ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「メガソーラー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「メガソーラー」に関する情報が集まったページです。

太陽光:
Looopが北海道に蓄電池併設型メガソーラー、出力変動を抑えながら6100世帯分を発電
Looopおよび日本グリーン電力開発が北海道で蓄電池併設型メガソーラーの運用を開始。一般家庭約6100世帯分に相当する年間発電量を見込んでいる。(2019/10/15)

プログラマブル直流安定化電源の基礎知識(1):
プログラマブル直流安定化電源の市場動向や種類
直流電源はさまざまな分野で使われているため、多くの製品が市場にある。今回の解説では、製品の開発や生産の現場で使われているプログラマブル直流安定化電源のうち、対象物にエネルギーを供給する試験用電源について、「製品の種類、機器選定での留意点、製品の内部構造、使用上の注意点、利用事例の紹介」などの基礎知識を紹介していく。(2019/9/20)

自然エネルギー:
別府温泉の余剰蒸気で700世帯分を発電、温泉バイナリー式地熱発電所が始動
アイベックは、大分県の別府温泉の余剰蒸気を活用したバイナリー式発電による地熱発電所「アイベック地熱発電所」を開設し、運用を開始した。年間発電量は389万kWhで温泉源を利用した地熱発電所としては日本最大級となる。(2019/9/10)

AMラジオが終わるとき
(2019/9/4)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(4):
太陽光ベンチャーを倒産に追い込んだ“制度の壁”――急成長企業の未熟さも足かせに
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/8/13)

太陽光:
太陽光パネル検査の「ソラメンテ」、小型設備向けの低価格モデル新登場
アイテスが住宅・小規模太陽光発電設備に向けたソーラーパネル測定器「eソラメンテ」を開発。住宅・小規模発電設備向けに機能を絞り、従来製品より価格をおさえたのが特徴だ。(2019/7/25)

ソーラーシェアリング入門(16):
FIT制度の先にある「地域循環共生圏」とソーラーシェアリングの関係性
太陽光発電と農業を両立する手法として、近年、国内で大きな期待と注目を集めている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」について解説する本連載。今回は今後の国内におけるソーラーシェアリングの普及に関係しそうな、政府が掲げる「地域循環共生圏」について解説します。(2019/6/28)

自然エネルギー:
北海道初の蓄電池併設型の風力発電所、年間3万世帯分を発電
北海道初となる蓄電池併設型の風力発電所が稼働を開始した。蓄電池を活用して出力変動対策を行いながら、年間3万世帯分に相当する発電量を見込んでいる。(2019/5/17)

“ドローン×AI”による太陽光パネル点検サービス 異常箇所の自動検知で保守を効率化――NECネッツエスアイから
NECネッツエスアイは、サーモカメラ搭載のドローンとAIによる画像解析を活用した太陽光パネルの点検サービス「太陽電池モジュール点検サービス」を開始する。空撮から異常箇所の特定、レポート作成までを自動化し、早期メンテナンスを支援。保守費用の削減や売電収入の安定化を図れるという。(2019/4/24)

ソーラーシェアリング入門(13):
日本との国際協力に期待も、韓国のソーラーシェアリング事情
農業の新しい収益源として注目が集まっている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電事業)」について解説する本連載。今回は2019年3月に韓国で開催された「日韓営農型太陽光発電政策・技術交流会」に筆者が参加した内容を踏まえ、韓国のソーラーシェアリング事情について解説します。(2019/4/18)

PR:FIT価格の低下は「終わり」ではない、ファーウェイが考える日本の太陽光発電市場の成長展望
ICT業界のリーディングカンパニー、HUAWEI(ファーウェイ)は太陽光発電用パワーコンディショナーの分野でも世界トップクラスの実績を誇る。日本においても、その影響力は増すばかりだ。スマートソーラー事業部本部長の張巍巍(ジャン ウェイ)氏に、市場の見通しと“次の一手”を聞いた。(2019/4/15)

太陽光:
再エネ活用を進める花王、2工場に自家消費型の太陽光発電を導入
CO2排出量の削減に向けて再生可能エネルギー活用を推進している花王グループ。新たに栃木工場(栃木県市貝町)と豊橋工場(愛知県豊橋市)で、自家消費型太陽光発電設備の運用を開始した。(2019/4/12)

