ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「販売好調」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「販売好調」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

イーブックイニシアティブジャパンがストップ高 電子書籍販売が好調
「ebookjapan」への移行で販売が拡大しています。(2019/5/7)

カドカワ、「SEKIRO」の販売好調で業績予想を上方修正
発売10日で世界200万本。(2019/4/25)

週末アキバ速報:
税込み7770円のDDR4 16GBキットが飛ぶように売れる 新元号決定セールも好調
4月に入って新年度迎えた今週末は、引き続きDDR4メモリの特価が目立っている。また、新元号決定記念セールを実施するショップも数多い。平成の終わりはフラッシュメモリ関連が安い!(2019/4/6)

「UX」チーフエンジニアに聞く:
レクサスの好調を支える“若さ”と“挑戦”とは何か
トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」の販売が好調。11月末には初のコンパクトクロスオーバー「UX」も投入し、活況のSUV市場で顧客層の拡大を狙う。チーフエンジニアを務めた加古慈さんに、UXに込めた思いや課題などを聞いた。(2018/12/26)

月販目標の7倍、クラウンとカローラ スポーツの販売好調 トヨタが若返り図る「つながるクルマ」
カローラ スポーツは目標値4倍の9200台。クラウンは3万台も受注。(2018/7/27)

工場もフル稼働:
出荷量が4年で7倍 ピーチの「龍角散」人気の秘密
青いラベルでおなじみの「龍角散」を飲みやすくした「龍角散ダイレクトスティック ピーチ」がバカ売れしている。従来の龍角散は微粉末の状態で缶に入ったものだが、同商品は顆粒にしてスティックに入れてある。人気の秘密は飲みやすさ以外にもあった。(2018/5/11)

超・営業力:
「安ければ売れる」で痛い目を見たキノコ営業マンを変えた一言
キノコは冬場に飛ぶように売れるが、夏場は苦戦する。キノコメーカーであるホクトの東北エリアで営業リーダーを務める日柳さんは以前、夏場に何の理由もなく安売りをしたことで大失敗したという。(2018/3/1)

任天堂、売上高1兆円超へ 「Switch」好調
任天堂が2018年3月期の連結業績予想を上方修正し、売上高を1兆200億円に引き上げ。Nintendo Switchの販売が好調で、7年ぶりの大台に。(2018/1/31)

女性ユーザーを獲得:
販売好調のペットボトルコーヒー「クラフトボス」 売れた理由は?
ペットボトルコーヒー「クラフトボス」の販売数量が1000万ケースを突破した。これまで缶コーヒーになじみのなかった女性や若い世代から支持を得ているという。その理由は?(2018/1/12)

製造マネジメントニュース:
米国販売が好調なスバル、「健全な成長」優先で販売計画を下方修正
SUBARU(スバル)は、2018年3月期(2017年度)の第2四半期(4〜9月期)決算を発表した。連結販売台数が6期連続で過去最高を更新したこともあり、売上高は前年同期比6.9%増の1兆6863億円、営業利益は同1.7%増の2121億円となった。(2017/11/7)

『バカ売れ法則大全』発売:
「バカ売れ」誕生を予感させる“熱”とは
「バカ売れ」商品を生み出すには何が必要なのか。コピーライターの川上徹也氏によると、商品を売りたい、良さを伝えたい、という「熱」だという。どういうことか。ヒット商品の事例からポイントを聞いた。(2017/11/6)

54の事例を紹介:
新刊『バカ売れ法則大全』 出ました!
ITmedia ビジネスオンラインの人気記事をまとめた書籍『バカ売れ法則大全』を刊行します。東京の中心部で赤い自転車に乗っている人が増えているワケ、『コロコロコミック』が小学生男子のハートをつかんでいる秘密などに迫っています。(2017/10/11)

売上高60億円増:
「Switch」好調 玩具卸ハピネットが大幅上方修正
玩具卸のハピネットが、2018年3月期第2四半期の連結業績予想を上方修正。「Nintendo Switch」の販売が好調なため。(2017/9/25)

スピン経済の歩き方:
「ウィルキンソン」がバカ売れしている本当の理由
「ウィルキンソン」が売れている。躍進のきっかけはハイボールブーム。割り材としての需要が増えたことでブランド認知が上がったそうだが、大事な要素が欠けているのではないだろうか。どういうことかというと……。(2017/9/5)

