ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ビズリーチ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

セキュリティニュースアラート:
ビズリーチ、新たな認証基盤にOkta CICを採用 100万人のユーザーをログアウトさせずに移行
ビズリーチは10年以上運用していたB2C向け認証基盤をOkta Customer Identity Cloudに刷新した。100万以上のユーザーをログアウトさせずに基盤を移行することに成功したという。(2024/1/30)

データドリブンな営業への道筋:
なぜSFAへの記入漏れは減らないのか 米国企業に学ぶ「使えるSFA」設計
「SFAの入力が進まない」「SFAをうまく活用できていない」という声が多くの営業組織から聞こえてくる。どうしたら営業担当はSFAに記入してくれて、そのデータを営業活動に活用できるようになるのか? 米国企業が取り入れている方法を解説する。(2024/1/25)

SFAが「レポートツール」になり下がる 使いこなせない営業組織が持っていない視点
日本企業の営業組織でも「セールステック導入」が一般的になってきた。しかし使いこなせていない組織が多いようだ。SFAを導入したのにただのレポートツールに成り下がっている話も聞く。セールステックを効果的に活用するためにはどうすればいいのか、解説する。(2024/1/9)

年収1000万円超の親は、子どものキャリアについてどう教育しているのか
年収1000万円超の親は、子どものキャリアについてどう教育しているのか。ビズリーチ(東京都渋谷区)が調査を実施した。(2024/1/7)

日本のマーケティング最前線:
外資マーケターはなぜ“ちやほや”されるのか 背景に3つの事情
(2024/1/5)

ITサービスの値上げラッシュ それでも顧客が離れない「米国流・営業スタイル」
ITサービスが相次いで値上げに踏み切っている。顧客の財布のひもは固くなるだろう。米国ではCFOがサービス解約を主導するような状況だ。営業の難易度は上がるが、生き残るために米国で浸透してきている「新しい営業スタイル」について解説する。(2023/12/15)

属人営業からの卒業〜「俺の顧客リスト」はもうダサい!〜:
セールステック、何をすれば「成果」が出るのか? 脱・属人営業の号令だけでは意味がない
コロナ禍を経て営業の在り方は確実に変わり始めている。個人に依存した属人営業ではなく、テクノロジーを活用し組織として成果を出し続ける仕組みをつくっていかなくてはならない。しかし、セールステック導入に成功している企業は一握りだ。どうすれば、セールステックは意味を成すのか?(2023/12/1)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
さようなら、マザーズ指数 「日本版ナスダック」になれず低迷した3つのワケ
日本経済におけるベンチャー企業のバロメーターとして20年にわたり存在感を示してきた「東証マザーズ指数」の名称がついに変更された。米国における新興市場の株式指数である「ナスダック」に追随するとさえも期待されていたマザーズ指数。なぜこのような結果に終わってしまったのか。元凶は3つあった。(2023/11/10)

今日のリサーチ:
求人CMの放送回数、2022年度は過去最多に――CM総合研究所調査
コロナ禍で半減した求人CMですが、2022年度に放送回数が過去最高を記録したことが分かりました。(2023/10/28)

正社員に聞いた:
人気の「転職サイト・エージェント」ランキング トップ3は?
 正社員に人気の高い転職サイトはどこか──? 転職体験談のデータベースサイト「マイ転職ストーリー」が、23〜44歳の正社員が実際に利用している「転職サイト・エージェント」の利用率ランキングを発表した。その結果、1位は「リクルートエージェント」(49%)となった。(2023/10/24)

営業DXで応える:
バブル世代の敏腕営業が大量離職 営業力の低下を今から食い止めるには?
バブル世代の敏腕営業たちが定年退職により会社を去ったあと、営業力は低下の一途をたどるかもしれない。彼らの営業力を資産として会社に残すためにはどうすればよいのだろうか?(2023/10/20)

ミレニアル世代が「メイン購入者」に:
「営業から買う」は時代遅れ B2Bテック製品の購買ジャーニー、どう変化している?
B2B営業の購買ジャーニーが変化してきている。これまで当たり前だった「営業から買う」というスタイルはすでに時代遅れになりつつある。なぜだろうか? 購買者の変化を踏まえ、今後の営業のあり方を考えてみよう。(2023/9/20)

ボーナスタイム終了:
コロナ禍が生んだ「売れない営業」 今こそ提案力を鍛え直すべき、何から始める?
コロナ禍の追い風を受け、リモートワーク関連のITや通信サービスなどは大いに業績を伸ばした。しかし、現在それらの多くの会社の営業現場で「コロナ特需」の跳ね返りが起きている。つもり「売れない営業」が生まれてしまっているのだ。提案力を鍛え直すためにどうすべきか?(2023/8/21)

