ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

  • 関連の記事

「HoloLens」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「HoloLens」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
CES 2024で見えた「空間コンピューティング」の潮流 Apple以外の動きにも注目
1月に米ラスベガスで開催された「CES 2024」では、AppleがApple Vision Proで打ち出した「空間コンピューティング」の萌芽(ほうが)が複数見受けられた。(2024/2/2)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
Apple Vision Proは日本でも買えた! そのプロセスで感じられた語り尽くせない驚きの理由
米国において「Apple Vision Pro」の受注が始まった。筆者も実際に注文してみたので、その時の体験談を交えつつ、このデバイスが持つ可能性をひもといていきたい。【更新】(2024/1/24)

xR:
都市計画がxRで実現!PLATEAU互換のWebデジタルツイン基盤「torinome」とは?
3D都市モデルのPLATEAU普及とともに、都市計画や建築計画の現場で3Dモデル活用が広がりつつある。ホロラボが開発したWebアプリケーション「torinome(トライノーム)」は、PLATEAUのオープンデータをベースに、GISや画像、動画、3Dモデルを重畳して、住民を含む関係者間で計画や業務内容を視覚的に共有して、スムーズな合意形成が図れる点が街づくりに関わるステークホルダーから注目を集めている。(2024/1/19)

「Dynamics 365」に生成AI「Copilot」機能追加へ フィールドサービス分野での価値は?
MicrosoftがERP「Dynamics 365」シリーズに「Microsoft Copilot」を追加する。フィールドサービス分野においては情報の容易かつ迅速な取得などのメリットをもたらす可能性がある。(2024/1/17)

さようならWindows Mixed Reality──Microsoftが廃止を発表
Microsoftは2015年に「Windows Holographic」として立ち上げ2017年に改名した「Windows Mixed Reality」をWindowsクライアントの非推奨機能リストに追加した。今後更新せず、将来のWindowsリリースで削除する予定であることを意味する。(2023/12/22)

大人の社会科見学:
ソニー、川崎重工、ユーハイム、パイオニア──各社が訪れる、MicrosoftのAI開発拠点が目指す道 実際に足を運んで実態を見てきた
世界で6番目の拠点となるMicrosoftの研究開発拠点が神戸にある。Microsoftとその顧客が「共創」してAIを活用した新しいアプリケーションを提供することを目指している。(2023/12/20)

ベテラン外科医の視点を学生に共有
英国医療機関がライブ手術 外科医がこだわった「HMD」の要件は?
英国医療機関の外傷・整形外科が、学生向け「ライブ手術」の指導システムの一環としてRealWearのヘッドマウントディスプレイ(HMD)を導入した。外科医が語る、ライブ手術に適したHMDの要件とは。(2023/12/5)

クラウド基盤の再構築、Copilotの展開、データとAIの接続強化、開発者支援:
Microsoft、「Azure AI Studio」「Copilot in Microsoft Fabric」などAI推進戦略の100以上の取り組みを発表
Microsoftは年次イベント「Microsoft Ignite 2023」を開催し、技術展開、生産性、セキュリティなど、AI推進戦略に関わる100以上の取り組みを発表した。(2023/11/22)

デジタルツイン×産業メタバースの衝撃(2):
製造業に広がるメタバース活用、設計/生産/品質管理の事例を見る(前編)
本連載では、「デジタルツイン×産業メタバースの衝撃」をタイトルとして、拙著の内容に触れながら、デジタルツインとの融合で実装が進む、産業分野におけるメタバースの構造変化を解説していく。(2023/10/20)

xR:
熊谷組がHoloLensでコンクリ締固め作業を見える化 経験に頼らず施工品質を均一化
熊谷組とインフォマティクスは、Microsoft HoloLensを用いたコンクリート打込み時の締固め作業を見える化する管理システムの実用化に取り組んでいる。(2023/9/13)

