ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「IBM System Storage」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「IBM System Storage」に関する情報が集まったページです。

変革するサーバ、ストレージ市場
LenovoとNetAppがストレージで提携、DellとHPEの牙城を崩す戦略とは
LenovoとNetAppがパートナーシップ契約を結んだ。競合のDellとHewlett Packard Enterpriseを追い上げることが狙いとみられる。両社は企業向けストレージ製品を強化するともに、中国で合弁会社を設立する。(2018/10/5)

12型で世界最薄最軽量:
紙のノート代替を提案する2in1「dynaPad N72」のパフォーマンスを検証する
東芝から2in1の新製品「dynaPad N72」が登場する。高性能なデジタイザペンやオリジナルアプリによって「創造的思考のためのインテリジェント・ツール」をうたう同製品だが、肝心のパフォーマンスをチェックした。(2015/12/10)

デザインよし、使い勝手よし、性能はどう?:
これが13.3型“世界最小”モバイルノートの実力だ――「XPS 13 Graphic Pro」徹底検証(後編)
アルミとカーボンをぜいたくに使い、狭額縁設計で13.3型ノート“世界最小”ボディを実現した「XPS 13 Graphic Pro」。今回はさまざまなテストを実施し、その実力に迫る。(2015/7/15)

復活のシルバーモデルは一味違う?:
「VAIO Pro 13 | mk2」徹底検証――“ハイスペ構成”で真の実力を明らかに
昨今はWindows PCもタブレットや2in1が増えつつあるが、快適な文字入力にこだわるならばクラムシェルノートはやはり魅力的に映る。特にこの「VAIO Pro 13 | mk2」は、完成度が高い堅牢モバイルノートPCとして要注目だ。(2015/7/9)

実売価格2万円を切って買いやすい:
2基のUSBでいろいろ使えるスティック型PC「Diginnos Stick DG-STK1」を試す
スティック型PCにサードウェーブデジノスも参戦。ファンレスながら金属ボディで放熱効率も高いというその処理性能を検証する。(2015/5/29)

性能、スタミナ、騒音、発熱をテスト:
第5世代Core i7にWindows 7を合わせた“通好み”モバイルノートの実力は?――「dynabook R63/PS」徹底検証(後編)
CPUは最新の第5世代Core i7、OSは手堅いWindows 7、そしてポインティングデバイスはタッチパッドとスティックのデュアル仕様――まさに“通好み”の東芝ダイレクト専売モバイルノート「dynabook R63/PS」をじっくりテストしていこう。(2015/3/19)

Windows 7搭載で5万円台から:
低予算で信頼できる“ビジネスPC”が欲しいなら有力か?――「Latitude 15 3000(3550)」実力診断
新年度に向けて仕事用のPCをリプレースしたいが、予算は少ない、Windows 7モデルが欲しい、サポート面も重視したい……となると、意外に選択肢は限られる。これらの要素を満たすと思われるデルの「Latitude 15 3000(3550)」を試してみた。(2015/3/3)

「プレゼントはノートPCがいい!」とのたまう家族がいるあなたに:
2万円台ノート“でも”ここまで使える! 「HP Stream 11」を試す
鮮やかなボディカラーと“これ以上はない”低価格で注目のHP Streamシリーズに11.6型ディスプレイ搭載モデルが登場。こんなに安いのに安心して使えるのか?(2014/12/24)

注目“テーブルトップ”PCレビュー:
これはデスクトップの2in1だ──「Lenovo HORIZON 2」で新時代のPCを体感した
新しいスタイルのPCに積極的にチャレンジしているレノボ。今回はそんなレノボの新スタイルにおける1つの成果「HORIZON 2」を検証してみた。(2014/12/12)