太陽光:
太陽電池を劣化させる「PID」、簡単で低コストな抑制手法を新開発
岐阜大学が結晶シリコン系太陽電池の発電能力を大幅に劣化させる現象である「電圧誘起劣化(PID)」について、簡易かつ低コストな抑制手法を開発。液体ガラスで作製したガラス層を高抵抗層導入することで、PIDを抑制できることを検証したという。(2019/3/26)

太陽光:
太陽光パネルをM字型に配置、発電量18%アップ
NTTファシリティーズが広島県で建設を進めていたメガソーラーが完成。太陽光パネルを東西向きでM字型に設置することで、発電量を高める仕組みを導入したのが特徴だ。(2019/2/8)

太陽光:
南相馬の被災地がメガソーラーに、年間1万世帯分を発電
南相馬市が所有する東日本大震災の跡地がメガソーラーに。出力32.3MWで、年間一万世帯分に相当する発電量を見込んでいる。(2019/2/1)

自然エネルギー:
新電力が地域の太陽光から電力調達、再生可能エネルギーの地産地消を加速
地域新電力の亀岡ふるさとエナジー(京都府亀岡市)は、市内のメガソーラーから電力調達を開始。これにより供給する電力の約60%を亀岡市内で発電された再生可能エネルギーで賄えるという。(2019/1/23)

蓄電・発電機器:
シリコンを上回る変換効率、量子ドット太陽電池の新製法を開発
花王、東京大学、九州工業大学の研究グループは高いエネルギー変換効率が期待できる「中間バンド型量子ドット太陽電池」を、液相法で作製する技術の開発に成功。世界初の成果であり、安価かつ軽量で、フレキシブルな高効率太陽電池の研究開発の加速に貢献するものとしている。(2019/1/15)

CES 2019:
倒れない、ぶつからない “人と並んで歩ける”ホンダのロボット「パスボット」
ホンダは、人混みの中でも障害物を避けながら移動できる「パスボット」、危険な場所で作業する人たちをサポートする「オートノマス ワーク ビークル」など、個性豊かなロボットたちを展示した。(2019/1/11)

太陽光:
FIT価格21円でも十分な採算性、サンテックが埼玉県にメガソーラー
サンテックパワージャパンは同社子会社が埼玉県熊谷市に建設を進めていたメガソーラーが稼働を開始したと発表。調達や設計を工夫し、FITの買取価格が21円/kWhでも十分な採算を確保しているという。(2018/12/25)

太陽光:
ゴルフ場跡地のメガソーラに1500V対応パワコン、IoTで予知保全も可能に
仏シュナイダーエレクトリックが国内のゴルフ場跡地を活用するメガソーラーにパワコンを納入。直流1500V対応モデルで、IoTを活用した予知保全機能も備える。(2018/12/18)

ソーラーシェアリング入門(7):
持続的な営農への懸念も、大規模化するソーラーシェアリングの課題
農業の新しい収益源として注目が集まっている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電事業)」について解説する本連載。今回は、近年顕著に増えてきた大型のソーラーシェアリングについて、大規模化が進む理由やその課題について解説する。(2018/12/20)

ホンダ、「CES 2019」で事業パートナーを大募集 ロボディクス、モビリティー、エネルギーの各分野で
ホンダは、来年1月8日から米国ラスベガスで開催される世界最大級の家電見本市「CES 2019」の展示概要を発表した。自律移動モビリティーやロボット関連の新技術を紹介しながら、事業化に向けたパートナーを募る。(2018/12/12)

CES2019:
ホンダ「CESはパートナーとの出会いの場」、“Robot as a service”の実現へ
ホンダは2018年12月12日、消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2019」の出展概要を発表した。ロボティクスや自動車、エネルギーなどさまざまな分野を対象に、開発中の製品や事業化を目指すサービスを紹介し、パートナーとなる企業との出会いを増やす狙いだ。(2018/12/12)

太陽光:
静岡県が太陽光の導入モデルガイドライン公表、10kW以上を対象に
静岡県が県内の市町に設置する太陽光発電設備についての、モデルガイドラインを公表。各市町のガイドライン作成の支援と、太陽光発電の導入に関するトラブルを防ぐのが狙いだ。(2018/12/12)

