ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「年功序列」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「年功序列」に関する情報が集まったページです。

“いま”が分かるビジネス塾:
KDDI「ジョブ型移行」が暗示――“企業社会で居場所消滅するサラリーマン激増”の未来
KDDIが「ジョブ型雇用」導入を表明。筆者はこれが日本型雇用の崩壊につながると指摘。企業社会で居場所が消滅するのはどんな人か。(2020/8/4)

パーソル総研と慶應大の幸福学調査:
終身雇用では幸せになれず、でも大企業にしがみつくしか……日本企業の“残念マネジメント”データで解明
働く人の幸福・不幸せ度を調査。終身雇用で幸せ度が下がるなど意外な結果が。日本企業独特の「残念マネジメント」をデータで解明。(2020/7/28)

働き方の「今」を知る:
働き手を守るはずが、「給料安すぎ問題」を助長する皮肉 過度な正社員保護は、本当に必要なのか?
デービッド・アトキンソン氏の記事によって話題になった「日本人の給料安すぎ問題」。氏は原因を「モノプソニー」でひもといたが、給料が安すぎる原因は他にもさまざまある。後編の今回では、正社員保護が逆に給料安すぎ問題の原因となってしまうことを解説する。(2020/7/28)

スピン経済の歩き方:
古典的な手口で「30億円」! なぜコロワイドの会長はコロッと騙されたのか
また、企業の経営者が詐欺にだまされてしまった――。外食チェーンを展開するコロワイドの蔵人金男会長である。詐欺の手口は「古典的」なものなのに、なぜだまされてしまったのか。その背景に迫ってみたところ……。(2020/7/28)

モノづくり業界転職トレンド(22):
技術者派遣は不景気に強い? 向いているのはどんな人?
エンジニアの働き方の一つに「技術者派遣」がある。“生涯ずっとエンジニア”も夢ではなく、好奇心旺盛でチャレンジしたい人にお勧めな、技術者派遣とその魅力について転職コンサルタントに話を聞いた。(2020/7/10)

海外の人材獲得にハードル:
外国人留学生の6割超、日本企業の「終身雇用」「新卒一括採用」に違和感
外国人留学生・元留学生に調査。過半数が日本企業の「終身雇用」「新卒一括採用」に違和感。実際に就職した人からは「長時間労働」への不満が挙がった。(2020/6/19)

スマホの位置情報データ活用:
緊急事態宣言解除後、「通勤という因習」は復活したのか――ビッグデータで解明
コロナ禍で進んでいたテレワーク。では緊急事態宣言解除後、通勤はどれくらい「復活」したのか。オフィス街の滞在人口のビッグデータから解明。(2020/6/9)

緊急特集 デジタル変革の旗手たち――テレワーク対応編:
変わらないと、LIXIL 2万人超えのテレワーク支援を内製エンジニアでやりきる――LIXIL IT部門 基幹システム統括部 統括部長 岩崎 磨氏
テレワークの実現に向けさまざまな技術やサービスを活用したが、かねてよりいつでもどこでも働ける制度とシステムを整えてきたからこそ、短期間で一気に移行できた。(2020/6/8)

IT革命2.0〜DX動向調査からのインサイトを探る:
マフィア型組織がDX実現に向いている? 〜ティール組織考から
DXが進む企業の組織運営スタイルを調べてみると、興味深い傾向が明らかになった。ティール組織における5段階の組織モデルとの関係から、今、DX推進に必要なフォーメーションを考えていく。(2020/5/27)

“いま”が分かるビジネス塾:
コロナ危機が日本企業の非合理な“ムラ社会”を確実に破壊する訳
非合理な面もあった日本企業の“ムラ社会”。筆者はコロナ危機で崩壊する可能性を指摘する。終身雇用の終焉や「ムダな社員・職場」の顕在化が進む。(2020/5/13)