62.5%が「生成AIは自身の業務にポジティブな影響を与える」:
生成AIの業務利用が当たり前になったら転職を考える? ビズリーチが「生成AIとキャリア観」に関する調査結果を発表
ビズリーチは、年収750万円以上のビズリーチ会員を対象に実施した「生成AIとキャリア観」に関する調査の結果を発表した。生成AIの登場によってキャリア観が「変化した」と回答した人が35%を占めていた。(2023/8/2)

「勤め上げるつもりだったが……」 転職意欲が向上、なぜ?
これまで転職に消極的だった層の意識が変化し、特に転職経験のない人の転職意欲が高まっている。その背景には何があるのか。(2023/8/1)

生成AIはホワイトカラーの脅威に? 年収750万円以上の人材に聞いてみた
ホワイトカラーの職種に就く人たちは、生成AIが業務に及ぼす影響をどのように捉えているのか。ビズリーチが「生成AIとキャリア観」に関する調査を実施した。(2023/7/27)

米国流セールスイネーブルメント:
形骸化した日本企業の「営業研修」 米国企業に学ぶ4つの整備すべきコンテンツとは?
形骸化しいている日本企業の営業研修、その理由の一つに「顧客視点」が欠落していることが挙げられる。米国企業を例に、今取り組むべき営業研修を探っていく。(2023/7/19)

生成AIが「職務経歴書」作成 スカウト率40%増のビズリーチ新機能、試してみた結果は?
ビズリーチ(東京都渋谷区)は、米OpenAI社のGPTを利用した職務経歴書作成機能を搭載した。採用担当者やヘッドハンターとの最初の接点である職務経歴書の作成を効率化することで、本格的に活動できていない非アクティブユーザーの活発化を図る。(2023/7/6)

求人がたくさん:
「転職サイト」満足度ランキング 2位「マイナビ転職」、1位は?
oricon MEが「転職サイト」の満足度調査を実施し、その結果を発表した。転職サイトランキングの1位は……。(2023/6/5)

自治体が欲しいデジタル人材の集め方・育て方 クラウド活用進む神戸市・浜松市の戦略は? 市長に聞く
他自治体に先行してAWSなどを使いこなす自治体は、どうやってデジタル人材を獲得しているのか。神戸市・浜松市の市長に聞いた。(2023/6/1)

変わらない根深い理由:
日系大手はなぜ「古い営業」と言われ続けるのか? 米国企業に学ぶ、打開策
さまざまな営業現場で、日系大手企業特有の営業組織の課題を耳にする。その実態を浮き彫りにさせてながら、日本企業が変わるにはどうすればいいのか、米国企業の取り組みを参考に考察する。(2023/5/23)

6割がリスキリング実施:
「身に付けてほしいなあ」 企業が社員に求めるITスキル、1位は?
転職サイトを運営するビズリーチは、30代以上のビジネスパーソンと企業の経営層・採用担当者に対し、「リスキリングに関する調査」を実施した。(2023/4/21)

後塵を拝する日本企業:
ChatGPTが変える営業 「プロダクトセールス不要説」を唱える米国企業の意図とは?
ChatGPTは営業のあり方をどう変えるのか? ChatGPT誕生を受け、米国の企業では「プロダクトセールス不要説」が唱えられ始めている。一体どういうことなのかというと……(2023/4/14)

ビズリーチ調べ:
激化する“即戦力”採用 求職者がスカウトや面談に求めていることは?
転職サイトを運営するビズリーチの調査によると、中途採用担当者272人のうち、88.2%が「即戦力人材の採用の難度が高まった」と感じていることが分かった。(2023/4/6)

日本企業との違いはどこに?:
新規開拓せずに売り上げ成長 米国企業に見習う「経営戦略」としてのカスタマーサクセス
最近ようやく日本企業でも広がりつつあるカスタマーサクセス。一歩先を行く米国企業では、経営戦略として取り組むケースも増えているようだ。(2023/3/20)

「マネジャー不要論」も:
SFA導入で満足している日本企業に伝えたい、米国の「営業DX」新トレンド
コロナ禍以降、ツールの導入などを中心に進んだ営業DX。しかし、日本の先を行く米国では、もう一歩進んだトランスフォーメーションの波が起こっているという。(2023/2/28)

