ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「日本政策金融公庫」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

年収400万円の不動産投資家は、どうやって3年で家賃収入700万円を超えたのか?
不動産投資は、資産運用の王道の一つだが、なかなか最初の一歩が踏み出せないという人も多い。先輩不動産投資家は、どうやって最初の一歩を踏み出したのか?(2019/5/13)

SuiteWorld 2019 Report:
社員30人で年商10億を達成 骨伝導技術で世界に挑むベンチャー、BoCoを支える「クラウドERP」とは
ネバダ州ラスベガスで開催されているNetSuiteの年次ユーザーカンファレンス、「SuiteWorld 2019」には、急成長中の顧客新興企業が世界中から参加している。その1社として、独自の骨伝導技術を武器にグローバル市場に挑むBoCoの謝端明社長に話を聞いた。(2019/4/5)

ソーラーシェアリング入門(12):
ソーラーシェアリング関係者は必見! 農水省の最新資料とデータを読み解く
農業の新しい収益源として注目が集まっている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電事業)」について解説する本連載。今回は農林水産省が公開した最新の資料・データを読み解きながら、近年のソーラーシェアリングの動向と今後の見通しについて解説します。(2019/3/13)

ソーラーシェアリング入門(11):
自治体の動きに要注目、FITだけじゃないソーラーシェアリングの支援制度
農業の新しい収益源として注目が集まっている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電事業)」について解説する本連載。今回は「FIT制度以外に、ソーラーシェアリングの導入を支援するような補助制度はあるのだろうか?」というテーマについて考えます。(2019/2/19)

ソーラーシェアリング入門(6):
ソーラーシェアリング事業の壁、「ファイナンス」の手法について考える
太陽光発電と農業を両立する手法として、近年、国内で大きな期待と注目を集めている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」について解説する本連載。今回はソーラーシェアリングの事業化に際して課題になることが多い「ファイナンス」の手法について解説する。(2018/11/26)

目からうろこの行政サポート活用術:
かつて「亀田製菓」「京セラ」「ビックカメラ」も利用した! 政策金融機関「日本政策金融公庫」の活用法
「日本政策金融公庫(日本公庫)」は、政府100%出資の政策金融機関。これから創業する人や中小企業などへの事業資金融資や、経営課題に応じたコンサルティング、全国152支店の店舗網を生かしたマッチングや連携支援などを提供している。創業時や起業間もない時期に役立つ支援を中心にそのサービスを紹介しよう。(2018/9/28)

“いま”が分かるビジネス塾:
縮小するクリーニング店 打開策は?
クリーニング店のビジネスが厳しい状況に追い込まれている。直接的な原因はコインランドリーの増加だが、状況はもう少し複雑だ。労働者の賃金やライフスタイルの変化など、複数の要因が絡み合っている。そしてシェアリングエコノミーの台頭がこの状況を加速させる可能性が高まっている。(2018/1/24)

目からうろこの行政サポート活用術:
AIやビッグデータを使ったサービス開発で最大17%の節税も 「中小企業等経営強化法」活用のススメ
中小企業の研究開発を支援する税制や省庁主導の補助金制度を使わない手はない。企業の研究開発のコストが節税対象になる「研究開発税制」と、中小企業の技術開発を支援する「中小企業技術革新制度(SBIR制度)」について紹介する。(2017/11/28)

収入面の不満や、独立準備が理由:
起業家のうち約3割が「副業起業」
起業家のうち、「副業起業」(会社などに勤務しながら副業として起業すること)をした人の割合は27.5%――日本政策金融公庫調べ。(2017/2/3)

理系は1147万円:
高校から大学までにかかる学費は975万
高校入学から大学卒業までにかかる子ども1人当たりの学費は平均975万円――日本政策金融公庫調べ。(2017/2/3)

月商500万円以上は1割:
起業家の4割が月商30万円未満
起業家の42.1%が月商30万円未満――日本政策金融公庫調べ。(2017/1/31)

エネルギー列島2016年版(21)岐阜:
全国一の水流を生かして小水力発電、山奥の古い農業用水路も電力源に
降水量の多い岐阜県は水力エネルギーの利用可能量が全国で最大だ。農山村では古い農業用水路を改修して小水力発電の取り組みが活発に進む。ダムに新設する水力発電所も続々と運転を開始した。農地を利用した太陽光発電や地域の森林資源を生かした木質バイオマス発電も広がりを見せる。(2016/9/13)

