ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「じぶん銀行」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「じぶん銀行」に関する情報が集まったページです。

KDDIが電力サービス「じぶんでんき」の提供を開始 じぶん銀行の住宅ローン利用者向け(特典あり)
KDDIが、12月2日からじぶん銀行の住宅ローン契約者向けの電力サービスの提供を開始。じぶん銀行の住宅ローン利用者向けに行うもので、住宅ローンの金利を年0.03%引き下げるほか毎月の電気料金に対してau WALLET ポイントを還元する。(2019/12/2)

Mobile Weekly Top10:
新しいファーウェイスマホに「Google」は載せられるのか/料金だけが焦点ではない楽天モバイル
米商務省による制裁で、新しく開発されたスマートフォンにGoogleアプリをプリインストールできない状況にあるファーウェイ。今後、どうなるのでしょうか……。(2019/11/21)

じぶん銀行が「pring」「PayPay」と連携、対応決済サービスは7種に
じぶん銀行は、11月13日にスマホ決済アプリ「pring」「PayPay」との連携を発表。じぶん銀行口座からpringへの入出金が可能となり、口座から直接PayPayでの支払いができる口座振替サービスを行う。(2019/11/13)

石野純也のMobile Eye:
分離プランや改正法の影響は? ドコモとKDDIの決算を振り返る
NTTドコモとKDDIは、2019年度上期の決算説明会を開催した。ドコモは前年同期比で減収減益。KDDIは増収減益だが、2四半期単独の営業収益は増収に転じた。ドコモは分離プランを2019年6月に導入したのに対し、KDDIは先行して分離プランへのシフトを進めていたことで結果が分かれた。(2019/11/2)

将来的にはパーソナライズした商品を実現:
じぶん銀行社長に聞く「老後2000万円問題」――顧客第一主義を貫き資産運用を“再発明”する
金融庁の「老後資産2000万円」報告書がきっかけとなり、日本でも資産運用への関心が高まっている。一方、資産運用を始めようとしても、「投資は危険」「金融機関にだまされる」などといったネガティブな印象を抱いている人が多いのもまた現実だ。KDDIと三菱UFJ銀行が共同出資して設立したインターネット銀行・じぶん銀行の臼井朋貴社長にインタビューし、同行が金融機関として個人の資産運用をどのようにサポートしようとしているのか、そのビジョンを聞いた。(2019/10/17)

じぶん銀行、NECの本人確認サービス「Digital KYC」を採用 顔情報でキャッシュカード発送が最短で3営業日に
じぶん銀行はNECの金融機関向け本人確認サービス「Digital KYC」を採用。本人確認方法として顔情報を用いるアプリをリリースし、申し込みからキャッシュカード発送までの期間を最短3営業日に短縮した。(2019/9/27)

石野純也のMobile Eye:
新バンドルプランで5G時代の差別化を狙うau 改正法への対応にも注目
10月1日の施行が決まった改正・電気通信事業法に、一番乗りで対応したのはauだった。KDDIは、8月28日に新料金プランの「auデータMAXプラン Netflixパック」を9月13日から提供する。同プランは、5G時代を意識した内容になっている。その狙いを読み解く。(2019/8/31)

コード決済「au PAY」、auユーザー以外にも提供 「オープンなサービス」で拡大目指す
KDDIが、同社のコード決済サービス「au PAY」とプリペイドカード「au WALLET プリペイドカード」のサービスを、29日からauユーザー以外にも提供すると発表した。(2019/8/28)

「au PAY」と「au WALLET プリペイドカード」がキャリアフリーに 8月29日から
KDDIが提供するコード決済サービスとプリペイドカードが、auユーザー以外でも申し込めるように。利用額に応じた還元も行われる。(2019/8/28)

石野純也のMobile Eye:
auの「アップグレードプログラム」終了へ 9月のiPhone商戦で新たな割引施策も?
KDDIの2019年度第1四半期の業績は増収減益だったが、順調な進捗(しんちょく)だという。分離プランは1500万契約を超えたが、気になるのが端末購入補助だ。法改正に合わせて現行の「アップグレードプログラム」は終了するが、9月のiPhone商戦に向けて新たな施策を導入する可能性が高い。(2019/8/3)

KDDI、19年4〜6月期は増収減益 HUAWEIスマホの販売再開や、楽天参入に合わせた新プラン導入を検討へ
KDDIが19年4〜6月期の連結業績を発表。売上高が前年同期比2.0%増の1兆2461億円、営業利益が11.4%減の2558億円、最終利益は9.0%減の1626億円と増収減益だった。決算会見で高橋誠社長は、HUAWEIスマホの販売再開や、楽天参入に合わせた新プランの導入を示唆した。(2019/8/1)