新生活シーズンを反映:
1月のテレビCM放送回数ランキング 3位「楽楽精算」、2位「ユーキャン」、1位は?
ゼータ・ブリッジは、「2023年1月度テレビCM放送回数ランキング」を発表した。3位「楽楽精算」、2位「ユーキャン」という結果に。気になる1位は?(2023/2/22)

対談企画「CFOの意思」:
CFOこそ「事業のためにリスクを取る」判断をできる人に ビジョナル末藤CFO
「CFOの意思」今回の対談相手は、ビズリーチを傘下に持つビジョナルでCFOを務める末藤梨紗子氏。CFOこそ「これは取れるリスクだ」と判断できる人に──そう語る末藤氏が考える、理想のCFO像とは。(2023/1/20)

対談企画「CFOの意思」:
なぜ「前例のないIPO」をしたのか ビジョナル末藤CFOが明かす裏側
「CFOの意思」第7回の対談相手は、ビズリーチの持株会社・ビジョナルの末藤梨紗子氏。2021年4月に実施したIPOは、株主構成に占める海外比率が89%と高いことや、直前に機関投資家に一部、株の売却を行いプライシングを一度つけたことで注目を集めた。なぜチャレンジングなIPOを決断したのか?(2023/1/20)

2022年、採用市場で注目が高まったスキル 3位は「Figma」、1位・2位は? ビズリーチ調査
2022年、中途採用市場で注目が高まったスキルは? ビズリーチが職務経歴書の検索ワードを基に調査。最も検索数が増えたワードは……。(2023/1/11)

あの会社が使うバックオフィスSaaS:
HEROZ編:将棋AI開発の上場企業はどんなバックオフィスSaaSを使っている?
今回は「将棋ウォーズ」をはじめとする、将棋関連のゲームやプラットフォームを開発するAI開発企業、HEROZに、バックオフィスで活用しているSaaSについて聞いた。(2022/12/14)

あの会社が使うバックオフィスSaaS:
Visonal編:グループ経営体制の上場企業はどんなSaaSを使っている?
スタートアップだけでなくグループ経営体制を持つ上場企業でも、SaaSの導入は当たり前になっている。今回は、2009年にビズリーチとして創業し、20年にグループ経営体制に移行したVisonalグループに、自社でのSaaS活用について聞いた。(2023/1/13)

こんなに刺激的でいいんですか!:
最前線の知見を高専でのセキュリティ教育に反映、高知高専で副業先生が”しびれる”特別講義
高専の学生たちにサイバーセキュリティのリアルを体感してもらうために、現場で活躍中の副業先生による“かなり刺激的な”講義が行われた。(2022/11/30)

年収750万円以上のビジネスパーソンが副業したい理由 2位「経験・スキルを試したい」、1位は?
ビズリーチを運営するVisional(東京都渋谷区)は、年収750万円以上のビズリーチ会員を対象に、「副業・兼業に関するアンケート」を実施した。(2022/11/24)

ビズリーチ、クラウド経費精算「HRMOS経費」投入 経理と人事の業務連携目指す
ビズリーチは11月21日、人材関連SaaSサービス「HRMOS」シリーズとして、新たに「HRMOS経費精算」の提供を開始した。(2022/11/21)

クラウド推進のポイントは「経営の理解」と「現場の協力」:
VisionalグループのCCoEが明かすクラウド活用の最前線――「アジリティ」と「ガバナンス」を兼ね備えたクラウドネイティブの全貌
2022年9月に@ITが主催した「Cloud Native Week 2022 秋」にビジョナル ITプラットフォーム本部 グループIT室 CCoEテックリードを務める長原佑紀氏が登壇。転職サイト「ビズリーチ」、人財活用プラットフォーム「HRMOS(ハーモス)」シリーズなどを展開するVisionalグループの「クラウドネイティブな事業環境」を支えるために、CCoE(Cloud Center of Excellence)が手掛ける取り組みを語った。(2022/10/25)

DX人材がいない!:
本当に優秀な人は、実は採用市場に出てこない──では、どう採用するか?
採用競争の激しい現代、ただ待ち構えているだけでは、欲しい人材は自社のドアをノックすらしてくれません。どの会社も欲しがる魅力的な人は、実は中途採用市場に出てくることなく転職するケースも多いです。企業は、戦い方を変えなければなりません。(2022/9/26)

23年卒の学生、3割は配属先も確定:
内々定先からの情報提供でして欲しいこと 2位「内定者交流会」、1位は?
ビズリーチ(渋谷区)は、2023年卒業・修了予定の大学生・大学院生を対象に「就職活動やキャリア観形成に関するアンケート」を実施した。93.6%の学生が内々定をもらった企業から今後も情報提供の機会を得たいと考えており、機会提供の形については「興味がある部署や職種の社員との面談」(67.3%)が最多となった。(2022/9/1)

