ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「動画広告」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「動画広告」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

マルコメの新アニメCMが「見入ってしまった」「泣いた」と話題 寄り添い暮らす老夫婦の新しい日常の物語
「料亭の味」ブランドのアニメCMシリーズ第8弾です。(2020/1/26)

初音ミク、世界屈指の音楽フェス「コーチェラ」に出演決定 4月からの北米ツアーも公演追加で合計2カ国12都市に
ミクさんはどんどん世界へ。(2020/1/25)

5Gで自動運転車に動画広告をリアルタイム配信 実証実験が狙う効果は?
サッポロ不動産開発、NTT Comらは、北海道札幌市の「サッポロファクトリー」で、5Gを活用して遠隔運転で動く車両のデジタルサイネージに店舗の動画広告を配信する実証実験を行う。日程は2020年1月22日〜23日。併せて、人流解析ソリューションによる広告効果も測定する。(2020/1/22)

プロの木工家もうなるほどマニアック 丸太を削ってアートを作るスマホゲーム「Woodturning 3D」
木工旋盤の感覚を手軽に……という、お好きな人にはたまらない1本。(2020/1/21)

「広告と中身が全然違う」「美少女ほとんど出てこない」勘違いを誘発するゲーム広告、景表法違反の可能性も 弁護士や消費者庁に見解聞いた
美少女を合体……できない。(2020/1/24)

24時間で5000万人以上のLINEユーザーにリーチ:
LINE、トークリスト最上部に1日1社限定で表示される動画広告「Talk Head View」を提供
LINEは、コミュニケーションアプリ「LINE」のトークリスト最上部に動画広告を配信できる新サービス「Talk Head View」の正式提供を開始した。(2020/1/16)

PC版「ニコニコ動画」、音量の自動調整機能を実装へ 「広告の音が大きすぎる」などの課題を解消
ドワンゴが「ニコニコ動画」のPC版に、音量の自動調整機能を導入すると発表。1月29日に実装する。動画本編、動画広告、再生前広告の音量を一定の基準値にそろえることで、ユーザーの満足度を高める。(2020/1/8)

CES 2020:
Samsung、ボール型で人なつこい家庭用ロボット「Ballie」を披露
Samsungが、手の平に乗るサイズでボール型の家庭用AIロボット「Ballie」を披露した。発売時期などは不明。転がりながらオーナーの後をついて回り、スマートホーム家電を制御したり、オーナーにさまざまな通知をしたりする。(2020/1/8)

カリスマ経営者が語る未来、企業公式アカウントの「中の人」など:
2019年、ITmedia マーケティングで最も読まれた記事は? 年間アクセスランキングベスト10
マーケ×ITの最新潮流を伝えるITmedia マーケティング。2019年、読者はどんな記事に注目したのか。ランキング形式で振り返ります。(2019/12/30)

クリぼっちバンザイ! バーガーキングがおひとり様向け「ぼっちバーレるSET」をクリスマス限定で販売
あえてクリぼっちだと言っていくスタイル。(2019/12/19)

Windowsフロントライン:
Microsoft TeamsとSlackは舌戦で火花を散らす
SlackとMicrosoft Teamsの舌戦が激しさを増している。これまでの経緯とこれからをまとめてみた。(2019/12/16)

PR:Indeed新CMで報酬1万円の「お笑い審査員」が募集中だぞおお さらに「千鳥」も緊急参戦!
「自分、お笑い審査員なんだ」って言える(かもしれない)日が来たぞ!!(2019/12/19)

『小学一年生』のテレビCM「ピッカピカの一年生♪」が約25年ぶりに復活 令和初の小学一年生たちが登場
例のメロディは橋本絵莉子さん(チャットモンチー済)が歌っています。(2019/12/2)

今年も飲み過ぎに注意! 後悔しがちな飲み会1位は「忘年会」 イッキ飲みには「時代遅れ」「かっこ悪い」「ドン引きする」の声
お酒はゆっくり会話を楽しみつつ飲みましょう。(2019/12/2)

2019年の振り返りと2020年の抱負を幹部が語る:
Twitterにあって他の動画プラットフォームにない提供価値は「話題化」と「話題に乗る」
令和への改元やラグビーワールドカップ2019日本大会をはじめとする大イベントをはじめ、2019年も日本で圧倒的な存在感を示したTwitter。現況と2020年に向けたビジネス展開について幹部が語った。(2019/11/28)

新しいコマース体験を提供:
VRは「生活をアップデートできる技術」 電通アイソバー
電通アイソバーは、新しいコマース体験を提供する一環として、VR(仮想現実)を活用するプラットフォームを開発している。(2019/11/15)

