ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「退職」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「退職」に関する情報が集まったページです。

管理者が把握していないSaaSやアカウントを可視化
SaaSの「コスト削減」と「セキュリティ向上」を同時にかなえるには
増え続けるSaaSの運用管理を全社で一元化するのは大変だが、重要なことだ。担当者の退職や契約終了で使わなくなったSaaSアカウントを放置すると、コストとセキュリティの問題につながる。効果的に運用管理する方法とは。(2022/5/13)

「起業志望者」も採用する理由:
DeNAはなぜ「退職者」を新卒採用イベントに登壇させるのか
「退職」――この言葉はどちらかというとネガティブに受け取られがちなものだろう。しかし、退職者をあえて採用イベントに呼んで、語ってもらうという風変わりな企業がある。DeNAだ。(2022/5/9)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(98):
取った資格は俺のもの、もらったお金も俺のもの
会社から資格取得支援金をもらって、CCNPとOracle Masterを取得したエンジニア。退職時に支援金の返却を求められたが、応じるべきなのだろうか――。(2022/5/9)

「100%の結果を出そうと焦るより……」 36年間働いてきた上司が退職時に残した名言が説得力しかない
長年働き続けてきた人の言葉。(2022/5/4)

学生から不安の声:
「教わった先生はほとんどいない」 専門学校運営のSOLA学園、離職44人
専門学校を運営するSOLA学園で2021年4月から今年3月までの1年間に、少なくとも44人の職員が懲戒処分や自主退職などで離職していることが分かった。(2022/4/19)

裁判から「解雇」の誤解を紐解く:
裁判結果が話題 「会社に貢献できない人はクビ」と主張する外資企業のウソ・ホント
「会社に貢献できない場合に退職を求められるのは、外資系金融機関では常識」「日本の判例で男性の解雇が無効とされれば、国際企業は日本から撤退する」」と主張する会社と退職を迫られた元幹部が争った裁判結果が話題になっている。(2022/4/8)

社労士・井口克己の労務Q&A:
入院中に有休を使い切った社員 会社が立て替えた住民税を踏み倒して退職……どうすればよかった?
入院中に有休を使い切った社員。無給期間中の社会保険料や住民税などは会社で立て替えていたが、そのまま退職。退職後の請求にも応じなかった。どうすればよかった?(2022/3/29)

入社1年目の約50%が「退職を考えたことはある」 退職してどうするのか?
レバレジーズは、入社1年目の社員に「入社後の状況に関する調査」を実施した。現在も新卒入社した企業で働いている新入社員に「退職を考えたことはあるか」を尋ねたところ、49.6%が「ある」と回答した。退職後はどういうキャリアを描いているのだろうか?(2022/3/23)

Q&A 弁護士に聞く、現場のギモン:
「発令がないから、これは休職ではない」──退職ぎりぎりまで休んだ社員の主張に、どう対応すべきか?
持病で退職ぎりぎりの日数まで休んだ社員に、もうすぐ休職期間満了になる旨を通知したところ「休職を発令されていない。休職という認識がなかった」との返事がありました。どう対応すべきでしょうか?(2022/3/22)

富士通、早期退職に3031人応募 3年ぶりの大規模実施
 富士通は、早期希望退職に3031人が応募したと発表した。今回の対象は、国内グループの50歳以上の幹部社員で、2021年12月から22年2月末まで希望者を募った。(2022/3/11)

キャリアニュース:
介護経験のある管理職の48%が、介護を理由に「退職を考えた」と回答
Adecco Group Japanが「介護と仕事の両立に関する調査」の結果を発表した。管理職の48.4%が、介護を理由に退職を「考えたことがある」と回答し、64.5%が、休暇制度や勤務に関する制度を「利用しづらい」と考えていた。(2022/3/10)

結婚報告かと思ったら……→「ばね座金じゃねぇか!」「だまされたw」 幸せが待っていそうな“退職届”の写真に反響
※寿退社ではありません。(2022/3/8)