第4世代Core、防水キーボードも搭載してこの価格:
“6万円台”で手に入る13.3型ノート+タブレット+タッチペンの完成度は?――「Inspiron 13 7000シリーズ 2 in 1」徹底レビュー
ノートPCとタブレットを1台に凝縮した“2in1”は、「気になる存在だけど、ちょっと割高」と思っていないだろうか? デルの「Inspiron 13 7000シリーズ 2 in 1」ならば、6万円台で2in1+タッチペン体験まで入手できる。実機をじっくり試用してみた。(2014/12/3)

各種テストで実力診断:
8万円台からの直販限定13.3型モバイルノート――「FMV LIFEBOOK UH(WU1/S)」
富士通の13.3型エントリーモバイルノートPC「FMV LIFEBOOK UH55/M」をベースとした直販限定モデルが登場。スペックを抑えた低価格構成から、性能重視のSSDまでカスタマイズに対応する。(2014/10/9)

注目タブレット詳細レビュー:
ハイスペックで選びたいWindows 8.1タブレット「ThinkPad 10」
レノボのThinkPad 10は、解像度が1920×1200ピクセルのIPS液晶ディスプレイを搭載したWindows 8.1タブレットだ。その性能にフォーカスして検証してみた。(2014/9/12)

ハイブリッドクラウドに最適なインフラと機能を提供:
PR:多彩なソリューション&ツールで新世代IT基盤への移行を強力に支援
日本IBMでは、クラウドとオンプレミスで適材適所に使い分けるハイブリッドクラウドをWindows Server 2003の移行先として推奨。そのためのソリューションや管理ツールを提供している。また、世界有数のストレージベンダーとして、多彩なフラッシュストレージのラインアップを持つことも大きな特長だ。(2014/9/9)

狙いは直販モデル:
“MADE IN JAPAN”のハイスペ大画面ノートPCはいかが?――「FMV LIFEBOOK AH77/R(WA2/R)」
安価なノートPCでもそこそこ戦える今日。とはいえ、家族で数年に渡り毎日使うような大画面ノートPCは、こだわって選びたい。ならば、富士通の“MADE IN JAPAN”ハイスペックモデルはどうだろうか?(2014/8/1)

最新PC速攻レビュー:
「dynabook Satellite T954/98L」――世界初“4K”ノートPCの実力は?(ベンチマークテスト編)
他社に先駆けて“4K”ディスプレイ搭載ノートPCが東芝から登場。今回はさまざまなテストを行い、ハイパフォーマンスPCとしての実力を明らかにする。(2014/5/28)

みずほ銀行のプライベートクラウド基盤が稼働開始
日本IBMが構築を進めている、みずほ銀行の「みずほクラウド」が3月に稼働を開始した。(2014/5/26)

注目PCレビュー:
バランス型のスペックが光る専用キーボード付きWindows 8.1タブレット──「Lenovo Miix 2 11」
レノボのMiix 2 11は、専用キーボードドックを備えた高機能Windows 8.1タブレットだ。今回は性能とバッテリー駆動時間にフォーカスして検証していこう。(2014/5/23)

IBM Edge 2014 Report:
新しいキーワードは“Elastic”と“SDS”
米IBMは同社のSDSを実現する技術「Elastic Storage」を発表し、それを支える新製品3点を発表した。(2014/5/21)

ファイルシステムから新しい?:
米IBMのSDSはコードネーム「Elastic Storage」
Software Defined Storageの具体的な技術をIBMが発表。同社独自の研究開発成果を盛り込んだハイパフォーマンス型を掲げている。(2014/5/20)

最新PC速攻レビュー:
「HP ENVY Recline 23-m240jp Beats SE」――情熱の赤が所有欲を刺激する!!
日本HPの「HP ENVY Recline 23-m240jp Beats SE」は、鮮烈なデザインが印象的なBeats Audioスペシャルエディションモデルだ。(2014/3/25)

最新PC速攻レビュー:
「VAIO Pro 13」――さらにハイスペックを軽快に持ち運べる“14春モデル”徹底検証
高い人気を誇る薄型軽量モバイルノート「VAIO Pro 13」が、より高性能なCPUを搭載可能になった。その実力を確かめるべく、直販ハイスペックモデルをじっくり検証する。(2014/3/11)

