6.4倍の1961件、最高提示年収は3000万円だった。(2018/11/20)

おいしいカレーを守る:
後継者不足で廃業する飲食店に「待った」 ゴーゴーカレーが事業承継に意欲
カレー専門店チェーンを運営するゴーゴーカレーグループがM&Aに注力。2017年に金沢市の老舗インド料理店「ホットハウス」の事業を引き継いだのを皮切りに、全国の飲食店に対しても事業承継を呼び掛けていく。(2018/11/2)

「問題噴出」の構造的背景を聞く:
“会社なら当たり前のこと”をすればうまくいく――フェンシング太田雄貴が挑む「スポーツ業界の健全化」
暴力、パワハラ、助成金の不正流用――。スポーツの競技団体で噴出する問題は止まる気配を見せない。昨年、日本フェンシング協会会長に就任した太田雄貴氏に現状の課題を聞いた。(2018/10/5)

うわっ……私の給料、少な過ぎ……?:
低い収入に甘んじていることは、業界全体への裏切り――エンジニアの年収を上げる3つの方法
その時々に応じた技術と経験を持ち、それを適切な価格で供給すること。それは、あなたの給与を上げるだけではなく、周りのエンジニアみんなの給与を上げることにつながるのだ。(2018/10/1)

今度はスタートアップ支援企業と提携:
レシート画像買い取りアプリで話題になった高校生CEOが今、やっていること
2018年6月に大きな話題となったレシート画像買い取りのiOSアプリ「ONE」。高校生CEOの山内奏人氏にとって、これは実験的プロジェクトなのか、それともサステイナブルなビジネスを構築しようとしているのか。どんなビジネスモデルで、長期的には何を目指しているのだろうか。(2018/8/20)

求人数ではRuby、C、Python:
年収が高いプログラミング言語は「Go」――「Scala」と「Python」が続く
ビズリーチは「プログラミング言語別年収ランキング2018」を発表した。1位は年収の中央値が600万円の「Go」、2位は「Scala」、3位は「Python」。スクリプト言語が多く、求人数ではRuby、Python、Cが際立っている。(2018/8/8)

プログラミング言語別の年収ランキング、中央値1位は「Go」
1位は「Go」で中央値600万円、最大1600万円だった。(2018/8/7)

機械学習のニーズ高まる:
プログラマーの言語別年収ランキング、2位は「Scala」 1位は……?
使えると高い年収が得られるプログラミング言語は?――ビズリーチ調べ。(2018/8/7)

マーケティング・インサイドセールス・営業が同一ツールで連携:
ビズリーチが実践して証明、「MAはマーケティングだけのツールではない」といえる理由
マーケティングオートメーションはマーケターだけのものか。ビズリーチの実践事例を紹介する。(2018/8/2)

複雑化する採用フローを一元化
「LINE」や「Slack」を使った採用活動が可能に 採用管理システム3種を紹介
人事業務関連製品・サービスの展示会「第7回 HR EXPO」では、複雑化する採用活動を一元管理できる採用管理システムが複数展示されていた。今回はその中から、各種SNSや求人サイトと連携できる3サービスを紹介する。(2018/7/31)

B2Bマーケティング、今この人に聞きたい:
ビズリーチ青山弘幸氏に学ぶ、事業を成長させるプロマーケターの仕事術
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティング中心の経営を実践するB2B企業を訪ね、そのチャレンジについて聞く。(2018/7/19)

ドラマ「インベスターZ」に落合陽一氏、メルカリ小泉社長など出演 語りは堀江貴文氏
ドラマ「インベスターZ」に、研究者で起業家でもある落合陽一氏、メルカリ社長の小泉文明氏など、実在のIT社長が多数、本人役で出演する。語りは堀江貴文氏が務める。(2018/6/21)

コンサルなども高年収:
「職種別年収ランキング」、投資家を抜いて1位になったのは……?
ビズリーチが「正社員職種別年収ランキング2018」を発表。1位になった職種は……?(2018/6/19)

最強のビジネスパーソンは「戦わずして勝つ」 そのたった1つの方法
ゴリラはドラミングをして、互いの種を攻撃しあうことを避けるのと同様に、真に賢い人間は、無駄な敵は作らない――。そこに、多くの経営者が持つ魅力の証しがあるのではないか。(2018/6/5)

先端IT関連求人数が前年比2倍以上で提示年収も高騰:
年収4600万の求人も――ビズリーチの求人動向調査でIT技術者不足が明らかに
ビズリーチは、求人検索エンジン「スタンバイ」で実施したIT関連求人の動向調査の結果を公表した。先端ITに関する求人数は軒並み前年比2倍以上に増え、年収4600万円が提示された分野もあった。(2018/6/1)

実践的・フォロー充実の会社が人気:
就活生に聞く「インターンに行ってよかった企業」ランキング 1位は……?
インターンシップに参加した学生が「ためになった」と感じたのはどの企業?――ビズリーチ調べ(2018/5/30)

2017年、開発者、プログラマー向け@IT記事、Facebookシェア数トップ20とは?
2017年も、開発者、プログラマー向けの話題がたくさんありました。本稿では、2017年の大きなトピックを振り返りつつ注目を集めた記事上位20本を紹介します。これを読んで2017年を俯瞰してはいかかでしょうか。(2017/12/28)

395人が応募:
地方自治体が“副業限定”で人材募集 その狙いとは
広島県福山市は、同市の戦略顧問を「兼業・副業限定」で募集。想定以上の反響があり、395人から応募があったという。(2017/12/18)

Excelに「Python」搭載検討 Microsoftがアンケート実施中
米Microsoftが、ExcelとPythonの統合についてアンケートを実施している。「需要についてよりよく理解するため、情報を集めたい」という。(2017/12/18)

中小製造業ニュース:
後継者探しはネットで無料――ビズリーチが事業承継サービス
ビズリーチがインターネット上での事業承継M&Aマッチングプラットフォーム「ビズリーチ・サクシード」を発表。事業承継を検討している企業は、登録から案件成約時まで利用料は完全無料。コストの心配なく事業承継を進められるという。(2017/11/29)

“いま”が分かるビジネス塾:
「経営」と「人事」に距離がある企業は成長が難しい理由
「HRテック」――近年このキーワードを耳にする機会が増えている。人材関連分野は、「人がやる仕事」という一般的なイメージとは異なり、AIなどの新しいテクノロジーとの親和性が高い。各企業が人事のデジタル化を急ぐ背景や、導入の課題などについて考察した。(2017/11/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。