働き方の「今」を知る:
テレワーク中にサボっていないか、日本企業が従業員を熱心に監視してしまう理由
テレワークで従業員がサボらず仕事しているかを“監視”するシステムが話題になった。テレワークは本来「成果」を出すためなら「働く場所」を問わない制度のはず。それなのに、なぜこうなってしまうのか。ブラック企業アナリストの新田龍氏は、海外のケースを引きながら、「サボり」に対する国内外の温度感の違いを指摘する。(2020/5/6)

新連載・働き方の「今」を知る:
話題の「社員PC監視ツール」がテレワークを骨抜きにしてしまう、根本的理由
テレワークで従業員がサボらず仕事しているかを“監視”するシステムが話題になった。テレワークは本来「成果」を出すためなら「働く場所」を問わない制度のはず。こうしたシステムが出てくれば、テレワークが骨抜きになってしまい、生産性を高める「成果主義」が定着しない、と新田龍氏は指摘する。(2020/5/4)

若い企業が上位に:
20代転職者が“成長できる”企業 リクルート、P&Gを抑えて1位になったのは……
オープンワークが発表した「20代転職者が成長できる企業ランキング」によると、1位は同率でカヤックとボストン・コンサルティング・グループだった。上位10社のうち5社が2000年以降に設立された企業。若い企業の共通点とは?(2020/4/23)

「将来的に転職検討」は7割超:
21年卒学生、企業に求めるものは? 「給料」「成長」を抑えて4年連続トップだったのは……
新卒採用のダイレクトリクルーティングサイト「OfferBox」を運営するi-plugは、21年卒予定の学生を対象にした調査結果を発表した。今回で4年目となる。企業に求めるものなどが明らかになり、トップは4年連続である項目に。将来的に転職を検討している人は7割超にのぼった。(2020/4/3)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
会社が、「手放したくない」と思う人が、持つフォロワーシップとは
一緒懸命に頑張っているほうだ。指示にも従い、人事考課もよい。でも、あまり報われていない気がする。出世も早くないし、何が足りないのだろうか……。(2020/3/26)

スピン経済の歩き方:
なぜ「日本の上司」は、“下に理不尽な要求をするおじさん”が多くなってしまうのか
「上司が理不尽な要求ばかりしてきて、悩んでいる」といったビジネスパーソンも多いのでは。それにしても、なぜ日本の上司は“信じられない要求”をしてくるのか。筆者の窪田氏はこのように分析していて……。(2020/3/24)

16卒の調査結果とも比較:
20卒学生、「安定志向」が多数派? 年功序列、評価制度について聞いたところ……
リクルートキャリアがこのほど、20卒学生を対象にした調査結果を発表。「貢献と報酬の関係」について質問したところ、年功序列など、いわゆる「日本式雇用慣行」の支持が多数派という結果に。(2020/3/16)

これからのキャリアは「カニ歩き」?:
「コスパ」ではない体験を 入社前に1年間の“海外武者修行” 矢崎総業の「アドベンチャースクール」が生まれた背景
最近の学生は「コスパ」を求める。そう話すのが、矢崎総業の研修制度「アドベンチャースクール」を仕掛けるエフ・アイ・エーの金子詔一氏だ。昨今は学生、社会人問わず腰を据えて学習できる機会が少なくなりがちだ。そんな状況に一石を投じる「アドベンチャースクール」は入社前に、希望者に対して1年間の“海外武者修行”の場を提供するもの。他に例を見ないような珍しい取り組みは、いったいどのように生まれたのか。(2020/3/9)

21年卒の就活生は「ここで働きたい!」 就職ランキング
オープンワークは「就活生が選ぶ、就職注目企業ランキング」を発表した。2021年卒業予定の学生は、どんな企業に注目しているのか。ランキングを見ると……。(2020/2/26)