注目PC速攻レビュー:
「eX.computer note N1500J-300/E」――6万円を切るコスパ抜群の大画面ノートPC
ツクモ「eX.computer note」シリーズにラインアップされる15.6型ワイドノートPC「N1500J-300/E」は、日常用途に不足のない性能と低価格が魅力のエントリーモデルだ。XPからの乗り換えに。(2014/2/26)

最新PC速攻レビュー:
「dynabook KIRA V634/28KS」――“絶妙なバランス”の高画質モバイルノートを徹底検証
東芝の「dynabook KIRA」は、高画質にこだわった薄型軽量モバイルノートPCだ。新モデルは第4世代Core Uシリーズの搭載とともに、ラインアップを拡充してきた。新たに登場したタッチパネル非搭載の超高解像度モデルをレビューしよう。(2014/2/12)

注目PC徹底レビュー:
「FMV LIFEBOOK SH90/M」――Ultrabookと旧型モバイルPCの融合を目指した“欲張り”な13.3型ノート
薄くて洗練されたUltrabookがモバイルノートPCの主流になり、得られたものもあったが、損なわれたものもあった。新世代と旧世代のよさを兼ね備えた欲張りな1台はできないものか? この難題に挑んだ、富士通の「FMV LIFEBOOK SH90/M」をチェックする。(2014/1/22)

PR:データ管理の範疇を超える! 企業のビジネス課題をも解決するオール・フラッシュストレージとは?
企業を取り巻くデータが増加する中にあって、その管理基盤であるストレージの処理能力に悩まされている企業も少なくない。ビッグデータ活用を考える企業ならば、なおさらだ。こうした現状における問題の抜本的な解決に向けて注目を集めるのが、オール・フラッシュストレージ「IBM FlashSystem」だ。大きな特徴は、フラッシュメモリの特徴を最大限生かした専用の設計思想を採用することで、SSDとは抜本的に差別化を図った点にある。(2014/1/20)

注目PCレビュー:
「21.5インチiMac」――グラフィックス強化で「新生FF14」も楽しめるオールインワンPC
アップルの液晶一体型PC「iMac」は“とりあえず何でもこなせてしまう”のがウリ。入門機に最適のモデルだ。(2014/1/16)

日本IBM、フロントエンド向け保守サービスを新設
「IBM機械保守サービス」のメニューを拡充し、定期点検やファームウェア対応を加えた「ベーシック・セレクション」を2014年1月から提供する。(2013/12/2)

VAIO Tap 11をもっと知りたい(性能検証編):
「VAIO Tap 11」の直販ハイエンド構成と店頭モデルを徹底比較する
ソニー初のWindowsタブレット「VAIO Tap 11」は、第4世代Core搭載で極限の薄さと軽さを実現している。その性能、スタミナ、騒音、発熱はどうなっているのか、ハイエンド構成の直販モデルと店頭モデルをじっくりテストした。(2013/11/21)

日本IBMがシステム製品群を大幅強化、クラウドやビッグデータ基盤の構築に焦点
ビッグデータやソーシャル、モバイルなどのワークロードを最大限に活用するための新たなサーバやストレージ製品を多数ラインアップに加えた。(2013/10/9)

実は10型サイズがちょうどいい:
注目「キーボード付きWindowsタブレット」4モデル、徹底十番勝負
え? Office付きでこの価格?──プライベートにも仕事にも、意外にコスパがよいモデルが最近グッと増えた「キーボード付きの10型Windowsタブレット」。中でも注目の4モデルをまとめてチェックする。(2013/8/19)

これぞモバイルPCの最先端:
「VAIO Duo 13」徹底検証(後編)――cTDPによる格上のパフォーマンス、驚異的なスタミナ、発熱、騒音をじっくりテストする
ソニーの13.3型コンバーチブルPC「VAIO Duo 13」は、cTDPを生かした高性能と、Ultrabookで最長駆動をうたうスタミナも大きな魅力だ。今回はさまざまなテストで、モバイルPCとしての実力を明らかにする。(2013/7/23)

