ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「じぶん銀行」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「じぶん銀行」に関する情報が集まったページです。

最大30%還元の施策を見逃すな スマホ決済1月〜2月のキャンペーンまとめ【2022年1月23日】
2022年1月〜2月に開催のスマホ決済キャンペーンをまとめた。PayPayは2月1日からスーパーマーケットやドラッグストアで最大30%還元のキャンペーンを開催する。KDDIも2月1日から「たぬきの大恩返し 春」で最大10%を還元する。(2022/1/23)

モバイル決済の裏側を聞く:
KDDIに聞く「au PAY」戦略 苦境の加盟店に寄り添い、アプリの機能改善も進める
au PAYは、共通ポイントのPontaと連携することで利用シーンの拡大を図っている。コロナ禍で店舗運営が厳しい状況を鑑み、加盟店向けには手数料を2022年9月まで無料としている。au PAYアプリはUIも改善しながら機能強化を進めている。(2022/1/20)

au PAYアプリを刷新、起動後すぐコード決済が可能に
KDDIは、1月25日以降順次「au PAY」のアプリをリニューアル。アプリ起動時にホーム画面へバーコードとQRコードが表示されるようになり、各サービスへのアクセスも容易となる。(2022/1/19)

「スマートマネー構想」を推進:
KDDI、au PAY アプリを刷新 ホーム画面にバーコードとQR表示で利便性向上
KDDIが、コード決済サービス「au PAY」アプリのデザインをリニューアルすると発表した。(2022/1/19)

auじぶん銀行、au PAY 残高のオートチャージで最大5万円当たるキャンペーン
auペイメントとauじぶん銀行は、1月18日から「オートチャージで現金が当たる!新春au PAYチャージキャンペーン」を開催。auじぶん銀行口座からau PAY 残高へ合計5000円以上オートチャージすると抽選で最大5万円が当たる。(2022/1/18)

auじぶん銀行、最大1万円もらえる紹介キャンペーン
auじぶん銀行は、1月11日から「ご家族・ご友人紹介キャンペーン」を開催。条件を満たすと紹介1人ごとに2000円をプレゼントし、紹介されたユーザーも条件達成で1000円をプレゼントする。(2022/1/11)

満足度の高い「銀行カードローン」ランキング PayPay銀行を抑えた1位は?
oricon MEは、「銀行カードローン」「ノンバンクカードローン」の満足度調査を発表した。銀行カードローンの満足度ランキング1位は3年連続となった。ノンバンクカードローンでは「オリックス・クレジット」が1位に選ばれた。(2022/1/6)

楽天銀行、預金残高7兆円を超える
楽天銀行は、2021年12月末に預金残高が7兆円を超えたことを発表した。6月末に6兆円を超えてから、半年で1兆円を積み増した。ネット銀行の中では、口座数は最多となる1100万を超えている。(2022/1/5)

auじぶん銀行、優遇制度「じぶんプラス」をリニューアル 毎月の取引でPontaポイント付与
auじぶん銀行は、2022年4月1日から優遇制度「じぶんプラス」をリニューアル。現在よりもステージアップしやすい条件になり、毎月の取引に応じてPontaポイントが貯まる特典を追加する。(2021/12/13)

auじぶん銀行、優遇制度「じぶんプラス」改定 Pontaポイント付与
auじぶん銀行は12月13日、顧客優遇制度「じぶんプラス」を2022年4月1日に改定すると発表した。新たに取引に応じてPontaポイントが貯まる仕組みを盛り込む。また、無料振り込み回数の優遇条件などを緩める。(2021/12/13)

楽天銀行と楽天証券の口座連携「マネーブリッジ」、300万口座到達
楽天銀行と楽天証券は、両社の口座を連携して利用できる「マネーブリッジ」の設定数が300万口座を突破したと発表した。200万口座突破から11カ月で100万口座増加した。(2021/12/8)

年末も20%〜50%還元のお得な施策が続く スマホ決済12月のキャンペーンまとめ【2021年12月5日】
2021年12月もスマホ決済キャンペーンが充実しており、ボーナス商戦を盛り上げそうだ。au PAYでは、最大20%還元の「たぬきの大恩返し 冬」も見逃せない。d払いは最大50%を抽選で還元するキャンペーンも行う。(2021/12/5)

PayPay銀行、アプリでATM入出金 ローソン銀行に拡大
PayPay銀行は11月29日、アプリを使ってATMで現金の入出金ができる「カードレスATM」機能を拡大し、セブン銀行に続きローソン銀行でも利用可能にした。(2021/11/29)

