ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

「Forbes」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Forbes」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

トランプ大統領のタルサ集会「空席が多かったのはTikTokユーザーのたくらみのせいではない」と陣営幹部
トランプ大統領が当初Juneteenthに計画し、批判を受けて翌日にオクラホマ州タルサで開催した大統領選に向けた集会の参加者は、スペースの3分の1に満たなかった。TikTokユーザーが組織的にオンライン入場券を申し込んで参加しないことで影響を与えたと報じられたが、陣営はこれを否定した。(2020/6/22)

製造ITニュース:
SAPのCEOが語る2つの強みは「アプリ統合の容易さ」と「価値実現までのスピード」
SAPジャパンは2020年6月16日、「SAPPHIRE NOW 2020」をオンラインで開催した。SAP CEOのクリスチャン クライン氏によると同社の製品、ソリューションには「アプリケーションの統合の容易さ」と「導入から価値実現までのスパンが短い」という特徴があるという。(2020/6/17)

よくわかる人工知能の基礎知識:
AIの攻撃をAIで防御、サイバーセキュリティの“いたちごっこ”最新事情
AI技術の進化によって、サイバー攻撃やそのセキュリティ対策も高度化が進んでいる。AIを悪用した攻撃や、その対応策にはどのようなものがあるのか現状をまとめた。(2020/5/22)

ハーブと果物で作られた「宝石和菓子」が神秘的な美しさ コロナ禍のピンチに支援が集まる
事業が認められてさあこれからというときにコロナが……。(2020/5/15)

【世界の論点】コロナ禍のオンライン授業 米国、悪化する教育の不平等 韓国、さながら保護者の授業
新型コロナウイルスの防疫対策として多くの国が学校の閉鎖措置を導入し、韓国や米国では学校に通えない子供たちを支援するためインターネットを介したオンライン授業が行われてきた。(2020/5/12)

コロナ禍のオンライン授業に悪戦苦闘 米韓は経験不足、格差問題に直面
新型コロナウイルス感染症が猛威を振るう中、韓国や米国でもオンライン授業を行われている。しかし、韓国では教員のオンライン授業に対する経験不足、米国では所得格差からくる教育の不平等などの問題も明らかになっている。(2020/5/12)

医療IT、2020年のトレンド予測【後編】
2020年の米国医療業界を揺らす2つの話題「AI」「国民皆保険」 医療機関の反応は
人工知能(AI)技術は長らく医療業界で注目を集めていたトレンドだったが、2020年には蜜月が終わる可能性がある。米国の医療業界は、国民皆保険制度「メディケアフォーオール」計画の動向を慎重視している。(2020/3/31)

鈴木淳也のモバイル決済業界地図:
コロナウイルスの自粛ムードで変わる、キャッシュレス決済の形
政府が関連各社を巻き込む形で2019年以降に活発化したキャッシュレス決済施策は、2020年初期の段階で早くも転機が訪れている。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、米国では人々の現金に対する意識が変わりつつある。日本では政府の後押しによるポイント還元施策が継続的に行われる可能性が高く、これをうまく事業者が取り入れていくことが重要だ。(2020/3/26)

市場、自社の戦略、組織の役割と個人のキャリア:
AccentureのCMOが「エクスペリエンスエコノミー」時代のマーケティングを語る
これからのマーケターは社内の組織、そして社内外をつなぐコラボレーションの担い手へ――AccentureでCMOを務めるエイミー・フラー氏に話を聞いた。(2020/3/19)

障害という「未解決の領域」に挑む:
PR:寝たきりでも働ける“分身ロボットカフェ”主催者、吉藤健太朗に聞く「テクノロジーで描く孤独のない未来」
(2020/2/3)

セクハラ調査対象だったGoogle親会社の最高法務責任者が退社 退職金はゼロ
Googleの最高法務責任者(CLO)を長年務め、現在は親会社AlphabetのCLOであるデビッド・ドラモンド氏が1月末付で退社する。同氏はAlphabetの取締役会が昨年11月に開始した幹部のセクハラ調査の対処になっていた。退職金はゼロだ。(2020/1/11)