1度失敗した電子楽器で活路見いだす:
もふもふなスポンジ型センサー、皆なら何に使う?
佐竹製作所発ベンチャーのタッチエンスは2016年5月、クラウドファンディングサイト「Makuake」で、スポンジ型センサーを用いたミュージックギアの資金調達を開始した。同社取締役でセンサー事業統括を行う丸山尚哉氏に、エンターテインメント向けに展開する狙いを聞いた。(2016/6/8)

マネーの達人:
新社会人の皆さんへ FPの立場から生命保険のアドバイス
新社会人の皆さんに生命保険についてのアドバイス。本稿では、生保についての大切な知識と考え方をしっかり身に着けてもらえればと思います。(2016/5/16)

TECHNO-FRONTIER 2016:
もふもふなスポンジセンサー、人とロボットをつなぐ
佐竹製作所発のベンチャー企業であるタッチエンスは、3次元方向の検出が可能なスポンジ型センサーを展示した。触ったときの感触が良いため、人とロボットの接点などに応用できるという。(2016/4/27)

モノづくり×ベンチャー インタビュー(4):
IoTで広がるビジネスチャンス、愛知県に見る地方発ベンチャーの育て方
政府が掲げる「地方創生」の方針やベンチャーキャピタルによる投資額の増加もあり、地方発のベンチャー企業の育成が盛り上がっている。愛知県名古屋市で2003年からベンチャー企業の育成に取り組む「あいちベンチャーハウス」を取材した。(2015/6/23)

日本政策金融公庫、約2年半で3つの基幹システムを共通基盤に移行
一般企業でも3年以上かかるケースがあるITインフラの共通化を約30カ月で実現した。マルチベンダーの汎用機をオープン系に移行している。(2015/4/28)

「起業したいけどお金が……」な人のための資金調達術
起業に必要なお金を獲得するには?(2015/2/24)

2015年7月15日にサポート終了、国の支援策も:
深刻「中小企業のWindows Server 2003問題」 今、何をすべきか
サーバOS「Windows Server 2003」のサポート終了日が迫っている。マイクロソフトと販売パートナー、そして国が、まだ利用している中堅中小企業層に向け、認知強化とさらなる優遇支援策を打ち出した。(2014/12/4)

マネーの達人:
家は持つべきか、持たざるべきか――これでも、あなたは家が欲しいですか?
結婚して子どもを授かったら、家の一軒も持つものと言われてきました。しかし、今の社会にこのような過去の常識は通用するでしょうか? 住むのは、賃貸か持ち家か――具体的に諸費用を計算して考えてみましょう。(2014/8/5)

開業【パーフェクト】マニュアル(3):
融資に必要な経営計画の立て方と経営計画書の作り方
「経営計画書」のテンプレートを使って、金融機関に融資を依頼するときに必要な経営計画の立て方を解説しよう。(2014/4/17)

海外進出企業に学ぶこれからの戦い方:
「道具」で光る、「道具」を光らせる
世界の製造業を支える日本のグローバル・ニッチ・メーカーのイノベーション力とは。(2014/3/19)

開業【パーフェクト】マニュアル(2):
開業に必要な資金と自分で準備できる資金の差額を把握し、対策を立てる
会社を辞めて独立開業! 当面は貯金を運営資金に充てて、足りない分は銀行から借りればいいよね―― それって、ちょっと安易ではないですか?(2014/3/13)

自然エネルギー:
やっかいな積雪を逆に利用、旭川市で始まる両面発電と融雪
メガソーラーにとって、積雪はなるべく避けたい条件だ。雪に覆われた太陽電池は発電できず、雪の重みに耐える機材も必要だ。旭川市で始まった事業では雪を避けるのではなく、利用する。太陽光を反射する雪の性質と、両面発電可能な太陽電池を組み合わせることで、出力を1.1〜1.3倍に高められるという。もはや雪は敵ではないのだ。(2013/12/17)

自然エネルギー:
実は有利なアルミ架台、信州伊那谷で2.2MWのメガソーラー
エクステリア建材を扱う企業グループが長野県伊那市にメガソーラーを建設した。ふだん業務で扱っているアルミ材を加工して架台に採用した点が特徴だ。なぜアルミ材なのだろうか。(2013/8/28)

失敗リスク高まった? 最近の起業事情
起業をするにあたり気になる「お金」。お金についての書籍『起業する前に読んでおきたい お金の本 小さな起業のファイナンス』の著者、原尚美さんにお話を伺いました。(2013/7/19)