日本航空の行方【前編】:
「希望退職を募集することになったら、私はJALを辞めます」 日本航空・菊山英樹専務
コロナ禍による国際、国内の旅客数減少が長期化して日本航空(JAL)は苦しい経営が続いている。経営破綻後に当時の稲盛和夫会長(現在は名誉顧問)から経営のやり方を巡って叱責された経験がある菊山英樹専務にインタビューした。(2022/3/8)

顧客から「漏えいでは」と指摘:
退職者が機密情報を持ち出し 「勉強のためだった」なら処分を甘くすべきか?
退職者が機密情報を持ち出していたことが発覚。「勉強のためだった」というが、どのように処分するべきか?(2022/3/7)

やはり社内文化に問題
「仕事は快適&興味深い」のに退職者が多いIT業界の闇
IT企業は社内文化に致命的な欠点を抱えているようだ。IT業界での仕事を快適、興味深いと感じているにもかかわらず、多くの若者がIT業界を去ろうとしている。(2022/3/4)

オリオンビールが早期退職を募集 30歳以上が対象、人数定めず
 オリオンビール(沖縄県豊見城市)は2月28日、30歳以上の従業員を対象とした早期退職制度「セカンドキャリアサポートプログラム」の実施を発表した。(2022/3/3)

SaaSサブスクリプション管理のベストプラクティス3選【前編】
退職者しか知らない“謎のSaaSサブスク契約”を生まない方法
サブスクリプション形式で利用するSaaSの管理をおろそかにすると、必要のないサービスや機能にコストをかけてしまうことがある。身近な“あるアプリケーション”が契約管理に有効だ。(2022/3/1)

転職者は不安でいっぱい
リモート入社時研修が労使双方に与える苦悩 大量退職を避けるには?
時節柄、入社時研修もリモートで実施されるようになり、新入社員や中途採用者は困難な状況に立たされている。これは人事担当者にとっても同じだ。両者が抱える課題、「大量退職」を生まない対策とは何か。(2022/2/24)

Ploom Xは100万台を突破:
JTの21年12月期決算 海外たばこ好調で増収増益 希望退職に3102人
日本たばこ産業(JT)は2月14日、2021年12月期の連結決算を発表した。(2022/2/15)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「転職は裏切り」と考えるザンネンな企業が、知るべき真実
「お前はどこに行っても通用しない」「転職は裏切りだ」──会社を去ろうとする若手社員に、そんな言葉を投げかける企業がいまだに存在する。そうした時代遅れな企業が知らない「新入社員の3割が辞めてしまう理由」や、「成長企業できる企業の退職者との向き合い方」とは?(2022/2/10)

フジテレビ、希望退職者の募集で90億円の特別損失を計上
フジ・メディア・ホールディングスは2月3日、2021年11月に発表した連結子会社フジテレビジョンでの希望退職者募集の結果に伴い、22年3月期決算において約90億円の特別損失を計上すると発表した。(2022/2/3)

社労士・井口克己の労務Q&A:
"週休3日"の社員は、退職金を減額 NGですか?
当社では退職時に週休3日制を利用している場合、退職金の減額を検討しています。ところが、社員からは反対意見が出ています。(2022/2/2)

Q&A 総務・人事の相談所:
「キャリアパスが見えない」と若手の退職続出──人事はどうすべき?
若手・中堅社員が「キャリアパスが見えない」として辞めていってしまう──そんな中で、人事はどのような対応をすればいいのだろうか? 人事コンサルタントが回答する。(2022/1/31)

2021年の上場企業「早期・希望退職」募集状況 開示した上場企業は84社に
暮秋企業は前年の93社から9社減少したものの、募集人数は1万5892人に達した。(2022/1/21)

離職した時期:
高卒者の退職理由は? 入社1年以内に辞めた人は45.9%
高校生向けの求人情報サイトを運営するジンジブは、高校卒業後に正社員として働いた人を対象に、早期離職とその後の再就職に関する調査を実施した。(2022/1/21)

元電通マン、今ドローンマン:
50代で電通を退職した元コピーライターが、ドローンで起業したワケ
35年にわたって広告畑にいるという元電通社員の森田直樹さん。退職後は、ドローン事業で起業した。「もともとはコピーライター」という経歴から、なぜドローンで起業するに至ったのか。キャリアの変遷について話を聞いた。(2022/1/20)

