ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「情マネ流マーフィーの法則」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「情マネ流マーフィーの法則」に関する情報が集まったページです。

情マネ流マーフィーの法則(42):
情マネ流マーフィーの妖誤集〜その3
(2011/9/12)

情マネ流マーフィーの法則(41):
情マネ流マーフィーの妖誤集〜その2
(2011/8/29)

情マネ流マーフィーの法則(40):
情マネ流マーフィーの妖誤集
これまで、ITにかかわるさまざまな法則を紹介してきた。今回から3回に分けて、誤解されやすい用語や概念を独自の視点で定義・紹介する。(2011/8/17)

情マネ流マーフィーの法則(39):
情報科学の法則を復習しよう
IT分野にも数多くの素晴らしい法則が存在する。今回は、ITに関する法則を筆者なりに解釈して紹介する。(2011/7/27)

情マネ流マーフィーの法則(38):
社会科学法則の「情マネ流マーフィー」への適用
自然科学や社会科学には多くの法則が存在する。それらをコンピュータやITの世界に当てはめてみるとどうなるのか? 前回から数回にわたって「情マネ流マーフィーの法則」を自然科学や社会科学などの観点から考察する。(2011/7/11)

情マネ流マーフィーの法則(37):
自然科学法則の「情マネ流マーフィー」への適用
自然科学や社会科学には多くの法則が存在する。それらをコンピュータやITの世界に当てはめてみるとどうなるのか? 今回から数回にわたって「情マネ流マーフィーの法則」を自然科学や社会科学などの観点から考察する。(2011/6/22)

情マネ流マーフィーの法則(36):
コンピュータが発展すると人間はバカになる
コンピュータが業務で利用されるようになって50年近くがたつ。その過程において、ハードウェアやソフトウェアは驚異的に進歩したが、それに反比例するかのように、利用する人間側が“考えること”を止めてしまっているようだ。今回は、省脳力化に関する法則を紹介する。(2011/5/31)

情マネ流マーフィーの法則(35):
バグとの長い長い付き合い
ソフトウェア開発にバグはつきものだ。プログラマであれば、バグに関する思い出の一つや二つはあるだろう。しかし、近年の短納期化やコスト重視の影響で、デバッグやテスト工程の様相は昔とは大分変わってきた。今回は、バグに関する法則を紹介する。(2011/3/10)

情マネ流マーフィーの法則(34):
なぜソフトウェアの部品化/再利用は進まないのか?
ソフトウェア開発において、部品化/再利用は永遠の課題とも言える。昨今ではオブジェクト指向やSOAが注目されているが、本格的に普及しているとは言い難い。では、なぜソフトウェアの部品化は進まないのだろうか。今回は部品化/再利用に関する法則を紹介する。(2011/1/12)

情マネ流マーフィーの法則(33):
“バカ・マジメ”をメンバーに入れるな!
プロジェクトの成否はメンバー選定で大部分が決まると言っても過言ではない。そんなメンバー人選で決して選んでは人種がいるという……。今回はチームメンバー人選に関する法則を紹介する。(2010/12/15)

情マネ流マーフィーの法則(32):
なぜIT部門は提案できない/しないのか?
経営者は、システム部門に常々「IT部門からの提案を期待している」と言う。しかし、経営者からシステム部門に提案されることはない。なぜだろうか。今回はIT部門と提案に関する法則を紹介する。(2010/12/1)

情マネ流マーフィーの法則(31):
ユーザーニーズを基にシステムを作るな
システム部門がシステムを構築する際、ユーザーの業務を理解し、的確にユーザーニーズを満たすことが重要だと言われている。しかし、ユーザーは往々にして自分のニーズを理解していないことが多いのだ。今回はユーザーニーズに関する法則を紹介する。(2010/11/18)

情マネ流マーフィーの法則(30):
成果の出ないIT戦略
IT戦略は経営戦略と整合性を持つはずだが、経営戦略をIT戦略に展開するのは難しい。それはなぜだろうか。(2010/9/13)

情マネ流マーフィーの法則(29):
IT技術者、どう評価する?
IT業界においてエンジニアの能力やスキルを評価する方法は難しい。今回は、IT技術者にまつわる法則を取り上げる。(2010/8/18)