世界にまた1つ新たなトリビア 「鈴木さんは酢好き(お酢が好き)」なのか調味料メーカーが調査 → 別にそうでもないことが判明
知ってた。(2019/11/15)

定額で作り放題、AI活用の自動動画生成クラウドサービス「SoVeC Smart Video」
ソベックが、AIを活用した自動動画生成クラウドサービス「SoVeC Smart Video」を11月7日に開始。料金は月額10万円で動画の数に制限なし。大量に配信する動画広告など、安く大量に見栄えのする動画を作りたいというニーズに応える。(2019/11/8)

YouTubeのホームフィードと検索結果にショッピング広告
YouTubeのホームフィードと検索結果にショッピング広告が表示されるようになった。例えば「ランニング」と検索するとスニーカーのショッピング広告が表示される。(2019/11/6)

今日のリサーチ:
インフルエンサーのPR投稿を参考にする人はたったの9%――Teadsが美容・スキンケア消費者調査を実施
日本を含む世界8カ国で実施した美容・スキンケア業界における消費者の購買行動・カスタマージャーニーの最新研究結果です。(2019/11/1)

「Matsukiyo Ads」もスタート:
マツモトキヨシのデジタル戦略、オムニチャネルを加速し広告の世界をも変える
マツモトキヨシが生み出すデータが同社のビジネスのみならず、取引先であるメーカーのブランディング施策にまで貢献し始めている。同社が実践する最先端の取り組みについて幹部が語った。(2019/10/28)

漫画『異世界おじさん』、CMに「自己防衛おじさん」起用 「異世界に夢見ちゃだめじゃない」
Q.「異世界に召喚されたらどうやって生き抜く?」→A.「自己防衛、記憶操作、単独行動だよね」(2019/10/24)

「うたわれるもの」シリーズ3部作がスマホアプリで無料配信へ スマホ向けに全編ADV化
最高か。(2019/10/19)

自律走行にAIアシスタント、音声通話も可能 多機能ロボ「temi」、H.I.S.傘下のハピロボが発売 約30万円
H.I.S.グループ傘下のhapi-robo stがロボット「temi」を発売。一般家庭・法人を問わず販売し、遠隔地とのビデオ通話、目的地への案内などの用途を見込む。(2019/10/17)

バトル中に超加速・再加速するベイブレード! 初めての公式バトル使用可能な“電動パーツ”が登場
モーターが起動したら「今だ超加速!」って叫びたい。(2019/10/15)

リーチの広さと深さを兼ね備えたパッケージ:
ヤフーが「新R25」運営のCyber Nowと新動画広告商品「Yahoo! JAPAN AD PLUS」の提供を開始
ニュース形式の動画フォーマット。動画制作から、配信、効果測定まで一気通貫で提供。注目度の高い掲載位置で、視聴完了率の高い動画を通した訴求が可能に。(2019/10/10)

トップダウンではない現場中心のアプローチ:
製造業のデジタル化を推進する人材「ファクトリー・サイエンティスト」とは
デジタル技術を活用して製造業務を改善できる人材を育成する「ファクトリー・サイエンティスト養成講座」が2019年8月26〜30日にかけて実施された。本稿では同講座の合宿の様子と、ファクトリー・サイエンティストのあるべき姿についてお伝えする。(2019/10/10)

狙うは「スモールマス」市場:
ネスレ日本、キャッシュレス対応のコーヒーマシン展開 「どこでもカフェ化」実現
ネスレ日本がキャッシュレス対応のコーヒーマシンを展開。主に非飲食系のショップや事業所にレンタルする。集金担当をネスレが代行し「スモールマス」の市場を狙う。(2019/10/8)

ロバート秋山「クリエイターズ・ファイル」がディー・アップとコラボ 眉間の魔術師HARUKIがビューティーアドバイザーに就任
就任会見はどんな内容になるやら。(2019/10/7)

コダックとコラボしたiPhoneケースが登場 スタイリッシュなのになんだかレトロ!
AirPodsケース、Apple Watchバンドもあるよ。(2019/10/2)

質の高いコンテンツへ広告配信:
フリークアウトと在京民放5社、広告マーケットプレース「TVer PMP」を共同開発
民放公式テレビポータルサイト「TVer」などの動画配信サービスのプレミアム広告在庫によるインストリーム広告マーケットプレース。(2019/9/30)

今日のリサーチ:
Web広告を「あまり表示してほしくない」が9割――Macbee Planet調査
Web広告に関する意識調査です。(2019/9/30)

池袋のジュンク堂書店、デジタルサイネージ搭載の本棚導入 動画広告で本をPR、センサーで客の行動を計測
丸善ジュンク堂書店と大日本印刷が、「ジュンク堂書店 池袋店」の売り場にデジタルサイネージを備えた本棚を設置。書籍の動画広告や書店員のおすすめ情報を配信する。センサーで顧客の行動なども計測し、広告効果を可視化するとしている。(2019/9/18)