高止まりの恐れ:
上場84社が希望退職募集 2年連続高水準
令和3年に希望退職を募った上場企業が84社にのぼったことが15日、分かった。調査した東京商工リサーチが20日にも発表する。80社を超えるのは2年連続で……。(2022/1/17)

業務情報、フリマで流出 退職者がHDD売却 情報セキュリティのラックが謝罪
ラックは、同社の社内ビジネス文書が保存されたHDDがフリーマーケットに出品され、購入者に情報が流出したと発表した。HDDは回収済みで、情報の拡散はない。(2022/1/14)

7200人に聞く:
転職活動でうまく回答できなかった質問 「退職理由」や「志望動機」を抑え1位となったのは?
転職支援サービス「エン転職」を運営するエン・ジャパン(東京都新宿区)は、転職活動での「面接」についての調査結果を発表した。(2022/1/13)

連載「情報戦を制す人事」:
「人事データを人員配置、退職予測に使いたい」──その前に準備すべき3つのこと
「人事データを活用して戦略的な配置や退職予測を行いたい」と考える企業は多いが、当初の目的通りの効果を得られないケースも少なくない。目的達成に向けて頓挫することなく、有効に活用するためには?(2022/1/12)

満41歳以上の正社員が対象:
『まっぷる』の昭文社、希望退職者を募集 出版事業の苦戦で
昭文社ホールディングスは1月11日、連結子会社でガイドブック「まっぷる」などを手掛ける昭文社において希望退職者を募集すると発表した。主力の出版事業を中心に厳しい事業環境が続いていた。(2022/1/11)

年末ルーティンは「日記」と「手帳」:
ワタミ「早期退職はしない」 「SDGs経営で1兆円企業」を目指す
2021年もあと3日を残した。外食産業は厳しい経営を強いられたが年末は必ず、「今年もいい1年だった」と口にする。「すべきことはできた」と思っている。何よりも元気で楽しく仕事ができて、家族と毎日明るく過ごせた。これ以上の幸せはない。(2021/12/29)

米国は“大退職時代”:
離職率は2% 「退職ラッシュ」が続く中で、社員に選ばれる企業の舞台裏
米国では、コロナ禍をきっかけに働き方を見直す人が多く、「大退職時代」(Great resignation)と呼ばれている。しかしそんな中でも、社員の心をつかんで離さない企業が存在する。離職率は2%と低く、コロナ禍でも積極的に採用を行い、75%も社員が増加したというDuolingo社のCPOに話を聞いた。(2021/12/28)

2021年のニュース振り返り:
米国が直面する「大退職時代」――若手人材を中心に、日本企業にも到来しそうなワケ
今、米国では多くの労働者が退職し、新たなキャリアを歩み始める「大退職時代」を迎えている。2021年のニュースを振り返るに、この波は日本にも到来しそうだ。特に、若手人材を中心に……(2021/12/27)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「今のうち、切っちゃえ!」と続く黒字リストラ──厳しくなる労働環境の中、生きる策
希望退職を募る企業が増えた2021年。コロナ禍で業績不振な企業だけでなく、いわゆる「黒字リストラ」を行う企業も少なくない。終身雇用が崩壊し、厳しくなる労働環境の中、私たちはどのような心構えで働くべきなのか──?(2021/12/24)

博報堂、グループ全体で早期退職者100人募集 満50歳以上・勤続5年以上が対象
博報堂DYホールディングスは連結子会社の博報堂と博報堂DYメディアパートナーズ(DYMP)を対象に早期退職者100人を募集すると発表した。2022年3月31日時点で満50〜59歳、勤続5年以上の社員が対象。22年1月14日まで受け付ける。(2021/12/9)

3日以内に転職した人も:
入社後1カ月以内に退職したワケ 「仕事内容」や「社風」を抑えた圧倒的1位は?
ビズヒッツは、入社後1カ月以内に転職した経験のある人に「転職理由に関する意識調査」を実施。入社後すぐに転職した理由1位は「人間関係の不満」(133人)だった。(2021/12/9)