ゲームは「無料」から「稼ぐ」時代へ Play to Earnゲーム台頭の裏側(後編)
日本を代表するゲーム会社がこぞって、Play to Earnゲームに注目している。Play to Earnゲームとは、プレイすることで稼げるゲームのことだ。Play to Earnゲーム台頭の背景は、立脚するブロックチェーンまわりの動向も複合的に絡むものである。Play to Earnゲームの実例に触れながらその背景を探ってみたい。(2022/8/17)

ゲームは「無料」から「稼ぐ」時代へ Play to Earnゲーム台頭の裏側(前編)
日本を代表するゲーム会社がこぞって、Play to Earnゲームに注目している。Play to Earnゲームとは、プレイすることで稼げるゲームのことだ。Play to Earnゲーム台頭の背景は、立脚するブロックチェーンまわりの動向も複合的に絡むものである。Play to Earnゲームの実例に触れながらその背景を探ってみたい。(2022/8/16)

ビズリーチ調査:
企業がヘッドハンターに持ちかける、採用に関する悩み この1年で増えた相談は?
直近1年で最も増加した、企業からヘッドハンターへの相談内容は「応募が集まらない」(83.2%)──このような結果が、ビズリーチ(渋谷区)がヘッドハンターを対象に実施した調査で判明した。(2022/8/16)

「ビズリーチ」CM出演の吉谷彩子、決めポーズの2ショットで多田社長を追悼 「たくさんの愛をくれて」
急性心不全での死去が公表されていました。(2022/7/8)

8割超が「前向きに検討」:
「リモートワーク可の求人」はコロナ禍前の11倍超に 首都圏在住のまま地方就職も
転職サイト「ビズリーチ」における「勤務地を問わない新規求人」がコロナ禍前と比べ11.3倍に増えたと、運営するビズリーチ(東京都渋谷区)が発表した。増加率が鈍化していることから、コロナ禍を経て「リモートワーク可」が新たな求人の特徴として定着しつつあることが分かる。(2022/7/7)

デジタル人材不足を解決できるか? 「日本リスキリングコンソーシアム」参加の7団体スピーチから見えたもの
日本におけるデジタル人材不足が指摘されて久しい。2022年6月に発足した「日本リスキリングコンソーシアム」は官民共同でデジタル人材育成を推進する取り組みだ。「トレーニングプログラムの提供から就業支援まで」の包括的支援を強調する同コンソーシアムはデジタル人材不足の解決策を提示できるだろうか。(2022/7/6)

今日のリサーチ:
ビジネスパーソンの約8割が「リスキリング」を知らない――HubSpot Japan調査
あまり知られていないリスキリングですが、取り組んだ企業はメリットを感じているようです。(2022/6/22)

人材データの可視化が重要:
自分の適性を、会社は分かっていない──スキルを業務の割り当てに「活用されていない」と感じる人は約5割
ビジネスパーソンの約5割が、勤務先の業務アサインに「自身の人材データが十分に活用されていない」と感じている──こうした結果が、ビズリーチ(渋谷区)が運営するHRMOS WorkTech研究所の調査で判明した。(2022/6/15)

「勤務地を問わない」求人、コロナ禍前と比べ11.3倍に IT企業のエンジニア職で増加
勤務地を問わない新規求人数がコロナ禍前と比べ11.3倍に上昇した──転職サイトを運営するビズリーチは、こんな調査結果を発表した。2019年10〜12月と22年1〜3月の同サービス上に掲載する求人数を比較したところ、このような結果を得られたという。(2022/6/15)

「にじさんじ」ANYCOLOR、上場3日目もストップ高 時価総額1952億円に
VTuberグループ「にじさんじ」運営のANYCOLORの株価が2日連続ストップ高に。10日の終値ベースでの時価総額は1952億円と、東証グロース2位の規模だ。(2022/6/10)

ビズリーチ調べ:
転職を考える理由 2位は「経験・スキルが生かせていない」、1位は?
会員制転職サイトを運営するビズリーチは、キャリア観や転職に対する意識についてのアンケートを実施した。直近1年間で、85.1%が転職への意欲が高まったと答えた。(2022/6/7)

オリコン顧客満足度調査:
満足度の高い「転職サイト」ランキング2022 3位「マイナビ転職」、2位「doda」、1位は?
oricon ME(東京都港区)が「転職サイト」「転職スカウトサービス」「派遣情報サイト」「求人情報サービス」について満足度調査を実施した。(2022/6/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。