気になるニュース&ネット記事:
2020年の「AI/機械学習」界わいはこうなる! 10大予測
MLOps/AutoMLなどの自動化に、自然言語処理(BERTなど)、倫理問題/信頼と、2019年の「AI/機械学習」界わいの変化は止まらなかった。2020年はどう進化していくのか? 英語での情報を参考に、10個の大胆予測を行う。(2019/12/26)

ForbesのYouTube長者番付、トップは8歳、3位は5歳のおもちゃ紹介チャンネル
Forbesが2015年から続けているYouTubeチャンネルの世界での年収ランキングで、2019年のトップは8歳の男の子がおもちゃをレビューする「Ryan's World」だった。年収は2600万ドル(約28億円)。3位には「Like Nastya Vlog」などの複数のチャンネルを持つ5歳の女の子がランクインした。(2019/12/23)

Googleさん:
Google創業者コンビの引退は「逃げ」? 彼らはこれから何をやるのか
社内では労使問題、対外的にはプライバシーや独禁法問題が山積みのGoogleとその親会社Alphabetの手綱をスンダー・ピチャイさんに預けたペイジ&ブリンの2人はどこへ行くのでしょう。(2019/12/8)

半径300メートルのIT:
待望の新サービス、サイバー犯罪者にとっては「新しい標的」か?
米国で始まった「Disney+」が、さっそくサイバー攻撃の標的にされています。もちろん一番悪いのは犯罪者なのですが、「攻撃を防げなかったのは誰だったのか」という視点で見ると……?(2019/11/26)

Googleのゲームストリーミング「Stadia」、11月19日に22タイトルでスタート
Googleが11月19日に14カ国で提供を開始するゲームストリーミングサービス「Stadia」の立ち上げ段階のゲームラインアップ22本を発表した。年内にあと4本追加になる見込みだ。(2019/11/19)

これからのAIの話をしよう(ファッション編):
ZOZO、最高年収1億円の「天才・逸材」採用していた AI時代に向け「やばい人材を集めている」
2019年に「AI化元年」の宣言をしたZOZO。ZOZOグループがAIに本気で取り組む理由は。今後の戦略を聞いた。(2019/9/20)

Apple、iPhoneエクスプロイトを詳解したGoogleを非難「標的はウイグルコミュニティだけ」
Appleが、8月末にGoogleがiPhoneへのエクスプロイト攻撃について解説したことが、ユーザーに誤った印象を与えたとして反論した。(2019/9/9)

iPhoneエクスプロイトのターゲットはウイグルのイスラム教徒?──TechCrunch報道
Google Project Zeroが解説するiPhoneを狙う無差別攻撃は、新疆(しんきょう)ウイグル自治区のコミュニティを標的とするよう設計された国家(おそらく中国)支援攻撃の一環だと米TechCrunchが情報筋の話として報じた。米ForbesはWindowsおよびAndroidも攻撃されていたと指摘した。(2019/9/2)

マイナビ転職×@IT自分戦略研究所 「キャリアアップ 転職体験談」:
PR:腐ってきたな、自分――評価されないジレンマに苦しんだエンジニアの今
「転職には興味があるが、自分のスキルの生かし方が分からない」「自分にはどんなキャリアチェンジの可能性があるのだろうか?」――読者の悩みに応えるべく、さまざまな業種・職種への転職を成功させたITエンジニアたちにインタビューを行った。あなたのキャリアプランニングに、ぜひ役立ててほしい。(2019/8/29)

この頃、セキュリティ界隈で:
差別も憎悪も野放し 無法サイトは閉鎖させるべきか
ヘイトにあふれるSNSが問題となっている。追い出されたら彼らはどこに行くのか?(2019/8/19)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Microsoftが折りたたみ型Surfaceを開発中? うわさを巡る最新事情
Microsoftが開発中とうわさされる2画面折りたたみ型デバイスと、同プラットフォームを支える新型OSの話題について、最新事情を見ていこう。また、そこから見える課題とは何か。(2019/7/15)

今日のリサーチ:
マーケティングオートメーションとインサイドセールスの認知度と導入実態――Marketing-Robotics調べ
Marketing-Roboticsが実施したアンケート調査による、日本の経営者におけるマーケティングオートメーションの認知状況です。(2019/6/11)

