ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「年金」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!年金→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で年金関連の質問をチェック

参院選2019 まだ迷っている人へ送る「投票先の選び方」
納得のいく選択をするために。(2019/7/15)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
一流の“動線思考”は、「満員電車には乗らない」
人生は動線選択の連続。そんな日々の動線をどう選ぶべきか。(2019/7/11)

予期せぬ恩恵:
老後「2000万円」は“禁句”の金融業界、複雑な表情
金融庁金融審議会の「老後に2千万円が必要」とする報告書をめぐる一連の騒動で、金融業界に戸惑いが広がっている。老後の資産を増やすためのセミナーや金融商品への関心が急に高まっており、業界関係者は素直に喜べない複雑な表情を浮かべている。(2019/7/8)

50代の6割が受け取れる年金額を知らない 日銀調査
公的年金への不安がいわれるが、受給間近の50代でも、過半数が自分が受け取れる年金額を知らないことが分かった。一方で、退職後の生活費への意識は高く、20代でも47%が意識ていると答えている。(2019/7/5)

イノベーションは日本を救うのか(33):
新興企業の成長に不可欠、今こそ求められる“真のベンチャーキャピタリスト”
今回は、日本のベンチャーキャピタルが抱える3つの課題を掘り下げたい。日本のベンチャーキャピタルの“生い立ち”を振り返ると、なぜ、こうした3つの課題があるのかがよく分かってくるだろう。(2019/7/5)

平均所得は551万円……だけど「平均以下が62%」という現実 「生活苦しい」も57% 厚労省調査
中央値は423万円。(2019/7/3)

参院選を前に「タブー」に迫る:
田原総一朗が憲法9条で安倍首相を斬る――「“改憲した総理”になりたいだけ」
参院選を前に憲法改正にこだわる田原総一朗氏。そこには自民党議員も触れない「タブー」があった。単独インタビューで迫った――。(2019/6/25)

専門家のイロメガネ:
麻生氏「年金受給記憶ない」発言が物議 共産党・小池氏のでたらめな批判内容
老後資金は2000万円不足する……問題の議論の過程で、年金に関する勘違いを助長する話が出ている。日本共産党の小池昇氏のツイートを見ると、同氏も年金を理解していない。小池氏の勘違いは社会保障制度の誤解を招く可能性がある。(2019/6/18)

背景に年金制度への不安?:
年収1000万円プレーヤーに聞いた、夏ボーナスの使い道トップは?
年収1000万円プレーヤーはどうお金を使う?。夏ボーナスの使い道を人材サービス会社が調査。ちょっと意外な結果が。(2019/6/17)

dアニメストア、公式Twitterの不適切な投稿を謝罪 政治について個人的な見解を述べていた
運営は「投稿は当社の見解でない」とし、ツイートを削除しました。(2019/6/14)

ネット「まじで正論」:
せやろがいおじさん「老後2000万円」に物申ーす! 金融庁にツッコミ
「100年安心の年金制度って豪語していて、急に人生百年時代の蓄えを〜!って自助努力呼びかけられてもビックリするわ!」。金融庁が公表した報告書を巡り、沖縄のお笑いコンビ「リップサービス」のツッコミ役で「せやろがいおじさん」こと榎森耕助さんがそう叫ぶ動画を発信した。(2019/6/12)

雇用延長を求める声も:
自分が受け取れる年金額、約6割が「把握していない」
働き方コンソーシアム(CESS)が「働き方と年金とキャリア設計などに関する意識調査」を発表。30〜59歳の働く男女1010人のうち、自身が加入する年金や将来受け取れる年金額を約6割の人が把握していないことが分かった。(2019/6/11)

ブラック企業から自分を守れ!:
非正規社員もボーナスがもらえる? 賞与と各種手当を取り戻す「正当な手順」
6月に入り夏のボーナスシーズンが到来。非正規社員にとってボーナスは縁遠い存在だったが、その常識を覆す判決が大阪高裁で下された。賞与や各種手当を取り戻す正当な方法と手順とは?(2019/6/10)

イノベーションは日本を救うのか(32):
「起業活動の数と質」、日本がベンチャー設立で抱える根深き4つの課題
実は、日本は先進国の中でも「起業活動の活発度」が低い。それはなぜなのだろうか。筆者は4つの問題があると考えている。(2019/5/31)