「超PayPay祭」は28日まで、高還元率の施策にも注目 スマホ決済キャンペーンまとめ【2021年11月22日】
2021年11月も年末まで実施されるキャンペーンや、初回利用者を呼び込むキャンペーンなどが続く。PayPayは、11月28日まで開催している「超PayPay祭」に注目。年末にかけて楽天ペイ、楽天Edy、楽天ポイントのキャンペーンも充実している。(2021/11/22)

auじぶん銀行、au PAY 残高へチャージすると抽選で最大5万円をプレゼント
auじぶん銀行は、11月19日〜12月31日に「現金プレゼント!冬のau PAYチャージキャンペーン」を開催。auじぶん銀行口座からau PAY 残高へ合計1万円以上チャージした利用者の中から、抽選で最大5万円をプレゼントする。(2021/11/19)

ソニー銀行、預金残高3兆円到達
 ソニー銀行は、2021年9月末時点で預金残高(円預金、外貨預金合計)が3兆円に達したと発表した。口座数は163万件となる。(2021/11/16)

住信SBIネット銀行 預金口座数500万口座を突破
 住信SBIネット銀行は11月11日、代表口座の預金口座数が500万口座を突破したと発表した。(2021/11/15)

Mobile Weekly Top10:
「AQUOS zero6」「AQUOS sense6」登場/「Xperia 5 III」には日本限定色あり
iPhone 13シリーズの話題が落ち着いた今日この頃。今度はAndroidスマートフォンの新モデルのターンです。やはりAQUOSとXperiaの注目度は高いですね……。(2021/10/7)

20〜50%還元が継続、「超PayPay祭」も注目 スマホ決済10月のキャンペーンまとめ
2021年10月のスマホ決済キャンペーンも、20〜50%還元のものが目立つ。10月18日〜11月28日に開催される大規模キャンペーン「超PayPay祭」では、多数の加盟店がクーポンを配信し、オンラインショップでもキャンペーンを行う。ドコモはd払いを初めて利用すると50%を還元するキャンペーンを実施している。(2021/10/5)

振込手数料競争勃発、GMOあおぞら、住信SBI銀が追加値下げ 最安は75円に
10月に全国銀行資金決済ネットワーク(全銀ネット)が銀行間手数料を引き下げることを受けて、各銀行で振込手数料引き下げの動きが進んでいる。特にネット銀行においては、「最安」の座を巡って最後まで値下げ競争が続いている。(2021/9/30)

auじぶん銀行、5000円以上チャージで最大2万Pontaポイントをプレゼント
auじぶん銀行は、9月29日〜10月31日に「預金残高2兆円到達記念!最大2万ポイントプレゼントキャンペーン」を開催。auじぶん銀行口座からau PAY残高へ合計5000円以上チャージした人が対象となる。(2021/9/29)

povoの乗換方法も:
刷新したUQ mobileのプランとpovoはどちらがお得? 20GBで月額2728円プランを比較
UQ mobileは夏から9月2日にかけて段階的に料金プランを刷新し、auからより乗り換えやすくなった。オンライン専用プラン「povo」もあるが、UQ mobileの方がサービス面は充実している。povoは、使い放題24時間などのトッピング(オプション)をうまく活用できる上級者向けサービスという側面が強い。(2021/9/8)

Mobile Weekly Top10:
「Xperia 1 III」の“いいところ”と“不満点”/スマホはやっぱりカメラで選ぶ?
ソニー製の5Gスマートフォン「Xperia 1 III」は、いろいろな機構を備えるハイエンドモデルです。その“いいところ”と”不満点”をまとめた記事がとても良く読まれました。(2021/9/6)

PayPayは最大10万円還元、20%〜50%還元も充実 スマホ決済9月のキャンペーンまとめ
2021年9月もスマホ決済キャンペーンラッシュが続く。ネットユーザー必見なのが、1等で100%還元となる「秋のペイペイジャンボ(オンライン)」。初回利用でユーザーを呼び込もうとするキャンペーンも充実している。(2021/9/6)

