ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「多重債務」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「多重債務」に関する情報が集まったページです。

顔認証で入場制限要請 政府のギャンブル依存症対策案
政府は7日、ギャンブル依存症対策の基本計画案を発表した。競馬など公営ギャンブルやパチンコの事業者に対し、施設内のATM(現金自動預払機)撤去や顔認証システムによる依存症患者の入場制限を検討するよう求める。(2019/3/8)

スピン経済の歩き方:
過熱する「加熱式たばこ」競争が、“個人情報争奪戦”になってしまう理由
加熱式たばこ「glo」「IQOS」「Ploom TECH」のCMを見たことがある人も多いかと思うが、ちょっと気になることがある。公式Webサイトに飛んで、情報を得ようとすると「個人情報」を求められるのだ。どういうことかというと……。(2018/9/18)

常見陽平のサラリーマン研究所:
40歳の壁を乗り越えるために、どうすればいいのか 「謙虚」のススメ
仕事をしていると「マンネリ」を感じることはないだろうか。「昨日も今日も、そしてずーっと同じことをしなければいけないのか」と考えるだけで、嫌になるもの。そうした悩みを抱えている人は、どのようにすれば現状を打破できるのか。(2018/5/18)

借金の「過払い金が取り戻せます!」は本当なのか? 弁護士事務所に聞いてみた
借金が減るなんてあり得るの?(2017/9/29)

“いま”が分かるビジネス塾:
拡大する中古市場 経済にとってプラス?
フリマアプリ「メルカリ」の急成長によって、日本の中古市場が大きく変わろうとしている。中古市場の拡大については賛否両論があるが、日本は既に成熟社会となっており、既存のモノを生かしていくことは今後の経済成長にとって重要な概念となるはずだ。(2017/5/31)

NHK「クローズアップ現代」のやらせ問題 BPOが「重大な放送倫理違反」と意見発表
「著しく正確性に欠ける情報を伝えた」としています。(2015/11/6)

総務大臣も出席:
料金の公平負担に向けた課題は――総務省、携帯料金タスクフォースの第2回会合を開催
安倍内閣総理大臣の発言から始まった、携帯電話料金の値下げに向けた検討。提言をまとめるために設置されたタスクフォースの第2回会合では、消費者相談員の団体、キャリア、MVNOからの意見聴取が行われた。(2015/10/29)

「クロ現」問題でNHKが調査報告書 「過剰な演出」はあったが「やらせ」はなしの判断
やらせはなかったが「過剰な演出」「視聴者に誤解を与える編集」は行われていたと判断した。(2015/4/28)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
諸外国の「マイナンバー」の仕組み、ヘンなところと見習うところは?
まもなく始まるマイナンバー制度を既に導入している海外の国は多い。諸外国の番号の仕組みを見てみると、実に考えさせられる点が少なくないのだ。(2015/4/24)

NHK「クローズアップ現代」の“やらせ”を指摘された問題で一部誤り認める
ただし、関係者の認識が食い違う点も多く今後さらなる聞き取りと調査を進める。(2015/4/9)

NHK「クローズアップ現代」“やらせ”指摘で中間報告 一部で誤り認める
 NHK「クローズアップ現代」で“やらせ”があったと出演者が指摘している問題で、NHKの中間報告では一部で誤りを認めたものの、“やらせ”については関係者の話が大きく食い違っているという。(2015/4/9)

新連載・お金もセンス:
借金には2つのパターンがある――悪い借金をする人がハマる落とし穴
金融やお金にまつわる話になると、どうしても難しく語られがちなので、敬遠する人も多いのでは。筆者の森永賢治さんは「お金の知識」ではなく、「お金のセンス」を磨けばスムーズな生活が送れるという。連載1回目は「借金」の話。(2014/11/27)

窪田順生の時事日想:
どうなる? 日本のカジノ――“役者”はそろった
カジノやホテルなどIR(統合型リゾート)を日本にも作ろうという機運が高まってきた。ただ、反対派も黙ってはいない。決起集会なるものをのぞいてみると、予想以上の盛り上がり。さて、この争い……今後はどうなる?(2014/4/15)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/1/22)