サステナブル設計とデジタルモノづくり(4):
デジタルモノづくりで試作回数を削減し、サステナブルな未来へ踏み出そう
地球環境に配慮したモノづくりの実践はあらゆる企業に課せられた重要なテーマの1つだ。本連載では、サステナブル設計の実現に欠かせないデジタルモノづくりにフォーカスし、活用の方向性や必要な考え方などについて伝授する。連載第4回のテーマは、試作回数の削減に効果を発揮するデジタルモノづくりだ。(2023/9/5)

MicrosoftのAI、利用企業の使い道は ユースケースの物量で「強者感」
Microsoftが自社AI製品群とパートナープログラムの強みを生かし、世界中のAIユースケースをブログで一気に紹介した。地域、業界ごとのユースケースが出そろいつつあるようだ。(2023/7/26)

注目デバイス解説:
「Apple Vision Pro」で何ができる? 製造業での活用の可能性を探る
Appleが「WWDC23」で発表した空間コンピューティングデバイス「Apple Vision Pro」。既に製造業でもVR/AR/MRを活用したソリューションが登場し、現場に浸透しつつある中、Vision Proは製造業にどのようなインパクトをもたらすのだろうか。(2023/7/11)

協働ロボット:
MRグラス活用で協働ロボットの動作検証や教示をサポート、ユニバーサルロボットで初
ユニバーサルロボットはネクストスケープが開発するMR技術を活用したロボット導入支援、ティーチングソリューションである「RoboLens」を、ユニバーサルロボット製協働ロボットの周辺機器プラットフォーム「UR+」として認証した。(2023/7/3)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
大御所が相次いでAIによる新作投入を発表 The Beatlesにブラック・ジャック/YouTubeの収益化要件が緩和
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、6月11日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2023/6/18)

PLMシステム:
PR:「PLMは導入が大変」は本当? 短期間で運用開始できた荏原エリオットの戦略
PLMシステムのメリットは数多くあるが、導入に多大な苦労が伴うと考える人も多い。現場へのスムーズな導入に必要な考え方や施策について、PTCのPLMパッケージ「Windchill」を先進的な取り組みにつなげた荏原エリオットの事例を紹介する。(2023/6/8)

Meta Quest Proをハイブリッドワークで使って見る(前編)
Meta(旧Facebook)のVRヘッドセット最新モデル「Meta Quest Pro」。「Meta Quest 2」の上位モデルとなるが、まずは実機を細かくチェックした。(2023/5/16)

編集部コラム:
アジャイルサプライチェーン、産業用メタバースとAIは製造業の働き方を変えられるか
ITを駆使したアジャイルサプライチェーンや産業用メタバース、画像認識を超えた生成AIの力で製造業の働き方は変わるのでしょうか。Microsoftが提示した製造業の新しい姿のコンセプトを見てみましょう。(2023/5/12)

製造ITニュース:
NTTコノキュー、MR技術を活用した遠隔作業支援ソリューション提供開始
NTTコノキューは、MR技術を活用した遠隔作業支援ソリューション「NTT XR Real Support」の提供を開始した。空間ポインティング機能や空間上に手順書を表示させて情報支援できる3Dフロー機能などを搭載する。(2023/4/20)

エレベータービジネスの未来像
「ハードを低利益で販売し保守で高利益を稼ぎ出す」といったエレベータービジネスの過去の“定石”はもはや通用しなくなってきている。未来のエレベータービジネスを方向づけるトレンドとして、近い将来「3つの大変化」が起こると予測している。(2023/4/11)

房野麻子の「モバイルチェック」:
「XR体験施設」が東京・秋葉原駅に誕生 実際に行って体験してみた
NTTドコモの100%子会社で、VRやAR、MRなどのXR技術を用いてメタバース、デジタルツイン、XRデバイスのサービス・ソリューションを提供するNTT QONOQが3月30日、東京・秋葉原駅構内にXRの体験施設「XR BASE produced by NTT QONOQ」をオープンした。オープンに先立ち、報道向けに体験会が開催されたので、どんなXR体験ができるかを紹介しよう。(2023/4/8)