情マネ流マーフィーの法則(28):
何かが足りない日本のIT教育政策
IT人材の育成に向けた国家戦略として、高校で「情報」の科目を必修にするなど、さまざまな取り組みがなされているが、その内容については疑問が多い。今回は、IT教育政策にまつわる法則を取り上げる。(2010/7/14)

情マネ流マーフィーの法則(27):
電子政府の研究はIT推進の教科書として最適だ
日本政府が構築したITシステムの多くは極めて利用率が低い。民間企業では考えられないことだが、これを失敗とするどころか、次のプロジェクトでシステム利用率を上げるための施策が平然と行われる。(2010/6/15)

情マネ流マーフィーの法則(26):
日本にはびこる素人CIO
経営とIT部門の橋渡しとしてCIOという役職を設ける企業は日本でも増えてきている。しかし実情はITに疎い素人CIOやほかの役職との兼任CIOがほとんどだ。今回はCIOに関する法則を紹介する。(2010/5/25)

情マネ流マーフィーの法則(25):
IT部門の戦略部門化は矛盾だらけ
「ITは不可欠だ」と語るのに、IT部門との距離を縮めようとしない経営者は多い。今回はIT部門の戦略部門化に関する法則を紹介する。(2010/4/9)

情マネ流マーフィーの法則(24):
なぜIT部門アウトソーシングがうまくいかないのか?
社内IT部門のアウトソーシングや分社化をしたものの、期待した効果が出ない場合が多い。今回はアウトソーシングや分社化の法則を紹介する。(2010/3/23)

情マネ流マーフィーの法則(23):
IT部門の社内的地位が低い“本当の原因”は?
ほとんどの企業のITシステム部門員の悩みは“なぜか社内地位が低い”ということだ。では、なぜIT部門の社内地位が低いのか。今回は、IT部門の社内地位についての法則を紹介する。(2010/2/2)

情マネ流マーフィーの法則(22):
役に立たないグループウェア
SaaS型も登場し、中小企業から大企業まで幅広く普及したグループウェア。単なるスケジューラーとしてだけではなく、情報共有や生産性の向上などさまざまな効果が期待されているが、実際に使いこなすのは難しい。今回はグループウェアに関する法則を紹介する。(2010/1/12)

情マネ流マーフィーの法則(21):
ユーザーの過度体裁愛好症が問題だ
前回、EUCの落とし穴として、ユーザーがIT部門に必要以上に助けてもらう体質が抜けず、IT部門もそれを助けてしまっているケースに対する法則を紹介した。今回もEUCに関する落とし穴として、ユーザーが過度に体裁に凝ってしまうために起こる法則を紹介する。(2009/11/12)

情マネ流マーフィーの法則(20):
ユーザーの過度依存症とIT部門の没我的愛情症
基幹系システムに蓄積されているデータを、ユーザーが利用しやすいように整理・公開し、ユーザー自身が任意の切り口で検索・加工できるEUC。しかし、運営を誤ると目的に反した結果にもなる。今回は、EUCに関する法則を紹介する。(2009/10/26)

情マネ流マーフィーの法則(19):
ああ、上司と部下の悲しいすれ違い
IT部門は経営者やユーザーとコミュニケーションを図ることが重要だとよくいわれているが、逆に「ユーザーや経営者もIT部門とコミュニケーションをするべきだ」という意見はあまり聞かない。今回はコミュニケーションに関する法則を紹介する。(2009/9/15)

情マネ流マーフィーの法則(18):
IT系アンケート結果は信用できない
最近はWeb上で手軽にアンケートが答えられるようになり、日々さまざまな調査結果が発表されている。しかし、このようなITに関するアンケート調査の結果をうのみにするのは危険だ。今回はIT系アンケートに関する法則を紹介する。(2009/8/27)

情マネ流マーフィーの法則(17):
“クラウドコンピューティング○×”の寿命
流行している専門用語を「バズワード(buzzword)」というが、IT業界はこのバズワードであふれている。しかし、バズワードには既存概念に新しい名前をつけただけのものもある。今回は、バズワードにまつわる法則を取り上げる。(2009/7/29)

