ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ジャスダック」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ジャスダック」に関する情報が集まったページです。

オフィスの教科書(1):
出社再開、執務室のレイアウトはどう変える? フリーアドレスはやめるべき?
現在、新型コロナウイルスの感染状況が改善し、少しずつ日常が戻ってきています。しかし、今後も感染拡大防止対策を講じながら業務を行うことが重要です。そんな中、オフィスの在り方はどのように変わるべきでしょうか? 執務室のレイアウトの変更例や、フリーアドレスについてなど、すぐに使えるオフィスデザインの知識を解説します。(2021/12/3)

「宇宙版シリコンバレー」作る:
ホリエモンが北海道で仕掛ける「宇宙の民主化」 地方創生のモデルケースとなるか
2040年には約110兆円規模に成長するといわれている宇宙産業市場。宇宙港「北海道スペースポート(HOSPO)」の取り組みとその背景を余すところなくお届けする。(2021/11/2)

連載・2021年、役員改革が始まった:
取締役の能力を一目瞭然にする「スキル・マトリックス」とは? 取締役会に迫る“改革の圧力”
東証の市場再編、CGコードの改訂によって、取締役会への改革の圧力が加速している。取締役のスキル・マトリックスの開示に関して、原則を実施するか、実施しない場合は理由を説明することが求められる。(2021/10/5)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
来年から「一部上場企業」は無くなります……呼び名変更「プライム」化で何が変わるのか
東京証券取引所は2022年4月4日に、これまでの「東証第一部」「東証第二部」「マザーズ」「ジャスダック」といった市場区分から、「プライム」「スタンダード」「グロース」という新たな市場区分へ移行する。「現在、東証一部に上場している銘柄がスタンダート市場に入ってしまうのか」という点と、「東証第一部に連動している株式指数のTOPIX(東証株価指数)はどうなるのか?」という点に注目したい。(2021/7/23)

市川レポート 経済・相場のここに注目:
東証プライム移行で664社が基準未達の意味すること
東証の1次判定の結果、市場第一部上場2,191社のうち664社がプライム上場維持基準未達。ただ基準未達でも想定新市場への移行が可能となる仕組みがあり、過度に懸念する必要はない。市場再編により、今後は株式の持ち合いや親子上場の解消が進み、合併の動きも増える可能性。(2021/7/14)

各社の取り組みを紹介:
経産省、28社を「DX銘柄2021」に認定 グランプリ企業は?
経済産業省は6月7日、デジタル技術を前提としたビジネスモデル・経営変革に取り組む企業28社を「DX銘柄2021」として発表した。グランプリ企業として選出された2社はどこか?どんな取り組みをしているのか?(2021/7/12)

オンキヨー、株主総会でAV事業売却可決 7月末上場廃止
経営再建中のオンキヨーホームエンターテイメントが大阪市内で定時株主総会を開催。シャープなどの合弁会社に主力の家庭向けAV(音響・映像)事業を譲渡することが承認された。(2021/6/28)

オンキヨーAV譲渡:
衰退止められず……気になる御三家パイオニアの行方
老舗オーディオメーカーのオンキヨーホームエンターテイメントが7月、AV機器事業をシャープと米音響機器メーカーの合弁会社に譲渡する見通しとなった。(2021/6/21)

オンキヨーAV譲渡 気になる御三家パイオニアの行方
オンキヨーホームエンターテイメントが7月、AV機器事業をシャープと米音響機器メーカーの合弁会社に譲渡する見通しだ。2015年に買収したかつての「オーディオ御三家」パイオニアのAV機器事業もまとめて手放す予定で、その行方に注目が集まっている。(2021/6/21)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「大塚家具」は再建できるか 危機意識強める「ヤマダ」とのコラボで売り場に変化
大塚家具の業績が改善している。黒字転換が現実的に見えてきた。背景にあるヤマダグループの危機意識とは。(2021/5/25)

上場企業の不適切会計、2020年は58社 高水準続く
東京商工リサーチは、2020年に「不適切会計」を開示した上場企業は58社、総計60件だったと発表した。(2021/1/28)

飲食店を科学する:
コロナ禍でも絶好調の「焼肉きんぐ」 強さを支える「カルビ」と「包み込み戦略」とは
コロナ禍で飲食店が苦戦している。一方、「焼肉きんぐ」の既存店売上高は前年対比123.3%と好調。強さの秘密を分析した結果は?(2020/12/25)