3年間で10億ドルを投資
HDDはいずれなくなる――SSDとオールフラッシュアレイで変わる市場
新興企業を中心に活況を見せるオールフラッシュストレージアレイ市場。後発となるIBMは、今後3年間で新ソリューションの開発や自社の既存製品ポートフォリオとの統合に取り組み、市場に挑戦する。(2013/6/18)

抽象化と自動化、全ての統合管理を担う:
システム全体の抽象化・効率化を推進する“Software Defined Environment”構想とは
日本IBMがシステムインフラ全体のビジョンとして「Software Defined Environment」を発表。クラウド最適化、抽象化、自動化をにらみ、まずはネットワーク仮想化製品を投入する。(2013/6/12)

自作派必読:
第4世代Coreの性能は? 「Core i7-4770K」で速攻検証!!
“Haswell”こと第4世代Coreプロセッサーで自作マシンを組むなら、まず気になるのがその性能だ。見せてみろ新世代CPUの実力とやらを!(2013/6/2)

15.5型/14型の液晶と性能をじっくり比較:
ソニーの美しき薄型ホームノートPCは中身もスマートか?――「VAIO Fit」実力診断(後編)
「VAIO Fit」は、スタイリッシュな薄型ボディにどれほどの性能を備えているのか? 2台のVAIO Fitを用意し、液晶の表示品質、パフォーマンス、スタミナ、発熱、騒音を検証する。(2013/5/10)

買い替える必要なんてない:
PR:中古PCだからこそ高品質なSSDを!「M5 Pro Xtreme」でノートPCを再生しよう
最高クラスの性能と企業レベルの品質で上級ユーザーから高い評価を得ているPlextorブランドのSSD「M5 Pro Xtreme」シリーズ。これさえあれば、型落ちノートPCも爆速マシンに生まれ変わる!!(2013/4/25)

文句なしのコスパ:
フルHD&IPS液晶で5万円台――破格のWindows 8タブレット「LuvPad WN1100」実力診断
「LuvPad WN1100」は、フルHD表示対応のIPS液晶ディスプレイを搭載しながら、5万9850円というリーズナブルな価格が実に魅力的なWindows 8タブレットだ。AtomでもCore iでもない、AMDのZ-60を搭載し、64ビット版Windows 8をフルに利用できる。(2013/4/16)

1Uサイズで実効容量最大20TB:
IBMのフラッシュストレージ、ハードウェア機能駆使して高速化
日本IBMが4月12日に発表したオールフラッシュストレージ「IBM FlashSystem」は、専用フラッシュメモリモジュールを使い、独自設計のFPGAフラッシュコントローラを搭載するなど、ハードウェアによる制御・転送によって高速化を推し進めた製品群だ。高い密度も特徴となっている。(2013/4/12)

宇宙人と戦える?:
中世騎士のようなゲーミングPC「Erazer X700」の実力を試す
レノボが新たに立ち上げたゲーミングPCブランド「Erazer」シリーズの第一弾として、タワー型の「Erazer X700」が登場した。カッコイイぜ。(2013/3/22)

VAIO Duo 11ロードテスト(3):
「VAIO Duo 11」を静かな場所で快適に使うテクニック
タブレットとモバイルノートの魅力をスライドボディにギュッと凝縮した「VAIO Duo 11」。薄型の本体に高性能を詰め込んだため、高負荷時はファンの回転音もそれなりに大きくなるが、静かな場所でスマートに使うための設定も用意されている。(2013/3/12)

13.3型フルHDのIPS液晶+マルチタッチ:
定番Ultrabookが“タッチ”でもっと快適に――「ZENBOOK Touch UX31A」実力診断
ASUSのUltrabook「ZENBOOK」にタッチ対応モデルが登場。薄型軽量ボディはそのままにタッチパネルを搭載し、スペックも強化。さらに隙がなくなった。これがWindows 8時代のZENBOOKだ。(2013/3/8)