Innovative Tech:
隠れているモノが見えるARヘッドセット「X-AR」 小売業者の在庫管理に一役 米MITなどが開発
米MIT(Massachusetts Institute of Technology)と米ミシガン大学に所属する研究者らは、段ボール箱や大量の物に隠れたアイテムの場所を特定し、教えてくれるARヘッドセットを提案した研究報告を発表した。(2023/3/15)

Microsoftが2月の累積更新プログラムを配信 「緊急」含む78件の脆弱性に対処
Microsoftは2023年2月の累積更新プログラムを配信した。深刻度「緊急」(Critical)の脆弱性も幾つか含まれている。該当製品を使用している場合は、アップデートの適用が必要だ。(2023/2/16)

プラマイデジタル:
「医療のデータベース化は国の命運に関わる」──テクノロジーは医療をどう変える?
日本の医療現場がDXに向けて大きく動きだそうとしている。「医療のデータベース化は国の命運に関わる」と前向きな声も上がっている。テクノロジーが解決できる医療現場の課題とは何か。医療×DXの最前線に立つ医師に聞いた。(2023/2/1)

自動車産業は「100年に一度の変化」 各社の取り組みは
自動車業界でデジタルの活用が進む。各社がそれぞれの取り組みを推進しているが、Microsoftはどのように貢献するのか。(2023/2/1)

MicrosoftとGoogleの大規模リストラで影響を受ける部門は?
MicrosoftとGoogleが1月に発表した大規模リストラ。対象部門は公表されていないが、対象となった従業員のSNSなどから明らかになってきている。(2023/1/23)

3Dプリンタニュース:
事業成長を支える「HP Jet Fusion」シリーズ、白色での3D造形が可能な新機種も
日本HPは2022年度の業績および今後の事業戦略を発表した。HPグローバルでは新戦略の下、顧客との継続的な関係構築に注力する。国内では戦略事業の成長などを柱にビジネスを加速。3Dプリンティング事業では白色での造形が可能な新機種を投入する。(2023/1/23)

建設技術展2022近畿:
建設業が抱える“技術承継”の悩みを解消するインフォマティクスのMR/ARソリューション
建設業界では技術者や技能者の高齢化に伴う技術承継が課題となっている。そのため、ここ数年はMRやARといったxR技術を用いて、経験の浅い従業者であっても現場作業の工程を分かりやすく伝達したり、効率的に必要なノウハウを教えたりするツールが各社に導入されつつある。(2023/1/18)

xR:
日立ソリューションズが「HoloLens 2」の取り扱いを開始、MRの用途別ソリューションとデバイスを一体で提供
日立ソリューションズは、MicrosoftとMixed Reality(MR)デバイスの「Microsoft HoloLen 2」のソリューションバンドル販売パートナー契約を締結した。企業の課題解決につながるアプリケーション開発や導入または運用負荷の低減を実現することで、MR活用の拡大に貢献していく。(2023/1/11)

Windowsフロントライン:
2023年のHoloLensを考える
MicrosoftがMRヘッドセット「HoloLens 2」を発表したのは、「MWC19 Barcelona」に先がけて行われたプレスイベントだ。あれから4年近くが過ぎ、現状はどのようになっているのだろうか。直近の動きをまとめた。(2022/12/26)

維持管理:
北海道電力が“火力発電所”の巡視点検で、「HoloLens 2」を活用したアプリを独自開発 技術承継の壁をDXで解消
北海道電力とアバナードは、火力発電所における全く新しい巡視点検業務用アプリケーションを共同開発した。アプリ開発は、北海道電力が火力発電所でのDX推進として進めてきた取り組みの1つで、国内で初めて火力発電所の巡視点検業務にMR技術を採用した。(2022/12/23)