ブラック企業から自分を守れ!:
「おまえの家族皆殺し」――“極限のパワハラ・セクハラ”にどう立ち向かうか
日本で初めてパワハラやセクハラ規制の強化策を盛り込んだ法律が、通常国会で成立する見通しとなった。法律などを使っていかにして自分の身を守るのか? ベテランジャーナリストが解説する。(2019/5/28)

年金受給開始、2割が70代からを希望
公的年金の受給開始は、通常65歳で、60歳から70歳の範囲で変更できる。ところが、約2割が70代からの受給開始を希望した。(2019/5/28)

投資のきっかけは仮想通貨? なぜ若者はビットコインを買ってしまうのか
「投資のきっかけは仮想通貨のリップルを買ったことです」。金融庁は貯蓄から投資へのシフトを促し、各社が若年層向けの投資商品や金融教育を推進している。ところが、若者にとって投資の入り口になっているのは皮肉にも仮想通貨だ。(2019/5/27)

確定申告に源泉徴収票の添付が不要になったって知ってます? 2019年4月1日から
ちょっと楽になりますね。(2019/5/24)

Gartner Insights Pickup(109):
金融機関のデジタルトランスフォーメーションにおける5つの性質
金融サービス企業の多くは、デジタルビジネスから価値を生み出す取り組みを進めている。これにはさまざまなルートやアプローチがあるが、世界の金融サービス企業のほぼ半数では、依然としてごく初期の段階か、あるいは未成熟な段階にある。(2019/5/24)

“いま”が分かるビジネス塾:
日本型雇用は“幻想”に過ぎない トヨタ・経団連トップの「終身雇用難しい」発言で露呈 
財界トップが次々に終身雇用の継続困難に言及。人件費負担に企業が耐えられなくなったのが原因。終身雇用は日本の伝統ではないという背景も。(2019/5/22)

専門家のイロメガネ:
わたし、定時で帰れるの? 残業を強制できるラインはどこか
ドラマ『わたし、定時で帰ります。』が話題になる背景には、多くの人にとって定時で帰れず残業が当たり前の状況があります。本来、残業をせずに定時で帰っていいラインとはどこにあるのでしょうか?(2019/5/8)

「働く女性の声を受けて”無職の妻”の年金半額案検討」記事に批判続出 ハッシュタグ「働く女性の声」に寄せられたリアル
労働環境、家の中のことも考えるべきでは?(2019/5/7)

働き方改革関連法施行後の「自己防衛術」:
悪質手口から有休を守れ! あなたにもできる「ブラック企業との戦い方」
働き方改革関連法で注目されるのが年5日の「有給休暇の取得義務」――。取得させないように動く経営者からいかにして自分を守るのか?(2019/4/16)

ひきこもり多い氷河期世代……「生活保護入り」阻止へ早期対応
10日の政府の経済財政諮問会議で、民間議員が提言した「就職氷河期世代」の集中支援。バブル崩壊後の景気悪化で新卒時に希望の職に就けないままフリーターや無職となった若者たちは既に30代半ばから40代半ばに達し、自宅にひきこもるケースも少なくない。政府は3年間の集中プログラムを通じて就職氷河期世代を正規就労に結びつけ、高齢期の生活保護入りを阻止したい考えだ。(2019/4/12)

「ゲームではなく、リアルな金融取引を体験して」――Tポイント投資で「本物の株」が買える理由
SBIネオモバイル証券が、「Tポイント」を使ってスマートフォン上で国内株式を購入できるサービス「ネオモバ」をスタート。昨今のビジネス界では、ポイントが増減する“投資の疑似体験”を提供する事業者が増えているが、ネオモバはTポイントの運用には対応しない。会見で上層部がこの理由を語った。(2019/4/10)

世界を「数字」で回してみよう(57) 働き方改革(16):
デジタル時代の敬老精神 〜シニア活用の心構えとは
今回は「シニアの活用」についてです。やたらとずっと働きたがるシニアに働いてもらうことは、労働力の点から見ればよい施策のはずです。ただし、そこにはどうしても乗り越えなくてはならない壁が存在します。シニアの「ITリテラシー」です。(2019/3/27)

【特集】Transborder 〜デジタル変革の旗手たち〜:
直売率99%、栃木の「阿部梨園」が経営改善のノウハウを無償で公開し続ける理由
東大卒のマネージャーを擁し、農家の業務改革の好例として注目を集めている、栃木県の「阿部梨園」。経営改善からITツールの使いこなし方まで、彼らはそのノウハウをWeb上で「阿部梨園の知恵袋」として無償公開している。企業秘密ともいえる情報をオープンにする理由はどこにあるのか?(2019/3/18)

