ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「退学」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「退学」に関する情報が集まったページです。

最長2年、勉学のために休職できる 社員の学び直しを支援する、ヤフーの人事制度
社会人が高等教育機関で学ぶ1つの足かせになっているのは、学びというものに対する会社、特に現場の上司らの無理解である。会社として全面的に社員の学びを支援しているのが、ヤフーだ。(2021/7/15)

本当の姿を知らなくても“大事な友達” VRの高校に通う高校生の友情描く漫画が心に刺さる
リアルで会ったことがなくても信じられる。(2021/7/3)

クイズDEドラマ:
家庭内暴力を繰り返す父親に桜木怒る ドラマ「ドラゴン桜」小杉を救うため東大専科が一致団結
東大専科も1つにまとまってきた。(2021/6/3)

世界を読み解くニュース・サロン:
偏差値70! “いい会社”で働くために、「大卒」の学歴は必要なのか
大企業に就職するのであれば、大学を卒業したほうがいい――。多くの日本企業は「学歴」を重視しているが、米国はどうなのか。IT企業を中心に、動きがあって……。(2021/4/29)

プログラミング学習を無償提供する支援プロジェクトが始動 コロナで学習機会に影響が出た学生を対象
プログラミング学習サービスを運営するLABOT(東京都渋谷区)と、NPO法人CLACK(大阪市)は、プログラミング学習を無償提供する支援プロジェクト「CODEGYM Academy」を開始する。(2021/4/15)

新生活を支援:
コロナのせいでバイト減…… 横浜の不動産会社、新入社員に10万円の「新生活準備金」支給
不動産事業を手掛けるリスト(横浜市)が新入社員1人当たり10万円を支給する。新生活の準備などに使ってもらう。コロナの影響で経済的・精神的に苦しむ学生が増えたため。(2021/3/9)

「GIGAスクール構想前倒し」で教育はコロナと戦えるか
コロナ禍でGIGAスクール構想が急ピッチで進められているが、この状況下でどのような効果が期待できるのか。(2021/2/25)

「効率化で非正規切り」は本当か:
焼き肉業態で「非正規差別」? 批判記事を巡り、ワタミが抗議した「論拠」とは
コロナ禍で焼き肉業態へ業態転換を進めるワタミだが、近頃「非正規差別」をしているとの批判記事が公開された。これを受けてワタミ側は抗議文書を発表したが、その根拠は? 取材で見えてきた事実とは。(2021/1/28)

東貴博、51歳にして駒大法学部に合格 「金持ちだけど、学割は使います」
東さん「約束もあって、いつか行きたいと思っていた」。(2021/1/26)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
サイゼ社長の「ふざけんな」は当然 時短要請と協力金が批判されまくるワケ
当初、東京都は協力金を支払う対象を中小事業者に限定していた。しかし、大手企業から“異論”が相次いだ。不公平な仕組みを見直さなければ、都心店・大型店の崩壊は近い。(2021/1/20)

トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
トップであることは目的か手段か。(2021/1/14)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
収入減少、内定率悪化…… コロナで顕在化「若者が生きづらい」社会の希望なき未来
コロナ禍で若者の生きづらさが顕在化している。失業率は若者ほど上昇、収入も減少、就職内定率も悪化している。そもそも日本はずっと賃金が増えていない。おカネがないと、困難に対処するリソースも得られない。若者の雇用や生活支援にもっと向き合うことが必要だ。(2020/12/11)

通年採用:
コロナの影響で中退してしまった学生を正社員として採用 ドラッグストアの「ゲンキー」
新型コロナウイルスの影響で、中途退学を余儀なくされた学生が増えている。福井県などで展開するドラッグストアのゲンキーは、そういった学生を正社員として採用する。(2020/12/4)

6年間の引きこもりは「最高だった」 元“世界一即戦力な男”の作家・菊池良さんに聞く普通な生き方、ヘンな生き方
ヘンな人に「普通/ヘン」の考え方を聞くインタビュー企画。(2021/1/22)

