ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ディスカヴァー・トゥエンティワン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ディスカヴァー・トゥエンティワン」に関する情報が集まったページです。

【Kindle本GWセール】2万冊以上が40%OFF以上に!
『盾の勇者の成り上がり』『はじめてのギャル』などいろいろ安くなってます。(2019/5/4)

「いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン」:
なぜ普及?信頼できる?――ブームの今、「ビットコイン」を基礎から学ぶ
社会現象となりつつある「ビットコイン」。普及の理由や、利用のメリット、取引技術「ブロックチェーン」の仕組みを解説したのが、コインチェックの大塚雄介COO(最高執行責任者)の著書「いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン」だ。(2018/1/22)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
ビジネスに効く“憲法″〜本質思考と論理思考
憲法の「改正」について考えることは、「本質そのものを追究すること」(2017/9/14)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
PRのポイントは「買う理由」をつくる――中身は同じでも包みの工夫で商品は売れる!
もはや、「商品力」や「宣伝力」だけでものは売れない時代である。そこで重要になるのは、いかに消費者に「買う理由」を提供するかだ。「買う理由」をつくりだす6つの法則を紹介する。(2017/8/28)

【連載】戦略PRが世界を動かす 最終回:
資生堂ジャパン&日本マクドナルドのCMOと「愛される商品」を生み出す方法を語る
商品力や宣伝力だけでは、もはや人は動かない。人の行動を変え、自社の商品が選ばれるにはどうしたらいいか。戦略PRのプロとマーケティングのプロが語る。(2017/7/7)

【連載】戦略PRが世界を動かす 第2回:
本田哲也×佐藤尚之:「人が動く」とはどういうことか? コミュニケーションのプロと語る
インターネットとSNSの浸透で個々人の興味はさらに細分化されていく中、企業はどのように消費者とコミュニケーションすべきか。戦略PRのプロとコミュニケーションのプロが語る。(2017/6/23)

【連載】戦略PRが世界を動かす 第1回:
本田哲也×田端 信太郎:人の行動を変える情報戦略
SNSで誰もが意見を発信できる時代。可視化した個人の声は、時に企業の炎上騒動にも発展する。この時代の情報戦略とは。戦略PRのプロとメディアのプロが語る。(2017/6/9)

水曜インタビュー劇場(応援される公演):
なぜリーダーは「自分の経験」を伝えなければいけないのか
「リーダーは自分の経験を伝えなければいけない」――。オリンピックで4つのメダルを手にした、水泳の松田丈志さんの言葉である。競泳チームのキャプテンを務めた松田さんは、チームをどのようにまとめたのか。話を聞いたところ、ビジネスパーソンにも役立つ情報が多く……。(2017/4/12)

水曜インタビュー劇場(応援される公演):
スポーツ界で“オレ様”が減っている、なるほどな理由
結果を出す人と、出せない人にどのような違いがあるのか。オリンピック4大会に出場し、4つのメダルを獲得した、水泳の松田丈志さんに話を聞いたところ「周囲から応援される人は結果を出しやすい」という。どういう意味か。話を聞いたところ……。(2017/4/5)

“本の中身”ネットで無料公開「HALLOM」誕生 宝島社やマガジンハウスら29社参加 その勝算は
出版社が手掛ける女性向け書籍の中身を「Web記事」として公開していくサイトがオープン。「この分野は逆にブルーオーシャンになりつつある」――その狙いは。(2017/4/3)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
自分を変える習慣
「大きな荷物を持ちながら行動するのは大変」と感じたら、まずは身軽になる。未来のために、今何をするべきか。(2016/10/6)

出版社のトイレで考えた本の話:
芥川賞『火花』おめでとー記念 文学賞を2倍楽しむ方法
お笑い芸人・又吉直樹氏の『火花』が、芥川賞を受賞した。芥川賞・直木賞のほかにも、文学・ノンフィクション系には数多くの賞があるが、どのようにして選ばれているのか。そこには大人の事情があるようで……。(2015/8/21)

ANA国際線の機内で電子書籍サービス――BookLiveがコンテンツ提供
『週刊東洋経済』『Casa BRUTUS』『地球の歩き方』『賢人たちからの運命を変える質問』『宇宙兄弟 オールカラー版』1〜3巻など、マンガを含め幅広いジャンルを取り揃えた。(2015/5/8)

投稿作の二次創作も可、ディスカヴァーが手掛ける小説投稿サービス「novelabo」
ディスカヴァー・トゥエンティワンが小説投稿サービスをプレオープン。投稿された作品は同社の編集者が目を通し、優秀な作品は紙の書籍や電子書籍として発売される。(2015/3/24)

ああ、絶望(後編):
裁判官は優秀なはずなのに、なぜ“トンデモ判決”が出てくるのか
認知症のお年寄りが電車にはねられた――。この事故に対して、第一審判決は、奥さんだけでなく、別居をしている長男にまで請求を認めた。こんな“トンデモ判決”が、なぜ出てくるのか。最高裁などを歴任した瀬木比呂志氏に話を聞いたところ……。(2015/3/3)