高齢者支援が重荷に:
「見えない増税」に注意! 健保組合の保険料が10年で10万円アップ
日本の医療保険制度を支える健康保険組合の経営悪化が進行している。健康保険組合連合会が昨年末に発表したデータによると、平成29年度は加盟約1400組合のうち4割以上が、支出が収入を上回る赤字状態となった。背景にあるのは高齢者向け医療費の慢性的な増加で、健康保険に加入する現役世代が高齢者の医療費を支える構図が強まっている。こうした中、加入者が負担する保険料はこの10年で10万円も上がり、手取り収入は押し下げられる一方だ。日本経済は緩やかな回復基調が続いているというが、消費者(加入者)の負担感は当面拭えそうにない。(2019/3/13)

働き方改革関連法施行後の「自己防衛術」:
未払い残業代を取り戻せ! あなたにもできる「ブラック企業との戦い方」
働き方改革関連法の施行は、これまでただ働きしてきたサービス残業による未払い残業代を取り戻すチャンスだ。(2019/3/8)

個人投資家列伝(7):
徹底的な低コスト投資家が気にする、投資のコスト kenzさん
「なぜインデックス投資をやっているかというと、低コストだから」。そう話すインデックス投資家のkenzさんは、確実にリターンを減らす「投資のコスト」に敏感だ。0.1%の信託報酬の違いも、20年間運用すると誤差ではなくなってくる。低コストで投資する方法とは?(2019/2/27)

フィンランドのベーシックインカム暫定結果 「雇用促進はしないが幸福感は向上」
結果の確証はこれから。(2019/2/18)

0.5歩先の未来を作る医療IT
医療分野にRPAは普及するか? 自動化技術が変える、医療事務の今と未来
医療費精算やレセプト請求のような定型的な医療事務作業は、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)をはじめとする自動化技術が大きな効果を発揮する可能性があります。(2019/2/4)

「ハッタリだけでボロ儲け」 “恥ずかしい写真”で恐喝、セクストーションスパムの手口
裸など性的な画像をばらまくと脅し、金銭をだまし取ろうとするスパムメールが日本でも広がっている。専門家によれば「『ハッタリ』をきかせるだけでボロもうけする手口」が登場しているという。(2019/1/30)

厚労不正の一因? 国の統計職員10年で半減 「データ重視の今後に悪影響」声も
霞が関で統計に携わる職員の数は、この10年間で半減している。人員半減は統計の重要性が軽視されていて、厚労省の統計不正問題を招いた一因ではないのか。(2019/1/25)

必要以上に年金制度を不安に思ってない?:
改めて知っておくべき「年金」の超基本を図解!
複雑な年金制度について、どこまで理解してる? 最低限知っておきたい点をインフォグラフィックにまとめました。(2019/1/15)

マネーの達人:
「5G」をめぐる米中戦争 ファーウェイ排除とソフトバンクが抱えるリスク
米国を中心に、中国通信機器大手ファーウェイの製品を排除する動きが広がっています。米中貿易戦争の本質は「5G」時代のIT覇権争いです。ファーウェイの通信網を使うソフトバンクのリスクも浮き彫りになっており、日本企業も方針転換が迫られるでしょう。(2018/12/20)

「ポストパリ協定時代」における企業の気候変動対策(5):
環境分野で最重要の格付指標となった「CDP」、効果的に活用するポイントとは?
「パリ協定」以降の企業の気候変動対策について解説する本連載。最終回となる今回は、ESG投資家が企業の気候変動対策についての重要指標として参照する「CDP」の活用手法と、気候変動対策に関する企業の「情報発信」の手法について解説する。(2018/12/14)

モノづくり業界転職トレンド(3):
製造業で外資系企業の人気が高まっている理由
製造業外資系企業への転職が直近4年で3.3倍になるなど大幅に増加している。外資系企業の人気が高まっている理由や日系と外資系の働き方の違いについて転職コンサルタントに聞いた。(2018/12/10)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
ジオンとその系譜に見る、「国力」とは何か?
我々はしばしば「国力」という言葉を使う。国力とは、GDPといったフローの経済指標だけでは測れず、保有する資源や資産というストックも含めた、広い概念なのだ。そこで今回は、ガンダム作品の敵役であるジオンとその系譜を題材に、国力について考察する。(2018/12/10)