水曜インタビュー劇場(ぶりぶり公演):
2カ月で180万部! 『うんこ漢字ドリル』がバカ売れしている理由
文響社の『うんこ漢字ドリル』が売れている。すべての例文に「うんこ」が登場していて、小学生はゲラゲラ笑いながら学習しているという。同社は参考書をつくったことがないのに、なぜこのようなドリルをつくることができたのか。担当編集者に話を聞いた。(2017/5/31)

ポーター賞企業に学ぶ、ライバルに差をつける競争戦略:
なぜオープンハウスの都心戸建て住宅は飛ぶように売れるのか?
都心で好立地の戸建て住宅が今売れている。しかも主な買い手は年収500万〜1000万円の平均的な会社員だという。こうした物件を販売するのがオープンハウスとはどのような会社なのだろうか。そしてなぜそれが可能なのか。(2017/5/22)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
販売好調! 花月嵐の家系ラーメン「藤崎家」とは
らあめん花月嵐が3月より期間限定商品として販売している、横浜家系ラーメン「藤崎家」が好調だ。6月初旬まで売る予定だが、計画以上に売れてしまい、販売を終了している店もあるという。人気の理由とは?(2017/5/16)

水曜インタビュー劇場(変わらない公演):
売り場を減らしたのに、なぜ崎陽軒のシウマイはバカ売れしているのか
東京や新横浜で新幹線に乗ると、車内でビールを飲みながら「シウマイ」を食べているサラリーマンをよく目にする。崎陽軒の「シウマイ弁当」だ。駅弁市場は縮小しているのに、なぜシウマイ弁当は売れているのか。その理由を、同社の担当者に聞いたところ……。(2017/3/29)

SIM通:
SIMフリースマホの新2大巨頭? ASUSとHUAWEI の違いとは?
SIMフリースマホのなかでも、販売が好調なASUSとHUAWEI。この2つのメーカーの歴史や代表的な機種を比較して、それぞれの特徴をお伝えします。(2017/2/3)

Apple、「iPhone 7」が好調で過去最高の売上高
Appleの第1四半期(10〜12月)の決算は、iPhone 7の販売が好調で、過去最高の売上高を更新した。App Storeなどのサービスの売上高も好調で、売上高、純利益ともにアナリスト予測を上回った。(2017/2/1)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ダイハツ製トヨタ車、バカ売れは予定通り
トヨタの新型車「ルーミー」と「タンク」がバカ売れしている。単純合計すると3万5900台で、目標の10倍になろうかという勢いである。そこまで好調な理由とは……?(2016/12/19)

甲斐寿憲のキニナルモバイル:
スマホとVRビジネスはどうなる? HTC NIPPONの玉野社長に聞く
日本市場に初のAndroidスマートフォンを投入したHTCが存在感を見せ始めている。最新のハイスペックスマートフォン「HTC 10」の販売が好調なほか、VR「Vive」も注目されている。変化のスピードが速い中で、次々に新製品を投入しているHTC NIPPONの玉野社長に話を聞いた。(2016/8/18)

アサヒ「もぎたて」新フレーバー発売 販売目標も再び上方修正
アサヒビールは新ブランド「もぎたて」の新フレーバーを8月30日から販売する。同ブランドは販売好調で、年間販売目標も再び上方修正する。(2016/7/20)

水曜インタビュー劇場(はずす公演):
累計260万丁! 工具「ネジザウルス」がバカ売れした理由
これまで“絶対にはずせない”と思われてきたネジを、“絶対にはずす”工具「ネジザウルス」(運営:エンジニア)をご存じだろうか。工具は年間1万丁売れれば大ヒットと言われている中、ネジザウルスは累計260万丁も販売。消費者の心を“つかんだ”理由について、同社の高崎社長に聞いた。(2016/3/16)

製造マネジメントニュース:
最高業績更新のトヨタ、販売好調の北米で減益の“怪”
トヨタ自動車は2016年3月期(2015年度)第3四半期(4〜12月)の連結決算について説明した。売上高は前年同期比6.5%増の21兆4313億円、営業利益が同9.0%増の2兆3056億円、当期純利益は同9.2%増の1兆8860億円だった。連結販売台数は北米市場で増加したが、日本/欧州/アジアなどで前年同期を下回った。(2016/2/8)