DX 365 Life:
組織の課題を解決する秘策 Microsoftのビジネスアプリケーションの全貌
DXが組織にとって重要になる中で、「なんちゃって」な推進しかできていない組織も多く存在します。Microsoftのビジネスアプリケーションが「真のDX」を実現するカギになるかもしれません。(2022/12/22)

スマートアグリ:
未経験者でもトマトの収量が倍増、ローカル5G遠隔農作業支援の実力
NTT東日本が東京都農林水産振興財団と共同して開発を進めている「ローカル5Gを活用した遠隔農作業支援」の進捗状況を説明。一般的なハウス栽培の2倍の収量と高い糖度を実現したという。(2022/12/21)

岡嵜氏に単独インタビュー(前編):
ライバル企業から日本マイクロソフトへ 岡嵜氏が感じた"魅力と強み"
岡嵜 禎氏は2022年8月にアマゾン ウェブ サービス ジャパンから日本マイクロソフトへと移った。業界内では大きな話題となったが、何がその"理由"だったのか。日本マイクロソフトの魅力と強みを同氏が語った。(2022/12/21)

製造業のデジタル変革:
PR:GR86をHoloLens 2で観察、MRだから分かる部品のレイアウトやエアロパーツの効果
「フォーラムエイト・ラリージャパン2022」が2022年11月10〜13日に愛知県と岐阜県で開催された。日本マイクロソフトは参戦チームが車両の整備や保管を行う「サービスパーク」にブースを設け、来場者向けにHoloLens 2体験を実施した。(2022/12/15)

製造業DX:
PR:広がる産業用メタバース、マイクロソフトの製造向けトップが語る日本の底力
予測不可能な変化に直面する製造業において、DXは今大きなテーマとなっている。その中で製造業のDX支援に力を入れているのがマイクロソフトだ。世界中の多くの製造業支援を行ってきた同社では製造業のDXの現状や取り組みに求められるものについてどのように映っているのだろうか。マイクロソフトで製造産業向けバイスプレジデントを務めるチャリオン・アルカン氏らに話を聞いた。(2022/12/9)

Snapdragon Summit 2022:
Qualcommが“ARグラス専用プロセッサ”を開発した理由 スマホ連携がカギに
Qualcommが、ARグラスに特化した専用プロセッサ「Snapdragon AR2 Gen 1」を発表した。XR向けのデバイスはスタンドアロン型ではなく、スマホなどのデバイスと連携するローカルホスト型を採用。AR対応アプリやコンテンツの動作を保証するプラットフォーム「Snapdragon Spaces」も推進していく。(2022/11/25)

AR:
「AR 匠RESIDENCE」の新バージョン、外装のシーリングや防水が検査可能に
長谷工コーポレーションは、アウトソーシングテクノロジーとともに開発したマンション打診検査向けMRソリューション「AR 匠RESIDENCE」の「バージョン1.2」を開発した。新バージョンでは、外壁タイルの打診検査と併せて、他の外装部分を検査できるように、シーリングや防水などの検査項目を追加しただけでなく、MR空間で検査結果の経過を確かめられる。(2022/11/21)

xR:
インフォマティクスが設備の墨出し業務に特化し、「GyroEye Holo」と「Rebro」を連携
インフォマティクスは、設備の墨出し業務に特化したMRシステム「GyroEye Holo」の機能強化を図り、設備用CADソフト「Rebro」と連携させた。(2022/11/4)

プラマイデジタル:
歌舞伎にみるメタバース時代のエンターテインメント 中村獅童は2人に分身、貞子コラボには「HoloLens」利用
歌舞伎などの日本の伝統芸能の世界にも最先端技術を使った新しいコンテンツの波が来ている。1895年の創業の松竹では、アプリの活用はもちろんのことネット配信、VR版コンテンツも作成する他、舞台ではデジタル技術を駆使したさまざまな実証実験を行っている。(2022/11/1)