太陽光:
パネル設置の工夫で発電量20%アップ、宮城県に2.4MWのメガソーラー
日本アジア投資とスマートソーラーが宮城県で建設を進めていたメガソーラーが完成。パネルの設置方向を工夫することで、発電量を20%向上させることに成功したという。(2018/12/11)

太陽光:
スバルが工場の遊水池にメガソーラー、自家消費型で最大級
自動車メーカーのSUBARUが群馬県の工場に太陽光発電を導入。自家消費型としては国内最大級という5MWのメガソーラーで、工場にCO2排出量削減に活用する。(2018/12/11)

自然エネルギー:
太陽光の“発電事業者”による新団体「ASPEn」誕生、その設立の狙いとは?
再生可能エネルギーの主力電源化がうたわれる一方で、太陽光発電には社会との共生など新たな課題も顕在化してきている。こうしたなか、中小規模の発電事業者を中心とする全国組織「一般社団法人太陽光発電事業者連盟(ASPEn/アスペン)」が誕生。発電事業者による組織を立ち上げた狙いとは? 設立シンポジウムの様子をレポートする。(2018/12/10)

自然エネルギー:
ため池に2.5万枚の太陽光パネル、西日本最大級の水上メガソーラー
兵庫県稲美町に西日本最大級の水上メガソーラーが完成。ため池に浮かべた約2.5万枚の太陽光パネルで、年間1900世帯分に相当する発電量を見込む。(2018/12/5)

太陽光:
FIT改正で8割以上の太陽光案件が「脱落」の可能性、JPEAが経産省に修正要望
太陽光発電の一部の未稼働案件について、買い取り価格の減額措置などを行う経産省のFIT改正方針について、太陽光発電協会が声明を発表。多くの案件が開発断念に追い込まれるとして、7つの修正要望を公表した。(2018/11/27)

ソーラーシェアリング入門(6):
ソーラーシェアリング事業の壁、「ファイナンス」の手法について考える
太陽光発電と農業を両立する手法として、近年、国内で大きな期待と注目を集めている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」について解説する本連載。今回はソーラーシェアリングの事業化に際して課題になることが多い「ファイナンス」の手法について解説する。(2018/11/26)

太陽光:
南相馬市に14MWのメガソーラー完成、収益の一部は復興事業に
NTTファシリティーズらが福島県南相馬市に建設を進めていたメガソーラーが完成。発電事業による収益の一部は、復興支援事業に活用される。(2018/11/1)

太陽光:
24円でも採算を確保、サンテックが室蘭のメガソーラーに設備導入
北海道室蘭市に約2.2MWのメガソーラーが完成。サンテックパワージャパンが設備調達を行い、FIT価格24円でも事業性を確保したという。(2018/10/23)

太陽光:
単機で容量3200kW、1500V対応の太陽光パワコンを新発売
東芝三菱電機産業システム(TMEIC)が、1500V対応の単機容量3200kWの太陽光発電システム用屋外型パワーコンディショナ(PCS)を発表。2019年1月から販売を開始する。(2018/10/10)

太陽光:
オリックスが山口県に56.4MWのメガソーラー、1.8万世帯分を発電
オリックスが山口県に56.4MWのメガソーラーの建設を開始。2021年10月の稼働を予定しており、一般家庭1万8000世帯分の使用電力量に相当する発電量を見込んでいる。(2018/9/27)

太陽光:
シャープ、モンゴルに16.5MWのメガソーラーを建設
シャープの子会社がモンゴルに出力16.5MWのメガソーラーを建設。年間発電量は3万1162MWhを見込んでいる。(2018/9/26)

法制度・規制:
政府が太陽光発電のコスト目標を見直しへ、入札制度を2MW未満に拡大も
経済産業省・資源エネルギー庁は、「2030年に7円/kWh」という現行の太陽光発電の発電コスト目標を、前倒しで達成する新しい方針を示した。同時にコスト低減に向けて入札制度などのFIT制度の改革も視野に入れる。(2018/9/13)

太陽光:
太陽光の第2回入札は「落札者ゼロ」、上限価格を下回る応札無く
大規模な太陽光発電のFIT買取価格を決める入札制度の、第2回の結果が公表された。非公表で設定された上限価格を下回る応札がなく、落札者は初のゼロとなった。(2018/9/11)