石川温のスマホ業界新聞:
auじぶん銀行が通常の200倍となる金利優遇策を発表 ――「2年縛り」を総務省に塞がれる中、金融商品での囲い込みが本格化
auじぶん銀行が、au PAYとの口座連携をすると円建ての普通預金口座の金利を0.2%(税引き前)とする優遇プログラムを開始した。総務省の政策の影響もあり、今後は金融サービスを使った「囲い込み」が増えそうな状況だ。(2021/9/3)

auじぶん銀行、預金残高2兆円突破
auじぶん銀行は8月31日時点での預金残高が2兆円を突破したと発表した。1兆円から2兆円到達までは2年8カ月。開業から1兆円に到達するまでは10年6カ月かかっていた。(2021/9/1)

auじぶん銀行のスマホデビット、抽選で2000人に20%還元
auじぶん銀行は、9月1日〜9月30日に「スマデビ夏の大還元祭!〜抽選で2000名さまに20%キャッシュバックキャンペーン〜」を開催。抽選で2000人に利用金額の20%(上限2000円)をキャッシュバックする。(2021/9/1)

GMOあおぞら銀、振込手数料さらに値下げ86円に スタートアップ企業向け特典も
GMOあおぞら銀行は8月31日、他行宛ての振込手数料をさらに値下げし、個人の場合で86円とすると発表した。これまでの発表の中では、住信SBIネット銀行の88円を抜いて最安値となると見られる。(2021/8/31)

石野純也のMobile Eye:
手数料だけでは成り立たないスマホ決済 それでも各社が注力する理由とは?
スマホ決済が転換期を迎えている。PayPayは2022年10月から決済手数料の有料化に踏み切る。対する楽天グループの楽天ペイは、PayPayの有料化に乗じた形で中小店舗に対する手数料を1年間無料化する。KDDIはグループの金融事業との連携を強化する方針を示した。(2021/8/28)

auじぶん銀行、円普通預金の金利を0.2%に au PAYなどの連携で優遇
auじぶん銀行が、auの金融サービスと連携することで、円普通預金の金利を0.2%とする優遇施策を9月1日に開始する。au PAYやau PAY カードなどと口座連携することが条件。au PAY 残高からauじぶん銀行に自動的に資金を移動する払出機能も提供する。(2021/8/26)

auじぶん銀行、普通預金金利200倍に 金利優遇でグループ間連携進める
auじぶん銀行が、auグループとのさらなる連携を進める。au PAY、au PAYカード、auカブコム証券とそれぞれ連携したユーザーを対象に、9月1日から普通預金金利を0.2%に優遇する。現在、一般的な普通預金金利は0.01%であり、200倍の優遇措置となる。(2021/8/26)

ゆうちょ銀行、振込手数料一律165円に値下げ ただし11月1日から
ゆうちょ銀行は11月1日から、インターネットバンキングに限り振込手数料を一律165円に値下げする。従来は、5万円未満が220円、5万円以上が440円だった。(2021/8/24)

住信SBIネット銀行、振込手数料を88円に 現時点で最安か
住信SBIネット銀行は10月1日から、他行宛ての振込手数料を一律88円に引き下げると発表した。従来は157円だった。また、利用に応じて振込手数料を無料とする「スマートプログラム」も引き続き提供する。(2021/8/24)

auじぶん銀行、振込手数料を引き下げ 他行あてが99円からに
auじぶん銀行は、10月1日から他行あて振込手数料の引き下げを実施。三菱UFJ銀行を除き、PCやスマートフォン(アプリ含む)からの振込手数料を一律1回99円(税込み)、電話での振込は1回204円(税込み)に改定する。(2021/8/19)

auじぶん銀行、10月から振込手数料を99円に
auじぶん銀行は8月19日、10月1日から他行宛ての振込手数料を改定し、99円に値下げする。auじぶん銀行宛て、三菱UFJ銀行宛ては従来通り無料とする。また、同社の利用状況に応じて、振込手数料が月間1〜15回まで無料になる優遇措置も提供する。(2021/8/19)

住信SBIネット銀行、住宅ローン取り扱い額 7兆円突破
 住信SBIネット銀行は8月6日、住宅ローン取り扱い額が7兆円を突破したと発表した。2007年9月の営業開始から13年10カ月での突破となる。(2021/8/10)

oricon MEが調査:
満足度の高い「住宅ローン」ランキング 11年連続で1位を獲得したのは?
oricon ME(東京都港区)が住宅ローンに関する満足度ランキングを発表した。11年連続で1位を獲得したのは?(2021/8/2)

Mobile Weekly Top10:
「Xperia 1 III」が一番安いキャリアは?/最近フィッシング目的のメールやSMSが多い件
7月9日、ソニー製スマートフォン「Xperia 1 III」がNTTドコモ、au、ソフトバンクから発売されました。ミリ波対応と高性能なカメラを備えるせいか、価格は高め。少しでも安く買いたい場合、どのキャリアがいいのか迷いますよね……。(2021/7/14)