Microsoft Ignite Spotlight on Japanレポート:
メルセデス、コカ・コーラが採用 「インダストリアルメタバース」とは何か
「メタバース」と言うとエンタメのイメージが強いが、産業分野でも世界の大企業に利用されている。製造プロセスや物流プロセスの効率化だけでなく、環境に配慮した製造過程の実現にも資するという産業用メタバースの“実力”をメルセデスベンツやコカ・コーラの事例から探る。(2022/10/20)

「Meta Quest Pro」を「Quest 2」と比べても意味がない 22万円超のVR機器が生まれた理由
米Metaが新VR機器「Meta Quest Pro」を発表した。同社はすでに「Meta Quest 2」を販売しているが、なぜMetaは2つのデバイスを作る必要があったのか。考察してみよう。(2022/10/14)

Microsoft Ignite Spotlight on Japanレポート:
日本マイクロソフト岡嵜氏「Microsoft CloudがDo more with lessで企業のDXを推進」と宣言
Microsoftが、業種別の包括的なクラウドサービス提供に向け、「Microsoft Cloud」による生産性向上支援を進める。日本マイクロソフトのクラウド&ソリューション事業本部長に就任したばかりの岡嵜 禎氏が全体像を語った。(2022/10/14)

VR/AR/MRニュース:
AR/MR見える化ソリューションが自動変換可能なファイル形式を拡張
ホロラボは、3D CAD、BIM、3D CGファイルのAR/MR見える化ソリューション「mixpace」の変換可能なファイル形式を19種類に拡張した。4種類のファイル形式を追加し、「*.3dm」をβ版として提供する。(2022/10/11)

VRニュース:
アステラス製薬がMRとメタバースを活用、デジタルコミュニケーションの強化へ
アステラス製薬は、同社営業本部傘下のデジタルコミュニケーション部で取り組みを進めているMR(複合現実)やメタバース関連のプロジェクトについて説明。2021年度まで進めてきたPoC(概念実証)の成果を基に、2022年度後半からはさらに規模を拡大した実証や機能拡充を進めていく方針だ。(2022/9/28)

山市良のうぃんどうず日記(239):
お待たせしました! ITプロ必携の最新技術書『インサイドWindows 第7版 下』、その注目ポイントを紹介
『Windows Internals, 7th Edition』(日本語訳『インサイドWindows 第7版』)は、歴史あるWindows技術専門書の最新版です。2017年発行の「Part 1」から4年以上のブランクを空け、2021年10月にようやく「Part 2」が発行されました。今回は、その日本語訳となる「下」を担当した筆者が注目ポイントを紹介します。(2022/8/31)

メタバースを安全に活用する方法【第1回】
いまさら聞けない「メタバース」の基礎知識 その語源や主要技術は?
IT大手が注力する、次の大きなトレンドが「メタバース」だ。企業にビジネス改革をもたらす可能性がある一方で、さまざまなセキュリティリスクもある。まずはメタバースをざっくりと理解しよう。(2022/8/15)

北海道電力がMRを活用した巡視点検アプリケーションを使用開始 導入に至ったワケ
「熟練の技術を若手に継承したいが十分な時間がない」などの課題を持つ企業は多い。技術的な分野では知識に加え、経験によってもたらされる「嗅覚」のようなものも重要だ。北海道電力は、これら「伝承作業」を支援するサービスの利用を開始した。(2022/8/1)

MR活用事例:
北海道電力がDX推進に向けて、火力発電所の巡視点検業務にMR技術を活用
北海道電力とアバナードは、MR(複合現実)技術を活用した巡視点検アプリケーションを共同開発し、国内で初めて火力発電所での使用を開始した。設備の巡視点検を行う火力発電所員は、マイクロソフトの「HoloLens 2」をベースとしたヘルメット一体型デバイスを装着し、開発した巡視点検アプリケーションを利用する。(2022/7/27)

PR:まだ見ぬ“すごいテクノロジー”を社会に浸透させるために SB C&Sの挑戦
(2022/7/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。