「じぶん銀行」→「auじぶん銀行」に
KDDIは、傘下でネットバンキングを提供する「じぶん銀行」の社名を、来年2月に「auじぶん銀行」に変更する。KDDIは今年4月、じぶん銀行への出資比率を引き上げて連結子会社化していた。(2019/7/31)

じぶん銀行が「auじぶん銀行」へ名称変更
じぶん銀行が2020年2月9日に「auじぶん銀行」に商号を変更。KDDIグループの連結子会社となったことを受け、auのスマートマネー構想を推進。(2019/7/29)

じぶん銀行、2020年2月9日から「auじぶん銀行」に商号変更
じぶん銀行が、2020年2月9日に、商号を「auじぶん銀行」に変更する。2019年7月26日に開催された、じぶん銀行の取締役会で決定した。じぶん銀行は、auフィナンシャルホールディングスの「スマートマネー構想」を推進していく。(2019/7/29)

“値下げ”しても業績伸ばす――KDDI、19年度は増収増益予想 ドコモと真逆の展開に
KDDIの19年3月期の連結業績は増収増益だった。20年3月期は値下げした新プランをリリースするが、すでに利益への影響があったとしてさらなる増収増益を予想。値下げの影響で減収減益を予想するNTTドコモとは対照的な展開が見込まれる。(2019/5/16)

「じぶん銀行スマホデビット」が発行1万件を突破 最大20%キャッシュバックも
じぶん銀行は、カードレスのデビット決済サービス「じぶん銀行スマホデビット」がサービス開始から約1週間で発行件数1万件を突破したと発表。新規発行し、合計1万円以上利用した全員の利用金額を最大20%キャッシュバックするキャンペーンも行う。(2019/5/7)

「au PAY」で買い物をしてみた 新アプリの使い勝手や不満点は?
4月9日にスタートした「au PAY」は、au WALLETの残高を使う決済サービス。何ができて、何ができないのか? 競合他社にはない魅力は? 早速使ってみたので、アプリの使い勝手も含めてレビューしたい。(2019/4/12)

「au PAY」スタート ローソンや家電量販店でキャンペーンも
KDDIのコード決済「au PAY」が、4月9日にスタートした。auユーザーは、「au WALLET」アプリをアップデートすることで利用可能になる。利用できる店舗は、コンビニエンスストアや家電量販店が中心。(2019/4/9)

モバイル決済の裏側を聞く:
「まずはポイントを動かしてほしい」 KDDIに聞く、スマホ決済「au PAY」の狙い
KDDIのコード決済「au PAY」が4月9日にスタートした。コード決済は、「PayPay」「d払い」「LINE Pay」「楽天ペイ」など競合がひしめく中で、KDDIはどのような戦略で臨むのか。KDDI ライフデザイン事業本部 新規ビジネス推進本部 副本部長の中井武志氏に話を聞いた。(2019/4/9)

石野純也のMobile Eye:
後発だが勝機あり? スマホ決済「au PAY」の狙いと課題
4月9日にスタートする「au PAY」は、キャリアとして最後発になるQRコード決済。FeliCaなどの非接触決済と比べ、導入が容易なことから、キャリア以外からもさまざまなプレーヤーが参画している。あえてKDDIがau PAYを開始する勝算はどこにあるのか?(2019/4/6)

全容が見えた「au PAY」 競合サービスにはない特長とは?
コード決済「au PAY」が4月9日にスタートする。競合の「○○ペイ」にはない強みはどこにあるのか? 既に物理カードの決済サービスや非接触決済サービスを提供しているKDDIが、なぜコード決済を提供するのか?(2019/4/4)

「au PAY」スタート 最大26.5%還元キャンペーンも
「ポイントで“資産運用”」サービスも。(2019/4/4)

「後発だが勝算あり」 コード決済「au Pay」4月9日スタート 最大26.5%ポイント還元も
4月9日にコード決済サービス「au PAY」がスタートする。乱立するコード決済サービスで勝算は?(2019/4/4)

スマホ決済「au PAY」が4月9日に開始 最大26.5%還元のキャンペーンも
KDDIが、QRコード/バーコード決済サービス「au PAY」を4月9日に開始する。「au WALLET」アプリの画面に表示されたQRコードやバーコードから決済する。最大26.5%を還元するキャンペーンを4月15日以降、順次実施する。(2019/4/4)