窪田順生の時事日想:
角田美代子容疑者に“戸籍ロンダリング”を伝授したのは誰なのか
「尼崎連続変死事件」で主犯格とされている角田美代子容疑者。養子縁組を悪用することで警察の介入を妨げたと報道されているが、その手口は暴力団や闇ビジネス関係者が良く使っているもの。誰かが角田容疑者にこの支配と暴力のスキームを伝授したはずである。(2012/10/30)

「弱者」はなぜ救われないのか(4):
風俗に身を落とし……待ち構えていた090金融のワナ
年収の3分の1以上の借り入れを制限する「総量規制」や「上限金利」を引き下げることによって、消費者金融などからお金を借りていた人たちはどのような立場に追い込まれたのか。中には、ヤミ金についつい手を出してしまう人もいるようだ。(2012/9/25)

「弱者」はなぜ救われないのか(3):
年利300〜1000%でもお金を借りる――そんな時代もあった
江戸時代にはさまざまな金貸しの実態があった。両替商、質屋、素金、日銭貸、烏金などどれも金貸し業であり、両替商は年利2割、質屋は年利48%といわれている。また年利300〜1000%という高金利にもかかわらず、当時の人はお金を借りていたという。(2012/9/21)

「弱者」はなぜ救われないのか(2):
「弱者保護」がさらなる弱者を生む、という構図
改正貸金業法の施行を受け、貸金業者はわずか6年で6分の1に激減した(2006年3月末に1万4236社→2012年3月末に2350社)。仕事があるのに、融資を受けられないがために仕事を請けられない……。こんなケースが出てきているのだ。(2012/9/19)

新連載・「弱者」はなぜ救われないのか:
ヤミ金被害は、本当に減っているのか?
年収の3分の1以上の借り入れを制限する「総量規制」が、2010年6月に完全施行された。その結果、消費者金融などからお金を借りていた人たちはどのような立場に追い込まれたのか。(2012/9/14)

挑戦者たちの履歴書(113):
会社を救うため、数千万円の多重債務者に
編集部から:本連載では、IT業界にさまざまな形で携わる魅力的な人物を1人ずつ取り上げ、本人の口から直接語られたいままでのターニングポイントを何回かに分けて紹介していく。前回までは、田中氏がさくらインターネットを上場させるまでを取り上げた。初めて読む方は、ぜひ最初から読み直してほしい。(2011/5/18)

誠 Weekly Access Top10(2010年11月6日〜11月12日):
Twitterにありがちな、“有り難くも困ること”
9月の末の話です。私はTwitterである貴重な体験をしました。有り難くもちょっと困る、それはTwitterユーザーなら誰でも起こりうる出来事で……。(2010/11/18)

なぜ法律事務所のテレビCMは、うさん臭いのか
テレビをつけていると、法律事務所のCMを見ることが多くなった。「借金で払いすぎた金利を取り戻します」といったことを言っているが、なぜ法律事務所のCMはうさんくさく感じるのだろうか。その理由を考えてみた。(2010/10/21)

お金を貸してくれないかも……企業の約5割が「倒産の増加」を懸念
改正貸金業法のメリットはどこにあるのだろうか。企業に聞いたところ「過剰貸し付けの抑制」との答えが最も多く、次いで「多重債務者の減少」「上限金利の引き下げ」と続いた。帝国データバンク調べ。(2010/6/3)

35.8歳の時間・湯浅誠:
批判されても、批判されても……貧困ビジネスに立ち向かう理由
年越し派遣村の村長・湯浅誠――。彼のことについて、詳しく知っている人は少ないかもしれない。自分のためにだけに生きるのではなく、生きることが困難な人たちのために生きる男が、過去を振り返った。(2010/5/28)

貧困ビジネスとは何か? 低所得者を喰う者たち(前編)
貧困ビジネスというのをご存じだろうか。これは湯浅誠氏が考えた“造語”で、「低所得者をターゲットにし、貧困を固定化する役割を果たすビジネス」を指す。その代表的なものとしてヤミ金などが挙げられるが、中でも湯浅氏は「住宅」に着目している。その理由は……。(2010/4/15)