太陽光:
「ドローン+AI」で太陽光パネル解析、2MWを3分で完了
ソフトバンク・テクノロジーらは、ドローンを用いた太陽光パネルの赤外線検査にAIを活用した自動解析ツールを開発。これまで数時間かかっていた2MWメガソーラーの解析が3分で行えるという。(2018/9/7)

負債総額1053億円超:
破産したケフィア事業振興会が声明文 「新規事業が苦戦した」「深くおわびする」
ヨーグルトなどの通販サービス「ケフィアカルチャー」を運営するケフィア事業振興会とその関連会社3社は9月3日、同日付で東京地裁から破産開始決定を受けたこと公式Webサイト上で公表した。(2018/9/3)

太陽光:
ゴルフ場跡地にメガソーラー、パシフィコ・エナジーが岡山と兵庫に
パシフィコ・エナジーが岡山県と兵庫県の2カ所にメガソーラーを建設すると発表。どちらもゴルフ場の跡地を活用したメガソーラーだ。(2018/9/3)

太陽光:
SBエナジーが北海道に3.1MWのメガソーラー、売電単価は21円/kWh
SBエナジーが北海道苫小牧市に3.1MWのメガソーラーを新設すると発表。FITの売電価格は21円/kWhの案件だ。(2018/8/27)

太陽光:
ため池に太陽光パネルが浮かぶ水上メガソーラー、680世帯分を発電
日本アジア投資が香川県さぬき市のため池に建設を進めていた水上メガソーラーが完成。出力は2.4MWで、一般家庭約680世帯分の使用電力量に相当する発電量を見込んでいる。(2018/8/24)

自然エネルギー:
自然電力と千葉エコ、ソーラーシェアリング事業の支援サービスを共同提供
juwi(ユーイ)自然電力オペレーションと千葉エコ・エネルギーが、ソーラーシェアリングの支援サービスを共同提供。ソーラーシェアリングに興味を持っている事業者・営農希望者・投資家のマッチング、資金調達、事業支援、O&Mまで、事業全体を一気通貫で支援するという。(2018/8/14)

太陽光:
うなぎ養殖池の跡地がメガソーラーに、年間約400世帯分を発電
SBエナジーが開発を進めてきた「ソフトバンク浜松協和ソーラーパーク」が完成し、2018年8月1日から営業運転を開始。うなぎ養殖池の埋め立て跡地を活用したメガソーラーだ。(2018/8/7)

太陽光:
ゴルフ場跡地に37MWのメガソーラー、1万世帯分を発電
リソルホールディングスは福島県のゴルフ場跡地を活用したメガソーラーの開発工事を本格化。出力規模は37MWで一般家庭1万世帯分の年間使用量に相当する発電量を見込んでいる。(2018/8/3)

自然エネルギー:
落差109メートルで330世帯分を発電、前橋市に小水力発電所
前橋市で市が建設を進めていた小水力発電所が完成し、発電を開始した。売電収益は環境基金に活用する。(2018/8/2)

太陽光:
1.1万世帯分を発電するメガソーラー、京セラTLCが宮城県に
東京センチュリーと京セラが共同出資する京セラTCLソーラーなどが、宮城県で開発を進めていたメガソーラーが稼働を開始。出力28MWで1万1100世帯分に相当する年間発電量を見込んでいる。(2018/7/23)

太陽光:
太陽光パネルの下で大麦栽培、“メガ”ソーラーシェアリングが岩手県に完成
岩手県一関市に“メガ”ソーラーシェアリングが完成。太陽光パネルの下では大麦を栽培する計画だ。(2018/7/20)

太陽光:
オリックスが新潟に55.6MWのメガソーラー、1.68万世帯分を発電
オリックスが新潟市で建設を進めていたメガソーラーが完成。出力は55.6MWで、一般家庭1万6800世帯分の使用電力量に相当する年間発電量を見込んでいる。(2018/7/6)

太陽光:
スポーツ施設にメガソーラー、シャープがインドネシアで
シャープは環境省の二国間クレジット制度事業として、インドネシアのスポーツ施設にメガソーラーを建設。出力規模は1.6MWで2018年4月から稼働を開始した。(2018/7/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。