なんだこれ! ドナルド・トランプ氏が主役のゲイ小説、Amazonでバカ売れ
さすが「自由の国アメリカ」の大統領選候補。(2016/1/29)

ご一緒に“おでん”いかがですか 2:
コンビニのドーナツはミスドに勝てるのか
コンビニのドーナツの販売が好調のようだ。これまでにも、コンビニはフライドチキンで専門店に切込みをかけてきた。今回は、コンビニのフライドチキンと専門店の売り上げデータを分析しながら、ドーナツ戦争の行方を考察したい。(2015/7/16)

Mobile Weekly Top10:
「誤算」で速度低下のIIJmio、設備増強を継続/「Nexus 5」販売好調の理由
設備増強もピーク時の速度低下が続くIIJmioが、対策を継続していくと明言しました。そして端末の販売ランキングではiPhone 6に次いでなんとNexus 5の人気が上昇しています。(2015/7/13)

太陽光:
「狭い屋根でたくさん発電」が好調、パナソニックが太陽電池を増産へ
パナソニックは2015年5月18日、太陽電池事業についての説明会を開催。以前から推進する「国内・屋根置き・創畜連携」などを重視する方針の下、国内市場での販売が好調を続けており、新たに島根県および滋賀県で生産する太陽電池モジュールを増産することを発表した。(2015/5/19)

マツダ デザイン本部長 前田育男氏インタビュー:
「NDロードスター」は「魂動デザイン」のセンター中のセンター
2012年2月発売の「CX-5」以降、「アテンザ」、「アクセラ」、「デミオ」と新世代商品の販売が好調なマツダ。その商品力を支えるデザインテーマ「魂動(こどう)−Soul of Motion」を生み出した、同社執行役員 デザイン本部長の前田育男氏に、魂動デザインを導入した意図や、今後のマツダデザインの方向性について聞いた。(2015/2/24)

Xbox One、“好調につき”期間限定50ドル値引き再び
Microsoftが米国でのXbox One販売好調につき、期間限定で50ドル値引きしての販売を開始した。21日のWindows 10イベントでは、Windows版ゲームについての何らかの発表がある模様だ。(2015/1/19)

2014年上半期のソフトウェア市場、XP特需が貢献
IDCによれば、4月にサポートが終了したWindows XP関連でのソフトウェア販売が好調だった。下期以降は反動による成長率の低下が見込まれる。(2014/12/17)

製造マネジメントニュース:
図研の電気CAD、「CR-5000」から「CR-8000」への置き換えが着実に進む
図研が2013〜2015年度(2014年3月期〜2016年3月期)までの3カ年を対象とした中期経営計画の進捗状況を発表。同社の電気CAD「CR-8000」シリーズの販売が好調であることなどが紹介された。(2014/12/10)

車両デザイン:
ホンダ「N-BOX」にクーペ風の派生車種、スズキ「ハスラー」に対抗
ホンダは、新開発の軽自動車「N-BOX SLASH」を2014年12月22日に発売する。クーペもしくはクロスオーバーSUVを意識したデザインで、販売が好調なスズキの「ハスラー」が直接の競合車になりそうだ。(2014/11/27)

巨匠がエロ描いて何が悪い! 数十年ぶりに開けられた手塚治虫先生の机からスゴイのが出てきて話題に
「天国の手塚治虫が、薄い本バカ売れの田中先生に対し、変な負けん気を出して『俺だって描ける!』と、発掘させたんじゃないかと」by 手塚るみ子さん。(2014/3/28)

ベゾス夫人、Amazonの暴露本販売ページに★1つの書評を投稿
10月に出版され、米Amazon.comのサイトでも販売好調の新刊「The Everything Store: Jeff Bezos and the Age of Amazon」について、Amazonのジェフ・ベゾスCEOの妻であるマッケンジーさんが「不正確過ぎる」として★1つの辛口書評を投稿した。(2013/11/5)

窪田順生の時事日想:
「はだしのゲン」がバカ売れ、仕掛けたのは誰か?
小学校での閲覧制限を受けて「はだしのゲン」が前年の3倍売れて在庫がなくなったという。国による制限は、日ごろ注目されない人を喜ばせるだけだ。(2013/8/27)

ビジネスニュース 業界動向:
半導体業界が盛り上がる前兆!? EDA販売が好調
EDA業界が好調だ。2013年第1四半期の世界販売額は、前年同期比8.1%増と伸長した。半導体業界の先行指標とされるEDAベンダーのサービス売上高も上昇した。(2013/8/9)