相場英雄の時事日想:
“闇金ウシジマくん”が蠢く……有名ブランドの裏事情
銀座や青山など都心の一等地に進出している海外高級ブランドが苦しんでいる。ユニクロやH&Mといったファストファッションに押され気味だが、有名ブランドで働く従業員も資金繰りに窮している人がいるようだ。(2010/2/25)

このまま“暗いトンネル”の世界へ……2010年版のヤミ金事情
改正貸金業法による規制強化で、貸金業界が混乱している。このまま総量規制と上限金利の引き下げが導入されれば、新たな“借金難民”が増え、その受け皿としてヤミ金が増えるかもしれない。(2010/2/19)

東京と沖縄に蠢く、“新ヤミ金融”に迫る
かつて社会問題にもなったヤミ金融。しかし最近では鳴りを潜め、代わって「優しいヤミ金」と呼ばれる悪徳業者が増えてきているという。その実態は明らかにされていないが、ノンフィクションライターの窪田順生氏が悪徳業者の実情に迫った。(2010/1/19)

改正貸金業法をめぐり、貸金業者側と消費者側が対立
改正貸金業法の見直しに関する検討会議が、金融庁で始まった。上限金利の引き下げや総量規制を盛り込んだ法律について、貸金業者側と消費者側の意見は真っ向から対立した。(2009/12/1)

『闇金ウシジマくん』の関係者が語る、“優しい闇金”の真相(前編)
“優しい闇金融”と呼ばれる違法ビジネスを営む輩が、水面下でうごめいているのをご存じだろうか。その実態はベールに包まれていたが、ノンフィクションライターの窪田順生氏が彼らの実態を明らかにした。(2009/10/16)

シリーズ“新借金地獄の時代”:
あなたのそばにいる“優しいヤミ金融”……その実態は?
かつて高金利で厳しい取り立てを行い、社会問題にもなったヤミ金融。しかし今では、“優しいヤミ金融”と呼ばれる非合法な業者がはびこっているというが、その実態は不透明だ。そこで貸金業に詳しい、東京情報大学の堂下浩准教授に話を聞いた。(2009/9/9)

シリーズ・“新借金地獄”の時代:
「お金は貸せません」と断られていたのに……“立場が逆転”する日
あまり知られていないが、今年の秋をメドに、消費者金融とクレジットカードなどの情報センターがオンラインで結ばれる。これまで返済が滞った“ブラック情報”だけを見ることができたが、今後は“ホワイト情報”ものぞけることに。(2009/7/16)

シリーズ・“新借金地獄”の時代:
“カネを返せ!”というのは誰か? 窮地に追い込まれる消費者金融
消費者金融業界が窮地に追い込まれていることをご存じだろうか? 改正貸金業法の完全施行を前に、各社は上限金利を引き下げたり、“貸し渋り”を行っている。さらにこの業界を苦しめているのは「過払い金返還請求」だ。(2009/7/1)

シリーズ・“新借金地獄”の時代:
あなたはお金を借りられますか? “借金難民”が溢れる日
1〜2年ほど前から、日本では「お金が借りにくい状況」が続いている。景気が悪いのではお金を借りたいという人は多いはずだが、なぜか消費者金融は貸さない……というより貸せない状況なのだ。その背景には、どのような事情が潜んでいるのだろうか?(2009/6/29)

あなたもお金が借りられなくなる? 法律が招いた“優しいヤミ金”
あなたは「優しいヤミ金融」という言葉をご存じだろうか? かつてのヤミ金といえば「取り立てが厳しい」「金利が高い」といったイメージがあるが、この優しいヤミ金とは「取り立ては厳しくない」「金利は高くないが、違法」といった手口だという。(2009/5/14)

お金を貸したいのに貸せない? 改正貸金業法の影響
上限金利の引き下げや総量規制が導入される改正貸金業法。しかし「貸金業の縮小は避けられない」という指摘がある中で、実態はどのようになっているのだろうか? 日本貸金業協会調べ。(2008/11/12)