情マネ流マーフィーの法則(16):
羊頭狗肉のIT用語、誇大表示を告発する
CSO、アーキテクト、SaaS、クラウドコンピューティング……。IT用語は大部分が英語や英略語が基本になっているので、「見慣れているけれども、何なのかよく分からない言葉」というものが多いのではないだろうか。今回は、IT用語にまつわる法則を取り上げる。(2009/6/16)

情マネ流マーフィーの法則(15):
そして、歴史は繰り返す − 2度目は喜劇として
最近、よく耳にする仮想化技術は、レガシー時代から用いられていた技術だ。また、サーバを統合したり、分散処理したり……といったことも、これまで何度も繰り返されている。今回は「古くて新しい話題」の法則を取り上げる。(2009/4/13)

情マネ流マーフィーの法則(14):
ITエンジニア今昔物語
情報システムが登場してから数十年がたった。レガシー時代と現在では、ITエンジニアの役割も大きく変わっている。今回はITエンジニアの昔といまを比較した法則を紹介する。(2009/1/19)

情マネ流マーフィーの法則(13):
“リスク管理のリスク管理”が必要だ
経営においてリスク管理は重要だが、リスク管理をするにはさまざまな障害が存在する。それらをどう取り除いていけばよいのか。今回はリスク管理に関する法則を紹介する。(2008/12/11)

情マネ流マーフィーの法則(12):
納期とは遅れるものだ
経営環境の変化から、情報システム開発の短納期化が加速している。そんななか、どうやって納期を守っていけばよいのか。今回は納期に関する法則を紹介する。(2008/10/22)

情マネ流マーフィーの法則(11):
ITの効果とはプロジェクトの効果だ
経営者はIT投資の効果を知りたがるが、実はITの効果とはプロジェクトの効果なのだ。今回は、ITの費用対効果に関する法則の第4弾を紹介する。(2008/8/14)

情マネ流マーフィーの法則(10):
費用対効果を追求することで出銭が増える愚かさ
経営者はIT投資に対する費用対効果を知りたがるが、費用対効果を調べること自体の意味を見いだすことは難しい。今回は、ITの費用対効果に関する法則の第3弾を紹介する。(2008/7/14)

情マネ流マーフィーの法則(9):
そもそも、IT計画が実現すること自体が奇跡だ
経営者にITの費用対効果を説明し、理解してもらうのは難しい。今回は、ITの費用対効果に関する法則の第2弾を紹介する。(2008/6/19)

情マネ流マーフィーの法則(8):
経営者にITの費用対効果を説明するのは難しい
経営者にITの費用対効果を説明し、理解してもらうのは難しい。今回は、ITの費用対効果に関する法則を紹介する。(2008/4/30)

情マネ流マーフィーの法則(7):
ERPパッケージの不思議あれこれ
今回は、ERPパッケージ導入についての法則を紹介する。(2008/3/26)

情マネ流マーフィーの法則(6):
合併時の代理戦争には気を付けろ!
今回は、企業合併における“システム合併”についての法則を紹介する。(2008/2/26)

情マネ流マーフィーの法則(5):
ないものねだりのRFP
今回は、システム開発における“RFP”についての法則を紹介する。(2008/1/8)

情マネ流マーフィーの法則(4):
標準化にメリットはあるのか?
今回は、システム開発における“標準化”についての法則を紹介する。(2007/12/26)

情マネ流マーフィーの法則(3):
システム開発の可視化で何が見える?
今回は、システム開発における“可視化”についての法則を紹介する。(2006/11/9)

情マネ流マーフィーの法則(2):
「他人のふんどし指向アプローチ」を考える
今回は、システム開発における「他人のふんどしで相撲をとる」ことの歴史や意義などについての法則を紹介する。(2006/10/9)

情マネ流マーフィーの法則(1):
マーフィーの法則がIT版になって帰ってきた!
懐かしのマーフィーの法則が、情マネ流にアレンジされて帰ってきました。自らSEを経験し、人気連載「システム部門Q&A」の筆者でもある木暮氏が長年蓄積してきたIT分野の法則を、現代風にアレンジして紹介していきます。(2006/9/20)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。