ニコニコ超会議2:
「Minecraft」Tシャツが朝からバカ売れ! 「超ゲームエリア」に行ってみた
有名実況プレイヤーやプロゲーマーが多数登場、あの「人狼」もインストラクターのレクチャーを受けながら会場内で遊べる!(2013/4/27)

空気清浄器が絶好調 2月の販売台数は前年比4割増
GfKによると、空気清浄機の販売が好調に推移している。(2013/3/11)

Microsoft決算、Windows 8とエンタープライズ製品が好調で増収だが減益
Microsoftの10〜12月期の決算は、売上高はWindows 8の販売が好調で2.7%増加したが、Windows 8やSurfaceの広告費がかさみ、純利益は3.7%減だった。(2013/1/25)

ネットワーク機器市場の回復傾向続く――IDC調査
IDC Japanによれば、2012年上期の国内ネットワーク機器市場は移動体通信事業者向けや企業向け製品の販売が好調だった。(2012/12/10)

「英語に愛されないエンジニア」のための新行動論 ―番外編―:
「サンマとサバ」をファジィ推論で見分けよ! 史上最大のミッションに挑む
製品名に「ファジィ」と付ければ、家電が飛ぶように売れた時代。電子レンジの開発に携わる私に突き付けられた課題は、「10種類の食品をファジィ推論で判別する」というものでした。今回は、私の代名詞とも言える、「サンマとサバの研究員」としての原点をお話します。(2012/11/26)

ドコモのMNP転出超過、過去最大の約19万に――2012年10月契約数
iPhone 5の快進撃がNTTドコモを直撃している。ドコモは10月の転出超過が過去最大の約19万に達し、iPhone 5の販売が好調なKDDIは約15万の転入超過となった。(2012/11/7)

販売好調な「アルファ ロメオ ジュリエッタ」、カラーバリエーションを追加
上位モデルのクアドリフォリオ ヴェルデでは、レッドレザーのシートが選べるようになったほか、左ハンドル仕様が標準設定となった。(2012/8/30)

富士重工業 EyeSight 開発担当者インタビュー:
開発中止の危機を乗り越えヒット商品に、「EyeSight」成功の原動力とは
富士重工業のステレオカメラを用いた運転支援システム「EyeSight」の販売が好調だ。同社の主力車種「レガシィ」では、新車販売時の装着率が90%にも達するという。ヒット商品に成長したEyeSightだが、今ある成功の陰には開発陣の20年以上にわたる苦闘があった。基礎研究の段階から開発に携わってきた樋渡穣氏に、EyeSight開発の道のりについて聞いた。(2012/8/7)

「ATOK Pad for iOS」のセール販売開始――医療向け新アドオンも追加
ジャストシステムが、Mac向け日本語入力システムの最新版「ATOK 2012 for Mac」の販売好調を受け、iPhone/iPad向けメモアプリ「ATOK Pad for iOS」のセールを開催。また、医療関連用語を22万語以上収録した「Medical Kit」も発売する。(2012/6/27)

東南アジア向けとは仕様が違う:
国内向け「ミラージュ」、燃費・排気量・サイズは「第3のエコカー」のど真ん中
国内向け予約が6月26日から始まる、三菱自動車のグローバルコンパクトカー「ミラージュ」。その燃費、エンジン排気量、サイズ、価格は、販売が好調な「第3のエコカー」のちょうど中間に位置している。(2012/6/25)

デジカメ販売好調続く、交換レンズ市場は拡大顕著
BCNは同社提供の「BCNランキング」に基づいたデジタル家電の市場調査報告をまとめた。震災やタイ洪水の影響を脱したデジカメ市場は順調で、特に交換レンズ市場の伸びが顕著だという。(2012/6/13)

マツダ SKYACTIVエンジン開発担当者インタビュー(後編):
段違いのクリーンディーゼルだから国内市場でも受け入れられる
マツダのSUV「CX-5」の販売が好調だ。この好調さを支えているのは、受注台数の多くを占めるディーゼルエンジンモデルに対する高い評価だろう。SKYACTIVエンジン開発担当者インタビューの後編では、国内市場で厳しい評価を受け続けてきたディーゼルエンジン車をあえて投入した背景や、ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」の技術詳細について聞いた。(2012/5/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。