ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「年金」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!年金→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で年金関連の質問をチェック

突然のM&A その時、人事がキーマンになる:
「旧A社は給与が高いのに、旧B社は残業代すら出ない」を防ぐために M&Aの際、人事制度はどう統合すべきか
M&Aの中でも特に重要となる「人事制度統合」。アプローチを少しでも間違えると従業員のモチベーションダウンを招きやすく、慎重な対応が必要だ。(2021/12/2)

一番のハードルは:
どうすればいい? マイナポイント「2万円の道」
政府は経済対策の一環で、マイナンバーカード保有者に最大2万円分のポイントを付与する方針だが、そのためには「カードの新規取得」「預金口座とのひも付け」「健康保険証登録」という3つの関門がある。手続きは面倒なのか、簡単なのか。(2021/11/20)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
大学留年した内定者、入社させて大丈夫? 人事が気を付けるべきことは?
内定者の1人から「大学の留年が決まったが、土曜日に通えるので正社員で入社したい」と連絡があった企業。大学在学中の人材を正社員として入社させて良いのか、気を付けるべき点はあるか? 社労士が解説する。(2021/11/19)

海外医療技術トレンド(77):
フィットネストラッカーにも広がる米国のセキュリティ規制、異業種連携も加速
前回の連載第76回では米国の医療機器サイバーセキュリティ規制動向を取り上げたが、医療機器に該当しない健康アプリケーション/機器でも、新たな規制に向けた動きが顕在化している。(2021/11/12)

よく分かる! 改正育児・介護休業法:
育児休業中、給付金がもらえる条件は? 社会保険料の免除は? 法改正で変わるポイント
連載「よく分かる! 改正育児・介護休業法」の第3回目は、育児休業に関する社会保険上のサポートについて解説します。(2021/11/12)

突然のM&A その時、人事がキーマンになる:
買収する企業、される企業 2社の社内制度をどう融合? 人事がやるべきことリスト
M&Aで異なる2社を統合していくにあたっては、さまざまな社内制度や仕組みをどう折り合わせていくかが問題になる。双方の企業の了解を取り付けながら調整していくために、人事責任者にはどのようなアクションが求められるのか、解説する。(2021/11/8)

公的年金運用のGPIF、7-9月の運用成績は+0.98%
GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)は11月5日、第2四半期(7-9月)の運用状況を公開した。運用実績はプラス0.98%となり、1兆8763億円の収益を積み増した。(2021/11/5)

定年後も「支えられる者」でなく「支える者」になる時代へ――再雇用、今さら聞けない「保険料や年金の扱い」はどうなるのか?
今の日本の社会では、どの企業も60歳前に「定年」を設定することはできない法律になっている。しかも、少子高齢化が加速している現状では、人手不足を解消する必要があること、そして公的年金の支給開始年齢が原則65歳に引き上げられたことを踏まえると、国は60歳以上の高年齢者を労働市場に留める施策を講じざるを得ない。その一つが「定年再雇用」である。再雇用で、保険料や年金はどういう扱いになるのか?(2021/11/1)

【新連載】西川善司の「日産GT-Rとのシン・生活」:
開発者の「記者イジメ」に遭いながらもそのマシンが欲しくなった、その背景にある熱い物語
IT系ライターの西川善司さんはクルマ愛好家でもあり、スポーツカーに関する記事も執筆している。そんな西川さんが手に入れることになった最新スポーツカー「GT-R nismo Special Edition」を切り口に、これからのクルマのものづくりを解き明かしていく。(2021/10/23)

「あなたは保険に入る必要はありません」 マネフォとライフネットが始めた保険診断が面白い
「あなたは保険に入る必要はありません」。保険の診断を受けると、けっこうな数の人にこんなメッセージが出る保険相談サービスがある。マネーフォワードがライフネット生命と組んで始めた「保険の見直し診断」だ。(2021/10/22)

ビットコイン、ドル建て最高値更新 日本円では750万円突破
ビットコインの上昇が早い。10月18日に710万円を超え、円建てで過去最高値を更新したが、10月20日未明からもう一段上昇し、ドル建てでも過去最高値を超えて6万4300ドルに達した。(2021/10/21)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「45歳定年制」の是非から考える「人を活かす経営の新常識」
終身雇用は人を大切に育て活かせているのか? 制度疲労した日本型雇用を乗り越える提案は、10年前から看過され続けた。コロナ禍も相まって、全世代のキャリア自律がもはや待ったなしの必須課題に。いまこそ、「人を活かす経営の新常識」が求められる!(2021/10/14)