著者インタビュー:
住宅バブルは再来する? “日本版サブプライムローン”の危険性(後編)
世界中を揺るがせている米国発の金融危機。その発端はサブプライムローンだが、日本にとっては“他人事”なのだろうか。『日本版サブプライム危機』の著者・石川和男氏は「政策の失敗によって、犠牲者が増えるかもしれない」と危惧する。その政策とは……?(2008/10/22)

著者インタビュー:
住宅ローンの返済が滞ったとき……銀行への対処法は?(中編)
住宅ローンを背負って家を買おうという人には、冷静な判断が必要だろう。しかし筆者は“一目ぼれ”した家を見て、その場で購入の申し込みを済ませてしまった。「夢をかなえたい」その一心で、生活費のことを考えていなかったのだ。(2008/10/15)

著者インタビュー:
今、そこにある“日本版サブプライムローン”の危機(前編)
「サブプライムローン問題は“対岸の火事”」と思っている人も多いはず。米国発の金融不安が世界中を駆け巡っているが、日本でも“時限爆弾”がセットされているという。その時限爆弾とは何か? 『日本版サブプライム危機』の著者・石川和男氏に話を聞いた。(2008/10/7)

平均借金額は480万5000円、5社から――東京都の多重債務者
(2008/9/30)

「携帯端末向けマルチメディア放送サービス等の在り方に関する懇談会」第5回会合:
マルチメディア放送ビジネスフォーラム、YRP研究開発推進協会らが意見表明
総務省は11月26日、「携帯端末向けマルチメディア放送サービス等の在り方に関する懇談会」の第5回会合を開催し、マルチメディア放送ビジネスフォーラム、YRP研究開発推進協会、主婦連合、東京都地域婦人団体連盟から意見を聞いた。(2007/11/27)

ロコ・ロンドン金取引とは?――甘い話にご用心
「今年入社した新人が契約を取れずにいる。助けてくれないか」――気の毒に感じた女性は520万円を支払ったが、「80万円しか残っていない」との連絡が……。このような高齢者を狙った悪質業者が増えているようだ。(2007/10/10)

再編・淘汰が進む消費者金融業界の行方は?
消費者金融が苦しんでいる。上限金利の引き下げ、貸付制限、過払い金の返還によって、成長が見込めない。市場からは「さらなる再編」を期待される中、今後の株価をトレーダーズ・アンド・カンパニーのアナリストが分析した。(2007/8/24)

悪質な金融業者200件を超える勢い、東京都
違法金利で取立を迫る金融業者が後を絶たない。東京都は悪質な貸金業者に行政処分を下しているが、2007年度も200件を超えるペースだという。(2007/6/20)

金融庁の多重債務者対策は十分といえるのか
借金で苦しむ多重債務者への相談体制が不十分のようだ。この問題について金融庁も「進んでいない」と認めており、このままでは“たらい回し”も懸念される。(2007/6/13)

「自己破産者が急増する」――金融庁
自己破産者は2003年に24万人を超えたが、その後は減少を続け、昨年は約16万人だった。しかし改正貸金業法が引きがねとなり、自己破産者が増加すれば……再び社会問題に発展するかもしれない。(2007/5/30)

消費者金融の被害者を増やすな――日本クレジットカウンセリング協会
「複数の消費者金融から借りたお金が返せない」という相談にのり、カウンセリングを行う団体がある。相談してくる人たちの借り入れ実態は、平均6.9件、302万円――借金に悩む多重債務者を水際で防ぐJCCAに話を聞いた。(2007/5/21)

消費者金融を襲う3つの難題
消費者金融が試練に立たされている。返還請求で巨額の赤字を計上、新貸金業法で事業の縮小が予想される。淘汰か、再編か、業界の悩みが続く。(2007/5/16)

「性悪説」による機密・個人情報漏えい対策 第1部
PART2 情報はなぜ漏えいするのか?
個人情報流出、あるいは個人情報漏えいというキーワードがクローズアップされる一方で、そうした情報がどのように利用されているかについてはあまりスポットライトが当たっていない。そうした情報を利用する側の目線で考えてみることにしよう。(2005/2/1)

IT Business フロントライン(123):
止まらぬ架空請求メール――メディアリテラシーをどう啓蒙するか
(2003/8/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。