訪日客向けプロモーションにInstagram:
ANAの「インバウンド×インスタ」施策、海外では認知度の低い日本ブランドをどう訴求する?
日本では知らない人がいないナショナルブランドでも海外で同様の認知を獲得できているとは限らない。訪日需要をつかむためANAが展開するグローバルマーケティング施策について、担当者に話を聞いた。(2019/9/9)

「鳥肌立った」「空自コラボとか胸アツ」 岐阜「各務原まつり」のPR動画が気合い入りまくりでマジSUGEEE
戦闘機×スーパーカーのコラボはヤバイ。9月15日開催。(2019/9/3)

今日のリサーチ:
ネット視聴時間の長い人、6割超が視聴後に「コメント」「検索」などの行動――博報堂などが調査
「テレビ視聴」「ネット視聴」に費やす時間の異なるグループにおける視聴実態の違い、情報や消費に対する意識差などを分析しています。(2019/8/27)

「未来が来てる」「AKIRAっぽい」JR東日本の駅に出現した3Dホログラム看板、近未来感すごすぎると話題に
JR池袋駅や品川駅、新宿駅などに設置。早速見てきました。(2019/8/23)

短尺動画に最適:
Twitter動画広告に新課金体系、動画の50%表示で6秒再生されたタイミングで課金
Twitter動画広告の課金方法に「動画の50%表示で6秒再生」が新しく加わった。(2019/8/22)

今日のリサーチ:
動画広告は電車内でどれほど見られているか――立教大学の学生とネオマーケティングが共同調査
ネオマーケティングは立教大学の学生と共同で「広告の影響力」についての調査を実施しました。(2019/8/20)

「東大農学博士と湘南美容外科の医師」が絶賛していると販売の脱毛クリーム→実際は監修受けておらず メーカーを取材し、効果試してみた
記事を作成したアフィリエイターとメーカー、厚生労働省を取材しました。(2019/8/21)

niconico、プレミアム会員なのに一部アニメ番組で広告が表示される現象について説明 秋ごろから改善予定
7月から始まった広告付き動画配信の場合は他の番組と配信システムが異なり、プレミアム会員でも広告が表示されるとのことです。(2019/8/7)

等身大のAIキャラクターがご案内 「インフォロイド」正式サービス開始
等身大の立体的なキャラクターが会話を通じて施設を案内する。イージェーワークスの「インフォロイド」は「単なる情報端末ではなく、アトラクションにもなるプラットフォーム」という。(2019/8/5)

明治公式「きのこの山・たけのこの里 国民総選挙2019」が開幕 松本潤さんと美輪明宏さんが各党の党首に就任
新きのこ党、リベンジなるか。(2019/8/5)

「企業より個人が勝つ時代が来る」 UUUMが語るYouTuberの今と未来
多数の人気YouTuberを抱えるYouTuberプロダクション「UUUM」で取締役CFOを務める渡辺崇さんに、YouTuberの今とこれからについて話を聞いた。(2019/8/5)

祭会場にデジタル広告をオフライン掲出:
ヤフーが新広告商品「デジタル提灯」を提供、神田明神納涼祭りに掲出
2019年8月9、10日に「神田明神 納涼祭り」で掲出。(2019/8/2)

Microsoftが久しぶりにAppleディスり広告「僕はマック・ブック」
Microsoftが久しぶりにApple製品との比較CMを公開した。実名がマックことマッケンジー・ブックという実在の人物にMacBookとSurface Laptop 2を比較させるというものだ。(2019/8/1)

最大4600万人にリーチ可能:
LINEがアドネットワークサービスを提供、「AbemaTV」「TikTok」を含む4600超の外部アプリへ広告配信
4600超の外部アプリメディアへの広告配信が可能に。(2019/8/1)

アロンアルファが新たな謎アニメ広告を公開 接着剤でスーツを組み立てアメコミ風ヒーローに
ツッコミどころが多すぎるので、スルー気味にお伝えします。(2019/8/1)

正解率10%以下!? 欅坂46・日向坂46の音楽ゲームアプリへつながる“謎解き問題”が難しすぎると話題に
欅坂46と日向坂46の公式音楽ゲームアプリがリリースされるとのこと……!(2019/7/7)

エコカー技術:
現代自が新型可変バルブ機構を開発、開閉期間の制御で排ガス12%改善
現代自動車(Hyundai Motor)グループは2019年7月3日(現地時間)、乗用車用エンジンの動弁機構技術として世界初(同社調べ)となる「Continuously Variable Valve Duration(CVVD:連続可変バルブデュレーション)」を量産化すると発表した。(2019/7/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。