JCBデビットを採用:
「じぶん銀行スマホデビット」がサービス開始 Androidは「QUICPay+」にも対応
じぶん銀行の「スマホデビット」が、4月3日にサービスを開始した。同社の預金口座を持っていれば、最新の「じぶん銀行」アプリからネット決済専用のJCBデビットカードを即時発行できる。Androidスマートフォンならデビットタイプの「QUICPay+」も利用できる。【追記】(2019/4/3)

ふぉーんなハナシ:
スマホ×カード 組みあわせで“明暗”が分かれる非接触決済
Apple Pay対応のiPhoneや、おサイフケータイ対応のAndroidスマートフォンを買ったら、非接触決済を使ってみたいですよね。でも、持っているスマホとカードの組みあわせによっては、使えないこともあるのです……。(2019/2/14)

スマホ中心の金融を目指して――「auフィナンシャルホールディングス」4月発足 傘下企業のブランドは「au」に統一
スマホを中軸に据えた金融事業を展開すべく、KDDIが同事業を統括する中間持株会社を設立。傘下の関連会社は「au」を冠する社名に変更する(一部許認可取得後)。(2019/2/12)

「スマホ中心」がキーワード:
金融事業に本腰のKDDI、スマホ決済のキャリアフリー化・カブコム出資など発表
KDDIがオンライン金融ビジネスを強化する取り組み「スマートマネー構想」を発表。「au WALLETアプリ」の用途を広げ、預金、送金、決済、ローン、投資、保険の契約などにも対応する。実現に向け、決済サービスのキャリアフリー化と、カブドットコム証券への出資などを行う。(2019/2/12)

CEATEC JAPAN 2018:
じぶん銀行、口座開設や取引で「顔認証」 2019年夏をめどに導入へ
じぶん銀行が、口座開設や取引をする際に、顔認証を導入する予定。CEATEC JAPAN 2018の三菱UFJフィナンシャル・グループのブースでデモを行っている。顔認証はNECの技術を活用している。(2018/10/16)

「安易な萌えキャラでオタク釣るな」と言われ:
じぶん銀行が「ガチで萌える」2次元美少女の行員を作りこむ深い訳
じぶん銀行がカードローンPRのため2次元美少女行員「小鳥遊つぐみ」を起用。Twitterでつぶやく「中の人」も若手女子行員にしてリアルさを追求。マスCMでなく若い男性層に特に刺さる戦略を取る。(2018/9/7)

モバイル決済の裏側を聞く:
手数料0%よりも“顧客体験”が重要 みずほ銀行のモバイル決済戦略を聞く
みずほ銀行が、Android向けに銀行口座直結の決済サービス「スマートデビット」を提供。iOS向けには、JR東日本と提携して「Mizuho Suica」も開始した。みずほ銀行は、モバイル決済に関してどのような戦略を持っているのだろうか?(2018/8/24)

続々増える「モバイル決済」 どんなものがある?(バーコード編)
最近、スマートフォンや携帯電話を使う「モバイル決済」のサービスが急増している。「昔ながら」のおサイフケータイを使うものはもちろん、バーコードやQRコードを使ったものも多い。この記事では、バーコードやQRコードを使った「バーコード決済」の方法を紹介する。(2018/7/25)

モバイル決済の裏側を聞く:
2018年度中にQRコード決済市場に参入 KDDIが「au WALLET」で“次”を目指す理由
KDDIは2014年に「au WALLET構想」を掲げ、「au WALLETカード(プリペイド)」を提供。後にはクレジットカードの発行も開始し、同社のビジネスの軸の1つとなりつつある。2018年度中にはQRコード決済も提供予定。そんな同社の決済戦略を聞いた。(2018/7/6)

じぶん銀行、2019年春に「スマホデビット」決済を開始 QUICPay+で支払い
じぶん銀行が、2019年春に「じぶん銀行スマホデビット」決済サービスを開始する。買い物をすると、じぶん銀行の口座からそのまま引き落とされる。QUICPay+対応店舗とオンラインで利用できる。(2018/6/26)

「ブロッキング」にも異なる見解:
ポイント、決済、投資――携帯キャリアが磨く「通信以外」の武器
大手携帯キャリアの2018年3月期決算が出そろった。各社の社長は決算会見でポイント、決済、投資などに注力し、さまざまな分野での収益拡大を図る方針を明らかにした。「漫画村」などの海賊版サイトへのブロッキングについても方針を語った。(2018/5/11)

一問一答:
初の決算会見に臨んだKDDI高橋新社長、「ブロッキング」「楽天参入」にコメント
KDDIが2018年3月期の決算会見を開催。4月からKDDIの新社長に就任した高橋誠氏が登壇し、報道陣との質疑応答に応じた。海賊版サイトのブロッキング問題や、楽天の参入についても言及した。(2018/5/10)