三菱ケミカルHD小林喜光会長が斬る(後編):
三菱ケミカルHD小林喜光会長「リスクを取らないトップは去れ」
経済界を代表する論客の1人、三菱ケミカルホールディングスの小林喜光会長に、日本が「技術立国」であり続けるための対策や、その状況下で日本企業がどのように生き残っていけばいいのかを聞いた。小林会長は政府の科学技術政策の基本方針を決める総合科学技術・イノベーション会議の議員でもある。インタビューの話題は、トップがリスクを取らない日本の企業文化への批判に加え、大学や企業の研究の在り方、研究者の目指す方向性など多岐にわたった。(2020/2/26)

退職は「権利」:
退職しない、できない日本 「井の中の蛙」化で昇給額も低水準
アジア5カ国、地域で行った雇用実態の調査が発表。日本の昇給額は低水準だった。部長クラスの年収では、中国に2倍の差をつけられるケースも。昇給額も給与も低い理由の1つは退職しない、できない点に?(2020/2/21)

橋下徹“異端”の仕事術【5】:
橋下徹が実践してきた「部下の動かし方」 会議は「獲得目標の設定」を、評価は「見える化」を徹底せよ
大阪府庁、大阪市庁という巨大組織を率いたリーダー、橋下徹の仕事術をお届けする。組織を変革し、停滞の一途をたどっていた大阪を、圧倒的な実行力で立て直してきた橋下の働き方についての考え方に迫る。第5回目は、橋下が実践してきた「部下の動かし方」を中心に、会議や評価の効果的な実施方法を聞いた。(2020/2/21)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(62):
予測不可能なVUCA時代に「将来のキャリアが描けず不安」と悩んだら?
会社に入ってある程度の経験を積むと、「将来のキャリアが描けず、不安」と悩む人が少なくありません。そんな、未来が心配なあなたへの処方箋。(2020/2/19)

スピン経済の歩き方:
日本社会から「単身赴任」がなくならない、根本的な理由
「4月から転勤することになったよ」と嘆いているビジネスパーソンもいるのでは。家族を残して「単身赴任」する人もいるだろうが、そもそもなぜこのような制度が存在しているのだろうか。歴史をさかのぼると、根深い理由が存在していて……。(2020/2/11)

白熱の経済論戦:
村上世彰に森永卓郎の息子が聞く「日本の経営者に必要なこと」――株主がガバナンスを利かせ
旧「村上ファンド」の代表を務め、「モノ言う株主」としても知られた村上世彰。現在の日本経済や経営者に対してどのような考えを持っているのか。森永卓郎の長男で、経済アナリストの森永康平が直撃した。(2020/2/6)

70歳就業法案閣議決定〜全世代が働きやすい環境と数字だけでない実質が必要
若い世代を含め、全世代が働きやすい環境をどうやって作っていくがが日本の課題。(2020/2/5)

ロスジェネ女子の就職サバイバル:
ブラック企業、セクハラ、解雇、引きこもり……38歳女性に刻まれた「氷河期という呪い」
国などによる支援が始まったロスジェネ。この世代が負った“傷”は、果たしてキャリアや金銭の損失だけか。ブラック企業勤務から一時は引きこもりになった女性の半生から追う。(2020/2/5)

近距離手当、保育園も設置:
マスコミ業界の「休日の満足度が高い企業ランキング」 3位リクルート、2位「アマゾンジャパン」……1位は?
「休日の満足度」評価の平均値が高い順にランキングした「マスコミ業界の“休日の満足度が高い企業”ランキング」。2位「アマゾンジャパン」、3位「リクルートホールディングス」、4位「凸版印刷」、5位「ベネッセコーポレーション」と続いた。1位は?(2020/1/23)

平均年収1000万円超え:
コンサルティング業界の「ホワイト度が高い企業ランキング」 3位日本アイ・ビー・エム、2位デロイト……1位は?
「コンサルティング業界の“ホワイト度が高い企業”ランキング」。2位「デロイトトーマツコンサルティング」、3位「日本アイ・ビー・エム」、4位「アクセンチュア」、5位「アビームコンサルティング」と続いた。1位は?(2020/1/22)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
増加する「黒字リストラ」 垣間見える企業の苦しい“ホンネ”
2019年にリストラを実施した企業は27社に増加、人数も6年ぶりに1万人を超えた。注目すべきは、「黒字リストラ」事例の増加だ。業績が好調にも関わらず、企業が早期・希望退職を募った上場企業は、リストラ実施企業のうち、実に34.4%。これは40年前のGE的経営が日本にも広がっているのだろうか。(2020/1/17)