読んでみな、トぶぞ 商業BLオタクが半額セール中の「onBLUEコミックス」8作品を紹介する
セールは10月14日まで!(2020/10/7)

飲食店を科学する:
丸亀製麺の売上高が対前年比90%まで回復 カギは「衛生マーケティング」と持ち帰り専用容器
コロナ禍に苦しむ外食産業。一方、丸亀製麺の売り上げ(8月)は対前年比90%まで回復した。どういった施策を行ったのか。(2020/9/29)

中島厚志がアフターコロナを見通す【後編】:
コロナが浮かび上がらせた論点、「ベーシックインカム導入」が難しい真の事情 ――企業は収益力を強化せよ
経済産業研究所前理事長で現在、新潟県立大学の中島厚志教授へのインタビュー。後編の今回は、中島教授が長年滞在したフランスの状況を中心に、ベーシックインカムや企業の収益性など、世界の動きを踏まえながら日本はどのような針路を取るべきかを聞いた。(2020/6/30)

和田憲一郎の電動化新時代!(37):
電気自動車とはいったい何なのか、今もつながるテスラとエジソンの因縁
Stay at Home! まるでこの言葉が世界中の合言葉のようになってきている。そのため、まとまった時間が出来たことを活用して、長年考えていたことを取り纏めてみた。それは、「電気自動車(EV)とはいったい何なのか!」という問いである。(2020/4/17)

PR:Vol.2:これからのデバイスセキュリティを考える
(2020/4/22)

奥羽大学、教授のメール「県外に出たら退学処分」を撤回 ネットで「行き過ぎ」と批判
大学側はメール内容を撤回した上で謝罪しました。(2020/4/14)

『嫌われる勇気』著者の仕事術(後編):
『嫌われる勇気』著者、アドラー心理学の第一人者が語る組織論「部下を思い通りに動かそうとするのは間違い」
国内累計208万部、世界累計485万部の大ヒットを記録している『嫌われる勇気』。続編の『幸せになる勇気』との合計部数は世界で600万部を突破し、21世紀を代表するベストセラーになっている。この二部作を、仕事の悩みを解決するために読みたいと考える人は、少なくないだろう。後編では、経営者や管理職向けにアドラーの思想を正しく読み解いてもらい、部下をマネジメントする上でのヒントを提示してもらった。(2020/2/8)

『嫌われる勇気』著者の仕事術(前編):
シリーズ600万部突破の大ベストセラー『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』著者・岸見一郎が語る大ヒットの舞台裏――「はじめから世界進出を狙っていた」
国内累計208万部、世界累計485万部の大ヒットを記録している『嫌われる勇気』。続編の『幸せになる勇気』との合計部数は世界で600万部を突破し、21世紀を代表するベストセラーになっている。実は当初から大ヒットを狙っており、海外で翻訳版を出版することも視野に入れていたという。共著者の1人で、哲学者の岸見一郎氏に、大ヒットの裏側を語ってもらった。(2020/2/7)

世界を「数字」で回してみよう(61) 働き方改革(20) 最終回:
長時間労働=美徳の時代は終わる 〜「働き方改革」はパラダイムシフトとなり得るのか
20回にわたり続けてきた「働き方改革」シリーズも、今回で最終回を迎えました。連載中、私はずっと、「働き方改革」の方向性の妥当性は認めつつ、「この問題の解決はそれほど簡単なことではない」という反骨精神にも似た気持ちの下、それを証明すべく数字を回してきました。これは“政策に対する、たった1人の嫌がらせ”とも言えます。そして最終回でも、この精神を貫き、“たった1人の最後の嫌がらせ”をさせていただこうと思っています。(2019/8/29)

連載「わが青春のインターネット」:
ネットがリアルの一部に “招待制”で市民権を得たSNSの元祖「mixi」の足跡
mixiで学んだネットマナーは今のSNSにどう生かせているのか。(2019/8/22)

「知的試行錯誤」のすすめ【中編】:
『思考の整理学』著者・95歳“知の巨人”外山滋比古が歩んだ「反常識人生」
95歳「知の巨人」による「反常識の仕事観」に迫る。(2019/6/24)