美名のもとに遂行される「政府シナリオ」:
公務員65歳定年制の導入は「若者の賃金搾取」と「解雇規制緩和」の序章だ
政府は公務員の定年引き上げを検討している。この動きが民間にまで波及すれば法定定年年齢の65歳への引き上げにつながり、70歳までの雇用確保を義務付けるという「政府のシナリオ」が現実味を帯びつつあるのだ。その先にあるのは……。(2018/11/29)

元国税局職員が明かす「サバイバル術」:
2カ月、5万円で会社設立! 「社会保険料の節約」に悪戦苦闘した元公務員の“生存戦略”
3年間迷った挙句、家族の反対を押し切って公務員を辞め、フリーライターになった筆者。意外にも収入水準は前職並みに近づきつつあった一方、難題にぶつかった。それは「国民健康保険」の支払い――。会社員と違って重い負担を要する保険料を節約するために動き出したのだが……。(2018/11/9)

為替リスクには注意だが:
元本保証で利息3% 世界一安全な米国債を買ってみた
預金金利はゼロのようなものだし、個人向け国債も0.05%。元本が保証されていてもう少し利回りがいいものはないものか? 実はありました。米国の国債です。現在、米国債の金利は上昇基調にあり、利回りは3%を超えています。(2018/11/8)

続出する「退職トラブル」:
詐術、脅迫、暴力、洗脳 「辞めたくても辞めさせないブラック企業」急増の真相
「会社を辞めたいのに辞めさせてくれない」という人の相談が増えている。厚生労働省の調査では、会社に辞めたいと伝えても辞めさせてくれない「自己都合退職」の相談が2番目に多く、3万8945件(相談件数の12.8%)もあった。「退職トラブル」の実態とブラック企業への対策を探る。(2018/11/6)

パーフェクトウーマン 女性が拓く新時代:
両親亡くした一人娘の挑戦 元ラジオDJが「自己破産」覚悟でめっき会社社長に
完璧な人間はいない――。だが、仕事も私生活も充実させ、鮮やかにキャリアを築く「女性リーダー」は確実に増えてきた。企業社会の第一線で活躍する女性たちの素顔に迫り、「女性活躍」のリアルを探る。(2018/10/31)

ポイントもたまるスマホ年金サービス「auのiDeCo」提供開始
KDDIは、10月24日に個人向け確定拠出年金サービス「auのiDeCo」を提供開始。年金管理に必要な機能を集約し、積立額・節税額のシミュレーションや運用スタイルの選択・見直しなどができる。運営管理手数料は不要で、運用残高に応じてWALLET ポイントやWow!スーパーポイントがプレゼントされる。(2018/10/24)

申し込みから残高確認までスマホで:
KDDIがiDeCo参入 残高に応じてポイント還元
スマホで申し込みができ、残高の確認や節税額や運用結果などのシミュレーションもスマホで行えるiDeCoサービスをKDDIが提供する。スマホと親和性の高い若いユーザーを獲得していくのが狙いだ。残高の0.1%のポイントも還元する。(2018/10/24)

KDDI、スマホで年金運用「auのiDeCo」提供 「投資は不安」「手続きが面倒」若年層に照準
KDDIが、個人向け確定拠出年金サービス「auのiDeCo」の提供を始めた。スマートフォンアプリで申し込み、運用状況の確認などを行える手軽さが売りだ。(2018/10/24)

「お金が不安、でも推しへの支出はやめたくない!」ハッピー浪費生活を続けるための“3つの鉄則”
「日○WOMAN」には載らないお金の話。(2018/10/24)

若いうちから少しづつ投資すべき理由:
芥川賞作家・羽田圭介さんが説く「投資の思考回路」の作り方
人生100年時代というのは、定年退職してから退職金を資産運用して暮らしていこうと思っても遅すぎる時代に入ったということを意味する。では、若いうちからどのようにして投資を始めるのか? 自身の投資経歴を元に、投資の思考回路の作り方を、芥川賞作家の羽田圭介さんが話した。(2018/10/9)

マネーの達人:
人ごとではない! 国民健康保険や介護保険の「過払い金」って何?
借金経験がなくても、過払い金は人ごとではありません。「国民健康保険」や「介護保険料」の過払いについて解説します。(2018/9/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。