ガチンコの鉄道:
富士急行に、なぜ乗客が集まるのか
私鉄グループ各社のなかで、多角経営により東証一部へ上場しながら、鉄道事業にも本気で挑んでいるのが、富士急行だ。本社は人口4万6000人ほどの山梨県富士吉田市にあり、メイン路線は大月駅から富士山駅を経て河口湖駅までの延長26.6km。そんな地にありながらも営業係数は100を切り、黒字を維持している。今回は、富士急行が取り組む本気の鉄道事業を紹介したい。(2020/11/29)

社内システムにランサムウェア攻撃、データ暗号化され金銭要求される ベルパーク
ベルパークは9月25日、同社がクラウド環境で運用している社内システムがランサムウエアによるサイバー攻撃を受け、同社に物件を賃貸している賃貸人の情報や物件の契約情報が流出した可能性があると発表した。(2020/9/25)

ゲームチェーン「トップボーイ」のNutsが破産 現金水増し不正会計→資金不足
帝国データバンクなどによると、かつて「トップボーイ」の名で家庭用ゲーム販売店をフランチャイズ経営していたNutsが、9月16日付で東京地裁から破産手続き開始決定を受けた。(2020/9/17)

「まぐまぐ」新規上場へ メルマガ老舗、創業から21年
まぐまぐがJASDAQスタンダード上場へ。1999年創業の老舗ネット企業が、21年目に新規上場する。(2020/8/21)

ビデオ会議の「Zoom」と勘違い……? 日本の音楽機器メーカー「ズーム」の株価が一時ストップ高
あるいはマネーゲーム?(2020/6/5)

大戸屋、筆頭株主のコロワイドから「経営陣の刷新」を突き付けられる 連結子会社化も検討、傘下入りで「早期に業績回復」
コロワイド傘下入りで様々な相乗効果があるとしています。(2020/4/14)

コロナショックで上場企業は今期9.3%減益 4〜6月期に収束なら来期はほぼ全業種が回復の見通し
コロナショックの影響は――。3382社が対象となる20年1月期〜12月期の予想営業利益は、製造業が前期比9.9%減、非製造業も同9.7%減、全産業(銀行、保険を含まず)では同9.3%減という見通しになった。(2020/3/19)

ヤマダ電機が大塚家具を子会社化 株価は急落とストップ高という正反対な反応
利害は一致しているのかどうか、という。(2019/12/12)

リーバイス日本法人が上場廃止 米親会社が完全子会社化
緊密に連携していくとのこと。(2019/12/11)

社長ってマンションの高い階に住んでそう→平均は意外?にも「5.35階」 都道府県別トップは大阪
ちなみにマザーズ上場企業の社長は高い傾向。(2019/9/19)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
SNS時代に求められるリーダーのリスク・コミュニケーション力
事件や不祥事が起きた時や、思うように成果が上がらない時にどのように真摯にユーザーに向き合って説明するか。(2019/8/29)

あおり運転事件の影響でドラレコ売れる? 関連企業の株価が上昇
ドラレコの出荷は拡大中。(2019/8/20)

イノベーションは日本を救うのか(34):
ハイテク系ベンチャーを正当に評価できない? 非効率な日本の新興市場
これまで、日本のベンチャー企業とベンチャーキャピタルが抱える課題を見てきた。今回は、ベンチャー企業が上場を目指す場合に欠かせない重要な要素、資本市場における根深き課題を取り上げたい。(2019/7/23)

ワークマン株価が大幅高 6月の既存店売上高は36%増
話題性もあり、高い成長率を維持しています。(2019/7/2)

書店ビジネスが苦しい 債務超過の文教堂HD、私的整理を申請 上場廃止回避へ「事業再生ADR」
老舗書店チェーンも苦しんでいます。(2019/7/1)

「液体のりで造血幹細胞を大量培養」報道で勘違い? 無関係な「ヤマト」の株価が乱高下
ドンマイ(?)。(2019/5/30)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「どさん子ラーメン」は今…… 急成長から衰退までの経緯と復活のシナリオに迫る
札幌みそラーメンの“伝道師”として急成長した「どさん子ラーメン」。かつては1000店以上を展開していたが、マネされるのも早かった。“衰退”したと思われている一方で、復活に向けた動きもある。(2019/5/28)

日本一ソフトウェア株価が-17%の急落 「MSワラント」による資金調達発表で売られる
資金は主に人件費に充てるとのこと。(2019/5/20)

「逃げ恥」「三匹のおっさん」など人気ドラマ制作のイメージフィールドが民事再生申し立て
数々の人気ドラマを手がける映像制作会社が民事再生。(2019/5/16)

平成の上場企業倒産、負債額ランキング 最大は1兆6000億円の総合スーパー
「平成は上場企業の『不倒神話』が崩れ去った時代」。(2019/4/30)

ファミレスのココスが年初来安値 業績下方修正と株主優待休止のダブルパンチ
優待の切れ目が縁の切れ目?(2019/4/17)