専用カバーと極薄Bluetoothキーボードも魅力:
“6万円切り”Windows 8タブレット――「VivoTab Smart ME400C」で新時代を手軽に体感する
iPad並のボディでWindows 8が動き、バッテリーも長時間。Clover TrailことAtom Z2760の登場によりタブレット事情は大きく変化した。ASUSから登場した「VivoTab Smart ME400C」は価格も手ごろで、新しい時代をグッと身近に感じられる製品だ。 ※画像などを追記しました(19:00)(2013/3/5)

最強の27型オールインワンか:
10点タッチ対応の液晶一体型PCなのに“ぶっ飛び”性能――「NEXTGEAR-ONE」をチェック
ゲーミングPCブランド「G-Tune」にラインアップされた「NEXTGEAR-ONE」は、静電容量式タッチパネルを備えた27型ワイド液晶ディスプレイを搭載し、外部GPUにGeForce GTX 670MXを採用した“ゲーマー向け一体型PC”だ。なんだそれー。(2013/2/25)

デスクトップ仮想化とMSP支援を強化:
PureSystemsで新ソリューション、日本IBM
日本IBMは2月22日、インフラ製品「IBM PureFlex Systems」「IBM Flex System」で、デスクトップ仮想化とマネージドサービスプロバイダ(MSP)向けのソリューションを発表した。また、他社製品との接続のサポートについても強調した。(2013/2/25)

日本IBM、ストレージやシステム製品群も大幅拡充
プライベートクラウド環境におけるストレージを始め、システムリソースの活用や管理の効率化を支援する製品群を提供する。(2013/2/6)

LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:
第11回 なぜWindows 8は「速い」のか 新旧LaVie Zのパフォーマンスをガチ比較(基本性能編)
「Windows 8なLaVie Zはすごく速くなった!」と言い続けているが、実際のところWindows 7の旧モデルに比べてどれだけ速いのかきちんと比べたくなった。というわけでWindows 7モデルも用意して、ベンチマークテストで比較してみたZ!(2013/2/5)

Ultrabookでもタッチパネル付きの大画面フルHD液晶を搭載:
Windows 8世代のスタンダードPCが見えてきた――「VAIO Tシリーズ15」実力診断
ソニーのUltrabook「VAIO T」シリーズに15.5型モデルが加わった。アルミ天板のフルフラットボディはそのままに、フルHDの大画面、タッチパネルを搭載。これぞWindows 8世代のノートPCだと納得できる使いやすさだ。(2013/2/4)

VAIO Duo 11ロードテスト(1):
「VAIO Duo 11」2013年春モデルの最強構成を速攻でテストする
「カシャッ」と画面を立てればノートPC、「パタン」と閉じればタブレット。軽い力で開閉できるこのギミックがたまらない。なにっ、VAIO Duo 11の魅力はギミックだけではないって? ほう、それではお手並み拝見といこう。(2013/1/29)

まさに黒板:
待っていたぞ! と叫びながらThinkPad Tablet 2を急いで使ってみた
2012年10月の発表以来、「早く出荷してー! 」と叫んでいた人を少なからず知っている。そんな彼らが待っていた実物がようやく登場。うーん、薄い! 軽い! 黒い! (2013/1/25)

もしかしてMBPと似てる?……:
これが新世代の15.6型か、本当に持ち運べる“超薄型軽量”を実現──写真で見る「LaVie X」
LaVie Zに続く“スペシャル”極薄/軽量モデルがNECからもう1シリーズ登場! ボディサイズはなんと15.6型。ただし、よくあるベーシックなオールインワンA4ノートではない。大画面、高解像度、厚さ12.8ミリ/1.59キロの極薄軽量ボディ、7時間のバッテリー動作を実現する「LaVie X」ファーストインプレッションをお届けする。(2012/12/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。