「通信」と「ユーザー」を中心にワクワクを提供し続ける――KDDI・高橋新社長就任会見
4月1日、KDDIの新社長に高橋誠氏が就任した。4月5日に行われた就任記者会見の模様をお伝えする。(2018/4/5)

「通信とライフデザインの融合」 KDDI高橋新社長はキャッシュレス、AR/VRに意欲
KDDIの新社長、高橋誠氏は「通信とライフデザインの融合」の方針へ舵を切る。通信事業を軸に、キャッシュレス、AR/VRなど体験を重視したサービスを提供し、顧客を取り込む。(2018/4/5)

au WALLET プリペイドカードに残高不足分を即時チャージする「リアルタイムチャージ」機能が追加
4月5日から、「au WALLET プリペイドカード」の残高不足時にその場で不足分をチャージする「リアルタイムチャージ」のサービスが始まった。じぶん銀行口座の保有者が対象で、携帯電話番号による「個人間送金」とプリペイド残高の「口座への払い出し」も可能となった。(2018/4/5)

サッカー本田選手とタッグも:
KDDIが提案する「ワクワク」とは? 高橋新社長が就任会見で語ったこと
4月1日付でKDDIの新社長に就任した高橋誠氏が会見を開催。「KDDIを“ワクワクを提案し続ける会社”にしたい」と決意を語った。サッカーの本田圭佑選手とタッグを組んだ新施策なども相次いで発表した。(2018/4/5)

最大200ポイントを付与する「au STARじぶん銀行特典」、6月で終了
「au STAR」会員に「WALLETポイント」をプレゼントする「au STAR じぶん銀行特典」が、2018年6月30日に終了する。auの契約年数が長い人ほど多くのポイントが付与される。なぜ終了するのか?(2018/3/29)

金融を変えたデジタルトランスフォーメーション(DX):
PR:「じぶん銀行」を成功に導いた“こだわり”
(2018/3/19)

AIが月内の安値を予測!:
じぶん銀行、「AI外貨自動積立」を開始
KDDIと三菱東京UFJ銀行が共同出資するネット銀行、じぶん銀行は3月11日、人工知能(AI)を活用した外貨普通預金の自動積立サービスを開始した。AIを活用した外貨自動積立のサービスとしては邦銀初。(2018/3/13)

「Teradata PARTNERS Conference 2017」レポート:
「イベントベースドマーケティング」とは何か?――じぶん銀行の事例
金融ニーズの発生を顧客の行動から判断し、最適な金融商品を最適なタイミングで提案する「イベントベースドマーケティング(EBM)」について、じぶん銀行の事例を紹介する。(2017/11/29)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
「Amazon Echo」5つのおすすめスキルとその理由
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はAmazon Echoで使えるAlexaスキルについての筆者の考察と、おすすめのスキル5つをその理由も含めて紹介する。(2017/11/21)

じぶん銀行からLINE Payにチャージ可能に
LINE Payは、9月19日にじぶん銀行と連携。じぶん銀行の口座からLINE Payへのチャージが可能となった。ネット銀行とのチャージ連携は今回が初となり、連携銀行は全48行へと拡大した。(2017/9/19)

「AI外貨予測」提供開始:
銀行なのに“面白さ”追求 じぶん銀行の狙いとは
じぶん銀行は、人工知能(AI)が為替相場の変動を予測するサービス「AI外貨予測」の提供を開始。外貨預金を始めるきっかけを提供する。客に親しみや関心を持ってもらうためのコンテンツの1つにする狙いもある。(2017/7/25)

石川温のスマホ業界新聞:
au WALLETプリペイドカードがApple Payに対応――JR東日本と組み、クレカを持てない若年層を開拓できるか
au WALLTETプリペイドカードが「Apple Pay」に対応した。それに合わせて、KDDIはJR東日本と共同でiPhone用「Suica」との併用を促すキャンペーンを実施する。クレジットカードを持てない(持たない)若者層のユーザー獲得につながるか。(2017/7/14)

じぶん銀行、為替相場を予測する「AI外貨予測」提供開始
じぶん銀行は人工知能が外国為替相場を分析し、将来の為替相場変動を予測するサポートツール「AI外貨予測」を提供開始。「じぶん銀行スマートフォンアプリ」で利用できる。(2017/6/28)

脱Accessで作業速度が5倍――ネット専業「じぶん銀行」のデータ活用法とは?
スマートフォンでATMを利用できるようにするなど、インターネット銀行ならではの施策を次々と打ち出している「じぶん銀行」。同行が今、目指しているのはDWHを活用した「1to1マーケティング」だという。(2017/6/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。