営業職543人に聞く:
「プライベートは後回し」 営業職の約7割が退職を検討、感じるメリット・デメリットは? 
日本労働調査組合(東京都足立区)は、営業職の男女543人を対象に「営業職の勤務意識に関するアンケート」を実施した。(2021/12/2)

退職するメイドと引き止めたい坊ちゃん かわいい初恋を描いた漫画がキュート過ぎて絶賛集まる
純粋なまま大人になってほしい。(2021/11/29)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
50代は本当にお荷物か? “働かないおじさん”問題に悩む企業の勘違い
リモート勤務やジョブ型雇用、希望退職などが注目されるたび、話題になるのが「働かないおじさん」問題だ。50代など、ある一定の年齢になるだけで仕事の能力が低下するわけではないのに、なぜいつも話題になるのかというと──。(2021/11/26)

フジテレビ、早期退職者を募集 50代以上の社員が対象
フジテレビは11月25日、早期退職者の募集を発表した。50代以上の社員が対象となっている。日本経済新聞の報道によると、フジテレビが早期退職者の募集をかけるのは17年度以来2回目だという。(2021/11/25)

40代会社員に聞く「45歳定年制」の印象 早期退職を検討するきっかけは?
ソーシャルレンディング事業を手掛けるLENDEXが、全国の40代会社員を対象に「45歳定年制」に関する調査を実施した。(2021/11/25)

退職者が選ぶ「辞めたけど良い会社ランキング」 3位「A.T.カーニー」、2位「グーグル」、1位は?
オープンワークは2018年1月〜21年10月の間に集まった4691社15万3302件のクチコミを元に、ランキングを作成した。(2021/11/19)

500人超の会社員に聞いた:
「退職代行サービス」を使ってみたい? 若者と中年では異なる傾向
日本労働調査組合(東京都足立区)は、退職代行サービスの利用状況を調査した。全国の20〜49歳の会社員533人が回答。自分が退職する際、退職代行の利用を検討すると回答した人の割合は?(2021/11/15)

上場企業の「早期・希望退職」募集が70社、1万4500人超 最多は日本たばこ産業の2950人
10月末地点で2021年の上場企業の早期・希望退職者募集人数は72社、1万4505人に達した。(2021/11/16)

「心臓が痛くなる」とIT業界で話題 トラブル対応に追われるエンジニアの漫画「100日後に退職する47歳」 作者に話を聞いた
炎上するプロジェクトで火消しに追われる主人公を描き、IT業界関係者から反響を集めました。(2021/11/8)

「定年延長のリアル」:
もう悩まない「定年延長」 賃金、退職金、組織の若返りをどうするか【まとめ読み】
高年齢者雇用安定法の改正により、企業は定年延長の検討を迫られている。その際、雇用形態や賃金改定、退職金制度、組織の高齢化についてはどう考えるべきなのか──。定年延長に悩める企業必読の記事をまとめて紹介します。(2021/10/26)

問題解決もお任せの「自己修復システム」【後編】
「自己修復システム」でIT人員の負担軽減 導入の成否を決める“3つのステップ”とは?
IT人員の退職が続くことで人手不足が深刻化する。この企業の悩みを解消するのは「自己修復システム」だ。導入を成功させるこつは。(2021/10/26)

約9000社に調査:
大企業の約2割が「早期退職」制度を導入または検討、対象年齢は
東京商工リサーチの調査によると、上場企業を含む大企業の約2割が今後の検討を含め「早期退職・セカンドキャリア」制度を「導入する」と回答した。全体では約9割が「導入しておらず、今後も検討予定はない」としている。(2021/10/21)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
パナソニックの優秀人材流出、早期退職制度は人材の“焼畑農業”だ
パナソニックは10月1日、9月末で1000人以上の従業員が早期退職制度を利用して退職したことを発表した。“特別キャリアデザイン”というキレイな名称も、結局は対象の社員に「給与を下げるか、お金をもらって辞めるか」という選択を強いているものに過ぎない。この制度で、活躍が期待されていた優秀人材まで退職してしまったという寓話のような顛末となっていることも気がかりだ。(2021/10/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。