モバクソ畑でつかまえて:
キャラも音楽も良いけど…… 「ダンキラ!!! - Boys, be DANCING!」は音ゲー部分がひたすら虚無
ゲームの部分以外は高評価。(2019/6/2)

「大学無償化」法が成立 無償化の対象、条件は?
進学する全員が無償化を受けられるわけではありません。(2019/5/10)

世界を「数字」で回してみよう(56) 働き方改革(15):
外国人就労拡大で際立つ日本の「ブラック国家ぶり」
ここ最近、連日のように報じられている「外国人労働者の受け入れ拡大」。メディアで報じられている課題はともかく、この外国人就労拡大で際立っているのが、日本の「ブラック国家ぶり」です。このブラックぶりは、驚きを通り越して、むしろすがすがしいほどなのです。(2019/2/26)

何一つ普通じゃない「ごく普通のシカのゲーム」が狂気のクラウドファンディング開始 目標金額は100万円
この世界に普通はない、あるのはシカだけ……。(2019/1/29)

効率化へのインセンティブなき「異常」:
金魚すくいにテレビゲームが「仕事」? “虚業”化した障害者雇用をどう変える
自身も脳性麻痺(まひ)の子どもを持ち、『新版 障害者の経済学』などの著作もある慶應義塾大学の中島隆信教授が、障害者雇用の問題点を指摘した。(2018/12/14)

「ただただうれしく反面くやしい」 涙腺崩壊のパラパラ漫画が実写化、原作者・鉄拳の家族観を聞いてみた
鉄拳「僕は家族というのを狭義で考える必要はないと思っている」(2018/11/26)

「地方の若者には“選択肢の格差”がある」 住居費無料で食費も出る非大卒向け「ヤンキーインターン」が生まれた真剣な理由
ヤンキーがインターンしたっていいじゃない!!(2018/10/11)

ブログやSNSは“ネットの空気”をどう変えたのか? 平成最後の夏、「ネット老人会」中川淳一郎が振り返る
この平成、オタクのものだったネットはブログやSNSの登場でどのように一般、芸能人のものになっていったのか。サイバーエージェント・藤田晋社長に取材しながら、中川淳一郎が振り返る。(2018/9/22)

「役所の非難」では何も始まらない:
「障害者雇用の水増し」で露呈する“法定雇用率制度の限界”
複数の中央省庁が、障害者の雇用率を長年水増ししてきた疑いが浮上している。障害者雇用の現場で、一体何が起きているのか。自身も脳性麻痺(まひ)の子を持ち、障害者雇用に詳しい慶應義塾大学の中島隆信教授に、国と地方自治体による水増しの背景と、日本の障害者雇用の問題点を聞いた。(2018/8/24)

自身の悩みが出発点:
胸の大きい女性が胸を張って着られる服を 27歳女性起業家の挑戦
27歳女性が起業した胸の大きな女性向けの洋服ブランドが急成長している。ユーザーの要望をきめ細かく商品に反映、Twitter上で同じ悩みを持つ女性の共感を呼びヒットした。(2018/7/25)

ランキング上位校は……?:
「高校3年生が志願したい大学」を徹底分析 人気の明暗が分かれるワケは?
リクルート進学総研が「高校3年生が志願したい大学」ランキングを発表。会見に小林浩所長が登壇し、上位校が人気を集める理由などを解説した。(2018/7/18)

不祥事対策は、ディズニー映画に学べ:
日大アメフト問題に学ぶ、不祥事を炎上させない対応策
日大のアメフト問題が大炎上している。財務省も加計学園も不祥事隠ぺいで注目されているが、問題が発覚したときどのように対応すればいいのか。ディズニー映画『モンスターズ・ユニバーシティ』から学べることがあって……。(2018/6/1)

3年間で20倍:
沖縄から台湾へ、大学進学者が急増 なぜ?
台湾の大学に進学する沖縄の高校生が急増。学費や生活費の割安感や距離の近さなどが台湾進学を後押しするが、十分な語学力を備えずに入学し、授業についていけず退学する事例も出ている。(2018/5/31)