デジタルトランスフォーメーション(DX)推進は待ったなし:
SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServiceNow Japanの李 広泰氏による講演内容を紹介する。(2019/5/24)

大富豪が学生の借金を全額肩代わり 大学卒業式のビッグなサプライズが話題に
総額44億円にも上るとのこと。(2019/5/20)

メカ設計メルマガ 編集後記:
ノートルダム大聖堂の再建にあの企業も動き出す!? 3Dやデジタル技術への期待
5年以内の再建という目標の中、どう活用されていくのか気になります。(2019/5/7)

「日本長者番付」、ZOZO前澤氏の順位が下がる トップは柳井氏
株価次第というところはあります。(2019/4/11)

ベゾス夫妻の離婚、財産分与はAmazon株75%と全議決権が夫のジェフに
Amazon.comの創業者でCEO、Washington Postのオーナーでもあるジェフ・ベゾス氏とその妻マッケンジーさんの離婚の手続きが完了したとマッケンジーさんがツイートした。注目の財産分与は、Amazon株式の75%と議決権の100%が夫のものになる。(2019/4/5)

特集・RPAで仕事が変わる:
「幻滅期」は来るのか? RPAの未来を予言してみる
RPAが大きな注目を集めているが、ロボットが当たり前にいる時代の私たちの働き方は将来どうなっていくのか? 「新しい働き方」について具体的に考えてみたい。(2019/4/3)

既存金融機関に対する不信感:
仮想通貨市場に朗報? ミレニアル世代の43%は「株式市場より仮想通貨市場を信頼」
2018年から低迷が続いている仮想通貨市場だが、今後価格が大きく上振れる可能性があるという。米投資プラットフォーム運営会社eToroが仮想通貨取引に関する調査を自実施。ミレニアル世代の43%は株式市場より仮想通貨市場を信頼していることが分かった。(2019/2/22)

Mostly Harmless:
2019年は「ブロックチェーンの年」になるか?
暗号通貨の暴騰で“汚名を着せられ”てしまった「ブロックチェーン」ですが、テクノロジーとしてはさまざまな可能性を秘めた技術といえます。今後の活用の行方を探ってみましょう。(2019/1/30)

SAPが提案する「これからの企業のあるべき姿」
SAPの「インテリジェントエンタープライズ」は何を目指す ERP専門家の見解は
SAPに関して顧客が注目すべきこれからのトレンドについて、業界の専門家5人が解説する。SAPが新しい年に向かうべき方向について、歯に衣(きぬ)着せぬ発言もあった。(2019/1/30)

ワンイシューで語り下ろすデジタルマーケティング:
広告コミュニケーションを「ヒアリングファースト」で一方向から双方向へ
「Forbes 30 Under 30 Asia」に選出された気鋭の起業家の目に映る次世代の広告体験とはどのようなものだろうか。(2019/1/21)

長者番付首位のAmazon創業者、ベゾス夫妻が離婚 「これからもよい友人」
Amazon.comのジェフ・ベゾスCEOが、25年間連れ添った妻のマッケンジーさんと離婚するとツイートした。2人で立ち上げた慈善ファンドの運営などは続け、これからも大切な友人、ビジネスパートナーとしての関係を続けるとしている。(2019/1/10)

PWAやSPAの時代に
WebサイトとWebアプリの境目がなくなった時、Web開発の現場はどうなるか
Webアプリ、モバイルアプリ、Webサイトの境が曖昧になり、それぞれの開発における独自性が消えている。プログレッシブWebアプリ(PWA)やシングルページアプリ(SPA)の構築を学ぶべきタイミングが来た。(2018/12/27)

HashiCorpがリリース予定
「Kubernetes」「Nomad」のマネージドサービスを比較 使い分けが進む?
NomadとKubernetesはコンテナ管理ツールだ。HashiCorpはマネージドNomadのリリースを予定しており、このサービスはクラウドベンダーが提供するマネージドKubernetesに対抗し得る。(2018/12/13)

新興企業の勢いが止まらない
クラウドストレージベンダーWasabi Technologiesが6800万ドルを調達できた理由
新興企業のWasabi Technologiesは、わずかな期間で6800万ドルを調達し、ブランド認知度を高め、パブリッククラウドベンダーのビッグスリーに挑戦している。(2018/11/27)