徳丸 浩氏に聞く「サイバー局」創設の意義とは 国内セキュリティ事情から考える
中国やロシアといった国家を後ろ盾に、ボーダーレスなサイバー攻撃が盛んになってきている今、これらの攻撃に対抗するため警察庁は2022年度に「サイバー局」を新設する構想を明らかにした。その意義とはどのようなものか。Webセキュリティ専門家の徳丸氏に聞いてみた。(2021/8/6)

楽天銀行、預金残高6兆円突破 半年で1兆円増加 口座数も1100万突破
楽天銀行は、2021年6月末に預金残高が6兆円を突破したと発表した。併せてインターネット銀行として初めて口座数が1100万を突破するなど、順調に口座数を伸ばしている。(2021/7/6)

auじぶん銀行、ローソン銀行ATMで「スマホATMキャンペーン第3弾」 合計200万Pontaポイントを山分け
auじぶん銀行とローソン銀行は、7月5日〜8月31日に「スマホATMキャンペーン第3弾!」を実施。ローソン銀行ATMで「スマホATM」での入出金を利用し、応募したユーザーで合計200万Pontaポイントを山分けする。(2021/7/5)

auじぶん銀行、住宅ローン融資額1兆5000億円突破 auとのセットサービスが効果
auじぶん銀行は6月28日、住宅ローン融資の実行額が累計で1兆5000億円を突破したと発表した。(2021/6/29)

スマホ決済や6Gの動きで遅れていないか? +メッセージの開放は? KDDI株主総会の質疑応答
KDDIが6月23日、第37回定時株主総会を開催した。2021年度はKDDIにとって、中期経営計画の最終年度に位置付けられる。高橋誠社長は、「マルチブランドによる5G利用の積極促進」「au経済圏拡大の取り組み」「社会のデジタル化推進に向けた取り組み」という3つの柱を改めて説明した。(2021/6/24)

コンサル入れず、2年で導入:
KDDIがジョブ型雇用で社員に求める変化──脱「同世代横並び・年功序列」の先にあるキャリア観とは?
KDDIが、全社員を対象にジョブ型人事制度の導入を進めている。これまでの「同世代横並び・年功序列」を脱して、社員にどのような働き方を求めるのか?(2021/6/24)

au、MUFGグループとのシナジーをどう生かす? auカブコム証券、石月貴史新社長
ネット証券大手のauカブコム証券が、17年ぶりに社長交代した。新社長はKDDI傘下のauフィナンシャルホールディングス専務も務める石月貴史氏だ。(2021/6/8)

半径300メートルのIT:
用意周到になるスミッシング詐欺 企業と利用者はSMSとの付き合い方を考えよう
SMSを悪用したフィッシング詐欺で新たな手法が注目を集めています。市場の動向を取り入れたと思われるこの手口はもはや“ビジネス”と呼べるほど用意周到です。SMSの利用者や、サービスの仕組みにSMSを導入したい企業はどのように対策を講じていけばいいのでしょうか。(2021/5/18)

石野純也のMobile Eye:
新料金プランが好調も、値下げの影響をどうカバーする? 4キャリアの決算を振り返る
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの2020年度決算と、楽天の第1四半期決算が出そろい、新料金プラン導入後の状況が徐々に見えてきた。中でも、オンライン専用の料金プランは各社とも好調に推移していることがうかがえる。それに伴う減収影響も徐々に拡大していく見込みだが、非通信領域でカバーしていく。(2021/5/15)

povoは「100万契約が見えてきた」とKDDI高橋社長 UQ mobile統合は「やってよかった」
2020年度のKDDIは、金融やコマースなどの非通信領域が好調で増収増益となった。通信サービスはau、povo、UQ mobileのマルチブランドで展開し、いずれも5Gサービスを積極推進していく。携帯料金値下げの影響は600億〜700億円ほどだが、2021年度も非通信領域でカバーしていく。(2021/5/14)

ドコモと三菱UFJ銀行が業務提携 2022年中にdポイントがたまる「デジタル口座サービス」を開始へ 合弁会社の設立も検討
NTTドコモと三菱UFJ銀行が、デジタル金融サービスの提供を目的とする業務提携契約を締結した。2022年中に新しいデジタル口座サービスの提供を開始する他、金融サービスの企画や開発、データの利活用を目的とする合弁会社の設立などを検討する。(2021/5/11)

auじぶん銀行のスマホアプリでアクセス障害 Webサイト経由の利用を呼び掛け
auじぶん銀行のスマートフォンアプリ「じぶん銀行」(iOS/Android)からのアクセスがしづらい状態になっている。インターネットバンキングは利用可能。(2021/5/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。