全国の100校以上が導入:
紙の学生証はもう古い――無料の「学生証スマホアプリ」を新潟の中小企業が開発した理由
一般的にカードで発行する「学生証」を、学生のスマートフォンで提示できるモバイルアプリ「がプリ!」が、2017年秋の発表以来、全国100校以上に導入されている。特定の大学が自校の学生向けアプリに学生証を表示する例はあったが、全国の学校で自由に導入できる「学生証アプリ」は初めてだ。(2018/5/22)

「問題児 三木谷浩史の育ち方」:
起業家、楽天「三木谷浩史」はいかにして生まれたか
楽天を創業し、現在も会長兼社長を務める三木谷浩史氏。綿密な取材をもとに、そのバックグラウンドをまとめたのが山川健一氏の著書「問題児 三木谷浩史の育ち方」だ。かつては不良少年だった三木谷氏はいかにして立ち直り、起業家精神を身に着けたのだろうか。(2018/2/19)

自分たちが決断できないことをユーザーに委ねるのはやめろ:
えふしん×シバタナオキ対談 伸びるエンジニアが持つ「哲学と数字感覚」
これからの時代は、エンジニアも数字を意識しないとダメ?――モバツイで経営を経験したえふしんこと藤川真一氏と、ベストセラー『MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣』の著者シバタナオキ氏が、なぜエンジニアは数字を味方に付けなければならないのかを探った。(2018/2/7)

水曜インタビュー劇場(4年連続トップ3入り公演):
アドラーの岸見一郎さんに聞く、職場で嫌われる勇気
2013年に発売された書籍『嫌われる勇気』が、いまも売れている。ビジネス書のランキングでみると、4年連続でトップ3入りしていて、この数字は史上初の快挙だという。本書は対人関係の接し方などを深く掘り下げているが、職場での嫌な上司にどのように対応すればいいのか。著者の岸見一郎さんに聞いた。(2017/12/20)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
クラウドファンディング「CAMPFIRE」1.5億円の赤字 直面する課題は
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2017/11/11)

女性にとって居心地のよい業界へ
「プログラミング女子」の授業料を半額に? 教育機関がIT業界“脱・男社会”化に本気
米国のプログラミング専門校Flatiron Schoolは、IT分野での活躍を目指す女性技術者に対して学費割引を実施している。男性中心の分野に女性の進出を促すのが狙いだ。(2017/11/8)

福岡・博多高校の加害生徒が自主退学 9月29日付で逮捕後10月2日に釈放
学校と福岡地検を取材しました。(2017/10/3)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:
西尾・舞城・奈須を超えろ――重版童貞が名物編集者に言われた最高のアドバイス「ガンダムを1日で見ろ」
そんな無茶な……。(2017/10/2)

もうすぐ2学期が始まる9月1日 上野動物園らが学校に行きたくない人に逃げのススメ 「逃げ場がないときは動物園に」
「何が何でも学校に行かなきゃいけない」なんてルールはないのです。(2017/8/31)

東大ラノベ作家の悲劇――新小岩で笑っている自殺警備員をみたら、十五歳で立ちんぼをしていた首が“自主規制”な新宿の少女を思い出した:<後編>
綺麗であることは、彼女にとって、同時に呪いを意味していた。(2017/8/15)

インターネットを席巻する“フリー素材の巨乳美女”は何者か フリーランスのグラドル「茜さや」さんに話を聞いた
“フリー素材美女”のバックボーンを探りつつ、フリーランスとしての苦労や、フリー素材としての実情などを聞いてみました。(2017/7/15)

動き始めた「ラーニングアナリティクス」【第4回】
ラーニングアナリティクス実践校が挫折しかねない「7つの課題」、その解決策は?
ビッグデータを教育に生かす「ラーニングアナリティクス」に取り組む教育機関が直面しがちな課題とは何か。主要な7つの課題と、その解決策を示す。(2017/6/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。