「乗換案内」のジョルダンと「駅探」の株価がそろって急上昇 「MaaS」に思惑
都内の鉄道ダイヤの乱れとは関係ないようです。(2019/4/11)

創通が株主優待を始める これはいいものだ……?
中長期に株式を保有してもらうのが狙いです。(2019/4/11)

「新紙幣に刷新」→「アレが売れる」……と株価が急上昇した会社
キャッシュレスが進んでも現金ニーズは当分高そうです。(2019/4/9)

「重要な不備」IRを開示した小僧寿し、年初来安値を更新
会計関連の人材不足が続いているようです。(2019/4/5)

「令和」で「万葉集」特需が来る? あの出版社や書店の株価が上がる
「改元すれば出版社がもうかる」……?(2019/4/2)

小僧寿し株価が大幅下落 「上場廃止の猶与期間入り」で
債務超過は痛い。(2019/3/28)

小僧寿し、債務超過に転落して上場廃止の猶与期間入り
立て直せるか。(2019/3/27)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
横浜家系ラーメンで“天下取り”目指す「町田商店」の野望
横浜家系ラーメンがブームになって久しい。ついに大手チェーン「町田商店」の運営会社が上場した。またたく間に店舗数を増やしている秘密は何か?(2019/2/19)

爆発事故前の4分の3程度に:
APAMAN株価、また安値更新 スプレー缶「ずさん管理」続々発覚で下げ止まらず
12月20日の東京株式市場で、APAMANの株価が続落。午前9時8分に前日比42円安の668円を付け、年初来安値を更新した。札幌爆発事故が起きて以降、スプレー缶のずさんな管理体制が続々と報じられており、株価下落に歯止めをかけられていない。(2018/12/20)

おわび文を公表:
APAMANが年初来安値 アパマンショップ爆発事故、スプレー缶120本を不適切に処理
不動産仲介チェーン「アパマンショップ」運営企業を傘下に持つAPAMANの株価が続落。年初来安値を更新した。札幌で発生した爆発事故について、おわび文を発表している。(2018/12/18)

42人が重軽傷:
アパマンショップ親会社の株価急落 従業員の「スプレー缶穴開け」が札幌爆発事故の原因か
「アパマンショップ」運営企業を傘下に持つAPAMANの株価が後場に入り急落。終値は前営業日56円安(−6.3%)の832円だった。同店の従業員の不備が、16日午後8時半ごろに札幌市内で起きた爆発事故の原因となった可能性が高いと報じられている。(2018/12/17)

株価に大ダメージ:
赤字転落のRIZAP、売り注文殺到で値が付かず グループ9社も軒並み下落
前日に赤字転落を発表したRIZAPグループの株価が下落。売り注文が殺到し、午前の取引を終えた時点で値が付かない状況。グループ9社の株価も軒並み下落している。(2018/11/15)

本城慎之介、軽井沢風越学園創設への道【前編】:
30歳で楽天を辞めた元副社長が私財を投じて学校を作る理由
かつて三木谷浩史とともに楽天を創業し、副社長を務めた本城慎之介。彼は2002年11月に30歳で楽天副社長を退社して以降、教育畑に転身した。現在は長野・軽井沢の地で幼稚園・小・中学校の混在校である「軽井沢風越学園」の開校を目指している。彼が成し遂げようとしていることの本質を探った。(2018/10/12)

エキサイト、上場廃止へ 新興ネット企業・XTechが買収
老舗ネット企業・エキサイトがネットベンチャーのXTechの傘下に。XTech子会社がエキサイトの全株式取得を目指し、10日から株式公開買い付け(TOB)を実施する。(2018/9/10)

製造業派遣労働者を対象にしたライフスタイル実態調査:
「仕事力」に効くのは野菜や果物、「やる気」は現場のロールモデル
製造業の派遣労働者を対象としたライフスタイル実態調査「モノづくりの現場での、派遣という働き方白書」をUTグループが発表。派遣労働者のパフォーマンスを最大限発揮させ、仕事のやる気を起こさせるヒントが白書から垣間見ることができる。(2018/8/10)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
行列ができるまでに復活! 「東京チカラめし」の反転攻勢
かつて急成長したが、失速するのも早かった東京チカラめし。現在は全10店を営業するにとどまるが、実は店舗に行列ができるまでに“復活”しているという。再成長できるかどうか、検証する。(2018/7/3)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
60歳からの「これから」を楽しみに
人生100年時代、60歳を過ぎてあと20年か30年か何年生きるのか。残された日々を自分のやりたいように、自分らしく目いっぱい生きるには。(2018/5/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。