事例を解説:
65〜70歳の定年再雇用 全ての社員を対象にしなければならないのか?
高年齢者雇用安定法が改正、2021年4月より65〜70歳までの就労支援措置が施行されました。企業が定年延長/廃止、定年再雇用といった施策を検討する場合、全ての従業員を対象としなくてはいけないのでしょうか? 事例を踏まえて解説します。(2021/10/7)

「扶養から出るな」という夫も:
“パートは低賃金で当然”の日本で、なぜ「全従業員を正社員化」できた? イケア・ジャパン人事に聞く
いわゆる「同一労働同一賃金法」より約6年も前に、イケア・ジャパンはパートタイマーを含め全従業員を正社員雇用に切り替えた。なぜそのようなことができたのか。イケア・ジャパン人事にインタビュー。(2021/10/6)

20年経った確定拠出年金なぜ普及しない? 利用者は成功体験、複雑さが課題
確定拠出年金制度ができてから20年が経過。その間「老後2000万円」問題などの影響もあり、自助努力で老後に備えようという意識の高まりから、利用者は940万人に達した。しかし、これはまだ労働人口の10%に過ぎない。DCを利用している人が成功体験を得ている一方、制度の複雑さから利用を足踏みしている人も多くいるという課題が見えてきた。(2021/9/29)

働き方の「今」を知る:
45歳定年の波紋 「人材流動化」を生むのか、単なる「人材切り捨て」か
経済界で大きな話題を呼んだ「45歳定年制」。賛否両論だが、果たして本当に「人材流動化」を生み出すのか、あるいは「人材切り捨て」となるのか。悲しい結末に至らないためのカギを解説する。(2021/9/28)

SBI証券、iDeCo50万口座 業界初
SBI証券は7月末時点で、iDeCo(個人型確定拠出年金)の口座数が業界で初めて50万口座を超えたと発表した。iDeCoの加入者数は7月末時点で210万1958人。約24%のシェアとなる。(2021/9/6)

背後に潜む経営難:
医療経営学者が明かす、「コロナ医療危機」の問題点
新型コロナウイルスの感染が全国規模で拡大し、医療崩壊が現実のものとなっている。中央大大学院教授で総合内科専門医の真野俊樹氏(医療経営学)は、コロナ禍によって露呈した日本の医療制度の限界を指摘し、現状の課題と改革案を提言する。(2021/9/5)

投資信託「ひふみ」シリーズ 運用資産残高1兆円を突破
 投資信託「ひふみ」シリーズを運用するレオス・キャピタルワークス(東京都千代田区)は8月31日、投資信託「ひふみ」シリーズの運用資産残高が1兆円を突破したと発表した。(2021/9/2)

賃金体系も変更:
バブル期の大量採用世代が定年に ダイキンが急ぐ「再雇用制度」大改定の中身
ダイキン工業が、今年4月の高年齢者雇用安定法の改正に合わせ、再雇用期間を延長した。最大のポイントは、70歳までの期間延長と再雇用者の処遇の見直しだ。その詳しい中身は……?(2021/8/24)

定年再雇用の潮流:
「60歳以降、賃金減額」の判例を知る 長澤運輸事件から変わった「傾向」
定年再雇用時の賃金に関する裁判例は多数あります。中でも2018年の長澤運輸事件が、最高裁の考え方を知る上で重要な判例です。長澤運輸事件を中心に、判例を整理します。(2021/8/10)

カナダのAIチップ新興企業:
Untether AI、Intel Capitalら主導の投資ラウンドで1億2500万ドル調達
データセンター向けAIチップを手掛けるカナダの新興企業Untether AI が、Tracker Capital ManagementとIntel Capitalが共同で主導した投資ラウンドにおいて、1億2500万米ドルの資金を調達した。(2021/8/4)

日本年金機構かたるフィッシングに注意 「ネット手続きに情報の更新が必要」などと偽る
日本年金機構をかたるフィッシングメールを確認したとして、フィッシング対策協議会が注意を促した。「年金の手続きをネット上で行えるようにする」と偽ってフィッシングサイトに誘導し、個人情報を窃取するという。(2021/8/2)