ああ、絶望(前編):
エリート集団の裁判所が、「ブラック企業」と呼ばれても仕方がない理由
「裁判所」と聞いて「誠実で公平な人ばかりが集まっている」と想像する人も多だろう。しかし、本当にそうなのか。最高裁などを歴任した瀬木比呂志氏に、ジャーナリストの烏賀陽弘道氏が迫ったところ、信じられない事実が……。(2015/3/2)

企業のネット炎上・風評被害を防ぐ方法はある?
炎上を未然に防ぎ、炎上してしまった時の対処法を学べる書籍を紹介。(2015/2/3)

ビジネス書を飽きずに読み込む方法
「新刊ラジオ」というPodcast番組でブックナビゲーターとして沢山の本を紹介している矢島雅弘さん。たくさんの本を飽きずに読み込む方法とは? ご本人にお話を伺いました。(2015/1/6)

未来や心の状態が分かる“ことだまカード”占いとは?
ひらがな50音を使った「ことだま占い」の方法を紹介します。。(2014/12/25)

恋愛がうまくいく? 出世できる? 名前で分かる本当の性格
人気のことだま鑑定師・水蓮さんによる名前占い。(2014/12/23)

大賞は初版2万部で書籍化、エンタメ小説新人賞「本のサナギ賞」第1回受賞作品が決定
大賞となった『滔々と紅』(志坂圭)は、2015年2月に初版2万部で発売。優秀賞3作品も書籍化を予定している。(2014/12/22)

架空のアイドル作家が執筆? 小説レーベル「NOVELiDOL」が気になる
架空のキャラクター「文野はじめ」が手掛ける新レーベル。キャラクターボイスは竹達彩奈が担当。(2014/12/22)

ごくわずかな人しか実行していない成功の法則:
自分の能力を信じる
人は、できないと思い込んでいたら最小限の努力しかしない。しかし、自分が成功すると信じれば、成功できるのである。(2014/12/5)

ごくわずかな人しか実行していない成功の法則:
理想の自分になったつもりになる
あたかもすでに目標を達成したかのように振る舞ってみよう。いつでも「理想の自分ならどうするだろう」と自分にたずねるのを、忘れてはならない。(2014/11/28)

ビジネス書の「食わず嫌い」直してみませんか?
本と対話をしながら読み進めていく読書術、「エモーショナル・リーディング」を紹介。(2014/11/25)

ごくわずかな人しか実行していない成功の法則:
夢を壊す人を避ける
企業するときなど、家族や友人から「リスクを冒すな」という善意の助言をもらうことがある。しかし、残念ながら彼らは夢を壊す人だ。できないという思い込みに縛られて、あなたの気持ちをくじこうとする。そういう人たちは、避けなくてはならない。(2014/11/21)

ごくわずかな人しか実行していない成功の法則:
できると信じる
「できると信じても、できないと信じても、どちらも正しい」――人生の質、行動や成果はすべて自分の信念で決まる。これは心強いと同時に、なかなか厳しい言葉でもある。だが信念についてみれば、これが本当であると理解できる。(2014/11/14)

浮気されたときの態度で見る男女の違いとは
男女の違いが顕著に分かる、浮気された時の感じ方を書籍『察しない男説明しない女』から紹介。(2014/11/11)

ごくわずかな人しか実行していない成功の法則:
自分の人生は自分で築く
状況をありのままに理解し、行動すると決心する。そこまでできたら、成功した人生を築くために必要なことは、「自分はこの状況を変えることができる」と信じることだ。(2014/11/7)

ごくわずかな人しか実行していない成功の法則:
感謝の気持ちを持つ
私の知る限り、ネガティブな態度からポジティブに変わる最短の道は、感謝の気持ちを持つことだ。(2014/10/31)

ごくわずかな人しか実行していない成功の法則:
自分で自分をほめる
ほとんどの人が自分に対してネガティブなイメージを持ってしまっている。しかし、あなたも自分をほめてみよう。何度も繰り返すうちに、やがて自分自身や人生に対しての感じ方が変わっていくことに気付くだろう。(2014/10/24)

ごくわずかな人しか実行していない成功の法則:
思い込みの力を利用する
自分の能力に限界があると思っていては、いい結果は出せない。見方を変えて、「その気になればできないことはない」と心から信じれば、無限にある自分の能力を活用し、素晴らしい結果を生むだろう。(2014/10/17)

嫌われやすい人に共通する“言葉の使い方”2パターン
嫌われやすい人が使ってしまいがちな言葉とは?(2014/10/16)

ごくわずかな人しか実行していない成功の法則:
「いつか」は、「今」――とにかく行動を起こそう
今、この瞬間を、きちんと生きよう。前からやりたいと思っていたことが何であれ、今、それをやると決心しよう。そのために、まず計画を立てる。「いつか」は、「今」なのだ。(2014/10/10)