ロスジェネ女子の就職サバイバル:
国の支援も手遅れ……「就職氷河期第一世代」の女性が味わった絶望とは
今更ながら国が支援を始めた就職氷河期世代。その女性たちが味わった就職や仕事の苦難は実は多様だ。「第一世代」の女性は果たしてどんな人生をたどったか?(2020/1/6)

「超高遅延」のおじさんたち:
「5G」が話題の一方で、会社を悩ます“働かないおじさん”の「50G」問題
年功序列制度への批判から、「働かないおじさん」への不満が増えてきた。働かないおじさん=50Gは企業を悩ます一方で、「功労者」が多いゆえにむげにできないという問題も。経営コンサルタントの横山信弘氏が斬る。(2019/12/19)

待遇に納得できる、休暇が取れる、風通しが良い――「令和の働き方」ができる企業ランキング、上位にシスコやApple 1位は…?
オープンワークが「令和らしい働き方をリードする企業ランキング」を発表した。自由で創造的な働き方を導入している企業を評価したもの。IT企業では、Apple Japanやシスコシステムズなどが上位に入った。1位は……?(2019/12/18)

「職場におけるAI調査」が示す管理者の課題
なぜ日本の上司は「AI」より信用されないのか なぜ職場でAIが使われないのか
日本人の約8割が上司よりロボットを信頼することが調査で分かった。これは調査対象の10カ国平均よりも高い結果だ。一方でロボットの基幹要素であるAI技術の使用率は、調査対象国の中で最も低かった。なぜなのか。(2019/12/24)

「今の立ち位置」と「将来の可能性」を知る:
私の年収、本当に適正? 自分と似た境遇の人の年収分布や転職動向が分かるアプリ パーソルキャリアが提供開始
パーソルキャリアが新サービスを開始。スマートフォン向けに「マイポテ」というアプリを提供する。同じような境遇の人と自分の年収を比較できる上、将来の年収予測も可能。自らのポテンシャルを知ることで、転職の後押しとする狙いがある。(2019/12/9)

「学校はタダ」だと思う保護者、その裏側で自腹を切る先生 現役中学教員に聞く「労働時間だけではない教育現場のブラックさ」
「『自腹切りたくないです』『報われない努力はしたくないです』と言うようになったら、教育現場は終わると思う」。(2019/12/20)

防げ「ミスマッチ」:
「出世確率」が分かる「全国統一テスト」受け付け開始 受講後には“通信簿”も
若手社員を対象とした「全国統一社会人テスト」が始まる。主催するのは社会人向けスクールなどを運営するマネジメントベース。テストに回答し、同僚や上司などに「360度評価」で採点してもらう形式。受験後に送られてくる通信簿では、出世確率なども分かるという。(2019/11/22)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
50代で退職したらどうなる? 辞めてはいけない4タイプ
お荷物扱いされるくらいならいっそ早期退職しようかと考えることもあるだろうが、いきなり転職や独立することのリスクは高い。50歳前後が早期退職するとどんな現実が待っているのか。(2019/11/21)

テクノロジー以外の課題が浮き彫りに:
AI導入が遅れている日本企業 背景には「年功序列」にしがみつく人々
企業向けソフト大手の米オラクルと調査会社のFuture Workplaceが行った「職場におけるAI」の調査に基づいた日本企業の分析をオラクルが発表。日本は世界各国と比較してAIの導入率が低い。一方で「上司よりもロボット(AI)を信頼する」と回答した人は平均よりも多い。効率性を高める機運が高まっている日本において、なぜAIの導入は遅れているのか?(2019/11/20)