預り資産5000億円到達のWealthNavi、次のマイルストーン1兆円の意味とは?
ウェルスナビが運営するロボアドバイザーサービス「WealthNavi」の預かり資産残高が、7月14日に5000億円を超えた。次のマイルストーンは、預かり資産1兆円だ。この1兆円とは、WealthNaviにとってどんな意味を持ち、何が変わるのか。柴山和久CEOに聞いた。(2021/7/15)

ドコモ、日興、THEOのお金のデザインが協業 dカード利用した積立投資検討
NTTドコモおよびSMBC日興証券、ロボアドバイザーサービス「THEO」を運営するお金のデザイン(東京都港区)は7月12日、資産運用サービス拡充に向けた協業検討を合意したと発表した。(2021/7/12)

年金運用のGPIF、2020年度は過去最高の25%超リターン、37兆8000億円増
公的年金の積立金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)は、2020年度の運用実績を公表した。運用収益率は自主運用を始めた01年以降で過去最高の25.15%。収益額は37兆7986億円となった。(2021/7/2)

定年延長のリアル:
定年延長に向けた人事制度改革(5) 退職金の見直し方法 60歳→65歳で増額か? 据え置きか?
定年延長に伴って企業が注意すべき退職金制度の見直し方法について、「退職一時金制度」「企業年金制度」それぞれの観点から整理・解説していきます。(2021/7/1)

老後資金が不安62% 貯蓄額は「100万円〜500万円未満」が最多に
お金に関する情報メディア「ゼニエモン」では会社員を対象に「現在の貯金状況や老後の生活資金に関するアンケート」を実施した。その結果、現在の貯蓄額は「100万円〜500万円未満」が最も多く、ひと月当たりの貯蓄額では「5万円〜10万円未満」が最多となった。(2021/6/25)

チェックリスト:
希望退職を募集して、優秀な社員が「辞めたい」と言ったら、どうする?
希望退職実施にあたって決めておくべきことは多岐にわたります。今回は退職人員、退職日、募集期間、募集対象、退職者への優遇措置、再就職支援措置、会社の承認の有無、そして「優秀な社員からの希望があった場合の対応」について解説します。(2021/6/17)

必要なのは、どんな時?:
“テレワーク手当”の新設で生じる、社会保険の手続き「随時改定」とは?
テレワーク手当の新設など、年度の途中で給与額に一定以上の変動があった際に行う必要がある社会保険の手続き「随時改定」について、解説します。(2021/6/1)

レオス・キャピタルワークス、運用資産残高1兆円突破
投資信託「ひふみ」シリーズを運用するレオス・キャピタルワークス(東京都千代田区)は5月25日、運用資産残高(同シリーズと国内外の年金基金運用等の合計)が1兆円を突破したと発表した。(2021/5/28)

テレワークの疑問:
実費精算の通勤費、賃金として社会保険料計算の対象になるか?  厚労省の最新見解は
毎年4月から6月までの給与額をもとに、社会保険料が算出される。通勤手当も、賃金と見なして届け出ることになっている。では、テレワークを中心とした勤務で、数日のみ出勤した際の通勤費は、従来通りに賃金と見なすのか、否か。4月に公表された厚労省の見解も踏まえ、解説する。(2021/5/20)

TwitterやYouTubeの投げ銭機能、税金はどう処理する? 税理士YouTuberに聞く
YouTubeやTwitterの投げ銭機能に注目が集まる中、その収益をどう処理するべきなのか。税理士YouTuberとして活動する大河内薫さんに話を聞いた。(2021/5/17)

LINE証券、野村證券との初連携サービス iDeCo提供開始
LINE証券は5月10日から「LINEのiDeCo」の提供を開始した。書類の郵送などが必要なく、すべてオンラインで申し込みが完結する。また、運営管理手数料は0円とし、大手ネット証券と同等のコスト体系とした。(2021/5/10)

定年延長のリアル:
定年延長に向けた人事制度改革(3) 同時に導入「65歳への定年延長」と「70歳までの継続雇用」の成功事例
本連載では、高年齢者活用というテーマの中でも企業の関心が最も高いであろう、「65歳への定年延長(あるいは70歳までの雇用)」を取り上げ、各企業の実態に即した定年延長の進め方や、実際に定年延長を行った企業の実例をもとにした成功ポイントを解説します。(2021/4/28)