ジェフ・ベゾス氏の20億ドル慈善ファンド、まずは24のホームレス支援団体に約1億ドル提供
Amazon.comやBlue Originの創業者で実業家のジェフ・ベゾス氏が、9月に立ち上げた慈善ファンド「Bezos Day One Fund」の最初の出資先を発表した。24のホームレス支援団体に約1000万ドルを提供する。(2018/11/26)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
すし屋「久兵衛」VS. ホテルオークラ 泥仕合の背後に“下剋上”への脅えと焦り
高級すし店「銀座 久兵衛」がホテルオークラともめている。背景にあるのは高級すし店とホテル業界の競争激化による地位低下だ。転落しようとしている両者が抱く焦りとは。(2018/11/20)

利便性とセキュリティのどちらを取るか
病院がサイバー攻撃を受けると心臓発作患者の死亡率が結果的に増加の可能性
バンダービルド大学の調査では、データ侵害に対する病院の対処と心臓発作患者の死亡率の間に関連性がある可能性を示唆している。(2018/11/16)

世界を読み解くニュース・サロン:
「原爆Tシャツ」「ナチス帽」で苦境のBTS 全米1位の裏にある“異常”な実態
韓国の男性音楽グループ「BTS(防弾少年団)」が「原爆Tシャツ」などの騒動を巻き起こしている。全米ヒットチャート1位にも輝いたこのグループの実態を探ってみると、興味深いことが見えてきた。(2018/11/15)

今日のリサーチ:
AIで結果が出ている企業とそうでない企業、「倫理観」の認識で大きなギャップ――SASなど調査
企業は人工知能の倫理的かつ責任ある利用に向けた取り組みを強化していることが判明しました。(2018/11/1)

ゲイツ氏と創業:
米Microsoft共同創業者のポール・アレン氏が死去、65歳
米Microsoftの共同創業者、ポール・アレン氏が死去した。65歳だった。10月上旬、悪性リンパ腫の一種の治療を開始したと発表していた。(2018/10/16)

Microsoft共同創業者のポール・アレン氏が死去
Microsoftの共同創業者、ポール・アレン氏が非ホジキンリンパ腫のため死去した。65歳だった。(2018/10/16)

ジェフ・ベゾス氏、米長者番付でも首位に ビル・ゲイツ氏は2位
米経済誌のForbesが10月3日(現地時間)米長者番付を発表した。1位はAmazon.comのジェフ・ベゾスCEOで、首位を24年間維持していた米Microsoft共同創業者のビル・ゲイツ氏は2位になった。(2018/10/4)

ITはみ出しコラム:
創業者2人が去るInstagram 今後はFacebookの思い通りになる?
2012年に米Facebookに買収された米Instagram。その共同創業者の2人が突然辞任を発表しました。「世界が必要とする新しい何かを創造する」んだそうです。(2018/9/30)

ジェフ・ベゾス氏、20億ドルの慈善ファンド立ち上げ 教育とホームレス支援
Amazon.comの創業者、ジェフ・ベゾス氏が妻のマッケンジーさんとともに20億ドル規模の慈善ファンド「Bezos Day One Fund」を立ち上げた。無料の幼稚園ネットワークを立ち上げる他、ホームレス支援にも取り組む。(2018/9/14)

「5G」だけでは不十分
スマートカーのデータ通信を失敗させない3つの方法
インターネットに接続する「スマートカー」のメリットを引き出すには、車両が生み出す大量のデータを素早く、かつ確実に送受信する必要がある。「5G」はその有効な手段の一つだが、それだけでは不十分だ。(2018/8/24)

次期iPhoneはどうなる?:
2018年の新型iPhoneは「9」と「XS」と「XS Plus」? サイズは過去最大?
順当に行けば2018年9月にも発表されそうな新型iPhone。うわさもちらほら出てきたが、サイズや名前はどうなるのだろうか。(2018/8/16)

利益率低下の予測受け:
Facebook株急落、ザッカーバーグ氏は約1.7兆円失う
26日の米株式市場でFacebook株が急落。ザッカーバーグCEOは150億ドル(約1兆6700億円)以上の資産を失った。(2018/7/27)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。