“いま”が分かるビジネス塾:
パナソニックがGoogle部門長や「出戻り人材」を幹部に 目玉人事はただの話題作り?
パナソニックがGoogleの部門トップを幹部登用。これまでも外資出身者や出戻り人材を抜てきしてきた。「目玉人事」は奏功するか、それともただの話題作りか。(2019/11/19)

人材流出企業にならないためにすべきこと:
日本企業は社員の「忠誠心」に甘えている 働きがいのある会社、コンカーのトップが警鐘
変化の時代に優秀な人材を確保するために重要なのは「働きがいのある会社」になること――。2年連続で働きがいのある会社ランキングで1位になったコンカーを率いる三村真宗氏に、働きがいのある会社であり続けるための取り組みについて聞いた。(2019/11/12)

20代の5人に1人以上が有給休暇を取得できず 「理想の働き方と現実の働き方」に大きなギャップ
働き方改革、進んでいるかな?(2019/10/10)

堀江貴文が語る「予防医療」:
ホリエモンが課題だらけの医療業界を斬る! 「大学の医学部で経営も教えるべき」
ホリエモンこと堀江貴文が「予防医療」の必要性と意義を語る――。今回は医療業界の課題を指摘するとともに、一般の人が気付いていない糖尿病の怖さについて語った。(2019/10/11)

日本独特の「年功序列」が影響?:
日本企業の約2割で外国人正社員の方が給与低く 平均月収4.6万円の「格差」も
外国人正社員がいる日本企業の約2割で日本人より給与が低い結果に。平均月収で4.6万円の「格差」も出た。年功序列的な賃金運用が影響か。(2019/9/12)

不動産テックカンファレンス2019:
不動産大手2社が語るスタートアップとの“共創”方法、三井不動産と東急住宅リース
東急住宅リースと三井不動産は、不動産マッチアプリや業務支援系ソフトなどの不動産テックを開発するITベンダーとの業務連携や共同開発などの共創を推進している。今後さらに、その勢いを加速していく方針だ。(2019/9/11)

激化する人材争奪戦:
NEC「新卒年収1000万円」の衝撃 年功序列の廃止か、「3流国への没落」か
NEC、ソニー、NTTコミュニケーションズ、DeNA、富士通……。高い報酬を払ってでも新卒の優秀な技術者を採用したいという機運が高まってきた。年功序列に縛られた日本企業は果たして変われるのだろうか?(2019/9/6)

スピン経済の歩き方:
「世界一真面目な労働者は日本人」と触れ回っては、いけない理由
またしても日本の「働き方」のクレイジーさを物語る残念なデータが出てきてしまった。日本を含むアジア太平洋地域14の国・地域を対象にした就労実態調査(パーソル総合研究所調べ)を見て、筆者の窪田氏はどのように感じたのかというと……。(2019/9/3)

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」in 沖縄:
起業、パラレルキャリア、はたまた奴隷? 「個の時代」、人生ゲームの勝者は誰だ
終身雇用や年功序列といった日本的経営に陰りが見え始める中、「会社に頼らない生き方」をするためにはどんなキャリア設計をすればいいのか――。働き方改革の先駆者たちに聞いた。(2019/9/3)

マイナビ転職×@IT自分戦略研究所 「キャリアアップ 転職体験談」:
PR:腐ってきたな、自分――評価されないジレンマに苦しんだエンジニアの今
「転職には興味があるが、自分のスキルの生かし方が分からない」「自分にはどんなキャリアチェンジの可能性があるのだろうか?」――読者の悩みに応えるべく、さまざまな業種・職種への転職を成功させたITエンジニアたちにインタビューを行った。あなたのキャリアプランニングに、ぜひ役立ててほしい。(2019/8/29)

“いま”が分かるビジネス塾:
AIGで話題 「転勤廃止」企業に勤める意外な“落とし穴”とは?
AIG損保など企業の「転勤廃止」が話題。多くのサラリーマンには朗報だろう。しかし筆者は「全ての人にお勧めの職場ではない」と見る……なぜか?(2019/7/31)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。