働き方の「今」を知る:
日本人は、自らブラックな労働環境を望んでいるといえなくもないワケ
長く続くコロナ禍。解雇などのニュースを目にすることも多いが、国際的に見ると日本は比較的低めに推移している。ただ、その代わりに失っているものも少なくないと筆者は指摘する。(2021/4/27)

今なぜ若者がインデックス投資? 流行の陰につみたてNISAとYouTuber
一昔前までは、株式投資といえば上がりそうな銘柄を探してそれを買うというイメージが強かった。しかし今、若者の間でインデックス投資が流行している。ではなぜ、インデックス投資が盛り上がっているのだろうか。(2021/4/23)

テレワーク手当の実施率は3割 コロナ禍が福利厚生に与えた影響と課題とは?
月刊総務が福利厚生に関する調査を行い、結果を発表した。(2021/4/23)

定年延長のリアル(番外編):
「国家公務員の定年延長」で、企業でも改革が加速する3つの理由
今国会で国家公務員法改正案が成立すれば、民間企業に先駆けた「定年延長の法制化」になりそうだ。民間企業の今後の定年延長に向けた改革にも大きく影響を与えることになると考えられる。その理由は。(2021/4/7)

崩れる金融事業モデル、その先にあるもの 〜JAMP大原氏に聞く
金融業界が大きな変換期を迎えている。地銀においては長引く低金利、地方の衰退などもあり多くが赤字化した。足元は株高で堅調にみえる証券業界も、手数料無料化の流れは着々と進んでおり、いずれもこれまで利益を上げてきた事業モデルが崩れつつある。ではそれぞれの金融機関には、どのような選択肢があって、どんなチャンスがあるのだろうか。(2021/3/16)

楽天証券、土日もコールセンター営業 投信やつみたてNISAに回答
楽天証券は3月6日から、土日もコールセンターを営業し、新設する「投信NISA 週末専用ダイヤル」で問い合わせに対応する。土日もコールセンターで対応するのは、主要ネット証券5社で初。(2021/3/3)

楽天カード、公共料金の獲得ポイントが5分の1に 6月1日から
100円利用につき1ポイント付いていたが、500円利用につき1ポイントに変わる。(2021/3/1)

公的年金を運用するGPIF、10〜12月は10兆円超の黒字
公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、2020年10〜12月の運用結果を公開した。それによると、3カ月間での運用収益は10兆3528億円の黒字だった。(2021/2/12)

税務署に行かなくても確定申告できるなら、その方が楽ですしリスクも減るという話
緊急事態宣言の延長を受け確定申告の期限が1カ月ほど延長されました。(2021/2/3)

SBI証券、楽天証券、iDeCo申し込みをオンライン化 書類郵送不要に
 iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入や移換の申し込みがやっとオンライン化される。(2021/1/6)

背景と今後の課題:
70歳定年「歓迎できない」過半数、その理由は?
労働力不足などの問題から、政府が推進している「70歳雇用」だが、「戸惑い・困惑を感じる」という声も少なくない。段階的に定年を引き上げながら、賃金水準を緩やかに調整するなどの対応が求められそうだ。(2020/12/24)

ロボアド初の上場 潜在市場は16兆円超 ウェルスナビ柴山CEO単独インタビュー
顧客の資産をアルゴリズムに従って自動で運用するロボアドバイザー国内最大手のウェルスナビが12月22日、東証マザーズに上場した。調達した資金を使い、何を目指すのか。同社の柴山和久CEOに聞いた。(2020/12/22)

同一労働同一賃金、経営者・管理者の役割は? マックス対応か、ミニマム対応か
同一労働同一賃金については、人事担当者が対応すればよいと思われがちですが、経営者や管理者にとっても必要な役割があります。主に経営者には方針決定、管理者には会社方針に沿った実務運用という役割が求められます。(2020/12/16)

モノづくり業界転職トレンド(27):
希望年収は伝えるべき? 納得できる年収で転職するためには
転職理由の代表格が「年収アップ」。だが面接の場で希望年収をいつ伝えるかなど迷うところだ。納得できる年収で転職するためのポイントについて、転職コンサルタントに話を聞いた。(2020/12/11)

ロボアドWealthNaviがNISAに対応 この冬にも
ウェルスナビが提供するロボアドバイザーサービス「WealthNavi」がNISAに対応する。2020年下旬から21年上旬にリリースを予定している。(2020/11/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。