目指せT字型人材! 中小企業エンジニアのスキルアップ(5):
これだけは知っておきたい! 「財務会計の勘所」
「仕事は忙しいのに、年収が上がらない」と思うのは、財務会計の知識が足りないせいかも? 今回は、「貸借対照表」「損益計算書」「株主資本等変動計算書」など、決算書の見方を覚えよう。(2013/4/30)

タブレット端末で中小企業の決算データ取得、日本公庫が試行へ
日本政策金融公庫とNTTデータは、中小企業の決算情報の取得・収集を電子化する取り組みを進める。(2012/6/4)

IT担当者のための業務知識講座(8):
深い業務知識が、信頼できる金融システム構築の鍵
システム開発には業務知識が不可欠。高度な信頼性・安定性が求められる金融システムの開発・運用では業務知識がより一層重要になる。(2012/3/14)

震災の影響、農家の3分の1が「現在もある」
東日本大震災とそれに伴い発生した津波、原発事故は、日本の国土に大きな被害を与えている。全国の農家の3分の1は、東日本大震災による経営への悪影響が「現在もある」と認識しているようだ。日本政策金融公庫調べ。(2012/3/12)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
住宅指標などを好感して底堅さも見られる
(2012/2/28)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
慎重な見通しの発表で売られるもQE3期待や買い戻しもあって、まちまちの展開
(2012/1/30)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
ダウ平均は堅調だが、ナスダック指数は冴えない展開
(2012/1/23)

働く女性の給与はいくら? 会社規模によって違い
働く女性はどのくらいの給与をもらっているのだろうか。日本政策金融公庫が、正社員と非正社員として働く女性の年収を調査した。(2011/12/27)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
クリスマスの振り替え休日で休場
(2011/12/27)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
欧州金融不安も薄らいで底堅い堅調な展開
(2011/10/21)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
一時大幅高となるなど堅調な展開
(2011/10/13)

放射性物質を懸念、37%が「影響ある産地で買わない」
福島第1原発の事故後、食品を購入するときに放射性物質を気にしている人はどのくらいいるのだろうか。原発事故後、影響があると考える地域の食品を「買わない」という人は37.0%であることが分かった。日本政策金融公庫調べ。(2011/9/5)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
金融緩和期待は強まり大幅高
(2011/8/29)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
景気回復鈍化懸念は根強く上値も限定的
(2011/6/10)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
好調な決算に商品相場の上昇を受けて大幅高
(2011/4/21)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
大震災の復興需要期待もあって週末の手仕舞い売りをこなして堅調
(2011/3/28)

経産省、被災した中小企業向け施策の広報体制を強化
日本商工会議所など中小企業関係機関のネットワークを活用して、経産省は被災した中小企業向けの施策情報を迅速に提供していく。(2011/3/16)

中小企業庁、被災企業の資金繰りなどを支援
東北地方太平洋沖地震の発生に伴い、中小企業庁は全国の中小企業に対する支援策を発表した。(2011/3/14)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
システム不具合や地政学リスクから売られ大幅下落
(2011/1/31)

年頭所感:
国を挙げて中堅・中小企業の海外展開を支援
売り上げの源泉を海外に求める中堅・中小企業。2011年、経産省や中小企業庁などは、中堅・中小企業に対して海外進出の支援、金融政策、人材育成や技術開発の支援などを行っていく。(2011/1/5)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
芳しくない経済指標の発表も値ごろ感からの買い戻しがあって堅調
(2010/8/26)

シリーズ“新借金地獄”の時代:
商工ローンの現場で何が起きているのか? 放置される“金融難民”
「商工ローン」と聞いて、あまり良いイメージを持っていない人も多いだろう。厳しい取り立てで社会問題にもなった商工ローンだが、かつての“勢い”はどこに行ってしまったのだろうか? とうこうの片岡社長が、業界を取り巻く現状について語った。(2009/8/4)

大出裕之の「まちと住まいにまつわるコラム」:
明日からあなたの親を介護することになったら?――老人ホーム“以外”の選択肢
高齢化が進む日本社会。需要が急速に高まっていることから、老人ホームには入居しにくい状況が続いている。そこで近年注目されているのが、「高専賃」という介護支援施設。ある程度の介護サービスを受けられながら、老人ホームより自由度が高い住宅なのだ。(2008/12/22)

輸入食品と比べ、何割高までなら国産食品を買う?
農林漁業金融公庫の調査によると、消費者の8割が食品を購入する時、原産地を確認している。輸入品の肉は購入しているものの、米は国産、有名ブランドがやはり人気が高い。(2007/8/31)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。