ごくわずかな人しか実行していない成功の法則:
今すぐ、始める
やりたいことがあるのに、つい先延ばしにしているもの――誰もが1つはあるだろう。ただ、人間に与えられた時間は永遠ではない。さあ、今すぐ始めよう。(2014/10/3)

なぜ人は“動く”のか:
ユーザー数4億7000万人を達成――10億人を目指す「LINE」
世界の人口は約72億人。つまり、10億人を動かすとなると、世界の人々のうち、7人に1人の心をつかむ必要がある。そんな究極の状況を生み出すために必要不可欠な条件とは?(2014/9/19)

なぜ人は“動く”のか:
国内の認知度がほぼ100%――1億人が盛り上がるハロウィン
1億人ともなると、ほぼ日本の人口に匹敵する。「国民的人気」と呼ぶのにふさわしいような一大ムーブメントを生み出すには、どのような条件が求められるのか。さっそく事例を見ていこう。(2014/9/17)

なぜ人は“動く”のか:
東京マラソンでブーム再燃。日本のランニング人口は1000万人を突破
1000万人が動くということは、日本でいえば、全人口の10人に1人を動かす計算になる。当然ながら、時間も手間もかかる。方向性を間違えれば、とてつもない無駄足を踏むことにもなりかねない。(2014/9/12)

なぜ人は“動く”のか:
1日約100万人に「ネスカフェ」を広めるアンバサダーたち
「ミリオンセラー」ともいわれるように、100万は大ヒットを示す1つの指標である。それだけに当然ながら、一筋縄では動いてくれない。複雑さを増してくるメカニズムを掘り下げていこう。(2014/9/10)

なぜ人は“動く”のか:
1秒間に14万3199ツイート――Twitterの世界記録を更新した「バルス祭り」
「有料登録者数10万人突破!」「累計来館者10万人を達成」など、超えるべき“壁”としてとらえられることが多いのが、10万人という数字である。10万人の心をゆさぶり、行動を促すツボとは?(2014/9/8)

なぜ人は“動く”のか:
開始から10カ月で購読者数1万人突破――ホリエモンのメールマガジン
「1万人コンサート」「1万人動員!」など、大人数を象徴する数字として頻繁に登場する1万人。では、実際に1万人を動かすにはどのような条件を満たす必要があるのだろうか? 今回は、ホリエモンこと堀江貴文氏の有料メールマガジンを例に考えます。(2014/9/5)

なぜ人は“動く”のか:
プリン約4000個を誤発注――ツイッターの呼びかけで完売
1000人――、人を動かすことを考えるときの最少単位。いざ動員を試みると決して容易ではない数字でもある。今回は、プリン4000個を誤発注したという実際の事例をもとに、1000人を動かす条件を探ってみたい。(2014/9/3)

良作はデータが教えてくれる? 「第1回CRUNCH NOVELS新人賞」の受賞作が決定
ディスカヴァー・トゥエンティワンとCRUNCHERSが、小説のデータ解析を選考に活用した「第1回CRUNCH NOVELS新人賞」の受賞者を発表した。(2014/8/21)

ビジネス書・実用書100作品が日替わりで半額に、BookLive!で期間限定キャンペーン
『99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ』や『50歳からは炭水化物をやめなさい』など700作品が半額となる。(2014/8/13)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「本物の勉強法」──「試験」「仕事」に、一生使える勉強法
「必殺技」は存在しないが「効率的で王道の勉強法」は存在する。これを実現できれば才能に関係なく、仕事でも大きな成果が得られる。(2014/8/7)

未来の日本はどうなっている? 働き方は変わるのか?
刻々と変わりゆく現代の社会。わたしたちの老後がどうなっているのかという疑問に答えてくれる書籍『21世紀を生き抜く3+1の力』を紹介します。(2014/7/24)

BookLive!の2014年上半期人気ランキング、『進撃の巨人』を抑えて1位になったのは?
BookLive!の「BookLive!2014年上半期人気ランキング」が発表。(2014/7/4)

電子書店が閉店したら、購入済み電子書籍を無料提供 ディスカヴァー21「読者本位の環境を実現」
出版社のディスカヴァー21は、外部の電子書籍ストアが閉店した場合、その書店で購入済みの同社電子書籍について、自社サイトから無償でダウンロード提供を行う補償制度を始めた。(2014/5/30)

「買った電子書籍が無駄になる」は「記載不備」 ヤマダイーブックがサービス終了告知についておわび
電子書籍「ヤマダイーブック」のサービス終了の対応が批判されていたが、「記載不備」だったと謝罪した。(2014/5/29)

『聖☆おにいさん』お坊さんの感想は?
書籍『お坊さんが教える「悟り」入門』で、わたしたちの身近な悩みに対して現職のお坊さんならではの答えを示してくれる長谷川俊道さん。今回はご本人にお話をうかがいました。(2014/4/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。